TED日本語 - ロン・フィンリー: ロサンジェルス危険地域で菜園造りゲリラ作戦

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ロン・フィンリー: ロサンジェルス危険地域で菜園造りゲリラ作戦

TED Talks

ロサンジェルス危険地域で菜園造りゲリラ作戦
A guerilla gardener in South Central LA
ロン・フィンリー
Ron Finley

内容

ロン・フィンリーはロサンジェルス市サウスセントラルで菜園を造っています。選ぶ場所は、放置された空き地や車道の中央分離帯、そして縁石の脇・・・一体なぜ? それは娯楽であり、現状への挑戦であり、また美の体現でもあります。そして「ドライブスルーによる犠牲者が、ドライブ バイ シューティングのそれを上回る地域」に、ファーストフードにとって代わる食の選択肢を提供するために。

Script

I live in South Central. This is South Central: liquor stores, fast food, vacant lots.

So the city planners, they get together and they figure they're going to change the name South Central to make it represent something else, so they change it to South Los Angeles, like this is going to fix what's really going wrong in the city. This is South Los Angeles. (Laughter) Liquor stores, fast food, vacant lots.

Just like 26.5 million other Americans, I live in a food desert, South Central Los Angeles, home of the drive-thru and the drive-by. Funny thing is, the drive-thrus are killing more people than the drive-bys. People are dying from curable diseases in South Central Los Angeles. For instance, the obesity rate in my neighborhood is five times higher than, say, Beverly Hills, which is probably eight,10 miles away.

I got tired of seeing this happening. And I was wondering, how would you feel if you had no access to healthy food, if every time you walk out your door you see the ill effects that the present food system has on your neighborhood? I see wheelchairs bought and sold like used cars. I see dialysis centers popping up like Starbucks. And I figured, this has to stop. So I figured that the problem is the solution. Food is the problem and food is the solution. Plus I got tired of driving 45 minutes round trip to get an apple that wasn't impregnated with pesticides.

So what I did, I planted a food forest in front of my house. It was on a strip of land that we call a parkway. It's 150 feet by 10 feet. Thing is, it's owned by the city. But you have to maintain it. So I'm like, "Cool. I can do whatever the hell I want, since it's my responsibility and I gotta maintain it." And this is how I decided to maintain it.

So me and my group, L.A. Green Grounds, we got together and we started planting my food forest, fruit trees, you know, the whole nine, vegetables. What we do, we're a pay-it-forward kind of group, where it's composed of gardeners from all walks of life, from all over the city, and it's completely volunteer, and everything we do is free. And the garden, it was beautiful.

And then somebody complained. The city came down on me, and basically gave me a citation saying that I had to remove my garden, which this citation was turning into a warrant. And I'm like, "Come on, really? A warrant for planting food on a piece of land that you could care less about?" (Laughter) And I was like, "Cool. Bring it." Because this time it wasn't coming up. So L.A. Times got ahold of it. Steve Lopez did a story on it and talked to the councilman, and one of the Green Grounds members, they put up a petition on Change.org, and with 900 signatures, we were a success. We had a victory on our hands. My councilman even called in and said how they endorse and love what we're doing. I mean, come on, why wouldn't they? L.A. leads the United States in vacant lots that the city actually owns. They own 26 square miles of vacant lots. That's 20 Central Parks. That's enough space to plant 725 million tomato plants. Why in the hell would they not okay this? Growing one plant will give you 1,000,10,000 seeds. When one dollar's worth of green beans will give you 75 dollars' worth of produce. It's my gospel, when I'm telling people, grow your own food. Growing your own food is like printing your own money.

(Applause)

See, I have a legacy in South Central. I grew up there. I raised my sons there. And I refuse to be a part of this manufactured reality that was manufactured for me by some other people, and I'm manufacturing my own reality.

See, I'm an artist. Gardening is my graffiti. I grow my art. Just like a graffiti artist, where they beautify walls, me, I beautiful lawns, parkways. I use the garden, the soil, like it's a piece of cloth, and the plants and the trees, that's my embellishment for that cloth. You'd be surprised what the soil could do if you let it be your canvas. You just couldn't imagine how amazing a sunflower is and how it affects people.

So what happened? I have witnessed my garden become a tool for the education, a tool for the transformation of my neighborhood. To change the community, you have to change the composition of the soil. We are the soil. You'd be surprised how kids are affected by this. Gardening is the most therapeutic and defiant act you can do, especially in the inner city. Plus you get strawberries.

(Laughter)

I remember this time, there was this mother and a daughter came, it was, like,10: 30 at night, and they were in my yard, and I came out and they looked so ashamed. So I'm like, man, it made me feel bad that they were there, and I told them, you know, you don't have to do this like this. This is on the street for a reason. It made me feel ashamed to see people that were this close to me that were hungry, and this only reinforced why I do this, and people asked me, "Fin, aren't you afraid people are going to steal your food?" And I'm like, "Hell no, I ain't afraid they're gonna steal it. That's why it's on the street. That's the whole idea. I want them to take it, but at the same time, I want them to take back their health."

There's another time when I put a garden in this homeless shelter in downtown Los Angeles. These are the guys, they helped me unload the truck. It was cool, and they just shared the stories about how this affected them and how they used to plant with their mother and their grandmother, and it was just cool to see how this changed them, if it was only for that one moment.

So Green Grounds has gone on to plant maybe 20 gardens. We've had, like,50 people come to our dig-ins and participate, and it's all volunteers. If kids grow kale, kids eat kale. (Laughter) If they grow tomatoes, they eat tomatoes. (Applause) But when none of this is presented to them, if they're not shown how food affects the mind and the body, they blindly eat whatever the hell you put in front of them.

I see young people and they want to work, but they're in this thing where they're caught up -- I see kids of color and they're just on this track that's designed for them, that leads them to nowhere. So with gardening, I see an opportunity where we can train these kids to take over their communities, to have a sustainable life. And when we do this, who knows? We might produce the next George Washington Carver. but if we don't change the composition of the soil, we will never do this.

Now this is one of my plans. This is what I want to do. I want to plant a whole block of gardens where people can share in the food in the same block. I want to take shipping containers and turn them into healthy cafes. Now don't get me wrong. I'm not talking about no free shit, because free is not sustainable. The funny thing about sustainability, you have to sustain it. (Laughter) (Applause) What I'm talking about is putting people to work, and getting kids off the street, and letting them know the joy, the pride and the honor in growing your own food, opening farmer's markets.

So what I want to do here, we gotta make this sexy. So I want us all to become ecolutionary renegades, gangstas, gangsta gardeners. We gotta flip the script on what a gangsta is. If you ain't a gardener, you ain't gangsta. Get gangsta with your shovel, okay? And let that be your weapon of choice.

(Applause)

So basically, if you want to meet with me, you know, if you want to meet, don't call me if you want to sit around in cushy chairs and have meetings where you talk about doing some shit -- where you talk about doing some shit. If you want to meet with me, come to the garden with your shovel so we can plant some shit.

Peace. Thank you.

(Applause) Thank you. (Applause)

私は サウスセントラルに住んでいます これがサウスセントラル 酒屋 ファーストフード店 空き地

都市計画課のお役人達が集まって ”サウスセントラル”という名称を変えて街を別物にしようと思い立った そうしてついた名前が ”サウス ロサンジェルス” まるで 改名することでこの街の状況が改善されるかのように そして これが ”サウス ロサンジェルス"(笑) 酒屋 ファーストフード店 空き地

他の2,650万人のアメリカ人と同様に 私も ロサンジェルス市サウスセントラルという 「食料砂漠」に住んでいます”ドライブ スルー” と 車から発砲する ”ドライブ バイ シューティング”の本拠地です おかしなことに ドライブスルーによる犠牲者がドライブ バイのそれを上回っているんです この街では 人々は治癒可能な病気で 命を落としています 例えば 私が住む地域の肥満率は 他の地域 例えば そこから15キロほどしか離れていない ビバリーヒルズと比べて 5倍にもなります

こんな状況を目の当たりにするのはもうウンザリしました もし 体に良い食料品が まったく 手に入らないとしたら また 外に出るたびに 食のシステムが地域に及ぼす 悪影響を目の当たりにしたらどう思いますか? 車いすが まるで中古車のように 売り買いされ 透析センターが スターバックスのように街角に出現する 「このままじゃ いけない」そう思ったんです そして 「こうした問題は同時に解決策でもある」 と 私たちが口にする 食べ物が問題でありまたその答えでもあります それに 農薬が染み込んでないりんごを買うために 車で往復45分も走るなんてもうウンザリだったんです

そこでどうしたかと言うと 自宅の前に「食料の森」を植えたんです それは歩道の端の ”パークウェイ” と呼ばれる細長い土地で 長さ45m 幅3mほどです その土地自体は 市が所有してるんですが 管理は こっちがやらなきゃならないそこで思ったんです 「よっしゃ どうせ管理はこっちの責任ならやりたいようにやるさ」 こうして その土地を使うことにしたんです

”L.A. グリーン グラウンド” という私のグループのメンバーと一緒に 果物や野菜などなど ありとあらゆるものを植えました 私たちは 受けた善意は次の人へ渡していこう という ”ペイ・フォワード” 的な趣旨のグループで街中から集まった 様々な職業を持つ ガーデナー(自家菜園家)です すべてボランティア 無償でやってます そうして出来上がった菜園はとても美しいものでした

で そうこうするうちに文句が出始めたんです 市当局から その菜園を撤去しろ と通達がきて そのうち令状がきました 私は「ちょっと待ってよ マジで? こんなちっぽけな放ったらかしになってた土地に 野菜を植えただけで令状か?」(笑) 「上等だよ やってみろよ」って感じでした まあ その令状は執行されなかったのですが そうこうして L.A.タイムズ紙が聞きつけて記者のスティーブ・ロペスが記事にし 市議にインタビューしたりしました そしてグリーン グラウンドのメンバーが オンライン署名サイトの”Change.org” に嘆願書を出し そこで900人の署名が集まって運動は成功しました 勝利を手にしたんです 市議は 私たちの活動をいかに支持し どれだけ惚れ込んでいるか電話までしてきました ていうかそりゃ当たり前でしょ? ロサンジェルスは全米一多くの空き地を抱える自治体です その総面積は67平方キロメートルにもなります セントラルパーク 20個分ですよ 7億2,500万株のトマトの苗が十分植えられる スペースです そう考えたら 一体全体なんの文句があるって言うんですか? 一本の苗から1,000 いや 10,000個もの種がとれます 1ドル分のインゲンから 75ドルに相当する収穫が得られます 私はゴスペルのように人々に説いています自分で食べ物を育てるってことは 自分で紙幣を刷るのと同じことだ と

(拍手)

私は サウスセントラルに思い入れがあります この街で育ち息子たちをここで育てました 私は 他人によって作為的につくられた この現実の一部と化したくありません 私は私自身の手で現実を作り上げていきます

私はアーティストです ガーデニングは 私の落書きアートです私はアートを育てているんです 落書きアーティストが壁面を美しく飾るように 私は 芝生や道路の緑地帯を美しくします 庭や土壌を キャンバスのように使い 植物や樹木は そのキャンバスの装飾となります 土壌をキャンバスにしたらそこで何ができるか 皆さん きっと驚きますよ ひまわりの花が どれほど美しくどれだけ人々の心に 影響を与えるか 皆さん 想像がつかないでしょう

そして 何が起きたんでしょうか? 私は そうした菜園が 教育の場や地域を変化させる ツールとなる様子を 目の当たりにしました コミュニティを変えるには土壌の組成から変えないといけません そして その土壌を組成してるのは私たち一人一人なんです 子供たちの成長に どんな効果があるか知ったら驚きますよ ガーデニングは もっとも癒し効果があり かつ 挑戦的な活動なんです 特に都心の貧しい地域ではね おまけにイチゴも手に入ります

(笑)

いまだに記憶に残ってる出来事があるんですが ある日 夜の10時半ごろ 母娘が 私の菜園にやって来てちょうど私と出くわしたんです 彼らは とても気まずそうにしていました 「おいおい」私は気の毒になって声をかけました 「そんな風に コソコソしないでいいんだよ そのために路上に作ったんだからさ」 自分のこんな近くに お腹を空かせた人たちがいる そう思うと とても面目ない気持ちになりました そして ますますやる気になったんです 「フィン せっかく作った物を誰かに盗まれないか 心配じゃないのか?」 と聞かれますが こう答えます「とんでもない 心配なんてしてないよ そのために路上にあるんだ それが本来の目的なんだ 持って行ってもらって構わない でも代わりに みんなに 健康を取り戻してもらいたいんだ」

こんなこともありましたロサンジェルスの中心部にある ホームレスのシェルターに 菜園を造ったんです そこにいた連中みんなで荷下ろしを手伝ってくれました 最高でしたよみんな 色んな話をしてくれました こうした作業が どう心に響くか 昔 どんな風に母親や祖母の庭仕事を手伝ったのか 菜園造りを通じて 彼らが変化するのを見たのは素晴らしいことでした たとえあの 一時だけだったとしてもね

こうしてグリーン グラウンドは作物を植え続け 20か所ほどの菜園を造りました 作業現場には 50人くらいが集まりました みんなボランティアです ケールを育てた子供はケールを食べるようになり (笑) トマトを育てた子供は トマトを食べる(拍手) でも もし こうした食べ物が子供たちに提供されず 誰も 食が心身に及ぼす影響について子供たちに教えなければ 彼らは 何の疑いもなく目の前にある物を 口にするでしょう

若い連中は 仕事をしたがってます でも 現状から抜け出せずにいる 有色人種の子供たちはあらかじめ引かれた レールの上を行くしかない そしてその先には 何も無いんです だからガーデニングは そういう子供たちが コミュニティを受け継ぎ 健全な生活を 維持継続していくための 格好のトレーニングの場になると思います その結果 もしかしたら ジョージ・ワシントン・カーバーのような植物学者が 誕生するかもしれない でも もし我々で 土壌を変えていかなかったら それも決して実現しません

さて 一つ計画があってこんなことを やってみたいんです 街の一区画 すべてを使って 野菜や果物を植え 近隣の住民みんなでシェアする 貨物用のコンテナを改造して ヘルシーなカフェにする でも 勘違いしないでください ”ご自由にどうぞ” 的なヤツじゃありません タダでやることは 継続的じゃないからです 継続性の面白いところは 継続しなきゃダメってこと (笑)(拍手) ここで言ってるのは 人々に職を提供したり また 街でぶらぶらする子供たちをなくして 彼らに 自分たちで作物を育てる喜びや誇りを感じてもらうこと 青空市場を開くそんなことです

ここで肝心なのは いかに恰好良くやるかってことです だから 皆さんと一緒にエコ革命の革命家ギャング・ガーデナー になりたいんです ギャングの定義を 覆さないといけません ガーデナーでないヤツはギャングにはなれませんよ シャベルを持って ギャングになりましょうよ ね? そして シャベルを武器に自らの選択肢を勝ち取りましょう

(拍手)

という訳で もし私に会いたかったら もし私に会いたいと思ったら ふかふかの椅子に座って つまんない事を あれこれやろうなんて 話をするつもりなら連絡しても無駄です もし私に会いたかったらシャベルを持って 菜園に来てください そして一緒に 何かつまんない物でも植えましょう

じゃ どうも

(拍手) ありがとう(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画