TED日本語 - ローズ・ゴスリンガ: 農作物保険 ― 種をまく価値のあるアイデア

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ローズ・ゴスリンガ: 農作物保険 ― 種をまく価値のあるアイデア

TED Talks

農作物保険 ― 種をまく価値のあるアイデア
Crop insurance, an idea worth seeding
ローズ・ゴスリンガ
Rose Goslinga

内容

サハラ以南のアフリカ諸国では、小規模農家が国と地域の経済の基盤を支えています。しかし、それは天候が安定しており、作物を収穫することができればの話です。解決策は、広く大陸レベルで、手の届く安い価格で、保険が提供されることです。ケニアに住む、ローズ・ゴスリンガと彼女が率いるチームは、農期の始めに作物がだめになってしまった農家に、作付けに再挑戦するチャンスを与える新しい方法を生み出しました。

Script

In Kenya,1984 is known as the year of the cup, or the goro goro. The goro goro is a cup used to measure two kilograms of maize flower on the market, and the maize flower is used to make ugali, a polenta-like cake that is eaten together with vegetables. Both the maize and the vegetables are grown on most Kenyan farms, which means that most families can feed themselves from their own farm. One goro goro can feed three meals for an average family, and in 1984, the whole harvest could fit in one goro goro. It was and still is one of the worst droughts in living memory. Now today, I insure farmers against droughts like those in the year of the cup, or to be more specific, I insure the rains.

I come from a family of missionaries who built hospitals in Indonesia, and my father built a psychiatric hospital in Tanzania. This is me, age five, in front of that hospital. I don't think they thought I'd grow up to sell insurance. (Laughter) So let me tell you how that happened.

In 2008, I was working for the Ministry of Agriculture of Rwanda, and my boss had just been promoted to become the minister. She launched an ambitious plan to start a green revolution in her country, and before we knew it, we were importing tons of fertilizer and seed and telling farmers how to apply that fertilizer and plant. A couple of weeks later, the International Monetary Fund visited us, and asked my minister, "Minister, it's great that you want to help farmers reach food security, but what if it doesn't rain?" My minister answered proudly and somewhat defiantly, "I am going to pray for rain." That ended the discussion. On the way back to the ministry in the car, she turned around to me and said, "Rose, you've always been interested in finance. Go find us some insurance."

It's been six years since, and last year I was fortunate enough to be part of a team that insured over 185,000 farmers in Kenya and Rwanda against drought. They owned an average of half an acre and paid on average two Euros in premium. It's microinsurance.

Now, traditional insurance doesn't work with two to three Euros of premium, because traditional insurance relies on farm visits. A farmer here in Germany would be visited for the start of the season, halfway through, and at the end, and again if there was a loss, to estimate the damages. For a small-scale farmer in the middle of Africa, the maths of doing those visits simply don't add up. So instead, we rely on technology and data. This satellite measures whether there were clouds or not, because think about it: If there are clouds, then you might have some rain, but if there are no clouds, then it's actually impossible for it to rain. These images show the onset of the rains this season in Kenya. You see that around March 6, the clouds move in and then disappear, and then around the March 11, the clouds really move in. That, and those clouds, were the onset of the rains this year. This satellite covers the whole of Africa and goes back as far as 1984, and that's important, because if you know how many times a place has had a drought in the last 30 years, you can make a pretty good estimate what the chances are of drought in the future, and that means that you can put a price tag on the risk of drought.

The data alone isn't enough. We devise agronomic algorithms which tell us how much rainfall a crop needs and when. For example, for maize at planting, you need to have two days of rain for farmers to plant, and then it needs to rain once every two weeks for the crop to properly germinate. After that, you need rain every three weeks for the crop to form its leaves, whereas at flowering, you need it to rain more frequently, about once every 10 days for the crop to form its cob. At the end of the season, you actually don't want it to rain, because rains then can damage the crop.

Devising such a cover is difficult, but it turned out the real challenge was selling insurance. We set ourselves a modest target of 500 farmers insured after our first season. After a couple of months' intense marketing, we had signed up the grand total of 185 farmers. I was disappointed and confounded. Everybody kept telling me that farmers wanted insurance, but our prime customers simply weren't buying. They were waiting to see what would happen, didn't trust insurance companies, or thought, "I've managed for so many years. Why would I buy insurance now?"

Now many of you know microcredit, the method of providing small loans to poor people pioneered by Muhammad Yunus, who won the Nobel Peace Prize for his work with the Grameen Bank. Turns out, selling microcredit isn't the same as selling insurance. For credit, a farmer needs to earn the trust of a bank, and if it succeeds, the bank will advance him money. That's an attractive proposition. For insurance, the farmer needs to trust the insurance company, and needs to advance the insurance company money. It's a very different value proposition. And so the uptick of insurance has been slow, with so far only 4.4 percent of Africans taking up insurance in 2012, and half of that number is in one country, South Africa.

We tried for some years selling insurance directly to farmers, with very high marketing cost and very limited success. Then we realized that there were many organizations working with farmers: seed companies, microfinance institutions, mobile phone companies, government agencies. They were all providing loans to farmers, and often, just before they'd finalize the loan, the farmer would say, "But what if it doesn't rain? How do you expect me to repay my loan?" Many of these organizations were taking on the risk themselves, simply hoping that that year, the worst wouldn't happen. Most of the organizations, however, were limiting their growth in agriculture. They couldn't take on this kind of risk. These organizations became our customers, and when combining credit and insurance, interesting things can happen. Let me tell you one more story.

At the start of February 2012 in western Kenya, the rains started, and they started early, and when rains start early, farmers are encouraged, because it usually means that the season is going to be good. So they took out loans and planted. For the next three weeks, there wasn't a single drop of rain, and the crops that had germinated so well shriveled and died. We'd insured the loans of a microfinance institution that had provided those loans to about 6,000 farmers in that area, and we called them up and said, "Look, we know about the drought. We've got you. We'll give you 200,000 Euros at the end of the season." They said, "Wow, that's great, but that'll be late. Could you give us the money now? Then these farmers can still replant and can get a harvest this season." So we convinced our insurance partners, and later that April, these farmers replanted. We took the idea of replanting to a seed company and convinced them to price the cost of insurance into every bag of seed, and in every bag, we packed a card that had a number on it, and when the farmers would open the card, they'd text in that number, and that number would actually help us to locate the farmer and allocate them to a satellite pixel. A satellite would then measure the rainfall for the next three weeks, and if it didn't rain, we'd replace their seed.

One of the first -- (Applause) -- Hold on, I'm not there!

One of the first beneficiaries of this replanting guarantee was Bosco Mwinyi. We visited his farm later that August, and I wish I could show you the smile on his face when he showed us his harvest, because it warmed my heart and it made me realize why selling insurance can be a good thing. But you know, he insisted that we get his whole harvest in the picture, so we had to zoom out a lot. Insurance secured his harvest that season, and I believe that today, we have all the tools to enable African farmers to take control of their own destiny. No more years of the cup. Instead, I am looking forward to, at least somehow, the year of the insurance, or the year of the great harvest.

Thank you.

(Applause)

ケニアでは 1984年は 「カップの年」あるいは 「ゴロゴロの年」として知られています ゴロゴロというのは計量カップのことで 2キロのトウモロコシ粉を市場で 計るのに使われます トウモロコシ粉はウガリという ― ポレンタのようなケーキを作るのに使い 野菜と一緒に食べます トウモロコシと野菜の両方が ほとんどのケニアの農家で作られており 家族は自分たちの農場の農作物で 自給自足しています ゴロゴロ1つ分は平均的な1家族の 3食分にあたり 1984年には 全国土の収穫量が ゴロゴロ1つ分しかありませんでした 今なお 記憶されている中で 過去最悪の大干ばつでした さて現在 私は農家に対して 「カップの年」のような干ばつに備えて 降雨量に対する 保険を提供しています

私はインドネシアに病院を建てた 宣教師の家族に生まれ 父はタンザニアに 精神病院を建てました これは私が5歳の頃 病院の前での写真です 家族は私が大人になって 保険屋になるとは 予想もしなかったでしょう (笑) そのいきさつをお話しましょう

2008年 私はルワンダの 農業省で働いており 上司がちょうど大臣へと 昇任したところでした 彼女はこの国に 緑の革命を起こそうという 大胆な計画を開始し 息もつかぬ間に 私たちは たくさんの肥料や種を輸入し 農家にどのようにして肥料を用い 種を植えるのかを 指導していました 数週間後 国際通貨基金の方が訪れて 大臣にこう尋ねました 「大臣 農家の食料確保を支援するのは 素晴らしいですが もし雨が 降らない時はどうするのですか?」 大臣は自信たっぷりに ― そして些か挑戦的に答えました 「雨乞いをします」 これで話は終わりました 農業省に帰る途中の車で 大臣は私の方に振り返って こう言いました 「ローズ あなたは財務に 興味があったわね 保険を探してきてちょうだい」

それから 6年が経ち 昨年 私は幸運にも 干ばつに備えて ケニアとルワンダの 18万5千人もの農業従事者を守る 保険を提供する チームの一員になりました 彼らは平均2千平米の土地を所有し 保険料として平均2ユーロを支払います 小口保険です

従来の保険であれば 2~3ユーロの保険料では 立ちゆきません なぜなら従来の保険は 視察に依っているからです ここドイツの農業従事者は 農期の始めと半ば そして終わりに視察を受けて 損失があれば 損失の見積もりが行われます アフリカ中部の小規模農家を対象に そうした視察を行うと 割に合いません その代わりに 技術とデータに依拠するのです この衛星は 雲の有無を測定します 考えてみてください 雲が出ていれば 雨が降るかもしれませんが 雲がなければ 雨が降るのは単純に不可能なのです この画像は 今の季節のケニアでの 雨の降り始めを示しています 3月6日頃に 雲が現れて 消えるのがわかります それから3月11日頃に 雲が多く現れます これらの雲が 今年の雨の降り始めでした この衛星はアフリカ全土を観察しており 1984年にまでさかのぼることができます これは重要なことで なぜなら ある場所における 過去30年間の干ばつの回数を 知ることができれば 将来 干ばつが起こる確率を かなりの正確さで予測でき 干ばつのリスクに対して 価格をつけることができるのです

データだけでは不十分です 農学アルゴリズムを開発し 作物がいつ どれくらいの降雨量を 必要とするかがわかるようにしました たとえば トウモロコシの植え付けでは 植え付けの時期には2日分の 降雨量が必要です それから きちんと発芽するために 2週間に1度の雨が必要です その後 作物が葉を広げる時期には 3週間おきの雨が必要となります 一方 開花時期にはより頻繁に 雨が必要で トウモロコシの穂軸が育つ間は およそ10日に1度の雨が要ります 農期の終わりには 雨は降らない方が好ましく というのも 雨が作物を 腐らせてしまうからです

このような保険を作るのは 難しかったのですが 本当に大変だったのは 保険を売るということでした 私たちは控えめな目標を立てました 1期目の終わりまでに500の農家に 保険に加入してもらうのです 数か月 集中的に販売促進を行い 加入したのは合計で 185の農家でした 私はがっかりしたと共に すっかり困惑しました 誰もが農家は保険を必要としていると 口を揃えていたのに 私たちの主な顧客は買ってくれないのです 彼らは様子見をしていたか 保険会社を信用していなかったか 「何年も自分でやってきたんだ どうして今更保険なんか」 と思っていたのでした

今では皆さんの多くが 「マイクロクレジット(少額融資)」をご存知ですね 貧しい人々に少額のお金を貸す方法で ムハマド・ユヌスが始めた方法です ユヌスはグラミン銀行の設立によって ノーベル平和賞を受賞しました わかったのは 少額融資の販売は 保険の販売と同じではないということです 融資であれば 農家は銀行の信頼を 得なければならず うまくいけば 銀行が農家に お金を融資してくれます 魅力的な提案です 保険では 農家が保険会社を 信頼しなければならず 保険会社にお金を 支払わなければなりません この提案は大きく異なります それゆえ 保険が上向くまでは時間がかかり 2012年にはアフリカ人の たった4.4%しか保険に加入しておらず そのうち半数を1つの国が占めています 南アフリカです

私たちは数年間 保険を農家に直接販売しようと 試みてきましたが マーケティングには大変なコストがかかり あまり成功しませんでした それから 私たちは多くの機関が 農家と共に活動していることに気づきました 種苗会社や少額金融機関 携帯電話会社や 政府機関などです 彼らは皆 農家に貸付を行っており 貸付の最終決定をする前に よく農家がこう言うのだそうです 「でも雨が降らなかったら? 借金を返せるかどうかわかりません」 これら機関の多くは 自らリスクを負っており ただ その年に 最悪の事態が起こらないよう 願うばかりでした しかしながら ほとんどの機関は 農業への進出を制限していました こうしたリスクを負うわけには いかなかったのです このような機関が私たちの顧客となりました 貸付と保険を組み合わせると 面白いことが起こります もうひとつお話しさせてください

2012年2月の初頭 ケニア西部では 雨が降り始めました これは例年より早い雨でした 雨が早く降ると 農家のやる気が出ます なぜなら 早く雨が降り始めると 普通 豊作になるからです そこで農家は貸付を受けて 植え付けを行いました その後 3週間 雨は1滴も降らず せっかく うまく発芽した作物は しおれて枯れてしまいました 私たちは少額金融機関の貸付金に 保険を提供しており 当該機関は その地域の およそ6千件の農家に 貸付を行っていました 私たちは彼らに電話をして 「干ばつが起きているのを知っています 大丈夫です 農期の終わりに 20万ユーロをお支払いします」 すると彼らは「それはありがたい でも 遅すぎるんです 今 お金をもらえませんか? そうすれば 農家は もう1度植え付けをして 今期に収穫することができますから」 それで 私たちは 保険のパートナー会社を説得して その4月に 農家は再び 植え付けすることができたのです 私たちは種苗会社に再植え付けの話をして 種ひと袋ごとの価格に 保険のコストを組み込むよう説得し 私たちは ひと袋ずつに 番号の書かれたカードを入れました 農家はカードを開いて その番号を私たちにメールします そして その番号のおかげで 私たちは農家の位置を特定し 衛星のピクセルを割り当てます 衛星はそれから3週間の降雨量を 測定して 雨が降らなければ 私たちは種を支給するのです

これは初めての ― (拍手) 待ってください まだ終わってません!

再植え付け保証を 最初に受け取った人々の1人は ボスコ・ムウィニでした 私たちはその年の8月に 彼の農地を訪れました 彼が収穫した作物を 見せてくれたときの笑顔を お見せできたら どんなにいいでしょうか その笑顔に 心が温まり 保険を販売することが 良いことになりうると 教えてくれたのです ですが 彼は 収穫物全部を写真に収めるよう 言い張ったので ずいぶん遠くから この写真を撮りました 保険のおかげで その農期の彼の収穫は確保され 現在 私たちは アフリカの農家が自らの進む道を コントロールできるようにする ツールをすべて持ち合わせていると思います カップの年は二度と訪れないでしょう その代わりに 私が楽しみにしているのは 「保険の年」という名の 大収穫の年です

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画