TED日本語 - メモリ・バンダ: 児童婚と闘う戦士の叫び

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - メモリ・バンダ: 児童婚と闘う戦士の叫び

TED Talks

児童婚と闘う戦士の叫び
A Warrior's Cry Against Child Marriage
メモリ・バンダ
Memory Banda

内容

メモリ・バンダは、妹とは異なる人生を歩んで来ました。妹は思春期になると「いかに男性を性的に喜ばせるか」を教え込む伝統的な「通過儀礼キャンプ」に送られ、そこで妊娠したのです ― 11歳という年齢で。しかしながら、バンダはそこに行くのを拒みました。その代わりに他の女性たちを組織し、彼女のコミュニティのリーダーに条例を公布するよう頼みました。それは、全ての女性を18歳になるまで、無理に結婚させてはならないという内容です。彼女はそれを国家レベルまで持ち上げ、マラウイの少女たちに、信じられないような成果をもたらしました。

Script

I'll begin today by sharing a poem written by my friend from Malawi, Eileen Piri. Eileen is only 13 years old, but when we were going through the collection of poetry that we wrote, I found her poem so interesting, so motivating. So I'll read it to you. She entitled her poem "I'll Marry When I Want." (Laughter)

"I'll marry when I want. My mother can't force me to marry. My father can not force me to marry. My uncle, my aunt, my brother or sister, can not force me to marry. No one in the world can force me to marry. I'll marry when I want. Even if you beat me, even if you chase me away, even if you do anything bad to me, I'll marry when I want.

I'll marry when I want, but not before I am well educated, and not before I am all grown up.

I'll marry when I want."

This poem might seem odd, written by a 13-year-old girl, but where I and Eileen come from, this poem, which I have just read to you, is a warrior's cry.

I am from Malawi. Malawi is one of the poorest countries, very poor, where gender equality is questionable.

Growing up in that country, I couldn't make my own choices in life. I couldn't even explore personal opportunities in life.

I will tell you a story of two different girls,two beautiful girls. These girls grew up under the same roof. They were eating the same food. Sometimes, they would share clothes, and even shoes. But their lives ended up differently, in two different paths. The other girl is my little sister. My little sister was only 11 years old when she got pregnant. It's a hurtful thing. Not only did it hurt her, even me. I was going through a hard time as well.

As it is in my culture, once you reach puberty stage, you are supposed to go to initiation camps. In these initiation camps, you are taught how to sexually please a man. There is this special day, which they call "Very Special Day" where a man who is hired by the community comes to the camp and sleeps with the little girls. Imagine the trauma that these young girls go through every day. Most girls end up pregnant. They even contract HIV and AIDS and other sexually transmitted diseases.

For my little sister, she ended up being pregnant. Today, she's only 16 years old and she has three children. Her first marriage did not survive, nor did her second marriage.

On the other side, there is this girl. She's amazing. (Laughter) (Applause) I call her amazing because she is. She's very fabulous. That girl is me. (Laughter) When I was 13 years old, I was told, you are grown up, you have now reached of age, you're supposed to go to the initiation camp. I was like, "What? I'm not going to go to the initiation camps." You know what the women said to me? "You are a stupid girl. Stubborn. You do not respect the traditions of our society, of our community."

I said no because I knew where I was going. I knew what I wanted in life. I had a lot of dreams as a young girl. I wanted to get well educated, to find a decent job in the future. I was imagining myself as a lawyer, seated on that big chair. Those were the imaginations that were going through my mind every day. And I knew that one day, I would contribute something, a little something to my community. But every day after refusing, women would tell me, "Look at you, you're all grown up. Your little sister has a baby. What about you?" That was the music that I was hearing every day, and that is the music that girls hear every day when they don't do something that the community needs them to do.

When I compared the two stories between me and my sister, I said, "Why can't I do something? Why can't I change something that has happened for a long time in our community?"

That was when I called other girls just like my sister, who have children, who have been in class but they have forgotten how to read and write. I said, "Come on, we can remind each other how to read and write again, how to hold the pen, how to read, to hold the book." It was a great time I had with them. Nor did I just learn a little about them, but they were able to tell me their personal stories, what they were facing every day as young mothers. That was when I was like, 'Why can't we take all these things that are happening to us and present them and tell our mothers, our traditional leaders, that these are the wrong things?" It was a scary thing to do, because these traditional leaders, they are already accustomed to the things that have been there for ages. A hard thing to change, but a good thing to try.

So we tried. It was very hard, but we pushed. And I'm here to say that in my community, it was the first community after girls pushed so hard to our traditional leader, and our leader stood up for us and said no girl has to be married before the age of 18. (Applause)

In my community, that was the first time a community, they had to call the bylaws, the first bylaw that protected girls in our community.

We did not stop there. We forged ahead. We were determined to fight for girls not just in my community, but even in other communities. When the child marriage bill was being presented in February, we were there at the Parliament house. Every day, when the members of Parliament were entering, we were telling them, "Would you please support the bill?" And we don't have much technology like here, but we have our small phones. So we said, "Why can't we get their numbers and text them?" So we did that. It was a good thing. (Applause) So when the bill passed, we texted them back, "Thank you for supporting the bill." (Laughter) And when the bill was signed by the president, making it into law, it was a plus. Now, in Malawi,18 is the legal marriage age, from 15 to 18. (Applause)

It's a good thing to know that the bill passed, but let me tell you this: There are countries where 18 is the legal marriage age, but don't we hear cries of women and girls every day? Every day, girls' lives are being wasted away. This is high time for leaders to honor their commitment. In honoring this commitment, it means keeping girls' issues at heart every time. We don't have to be subjected as second, but they have to know that women, as we are in this room, we are not just women, we are not just girls, we are extraordinary. We can do more.

And another thing for Malawi, and not just Malawi but other countries: The laws which are there, you know how a law is not a law until it is enforced? The law which has just recently passed and the laws that in other countries have been there, they need to be publicized at the local level, at the community level, where girls' issues are very striking. Girls face issues, difficult issues, at the community level every day. So if these young girls know that there are laws that protect them, they will be able to stand up and defend themselves because they will know that there is a law that protects them.

And another thing I would say is that girls' voices and women's voices are beautiful, they are there, but we can not do this alone. Male advocates, they have to jump in, to step in and work together. It's a collective work. What we need is what girls elsewhere need: good education, and above all, not to marry whilst 11.

And furthermore, I know that together, we can transform the legal, the cultural and political framework that denies girls of their rights. I am standing here today and declaring that we can end child marriage in a generation. This is the moment where a girl and a girl, and millions of girls worldwide, will be able to say, "I will marry when I want."

(Applause)

Thank you. (Applause)

今日はある詩のご紹介から 始めましょう 私のマラウイ出身の友 エイリーン・ビリが 書いたものです エイリーンはまだ13歳ですが 私たちが書いた詩のコレクションに 目を通していたら 彼女の詩が とても興味深く勇気を与えると 気がつきました それを皆さんにお聞かせします この詩の題名は 「望む時に結婚する」です (笑)

「望む時に結婚する 母も無理矢理私に結婚をさせられない 父も私を結婚させられない 叔父も叔母も 兄弟姉妹も 私に結婚を強要出来ない 世界中の誰も 私に無理な結婚をさせられない 望む時に結婚する たとえ叩かれても 追い払われても どんな酷い事をされても 望む時に結婚する

十分な教育を受ける前ではなく すっかり大人になってから

望む時に結婚する」

変な詩だと思うかも知れません 13歳の女の子が書いたものですが 私とエイリーンが生まれた国では たった今皆さんにお聞かせした詩は 戦士の叫びなのです

私はマラウイ出身です マラウイは最も貧しい国の一つです とても貧しく その国でのジェンダーの平等は 疑わしいものです

その国に育ち 私は自分の人生の選択が出来ませんでした 人生における個人的な機会を 見出す事も出来ませんでした

二人の違う少女の話をしましょう 二人の美しい少女の話を この二人は同じ屋根の下で 育ちました 同じものを食べ 時には同じ服を交互に来ました 靴さえも同じものを履きました しかし二人の人生は二つの違う道を たどる事になりました 一人は私の妹です 妹はわずか11歳で妊娠しました それは痛ましいことです 妹だけでなく私も傷つきました 私も辛い時期を体験したのです

私の国の文化では 思春期の年齢に達すると 通過儀礼キャンプに行くことになっています そのキャンプでは どうやって男性を性的に喜ばせるかを 教えられます 「とても特別な日」と 呼ばれる日があります その日コミュニティから雇われた男性が キャンプに来て 少女たちと寝るのです その少女たちが毎日経験する トラウマを想像してみてください ほとんどの少女が妊娠に至ります HIV/AIDSや他の伝染性の 性病にかかることさえあります

私の妹は妊娠してしまいました 現在妹はわずか16歳ですが 3人の子供がいます 彼女の最初の結婚は続きませんでしたし 2回目の結婚もそうでした

もう一人のこの少女 彼女は素晴らしいですよ (笑) (拍手) 私が彼女を素晴らしいと言ったのは 彼女がとても 並外れているからです その少女は私です (笑) 私は13歳の時 「お前はもう大きくなって そんな年になったのだから 通過儀礼キャンプに行くのよ」 と言われました 私は「えっ? そんな所には行かないわ」と言いました その女性は私に こう言ったのです 「お前は愚かで頑固な女の子だね 私たちの社会やコミュニティの 伝統を尊重しないだなんて」

私が嫌だといったのは 自分が目指す場所を知っていたからです 人生で望む事を知っていたからです 幼い少女として 多くの夢を持っていました 十分な教育を受けたいと思っていました 将来 きちんとした仕事を見つける為です 大きな椅子に座った弁護士となった 自分を思い浮かべていました それは毎日心に繰り返し 浮かべた想像でした ある日私は気づきました 自分はコミュニティに何か 少し貢献してみたいのだと しかし キャンプ行きを拒んでから毎日 女たちは私に言ったものです 「お前はすっかり大きくなった 妹には赤ん坊もいるのに お前はどうなんだ?」 それは私が毎日耳にする雑音でした コミュニティが皆に要求する事を しない時 少女たちが毎日耳にする言葉です

妹の人生と比べ 私は自分に言いきかせました 「何か出来る事があるよ 自分たちのコミュニティの中で 長い間起こってきた事を 変えることは出来る」

私は少女たちを呼び集めました 子供がいて 学校に行けなくなり 読み書きを忘れてしまった 妹のような少女たちです 私は言いました「 お互いまた 読み書きを思い出せるよ ペンの持ち方も 本の持ち方や読み方だって」 それは彼女たちと一緒に過ごす 意義深い時間でした 最初は彼女たちを よく知らなかったけれど 私に自分たちのプライベートな話 ― 若い母親として自分たちが毎日 直面している事をしてくれました その時私は思いました 私たちに起こっている これら全ての事を 取り上げて 母親や 伝統的なリーダーに示し 伝えることが出来るのではないか それは恐ろしい事でした 伝統的なリーダーにとって 永年そこに存在するものは 既に慣習となっているからです それを変えるのは難しいですが 挑戦してみる価値はあります

そこで私たちはやってみました とても大変でしたが 突き進みました ここで言いたいのは 自分のコミュニティは ― 少女が 伝統的なリーダーに 初めて必死で働きかけた という事です 私たちのリーダーは私たちの為に 少女は18歳より前に 結婚すべきでないと言ったのです (拍手)

私のコミュニティで 初めて行われた働きかけが 条例化の呼びかけにつながりました それは私たちのコミュニティでは 少女たちを守る 初めての条例でした

私たちはそこで止まらず 着実に前進しています 自分のコミュニティで 少女たちの為に闘うだけでなく 他のコミュニティでも闘うと決めました 児童婚の法案が2月に提出されると 私たちは国会に行きました 毎日議会のメンバーが入って来ると 彼らに言いました 「法案を支持して下さい」 この会場のような技術は 私たちにはないのですが 皆 携帯電話なら持っています それでこう言いました「議員の電話番号を 入手してメールを送りましょう」 私たちはそれをやり 上手くいきました (拍手) 法案が通過するとメールの返信をしました 「法案の支持 有難うございました」 (笑) 大統領によって法案に署名がなされ 法律となり それがプラスに働きました 現在マラウイでは法律上結婚可能な年齢が 15歳から18歳に引き上げられたのです (拍手)

条例が通過したのは良いのですが これを言わせて下さい 18歳が法律上婚姻可能年齢となる 国々がありますが 毎日女性や少女たちの叫びが 聞こえませんか? 少女たちの人生が日々 無駄に使われているのです 今こそリーダーが自分たちの 公約を守る好機なのです この公約を守ることで 少女たちの問題を その都度 心に留めておく事になるのです 私たちの問題は優先課題です この部屋にいる女性の存在を 知るべきなのです 私たちは単なる女性でも 少女でもありません 私たちは驚くべき存在なのです できる事がもっとあるのです

マラウイや他の国々には 別の問題もあります 現存する法律は それが執行されて初めて 法律となるのです 通過したばかりの法律や 他の国々に元からあった法律は 地元のレベルや そのコミュニティのレベルで 公表される必要があります 少女たちの問題は非常に際立っています 毎日 コミュニティで 厳しい課題に直面しています その幼い少女たちが 法律は自分たちを守ってくれると知れば 自らを守るために立ち上がれるでしょう 自分たちを 守る法律があると分かるからです

もう一つ私が言いたいのはこれです 少女たちや女性たちが声を上げるのは 確かにすばらしいのですが 私たちにはそれ以上の事ができるのです 男性の支持者がそこに飛び込み 共に活動に参加しなければなりません これは共同作業です 私たちの要求は あらゆる少女に必要な事です 質の高い教育 とりわけ11歳で結婚しない事

更に 私たちは共に少女たちの権利を否定する 法的 文化的 政治的枠組みを 一変できると確信しています 私は今日ここに立ち ずっと続いてきた児童婚を 終わらせられると宣言します 今こそ世界中の 何百万人もの少女たちが こう言えるようになる時なのです 「望むときに結婚する」と

(拍手)

ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画