TED日本語 - トビー・エクルズ: 投資で社会変革を

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - トビー・エクルズ: 投資で社会変革を

TED Talks

投資で社会変革を
Invest in social change
トビー・エクルズ
Toby Eccles

内容

興味深い統計があります。イギリスでは、男性短期受刑者の63%は、出所後1年以内に再犯し、刑務所に逆戻りしてしまうというのです。社会復帰を支援するためには、職業訓練や教育、心理カウンセリングなどが必要で、それができれば大きな成果を上げるでしょう。しかし、政府にはそんな財源がありません。トビー・エクルズは、この状況を覆すための画期的なアイデア「ソーシャル・インパクト・ボンド(社会インパクト債権)」について話します。この債権は今までにないもので、民間のお金を使って社会問題の解決に取り組み、さらに、それが成功すれば、政府が利子を付けて投資家に資金を払い戻すというものです。

Script

I'm here today to talk about social change, not a new therapy or a new intervention or a new way of working with kidsor something like that, but a new business model for social change, a new way of tackling the problem.

In Britain,63 percent of all men who come out of short sentences from prison re-offend again within a year. Now how many previous offenses do you think they have on average managed to commit? Forty-three. And how many previous timesdo you think they've been in prison? Seven.

So we went to talk to the Ministry of Justice, and we said to the Ministry of Justice, what's it worth to you if fewer of these guys re-offend? It's got to be worth something, right? I mean, there's prison costs, there's police costs, there's court costs, all these things that you're spending money on to deal with these guys. What's it worth?

Now, of course, we care about the social value. Social Finance, the organization I helped set up, cares about social stuff. But we wanted to make the economic case, because if we could make the economic case, then the value of doing thiswould be completely compelling. And if we can agree on both a value and a way of measuring whether we've been successful at reducing that re-offending, then we can do something we think rather interesting.

The idea is called the social impact bond. Now, the social impact bond is simply saying, if we can get the government to agree, that we can create a contract where they only pay if it worked. So that means that they can try out new stuff without the embarrassment of having to pay if it didn't work, which for still quite a lot of bits of government, that's a serious issue.

Now, many of you may have noticed there's a problem at this point, and that is that it takes a long time to measure whether those outcomes have happened. So we have to raise some money. We use the contract to raise money from socially motivated investors. Socially motivated investors: there's an interesting idea, right? But actually, there's a lot of people who, if they're given the chance, would love to invest in something that does social good. And here's the opportunity. Do you want to also help government find whether there's a better economic model, not just leaving these guys to come out of prison and waiting till they re-offendand putting them back in again, but actually working with them to move to a different path to end up with fewer crimes and fewer victims?

So we find some investors, and they pay for a set of services, and if those services are successful, then they improve outcomes, and with those measured reductions in re-offending, government saves money, and with those savings, they can pay outcomes. And the investors do not just get their money back, but they make a return.

So in March 2010, we signed the first social impact bond with the Ministry of Justice around Peterborough Prison. It was to work with 3,000 offenders split into three cohorts of 1,000 each. Now, each of those cohorts would get measured over the two years that they were coming out of prison. They've got to have a year to commit their crimes,six months to get through the court system, and then they would be compared to a group taken from the police national computer, as similar as possible, and we would get paid providing we achieved a hurdle rateof 10-percent reduction, for every conviction event that didn't happen. So we get paid for crimes saved. Now if we achieved that 10-percent reduction across all three cohorts, then the investors get a seven and a half percent annualized return on their investment, and if we do better than that, they can get up to 13 percent annualized return on their investment, which is okay.

So everyone wins here, right? The Ministry of Justice can try out a new program and they only pay if it works. Investors get two opportunities: for the first time, they can invest in social change. Also, they make a reasonable return, and they also know that first investors in these kinds of things, they're going to have to believers. They're going to have to care in the social program, but if this builds a track record over five or 10 years, then you can widen that investor community as more people have confidence in the product. The service providers, well, for the first time, they've got an opportunity to provide services and grow the evidence for what they're doing in a really constructive way and learn and demonstrate the value of what they're doing over five or six years, not just one or two as often happens at the moment. Society wins: fewer crimes, fewer victims. Now, the offenders, they also benefit. Instead of just coming out of the prison with 46 pounds in their pocket, half of them not knowing where they're spending their first night out of jail, actually, someone meets them in prison, learns about their issues, meets them at the gate, takes them through to somewhere to stay, connects them to benefits, connects them to employment, drug rehabilitation, mental health, whatever's needed.

So let's think of another example: working with children in care. Social impact bonds work great for any area where there is at the moment very expensive provision that produces poor outcomes for people. So children in the state care tend to do very badly. Only 13 percent achieve a reasonable level of five GCSEs at 16, against 58 percent of the wider population. More troublingly,27 percent of offenders in prison have spent some time in care. And even more worryingly, and this is a Home Office statistic,70 percent of prostitutes have spent some time in care. The state is not a great parent. But there are great programs for adolescents who are on the edge of care, and 30 percent of kids going into care are adolescents.

So we set up a program with Essex County Council to test out intensive family therapeutic support for those families with adolescents on the edge of the care system. Essex only pays in the event that it's saving them care costs. Investors have put in 3.1 million pounds. That program started last month. Others, around homelessness in London, around youth and employment and education elsewhere in the country. There are now 13 social impact bonds in Britain, and amazing levels of interest in this idea all over the world. So David Cameron's put 20 million pounds into a social outcomes fund to support this idea. Obama has suggested 300 million dollars in the U.S. budget for these kinds of ideas and structures to move it forward, and a lot of other countries are demonstrating considerable interest.

So what's caused this excitement? Why is this so different for people? Well, the first piece, which we've talked about, is innovation. It enables testing of new ideas in a way that's less difficult for everybody.

The second piece it brings is rigor. By working to outcomes, people really have to test and bring data into the situationthat one's dealing with. So taking Peterborough as an example, we add case management across all of the different organizationsthat we're working with so they know what actually has been done with different prisoners, and at the same time they learn from the Ministry of Justice, and we learn, because we pushed for the data, what actually happens, whetherthey get re-arrested or not. And we learn and adapt the program accordingly.

And this leads to the third element, which is new, and that's flexibility. Because normal contracting for things, when you're spending government money, you're spending our money, tax money, and the people who are in chargeof that are very aware of it so the temptation is to controlexactly how you spend it. Now any entrepreneur in the room knows that version 1.0, the business plan, is not the one that generally works. So when you're trying to do something like this, you need the flexibility to adapt the program. And again, in Peterborough, we started off with a program, but we also collected data, and over the period of time, we nuanced and changed that program to add a range of other elements, so that the service adapts and we meet the needs of the long term as well as the short term: greater engagement from the prisoners, longer-term engagement as well.

The last element is partnership. There is, at the moment, a staledebate going on very often: state's better, public sector's better, private sector's better, social sector's better, for a lot of these programs. Actually, for creating social change, we need to bring in the expertise from all of those parties in order to make this work. And this creates a structure through which they can combine.

So where does this leave us? This leaves us with a way that people can invest in social change. We've met thousands, possibly millions of people, who want the opportunity to invest in social change. We've met champions all over the public sector keen to make these kinds of differences. With this kind of model, we can help bring them together.

Thank you.

(Applause)

今日は 社会変革についてお話ししたいと思います と言っても新しい治療法やケアでも 子どもとの新しい接し方でもありません 社会変革に向けた新しいビジネスモデル― 新たな問題解決方法についてです

イギリスでは63%の 男性の短期受刑者が出所後 1年以内に再犯をしています では これら前科者による 犯罪件数の平均はどれくらいだと 思いますか? 43回です では 過去何回刑務所に入っていたのでしょうか? 7回です

私たちは 司法省に行き こう聞きました 再犯者を減らすことの 価値は いかほどでしょう? 何らかの価値はあるはずでしょう お金をかけて刑務所を運営し 警察も使い裁判手続きなどもして 再犯者に対処しているわけですから その価値は いかほどになるでしょう

もちろん 私たちは社会的価値を大事に考えています 私が立ち上げ支援をしたソーシャル・ファイナンスという組織も 社会問題を重視しています でも 私たちは経済面も論じたかったのです というのも経済性が示せれば これを行う価値は覆しようのないものとなるからです 再犯率を下げることの 価値と 成果を測る基準について 合意することができれば とても面白いことができるのです

「ソーシャル・インパクト・ボンド(社会インパクト債権)」と呼ばれる― この考え方は要するに 政府と合意が取れれば 契約を結んで成功報酬制で 活動をするというものです ですから 政府は新しいことを試せる一方で 失敗した上にお金まで払う― 無様なことになる心配もありません 政府機関の多くにとって これは重要な問題ですから

皆さん お気づきの通り ここで一つ問題があります 期待された成果が得られたか 検証するまでには長い時間がかかることです ですから 資金を集める必要があります この契約をもとに 社会貢献型投資家から資金を募ります 社会貢献型投資家とは 面白い考え方もあるものでしょう? 実際 機会さえあれば 社会に役立つことに 喜んで投資をするという人は たくさんいるのです ですから 機会を用意しました 政府が より良いお金の使い方を 見つける手伝いもしませんか? 刑期を終えた人を放っておいて 再犯をするのを待ってまた刑務所に入れるのではなく 実際に 彼らと向き合い 別の道を歩めるよう手助けし 結果的に犯罪を減らし 被害者も減らすのです

私たちは投資家を見つけ 投資家は事業活動の費用を支払います もしそれが成功すれば 良い結果が得られますし 再犯率が減ることで 政府は支出が抑えられ その節約できた分で 成果について対価を支払います 投資家は投資を回収するだけではなく 運用益が得られます

2010年3月 私たちは 世界初のソーシャル・インパクト・ボンドの 契約を結びました司法省とで ピーターバラ刑務所の 3,000人の受刑者を対象としたものです 受刑者を1,000人ごとの3つのグループに分け 各グループについて 出所後2年にわたり 追跡調査をします 1年以内に再犯をしたとして 裁判手続きに6ヶ月かかりますから そして その調査結果を検証します 全英警察データから可能な限り似た― グループを抽出しそれと比較するのです 支払いがされるのは 再犯率を10%以上削減できた場合で 起こらなかった犯罪件数に応じた額を受け取ります つまり 防いだ犯罪に対して支払われるのです もし3つのグループすべてで10%削減ができれば 投資家は 年利7.5%の リターンを得られます それよりもよい結果が出た場合 最高で 年利13%の リターンが得られます 悪くない数字ですね

このスキームでは誰もが得をするのです 司法省は新しいプログラムを試せ しかも お金を払うのは成功したときだけです 投資家は2つの機会を得られます まず 社会変革に投資できます さらに 合理的な運用益も得られます 投資家はよく承知している通り こうしたものに最初に投資するのは 確固たる信念を持ち 社会貢献に関心がある人に限られます でも 実績が積み重ねられれば 5年か10年後には この投資家コミュニティーは広がります この商品を信頼する人が増えるからです 事業運営者もここで初めて 事業を運営する機会を得て とても建設的な取組みの 結果を積み重ねて 学習し その価値を示せるようになります 5年とか6年後の話で よくある1、2年の話ではありません 社会も恩恵を受けます犯罪も被害者も減るからです 実は 犯罪者にとっても良いのです 数千円を手に出所しても 半分は どこに行けばよいかも 分からない状況です でも 誰かが刑務所にやってきて 自分の問題に耳を傾けてくれ 出所の日には門で待っていて 住むところまで連れて行ってくれ さらに いろんな福祉や仕事 薬物更生 メンタルヘルスなど 必要なものへ導いてくれるのです

ここで 別の事例を見てみましょう 児童養護の取組みです 今 とても高いお金をかけて 良い成果が出せていないどんな分野でも ソーシャル・インパクト・ボンドは うまく機能します 養護施設の子どもたちは 悪い方向に進む傾向にあります 16歳で義務教育修了時に受ける統一試験GCSEの5科目で 基準点を取れるのはたった13%だけです 全国平均は58%にもかかわらずです さらに悪いことには服役中の犯罪者の27%が 養護施設で過ごした経験を持ちます もっと心配なのは 内務省の統計によれば 売春婦の70%も 養護施設に入ったことがあります 国は あまり良い親ではないのです でも 養護の必要な思春期の子どもには もっと良いプログラムが色々あるのです 養護施設に行く子どもの30%は 思春期でもあります

そこで 私たちはエセックス県庁とプログラムを立上げ 集中的な家庭サポートを試すことにしました 思春期の子どもがいる家庭が 対象になっています エセックス県がお金を支払うのは 支援費用を節約できたときだけです 投資家からは約5億円が集まり 先月 プログラムは始動しました 他にもありますロンドンのホームレス問題や 全国の 若者、雇用、教育といった分野です 今や イギリスでは13のソーシャル・インパクト・ボンドがあり このアイデアは世界中から高い関心を集めています デーヴィッド・キャメロン首相も約34億円を 社会成果基金に提供しこのアイデアを支持しています オバマ大統領もこうした事業に 約300億円の国家予算を当てて 進めていくべきだと言っています そして たくさんの国が 高い関心を示しています

なぜ こんなに盛り上がるのでしょうか? 何が違うのでしょうか? 1つ目は さきほどもお話ししましたが イノベーションです 皆に受け入れられやすい形で 新しいアイデアを試せるようになるからです

2つ目は 厳密だからです 成果を目指してデータを検証し 課題解決に取り入れる必要があるからです ピーターバラ刑務所の例でいえば 私たちは ケースマネジメントを 共に活動を進めているすべての組織に取り入れました 皆が 受刑者に対して どんな取組みをしているか共有し 同時に司法省からも情報を得ました また私たちも 何が起こっているか 再び逮捕されるかどうかデータを追って調べました それを見て 私たちはプログラムを調整するのです

これは3つ目にもつながります今までにない― 柔軟性です 通常 契約をするときは 政府のお金を使っている― 私たちのお金税金を使っているわけで そのことは 事業担当者もよく認識しているので お金をどのように使うか細かく管理したくなります ここにいる起業家のみなさんはお分かりだと思いますが ビジネスプランのバージョン1.0は うまく行かないものです こうしたことを試すときは 柔軟にプログラムを調整して行く必要があります ピーターバラ刑務所の話に戻るとここでも― ある計画を持って始めたわけですが同時にデータも収集し プロジェクトを進めるにつれて 計画を微調整し変更を行い 新たな要素も加えて行きました サービスを適応させ 長期的なニーズにも 短期的なニーズにも合うようにしたのです 受刑者からより大きなコミットを そして長期のコミットを得るようにするのです

最後のポイントはパートナーシップです 最近 こんな陳腐な議論をよく耳にします このようなプログラムは 国がすべきとか公共セクター、民間セクターがよいとか 第三セクターがよいとか でも 社会変革を起こすなら 私たちはこれら関係者すべての 専門性を結集させて 解決に当たらないといけません このことを通して すべてを結びつける仕組みを作り上げます

このアイデアで何が変わるのでしょう? この取り組みで私たちは 社会変革に投資する手段を手にできるのです これまで 社会変革に投資する機会を求める― 何千 おそらく何百万という人に会ってきました 一方で 公共部門ではこうした取り組みに関心の高い― 素晴らしい方々にお会いしました このモデルがあれば この2つを結びつけられるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画