TED日本語 - カディジャ・ブア: 私の母による「自立」の奇妙な定義

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - カディジャ・ブア: 私の母による「自立」の奇妙な定義

TED Talks

私の母による「自立」の奇妙な定義
My mother’s strange definition of empowerment
カディジャ・ブア
Khadija Gbla

内容

カディジャ・ブアは、「自立した女性」という言葉の2つの異なる定義の狭間で育ちました。シエラレオネ出身の母親は彼女に女子割礼を施すこと ― そして、彼女の性的欲望を抑えること ― こそが女性の自立の究極の形であると考える一方で、カディジャが10代の少女として経験したオーストラリアの文化では、彼女にも性的な悦びを得る権利があり、彼女が経験したものは「女性器切除」であるとされていたのです。率直でユーモアのあるこのトークで、彼女は「クリトリス中心主義の社会」でどう居場所を見つけたか、そしていかに他の女性たちがこのような思いをしなくて済むよう努力しているかについて話します。(注意:このトークには、一部聞くにたえない詳細な描写が含まれています)

Script

Hi. Today I'm going to share my personal journey with female genital mutilation, FGM. Feel free to cry, laugh, cross your legs, or do anything your body feels like doing. I'm not going to name the things your body does.

I was born in Sierra Leone. Did anybody watch "Blood Diamond"? If you have any thoughts -- I don't have any diamonds on me, by the way. If you have heard of Ebola, well, that's in Sierra Leone as well. I don't have Ebola. You're all safe. Don't rush to the door. Be seated. You're fine. I was checked before I got here.

My grandfather had three wives. Don't ask me why a man needs more than one wife. Men, do you need more than one wife? I don't think so. There you go. He was looking for a heart attack, that's what I say. Oh yeah, he was.

When I was three, war broke out in Sierra Leone in 1991. I remember literally going to bed one night, everything was good. The next day, I woke up, bombs were dropping everywhere, and people were trying to kill me and my family. We escaped the war and ended up in Gambia, in West Africa. Ebola is there as well. Stay away from it. While we were there as refugees, we didn't know what was going to become of us. My mom applied for refugee status. She's a wonderful, smart woman, that one, and we were lucky. Australia said, we will take you in. Good job, Aussies.

Before we were meant to travel, my mom came home one day, and said, "We're going on a little holiday, a little trip." She put us in a car, and we drove for hours and ended up in a bush in a remote area in Gambia. In this bush, we found two huts. An old lady came towards us. She was ethnic-looking, very old. She had a chat with my mom, and went back. Then she came back and walked away from us into a second hut. I'm standing there thinking, "This is very confusing. I don't know what's going on." The next thing I knew, my mom took me into this hut. She took my clothes off, and then she pinned me down on the floor. I struggled and tried to get her off me, but I couldn't. Then the old lady came towards me with a rusty-looking knife,one of the sharp knives, orange-looking, has never seen water or sunlight before. I thought she was going to slaughter me, but she didn't. She slowly slid down my body and ended up where my vagina is. She took hold of what I now know to be my clitoris, she took that rusty knife, and started cutting away, inch by inch. I screamed, I cried, and asked my mom to get off me so this pain will stop, but all she did was say, "Be quiet." This old lady sawed away at my flesh for what felt like forever, and then when she was done, she threw that piece of flesh across the floor as if it was the most disgusting thing she's ever touched. They both got off me, and left me there bleeding, crying, and confused as to what just happened.

We never talked about this again. Very soon, we found that we were coming to Australia, and this is when you had the Sydney Olympics at the time, and people said we were going to the end of the world, there was nowhere else to go after Australia. Yeah, that comforted us a bit. It took us three days to get here. We went to Senegal, then France, and then Singapore. We went to the bathroom to wash our hands. We spent 15 minutes opening the tap like this. Then somebody came in, slid their hand under and water came out, and we thought, is this what we're in for? Like, seriously.

We got to Adelaide, small place, where literally they dumped us in Adelaide, that's what I would say. They dumped us there. We were very grateful. We settled and we liked it. We were like, "We're home, we're here." Then somebody took us to Rundle Mall. Adelaide has only one mall. It's this small place. And we saw a lot of Asian people. My mom said all of a sudden, panicking, "You brought us to the wrong place. You must take us back to Australia." Yeah. It had to be explained to her that there were a lot of Asians in Australia and we were in the right place. So fine, it's all good.

My mom then had this brilliant idea that I should go to a girls school because they were less racist. I don't know where she read that publication. (Laughter) Never found evidence of it to this day. Six hundred white kids, and I was the only black child there. No, I was the only person with a bit of a color on me. Let me say that. Chocolate color. There were no Asians, no indigenous. All we had was some tan girls, girls who felt the need to be under the sun. It wasn't the same as my chocolate, though. Not the same. Settling in Australia was quite hard, but it became harder when I started volunteering for an organization called Women's Health Statewide, and I joined their female genital mutilation program without any awareness of what this program was actually about, or that it related to me in any way. I spent months educating nurses and doctors about what female genital mutilation was and where it was practiced: Africa, the Middle East, Asia, and now, Australia and London and America, because, as we all know, we live in a multicultural society, and people who come from those backgrounds come with their culture, and sometimes they have cultural practices that we may not agree with, but they continue to practice them.

One day, I was looking at the chart of the different types of female genital mutilation, FGM, I will just say FGM for short. Type I is when they cut off the hood. Type II is when they cut off the whole clitoris and some of your labia majora, or your outer lips, and Type III is when they cut off the whole clitoris and then they sew you up so you only have a little hole to pee and have your period. My eyes went onto Type II. Before all of this, I pretty much had amnesia. I was in so much shock and traumatized by what had happened, I didn't remember any of it. Yes, I was aware something bad happened to me, but I had no recollection of what had happened. I knew I had a scar down there, but I thought everybody had a scar down there. This had happened to everybody else. But when I looked at Type II, it all came back to me. I remembered what was done to me. I remembered being in that hut with that old lady and my mom holding me down.

Words can not express the pain I felt, the confusion that I felt, because now I realized that what was done to me was a terrible thing that in this society was called barbaric, it was called mutilation. My mother had said it was called circumcision, but here it was mutilation. I was thinking, I'm mutilated? I'm a mutilated person. Oh my God.

And then the anger came. I was a black angry woman. (Laughter) Oh yeah. A little one, but angry nevertheless. I went home and said to my mom, "You did something." This is not the African thing to do, pointing at your mother, but hey, I was ready for any consequences. "You did something to me." She's like, "What are you talking about, Khadija?" She's used to me mouthing off. I'm like, "Those years ago, You circumcised me. You cut away something that belonged to me." She said, "Yes, I did. I did it for your own good. It was in your best interest. Your grandmother did it to me, and I did it to you. It's made you a woman." I'm like, "How?" She said, "You're empowered, Khadija. Do you get itchy down there?" I'm like, "No, why would I get itchy down there?" She said, "Well, if you were not circumcised, you would get itchy down there. Women who are not circumcised get itchy all the time. Then they sleep around with everybody. You are not going to sleep around with anybody." And I thought, her definition of empowerment was very strange. (Laughter) That was the end of our first conversation. I went back to school. These were the days when we had Dolly and Girlfriend magazines. There was always the sealed section. Anybody remember those sealed sections? The naughty bits, you know? Oh yeah, I love those. (Laughter) Anyway, there was always an article about pleasure and relationships and, of course, sex. But it always assumed that you had a clitoris, though, and I thought, this doesn't fit me. This doesn't talk about people like me. I don't have a clitoris. I watched TV and those women would moan like, "Oh! Oh!" I was like, these people and their damned clitoris. (Laughter) What is a woman without a clitoris supposed to do with her life? That's what I want to know. I want to do that too -- "Oh! Oh!" and all of that. Didn't happen.

So I came home once again and said to my mom, "Dolly and Girlfriend said I deserve pleasure, that I should be having orgasms, and that white men should figure out how to find the clitoris." Apparently, white men have a problem finding the clitoris. (Laughter) Just saying, it wasn't me. It was Dolly that said that. And I thought to myself, I had an inner joke in my head that said, "I will marry a white man. He won't have that problem with me." (Laughter) So I said to my mom, "Dolly and Girlfriend said I deserve pleasure, and do you know what you have taken away from me, what you have denied me? You have invaded me in the most sacred way. I want pleasure. I want to get horny, dammit, as well." And she said to me, "Who is Dolly and Girlfriend? Are they your new friends, Khadija?" I was like, "No, they're not. That's a magazine, mom, a magazine."

She didn't get it. We came from two different worlds. When she was growing up, not having a clitoris was the norm. It was celebrated. I was an African Australian girl. I lived in a society that was very clitoris-centric. It was all about the damn clitoris! And I didn't have one! That pissed me off.

So once I went through this strange phase of anger and pain and confusion, I remember booking an appointment with my therapist. Yes, I'm an African who has a therapist. There you go. And I said to her, "I was 13. I was a child. I was settling in a new country, I was dealing with racism and discrimination, English is my third language, and then there it was." I said to her, "I feel like I'm not a woman because of what was done to me. I feel incomplete. Am I going to be asexual?" Because from what I knew about FGM, the whole aim of it was to control the sexuality of women. It's so that we don't have any sexual desire. And I said, "Am I asexual now? Will I just live the rest of my life not feeling like having sex, not enjoying sex?" She couldn't answer my questions, so they went unanswered.

When I started having my period around the age of 14, I realized I didn't have normal periods because of FGM. My periods were heavy, they were long, and they were very painful. Then they told me I had fibroids. They're like these little balls sitting there. One was covering one of my ovaries.

And there came then the big news. "We don't think you can have children, Khadija." And once again, I was an angry black woman.

I went home and I said to my mom, "Your act, your action, no matter what your may defense may be" -- because she thought she did it out love -- "what you did out of love is harming me, and it's hurting me. What do you have to say for that?" She said, "I did what I had to do as a mother." I'm still waiting for an apology, by the way.

Then I got married. And once again -- FGM is like the gift that keeps giving. You figure that out very soon. Sex was very painful. It hurt all the time. And of course I realized, they said, "You can't have kids." I thought, "Wow, is this my existence? Is this what life is all about?" I'm proud to tell you,five months ago, I was told I was pregnant. (Applause)

I am the lucky girl. There are so many women out there who have gone through FGM who have infertility. I know a nine-year-old girl who has incontinence, constant infections, pain. It's that gift. It doesn't stop giving. It affects every area of your life, and this happened to me because I was born a girl in the wrong place. That's why it happened to me.

I channel all that anger, all that pain, into advocacy because I needed my pain to be worth something. So I'm the director of an organization called No FGM Australia. You heard me right. Why No FGM Australia? FGM is in Australia. Two days ago, I had to call Child Protective Services, because somewhere in Australia, there's a four-year old there's a four-year-old whose mom is planning on performing FGM on her. That child is in kindy. I'll let that sink in : four years old. A couple of months ago, I met a lady who is married to a Malaysian man. Her husband came home one day and said he was going to take their daughters back to Malaysia to cut off their clitoris. And she said, "Why?" He said they were dirty. And she said, "Well, you married me." He said, "Oh, this is my cultural belief." They then went into a whole discussion where she said to him, "Over my dead body will you do that to my daughters." But imagine if this woman wasn't aware of what FGM was, if they never had that conversation? Her children would have been flown over to Malaysia and they would have come back changed for the rest of their lives. Do you know the millions of dollars it would take us to deal with an issue like that? [ Three children per day ] in Australia are at risk of having FGM performed on them. This is an Australian problem, people. It's not an African problem. It's not a Middle Eastern problem. It's not white, it's not black, it has no color, it's everybody's problem. FGM is child abuse. It's violence against women. It's saying that women don't have a right to sexual pleasure. It says we don't have a right to our bodies. Well, I say no to that, and you know what? Bullshit. That's what I have to say to that. (Applause)

I am proud to say that I'm doing my part in ending FGM. What are you going to do? There may be a child in your classroom who is at risk of FGM. There may be a patient who comes to your hospital who is at risk of FGM. But this is the reality, that even in our beloved Australia, the most wonderful place in the world, children are being abused because of a culture. Culture should not be a defense for child abuse. I want ever single one of you to see FGM as an issue for you. Make it personal. It could be your daughter, your sister, your cousin.

I can't fight FGM alone. I could try, but I can't. So my appeal to you is, please join me. Sign my petition on Change.org and type in Khadija, my name, and it'll come up, and sign it. The aim of that is to get support for FGM victims in Australia and to protect little girls growing up here to not have this evil done to them, because every child has a right to pleasure. Every child has a right to their bodies being left intact, and dammit, ever child has a right to a clitoris. So please join me in ending this act.

My favorite quote is, "All it takes for evil to prevail is for a few good men and women to do nothing." Are you going to let this evil of female genital mutilation to prevail in Australia? I don't think so, so please join me in ensuring that it ends in my generation.

Thank you.

(Applause)

こんにちは 今日私がお話しするのは 女性器切除 (FGM)にまつわる 個人的な物語です 泣くなり 笑うなり 足を組むなり どうぞご自由に 何でも好きなように楽にしてください あなたの体が行うことに 名前を付けようとは思いません

私はシエラレオネで生まれました 『ブラッド・ダイヤモンド』を 見た人はいますか? 何をお考えだとしても ― 私はダイヤモンドなんて 身に着けてませんよ 念のため エボラのことを聞いたことがあるなら それもシエラレオネの問題です 私はエボラにかかってませんから 皆さんは安全です 急いで退席しなくても大丈夫 どうぞ座っていてください 大丈夫 検査は受けてきましたから

祖父には妻が3人いました どうして2人以上の妻が 必要なのかはわかりません 男性の皆さん 奥さんは1人じゃ足りませんか? 私はそう思いません ほらね 祖父は心臓発作でも 起こしたかったのでしょう ええ きっとそうです

私が3歳の時 1991年に シエラレオネで戦争が始まりました ある晩 何事もなく ベッドへ行ったのを覚えています あくる日 目が覚めると 爆弾があちこちに落とされて 人々が私や家族を 殺そうとしてきました 私たちは戦火を逃れて 西アフリカのガンビアに行きました そこにもエボラがありますから 気を付けて 私たちは難民として そこにいる間 どうなるのか先が見えませんでした 母は難民申請をしました 母は賢く素晴らしい人で 私たちは幸運でした オーストラリアが受け入れてくれたのです オーストラリア人のおかげです

出発する前に ある日 母が帰ってくると こう言いました 「ちょっとした休暇に行くわよ」 私たちを車に乗せると 何時間も運転して ガンビアの田舎にある ある茂みにたどり着きました 茂みには小屋が2つありました 年老いた女性がこちらにやってきました 彼女は民族衣装に身を包み とても年を取っていました 母と話をすると 中に戻っていきました それから戻ってきて もう1つの小屋に入っていきました 私はそこに立って 考えました 「よくわからない 一体何が起こっているのかな」 次に覚えているのは 母が私をその小屋に 連れて行ったことです 母は私の服を脱がせると 私を床に押さえつけました 何とか母を振り払おうとしましたが できませんでした それから 年老いた女性が さびたナイフを持って近づいてきて ― 鋭いナイフで オレンジ色の 水や光に 触れたことのないかのようなナイフです 殺されるのかと思いましたが そうではありませんでした 彼女はゆっくりと私の体の 下の方へと動き 私のヴァギナのあたりで止まりました 今になってクリトリスであったと わかる部分をつまむと 彼女はさびたナイフで 少しずつ切り取っていったのです 私は泣き叫び 痛みから逃れられるよう 母にどいてと頼みましたが 母は「静かにしなさい」と 言うだけでした 永遠のように長い時間をかけて 私の肉体を切り取り終えると この年老いた女性は その肉片を床に投げ捨てました まるでこの世で1番 おぞましいものであるかのように 女性も母も私から手を離すと 私は独り血を流し たった今起こったことに 混乱して泣きました

このことは2度と 会話に上りませんでした まもなく 私たちは オーストラリアに行くことになりました シドニー・オリンピックの あった年のことです 人は私たちが行くのは世界の果てで オーストラリアの後には 行くべきところはどこもないと言いました これには気が休まりました ここに来るまでに3日かかりました セネガルに行き それからフランス そしてシンガポールに行きました トイレに手を洗いに行って 15分間水を出そうと 蛇口をひねり続けました 誰かが入ってきて 手をかざすと 水が出たのです たったこれだけなの?と思いました 本当です

私たちはアデレードという 小さな街に行き そこで文字通り 放り出されました そこで放り出されたのです とてもありがたく思いました そこに落ち着き 街も気に入りました 「ここが我が家だ 私たちの居場所なのだ」と思いました それからランドル・モールに 連れて行ってくれた人がいました アデレードにはモールが 1つしかありません 小さいところです アジア系の人がたくさんいました 母はパニックに陥り 急に こう言いだしました 「間違った場所に連れてきたのね オーストラリアに連れて帰ってちょうだい」 母には オーストラリアにはたくさん アジア系の人がいて 正しい場所にいるのだと 説明する必要がありました すべて順調でした

それから母は素晴らしいことを 思いついて あまり人種差別的でない女子校に 私を入れることにしました どこでそんなことを 読んだのかはわかりませんが (笑) 今でもまだわかりません 600人の白人の生徒の中で 私は唯一の黒人でした いいえ 私は唯一の 有色人種でした チョコレート色と言いましょうか アジア人も原住民の生徒もいませんでした 少し日に焼けた ― 太陽の下にいなきゃと感じる 女の子たちはいました でも 私のチョコレート色とは違います オーストラリアになじむのは なかなか大変でしたが ウィメンズ・ヘルス・ステートワイドという 団体のボランティアを始めてから さらに大変になりました 私は女性器切除プログラムに プログラム自体の内容も 自分に関わりがあるかも 知らないままに参加しました 何か月も看護師や医者の方々に 女性器切除がどのようなもので どこで行われているかを 説明しました アフリカや中東 アジア 今では オーストラリアやロンドン アメリカもです なぜなら 今私たちは 多文化社会に生きており そのような背景を持つ人々は 文化を持ち込み 私たちが必ずしも同意しない 文化的慣習であっても 彼らは実践し続けるのです

ある日 私は様々な種類の 女性器切除についての表を見ていました 短く略してFGMと言うことにします タイプ1は先端を切除するもの タイプ2はクリトリス全体と 外唇部の一部を 切除するもの そしてタイプ3はクリトリス全体を 切除して 縫合するものです 小用と生理のときのために 小さい穴だけを残すのです 私の目はタイプ2に向きました これ以前には私は 記憶喪失のようなものでした あまりの出来事に ショックを受け傷ついたので 何も覚えていなかったのです 何か悪いことが起こったのは 知っていましたが 何が起こったかについては 何も覚えていませんでした 下腹部に傷があるのは 知っていましたが みんな傷があるものだと 思っていたのです 誰もに起こったことだと思っていたのです しかし タイプ2を見るや すべてを思い出しました 何が行われたかを思い出したのです あの小さな小屋で 年老いた女性と母に 押さえつけられたことを思い出しました

感じた痛みも混乱も 言葉では表し切れません 私に起こったことは あまりにもひどいことで この社会では野蛮なことであり 「切除」と呼ばれるものだと 知ったからです 母は「割礼」と言っていましたが ここでは「切除」なのです 「私は切除された人間なの?」 と私は思いました 何てことでしょう

それから怒りが訪れました 私は怒れる黒人女性になったのです (笑) そうですとも 小さいけれど 怒っていることに変わりはありません 家に帰って 母に 「何てことしたの」と言いました 母親を指さすのは アフリカ的なことではありませんが 私はそんなことは構いませんでした 「私に何てことしてくれたの」 母は「何を言ってるの カディジャ?」 という感じでした 母は私が口答えするのに 慣れているのです 私は「何年も前に 私を割礼したでしょう 私のものを切り取ったのよ」 と言いました 母は「ええ そうよ あなたのためにやったことなのよ あなたのためには 1番いいことなのよ あなたのおばあちゃんは私に 私はあなたにしてあげたの 1人前の女性になったのよ」 「どういうこと?」と私 母は「カディジャ あなたは自立したのよ あそこがかゆくなることがある?」 と言いました 私が「いいえ どうして かゆくなったりするするわけ?」と言うと 母は「もし割礼していなかったら かゆくなるのよ 割礼しない女性は しょっちゅうかゆくなるの そうすると誰とでも寝るようになるのよ あなたは誰とでも 寝るようじゃいけないわ」 私が思ったのは 母の「自立」の定義が ずいぶん変だなということです (笑) 最初の会話はそれで終わりました 私は学校に戻りました その頃は『ドリー』とか 『ガールフレンド』といった雑誌があり 必ず袋とじがありました 袋とじを覚えている人はいますか? ちょっといけないことが書いてあるのです ええ 大好きでした (笑) とにかく いつも性の悦びや 恋愛や もちろんセックスについても 書いてある記事がありました クリトリスがある前提で書いてあるので 私には当てはまりません 私のような女の子のことは 書いてないのです 私にはクリトリスがありません テレビを見ていて 「あぁ!あぁ!」と喘ぐ女性を見ると こいつらもクリトリスも くそくらえと思っていました (笑) クリトリスのない女性は どうやって生きて行けばいいのでしょう? それが知りたかったのです 私も「あぁ!あぁ!」と やってみたいですけど それは起こりませんでした

そこで家に帰ると また母に言いました 「『ドリー』も『ガールフレンド』も私には 性の悦びを感じる権利があって オーガズムを感じるべきで 白人男性はクリトリスの 見つけ方を知るべきだって言ってるわ」 どうも白人男性はクリトリスが 見つけられないみたいですね (笑) 私じゃなくて 『ドリー』が言ったんですよ 私は心の中で ジョークを考え付きました 「私は白人男性と結婚するわ そうすれば彼は困らなくて済むもの」 (笑) 私は母に向かって言いました 「『ドリー』も『ガールフレンド』も 私も悦びを感じていいと言ってるけど お母さんは私から何を奪ったか わかってるの? 私の1番神聖な部分を冒したのよ 私だって悦びを感じたい 私だって興奮したりしたいのよ」 すると母は 「ドリーとかガールフレンドって誰なの? カディジャ 新しいお友達なの?」 と言いました 「違うわよ 雑誌よ お母さん 雑誌なの」と言いました

母は理解しませんでした 私たちは全く異なる 2つの世界で育ったのです 母が育った頃は クリトリスがないのが当たり前でした ほめられるべきことだったのです 私はアフリカ系オーストラリア人の 女の子でした とてもクリトリス中心主義の 社会に生きていたのです いまいましいクリトリスの ことばっかり! 私は持ってもいないのに! 私は頭に来ました

怒りと痛みと混乱の中にあった 奇妙な時期を過ぎると 私はセラピストの予約を取りました 私はアフリカ人ですが セラピストがいるんですよ 私は彼女に 「13歳だったんです まだ子供でした 新しい国になじもうとしていて 人種差別に向き合おうとしていたし 英語は私の第三言語だったんです」 と言いました 「されたことのために 女性ではないような気がします 不完全であるように思うのです 私は性的欲望を持たないのでしょうか?」 私がFGMについて 知っていることからすると 目的は女性の性を 管理するためだといいます 女性が性的欲望を 持たないようにするのです 私は聞きました 「私には性欲がないんでしょうか? セックスをしたいとも 楽しいとも思わずに 残りの人生を生きるのでしょうか?」 彼女には答えられず 質問はそのままになりました

14歳の頃 生理が始まると FGMのせいで 普通の生理ではありませんでした 生理がとても重く 期間も長く ひどい痛みを伴いました 子宮筋腫だと言われました 小さなボールのようなものが できるのです 1つは私の卵巣を覆っている と言われました

そこで大きなニュースを知らされました 「カディジャ 君は子供が 産めないかもしれない」 再び私は怒れる黒人女性になりました

家に帰って 母に言いました 「お母さんの行いのせいで それがどんな理由からであろうとも」 ― 母は愛情ゆえにしたことでしたから ― 「愛情ゆえにやったことが 私の害になって 私を傷つけてるのよ どう言い訳するつもり?」 母は「母親としてすべきことを したまでよ」と言いました 私はまだ母の謝罪の言葉を 待っています

それから私は結婚しました そして再び FGMはいつまでもついてまわります すぐにおわかりになるでしょう セックスがとても痛かったのです 始終痛みを伴います もちろん「子供は産めない」 と言われたので 「これが私の存在価値? 私の人生はこれだけなの?」と思いました 誇らしい気持ちでお伝えしたいのですが 5か月前 私は妊娠を告げられました (拍手)

私は幸運です FGMを経験した不妊の 女性たちが とてもたくさんいます 私は失禁 感染症 そして痛みを感じている 9歳の女の子を知っています FGMの贈り物です いつまでもついてまわるのです 人生のあらゆる側面に影響します こんなことが私に起こったのは 私が女の子として 生まれてくる場所を間違ったからです だからこんな目にあったのです

私は怒りと痛みをすべて 支援活動に向けています この痛みを価値のある何かに 変えずにはいられないからです 私はNo FGM Australiaという 団体を率いています 聞き間違いではありません なぜ No FGM Australiaかって? FGMはオーストラリアにもあります 2日前 私は児童保護施設に 電話をしました オーストラリアのどこかで 4歳の子供 ― 4歳の子供に母親がFGMを 施そうとしていたからです まだ幼稚園の子供です よく聞いてください たった4歳です 数か月前 マレーシア人男性と 結婚している女性に出会いました 彼女の夫はある日 娘たちを連れて マレーシアに戻り クリトリスを切除すると言い出しました 彼女が「どうして?」と聞くと 夫はクリトリスは汚いと言ったそうです 彼女が「私と結婚したじゃない」と言うと 彼は「でもこれは僕の文化的思想だから」 と言ったそうです 彼らはしっかり議論をして 彼女は夫に 「娘たちを連れて行くなら 私を殺してからにしなさい」と言ったそうです この女性がFGMのことを知らなかったら この会話をしなかったら どうなっていたでしょう? 彼女の子供たちはマレーシアに 連れて行かれて 一生取り戻すことのできない 変わり果てた姿で戻ってきたことでしょう こうした問題に取り組むために 何百万ドルもお金がかかることを ご存知ですか? オーストラリアでは [1日に3人の子供が] FGMの危険にさらされています 皆さん これはオーストラリアの問題なのです アフリカの問題でも 中東の問題でもありません 白人も黒人も有色人種もなく これはみなの問題なのです FGMは児童虐待です 女性に対する暴力です FGMは女性に性的快楽を持つ 権利がないと言っているのです 自らの身体に対する権利がないと 言われているのも同じです 私はそれに「ノー」と言いたい くそくらえです そう言ってやりたいと思います (拍手)

私はFGMを終わらせるための 役割を担っているのを誇りに思います あなたは何をしますか? あなたのクラスにFGMの危険にある 子供がいるかもしれません あなたの病院にFGMの 危険にある子供が 来るかもしれません 世界で1番素晴らしい 愛すべきオーストラリアにおいても 子供たちは 文化のせいで虐待されている というのが現実です 文化は児童虐待の 言い訳になってはなりません あなた方1人ひとりにFGMを 自分の問題だと感じてもらいたいです 自分に関係のあるものだと考えましょう あなたの娘さんや姉妹 いとこだったらどうでしょうか

私は1人でFGMとは闘えません やってはみますが無理でしょう 私のお願いは どうか 私に続いてくださいということです Change.orgで嘆願書に署名してください カディジャと私の名前を入れれば 出てきます 署名をお願いします 目的はオーストラリアの FGM被害者を支援し ここで大きくなる女の子たちを守り 彼女たちにひどいことが されないようにすることです なぜならどの子供たちにも 悦びを感じる権利があるのですから どの子供たちにも 自分の身体に傷をつけられず クリトリスを持つ権利があるのです この行為を終わらせるため 私に力を貸してください

私のお気に入りの言葉があります 「悪が栄えるためには 善き人々が数人 手をこまねいているだけでいい」 あなた方は女性器切除という 悪をオーストラリアで 栄えさせようというのですか? そうではないはずです ですから私と一緒に これを私の世代で終わらせましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画