TED日本語 - ナンシー・ルブリン: 命を救う携帯メール

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ナンシー・ルブリン: 命を救う携帯メール

TED Talks

命を救う携帯メール
Texting that saves lives
ナンシー・ルブリン
Nancy Lublin

内容

ナンシー・ルブリンが自身の社会団体と共に、十代の若者を助けようと彼らに携帯メールを送ってみると、ルブリンは驚くべき実態に気付かされました。虐め・鬱・暴力といった問題を返信メールで明かしてくれたのです。これを機に、ルブリンは携帯メールに特化した相談サービスを設立しましたが、その結果は彼女の期待を凌ぐほどに重大なものかもしれません。

Script

To most of you, this is a device to buy, sell, play games, watch videos. I think it might be a lifeline. I think actually it might be able to save more lives than penicillin.

Texting: I know I say texting and a lot of you think sexting, a lot of you think about the lewd photos that you see -- hopefully not your kids sending to somebody else -- or trying to translate the abbreviations LOL, LMAO, HMU. I can help you with those later. But the parents in the room know that texting is actually the best way to communicate with your kids. It might be the only way to communicate with your kids. (Laughter) The average teenager sends 3,339 text messages a month, unless she's a girl, then it's closer to 4,000. And the secret is she opens every single one. Texting has a 100 percent open rate. Now the parents are really alarmed. It's a 100 percent open rate even if she doesn't respond to you when you ask her when she's coming home for dinner. I promise she read that text. And this isn't some suburban iPhone-using teen phenomenon. Texting actually overindexes for minority and urban youth. I know this because at DoSomething.org, which is the largest organization for teenagers and social change in America, about six months ago we pivoted and started focusing on text messaging. We're now texting out to about 200,000 kids a week about doing our campaigns to make their schools more green or to work on homeless issues and things like that. We're finding it 11 times more powerful than email. We've also found an unintended consequence. We've been getting text messages back like these. "I don't want to go to school today. The boys call me faggot." "I was cutting, my parents found out, and so I stopped. But I just started again an hour ago." Or, "He won't stop raping me. He told me not to tell anyone. It's my dad. Are you there?" That last one's an actual text message that we received. And yeah, we're there. I will not forget the day we got that text message. And so it was that day that we decided we needed to build a crisis text hotline. Because this isn't what we do. We do social change. Kids are just sending us these text messages because texting is so familiar and comfortable to them and there's nowhere else to turn that they're sending them to us. So think about it, a text hotline; it's pretty powerful. It's fast, it's pretty private. No one hears you in a stall, you're just texting quietly. It's real time. We can help millions of teens with counseling and referrals. That's great. But the thing that really makes this awesome is the data. Because I'm not really comfortable just helping that girl with counseling and referrals. I want to prevent this shit from happening. So think about a cop. There's something in New York City. The police did it. It used to be just guess work, police work. And then they started crime mapping. And so they started following and watching petty thefts, summonses, all kinds of things -- charting the future essentially. And they found things like, when you see crystal meth on the street, if you add police presence, you can curb the otherwise inevitable spate of assaults and robberies that would happen. In fact, the year after the NYPD put CompStat in place, the murder rate fell 60 percent. So think about the data from a crisis text line. There is no census on bullying and dating abuse and eating disorders and cutting and rape -- no census. Maybe there's some studies, some longitudinal studies, that cost lots of money and took lots of time. Or maybe there's some anecdotal evidence. Imagine having real time data on every one of those issues. You could inform legislation. You could inform school policy. You could say to a principal, "You're having a problem every Thursday at three o'clock. What's going on in your school?" You could see the immediate impact of legislation or a hateful speech that somebody gives in a school assembly and see what happens as a result. This is really, to me, the power of texting and the power of data. Because while people are talking about data, making it possible for Facebook to mine my friend from the third grade, or Target to know when it's time for me to buy more diapers, or some dude to build a better baseball team, I'm actually really excited about the power of data and the power of texting to help that kid go to school, to help that girl stop cutting in the bathroom and absolutely to help that girl whose father's raping her. Thank you. (Applause)

多くの人にとって 携帯電話は ショッピングやゲームをしたり ビデオを観る為のデバイスに過ぎません しかし 私は 携帯電話が ペニシリンよりも 多くの命を救うことのできる ライフラインになり得ると考えています

テクスティング(携帯メール) テクスティングというとセクスティングを思い浮かべて わいせつな写真を 連想する人も多いでしょう 皆さんのお子さんが ハマっていないといいですが また 略語の解読に手こずっていませんか www (ry kwsk などです ご存知なければ 後でお教えします しかし ここにいる皆さんは 子どもたちとコミュニケーションをとるのに メールするのが一番だと わかっているでしょう メールが唯一の手段かもしれないですね (笑) 10代の若者は1ヶ月あたり平均3339通のメールを送ります 女の子ならこの数値は4000近くになるでしょう また驚いた事に彼女たちは全てのメールを開封しています メールの開封率は100%なのです 親たちはびっくりですよね 100%です 保証しましょう 「何時に帰るの?」という メールに娘から返信がなくても ちゃんと読んではいるのです これは郊外に住む若いiPhoneユーザーだけの現象ではなく 少数派民族や都市部の 若者ほど携帯メールを利用します なぜ私が そんな事を知っているかと言うと 私が所属する''Do Something'' という 若者と社会変革のためのNPOが 半年程前から 携帯メールに注目し始めたからです 現在 週あたり20万程の子どもたちにメールをし 彼らが通う学校のエコ化を行ったり ホームレス問題解決などの活動を進めています パソコンのメールと比較して11倍も効果が出ました しかし 想定していなかったことも起きました こんなメールが送られてくるのです 「今日は学校に行きたくない みんなにホモって言われるから」 「リストカットをしてたけど 親に見つかって止められた けど一時間前にまた始めちゃった」 「ずっとレイプされてるんです 口止めされてるの 犯人は父です 助けてください」 最後のは 私たちが実際に受け取ったメールです 絶対に 助けだします 私はこのメールを見た日を忘れません その日のうちにメール相談サービスを 始める事を決意しました 放っておけませんよ 私たちは社会変革をしているのです 子どもたちは使い慣れた携帯メールで 助けを求めています 彼らにとっては メールを送るほかはないのです どうです? このサービスはなかなか心強いでしょう やり取りは早く プライバシーも守れます 文字を打つだけなら盗み聞きされることもありません しかも リアルタイムです 何百万人もの子どもたちを 救うことができます 素晴らしいことです さらに素晴らしいことはそこから得られる情報です なぜなら カウンセリングをしたり 支援を与えるよりも そもそも 問題を未然に防ぎたいからです 警察について考えてみましょう ニューヨークで事件が起こります 初めは警察は勘に頼って 事件を追っていました その後 彼らは犯罪マップを作成しました コソ泥や法廷に召喚された人など犯罪に関するあらゆるデータを図解して 今後の対策を立てていきました そして次のようなことが分かりました 道端でシャブを目にしても 警察の存在を匂わせると そうしなければ起こっていたであろう 暴行や強盗を 阻止することができるのです 実際に ニューヨーク警察が CompStat というシステムを導入した後 殺人率が60%も下がったのです メール相談から得られる情報について考えてみてください これまでは 虐め 暴行 摂食障害 リストカット レイプなどの集計は 一つもありませんでした 多くの資金と時間が掛かっている 長期的な研究や 事例証拠は存在するかもしれません これらの問題一つひとつに対してリアルタイムの情報が 手に入ると想像してください 法律に訴えることもできます 学校の方針に訴えることもできます 校長先生にこう言えます 「毎週木曜日の三時に 問題があるようですが 学校で何が起きているのですか?」 法律による迅速な対処が得られますし 生徒集会での 悪意あるスピーチにも しかるべき対応が なされることになります 私にしてみれば 今述べたことが 携帯メールの力であり 情報の力なのです 人々が 情報について話すとき 小学校の頃の友達を フェイスブックで見つけることができるとか 私がいつオムツを買いにくるかお店が把握しているとか よい野球チームが組めるとかそういうことが大半です でも私は 情報の力 そして携帯メールの力に期待しています あの少年が学校に行けるようにし あの子のリストカットを止めさせて 絶対に 父親のレイプから彼女を守ります ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画