TED日本語 - カヴィータ・ラムダス: 伝統を取り込んだ先鋭的な女性達

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - カヴィータ・ラムダス: 伝統を取り込んだ先鋭的な女性達

TED Talks

伝統を取り込んだ先鋭的な女性達
Radical women, embracing tradition
カヴィータ・ラムダス
Kavita Ramdas

内容

社会的権限を与えられた女性は、どのような恰好をしているのでしょうか? 彼女はブルカやヒジャブ、サリーを着ていてもいいのでしょうか? カヴィータ?ラムダスが抑圧的な慣習を変えようと努力しつつ自分たちの伝統文化を誇りにする三人の素晴らしい女性について話します。

Script

Salaam. Namaskar. Good morning. Given my TED profile, you might be expecting that I'm going to speak to you about the latest philanthropic trends -- the one that's currently got Wall Street and the World Bank buzzing -- how to invest in women, how to empower them, how to save them.

Not me. I am interested in how women are saving us. They're saving us by redefining and re-imagining a future that defies and blurs accepted polarities, polarities we've taken for granted for a long time, like the ones between modernity and tradition, First World and Third World, oppression and opportunity. In the midst of the daunting challenges we face as a global community, there's something about this third way raga that is making my heart sing. What intrigues me most is how women are doing this, despite a set of paradoxes that are both frustrating and fascinating.

Why is it that women are, on the one hand, viciously oppressed by cultural practices, and yet at the same time, are the preservers of cultures in most societies? Is the hijab or the headscarf a symbol of submission or resistance? When so many women and girls are beaten, raped, maimed on a daily basis in the name of all kinds of causes -- honor, religion, nationality -- what allows women to replant trees, to rebuild societies, to lead radical, non-violent movements for social change? Is it different women who are doing the preserving and the radicalizing? Or are they one and the same? Are we guilty, as Chimamanda Adichie reminded us at the TED conference in Oxford, of assuming that there is a single story of women's struggles for their rights while there are, in fact, many? And what, if anything, do men have to do with it?

Much of my life has been a quest to get some answers to these questions. It's taken me across the globe and introduced me to some amazing people. In the process, I've gathered a few fragments that help me shed some light on this puzzle. Among those who've helped open my eyes to a third way are: a devout Muslim in Afghanistan, a group of harmonizing lesbians in Croatia and a taboo breaker in Liberia. I'm indebted to them, as I am to my parents, who for some set of misdemeanors in their last life, were blessed with three daughters in this one. And for reasons equally unclear to me, seem to be inordinately proud of the three of us.

I was born and raised here in India, and I learned from an early age to be deeply suspicious of the aunties and uncles who would bend down, pat us on the head and then say to my parents with no problem at all, "Poor things. You only have three daughters. But you're young, you could still try again." My sense of outrage about women's rights was brought to a boil when I was about 11. My aunt, an incredibly articulate and brilliant woman, was widowed early. A flock of relatives descended on her. They took off her colorful sari. They made her wear a white one. They wiped her bindi off her forehead. They broke her bangles. Her daughter, Rani, a few years older than me, sat in her lap bewildered, not knowing what had happened to the confident woman she once knew as her mother. Late that night, I heard my mother begging my father, "Please do something Ramu. Can't you intervene?" And my father, in a low voice, muttering, "I'm just the youngest brother, there's nothing I can do. This is tradition." That's the night I learned the rules about what it means to be female in this world. Women don't make those rules, but they define us, and they define our opportunities and our chances. And men are affected by those rules too. My father, who had fought in three wars, could not save his own sister from this suffering.

By 18, under the excellent tutelage of my mother, I was therefore, as you might expect, defiantly feminist. On the streets chanting, "[ Hindi ] [ Hindi ] We are the women of India. We are not flowers, we are sparks of change." By the time I got to Beijing in 1995, it was clear to me, the only way to achieve gender equality was to overturn centuries of oppressive tradition. Soon after I returned from Beijing, I leapt at the chance to work for this wonderful organization, founded by women, to support women's rights organizations around the globe. But barely six months into my new job, I met a woman who forced me to challenge all my assumptions. Her name is Sakena Yacoobi.

She walked into my office at a time when no one knew where Afghanistan was in the United States. She said to me, "It is not about the burka." She was the most determined advocate for women's rights I had ever heard. She told me women were running underground schools in her communities inside Afghanistan, and that her organization, the Afghan Institute of Learning, had started a school in Pakistan. She said, "The first thing anyone who is a Muslim knows is that the Koran requires and strongly supports literacy. The prophet wanted every believer to be able to read the Koran for themselves." Had I heard right? Was a women's rights advocate invoking religion? But Sakena defies labels. She always wears a headscarf, but I've walked alongside with her on a beach with her long hair flying in the breeze. She starts every lecture with a prayer, but she's a single, feisty, financially independent woman in a country where girls are married off at the age of 12.

She is also immensely pragmatic. "This headscarf and these clothes," she says, "give me the freedom to do what I need to do to speak to those whose support and assistance are critical for this work. When I had to open the school in the refugee camp, I went to see the imam. I told him, 'I'm a believer, and women and children in these terrible conditions need their faith to survive.'" She smiles slyly. "He was flattered. He began to come twice a week to my center because women could not go to the mosque. And after he would leave, women and girls would stay behind. We began with a small literacy class to read the Koran, then a math class, then an English class, then computer classes. In a few weeks, everyone in the refugee camp was in our classes." Sakena is a teacher at a time when to educate women is a dangerous business in Afghanistan.

She is on the Taliban's hit list. I worry about her every time she travels across that country. She shrugs when I ask her about safety. "Kavita jaan, we can not allow ourselves to be afraid. Look at those young girls who go back to school when acid is thrown in their face." And I smile, and I nod, realizing I'm watching women and girls using their own religious traditions and practices, turning them into instruments of opposition and opportunity. Their path is their own and it looks towards an Afghanistan that will be different.

Being different is something the women of Lesbor in Zagreb, Croatia know all too well. To be a lesbian, a dyke, a homosexual in most parts of the world, including right here in our country, India, is to occupy a place of immense discomfort and extreme prejudice. In post-conflict societies like Croatia, where a hyper-nationalism and religiosity have created an environment unbearable for anyone who might be considered a social outcast. So enter a group of out dykes, young women who love the old music that once spread across that region from Macedonia to Bosnia, from Serbia to Slovenia. These folk singers met at college at a gender studies program. Many are in their 20s, some are mothers. Many have struggled to come out to their communities, in families whose religious beliefs make it hard to accept that their daughters are not sick, just queer. As Leah,one of the founders of the group, says, "I like traditional music very much. I also like rock and roll. So Lesbor, we blend the two. I see traditional music like a kind of rebellion, in which people can really speak their voice, especially traditional songs from other parts of the former Yugoslav Republic. After the war, lots of these songs were lost, but they are a part of our childhood and our history, and we should not forget them."

Improbably, this LGBT singing choir has demonstrated how women are investing in tradition to create change, like alchemists turning discord into harmony. Their repertoire includes the Croatian national anthem, a Bosnian love song and Serbian duets. And, Leah adds with a grin, "Kavita, we especially are proud of our Christmas music, because it shows we are open to religious practices even though Catholic Church hates us LGBT." Their concerts draw from their own communities, yes, but also from an older generation: a generation that might be suspicious of homosexuality, but is nostalgic for its own music and the past it represents. One father, who had initially balked at his daughter coming out in such a choir, now writes songs for them. In the Middle Ages, troubadours would travel across the land singing their tales and sharing their verses: Lesbor travels through the Balkans like this, singing, connecting people divided by religion, nationality and language. Bosnians, Croats and Serbs find a rare shared space of pride in their history, and Lesbor reminds them that the songs one group often claims as theirs alone really belong to them all.

(Singing)

Yesterday, Mallika Sarabhai showed us that music can create a world more accepting of difference than the one we have been given. The world Layma Bowie was given was a world at war. Liberia had been torn apart by civil strife for decades. Layma was not an activist, she was a mother of three. But she was sick with worry: She worried her son would be abducted and taken off to be a child soldier, she worried her daughters would be raped, she worried for their lives. One night, she had a dream. She dreamt she and thousands of other women ended the bloodshed. The next morning at church, she asked others how they felt. They were all tired of the fighting. We need peace, and we need our leaders to know we will not rest until there is peace. Among Layma's friends was a policewoman who was Muslim. She promised to raise the issue with her community.

At the next Friday sermon, the women who were sitting in the side room of the mosque began to share their distress at the state of affairs. "What does it matter?" they said, "A bullet doesn't distinguish between a Muslim and a Christian." This small group of women, determined to bring an end to the war, and they chose to use their traditions to make a point: Liberian women usually wear lots of jewelry and colorful clothing. But no, for the protest, they dressed all in white, no makeup. As Layma said, "We wore the white saying we were out for peace." They stood on the side of the road on which Charles Taylor's motorcade passed every day. They stood for weeks -- first just 10, then 20, then 50, then hundreds of women -- wearing white, singing, dancing, saying they were out for peace.

Eventually, opposing forces in Liberia were pushed to hold peace talks in Ghana. The peace talks dragged on and on and on. Layma and her sisters had had enough. With their remaining funds, they took a small group of women down to the venue of the peace talks and they surrounded the building. In a now famous CNN clip, you can see them sitting on the ground, their arms linked. We know this in India. It's called a [ Hindi ] . Then things get tense. The police are called in to physically remove the women. As the senior officer approaches with a baton, Layma stands up with deliberation, reaches her arms up over her head, and begins, very slowly, to untie her headdress that covers her hair. You can see the policeman's face. He looks embarrassed. He backs away. And the next thing you know, the police have disappeared. Layma said to me later, "It's a taboo, you know, in West Africa. If an older woman undresses in front of a man because she wants to, the man's family is cursed." (Laughter) (Applause) She said, "I don't know if he did it because he believed, but he knew we were not going to leave. We were not going to leave until the peace accord was signed."

And the peace accord was signed. And the women of Liberia then mobilized in support of Ellen Johnson Sirleaf, a woman who broke a few taboos herself becoming the first elected woman head of state in Africa in years. When she made her presidential address, she acknowledged these brave women of Liberia who allowed her to win against a football star -- that's soccer for you Americans -- no less.

Women like Sakena and Leah and Layma have humbled me and changed me and made me realize that I should not be so quick to jump to assumptions of any kind. They've also saved me from my righteous anger by offering insights into this third way. A Filipina activist once said to me, "How do you cook a rice cake? With heat from the bottom and heat from the top." The protests, the marches, the uncompromising position that women's rights are human rights, full stop. That's the heat from the bottom. That's Malcolm X and the suffragists and gay pride parades. But we also need the heat from the top. And in most parts of the world, that top is still controlled by men.

So to paraphrase Marx: Women make change, but not in circumstances of their own choosing. They have to negotiate. They have to subvert tradition that once silenced them in order to give voice to new aspirations. And they need allies from their communities. Allies like the imam, allies like the father who now writes songs for a lesbian group in Croatia, allies like the policeman who honored a taboo and backed away, allies like my father, who couldn't help his sister but has helped three daughters pursue their dreams. Maybe this is because feminism, unlike almost every other social movement, is not a struggle against a distinct oppressor -- it's not the ruling class or the occupiers or the colonizers -- it's against a deeply held set of beliefs and assumptions that we women, far too often, hold ourselves.

And perhaps this is the ultimate gift of feminism, that the personal is in fact the political. So that, as Eleanor Roosevelt said once of human rights, the same is true of gender equality: that it starts in small places, close to home. On the streets, yes, but also in negotiations at the kitchen table and in the marital bed and in relationships between lovers and parents and sisters and friends. And then you realize that by integrating aspects of tradition and community into their struggles, women like Sakena and Leah and Layma -- but also women like Sonia Gandhi here in India and Michelle Bachelet in Chile and Shirin Ebadi in Iran -- are doing something else. They're challenging the very notion of Western models of development. They are saying, we don't have to be like you to make change. We can wear a sari or a hijab or pants or a boubou, and we can be party leaders and presidents and human rights lawyers. We can use our tradition to navigate change. We can demilitarize societies and pour resources, instead, into reservoirs of genuine security.

It is in these little stories, these individual stories, that I see a radical epic being written by women around the world. It is in these threads that are being woven into a resilient fabric that will sustain communities, that I find hope. And if my heart is singing, it's because in these little fragments, every now and again, you catch a glimpse of a whole, of a whole new world. And she is definitely on her way.

Thank you.

(Applause)

こんにちは お早うございます 私のTEDプロフィールをご覧になった方は、 今から私が最近の慈善事業の傾向 ウォールストリートや 世界銀行で話題の いかに女性に投資するか、 彼女らの権利を守り、救うのか について話すと思われるかもしれません

私は違います 私はいかに女性が私たちを 救っているのかに興味があります 彼女らは慣れ親しんだ 二極化した物事の見解をくつがえし、 異なる将来を描くことにより 私たちを救っています たとえば伝統と現代、 後進国と先進国 抑圧とチャンスなど 私たちがグローバル社会として 多くの問題に 立ち向かう中で この第三の道は 私を心躍る思いにさせます 私にとって最も 興味をそそる点は 女性達が困難で興味深い 矛盾の中でこれを行っているということです

なぜ女性は一方で慣習により ひどく抑圧されているのに、 もう一方で文化の守り手という 役目を多くの社会で担っているのでしょうか? ヒジャブやスカーフを頭に巻くのは 服従の象徴か、 それとも反抗の象徴なのか? 毎日多くの女性や少女達が 名誉、宗教、国籍など 様々な名前のもとで 殴られ、レイプされ、重傷を負わされる そういった現実の中何が 女性達に木を植え直し、 社会を立て直し、 急進的で、非暴力の運動によって 社会を変えることを可能にしているのか? 文化を守っている女性と 急進的な運動をしている女性とは 違う人達なのでしょうか? オックスフォードで行われたTEDで チママンダ?アディーチが言ったように 女性が権利のために戦うというストーリーは 一つだけではなく、様々であるという ことを忘れてしまってはいないでしょうか そして、もし関係あるとして、 男性はどういった位置づけなのでしょうか?

私の人生の大部分はこれらの質問に 答えるための長い道のりでした そのために世界中を巡ることとなり 素晴らしい人々との出会いがありました その過程の中で複雑なパズルの かけらをいくつか見つけることができました 私を第三の道に目覚めさせてくれた 人達の中には アフガニスタンの敬虔なイスラム教徒、 クロアチアの歌うレズビアン達、 そしてリベリアのタブー破りがいます 私は彼女達に恩があります 私の両親に対しても 両親はなにか前世で悪いことをしたのか 3人もの女の子を授かったのです そしてなぜか私たち3人のことを とても誇りにしています

私はインドで生まれ育ち、 幼い頃から 叔父や叔母がやって来ては かがんで私たちの頭をなで、 そして私の両親に向かって 問題なくこう言うのを疑い深く見ていました 「かわいそうに 三人の娘しかいないなんて でもまだ若いから、まだ頑張れる」と 女性問題についての 激しい怒りは、私が 11歳のときに頂点を迎えました 私の叔母である、 頭のよく話の上手な女性が 若くして未亡人となりました 親戚がやってきて彼女を取り囲み 彼女のカラフルなサリーを取り去り 白いサリーを着させました 彼女の額からビンディーを拭き取り、 彼女の腕輪を壊しました 彼女の娘、ラニは 私よりいくつか年上でしたが 今まで自信のある女性だった母親に 何が起こったのか理解できず ただ母の膝に座り 途方にくれていました その夜遅く、私は母が父に対して 懇願しているのを聞きました 「お願いだからラム、なんとかできないの?」 そして父は低いくぐもった声で言いました、 「僕は一番下の弟だから、何もできない」 「これは伝統だ」 その夜、私はルールを学びました この世の中で女性であるということがどういうことか 女性はこのルールをつくりませんが これは私たちを縛り、私たちの将来や チャンスを縛ります そして男性もこの規則に影響を受けます 私の父は3つの戦争で戦ったけれども 自分の姉を苦しみから 救うことはできませんでした

私が18歳になる頃には、 素晴らしい母親の指導のもと、 ご想像通り、 完全にフェミニストになっていました 道ばたで拳を振り上げ、 (ヒンディー語) (ヒンディー語) 「私たちはインドの女性 花ではなくて、変化の火花です」 1995年に北京に着いた頃には、 男女同権をかなえる 唯一の方法は、何世紀にもわたる 抑圧的な伝統を 覆すことだと信じていました 北京から帰るとすぐに 女性によって立ち上げられた、国際的に 女性の権利を推進する団体を サポートする団体で働き始めました しかし働き始めて6ヶ月もたたないうちに ある女性に出会い、 彼女は私の考えを覆しました 彼女の名前はサキーナ?ヤクービ

彼女はアフガニスタンという国が どこにあるのか、アメリカで誰も 知らない時に私のオフィスに来ました 彼女は言いました、「ブルカは関係ない」 彼女は出会った中で最も決意の固い 女性の権利の擁護者でした。 彼女は私にアフガニスタンでは女性達が隠れて 学校を運営していると教えてくれました 彼女の団体、アフガン?インスティテュート?フォー?ラーニングは パキスタンで学校を始めました 彼女曰く「イスラム教徒なら誰でも コーランが識字を要求し 支持していることを知っています 予言者モハメッドはすべての信者に コーランを自分で読んでほしいと考えたのです」 えっ?本当に? 女性の権利の擁護者が、 宗教を引き合いに出すなんて! しかしサキーナは型破りです 彼女はいつもスカーフを頭に巻いています しかし私は、彼女が長い髪をなびかせながら 海辺を歩く所を一緒に歩きました 彼女はすべての授業を祈りとともに始めます しかも彼女は12歳でお嫁に行かされる国で、 独身で、活気にあふれ、 金銭的に自立した女性です

彼女はさらにとても実践的な人です 「この服装や頭に巻いたスカーフは、 私にやるべきことをする自由を与え、 支持を依頼する必要のある人達と 話をすることを可能にしてくれます」 「難民キャンプで学校を開くとき、 イマームに会いに行きました 私は彼に言いました。「私は信者です この悲惨な現状の中で 女性や子供達には信じる心が ないと生き残れません」 彼女はいたずらっぽく笑いました 「彼は喜んだわ 女性はモスクへ行けなかったから、 彼が、週に二回私のセンターへ来ました そして彼が去った後、 女性と少女達は後に残りました 私たちはコーランを読むための 小さな読み書きの授業から始め、 次に算数、英語、それにパソコン教室 数週間のうちに、難民キャンプの全員が 私たちの授業に来るようになりました サキーナは女性の教育に関わることが アフガニスタンでは危険な仕事である 時勢に先生をしています

彼女はタリバンの標的リストに載っています 彼女がアフガニスタンを旅する度に心配になります 安全について私が聞くと、肩をすくめます。 「カヴィータ ジャン、私たちは怖がっている場合ではないわ 顔に塩酸をかけられた後も学校へ行く 少女達を見習わなくては」 私は微笑み、相槌を打ちながら、 女性や少女達が自分の宗教の 伝統や慣習をうまく利用して 反抗し、将来を築くチャンスを つかむのを見ていることに気づきました 彼女達独自のやり方によって アフガニスタンは 違う方向に向かっています

人と違うとはどういうことか クロアチア、ザグレブの レズボアの女性はよく知っています レズビアンであること、同性愛であることは、 ここ、インドを含め 世界中の多くの国で、 非常に居心地の悪く、 偏見にまみれた地位に いることです クロアチアのような紛争後の国では 極端なナショナリズムと宗教が 社会的なのけ者とされた者にとって 耐えられない環境を 作り出しました そこへ若く昔の音楽が好きな レズビアンのグループが登場しました 昔マセドニアとボスニアから、 セルビアとスロベニアまで 広がった音楽です この民族歌手達は大学のジェンダー研究の授業で出会いました 20代がほとんどで、何人かは母親です 多くが自分のコミュニティーではカミングアウトすることができませんでした 宗教的信条のせいで家族の中では 娘が病気なのではなく、同性愛者である ということが認めづらいのです グループ立ち上げにかかわったリアによると、 「私は伝統的な音楽がとても好き ロックも好きよ だからレズボアでは、二つをブレンドするの 伝統的な歌を歌うことは私たちにとって 本当の声を聞いてもらえる反抗でもあるの 特に、他の旧ユーゴスラビアの国々の 歌はそうね 戦後、多くの歌は消えてしまった けれどもそれらは私たちの歴史の一部だし、 幼い頃の思い出でもあるし、 忘れられてはいけないわ」

思いがけず、この性的少数者で成り立った合唱団は いかに女性が伝統を通して 社会に変化をもたらしているのかを示しています まるで錬金術師が不和を調和に変えるように 彼女達のレパートリーには クロアチアの国家から、 ボスニアのラブソング、 セルビアのデュエットまであります リアは笑みを浮かべながら言いました、 「カビータ、私たちは特にクリスマスソングが得意なの カトリック教会は私たち性的少数者のことを 嫌っているけれど、私たちは宗教的な慣習にも オープンだということが示せるでしょ」 彼女達のコンサートは、もちろん 彼女達みたいな仲間も引き寄せるけれど、 他にももっと年上の年代、 同性愛に対して不審をいだいているかもしれないけれど、 自分たちの音楽とそれに象徴される過去を 懐かしく思う年代も引き寄せるのです 娘がこういった合唱団でカミングアウトしたことに対し 初めは怒っていた父親は今、 彼女達のために歌を作曲しています 中世には、叙情詩人が歌を歌い 物語を語り、詩を朗読しながら 各地を巡りました 同様にレズボアはバルカン中を歌いながら旅し、 そして道中、宗教や国籍、言語によって 分断された人々を繋げていきます ボスニア人、クロアチア人にセルビア人が 貴重な、誇りを持って共有できる空間を発見するのです そしてレズボアはあるグループが自分の物だと 主張する歌があっても、それは彼らすべての歌である ということを思い出させるのです

(合唱)

昨日、マリカ?サラバイは私たちに 音楽には私達に与えられた世の中より 違いに対して寛容な世界を 作り出せる力があることを教えてくれました レイマ?ボウィーが与えられたのは 戦争のある世界でした リベリアは十数年続く内戦のためひどい状態でした レイマは平和運動家ではなく、三人の子の母親でした しかし彼女は心配のあまり参っていました 彼女は息子が誘拐され、少年兵に されるのではと心配し、 娘達がレイプされるのではと心配しました 彼女は子供達の命の心配をしました ある夜、彼女は夢を見ました 彼女は何千人もの女性の仲間達とともに 血まみれの戦争を止めたのです 翌朝、彼女は教会で他の女性達に意見を聞きました 皆、戦争には疲れきっていました 「私たちには平和が必要で、それを手に入れるまで 休まないということを指導者達には知ってほしい」 レイマの友人には、イスラム教徒の婦人警察官がいました 彼女は、自分のコミュニティーでもこの話をしてくれる約束しました

次の金曜の説教の時、モスクの 端の方に座っていた女性達が この国の状態についてどう感じているか、話し始めました 「どういう意味があるというの?」「弾丸はイスラム教徒だろうと キリスト教徒だろうと区別しないわ」 この女性達は戦争を終わらせようと 固い決意をしていました そして自分達の伝統を使ってそれを実行したのです リベリア人の女性は普段 多くのアクセサリーにカラフルな服装をしています しかしこの抗議のためには皆が 白を着て、素顔で現れました レイマが言ったように、「私たちは白を着て、 平和のために来ましたと言いました」 彼女達はチャールズ?テイラーの車列が 毎日通る道に立ち続けました 彼女達は何週間も立ち続けました まずは十人、次に二十人、五十人、それから何百人もの女性が 白を着て、歌い、踊り、「平和のために 来ました」と言い、立ち続けました

そのうち、リベリアの対立する勢力は ガーナで和平交渉に入りました 交渉はかなり長引き、終わりそうにありませんでした レイマと仲間は、もういい加減たくさんだと感じました 残りの持ち金を使って何人かの女性を 和平交渉の会場へ派遣し、 建物を取り囲みました 今では有名になったCNNのビデオにあるように 彼女達は床に座り込み、腕を組みました これはインドにもあるわね (ヒンディー語)のこと すると緊張感が強まりました 力ずくで女性達を動かすように警察が呼び込まれたのです 上級警察官がバトンを手に近づくと、 レイマはわざとらしく立ち上がり、 手を頭の上にかかげ、 ゆっくりと髪を覆っている布を ほどき始めたのです ビデオにははっきりと警察官の表情が映っています 彼はきまりの悪い顔をし、後ずさりします そして見渡せば、警察はもう いなくなったのです レイマは後で説明してくれました 「西アフリカでは、タブーなの 年上の女性が男性の前で 自分の意志で服を脱ぐと、 その男の家族が呪われるのよ」 (笑い) (拍手) 「彼が本当にそれを信じたのかどうかは知らないけれど、 私たちがそこから動くつもりは全くないことは通じたみたい 私達は和平協定が合意されるまで去るつもりはなかったから」

そして和平協定は合意されました そしてリベリアの女性達は次に 選挙でエレン?ジョンソン?サーリーフを 当選させるために奔走しました 彼女自身タブーを破った人ですが、アフリカで久々の 女性の国家元首となりました 彼女は大統領就任演説で、 リベリアの勇気のある女性達に 感謝の意を示しました サッカー選手である 大統領候補に対して勝った にすぎないとしても

サキーナやリア、レイマといった 女性達は私を 謙虚な気持ちにさせ、変えてくれました そして私にどんなことでも一方的な推測に とびついてはいけないのだと教えてくれました 第三の道を示してくれたことで 私を身勝手な怒りから救ってくれました フィリピン人の活動家が私に言いました 「餅はどうやって作るか知ってる? 上と下から同時に火にかけるのよ」 抗議や、デモ行進、そして 「女性の権利とは人権である」という 断固とした立場 それが 下からの火です マルコムXや女性参権運動家や ゲイパレードのことね けれども私達には上からの火も必要です そして世界のほとんどでは、その 上というのは男性によって 支配されています

マルクスの言うところによると、 「女性は変化をもたらす だが 思うままにではない」 彼女達は、交渉せねばなりません 彼女達は抑圧する伝統を覆し、 新しい希望を見つけなければなりません そして彼女達には味方が必要です あのイマームのような味方や レズビアンの合唱団のために歌を作曲する 父親のような味方が、そして タブーを尊重し撤退した警察官のような味方が、 自分の姉を救えずとも、 自分の娘三人の夢をかなえる 助けをしてくれた父親のような味方が もしかするとこれはフェミニズム自体が、 他の社会運動と違い、誰か特定の 抑圧者に対する戦いではないからかもしれません これは支配階級や占領軍、または 植民地支配者に対する戦いではありません これは私達の意識の奥深くに根付いた、 価値観や偏見についてで、私達女性も その例外ではありません

そして恐らくフェミニズムの最大の美点は 個人的なことが政治的であることです エレノア?ルーズベルトが人権問題について言ったように 男女同権も、家庭に最も近い、 小さな場所から始まるのです 勿論、道ばたでもそうですが、 キッチンテーブルを囲んで行われる 交渉や、夫婦の寝室で、 そして恋人同士や親子、姉妹、 友人同士での関係の中でもそうです そして、やっと 伝統やコミュニティーの一部を 自分たちの戦いの中に 取り込むことで、 サキーナやリアやレイマのような女性は、 さらにインドのソニア?ガンディーや チリのミシェル?バチェレ、 イランのシーリーン?エバーディは 人とは違うことを行っているのです 彼女達は西洋の開発モデルを 乗り越えようとしています 彼女達は、西洋人のようにしなくたって 変化を起こすことはできると言っているのです 私達はサーリやへジャブを着ていようが、 ズボンやブブを着ていようが、 私達は党首や大統領だったり、 人権弁護士であることができるのです 自分達の伝統を用いて変化をもたらすことができるのです 私達は社会を非武装化し 代わりに本物の安全保障を 確保することとができます

このような小さな一つ一つの話の 中から急進的な変化の物語が 世界中の女性によって 書かれているのが見えます これらの一本一本の糸が コミュニティーを支えることのできる 強い布へと紡がれていくことに 私は希望を持ちます そして私が心躍る思いでいるのは このような、小さなかけらの中に まったく新しい世界が 時々、垣間見えるからです それは確実にこちらに向かっています

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画