TED日本語 - ゲイル・スマク・レモン:特別な存在ではない女性起業家

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ゲイル・スマク・レモン:特別な存在ではない女性起業家

TED Talks

特別な存在ではない女性起業家
Women entrepreneurs, example not exception
ゲイル・スマク・レモン
Gayle Tzemach Lemmon

内容

女性達は決して小さな存在ではありません。一方で、なぜ彼女達にはマイクロローンの審査しか通らないのでしょうか?TEDxWomenで、ゲイル・スマク・レモンはあらゆる会社を運営する女性達―家内経営から大規模な工場まで―彼女達こそ見過ごされている経済発展の鍵を握る存在だと語ります。

Script

We do not invest in victims, we invest in survivors. And in ways both big and small, the narrative of the victim shapes the way we see women. You can't count what you don't see. And we don't invest in what's invisible to us. But this is the face of resilience.

Six years ago, I started writing about women entrepreneurs during and after conflict. I set out to write a compelling economic story,one that had great characters, that no one else was telling, and one that I thought mattered. And that turned out to be women.

I had left ABC news and a career I loved at the age of 30 for business school, a path I knew almost nothing about. None of the women I had grown up with in Maryland had graduated from college, let alone considered business school. But they had hustled to feed their kids and pay their rent. And I saw from a young age that having a decent job and earning a good living made the biggest difference for families who were struggling.

So if you're going to talk about jobs, then you have to talk about entrepreneurs. And if you're talking about entrepreneurs in conflict and post-conflict settings, then you must talk about women, because they are the population you have left. Rwanda in the immediate aftermath of the genocide was 77 percent female. I want to introduce you to some of those entrepreneurs I've met and share with you some of what they've taught me over the years.

I went to Afghanistan in 2005 to work on a Financial Times piece, and there I met Kamila, a young women who told me she had just turned down a job with the international community that would have paid her nearly $ 2,000 a month -- an astronomical sum in that context. And she had turned it down, she said, because she was going to start her next business, an entrepreneurship consultancy that would teach business skills to men and women all around Afghanistan. Business, she said, was critical to her country's future. Because long after this round of internationals left, business would help keep her country peaceful and secure. And she said business was even more important for women because earning an income earned respect and money was power for women.

So I was amazed. I mean here was a girl who had never lived in peace time who somehow had come to sound like a candidate from "The Apprentice." (Laughter) So I asked her, "How in the world do you know this much about business? Why are you so passionate?" She said, "Oh Gayle, this is actually my third business. My first business was a dressmaking business I started under the Taliban. And that was actually an excellent business, because we provided jobs for women all around our neighborhood. And that's really how I became an entrepreneur."

Think about this: Here were girls who braved danger to become breadwinners during years in which they couldn't even be on their streets. And at a time of economic collapse when people sold baby dolls and shoe laces and windows and doors just to survive, these girls made the difference between survival and starvation for so many. I couldn't leave the story, and I couldn't leave the topic either, because everywhere I went I met more of these women who no one seemed to know about, or even wish to.

I went on to Bosnia, and early on in my interviews I met with an IMF official who said, "You know, Gayle, I don't think we actually have women in business in Bosnia, but there is a lady selling cheese nearby on the side of the road. So maybe you could interview her." So I went out reporting and within a day I met Narcisa Kavazovic who at that point was opening a new factory on the war's former front lines in Sarajevo. She had started her business squatting in an abandoned garage, sewing sheets and pillow cases she would take to markets all around the city so that she could support the 12 or 13 family members who were counting on her for survival. By the time we met, she had 20 employees, most of them women, who were sending their boys and their girls to school. And she was just the start. I met women running essential oils businesses, wineries and even the country's largest advertising agency.

So these stories together became the Herald Tribune business cover. And when this story posted, I ran to my computer to send it to the IMF official. And I said, "Just in case you're looking for entrepreneurs to feature at your next investment conference, here are a couple of women."

(Applause)

But think about this. The IMF official is hardly the only person to automatically file women under micro. The biases, whether intentional or otherwise, are pervasive, and so are the misleading mental images. If you see the word "microfinance," what comes to mind? Most people say women. And if you see the word "entrepreneur," most people think men. Why is that? Because we aim low and we think small when it comes to women.

Microfinance is an incredibly powerful tool that leads to self-sufficiency and self-respect, but we must move beyond micro-hopes and micro-ambitions for women, because they have so much greater hopes for themselves. They want to move from micro to medium and beyond. And in many places, they're there. In the U.S., women-owned businesses will create five and a half million new jobs by 2018. In South Korea and Indonesia, women own nearly half a million firms. China, women run 20 percent of all small businesses. And in the developing world overall, That figure is 40 to 50 percent.

Nearly everywhere I go, I meet incredibly interesting entrepreneurs who are seeking access to finance, access to markets and established business networks. They are often ignored because they're harder to help. It is much riskier to give a 50,000 dollar loan than it is to give a 500 dollar loan. And as the World Bank recently noted, women are stuck in a productivity trap. Those in small businesses can't get the capital they need to expand and those in microbusiness can't grow out of them.

Recently I was at the State Department in Washington and I met an incredibly passionate entrepreneur from Ghana. She sells chocolates. And she had come to Washington, not seeking a handout and not seeking a microloan. She had come seeking serious investment dollars so that she could build the factory and buy the equipment she needs to export her chocolates to Africa, Europe, the Middle East and far beyond -- capital that would help her to employ more than the 20 people that she already has working for her, and capital that would fuel her own country's economic climb.

The great news is we already know what works. Theory and empirical evidence Have already taught us. We don't need to invent solutions because we have them -- cash flow loans based in income rather than assets, loans that use secure contracts rather than collateral, because women often don't own land. And Kiva.org, the microlender, is actually now experimenting with crowdsourcing small and medium sized loans. And that's just to start.

Recently it has become very much in fashion to call women "the emerging market of the emerging market." I think that is terrific. You know why? Because -- and I say this as somebody who worked in finance -- 500 billion dollars at least has gone into the emerging markets in the past decade. Because investors saw the potential for return at a time of slowing economic growth, and so they created financial products and financial innovation tailored to the emerging markets.

How wonderful would it be if we were prepared to replace all of our lofty words with our wallets and invest 500 billion dollars unleashing women's economic potential? Just think of the benefits when it comes to jobs, productivity, employment, child nutrition, maternal mortality, literacy and much, much more. Because, as the World Economic Forum noted, smaller gender gaps are directly correlated with increased economic competitiveness. And not one country in all the world has eliminated its economic participation gap -- not one.

So the great news is this is an incredible opportunity. We have so much room to grow. So you see, this is not about doing good, this is about global growth and global employment. It is about how we invest and it's about how we see women. And women can no longer be both half the population and a special interest group.

(Applause)

Oftentimes I get into very interesting discussions with reporters who say to me, "Gayle, these are great stories, but you're really writing about the exceptions." Now that makes me pause for just a couple reasons. First of all, for exceptions, there are a lot of them and they're important. Secondly, when we talk about men who are succeeding, we rightly consider them icons or pioneers or innovators to be emulated. And when we talk about women, they are either exceptions to be dismissed or aberrations to be ignored. And finally, there is no society anywhere in all the world that is not changed except by its most exceptional. So why wouldn't we celebrate and elevate these change makers and job creators rather than overlook them?

This topic of resilience is very personal to me and in many ways has shaped my life. My mom was a single mom who worked at the phone company during the day and sold Tupperware at night so that I could have every opportunity possible. We shopped double coupons and layaway and consignment stores, and when she got sick with stage four breast cancer and could no longer work, we even applied for food stamps. And when I would feel sorry for myself as nine or 10 year-old girls do, she would say to me, "My dear, on a scale of major world tragedies, yours is not a three."

(Laughter)

And when I was applying to business school and felt certain I couldn't do it and nobody I knew had done it, I went to my aunt who survived years of beatings at the hand of her husband and escaped a marriage of abuse with only her dignity intact. And she told me, "Never import other people's limitations."

And when I complained to my grandmother, a World War II veteran who worked in film for 50 years and who supported me from the age of 13, that I was terrified that if I turned down a plum assignment at ABC for a fellowship overseas, I would never ever, ever find another job, she said, "Kiddo, I'm going to tell you two things. First of all, no one turns down a Fulbright, and secondly, McDonald's is always hiring." (Laughter) "You will find a job. Take the leap."

The women in my family are not exceptions. The women in this room and watching in L.A. and all around the world are not exceptions. We are not a special interest group. We are the majority. And for far too long, we have underestimated ourselves and been undervalued by others. It is time for us to aim higher when it comes to women, to invest more and to deploy our dollars to benefit women all around the world.

We can make a difference, and make a difference, not just for women, but for a global economy that desperately needs their contributions. Together we can make certain that the so-called exceptions begin to rule. When we change the way we see ourselves, others will follow. And it is time for all of us to think bigger.

Thank you very much.

(Applause)

死者に投資はできません 投資を受けるのは生き残りだけです 多かれ少なかれ 犠牲者と言えば 女性を思い浮かべます 見えざる者は評価されず 見えざる者に投資はされません しかしながら 復興とは こういう顔をしてます

6年前 紛争終結前後における 女性起業家について書きはじめました 主人公は出そろっていましたが 誰も手を付けていなかった 経済について 刺激的な話を書くことにしました その主人公は他でもない女性でした

全く畑違いのビジネススクールに行くため 30歳にして 大好きだった ABCニュースの仕事を辞めました メリーランドの女友達にはビジネススクールはおろか 大学を卒業した子も 一人としていませんでした それでも彼女らは懸命に 子を養い 家賃を払っています 安定した収入が得られれば 貧しい家庭の生活でさえ 一変するということは 小さいときから知っていました

さて 仕事の話をするなら 起業家の話は避けられません さらに紛争中 紛争終結後における 起業家を語る上で 女性は見逃せません なにせ 女性しか残ってないんですから 大虐殺直後のルワンダでは 総人口の77%は女性でした これまでに出会った そうした起業家たちから 学んだことをご紹介します

2005年 仕事で訪れた アフガニスタンで カミラに出会いました 若いのに つい最近 月給2千ドルの国際団体の仕事を 断ったって言うんです 現地では この金額は破格なんですよ 起業家育成カウンセリングの 新事業を立ち上げるために オファーを断ったそうです アフガン中の人々に ビジネススキルを伝授するのです 彼女によると ビジネスは 国際社会から長らく孤立を続けた アフガニスタンが安全で平和な 社会を維持するために 必要不可欠なものなのです 収入は敬意を 資産は力を生みます このためビジネスは女性にとって 一層 重要なのです

驚きました 平和なんて体験したことない女の子が まるでバリバリのビジネスパーソン みたいなことを言うんですから (笑) 「なぜそんなにビジネスに詳しいの?」 「その情熱はどこからくるの?」 「ゲイル ビジネスはもう三度目なの 最初はタリバン政権下で 服飾ビジネスだったわ 実際 近所の女性達に仕事を提供できたし あのビジネスは成功と言ってもいいわね あれが起業家人生の始まりだったの」

想像してください 外出さえ危険であった時期に 身の危険を冒してまで 稼ぎを得ようとしていた女性がいたのです 経済が破綻し 生き残るために 人形 靴紐 窓 ドア あるものは何でもを売り払った時代です 彼女らの稼ぎこそが 多くの人の生死を 左右したのでした この トピックを見て見ぬ振りはできませんでした どこに行ってもそうした無名の むしろ無視された 女性達に会ったからです

ボスニアでは あるIMFの職員にインタビューしました 「なあ ゲイルさん ボスニアには ビジネスをしてる女性なんていないんじゃないかな まあ 路上でチーズを売ってる 女性を一人知ってるけど 彼女と話してみてはどうだろう?」 そうすることにして その日のうちにナルシサ・カヴァゾヴィッチに会いました 当時彼女はサラエボのかつての戦線に 新しい工場を開くところでした 彼女は放置された ガレージでビジネスを始め シーツや枕カバーを縫って 街中で行商をしました 彼女には 養わなきゃならない 13人程の家族がいました 出会った頃 20人程の従業員を抱えており ほとんどが女性で 彼女達は子供を学校に通わせていました ナルシサに始まり エッセンシャルオイルのビジネス ワイナリー そして ボスニア最大の広告会社を経営する女性達にも会いました

こうした話は ヘラルド・トリビューンの見出しにもなりました 掲載を見た私は IMFの職員にメールしました 「もし次の投資会議の 目玉をお探しなら 彼女達はいかがでしょう?」

(拍手)

しかしながら 女性達を過小評価しているのは IMFの職員だけではもちろんありません こうした偏見 間違ったイメージが 故意であれ 無意識であれ 広く浸透してしまっているのです 「マイクロファイナンス」 どんなイメージが浮かぶでしょう? 多くは「女性」と答えます 対して「起業家」については 多くは「男性」と答えます なぜ? 志が低い スケールが小さいといった 誤った女性へのイメージのためです

マイクロファイナンスは自給自足を可能にし 自尊心を向上する大変強力なツールです 女性達はとんでもない可能性を秘めており マイクロな期待や志から 私達は脱却しなければなりません マイクロからミディアムへそして更に大きなものに 世界各地で 彼女達は活動しています アメリカでは 女性がオーナーの ビジネスは 2018年までに550万もの雇用を創出するでしょう 韓国そしてインドネシアでは 50万社程の企業は女性がオーナーで 中国の零細企業の数値は 驚愕の20%にのぼります 更には 世界的に発展途上国では 比率は40%~50%にも上ります

世界中 どこに行っても とんでもなく 魅力的な起業家達がいて 投資や市場に食い込んで ビジネスを展開しようと奮闘しています しかし 大抵は女性起業家の支援は 困難であると 却下されてしまいます 5万ドルを投資する場合のリスクは 500ドルの場合より遥かに高いですよね 世界銀行が最近発表したように 女性は生産性のわなにかかっています 零細企業の女性オーナーも 事業拡大の資金を得られず マイクロビジネスの成長が 阻害されてしまっています

この前 ワシントンの国務省に行った際 とてもパワフルなガーナ出身の起業家に出会いました チョコレートの商売をしており ワシントンには 援助金や マイクロローンの申請ではなく チョコレートビジネス拡大目的の 工場建設と機械購入のため 大規模な投資を 呼び込もうとしていました 商品をアフリカ ヨーロッパ 中東 そして世界中に輸出するためです それには 20人以上の 既存の従業員の枠を超えて 雇用を拡大して 彼女の国の経済を 活性化するための 投資が必要なのです

幸いなことに もう方法は分かっているのです 理論とその実践から 得られる経験から 解決策を発明する必要はありません―もうあるのですから 資産ではなく キャッシュ・フローに基づいたローン 担保よりむしろ契約に基づくローン 女性が土地を所有するケースは少ないですから 少額融資専門機関のKiva.orgは 中小規模ローンにおいて 試験的にクラウドソースを導入しています こうした試みはまだ始まったばかりです

最近では 女性達を 「新興市場の中の新興市場」と呼ぶのが流行りのようです すばらしい! なぜって? 金融業界の一員として言わせてもらうと― 過去10年の間 5千億ドルもが この新興市場につぎ込まれてきたからです この不景気にあっても 投資家達は 投資へのリターンを見込んでいるからです こうしてこの新興市場に向けた 金融商品や金融新製品が 開発されたのです

ご託なんか並べてないで 女性に5千億ドルでも投資して 彼女らの経済可能性を 実現することができれば どれだけすばらしいことでしょうか 想像してみてください この投資がもたらす仕事 生産性 雇用 養育費 産婦死亡率 識字率 得られる恩恵の数々を! 世界経済フォーラムの発表では 性差指数と経済競争力は 正比例の関係にあるそうです もちろん世界中のどこにも男女間に 経済活動参加率の格差のない国はありません そんなことはありえません

しかし 良い面としては 私たちに機会を提供してくれます のびしろはまだまだあるのです お分かりでしょうか? これは単なる慈善ではなく 世界的な経済成長と 雇用創出のチャンスなのです どう投資をし 女性をどう捉えるか という話なのです 女性はもはや 人口の半分 だとか 特別な利益を

追求する集団でもありえないのです (拍手)

よくレポーターに言われます 「ゲイル とても興味深い話だが 君が扱ってるのは 例外的なものだね」 驚きに言葉を失ってしまいます まず 女性企業家の数は例外的という 域を超えています 彼女らの重要性も無視できません 次に 成功した男性の話をすれば 彼らは決まって見習うべき アイコンやパイオニア はたまた イノベーターとして認識されます 対照的に女性はというと 例外扱いされるか おかしな連中と無視されます 最後に こういったマジョリティを除いて 社会的変化を経験してきた 国は世界中どこにもありません ならば 見過ごしてしまうのではなく 変革者であり 雇用を創出する彼女達を称え 伸ばしていこうではありませんか

こうした復興の話は私のプライベートに関わり 多くの点で私の人生に影響を与えてきました 私の母はシングルマザーで 日中は電話会社に勤め 夜はタッパーを売っていました すべて私の将来のためです 節約するため あらゆる手段をとりました 乳がんが末期まで進行して 働くことができなくなったときには 食品割引切符も利用しました 私はまだ9つか10くらいで 自分を哀れに感じました 母は言いました「世界の大災害と比べれば あなたの不幸なんて

かわいいもんよ」

知り合いでビジネススクールに 入学した人はおらず 私自身も 絶対無理と思いながら出願しました 私が相談したのは 数年に及ぶ家庭内暴力から 自身の尊厳のために脱出した 叔母でした 彼女は言いました 「他人に限界を決めさせてはダメよ」

ある時祖母にグチった時― 彼女は二次大戦の退役軍人で 半世紀に渡り映像分野で働き 私が13の時から養ってくれました― 海外での念願のABCの仕事が 却下されてしまったら やりたい仕事なんか他には 見つかりっこないと嘆いていました 彼女は言いました「ねえ 2つ覚えておきなさい まず フルブライト奨学生を却下するようなヤツはいない 次 マクドナルドはいつもバイト募集してるわよ」 (笑) 「仕事ならいつでもある がんばりなさい!」

私の家族の女性達は 例外ではありません この部屋の女性のみなさん そしてL.A. ひいては 世界中で聴いてくれてるみなさんは 例外ではありません 私達女性はニッチなどではなく 私達こそマジョリティーなのです もう十分 女性達は自分達を過小評価し まわりにも軽んじられてきました 今こそ 女性への期待を高く持ち 積極的な投資を通じて 世界中の女性達に 恩恵を届けようではありませんか

女性は世界を変えられます こうした変化は女性のみならず 女性の力を必要とする 疲労した世界経済にも貢献するのです 力を合わせれば いわゆる例外達こそが 中心となるのです 自らへの見方を変えれば 周りもそれに従います 今こそ 男女の壁を越えて 広い視野を持つべき時なのです

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画