TED日本語 - アニー・レノックス: なぜ私はHIVエイズ活動家になのか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アニー・レノックス: なぜ私はHIVエイズ活動家になのか

TED Talks

なぜ私はHIVエイズ活動家になのか
Why I am an HIV/AIDS activist
アニー・レノックス
Annie Lennox

内容

音楽家のアニー・レノックスは、8年間に渡り多くの時間を費やして、SINGキャンペーンに取り組みHIVエイズの現状を伝えてきました。ネルソン・マンデラ氏との出会いから、アフリカで苦しむ少女達との出会いまで、彼女が感銘を受けた経験についてお話します。

Script

I'm going to share with you the story as to how I have become an HIV/AIDS campaigner. And this is the name of my campaign: SING Campaign. In November of 2003, I was invited to take part in the launch of Nelson Mandela's 46664 Foundation -- that is his HIV/AIDS foundation. And 46664 is the number that Mandela had when he was imprisoned in Robben Island. And that's me with Youssou N'Dour, onstage, having the time of my life. The next day, all the artists were invited to join Mandela in Robben Island, where he was going to give a conference to the world's press, standing in front of his former prison cell. You can see the bars of the window there. It was quite a momentous occasion for all of us. In that moment in time, Mandela told the world's press that there was a virtual genocide taking place in his country; that post-apartheid Rainbow Nation, a thousand people were dying on a daily basis and that the front line victims, the most vulnerable of all, were women and children.

This was a huge impact on my mind, because I am a woman and I am a mother, and I hadn't realized that the HIV/AIDS pandemic was directly affecting women in such a way. And so I committed -- when I left South Africa, when I left Capetown, I told myself, "This is going to be something that I have to talk about. I have to serve." And so, subsequently I participated in every single 46664 event that I could take part in and gave news conferences, interviews, talking and using my platform as a musician, with my commitment to Mandela -- out of respect for the tremendous, unbelievable work that he had done. Everyone in the world respects Nelson Mandela, everyone reveres Nelson Mandela. But do they all know about what has been taking place in South Africa, his country, the country that had one of the highest incidents of transmission of the virus? I think that if I went out into the street now and I told people what was happening there, they would be shocked.

I was very, very fortunate a couple of years later to have met Zackie Achmat, the founder of Treatment Action Campaign, an incredible campaigner and activist. I met him at a 46664 event. He was wearing a t-shirt like the one I wear now. This is a tool -- this tells you I am in solidarity with people who have HIV, people who are living with HIV. And in a way because of the stigma, by wearing this t-shirt I say, "Yes, we can talk about this issue. It doesn't have to be in the closet." I became a member of Treatment Action Campaign and I'm very proud to be a member of that incredible organization. It's a grassroots campaign with 80 percent membership being women, most of whom are HIV-positive. They work in the field. They have tremendous outreach to the people who are living directly with the effects of the virus. They have education programs. They bring out the issues of stigma. It's quite extraordinary what they do. And yes, my SING Campaign has supported Treatment Action Campaign in the way that I have tried to raise awareness and to try to also raise funds. A lot of the funding that I have managed to raise has gone directly to Treatment Action Campaign and the incredible work that they do, and are still continuing to do in South Africa.

So this is my SING Campaign. SING Campaign is basically just me and about three or four wonderful people who help to support me. I've traveled all over the world in the last two and a half years -- I went to about 12 different countries. Here I am in Oslo in Norway, getting a nice, fat check; singing in Hong Kong, trying to get people to raise money. In Johannesburg, I had the opportunity to play to a mainly white, middle-class South African audience who ended up in tears because I use film clips that really touch the heart, the whole nature, of this terrible tragedy that is taking place, that people are tending to avoid, because they are fatigued, and they really don't quite know what the solutions are. Aaron Motsoaledi, the current health minister, attended that concert and I had an opportunity to meet with him, and he gave his absolute commitment to try to making a change, which is absolutely necessary. This is in the Scottish Parliament. I've subsequently become an envoy for Scotland and HIV. And I was showing them my experiences and trying to, again, raise awareness. And once again, in Edinburgh with the wonderful African Children's Choir who I simply adore. And it's children like this, many of whom have been orphaned because of their family being affected by the AIDS virus.

I'm sitting here in New York with Michel Sidibe -- he's the director of UNAIDS. And I'm very honored by the fact that Michel invited me, only a few months ago, to become a UNAIDS ambassador. And in this way, I've been strengthening my platform and broadening my outreach. The message that UNAIDS are currently sending out to the world is that we would like to see the virtual elimination of the transmission of the virus from mother to child by 2015. It's a very ambitious goal but we believe it can be achieved with political will. This can happen.

And here I am with a pregnant woman, who is HIV positive and we're smiling, both of us are smiling, because we're very confident, because we know that that young woman is receiving treatment so her life can be extended to take care of the baby she's about to give birth to. And her baby will receive PMTCT, which will mean that that baby can be born free of the virus. Now that is prevention at the very beginning of life. It's one way to start looking at intervention with the AIDS pandemic.

Now, I just would like to finish off to tell you the little story about Avelile. This is Avelile -- she goes with me wherever I go. I tell her story to everyone because she represents one of millions of HIV/AIDS orphans. Avelile's mother had HIV virus -- she died from AIDS-related illness. Avelile had the virus, she was born with the virus. And here she is at seven years old, weighing no more than a one year-old baby. At this point in her life, she's suffering with full-blown AIDS and had pneumonia. We met her in a hospital in the Eastern Cape and spent a whole afternoon with her -- an adorable child. The doctors and nurses were phenomenal. They put her on very special nutritious diet and took great care of her. And we didn't know when we left the hospital -- because we filmed her story -- we didn't know if she was going to survive. So, it was obviously -- it was a very emotional encounter and left us feeling very resonant with this direct experience, this one child, you know, that story. Five months later, we went back to South Africa to meet Avelile again. And I'm getting -- the hairs on my -- I don't know if you can see the hairs on my arms. They're standing up because I know what I'm going to show you. This is the transformation that took place. Isn't it extraordinary?

(Applause)

That round of applause is actually for the doctors and nurses of the hospital who took care of Avelile. And I take it that you appreciate that kind of transformation. So, I would like to say to you, each one in the audience, if you feel that every mother and every child in the world has the right to have access to good nutrition and good medical care, and you believe that the Millennium Development Goals, specifically five and six, should be absolutely committed to by all governments around the world -- especially in sub-Saharan Africa -- could you please stand up. I think that's fair to say, it's almost everyone in the hall.

Thank you very much.

(Applause)

これからお話するのは、 私がある活動家になるまでの過程です。 それはHIVエイズ活動家です。 これがプロジェクト名SINGです。 2003年の11月 私はチャリティ・イベントに招待されました。 それはネルソン・マンデラ氏によって設立された 46664財団の立ち上げのイベントでした。 これはHIVエイズ支援団体です。 46664という数字はマンデラ氏が ロベン島に投獄されていた時ににつけられていた番号を示します。 これは、ユッスー・ンドゥール氏と ステージで楽しむ私です。 翌日、私達アーティストはロベン島に招待され、 マンデラ氏と合流しました。 そこで彼は、 世界中のメディアに向けて演説を行いました。 かつて収容された独房の前に立って。 後ろにある鉄格子の窓が見えるでしょう。 それは私達にとって極めて重要な日だったのです。 その機会に、 マンデラ氏は世界に向けて訴えました。 彼の国で起こっている 事実上の大虐殺について。 アパルトヘイトが廃止になり 虹の国家と謳われている国で 毎日何千もの人々が亡くなっていることを。 そして、その矢面に立たされている犠牲者たちは もっとも弱い立場にある 女性や子供たちであるということを。

これは私に深い衝撃を与えました。 私も女性であり、母親です。 私は全く気がついていませんでした。 HIVエイズの流行が 女性たちにこのように直接的な影響を与えているとは。 そこで私は南アフリカを離れる際に、 ケープタウンを離れる際に、決心しました。 自分に言い聞かせました。「私も何かしなければいけない。 事実を伝えるという 役目を担っている。」と。 その後は 46664財団にかかわるすべての イベントに 可能な限り参加しました。 記者会見も開き インタビューも受けました。 音楽家としての立場を有効利用し マンデラ氏に貢献するよう努めました。 マンデラ氏が行ってきた素晴らしい 多大な功績への敬意を持って。 世界中の人がマンデラ氏を讃えるでしょう。 そして、尊敬するでしょう。 しかし、彼らは 南アフリカで起こっている事実に気付いているでしょうか。 マンデラ氏の国は 世界で最も ウィルス感染が発生している国の一つだと。 今、私が街に出て、 何がそこで起こっているかを伝えれば 彼らはショックを受けるでしょう。

私はその数年後に素晴らしい出会いをしました。 ザッキ・アクマット氏は 治療行動キャンペーンの創設者で 素晴らしい活動家です。 彼とは46664で出会いました。 当時、彼は今私が着ているようなTシャツを着ていました。 これは目印なのです。 これは私が HIVに感染している人々、 HIVを持ちながら生きている人々の仲間であることを示すのです。 話しにくいトピックであっても、このTシャツを着ることで、 「この問題について話してもいい。 クローゼットに隠しておく必要はない。」と伝えることができるのです。 私は治療行動キャンペーンのメンバーになりました。 このような素晴らしいチームの一員になれて とても誇りに思っています。 この草の根の活動は、 メンバーの8割が女性で そのほとんどがHIV感染者です。 彼女たちは現場に出向きます。 彼女たちは、非常に広く手を差し伸べ、 エイズと日々闘う人々に 広く到達することができるのです。 教育プログラムもあり、 真実と向き合います。 彼女たちの活動は、本当に驚くべきものです。 そして、私のSINGプロジェクトは この治療行動キャンペーンを あらゆる手段で広め、 資金を募ることでサポートしています。 私が何とか集めることのできた募金の多くは 直接、治療行動キャンペーンに寄付されています。 彼らの類まれな活動は 今なお南アフリカで続いています。

これがSINGの活動です。 この活動は基本的に私と 3,4人の素晴らしいメンバー達で 構成されています。 過去2年半で 世界を周りました。 約12の国を訪れました。 これは、ノルウェーのオスロで 素晴らしく多額の小切手を頂いているところです。 香港での資金集めのための私のパフォーマンスです。 ヨハネスブルグでは 主に中流階級の白人の方々を前に演奏する機会がありました。 彼らも最後には涙を流していました。 それは、私が映像を使い、 真に心に触れる、事実のすべてを伝えたからです。 今起こっている悲惨な状況を いかに人々が避けて通ろうとしているかという真実を。 それは、彼らがその状況に疲弊し その解決策は全く見当がつかない、と思っているからなのですが。 現在の厚生大臣であるアーロン・モツァレディ氏が コンサートに来てくださり、 彼と直接会うことができました。 そこでモツァレディ氏が 必ず状況が好転するよう無条件に約束してくださいました。 これは本当に重要なことです。 これはスコットランド議会です。 後に私はスコットランドとHIVの大使に 任命されました。 ここでも、実際に経験したことを話し 真実を伝え、認識を高める努力をました。 そして再びエディンバラです。 私が愛して止まない素晴らしいアフリカの子どもたちのコーラス隊です。 この子たちの多くも、 エイズで家族を亡くした 孤児たちなのです。

ここでは、ニューヨークでミシェル・セディベ氏と席を共にしています。 国際連合エイズ合同計画UNAIDSのリーダーです。 名誉あることに この数ヶ月後 セディベ氏は私を UNAIDSの大使に任命してくださいました。 この役割を担い、私は活動の基盤を強化し、 活動の範囲をさらに広げています。 UNAIDSが 現在世界中に広めているメッセージは 母親から子どもへの 感染を2015年までに事実上 撲滅しようというものです。 簡単に達成できる目標ではありません。 しかし、政治的な意志があれば 可能なのです。

ここでは、私は妊娠している女性と一緒にいます。 彼女はHIV陽性患者ですが、 私たちは二人とも微笑んでいますね。 なぜなら、この若い女性は ちゃんと治療を受けて これからも生きていくことができ、 もうすぐ生まれてくる赤ちゃんの面倒を看ることができると確信しているからです。 そして彼女の赤ちゃんは母子感染予防によって、 ウィルスに感染することなく 誕生することができるのです。 エイズを予防することが 人生のまさに始まりにおいてできるのです。 これがエイズ感染を減らす 一つの方法です。

最後に一つ とっておきの話をします。 アブリルについて。 彼女がアブリルです。 彼女は私にくっついて離れません。 私は必ず彼女の話をします。 なぜなら彼女は 何百万人といるHIVエイズの 孤児を代表していると言えるからです。 アブリルの母親は HIVウィルスに感染し、 亡くなりました。 エイズの合併症でした。 Avelileは胎児のうちに 感染していました。 この写真に写っている7歳のAvelileは 1歳児と変わらない体重です。 この時点で 彼女は末期のエイズと 肺炎を患っていました。 私は東ケープタウンの病院で 愛らしい彼女と出会い、半日を過ごしました。 病院の先生や看護士は非常に素晴らしい人々ばかりでした。 彼女に特別の食事療法を施し とても大事に看病してくださったのです。 彼女の映像を撮り、私達が病院を去る頃、 彼女が生き延びるかはわかりませんでした。 だからこそ、彼女との出会いは 感情に訴えるものでした。 この一人の子どもと直接出会った経験が 心を打ったのです。 5ヵ月後、 南アフリカに戻った私達は アブリルに再会しました。 興奮して 見えないかもしれないけど、腕の毛が逆立っています。 その理由はこれからお見せします。 これが彼女に起こった変化です。 素晴らしいと思いませんか?

(拍手)

そのみなさんからの拍手は、 彼女を支えた病院の医師や看護士の方々へのものです。 皆さんも、この変化に感動していると思います。 そこで、ここにいる皆さんひとりひとりに 聞いていただきたいことがあります。 世界中の母と こどもたちは 栄養と行き届いた医療を 得る権利がある。 そして、ミレニアム開発目標、 特にゴール5の妊産婦の健康の改善と ゴール6のHIVエイズ等の蔓延の防止については 世界中の国々、特にサハラ以南のアフリカ諸国において 絶対的に支持されるべきであると信じているなら、 起立していただけますか? ほとんどの方が 賛同してくれていますね。

お時間ありがとうございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画