TED日本語 - ジョン・ハンター: 世界平和ゲーム

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジョン・ハンター: 世界平和ゲーム

TED Talks

世界平和ゲーム
Teaching with the World Peace Game
ジョン・ハンター
John Hunter

内容

ジョン・ハンターは世界中の問題を縦120センチ x 横150センチのべニヤ板の上に広げ、小学4年生の児童たちに解かせます。ジョンは、児童が世界平和ゲームにどのようにのめり込んでいるのかを話します。なぜ教室での授業よりも、自発的な行動や常に予期できないことばかりが起きる世界平和ゲームで深い学びが起こるのでしょうか。ジョンの話を聞いてみましょう。

Script

I'm very fortunate to be here. I feel so fortunate. I've been so impressed by the kindness expressed to me. I called my wife Leslie, and I said, "You know, there's so many good people trying to do so much good. It feels like I've landed in a colony of angels." It's a true feeling. But let me get to the talk -- I see the clock is running.

I'm a public school teacher, and I just want to share a story of my superintendent. Her name is Pam Moran in Albemarle County, Virginia, the foothills of the Blue Ridge Mountains. And she's a very high-tech superintendent. She uses smart boards, she blogs, she Tweets, she does Facebook, she does all this sort of high-tech stuff. She's a technology leader and instructional leader. But in her office, there's this old wooden, weather-worn table, kitchen table -- peeling green paint, it's kind of rickety. And I said, "Pam, you're such a modern, cutting-edge person. Why is this old table in your office?"

And she told me, she said, "You know, I grew up in Southwestern Virginia, in the coal mines and the farmlands of rural Virginia, and this table was in my grandfather's kitchen. And we'd come in from playing, he'd come in from plowing and working, and we'd sit around that table every night. And as I grew up, I heard so much knowledge and so many insights and so much wisdom come out around this table, I began to call it the wisdom table. And when he passed on, I took this table with me and brought it to my office, and it reminds me of him. It reminds me of what goes on around an empty space sometimes." The project I'm going to tell you about is called the World Peace Game, and essentially it is also an empty space. And I'd like to think of it as a 21st century wisdom table, really.

It all started back in 1977. I was a young man, and I had been dropping in and out of college. And my parents were very patient, but I had been doing intermittent sojourns to India on a mystical quest. And I remember the last time I came back from India -- in my long white flowing robes and my big beard and my John Lennon glasses -- and I said to my father, "Dad, I think I've just about found spiritual enlightenment." He said, "Well there's one more thing you need to find." I said, "What is that, dad?" "A job." (Laughter) And so they pleaded with me to get a degree in something. So I got a degree and it turned out to be education. It was an experimental education program. It could have been dentistry, but the word "experimental" was in it, and so that's what I had to go for.

And I went in for a job interview in the Richmond Public Schools in Virginia, the capital city, bought a three-piece suit -- my concession to convention -- kept my long beard and my afro and my platform shoes -- at the time it was the '70s -- and I walked in, and I sat down and had an interview. And I guess they were hard up for teachers because the supervisor, her name was Anna Aro, said I had the job teaching gifted children. And I was so shocked, so stunned, I got up and said, "Well, thank you, but what do I do?" (Laughter) Gifted education hadn't really taken hold too much. There weren't really many materials or things to use. And I said, "What do I do?" And her answer shocked me. It stunned me. Her answer set the template for the entire career I was to have after that. She said, "What do you want to do?" And that question cleared the space. There was no program directive, no manual to follow, no standards in gifted education in that way. And she cleared such a space that I endeavored from then on to clear a space for my students, an empty space, whereby they could create and make meaning out of their own understanding.

So this happened in 1978, and I was teaching many years later, and a friend of mine introduced me to a young filmmaker. His name is Chris Farina. Chris Farina is here today at his own cost. Chris, could you stand up and let them see you -- a young, visionary filmmaker who's made a film. (Applause) This film is called "World Peace and Other 4th Grade Achievements." He proposed the film to me -- it's a great title. He proposed the film to me, and I said, "Yeah, maybe it'll be on local TV, and we can say hi to our friends." But the film has really gone places. Now it's still in debt, but Chris has managed, through his own sacrifice, to get this film out. So we made a film and it turns out to be more than a story about me, more than a story about one teacher. It's a story that's a testament to teaching and teachers. And it's a beautiful thing.

And the strange thing is, when I watch the film -- I have the eerie sensation of seeing it -- I saw myself literally disappear. What I saw was my teachers coming through me. I saw my geometry teacher in high school, Mr. Rucell's wry smile under his handlebar mustache. That's the smile I use -- that's his smile. I saw Jan Polo's flashing eyes. And they weren't flashing in anger, they were flashing in love, intense love for her students. And I have that kind of flash sometimes. And I saw Miss Ethel J. Banks who wore pearls and high-heels to elementary school every day. And you know, she had that old-school teacher stare. You know the one. (Laughter) "And I'm not even talking about you behind me, because I've got eyes in the back of my head." (Laughter) You know that teacher? I didn't use that stare very often, but I do have it in my repertoire. And Miss Banks was there as a great mentor for me.

And then I saw my own parents, my first teachers. My father, very inventive, spatial thinker. That's my brother Malcolm there on the right. And my mother, who taught me in fourth grade in segregated schools in Virginia, who was my inspiration. And really, I feel as though, when I see the film -- I have a gesture she does, like this -- I feel like I am a continuation of her gesture. I am one of her teaching gestures. And the beautiful thing was, I got to teach my daughter in elementary school, Madeline. And so that gesture of my mother's continues through many generations. It's an amazing feeling to have that lineage. And so I'm here standing on the shoulders of many people. I'm not here alone. There are many people on this stage right now.

And so this World Peace Game I'd like to tell you about. It started out like this: it's just a four-foot by five-foot plywood board in an inner-city urban school,1978. I was creating a lesson for students on Africa. We put all the problems of the world there, and I thought, let's let them solve it. I didn't want to lecture or have just book reading. I wanted to have them be immersed and learn the feeling of learning through their bodies. So I thought, well they like to play games. I'll make something -- I didn't say interactive; we didn't have that term in 1978 -- but something interactive. And so we made the game, and it has since evolved to a four-foot by four-foot by four-foot Plexiglass structure. And it has four Plexiglass layers.

There's an outer space layer with black holes and satellites and research satellites and asteroid mining. There's an air and space level with clouds that are big puffs of cotton we push around and territorial air spaces and air forces, a ground and sea level with thousands of game pieces on it -- even an undersea level with submarines and undersea mining. There are four countries around the board. The kids make up the names of the countries -- some are rich; some are poor. They have different assets, commercial and military. And each country has a cabinet. There's a Prime Minister, Secretary of State, Minister of Defense and a CFO, or Comptroller. I choose the Prime Minister based on my relationship with them. I offer them the job, they can turn it down, and then they choose their own cabinet. There's a World Bank, arms dealers and a United Nations. There's also a weather goddess who controls a random stock market and random weather.

(Laughter)

That's not all. And then there's a 13-page crisis document with 50 interlocking problems. So that, if one thing changes, everything else changes. I throw them into this complex matrix, and they trust me because we have a deep, rich relationship together. And so with all these crises, we have -- let's see -- ethnic and minority tensions; we have chemical and nuclear spills, nuclear proliferation. There's oil spills, environmental disasters, water rights disputes, breakaway republics, famine, endangered species and global warming. If Al Gore is here, I'm going to send my fourth-graders from Agnor-Hurt and Venable schools to you because they solved global warming in a week.

(Laughter) (Applause) And they've done it several times too. (Laughter)

So I also have in the game a saboteur -- some child -- it's basically a troublemaker -- and I have my troublemaker put to use because they, on the surface, are trying to save the world and their position in the game. But they're also trying to undermine everything in the game. And they do it secretly through misinformation and ambiguities and irrelevancies, trying to cause everyone to think more deeply. The saboteur is there, and we also read from Sun Tzu's "The Art of War." Fourth-graders understand it -- nine years old -- and they handle that and use that to understand how to, not follow -- at first they do -- the paths to power and destruction, the path to war. They learn to overlook short-sighted reactions and impulsive thinking, to think in a long-term, more consequential way.

Stewart Brand is here, and one of the ideas for this game came from him with a CoEvolution Quarterly article on a peace force. And in the game, sometimes students actually form a peace force. I'm just a clock watcher. I'm just a clarifier. I'm just a facilitator. The students run the game. I have no chance to make any policy whatsoever once they start playing. So I'll just share with you ...

(Video) Boy: The World Peace Game is serious. You're actually getting taught something like how to take care of the world. See, Mr. Hunter is doing that because he says his time has messed up a lot, and he's trying to tell us how to fix that problem.

John Hunter: I offered them a -- (Applause) Actually, I can't tell them anything because I don't know the answer. And I admit the truth to them right up front: I don't know. And because I don't know, they've got to dig up the answer. And so I apologize to them as well. I say, "I'm so sorry, boys and girls, but the truth is we have left this world to you in such a sad and terrible shape, and we hope you can fix it for us, and maybe this game will help you learn how to do it." It's a sincere apology, and they take it very seriously.

Now you may be wondering what all this complexity looks like. Well when we have the game start, here's what you see.

(Video) JH: All right, we're going into negotiations as of now. Go. (Chatter)

JH: My question to you is, who's in charge of that classroom? It's a serious question: who is really in charge? I've learned to cede control of the classroom over to the students over time. There's a trust and an understanding and a dedication to an ideal that I simply don't have to do what I thought I had to do as a beginning teacher: control every conversation and response in the classroom. It's impossible. Their collective wisdom is much greater than mine, and I admit it to them openly. So I'll just share with you some stories very quickly of some magical things that have happened.

In this game we had a little girl, and she was the Defense Minister of the poorest nation. And the Defense Minister -- she had the tank corps and Air Force and so forth. And she was next door to a very wealthy, oil-rich neighbor. Without provocation, suddenly she attacked, against her Prime Minister's orders, the next-door neighbor's oil fields. She marched into the oil field reserves, surrounded it, without firing a shot, and secured it and held it. And that neighbor was unable to conduct any military operations because their fuel supply was locked up.

We were all upset with her, "Why are you doing this? This is the World Peace Game. What is wrong with you?" (Laughter) This was a little girl and, at nine years old, she held her pieces and said, "I know what I'm doing." To her girlfriends she said that. That's a breach there. And we learned in this, you don't really ever want to cross a nine year-old girl with tanks. (Laughter) They are the toughest opponents. And we were very upset. I thought I was failing as a teacher. Why would she do this?

But come to find out, a few game days later -- and there are turns where we take negotiation from a team -- actually there's a negotiation period with all teams, and each team takes a turn, then we go back in negotiation, around and around, so each turn around is one game day. So a few game days later it came to light that we found out this major country was planning a military offensive to dominate the entire world. Had they had their fuel supplies, they would have done it. She was able to see the vectors and trend lines and intentions long before any of us and understand what was going to happen and made a philosophical decision to attack in a peace game.

Now she used a small war to avert a larger war, so we stopped and had a very good philosophical discussion about whether that was right, conditional good, or not right. That's the kind of thinking that we put them in, the situations. I could not have designed that in teaching it. It came about spontaneously through their collective wisdom.

(Applause)

Another example, a beautiful thing happened. We have a letter in the game. If you're a military commander and you wage troops -- the little plastic toys on the board -- and you lose them, I put in a letter. You have to write a letter to their parents -- the fictional parents of your fictional troops -- explaining what happened and offering your condolences. So you have a little bit more thought before you commit to combat. And so we had this situation come up -- last summer actually, at Agnor-Hurt School in Albemarle County -- and one of our military commanders got up to read that letter and one of the other kids said, "Mr. Hunter, let's ask -- there's a parent over there." There was a parent visiting that day, just sitting in the back of the room. "Let's ask that mom to read the letter. It'll be more realer if she reads it." So we did, we asked her, and she gamely picked up the letter. "Sure." She started reading. She read one sentence. She read two sentences. By the third sentence, she was in tears. I was in tears. Everybody understood that when we lose somebody, the winners are not gloating. We all lose. And it was an amazing occurrence and an amazing understanding.

I'll show you what my friend David says about this. He's been in many battles.

(Video) David: We've really had enough of people attacking. I mean, we've been lucky [ most of ] the time. But now I'm feeling really weird because I'm living what Sun Tzu said one week. One week he said, "Those who go into battle and win will want to go back, and those who lose in battle will want to go back and win." And so I've been winning battles, so I'm going into battles, more battles. And I think it's sort of weird to be living what Sun Tzu said.

JH: I get chills every time I see that. That's the kind of engagement you want to have happen. And I can't design that, I can't plan that, and I can't even test that. But it's self-evident assessment. We know that's an authentic assessment of learning. We have a lot of data, but I think sometimes we go beyond data with the real truth of what's going on.

So I'll just share a third story. This is about my friend Brennan. We had played the game one session after school for many weeks, about seven weeks, and we had essentially solved all 50 of the interlocking crises. The way the game is won is all 50 problems have to be solved and every country's asset value has to be increased above its starting point. Some are poor, some are wealthy. There are billions. The World Bank president was a third-grader one time. He says, "How many zeros in a trillion? I've got to calculate that right away." But he was setting fiscal policy in that game for high school players who were playing with him.

So the team that was the poorest had gotten even poorer. There was no way they could win. And we were approaching four o'clock, our cut-off time -- there was about a minute left -- and despair just settled over the room. I thought, I'm failing as a teacher. I should have gotten it so they could have won. They shouldn't be failing like this. I've failed them. And I was just feeling so sad and dejected. And suddenly, Brennan walked over to my chair and he grabbed the bell, the bell I ring to signal a change or a reconvening of cabinets, and he ran back to his seat, rang the bell. Everybody ran to his chair: there was screaming; there was yelling, waving of their dossiers. They get these dossiers full of secret documents. They were gesticulating; they were running around. I didn't know what they were doing. I'd lost control of my classroom. Principal walks in, I'm out of a job. The parents were looking in the window.

And Brennan runs back to his seat. Everybody runs back to their seat. He rings the bell again. He says, "We have" -- and there's 12 seconds left on the clock -- "we have, all nations, pooled all our funds together. And we've got 600 billion dollars. We're going to offer it as a donation to this poor country. And if they accept it, it'll raise their asset value and we can win the game. Will you accept it?" And there are three seconds left on the clock. Everybody looks at this prime minister of that country, and he says, "Yes." And the game is won. Spontaneous compassion that could not be planned for, that was unexpected and unpredictable.

Every game we play is different. Some games are more about social issues, some are more about economic issues. Some games are more about warfare. But I don't try to deny them that reality of being human. I allow them to go there and, through their own experience, learn, in a bloodless way, how not to do what they consider to be the wrong thing. And they find out what is right their own way, their own selves. And so in this game, I've learned so much from it, but I would say that if only they could pick up a critical thinking tool or creative thinking tool from this game and leverage something good for the world, they may save us all. If only.

And on behalf of all of my teachers on whose shoulders I'm standing, thank you. Thank you. Thank you.

(Applause)

この場に立てて幸せです 本当に幸運だ あたたかい歓迎をありがとう 妻のレズリーに電話でこう言いました 「ここには本当に良いことをしようとする 素晴らしい人がたくさんいる まるで天使の地に降り立ったようだ」と 心からそう感じています 時間がない、本題に入りましょう

私は公立学校の教師です。 まずは、私の教育長の話をさせてください 彼女はパム・モランという名で バージニア州アルバマール群の ブルーリッジ山脈のふもとに住んでいます 彼女は超ハイテクな人間で スマートフォン、ブログ、ツイッタ―や フェイスブックまで、ありとあらゆる 最先端のものを取り入れていて 技術面でも教育面でもよきリーダーです しかし彼女の研究室には 古ぼけた、木製の風雨で傷んだダイニングテーブルがあるのです 緑のペンキははがれて、ガタガタのね。 私は訪ねました。「あなたは、最先端を行く人でしょう。なのになぜ こんな古いテーブルを使っているのですか?」と

彼女はこう答えたのです 「私はね、バージニア州の南東部の 炭鉱と農場に囲まれた田舎町で育ったの このテーブルは私の祖父のキッチンにあったもので 私たちが遊んで帰ってくると、祖父は畑仕事から帰ってきて 毎晩みんなでこのテーブルを囲んで座ったの 私は大きくなるにつれて、たくさんの知識や 知恵や教えをこのテーブルで学んだわ だから私はこれを 学びのテーブルと呼ぶことにしたの そして祖父が亡くなって、このテーブルは私が研究室用にと引き取ったの 今でも祖父を思い出すわ 何もない場所から何かが生まれることもある、ということに気付かせてくれるの」 これから話すプロジェクト は「世界平和ゲーム」といいます 同じく何もない場所で行います このゲームを 21世紀の学びのテーブルにできないかと、本気で考えています

はじまりは1977年のことです 私は若造で 大学を出たり入ったり。両親は とても忍耐強見守ってくれていましたが 私は神秘主義修行のためインドに 短期留学しました インドから戻ってきたときの私は 白く長い丈の袈裟を羽織り、 長いひげにジョン・レノンの眼鏡をつけ、 父にこう言いました 「父さん!僕は悟りを開いたんだよ」 父は、「もうひとつ、見つけるべきものあるんじゃないか」と 「何それ?」 「仕事だよ」 . 両親はとにかく私に学位を取ってほしいと願っていたので だから私は学位を取りました それが教育の学位だったのです それは「試験的」教育プログラムで 歯学を勉強することもできたのですが、「試験的」という言葉が入っていたので 教育の学位を取ることにしました

そして私は首都バージニアにある リッチモンド州立学校の採用試験場へ向かいました 決まりに従って三つ揃いのスーツを着て 長いひげとアフロ、それから厚底靴はそのままで 70年代でしたからね そうして椅子に座り、面接を受けました そこで私は彼らが教師がいなくて困っているのだと気づきました なぜならアナ・アロという名の上司が、 私に英才教育の仕事を与えると言ったからです 私はショックで、愕然とし、我に返って こう言いました「あ、ありがとございます。でも私は何をすれば?」 . 当時、英才教育はそれほど知られていませんでした なので教材や資料は何もありませんでした もう一度、「私は何をすれば?」とたずねました それに対する彼女の答えに私は驚きました それは、以後私のすべての教師人生の 指針となりました。彼女はこう言いました 「あなたはなにがしたいの?」と その言葉がすべてを自由にした 英才教育プログラムには指示書も 参考書も、基準すら ありませんでした そして彼女はそのような場所を空けたんです 私の生徒のために私が空けようとしてきた 空っぽの場所を空けたのです それは、生徒たち自身がその場所を作り、自分達が 理解できる意味を持つ場所でもあります

そして、教師となって しばらくたった1978年に 私の友人がクリス・ファリナという若手の映画監督を 紹介してくれました。 彼は今日自腹で来てくれています。 クリス、皆に見えるように立ってくれるかな? ある映画を撮った、有望な若手監督です。 (拍手) その映画は、「世界平和に向けた4年生の奮闘」 クリスはこの素晴らしい題名の映画を 私に提案してくれました。 その時私はこう言いました「あぁ、地元のテレビあたりに出て 友人たちにあいさつぐらいはできるだろう」 しかし、本当に映画は作られました 現在もまだ赤字ですが、クリスは犠牲を払いながら何とか、 映画を世に出せました。 こうして私たちは 私について、一人の教師についての ストーリーを越えた映画を作ったのです。 これは教育や教師の証明のストーリーです 美しいと考えています

その映画での私自身をみると、おかしなことに、 不気味な高鳴りを感じたのです。 それは私の体に、 私の恩師の 先生方の姿が宿っていたのです。 高校時代のチリの教師であったルセル先生の 取っ手のような髭の下にある特有な苦笑い それを今では私が使っています ジャン・ポロ先生の怒りではなく、 生徒を思う愛情のこもった あの眼差しがありました 時には怒りの眼光もありますよ 毎日、真珠のネックレスに ハイヒールで小学校の教室に入るエセル・J・バンク先生は 古風な先生の上目使いをしていた こんな風に (笑い) 「私の後ろにいるあなた達にも言っているのよ。 私には後ろにも目がありますからね。」というものです (笑い) そんな先生いたでしょう 私自身、その目線はあまり使いませんが、 彼女は私が慕う先生なので レパートリーには入っています

他に見えたものは 私の最初の先生でもあった両親です 発明的で、特異な考えを持つ父と 右にいるのは弟のマルコム そして私が4年生の時にインスピレーションを 与えてくれた母。 バージニア州のアフリカ系学校で、 4年生の私を教えていました。 私は気づきました 映画の中で私は 彼女がするジェスチャーをとっていました 私は彼女の行動の続きをみている感覚でした 私は彼女の教えを引き継ぐ1人だったのです 美しいのはですね、 私は小学生の娘であるマデリーンを教えることになったのです だから私の母の教えは 何代にも受け継がれていくということです その血筋があるということは 本当に素晴らしいと思うのです 私は多くの人に支えられてここに立っているのです 私は1人ではありません 今ここのステージには多くの人達が立っています

さて、こちらが本日お話させて頂きたかった “世界平和ゲーム”です。 概略はただの縦4フィート、横5フィートのベニヤ板の中に 1978年の小さな都市学校があるわけです。 アフリカの学生の授業用に作りました。 私たちは世界中で起きているあらゆる問題を 彼らともに解こうと考えたのです。 私自身、講義や本を読むのはしたくなかったのです 自らの意思で学ぶ感覚に浸り、 その感覚を学びとってほしいと思ったのです。 で、児童達はゲームが好きなんだ 相互的とは言っていません― 1978年にはない概念 だけれど相互的な何かを作ろうと思いました 今現在では改良され、 4フィート立体のアクリル樹脂の 構造で、4層にも 分けられています。 詳しく申しますと、

一番上は宇宙層にし、 ブラックホールや衛星、観測衛星、 宇宙探査などを扱い、 綿を敷き詰め雲を模した 二段目では、領空スペース、 空軍について扱い、 ゲーム盤のような三段目では地面や海面を表し、 四段目では、 深海や深海掘削について扱います。 ここでは児童が自らで その国の名前を付けたんです―富んだ国もあれば貧しい国もあります その国々はそれぞれ異なった資産、産業、軍を持ちます それぞれの国には議会があります 首相、官房長官、国防省長官、 財務長官、黒幕がいるのです。 私と彼らの関係を元に、私が首相を子供たちと共に決めます 私は子供たちに仕事を与えますが、彼らはその仕事を拒否できます そして、彼らは独自の議会を決めるのです 兵器の密売人、国連、世界銀行などもあります すると、おのずと変動のある株式市場を 制御するドンも出てくるわけです。

(笑い)

それだけではなく、 50もの入り組んだ問題を13ページ分の 危機文書を作りました そのため、一つが変われば、全てが変わってきます それらをこの複雑な構想に込めると 深く、よりよい関係ができるするので彼らはわたしを信頼してくれます これらの問題、例えば、 民族間や少数派での確執、 化学物質や核物質の漏洩、核拡散、 油田流出、環境災害、 水争い、各国の独立、 飢饉、絶滅危惧種、 宇宙の危機や地球温暖化。 アル・ゴア氏がこちらにおられれば、 この学校の生徒に会ってもらいたいです なぜなら、この生徒たちは温暖化問題を1週間で解決したからです

(笑い) (拍手) しかも、何度も解決しました (笑い)

時にはサボターという役割を使います 中にはトラブルメーカーな子どもがいます 私はこのトラブルメーカー達をうまく組み込むようにしています なぜなら、彼らは表面上 世界を救って、ゲームでのポジションを維持しようとするからです でも、彼らは同時にゲーム全体の土台を壊そうとします そして彼らは嘘やあいまいで見当違いな情報を 秘密で流して 皆により深く考えてもらおうとするのです 彼ら、サボターは 孫子の兵法書に出てくるような 考えを読み、4年生、9歳にして その仕組みとその特性を 理解しているのです。 最初は彼らは 権力と破壊の道を進み 戦争になります そうすると彼らは視野の狭い反応と 直情的な考えを無視することを学び、 長期的でより良い結果を考えるようになるんです

スチュアート・ブランド、このゲームのアイデアの一つは彼に由来します コエボリューション・クオータリーという季刊誌に あった平和の力についての記事からのものです このゲームでは、生徒は時に平和を維持する力を形成します 私はただ時間の経過を見守っています 私はただゲームを進めやすくするだけです 生徒がゲームを動かすんです ですので、一度ゲームが始まれば 口出しできません シェアしたいものがあります―

(動画)少年:世界平和ゲームは本格的です どうやって世界を取り扱えばいいのかといった事を教えられます ね、ハンター先生はそうしたんです なぜなら、先生は先生の時代は大きな問題があって 先生はその問題を どうやって直せばいいか教えようとしてくれているからです

ハンター:私は彼らに提供しました― (拍手) 実際、答えを分からない私には何も言えません 私は正直にその事実を認め、言います:私にはわからないと。 私が知らないので、生徒たちは自分でより答えをより深く探そうとします なので私は同時に謝るんです 私は「ごめんね、みんな 本当の事を言うと 私たちがこの世界と本当に悲しく、ひどい状態にしてしまったんだ 君たちがこの世界を変えてほしいと望んでいるよ もしかしたら、このゲームでその事が学べるかもしれない」と 誠実に謝り、 彼らに真剣に受け入れてもらえるようにするのです。

複雑ではないかと思われるかもしれません ちょっとこれを見て下さい。ゲームが始まると、

(動画)よし、今から交渉を始めます。はじめ! (おしゃべり)

ハンター:ここで質問なのですが、このクラスの代表は誰? 深刻な問題です。だれが代表か。 私はコントロール力をクラスに 譲ることができるようになりました そこには、「信用」、「理解」、 理想への努力です その努力は、私が新米教師としてやらなくてはならない と考えていたことをやらなくてもいいという事でもありました 教室の中の全ての会話と反応すべてをコントロールするという事です それは不可能です。生徒たちの英知は 私のものよりもずっと素晴らしいからです その事を彼らの前でオープンに認めるんです 少しいくつかのストーリーを端的にシェアします すごい事があったんです

ある少女がゲームに参加していました 戦車軍や空軍などの権限を持つ貧困国の防衛大臣でした 彼女は戦車や空軍などを所有していました 裕福で、油田保有する近隣国に、 予告もなく、 その近隣の油田国を攻撃しはじめたんです 彼女の首相の反対を押し切ってです 油田地域に立ち入り、 兵器を使うことなく、確実に 包囲し、保有したのです。 近隣国家は燃料需給が全て閉じられたため、 軍を動かすわけにもいきません。

私たちは彼女の動きに動揺し「なぜそんなことをしたの? これは世界平和ゲームだよ、どうしたっていうの?」と聞きました (笑い) この女の子はまだ小さくて、9歳でした 彼女は自分の駒を持って「自分が何をしてるかわかってるの」 と、友達に言ったんです これは違反です ここでわかったのは、戦車を持つ9歳の女の子を バカにしてはいけないということです (笑い) 彼らは頑固な相手であり、 私たちもとても動揺していました 私は自分をダメな教師だと思いました。なぜ彼女はこんなことを?

と考えて数日後、ある指針が見えたのです。 それは、チーム内での交渉の順番があるんです― 全てのチームに交渉する期間があります チームが順番で交渉をして 相手を変えながら交渉を進めていくのです 1日で全チームを相手に交渉することになります 数日後、この主要国家が 軍事攻撃を行って 全世界を征服しようと計画している という事がわかったんです もし、彼らが燃料供給が行われていれば、です この子は各国の進路や情勢、意図を 私たちよりもずっと早く見抜いていて 何が起こるか理解していた そして、平和ゲームの中で攻撃するという 哲学的な決定を下したのです

今、彼女は大規模な戦争を防ぐために小規模な戦争をしました そこで私たちは立ち止まって、 これは正しいのか、この状態は良いのか悪いのか についてとても哲学的な議論をしたのです これがこの状況で子供達に考えてもらいたい事です 私はこの事を前もって計画して教えることはできなかった 子供たちの英知によって自発的に生じた事です

(拍手)

もう一つ美しいことがありました ゲームでは手紙を使えます 軍司令官だったら、軍を遂行します 小さなプラスチックのおもちゃです―それを失くしたら 私は手紙を使います こうなったら彼の両親に手紙を書かなくてはなりません― 想像上の両親と軍隊の話しです― 追悼の意を含む手紙を書かせます。 すると攻撃に出る前に 少しは考えるようになるのです するとあるときのことです 実際には昨夏です アルベマール郡アグノーハート校で 軍司令官の一人が立ち上がり、追悼文を読もうとした時、 1人の生徒が、「ハンター先生、 後ろにいる親に頼んでみようよ」といいました その日は授業参観で、教室の後ろには親御さんがいました 「あのお母さんに頼んでみようよ 現実味がわくからさ」 で、そのお母さんに頼みました。彼女は楽しそうに手紙を取りました 「もちろん」と彼女はいい、読み始めてくれました 彼女は2行読みました 3行目では、彼女は泣きだしました 私も涙が出ました そこにいた全員が 誰かを失えば、勝者だとしても嬉しくはないとわかったんです ただ、全てが敗者だと それは素晴らしい理解力の産物でした

友人デビッドがこの事について何と言ったのかお見せします 彼は何度も戦地に行きました

(映像)ディビッド:人々の攻撃を嫌というほど見てきました 私たちはいつもラッキーだったと思う でも同時に本当におかしいと感じてます なぜなら、孫子の言葉の中に僕は生きているから ある週に孫子はこう言いました 「戦いに行った勝者は 戦いに戻り その敗者は戦いに戻り 勝とうとする」と 僕はこれまでずっと勝ってきた だから何度も何度も戦場に行った 孫子の言葉の中に生きている というのは変かもしれないと思います

ハンター:私はいつもこれを見るとゾクっとします これくらい子供に没頭してもらいたいと思っていました 計画や設計は出来ないですし テストさえもできません しかし、これは分かりきった評価です これは純粋な学びの評価だとわかっています 私たちは多くのデータがあります。しかし、何が本当に起こっているか 知る事で予定外の事が起こることもあります

三つ目の話をしましょう 私の友人、ブレナンに関するものです 放課後の一時間でゲームをし、 およそ7週間という間をかけ、この課題に取り組みました 50もの込み入った危機を解決したんです 50個の問題が解決され、 各国の資産価値は、 初めの地点よりあがらないとゲームは終わりません 裕福な国、貧乏な国もあります。何十億もです その時、世界銀行の総裁は3年生でした 彼は「兆はゼロがいくつですか?今すぐに計算しないといけない」と言いました その時彼は、一緒にこのゲームをしていた高校生と 財政政策を作っていたんです

なので、最貧国のチームは さらに貧しくなった 彼らがこのゲームに勝つことは無理だった 切り上げ時間の4時が近づいていました 1分くらいしかなかった― 教室に絶望が広がっていました 私は、自分が教師として失格だと思いました 彼らが勝てるようにすればよかったんです 彼らはこんな風に失敗すべきではなかった この失敗は私のせいです とても悲しく、投げ出されたような感覚を覚えたのです 突然、ブレナンが私の椅子まで来て 議会再開の 合図をするベルを持って、彼の席まで戻り、 ベルを鳴らしたのです 皆は彼の椅子の周りにより、 叫び、わめき、書類をなびかせていました この書類は機密書類でした 挙句の果てには走りまわる子まで出たのです 彼らが何をしているのか分からなくなり、うまく統制できませんでした 校長が教室に入ってきて、何もできなくなりました ただ、親御さんは窓を見るばかりです

すると、ブレナンが席に戻り、皆はそれぞれの席に戻りました 彼は再びベルを鳴らし、「僕たちは― そして残りは12秒です 「私たちはそれぞれの国家の基金を統括し、 六千億ドルになるお金を集めました これを貧困国に寄付することにします 彼らが受けいれれば、彼らの資産価値を上げられ、ゲームが終わります 受けいれますか」と言いました 残り3秒です みんなの視線は最貧国の首相に注がれました 彼は「はい」といい ゲームは終結したのです 彼らの自発的な情熱は 予期せぬところから 予期せぬ形でやってきたのでした

全てのゲームは全く違うものです 社会問題、 経済問題、 戦争行為に関するゲームもあります 私は人間であるという現実を否定しようとしません 子供たちにその場に行かせ 経験することで、子供たちが間違っていると思うことを どうやってやらないかを無血の方法で学ぶのです 子供たちは自分達の方法で 何が正しいのか理解するのです このゲームで私も 本当に多くの事を学びました しかし、私は思います もし 子供たちが分析力と 発想力を 自らで引き出せ、 より良い世界のために使うのなら 子供たちは私たちを救えるかもしれない そうなってほしいと願います

これまで私に関わった頂いた方のおかげで 今この場所に立たせえて頂いたこと、 深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画