TED日本語 - アルヴィン・アービー: 子ども達が生涯の読書家になるために

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アメリカの教育省によると、4年生の黒人男子のうち85パーセント以上に読む力が十分身に付いていません。全ての子ども達がよく読めるようになるにはどのような読書体験をさせればよいでしょうか?教育者であり著者であるアルヴィン・アービー氏はこのトークを通して、私たちに読み方の指導を考え直させ、多くの黒人の子ども達が直面する読書の課題を説明します。そして、全ての子ども達が読者としての意識を持てるように、文化的配慮のできる教育者が何をするかを教えてくれます。

Script

小学校教師だった母は 私に読解力をつけさせようと 全力を尽くしました 週末は大抵 友達は外で遊んでいても 私は食卓で 読書のレッスンを受けていました 読解力は向上しましたが 強制的な読書レッスンで 本を好きにはなれませんでした

高校で事態は一変しました 高校1年生の普通英語クラスは 短編小説とスペルのテストで 退屈きわまりなく 私は他のクラスへの変更を願い出て 次の学期には 上級英語クラスに移りました

(笑)

その学期に小説2篇を読み そのレポートを書きました この2つの英語のクラスは 内容にも厳しさにも違いがあり 私は憤りを感じ こんな疑問が口をつきました 「この白人生徒は どこから来たんだ?」

(笑)

私の高校は7割以上が 黒人かラテン・アメリカ系ですが 上級英語クラスは白人ばかりでした この制度化された人種差別に 個人的に遭遇して 私の読書との関係は一変しました 私が知る必要のある事は 学校や先生や カリキュラムは教えてくれない そう学びました そして知識人というより むしろ反乱者として いつ何を読もうが 他人の指図は受けないと 心に決めたのです そしていつの間にか 思いがけず子ども達の読書を 助けるヒントに出くわしました アイデンティティです

読解スキルに気をとられて 生徒を 一つのレベルから 他のレベルへと移行させたり 読書が苦手な生徒に見慣れない単語を 暗記させたりするのではなく 私たちは自らこう問うべきです どうしたら 子ども達に 読者としての 自覚を持つよう奮起させられるのか?

デショーンは私がブロンクスで教えた 聡明な1年生で どのようにアイデンティティが 学びを形作るか 私の理解を助けてくれました ある日 算数の時間に デショーンに近づき こう言いました 「デショーン 君は優秀な数学者だね」 すると彼は私を見てこう言いました 「僕は数学者じゃなくて 数学の天才さ!」

(笑)

そうかデショーン でも読み方は? 全く別の話です 「アービー先生 僕読めません 絶対 読めるようにならない」 彼はそう言いました 私は彼に読書を教えましたが 読めないままの 黒人の子どもがたくさんいます アメリカ教育省によると 黒人男子 4年生の 85パーセント以上は 読むことに堪能ではありません 85パーセントですよ! 子どもが読書に困難を覚えれば覚えるほど 教育者には より文化的に配慮のできる 能力が必要です 過去8年間に渡る お笑い芸人アルバイトの経験から 私には文化的配慮の重要性が分かります それは あなたが 他の誰かに知ってもらいたいことや できるようになってほしいことを 適切で関心を引くような意思疎通や経験に 置き換える能力だと定義します ステージに上がる前 私は聴衆を見渡し判断します 彼らは白人かラテン・アメリカ系か? 年配か若者か 専門家か保守派か? それから最も笑いを取れるように ジョークを選んで修正します 教会でお笑い芸をする時 バージョークは使えますが 笑いは取れないかもしれません

(笑)

社会で 私たちが 子ども達に経験させている読書は 教会でのバージョークと同じです それで こんなに多くの子ども達が 読書をしないと不思議がります 教育者であり哲学者である パウロ・フレイレは 教えることと学ぶことは 双方向の関係であると信じていました 生徒は 事実で満たされる為の 空のバケツのようにではなく 知識の共同制作者として認識されるべきです

大量生産のカリキュラムや学校の方針は 生徒を寡黙な像のように座らせ 静寂の中で作業をさせます このような環境はしばしば 子供の学習ニーズや興味 得意なことを排除してしまいます 特に黒人男子ではそうです

黒人男子を対象とした多くの児童書は 奴隷制度や公民権や伝記など 深刻なトピックばかりです アメリカの黒人男性教師は 2パーセント未満で 多くの黒人男子は母子家庭で育ちます 黒人男子達は 黒人男性が読書する姿を 本当に見たことがないのです 黒人男性から読書するよう 励まされたこともありません どんな文化的要因や 社会的きっかけがあれば 黒人男子は 読書をすべきだという 結論に達するのでしょう?

こんな訳で 私は「理髪店の本屋さん」を 立ち上げました それは読解能力の育成を目指す 非営利組織で 子どもが利用しやすい読書スペースを 理髪店に設置します 使命は単純です 黒人男子に読者としての 自覚を促すのです 多くの黒人男子は 月に一度か二度 理髪店に行きます 中には自分の父親に会うよりも頻繁に 理髪店に行く子もいます 「理髪店の本屋さん」は 読書と 男性中心の空間を結び付け 黒人男性を 少年の早期読書経験に巻き込みます このアイデンティティに基づいた 読書プログラムは 黒人男子が推薦する児童書の 人気リストを使用します これらは 彼らが実際に読みたい本です

スカラスティック社の「2016年版 キッズ・アンド・ファミリーレポート」によると 子どもが本を選ぶ第一条件は その本が笑えるかどうかです もし私たちが本気で 黒人男子や他の子ども達の 強制されない読書を助けたいなら 適切な男性を読書の模範として 早期の読解力達成に 取り入れる必要があります 大人が特に好むいくつかの児童書を 面白く、馬鹿げた、『グロス・グレッグ』 のような気持ち悪い本と取り替えます

(笑)

「君はそれを鼻くそというけど グレッグは美味しい砂糖菓子というよ」

(笑)

その笑い その前向きな反応です それと今何人かがお見せになった 気持ち悪いという反応

(笑)

黒人男子にも 同じように感じる機会が もっと与えられるべきです

アメリカの教育制度をむしばむ 野蛮な不平等を廃止するには 全ての子ども達に もっと読書の機会を与え 彼らが こう言えるように 激励しなければなりません 「私は読書家です」

ありがとうございました

(拍手)

As an elementary school teacher, my mom did everything she could to ensure I had good reading skills. This usually consisted of weekend reading lessons at our kitchen table while my friends played outside. My reading ability improved, but these forced reading lessons didn't exactly inspire a love of reading.

High school changed everything. In 10th grade, my regular English class read short stories and did spelling tests. Out of sheer boredom, I asked to be switched into another class. The next semester, I joined advanced English.

(Laughter)

We read two novels and wrote two book reports that semester. The drastic difference and rigor between these two English classes angered me and spurred questions like, "Where did all these white people come from?"

(Laughter)

My high school was over 70 percent black and Latino, but this advanced English class had white students everywhere. This personal encounter with institutionalized racism altered my relationship with reading forever. I learned that I couldn't depend on a school, a teacher or curriculum to teach me what I needed to know. And more out of like, rebellion, than being intellectual, I decided I would no longer allow other people to dictate when and what I read. And without realizing it, I had stumbled upon a key to helping children read. Identity.

Instead of fixating on skills and moving students from one reading level to another, or forcing struggling readers to memorize lists of unfamiliar words, we should be asking ourselves this question: How can we inspire children to identify as readers?

DeSean, a brilliant first-grader I taught in the Bronx, he helped me understand how identity shapes learning. One day during math, I walk up to DeSean, and I say, "DeSean, you're a great mathematician." He looks at me and responds, "I'm not a mathematician, I'm a math genius!"

(Laughter)

OK DeSean, right? Reading? Completely different story. "Mr. Irby, I can't read. I'm never going to learn to read," he would say. I taught DeSean to read, but there are countless black boys who remain trapped in illiteracy. According to the US Department of Education, more than 85 percent of black male fourth graders are not proficient in reading. 85 percent! The more challenges to reading children face, the more culturally competent educators need to be. Moonlighting as a stand-up comedian for the past eight years, I understand the importance of cultural competency, which I define as the ability to translate what you want someone else to know or be able to do into communication or experiences that they find relevant and engaging. Before going on stage, I assess an audience. Are they white, are they Latino? Are they old, young, professional, conservative? Then I curate and modify my jokes based on what I think would generate the most laughter. While performing in a church, I could tell bar jokes. But that might not result in laughter.

(Laughter)

As a society, we're creating reading experiences for children that are the equivalent of telling bar jokes in a church. And then we wonder why so many children don't read. Educator and philosopher Paulo Freire believed that teaching and learning should be two-way. Students shouldn't be viewed as empty buckets to be filled with facts but as cocreators of knowledge.

Cookie-cutter curriculums and school policies that require students to sit statue-still or to work in complete silence -- these environments often exclude the individual learning needs, the interest and expertise of children. Especially black boys.

Many of the children's books promoted to black boys focus on serious topics, like slavery, civil rights and biographies. Less than two percent of teachers in the United States are black males. And a majority of black boys are raised by single mothers. There are literally young black boys who have never seen a black man reading. Or never had a black man encourage him to read. What cultural factors, what social cues are present that would lead a young black boy to conclude that reading is even something he should do?

This is why I created Barbershop Books. It's a literacy nonprofit that creates child-friendly reading spaces in barber shops. The mission is simple: to help young black boys identify as readers. Lots of black boys go to the barber shop once or twice a month. Some see their barbers more than they see their fathers. Barbershop Books connects reading to a male-centered space and involves black men and boys' early reading experiences. This identity-based reading program uses a curated list of children's books recommended by black boys. These are the books that they actually want to read.

Scholastic's 2016 Kids and Family Report found that the number one thing children look for when choosing a book is a book that will make them laugh. So if we're serious about helping black boys and other children to read when it's not required, we need to incorporate relevant male reading models into early literacy and exchange some of the children's books that adults love so much for funny, silly or even gross books, like "Gross Greg" .

(Laughter)

"You call them boogers. Greg calls them delicious little sugars."

(Laughter)

That laugh, that positive reaction or gross reaction some of you just had,

(Laughter)

black boys deserve and desperately need more of that.

Dismantling the savage inequalities that plague American education requires us to create reading experiences that inspire all children to say three words: I'm a reader.

Thank you.

(Applause)

As an elementary school teacher,/ my mom did everything/ she could to ensure I had good reading skills.//

小学校教師だった母は 私に読解力をつけさせようと 全力を尽くしました

This usually consisted of weekend reading lessons/ at our kitchen table/ while my friends played outside.//

週末は大抵 友達は外で遊んでいても 私は食卓で 読書のレッスンを受けていました

読解力は向上しましたが 強制的な読書レッスンで 本を好きにはなれませんでした

High school changed everything.//

高校で事態は一変しました

In 10th grade,/ my regular English class read short stories/ and did spelling/ tests.//

高校1年生の普通英語クラスは 短編小説とスペルのテストで

Out of sheer boredom,/ I asked to be switched into another class.//

退屈きわまりなく 私は他のクラスへの変更を願い出て

The next semester,/ I joined advanced English.//

次の学期には 上級英語クラスに移りました

(笑)

We read two novels/ and wrote two book reports/ that semester.//

その学期に小説2篇を読み そのレポートを書きました

The drastic difference and rigor/ between these two English classes angered me/ and spurred questions like,/ "Where did all these white people come from?"//

この2つの英語のクラスは 内容にも厳しさにも違いがあり 私は憤りを感じ こんな疑問が口をつきました 「この白人生徒は どこから来たんだ?」

(笑)

My high school was over 70 percent black and Latino,/ but this advanced English class had white students everywhere.//

私の高校は7割以上が 黒人かラテン・アメリカ系ですが 上級英語クラスは白人ばかりでした

This personal encounter/ with institutionalized racism altered my relationship/ with reading forever.//

この制度化された人種差別に 個人的に遭遇して 私の読書との関係は一変しました

I learned/ that I couldn't depend on a school,/ a teacher or curriculum to teach me/ what I needed to know.//

私が知る必要のある事は 学校や先生や カリキュラムは教えてくれない そう学びました

And more/ out of like, rebellion,/ than being intellectual,/ I decided/ I would no longer allow other people/ to dictate/ when and what I read.//

そして知識人というより むしろ反乱者として いつ何を読もうが 他人の指図は受けないと 心に決めたのです

And without realizing it,/ I had stumbled upon a key/ to helping children read.//

そしていつの間にか 思いがけず子ども達の読書を 助けるヒントに出くわしました

アイデンティティです

Instead of fixating on skills/ and moving students/ from one reading level/ to another,/ or forcing struggling readers to memorize lists of unfamiliar words,/ we should be asking ourselves/ this question:/ How can we inspire children/ to identify as readers?//

読解スキルに気をとられて 生徒を 一つのレベルから 他のレベルへと移行させたり 読書が苦手な生徒に見慣れない単語を 暗記させたりするのではなく 私たちは自らこう問うべきです どうしたら 子ども達に 読者としての 自覚を持つよう奮起させられるのか?

DeSean,/ a brilliant first-grader/ I taught in the Bronx,/ he helped me/ understand/ how identity shapes learning.//

デショーンは私がブロンクスで教えた 聡明な1年生で どのようにアイデンティティが 学びを形作るか 私の理解を助けてくれました

One day/ during math,/ I walk up/ to DeSean,/ and I say,/ "DeSean,/ you're a great mathematician."//

ある日 算数の時間に デショーンに近づき こう言いました 「デショーン 君は優秀な数学者だね」

He looks at me/ and responds,/ "I'm not a mathematician,/ I'm a math genius!"//

すると彼は私を見てこう言いました 「僕は数学者じゃなくて 数学の天才さ!」

(笑)

OK DeSean,/ right?//

そうかデショーン

Reading?//

でも読み方は?

Completely different story.//

全く別の話です

"Mr. Irby,/ I can't read.//

「アービー先生 僕読めません

I'm never going to learn/ to read,/"/ he would say.//

絶対 読めるようにならない」 彼はそう言いました

I taught DeSean/ to read,/ but there are countless black boys/ who remain trapped in illiteracy.//

私は彼に読書を教えましたが 読めないままの 黒人の子どもがたくさんいます

According/ to the US Department of Education,/ more than 85 percent of black male fourth graders are not proficient/ in reading.//

アメリカ教育省によると 黒人男子 4年生の 85パーセント以上は 読むことに堪能ではありません

85 percent!//

85パーセントですよ!

The more challenges/ to reading children face,/ the more culturally/ competent educators need to be.//

子どもが読書に困難を覚えれば覚えるほど 教育者には より文化的に配慮のできる 能力が必要です

Moonlighting/ as a stand-up comedian/ for the past eight years,/ I understand the importance of cultural competency,/ which I define as the ability/ to translate/ what you want someone else/ to know or be able to do into communication or experiences/ that they find relevant and engaging.//

過去8年間に渡る お笑い芸人アルバイトの経験から 私には文化的配慮の重要性が分かります それは あなたが 他の誰かに知ってもらいたいことや できるようになってほしいことを 適切で関心を引くような意思疎通や経験に 置き換える能力だと定義します

Before going on stage,/ I assess an audience.//

ステージに上がる前 私は聴衆を見渡し判断します

Are they white,/ are they Latino?//

彼らは白人かラテン・アメリカ系か?

Are they/ old, young, professional, conservative?//

年配か若者か 専門家か保守派か?

Then/ I curate and modify my jokes/ based/ on what I think would generate the most laughter.//

それから最も笑いを取れるように ジョークを選んで修正します

While performing in a church,/ I could tell bar jokes.//

教会でお笑い芸をする時 バージョークは使えますが

But that might not result in laughter.//

笑いは取れないかもしれません

(笑)

As a society,/ we're creating/ reading experiences/ for children/ that are the equivalent of telling bar jokes/ in a church.//

社会で 私たちが 子ども達に経験させている読書は 教会でのバージョークと同じです

And then/ we wonder/ why so many children don't read.//

それで こんなに多くの子ども達が 読書をしないと不思議がります

Educator/ and philosopher Paulo Freire believed/ that teaching and learning should be two-way.//

教育者であり哲学者である パウロ・フレイレは 教えることと学ぶことは 双方向の関係であると信じていました

Students shouldn't be viewed as empty buckets/ to be filled with facts/ but/ as cocreators of knowledge.//

生徒は 事実で満たされる為の 空のバケツのようにではなく 知識の共同制作者として認識されるべきです

Cookie-cutter curriculums/ and school policies/ that require students/ to sit statue-still/ or to work in complete silence --/ these environments often exclude the individual learning needs,/ the interest and expertise of children.//

大量生産のカリキュラムや学校の方針は 生徒を寡黙な像のように座らせ 静寂の中で作業をさせます このような環境はしばしば 子供の学習ニーズや興味 得意なことを排除してしまいます

特に黒人男子ではそうです

Many of the children's books promoted to black boys focus on serious topics,/ like slavery, civil rights and biographies.//

黒人男子を対象とした多くの児童書は 奴隷制度や公民権や伝記など 深刻なトピックばかりです

Less/ than two percent of teachers/ in the United States are black males.//

アメリカの黒人男性教師は 2パーセント未満で

And a majority of black boys are raised by single mothers.//

多くの黒人男子は母子家庭で育ちます

There are literally young black boys/ who have never seen a black man reading.//

黒人男子達は 黒人男性が読書する姿を 本当に見たことがないのです

Or never had/ a black man encourage him/ to read.//

黒人男性から読書するよう 励まされたこともありません

What cultural factors,/ what social cues are present/ that would lead a young black boy/ to conclude/ that reading is even something/ he should do?//

どんな文化的要因や 社会的きっかけがあれば 黒人男子は 読書をすべきだという 結論に達するのでしょう?

This is/ why I created Barbershop Books.//

こんな訳で 私は「理髪店の本屋さん」を 立ち上げました

It's a literacy nonprofit/ that creates child-friendly reading spaces/ in barber shops.//

それは読解能力の育成を目指す 非営利組織で 子どもが利用しやすい読書スペースを 理髪店に設置します

The mission is simple:/ to help young black boys identify/ as readers.//

使命は単純です 黒人男子に読者としての 自覚を促すのです

Lots of black boys go to the barber shop once or/ twice a month.//

多くの黒人男子は 月に一度か二度 理髪店に行きます

Some see their barbers/ more/ than they see their fathers.//

中には自分の父親に会うよりも頻繁に 理髪店に行く子もいます

Barbershop Books connects reading/ to a male-centered space/ and involves black men and boys/' early reading experiences.//

「理髪店の本屋さん」は 読書と 男性中心の空間を結び付け 黒人男性を 少年の早期読書経験に巻き込みます

This identity-based reading program uses a curated list of children's books recommended by black boys.//

このアイデンティティに基づいた 読書プログラムは 黒人男子が推薦する児童書の 人気リストを使用します

These are the books/ that they actually want to read.//

これらは 彼らが実際に読みたい本です

Scholastic's 2016 Kids and Family Report found/ that the number one thing children look for when choosing a book is a book/ that will make them laugh.//

スカラスティック社の「2016年版 キッズ・アンド・ファミリーレポート」によると 子どもが本を選ぶ第一条件は その本が笑えるかどうかです

So/ if we're serious/ about helping black boys/ and other children/ to read/ when it's not required,/ we need to incorporate/ relevant male reading models/ into early literacy and exchange/ some of the children's books/ that adults love so much/ for funny,/ silly or/ even gross books,/ like "Gross Greg" .//

もし私たちが本気で 黒人男子や他の子ども達の 強制されない読書を助けたいなら 適切な男性を読書の模範として 早期の読解力達成に 取り入れる必要があります 大人が特に好むいくつかの児童書を 面白く、馬鹿げた、『グロス・グレッグ』 のような気持ち悪い本と取り替えます

(笑)

"You call them/ boogers.// Greg calls them/ delicious little sugars."//

「君はそれを鼻くそというけど グレッグは美味しい砂糖菓子というよ」

(笑)

That laugh,/ that positive reaction/ or gross reaction/ some of you just had,/ (Laughter)/

その笑い その前向きな反応です それと今何人かがお見せになった 気持ち悪いという反応 (笑)

black boys deserve/ and desperately need more of that.//

黒人男子にも 同じように感じる機会が もっと与えられるべきです

Dismantling the savage inequalities/ that plague/ American education requires us/ to create reading experiences/ that inspire all children/ to say three words:/ I'm a reader.//

アメリカの教育制度をむしばむ 野蛮な不平等を廃止するには 全ての子ども達に もっと読書の機会を与え 彼らが こう言えるように 激励しなければなりません 「私は読書家です」

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

elementary school

小学校

mom

=mother

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

consist

《『consist of』+『名』》〈団体・物・事が〉(…から)『成る』,(…で)成り立っいる受動態にできない;

《『consist in』+『名』(do『ing』)》〈事の本質が〉(…に)ある,含まれている(受動態にできない)

《『consist with』+『名』》〈事柄が〉(…と)一致する,両立する

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

kitchen

『台所』,調理場

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

short story

短編小説

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

sheer

(織物などが)『透けるほど薄い』

『純然たる』,完全な

『垂直に近い』,切り立った

完全に,全く

垂直に,険しく

boredom

退屈;〈C〉退屈なこと

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

semester

(米国・ドイツなどの大学の二学期制の)一学期,前(後)期(通例15‐18週)

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

laughter

『笑い』,笑い声

novel

『新奇な』,ざん新な

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

drastic

思い切った,徹底的な

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

spur

『拍車』

(…に対する)『刺激』,激励《+『to』(『for』)+『名』》

拍車状のもの,(鶏などの)けづめ,(植物の)距(きょ)

(山などの)支脈

(行き止まり)支線

〈馬〉‘に'拍車を当てる《+『on』+『名』,+『名』+『on』》

〈人〉‘を'かり立てる:《『spur』+『名』+『to』(『into』)+『名』…に…をかり立てる》

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

Latino

ラテンアメリカ系のアメリカ市民

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

racism

民族主義,民族的優越感;人種差別

民族主義政策(体制)

alter

(形・性質などの点で)…'を'変える,改める

変わる,改まる

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

curriculum

(学校の)教科課程

rebellion

(統治者・政府に対する)『反乱』,(権威に対する)反抗《+『against』+『名』》

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

dictate

(人に)〈文章など〉‘を'『書き取らせる』,口述する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'命じる,命令する,指図する:《『dictate』+『名』+『to』+『名』…を…に命じる》

(人に)書き取らせる,口述する《+『to』+『名』》

(…に)命令する,指図する《+『to』+『名』》

(権威ある)命令;(良心などの)命じるところ

stumble

(…に)『つまずく』,とろける《+over(on)+名》

《副詞[句]を伴って》『よろめきながら歩く』よろよろする

『どもる』,とちる;(言葉に)つかえる《+over(at)+名》

《文》まちがいをする,へまをする;(道徳的な)過ちを犯す

(…を)偶然見つける《+on(upon, across)+名(doing)》

つまずき,よろめき

まちがい,へま

upon

『…の上に』

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

instead

『その代りとして』,それよりも

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

unfamiliar

『よく知らない』,未知の見慣ない,聞き慣ない

《補語にのみ用いて》(物事を)よく知らない,未知の《+with+名》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

Bronx

ブロンクス(New York市5区中の北部の区)

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

mathematician

数学者

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

completely

『完全に』,全く,十分に

countless

数えきれないほどの無数の(innumerable)

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

illiteracy

無知,無教育

文盲

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

grader

等級をつける人

《米》(小・中・高を通しての)…学年生

=road grader

proficient

熟練した,上達した,堪能な;(…に)熟練した《+『in(at)』+『名』(do『ing』)》

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

competent

『有能な』,能力ある;適任の

(要求を満たすのに)十分な,満足できる

(役所・役人・証人などが)権限(資格)を持つ

educator

教育者,教師

教育学者

comedian

喜劇俳優,コメディアン

客を笑わせる芸人

(一般に)こっけいな人,おどけ者

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

competency

=competence

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

engaging

人を引き付ける,魅力のある

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

assess

(課税額を決定するために)(…の金額に)〈財産・収入など〉'を'評価する,査定する《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈税金・料金など〉'を'課する,割り当てる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

…'を'評価する,判断する

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

conservative

(人・考え方などが)『保守的な』・保守主義の

《C-》保守党の

(見積もり,評価などが)控え目の,穏健な,慎重な

保守的な人,保守主義者

《C-》保守党員

curate

(おもに英国国教会の)牧師補,副牧師(rectorまたはvicarの助手または代理);(カトリックの)助任司祭

modify

旨‘を'『修正する』,変更する

…‘を'加滅する,緩和する

〈語・句・節が〉…‘を'修飾する,限定する

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

two-way

両面交通の

(ラジオなど)(送信・受信)2方向の

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

bucket

『バケツ,手おけ』;(井戸の)つるべ

バケツ状の物;(水車・タービンなどの)水受け;(ポンプの)吸い子

バケツ1杯(の…)(bucketful)《+『of』+『名』》

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

exclude

(…から)…‘を'『除外する』,除く《+『名』+『from』+『名』》

〈見込み・可能性・疑いの余地など〉‘を'全く許さない

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

especially

『特に』,特別に;きわだって

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

slavery

『奴隷制度』;奴隷の身分,奴隷の状態

(欲望・悪習などの)とりこになっていること《+『to』+『名』》

骨の折れる仕事,つらい労働

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

cue

きっかけ(俳優の登場またはせりふの合図),(せりふの)渡し文句

(行動の)きっかけ,合図

…‘に'きっかけ(指示)を与える

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

barbershop

《米》理髪店,理容店《英》barber's [shop])

literacy

読み書きする能力

nonprofit

非営利的な

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

barber

『理髪師』,理容師(hairdresser)

〈人〉'を'散髪する

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

recommend

…‘を'『推薦する』,推奨する

〈事〉‘を'『勧める』,勧告する

〈物事が〉…‘を'好ましてものにする,‘の'とりえとなる

(神などに)…‘を'ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

scholastic

《名詞の前にのみ用いて》学校の,教育の

《名詞の前にのみ用いて》スコラ学の

学者ぶった

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

incorporate

〈事業など〉‘を'法人[組織]にする

(…に)…‘を'合併する,編入する,組み入れる,加入させる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》,(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

〈団体などが〉(…と)合併する,一体となる《+『with』+『名』》

法人[組織]の

合併した,一体となった

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

gross

『全体の,総計の』(entire)

(人が)太りすぎた,でぶの

粗野な,下品な(vulgar)

(食物が)粗悪な

(誤り・誤解などが)はなはだしい,全くひどい(very bad)

(植物が)はびこった,伸びほうだいの…(霧などが)濃い,密な

グロス(12ダース,144個)

《the~》《文》全体;大部分

…の総利益をあげる

delicious

『おいしい』

香りのよい

喜ばしい,快い

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

dismantle

…‘の'装備(設備)を撤巨する;(装備を)…‘から'取り除く《+『名』+『of』+『名』》

…‘を'取り壊す,解体する

savage

(人・動物・行為などが)『残忍な』,どう猛な

『野蛮な』,未開の

(動物が)野生の,飼い慣らされていない

『未開人』,野蛮人

残酷(残忍)な人

無作法な人

〈動物が〉…‘に'襲いかかってかみつく

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

plague

(死亡率の高い)『疾病』,流行病,悪疫;《the ~》(特に)ペスト

(広い地域に及ぶ)(…の)災い,災難,(いやなものが)はびこること《+『of』+『名』》

《話》やっかいな人(もの),悩みの種

(…で)…‘を'『悩ます』《+『名』+『with』+『名』(do『ing』)》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画