TED日本語 - マイケル・キンメル: なぜジェンダー平等が皆のためになるか ― 男性を含めて

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ええ、私たちはそれが正しいことだということはわかっています。けれどマイケル・キンメルは、職場と家庭で男性と女性を平等に扱うことについて、意表をつきユーモアを交えながら、実際的に論証してくれます。ジェンダー平等は、ゼロサム・ゲームではなくウィンウィンであり、男女双方にとって、より多くの機会が得られ、より幸福な結果となるのです。

Script

私は 男性たちにジェンダー平等を 支援しようと訴えに来ました

(歓声)

ちょっと待って 何だって? 男性とジェンダー平等に 何の関係があるの? ジェンダー平等は女性の活動だし ジェンダーという言葉は 女性のものだろう? 実は 私はまさに中流の 白人男性としてここで話をしていますが

常に 中流白人男性というわけでは ありませんでした すべては私が大学院生だった 約30年前に起こりました ある日 私たち院生が集まり こんな話をしました 「フェミニスト理論に関する 論文や考察が 激増しているけれど その為の講座は まだないよね」 そこで院生が しそうな事を 私たちもやる事にしました 「じゃあ 勉強会を開こうよ 文献を読んで それについて話し合って 持ち寄り夕食会をやろう

(笑)

そこで 毎週 私は女性11名と 会を開いたのです

(笑)

フェミニスト理論の文献を読み それについて 話し合いました そこで交わされた会話の中で 私のその後の人生を変えた あるやり取りを目にしたのです それは女性二人の会話でした 一人は白人で もう一人は黒人でした 白人女性は言いました ― 今ではアナクロに聞こえるでしょうが ― 「女性は皆 女性であるが為に 同じ苦難に直面し 同様の制約を課され 家父長制度の環境下に置かれているわ だから女性は皆 直感的に団結したり 同志の連携を図ったりしているのよ」 すると 黒人女性が言いました 「そうかしら ちょっと訊きたいんだけど」 その黒人女性は 白人女性に言いました 「あなたは 朝起きて鏡を見ると 何が見える?」 「女性が見えるわ」と答えると 黒人女性は言いました 「そこが問題なのよ だって私が 朝起きて鏡を見ると 黒人女性が見えるのよ 人種は 私の目には見えるけれど あなたの目には見えないものなの」 彼女は実に ドキリとする事を言ったのです 「それが特権というものよ 特権は それを持つ人には見えないの」 この部屋にいる 白人の皆さんに言いますが 日常で 一瞬でも人種の事を考えずに済むのは 贅沢な事なのです 特権を持っている人には それが見えません

私はそこで唯一の男性でしたよね その場にいた私は 「まずい」と思いました

(笑)

誰かが言いました「その反応は何よ」 私は言いました 「えーと 僕が朝起きて鏡を見ると ヒトが見えるよ 僕はなんというか一般人なんだ そう 僕は中流の白人男性で 人種も社会階級も性別も関係ないんだ 僕は普遍的に普通なんだよ」

(笑)

その瞬間 私は 中流の白人男性になったのだと思えます 階級や人種や性別は 他の人のことではなく 自分のことだったのです 私は考え始めるようになりました それはずっと長い間 自分には 見えなかった特権だったのです

この話は30年前に 小さな討論グループの中で 終わったと言いたいのですが つい最近 私が教える大学で このことを思い出したのです 私は同僚の女性と共に ジェンダーコースの社会学を 学期交代で教えています 私が教える時は 彼女がゲスト講師になり 彼女の番では 私が講師をします 私はゲスト講義をするために 彼女のクラスへ行きました 教室には300名ほど学生がいて 私が教室に入ると 学生の一人が 顔をあげて言ったのです 「やっと客観的な意見が聞ける」

その学期中 私の同僚が口を開くたび 学生たちが見ていたのは女性でした 学生たちに こう言うとします 「合衆国には ジェンダーに起因する 構造的な不平等が存在します」 すると学生は言います 「先生は女性で 偏見があるからね」 私が同じことを言えば 学生は 「へえ 興味深いね テストにでるかな? 『構造的な』 のスペルは?」

(笑)

客観性とはどういうことなのか これで皆さんに 分かって頂ければと思います

(笑) (拍手)

肉体のない西洋的合理性です

(笑)

又 だから男性がネクタイを 身につけるのだと思います

(笑)

肉体のない西洋的合理性に 肉体を与えようとするなら 記号が必要なのです そして肉体のない 西洋的合理性の記号となるのに 一端が首吊りロープで他の端が 性器を指す 装いは最適ですね

(笑) (拍手)

そこには 心身二元論があります

ですから 男性にも ジェンダーを見えるようにする事は ジェンダー平等の支援に 男性を巻き込む最初の一歩です

男性が最初に ジェンダー平等について知り それについて考え始める時 多くの男性が こう思いがちです うん それは 適正だし 公平だし 公正だ それは倫理的規範だよ」と でも全員がそうではありません 稲妻に打たれたかのように こう考える男性もいます 「そうだ ジェンダー平等が大切だ」 そして直ちに 女性の抑圧についての ご大層な解説を始めるのです キリストの処刑を見守るかのように ジェンダー平等の支援について語ります 「気づきの機会をありがとう 女性の皆さん ここからは 僕らの出番だ」 私はこの症状に「若年性自画自賛症候群」 と命名したいと思います

(笑) (拍手)

しかし あからさまにジェンダー平等に 反発するグループもあり ジェンダー平等は男性に何か 有害なものをもたらすと思っています 私はテレビのトークショーで 4人の白人男性の相手をしました これが私の著書 『怒れる白い男』の始まりです 4人の白人男性が アメリカの白人男性は 職場における ― 「逆差別の被害者だ」と言って 怒っていました 自分たちがいかに仕事に適し 昇進にふさわしいかを 皆ぶちまけていました 皆 昇進を手にできず 心底怒ったのです 私がこの話をしているのは この番組の題名を 皆さんに知って欲しいからです それは その男性の一人の言葉から 取ったもので 「黒人女性が私の仕事を盗んだ」でした 彼らは皆 自分の話をしました 仕事や昇進に適任だったのに 適わず激怒していました 私が話す番になりました 私は言いました「一つ伺いたいのですが 『黒人女性が私の仕事を盗んだ』 という この番組の題名についてです この題名の中の 『私の』 という単語について知りたいのです なぜ 『あなたの』 仕事 だと思ったんですか? なぜ題名が 『黒人女性がその仕事に就いた』 とか 『黒人女性がある仕事に就いた』 じゃないんですか?」 私たちは 男性の権利意識を直視しないことには 多くの男性がジェンダー平等に 反発する理由が理解できないのです

(拍手)

いいですか これが平らなグランドだと思っていると 何かの政策で傾きを少し変えただけで 「ああ 水が丘を逆流している 私たちに対する逆差別だ」と考えるのです

(笑)

はっきりさせましょう 欧米の白人男性は 世界の歴史における唯一最大の 差別是正プログラムの 受益者なのです それは「世界史」と呼ばれています

(笑) (拍手)

ここまで 私は男性を巻き込む上での 障害をいくつか述べてきました なぜ私たちは ジェンダー平等を 支援すべきなのでしょう 勿論 それが 適正で 公平で 公正だからです しかし それ以上に ジェンダー平等は 男性である 私たちの利益にもなるのです 自分の人生はこうありたいと語る 男性の話に 耳を傾けてみると 実はジェンダー平等こそが 私たちが 望む人生を送る手段なのです

ジェンダー平等は 国家のためになります 多くの調査によれば ジェンダー平等が最も 実践されている国々では 幸福度も高いという結果になっています 単にそれらが全部欧州に あるからではありません

(笑)

欧州の中でも最も ジェンダー平等が進んでいる国は 幸福度のレベルも高いのです

企業のためにもなります カタリスト等のリサーチによると ジェンダー平等が 進んでいる企業ほど 従業員にとって より居心地良く 就業者は より幸せになることが 明確なのです これらの企業の離職率は低く 自然減も少ないです 人員の確保が容易です 定着率も 仕事に対する満足度も高く 生産性も高いのです 企業で 私がよく尋ねられる質問は これです 「このジェンダー平等って 高くつくんじゃないですか?」 私の答は「いいえ 実際 計算しなくちゃいけないのは ジェンダー不平等が 既に どれだけ高くついているかです べらぼうに高いんですよ」 だから これは事業のためになり

さらに男性のためにもなります 私たちが望む人生を送る為に 好ましい事なのです なぜなら 特に若い男性は 著しく変化しています 子どもたちと素晴らしい関係を築いて いきいきと過ごしたいからです 彼らは自分たちのパートナーや 配偶者や妻が 家庭の外で働いて 自分たちと同じように キャリアを 追求する事を望んでいます

この変化の実例を あなた方にお話ししましょう 覚えている方もおられるでしょう 私がずっと若かった時 あるクイズがありました 思い出したときに ハッとするかもしれない ― こんな感じのクイズです

ある男性と彼の息子が 車で高速道路を走っています そしてひどい交通事故に遭い 父親は亡くなります そして息子は 病院の救急治療室に運ばれます 息子が そこに運ばれた時 救急治療室の外科医は その少年を見て言います 「この子の治療はできません 私の息子ですから」 こんなことあり得ますか?

混乱してしまいます 何が何だかわかりません

(笑)

私は16歳の息子と ちょっとした実験をすることにしました 彼にはゲームをしたり テレビを見ながら 家でつるむ友人がたくさんいます このクイズを 彼らに出してみて 変化のレベルを 測定してみようと思ったのです さて 16歳の少年たちは すぐに私の方を向いて言いました 「これはお母さんてことだよね?」 わけありませんね そういうことです 「お父さんが二人ってことかも」 と言った息子は別です

(笑) (拍手)

これは指標で どのくらい 物事が変化したかという目安です 今の若い男性は仕事と家庭のバランスを とる事を望んでいます 彼らはキャリアとケアを双方が受け持つ カップルを目指しています パートナーと共に 仕事と家庭のバランスをとりたいし 父親業もやりたいのです

さてこれで 私たちの関係が 平和主義的になればなるほど 両パートナーは より幸せになると分かります これは心理学者と社会学者から得た かなり説得力のあるデータです ジェンダー平等が ゼロサム・ゲームではなく ウィンウィンだということを 男性に証明するのに 説得力がある データ数だと思います こちらがそのデータです さて男性が仕事と家族のバランスを取ることに 取組み始めると そこで使ってしまいがちな 2つのフレーズがあります 「協力」と「手伝い」です

(笑)

私はもう一歩進んだ提案を したいと思います 一言「シェアしましょう」

(笑)

ここに男性が家事と育児を シェアすれば 子どもたちは学校で うまくいくというデータがあるのです 子どもたちは欠席率が低く 良い成績となっています ADHDと診断されることもなく 彼らは児童精神科医に会うこともなく 薬物治療を受けることもありません

ですから男性が 家事と育児をシェアすれば 子どもは もっとハッピーで健康になるし 男性はそれを望んでいます

男性が家事と育児をシェアすれば 妻はもっとハッピーです 当然ですね それだけではなく より健康です 妻はセラピストに会うこともなく 鬱病だと診断されることもなく 薬物治療を受けることもなく ジムによく行くようになり 結婚満足度が高くなるという 報告があります だから 男性が家事と育児をシェアすれば 妻はより幸福で健康になるのです 男性も勿論それを望んでいます 男性が家事と育児をシェアすれば 男性はもっと健康になります タバコの量は減り 飲酒量も減り 麻薬をやることも減ります ERに運び込まれることもなく 医師に会うのは定期健診のためですし セラピストに会うこともなく 鬱病だと診断されることもなく 処方薬を服用することもありません だから男性が 家事と育児をシェアすれば 男性はより幸福で健康になるのです そうなりたいでしょう?

そして最後に 男性が家事と育児をシェアすれば セックスが増えます

(笑)

これらの4つの興味深い発見の中で どれが『メンズ・ヘルス』誌の 表紙に載ったと思いますか?

(笑)

「家事で彼女がソノ気になる (家事をするのは君だ)」

(笑)

言わせていただきたいのですが これらのデータは 本当に長期間に渡って 集められた事を ここにいる 男性に思い出して欲しいのです だから皆さん こんな風には 言わないで下さい 「ふーん なるほど じゃ 『今夜は』 皿洗いしようかな」 これらのデータは本当に 長期間に渡って集められました 私はとても重要な何かがあると思います 『メンズ・ヘルス』誌が表紙に それを載せた時 こうも書いていました 「この『家事プレイ』が きっと気に入りますよ 」

ここで とても大切なことが分かります ジェンダー平等は 国家のため 企業のため 男性のためになります そして彼らの子どもと パートナーのためです ジェンダー平等は ゼロサム・ゲームではなく 勝ち負けでもありません これは 誰にとっても ウィンウィンなのです 分かっているのは 少年や男性を巻き込まなければ 女性や少女に完全に 力を与えることはできないという事です 分かっている筈です そして私の立場はこうです 私たちが望む生活を送る為に 必要なのは 女性が望む生活を送る必要があると 認める事だと思います

1915年 ニューヨーク5番街で 参政権を求める大きなデモがあった夜 ニューヨークにいるライターが ある雑誌に記事を書きました 記事のタイトルは 「男性の為のフェミニズム」で これはその記事の一行目です 「フェミニズムのおかげで 男性は初めて自由になれるだろう」

ありがとうございました

(拍手)

I'm here to recruit men to support gender equality.

(Cheers)

Wait, wait. What? What do men have to do with gender equality? Gender equality is about women, right? I mean, the word gender is about women. Actually, I'm even here speaking as a middle class white man.

Now, I wasn't always a middle class white man. It all happened for me about 30 years ago when I was in graduate school, and a bunch of us graduate students got together one day, and we said, you know, there's an explosion of writing and thinking in feminist theory, but there's no courses yet. So we did what graduate students typically do in a situation like that. We said, OK, let's have a study group. We'll read a text, we'll talk about it, we'll have a potluck dinner.

(Laughter)

So every week,11 women and me got together.

(Laughter)

We would read some text in feminist theory and have a conversation about it. And during one of our conversations, I witnessed an interaction that changed my life forever. It was a conversation between two women. One of the women was white, and one was black. And the white woman said -- this is going to sound very anachronistic now -- the white woman said, "All women face the same oppression as women. All women are similarly situated in patriarchy, and therefore all women have a kind of intuitive solidarity or sisterhood." And the black woman said, "I'm not so sure. Let me ask you a question." So the black woman says to the white woman, "When you wake up in the morning and you look in the mirror, what do you see?" And the white woman said, "I see a woman." And the black woman said, "You see, that's the problem for me. Because when I wake up in the morning and I look in the mirror," she said, "I see a black woman. To me, race is visible. But to you, race is invisible. You don't see it." And then she said something really startling. She said, "That's how privilege works. Privilege is invisible to those who have it." It is a luxury, I will say to the white people sitting in this room, not to have to think about race every split second of our lives. Privilege is invisible to those who have it.

Now remember, I was the only man in this group, so when I witnessed this, I went, "Oh no."

(Laughter)

And somebody said, "Well what was that reaction?" And I said, "Well, when I wake up in the morning and I look in the mirror, I see a human being. I'm kind of the generic person. You know, I'm a middle class white man. I have no race, no class, no gender. I'm universally generalizable."

(Laughter)

So I like to think that was the moment I became a middle class white man, that class and race and gender were not about other people, they were about me. I had to start thinking about them, and it had been privilege that had kept it invisible to me for so long.

Now, I wish I could tell you this story ends 30 years ago in that little discussion group, but I was reminded of it quite recently at my university where I teach. I have a colleague, and she and I both teach the sociology of gender course on alternate semesters. So she gives a guest lecture for me when I teach. I give a guest lecture for her when she teaches. So I walk into her class to give a guest lecture, about 300 students in the room, and as I walk in,one of the students looks up and says, "Oh, finally, an objective opinion."

All that semester, whenever my colleague opened her mouth, what my students saw was a woman. I mean, if you were to say to my students, "There is structural inequality based on gender in the United States," they'd say, "Well of course you'd say that. You're a woman. You're biased." When I say it, they go, "Wow, is that interesting. Is that going to be on the test? How do you spell 'structural'?"

(Laughter)

So I hope you all can see, this is what objectivity looks like.

(Laughter) (Applause)

Disembodied Western rationality.

(Laughter)

And that, by the way, is why I think men so often wear ties.

(Laughter)

Because if you are going to embody disembodied Western rationality, you need a signifier, and what could be a better signifier of disembodied Western rationality than a garment that at one end is a noose and the other end points to the genitals?

(Laughter) (Applause)

That is mind-body dualism right there.

So making gender visible to men is the first step to engaging men to support gender equality.

Now, when men first hear about gender equality, when they first start thinking about it, they often think, many men think, well, that's right, that's fair, that's just, that's the ethical imperative. But not all men. Some men think -- the lightning bolt goes off, and they go, "Oh my God, yes, gender equality," and they will immediately begin to mansplain to you your oppression. They see supporting gender equality something akin to the calvary, like, "Thanks very much for bringing this to our attention, ladies, we'll take it from here." This results in a syndrome that I like to call 'premature self-congratulation.'

(Laughter) (Applause)

There's another group, though, that actively resists gender equality, that sees gender equality as something that is detrimental to men. I was on a TV talk show opposite four white men. This is the beginning of the book I wrote, 'Angry White Men.' These were four angry white men who believed that they, white men in America, were the victims of reverse discrimination in the workplace. And they all told stories about how they were qualified for jobs, qualified for promotions, they didn't get them, they were really angry. And the reason I'm telling you this is I want you to hear the title of this particular show. It was a quote from one of the men, and the quote was, "A Black Woman Stole My Job." And they all told their stories, qualified for jobs, qualified for promotions, didn't get it, really angry. And then it was my turn to speak, and I said, "I have just one question for you guys, and it's about the title of the show, 'A Black Woman Stole My Job.' Actually, it's about one word in the title. I want to know about the word 'my.' Where did you get the idea it was your job? Why isn't the title of the show, 'A Black Woman Got the Job?' or 'A Black Woman Got A Job?'" Because without confronting men's sense of entitlement, I don't think we'll ever understand why so many men resist gender equality.

(Applause)

Look, we think this is a level playing field, so any policy that tilts it even a little bit, we think, "Oh my God, water's rushing uphill. It's reverse discrimination against us."

(Laughter)

So let me be very clear: white men in Europe and the United States are the beneficiaries of the single greatest affirmative action program in the history of the world. It is called "the history of the world."

(Laughter) (Applause)

So, now I've established some of the obstacles to engaging men, but why should we support gender equality? Of course, it's fair, it's right and it's just. But more than that, gender equality is also in our interest as men. If you listen to what men say about what they want in their lives, gender equality is actually a way for us to get the lives we want to live.

Gender equality is good for countries. It turns out, according to most studies, that those countries that are the most gender equal are also the countries that score highest on the happiness scale. And that's not just because they're all in Europe.

(Laughter)

Even within Europe, those countries that are more gender equal also have the highest levels of happiness.

It is also good for companies. Research by Catalyst and others has shown conclusively that the more gender-equal companies are, the better it is for workers, the happier their labor force is. They have lower job turnover. They have lower levels of attrition. They have an easier time recruiting. They have higher rates of retention, higher job satisfaction, higher rates of productivity. So the question I'm often asked in companies is, "Boy, this gender equality thing, that's really going to be expensive, huh?" And I say, "Oh no, in fact, what you have to start calculating is how much gender inequality is already costing you. It is extremely expensive." So it is good for business.

And the other thing is, it's good for men. It is good for the kind of lives we want to live, because young men especially have changed enormously, and they want to have lives that are animated by terrific relationships with their children. They expect their partners, their spouses, their wives, to work outside the home and be just as committed to their careers as they are.

I was talking, to give you an illustration of this change -- Some of you may remember this. When I was a lot younger, there was a riddle that was posed to us. Some of you may wince to remember this riddle. This riddle went something like this.

A man and his son are driving on the freeway, and they're in a terrible accident, and the father is killed, and the son is brought to the hospital emergency room, and as they're bringing the son into the hospital emergency room, the emergency room attending physician sees the boy and says, "Oh, I can't treat him, that's my son." How is this possible?

We were flummoxed by this. We could not figure this out.

(Laughter)

Well, I decided to do a little experiment with my 16-year old son. He had a bunch of his friends hanging out at the house watching a game on TV recently. So I decided I would pose this riddle to them, just to see, to gauge the level of change. Well, 16-year-old boys, they immediately turned to me and said, "It's his mom." Right? No problem. Just like that. Except for my son, who said, "Well, he could have two dads."

(Laughter) (Applause)

That's an index, an indicator of how things have changed. Younger men today expect to be able to balance work and family. They want to be dual-career, dual-carer couples. They want to be able to balance work and family with their partners. They want to be involved fathers.

Now, it turns out that the more egalitarian our relationships, the happier both partners are. Data from psychologists and sociologists are quite persuasive here. I think we have the persuasive numbers, the data, to prove to men that gender equality is not a zero-sum game, but a win-win. Here's what the data show. Now, when men begin the process of engaging with balancing work and family, we often have two phrases that we use to describe what we do. We pitch in and we help out.

(Laughter)

And I'm going to propose something a little bit more radical,one word: "share."

(Laughter)

Because here's what the data show: when men share housework and childcare, their children do better in school. Their children have lower rates of absenteeism, higher rates of achievement. They are less likely to be diagnosed with ADHD. They are less likely to see a child psychiatrist. They are less likely to be put on medication.

So when men share housework and childcare, their children are happier and healthier, and men want this.

When men share housework and childcare, their wives are happier. Duh. Not only that, their wives are healthier. Their wives are less likely to see a therapist, less likely to be diagnosed with depression, less likely to be put on medication, more likely to go to the gym, report higher levels of marital satisfaction. So when men share housework and childcare, their wives are happier and healthier, and men certainly want this as well. When men share housework and childcare, the men are healthier. They smoke less, drink less, take recreational drugs less often. They are less likely to go to the ER but more like to go to a doctor for routine screenings. They are less likely to see a therapist, less likely to be diagnosed with depression, less likely to be taking prescription medication. So when men share housework and childcare, the men are happier and healthier. And who wouldn't want that?

And finally, when men share housework and childcare, they have more sex.

(Laughter)

Now, of these four fascinating findings, which one do you think Men's Health magazine put on its cover?

(Laughter)

"Housework Makes Her Horny. (Not When She Does It.)"

(Laughter)

Now, I will say, just to remind the men in the audience, these data were collected over a really long period of time, so I don't want listeners to say, "Hmm, OK, I think I'll do the dishes tonight." These data were collected over a really long period of time. But I think it shows something important, that when Men's Health magazine put it on their cover, they also called, you'll love this, "Choreplay."

So, what we found is something really important, that gender equality is in the interest of countries, of companies, and of men, and their children and their partners, that gender equality is not a zero-sum game. It's not a win-lose. It is a win-win for everyone. And what we also know is we can not fully empower women and girls unless we engage boys and men. We know this. And my position is that men need the very things that women have identified that they need to live the lives they say they want to live in order to live the lives that we say we want to live.

In 1915, on the eve of one of the great suffrage demonstrations down Fifth Avenue in New York City, a writer in New York wrote an article in a magazine, and the title of the article was, "Feminism for Men." And this was the first line of that article: "Feminism will make it possible for the first time for men to be free."

Thank you.

(Applause)

I'm here/ to recruit men/ to support gender equality.//

私は 男性たちにジェンダー平等を 支援しようと訴えに来ました

(歓声)

Wait,/ wait.// What?//

ちょっと待って 何だって?

What do men have to do with gender equality?//

男性とジェンダー平等に 何の関係があるの?

Gender equality is about women,/ right?//

ジェンダー平等は女性の活動だし

I mean,/ the word gender is about women.//

ジェンダーという言葉は 女性のものだろう?

Actually,/ I'm even here speaking/ as a middle class white man.//

実は 私はまさに中流の 白人男性としてここで話をしていますが

Now,/ I wasn't always/ a middle class white man.//

常に 中流白人男性というわけでは ありませんでした

It all happened for me about 30 years ago/ when I was in graduate school,/ and a bunch of us/ graduate students got together one day,/ and we said,/ you know,/ there's an explosion of writing and thinking/ in feminist theory,/ but there's no courses yet.//

すべては私が大学院生だった 約30年前に起こりました ある日 私たち院生が集まり こんな話をしました 「フェミニスト理論に関する 論文や考察が 激増しているけれど その為の講座は まだないよね」

So/ we did/ what graduate students typically do in a situation/ like that.//

そこで院生が しそうな事を 私たちもやる事にしました

We said,/ OK,/ let's have a study group.//

「じゃあ 勉強会を開こうよ

We'll read a text,/ we'll talk about it,/ we'll have a potluck dinner.//

文献を読んで それについて話し合って 持ち寄り夕食会をやろう

(笑)

So every week,/11 women/ and me got together.//

そこで 毎週 私は女性11名と 会を開いたのです

(笑)

We would read some text/ in feminist theory/ and have a conversation/ about it.//

フェミニスト理論の文献を読み それについて 話し合いました

And during one of our conversations,/ I witnessed an interaction/ that changed my life forever.//

そこで交わされた会話の中で 私のその後の人生を変えた あるやり取りを目にしたのです

It was a conversation/ between two women.//

それは女性二人の会話でした

One of the women was white,/ and one was black.//

一人は白人で もう一人は黒人でした

And the white woman said --/ this is going to sound/ very anachronistic now --/ the white woman said,/ "All women face the same oppression/ as women.//

白人女性は言いました ― 今ではアナクロに聞こえるでしょうが ― 「女性は皆 女性であるが為に 同じ苦難に直面し 同様の制約を課され

All women are similarly situated in patriarchy,/ and therefore/ all women have a kind of intuitive solidarity or sisterhood."//

家父長制度の環境下に置かれているわ だから女性は皆 直感的に団結したり 同志の連携を図ったりしているのよ」

And the black woman said,/ "I'm not so sure.//

すると 黒人女性が言いました 「そうかしら

Let me ask you/ a question."//

ちょっと訊きたいんだけど」

So the black woman says to the white woman,/ "When you wake up/ in the morning/ and you look in the mirror,/ what do you see?"//

その黒人女性は 白人女性に言いました 「あなたは 朝起きて鏡を見ると 何が見える?」

And the white woman said,/ "I see a woman."//

「女性が見えるわ」と答えると

And the black woman said,/ "You see,/ that's the problem/ for me.//

黒人女性は言いました 「そこが問題なのよ

Because/ when I wake up/ in the morning/ and I look in the mirror,/"/ she said,/ "I see a black woman.//

だって私が 朝起きて鏡を見ると 黒人女性が見えるのよ

To me,/ race is visible.// But to you,/ race is invisible.// You don't see it."//

人種は 私の目には見えるけれど あなたの目には見えないものなの」

And then/ she said something/ really startling.//

彼女は実に ドキリとする事を言ったのです

She said,/ "That's/ how privilege works.//

「それが特権というものよ

Privilege is invisible/ to those/ who have it."//

特権は それを持つ人には見えないの」

It is a luxury,/ I will say to the white people/ sitting in this room,/ not to have to think about race/ every split second of our lives.//

この部屋にいる 白人の皆さんに言いますが 日常で 一瞬でも人種の事を考えずに済むのは 贅沢な事なのです

Privilege is invisible/ to those/ who have it.//

特権を持っている人には それが見えません

Now remember,/ I was the only man/ in this group,/ so/ when I witnessed this,/ I went,/ "Oh no."//

私はそこで唯一の男性でしたよね その場にいた私は 「まずい」と思いました

(笑)

And somebody said,/ "Well/ what was that reaction?"//

誰かが言いました「その反応は何よ」

And I said,/ "Well,/ when I wake up/ in the morning/ and I look in the mirror,/ I see a human being.//

私は言いました 「えーと 僕が朝起きて鏡を見ると ヒトが見えるよ

I'm kind of the generic person.//

僕はなんというか一般人なんだ

You know,/ I'm a middle class white man.// I have no race,/ no class,/ no gender.//

そう 僕は中流の白人男性で 人種も社会階級も性別も関係ないんだ

I'm universally generalizable."//

僕は普遍的に普通なんだよ」

(笑)

So I like to think/ that was the moment/ I became a middle class white man,/ that class and race and gender were not about other people,/ they were about me.//

その瞬間 私は 中流の白人男性になったのだと思えます 階級や人種や性別は 他の人のことではなく 自分のことだったのです

I had to start thinking/ about them,/ and it had been privilege/ that had kept it invisible/ to me/ for so long.//

私は考え始めるようになりました それはずっと長い間 自分には 見えなかった特権だったのです

Now,/ I wish/ I could tell you/ this story ends 30 years ago/ in that little discussion group,/ but I was reminded of it quite recently/ at my university/ where I teach.//

この話は30年前に 小さな討論グループの中で 終わったと言いたいのですが つい最近 私が教える大学で このことを思い出したのです

I have a colleague,/ and she and I/ both teach the sociology of gender course/ on alternate semesters.//

私は同僚の女性と共に ジェンダーコースの社会学を 学期交代で教えています

So she gives a guest lecture/ for me/ when I teach.//

私が教える時は 彼女がゲスト講師になり

I give a guest lecture/ for her/ when she teaches.//

彼女の番では 私が講師をします

So/ I walk into her class/ to give a guest lecture,/ about 300 students/ in the room,/ and/ as I walk in,/one of the students looks up/ and says,/ "Oh,/ finally,/ an objective opinion."//

私はゲスト講義をするために 彼女のクラスへ行きました 教室には300名ほど学生がいて 私が教室に入ると 学生の一人が 顔をあげて言ったのです 「やっと客観的な意見が聞ける」

All that semester,/ whenever my colleague opened her mouth,/ what my students saw/ was a woman.//

その学期中 私の同僚が口を開くたび 学生たちが見ていたのは女性でした

I mean,/ if you were to say/ to my students,/ "There is structural inequality based on gender/ in the United States,/"/ they'd say,/ "Well of course/ you'd say/ that.//

学生たちに こう言うとします 「合衆国には ジェンダーに起因する 構造的な不平等が存在します」 すると学生は言います 「先生は女性で

You're a woman.// You're biased."//

偏見があるからね」

When I say it,/ they go,/ "Wow,/ is/ that interesting.//

私が同じことを言えば 学生は 「へえ 興味深いね

Is/ that going to be on the test?// How do you spell 'structural'?"//

テストにでるかな? 『構造的な』 のスペルは?」

(笑)

So I hope you/ all can see,/ this is/ what objectivity looks like.//

客観性とはどういうことなのか これで皆さんに 分かって頂ければと思います

(笑) (拍手)

肉体のない西洋的合理性です

(笑)

And/ that,/ by the way,/ is/ why I think men so often/ wear ties.//

又 だから男性がネクタイを 身につけるのだと思います

(笑)

Because/ if you are going to embody disembodied Western rationality,/ you need a signifier,/ and what could be a better signifier of disembodied Western rationality/ than a garment/ that at one end is a noose/ and the other end points to the genitals?//

肉体のない西洋的合理性に 肉体を与えようとするなら 記号が必要なのです そして肉体のない 西洋的合理性の記号となるのに 一端が首吊りロープで他の端が 性器を指す 装いは最適ですね

(笑) (拍手)

That is mind-body dualism right there.//

そこには 心身二元論があります

So making/ gender visible/ to men is the first step/ to engaging men/ to support gender equality.//

ですから 男性にも ジェンダーを見えるようにする事は ジェンダー平等の支援に 男性を巻き込む最初の一歩です

Now,/ when men first hear about gender equality,/ when they first start thinking/ about it,/ they often think,/ many men think,/ well,/ that's right,/ that's fair,/ that's just,/ that's the ethical imperative.//

男性が最初に ジェンダー平等について知り それについて考え始める時 多くの男性が こう思いがちです うん それは 適正だし 公平だし 公正だ それは倫理的規範だよ」と

But not all men.//

でも全員がそうではありません

Some men think --/ the lightning bolt goes off,/ and they go,/ "Oh my God,/ yes,/ gender equality,/"/ and they will immediately begin to mansplain/ to you/ your oppression.//

稲妻に打たれたかのように こう考える男性もいます 「そうだ ジェンダー平等が大切だ」 そして直ちに 女性の抑圧についての ご大層な解説を始めるのです

They see supporting/ gender equality something akin/ to the calvary,/ like,/ "Thanks very much/ for bringing this/ to our attention,/ ladies,/ we'll take it/ from here."//

キリストの処刑を見守るかのように ジェンダー平等の支援について語ります 「気づきの機会をありがとう 女性の皆さん ここからは 僕らの出番だ」

This results in a syndrome/ that I like to call/ 'premature self-congratulation.'//

私はこの症状に「若年性自画自賛症候群」 と命名したいと思います

(笑) (拍手)

There's another group,/ though,/ that actively resists gender equality,/ that sees gender equality/ as something/ that is detrimental/ to men.//

しかし あからさまにジェンダー平等に 反発するグループもあり ジェンダー平等は男性に何か 有害なものをもたらすと思っています

I was on a TV talk show opposite four white men.//

私はテレビのトークショーで 4人の白人男性の相手をしました

This is the beginning of the book/ I wrote,/ 'Angry White Men.'//

これが私の著書 『怒れる白い男』の始まりです

These were four angry white men/ who believed/ that they,/ white men/ in America,/ were the victims of reverse discrimination/ in the workplace.//

4人の白人男性が アメリカの白人男性は 職場における ― 「逆差別の被害者だ」と言って 怒っていました

And they all told stories/ about how they were qualified for jobs,/ qualified for promotions,/ they didn't get them,/ they were really angry.//

自分たちがいかに仕事に適し 昇進にふさわしいかを 皆ぶちまけていました 皆 昇進を手にできず 心底怒ったのです

And the reason/ I'm telling/ you/ this is I want you/ to hear the title of this particular show.//

私がこの話をしているのは この番組の題名を 皆さんに知って欲しいからです

It was a quote/ from one of the men,/ and the quote was,/ "A Black Woman Stole My Job."//

それは その男性の一人の言葉から 取ったもので 「黒人女性が私の仕事を盗んだ」でした

And they all told their stories,/ qualified for jobs,/ qualified for promotions,/ didn't get it,/ really angry.//

彼らは皆 自分の話をしました 仕事や昇進に適任だったのに 適わず激怒していました

And then/ it was my turn/ to speak,/ and I said,/ "I have just one question/ for you guys,/ and it's about the title of the show,/ 'A Black Woman Stole My Job.//' Actually,/ it's about one word/ in the title.//

私が話す番になりました 私は言いました「一つ伺いたいのですが 『黒人女性が私の仕事を盗んだ』 という この番組の題名についてです この題名の中の 『私の』

I want to know/ about the word/ 'my.'//

という単語について知りたいのです

Where did you get the idea/ it was your job?//

なぜ 『あなたの』 仕事 だと思ったんですか?

Why isn't the title of the show,/ 'A Black Woman Got/ the Job?'//

なぜ題名が 『黒人女性がその仕事に就いた』 とか

or 'A Black Woman Got A Job?'//"/ Because without confronting men's sense of entitlement,/ I don't think/ we'll ever understand/ why so many men resist gender equality.//

『黒人女性がある仕事に就いた』 じゃないんですか?」 私たちは 男性の権利意識を直視しないことには 多くの男性がジェンダー平等に 反発する理由が理解できないのです

(拍手)

Look,/ we think/ this is a level playing field,/ so any policy/ that tilts it even/ a little bit,/ we think,/ "Oh my God,/ water's rushing uphill.//

いいですか これが平らなグランドだと思っていると 何かの政策で傾きを少し変えただけで 「ああ 水が丘を逆流している

私たちに対する逆差別だ」と考えるのです

(笑)

So let me/ be very clear:/ white men/ in Europe/ and the United States are the beneficiaries of the single greatest affirmative action program/ in the history of the world.//

はっきりさせましょう 欧米の白人男性は 世界の歴史における唯一最大の 差別是正プログラムの 受益者なのです

It is called "the history of the world."//

それは「世界史」と呼ばれています

(笑) (拍手)

So,/ now/ I've established some of the obstacles/ to engaging men,/ but why should we support gender equality?//

ここまで 私は男性を巻き込む上での 障害をいくつか述べてきました なぜ私たちは ジェンダー平等を 支援すべきなのでしょう

Of course,/ it's fair,/ it's right/ and it's just.//

勿論 それが 適正で 公平で 公正だからです

But more/ than that,/ gender equality is also in our interest/ as men.//

しかし それ以上に ジェンダー平等は 男性である 私たちの利益にもなるのです

If you listen to/ what men say about what they want in their lives,/ gender equality is actually a way/ for us/ to get the lives/ we want to live.//

自分の人生はこうありたいと語る 男性の話に 耳を傾けてみると 実はジェンダー平等こそが 私たちが 望む人生を送る手段なのです

Gender equality is good/ for countries.//

ジェンダー平等は 国家のためになります

It turns out,/ according/ to most studies,/ that those countries/ that are the most gender equal are also the countries/ that score highest/ on the happiness scale.//

多くの調査によれば ジェンダー平等が最も 実践されている国々では 幸福度も高いという結果になっています

And that's not just/ because they're all/ in Europe.//

単にそれらが全部欧州に あるからではありません

(笑)

Even/ within Europe,/ those countries/ that are more gender equal also have the highest levels of happiness.//

欧州の中でも最も ジェンダー平等が進んでいる国は 幸福度のレベルも高いのです

It is also good/ for companies.//

企業のためにもなります

Research/ by Catalyst/ and others has shown conclusively/ that the more gender-equal companies are,/ the better/ it is for workers,/ the happier/ their labor force is.//

カタリスト等のリサーチによると ジェンダー平等が 進んでいる企業ほど 従業員にとって より居心地良く 就業者は より幸せになることが 明確なのです

They have lower job turnover.// They have lower levels of attrition.//

これらの企業の離職率は低く 自然減も少ないです

They have an easier time recruiting.//

人員の確保が容易です

They have higher rates of retention,/ higher job satisfaction,/ higher rates of productivity.//

定着率も 仕事に対する満足度も高く 生産性も高いのです

So the question/ I'm often asked in companies is,/ "Boy,/ this gender equality thing,/ that's really going to be expensive,/ huh?"//

企業で 私がよく尋ねられる質問は これです 「このジェンダー平等って 高くつくんじゃないですか?」

And I say,/ "Oh no,/ in fact,/ what you have to start/ calculating is/ how much/ gender inequality is already costing you.//

私の答は「いいえ 実際 計算しなくちゃいけないのは ジェンダー不平等が 既に どれだけ高くついているかです

べらぼうに高いんですよ」

So/ it is good/ for business.//

だから これは事業のためになり

And the other thing is,/ it's good/ for men.//

さらに男性のためにもなります

It is good/ for the kind of lives/ we want to live,/ because young men especially have changed enormously,/ and they want to have/ lives/ that are animated by terrific relationships/ with their children.//

私たちが望む人生を送る為に 好ましい事なのです なぜなら 特に若い男性は 著しく変化しています 子どもたちと素晴らしい関係を築いて いきいきと過ごしたいからです

They expect their partners,/ their spouses,/ their wives,/ to work outside the home/ and be just/ as committed to their careers/ as they are.//

彼らは自分たちのパートナーや 配偶者や妻が 家庭の外で働いて 自分たちと同じように キャリアを 追求する事を望んでいます

I was talking,/ to give you/ an illustration of this change --/ Some of you may remember this.//

この変化の実例を あなた方にお話ししましょう 覚えている方もおられるでしょう

When I was a lot younger,/ there was a riddle/ that was posed to us.//

私がずっと若かった時 あるクイズがありました

Some of you may wince to remember/ this riddle.//

思い出したときに ハッとするかもしれない ―

This riddle went something/ like this.//

こんな感じのクイズです

A man/ and his son are driving on the freeway,/ and they're in a terrible accident,/ and the father is killed,/ and the son is brought to the hospital emergency room,/ and/ as they're bringing/ the son/ into the hospital emergency room,/ the emergency room/ attending physician sees the boy/ and says,/ "Oh,/ I can't treat him,/ that's my son."//

ある男性と彼の息子が 車で高速道路を走っています そしてひどい交通事故に遭い 父親は亡くなります そして息子は 病院の救急治療室に運ばれます 息子が そこに運ばれた時 救急治療室の外科医は その少年を見て言います 「この子の治療はできません 私の息子ですから」

How is this possible?//

こんなことあり得ますか?

We were flummoxed by this.//

混乱してしまいます

We could not figure this out.//

何が何だかわかりません

(笑)

Well,/ I decided to do/ a little experiment/ with my 16-year old son.//

私は16歳の息子と ちょっとした実験をすることにしました

He had a bunch of his friends/ hanging out/ at the house/ watching a game/ on TV recently.//

彼にはゲームをしたり テレビを見ながら 家でつるむ友人がたくさんいます

So I decided/ I would pose this riddle/ to them,/ just to see,/ to gauge the level of change.//

このクイズを 彼らに出してみて 変化のレベルを 測定してみようと思ったのです

Well,/ 16-year-old boys,/ they immediately turned to me/ and said,/ "It's his mom."// Right?//

さて 16歳の少年たちは すぐに私の方を向いて言いました 「これはお母さんてことだよね?」

No problem.// Just/ like that.//

わけありませんね そういうことです

Except/ for my son,/ who said,/ "Well,/ he could have two dads."//

「お父さんが二人ってことかも」 と言った息子は別です

(笑) (拍手)

That's an index,/ an indicator of how things have changed.//

これは指標で どのくらい 物事が変化したかという目安です

Younger men/ today expect to be able to balance work and family.//

今の若い男性は仕事と家庭のバランスを とる事を望んでいます

They want to be dual-career, dual-carer couples.//

彼らはキャリアとケアを双方が受け持つ カップルを目指しています

They want to be able to balance work and family/ with their partners.//

パートナーと共に 仕事と家庭のバランスをとりたいし

They want to be involved fathers.//

父親業もやりたいのです

Now,/ it turns out/ that the more egalitarian our relationships,/ the happier/ both partners are.//

さてこれで 私たちの関係が 平和主義的になればなるほど 両パートナーは より幸せになると分かります

これは心理学者と社会学者から得た かなり説得力のあるデータです

I think/ we have the persuasive numbers,/ the data,/ to prove to men/ that gender equality is not a zero-sum game,/ but a win-win.//

ジェンダー平等が ゼロサム・ゲームではなく ウィンウィンだということを 男性に証明するのに 説得力がある データ数だと思います

Here's/ what the data show.//

こちらがそのデータです

Now,/ when men begin the process of engaging with balancing work and family,/ we often have two phrases/ that we use to describe/ what we do.//

さて男性が仕事と家族のバランスを取ることに 取組み始めると そこで使ってしまいがちな 2つのフレーズがあります

We pitch in and we help out.//

「協力」と「手伝い」です

(笑)

And I'm going to propose/ something/ a little bit more radical,/one word:/ "share."//

私はもう一歩進んだ提案を したいと思います 一言「シェアしましょう」

(笑)

Because here's/ what the data show:/ when men share housework and childcare,/ their children do better/ in school.//

ここに男性が家事と育児を シェアすれば 子どもたちは学校で うまくいくというデータがあるのです

Their children have lower rates of absenteeism,/ higher rates of achievement.//

子どもたちは欠席率が低く 良い成績となっています

They are less likely/ to be diagnosed with ADHD.//

ADHDと診断されることもなく

They are less likely/ to see a child psychiatrist.//

彼らは児童精神科医に会うこともなく

They are less likely/ to be put on medication.//

薬物治療を受けることもありません

So/ when men share housework and childcare,/ their children are happier and healthier,/ and men want this.//

ですから男性が 家事と育児をシェアすれば 子どもは もっとハッピーで健康になるし 男性はそれを望んでいます

When men share housework and childcare,/ their wives are happier.// Duh.//

男性が家事と育児をシェアすれば 妻はもっとハッピーです 当然ですね

Not/ only that,/ their wives are healthier.//

それだけではなく より健康です

Their wives are less likely/ to see a therapist,/ less likely to be diagnosed with depression,/ less likely to be put on medication,/ more likely to go to the gym,/ report higher levels of marital satisfaction.//

妻はセラピストに会うこともなく 鬱病だと診断されることもなく 薬物治療を受けることもなく ジムによく行くようになり 結婚満足度が高くなるという 報告があります

So/ when men share housework and childcare,/ their wives are happier and healthier,/ and men certainly want this/ as well.//

だから 男性が家事と育児をシェアすれば 妻はより幸福で健康になるのです 男性も勿論それを望んでいます

When men share housework and childcare,/ the men are healthier.//

男性が家事と育児をシェアすれば 男性はもっと健康になります

They smoke less,/ drink less,/ take recreational drugs less often.//

タバコの量は減り 飲酒量も減り 麻薬をやることも減ります

They are less likely/ to go to the ER/ but more/ like to go to a doctor/ for routine screenings.//

ERに運び込まれることもなく 医師に会うのは定期健診のためですし

They are less likely/ to see a therapist,/ less likely to be diagnosed with depression,/ less likely to be taking prescription medication.//

セラピストに会うこともなく 鬱病だと診断されることもなく 処方薬を服用することもありません

So/ when men share housework and childcare,/ the men are happier and healthier.//

だから男性が 家事と育児をシェアすれば 男性はより幸福で健康になるのです

And who wouldn't want that?//

そうなりたいでしょう?

And finally,/ when men share housework and childcare,/ they have more sex.//

そして最後に 男性が家事と育児をシェアすれば セックスが増えます

(笑)

Now,/ of these four fascinating findings,/ which one do you think Men's Health magazine put on its cover?//

これらの4つの興味深い発見の中で どれが『メンズ・ヘルス』誌の 表紙に載ったと思いますか?

(笑)

"Housework Makes Her Horny.//

「家事で彼女がソノ気になる

(Not/ When She Does It.//)"/ (Laughter)

(家事をするのは君だ)」 (笑)

Now,/ I will say,/ just to remind the men/ in the audience,/ these data were collected over a really long period of time,/ so I don't want listeners/ to say,/ "Hmm,/ OK,/ I think/ I'll do the dishes tonight."//

言わせていただきたいのですが これらのデータは 本当に長期間に渡って 集められた事を ここにいる 男性に思い出して欲しいのです だから皆さん こんな風には 言わないで下さい 「ふーん なるほど じゃ 『今夜は』 皿洗いしようかな」

These data were collected over a really long period of time.//

これらのデータは本当に 長期間に渡って集められました

But I think/ it shows something important,/ that/ when Men's Health magazine put it/ on their cover,/ they also called,/ you'll love this,/ "Choreplay."//

私はとても重要な何かがあると思います 『メンズ・ヘルス』誌が表紙に それを載せた時 こうも書いていました 「この『家事プレイ』が きっと気に入りますよ 」

So,/ what we found/ is something really important,/ that gender equality is in the interest of countries,/ of companies, and of men,/ and their children and their partners,/ that gender equality is not a zero-sum game.//

ここで とても大切なことが分かります ジェンダー平等は 国家のため 企業のため 男性のためになります そして彼らの子どもと パートナーのためです ジェンダー平等は ゼロサム・ゲームではなく

It's not a win-lose.//

勝ち負けでもありません

It is a win-win/ for everyone.//

これは 誰にとっても ウィンウィンなのです

And what we also know/ is we can not fully empower women and girls/ unless we engage boys/ and men.//

分かっているのは 少年や男性を巻き込まなければ 女性や少女に完全に 力を与えることはできないという事です

We know this.//

分かっている筈です

And my position is/ that men need the very things/ that women have identified/ that they need to live/ the lives/ they say they want to live/ in order to live the lives/ that we say we want to live.//

そして私の立場はこうです 私たちが望む生活を送る為に 必要なのは 女性が望む生活を送る必要があると 認める事だと思います

In 1915,/ on the eve of one of the great suffrage demonstrations/ down Fifth Avenue/ in New York City,/ a writer/ in New York wrote an article/ in a magazine,/ and the title of the article was,/ "Feminism/ for Men."//

1915年 ニューヨーク5番街で 参政権を求める大きなデモがあった夜 ニューヨークにいるライターが ある雑誌に記事を書きました 記事のタイトルは 「男性の為のフェミニズム」で

And this was the first line of that article:/ "Feminism will make it possible/ for the first time/ for men/ to be free."//

これはその記事の一行目です 「フェミニズムのおかげで 男性は初めて自由になれるだろう」

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

gender

(名詞・代名詞の)性

equality

(数量・程度・価値・大きさなどで)『等しいこと』,均等;(特に,権利・責任などにおいて)(…間の…の)『平等』《+『of』+『名』+『between』+『名』》

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

women

woman の複数形

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

white man

白人;(特にヨーロッパ以外の国を征服した)ヨーロッパ人

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

feminist

博女同権主義者,女性解放論者

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

potluck

ありあわせの食べ物・ポットラックパーティー(potluck party)・あり合わせの料理・食べ物を持ち寄って行う・みんながごちそうを持ち寄る食事[料理]・持ち寄りの

laughter

『笑い』,笑い声

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

anachronistic

年代を取り違えた,時代錯誤の

時代おくれの

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

oppression

〈U〉〈C〉(…を)『虐げること』,『圧迫すること』,(…に対する)圧迫,圧制《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)苦難,困苦《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉重苦しい気分,圧迫感

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

situate

(ある場所に)…‘を'置く,位置させる

patriarchy

家父長制度(社会)

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

intuitive

直観の,直覚の

solidarity

一致団結,結束

sisterhood

〈U〉姉妹の関係;(姉妹のような)友好関係

(結びついた)集団,グループ

〈C〉婦人の宗教団体,修道女会

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

startling

驚くべき,びっくりさせる(surprising)

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

luxury

〈U〉『ぜいたく』,おごり

〈C〉『ぜいたく品』

〈C〉楽しさ,快楽,満足

split second

《a ~》一瞬間

lives

lifeの複数形

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

human being

人,人間

generic

(生物分類上の)属(genus)の

ある種類(群)全体にあてはまる

(商品が)特定銘柄品でない

(文法で)総称的な

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

universally

いたる所に(で);一般に

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

so long

さようなら

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

sociology

社会学

alternate

『交互の』,かわるがわるの

一つおきの(every other)

代わりの,どれか一つの

《米》代わり[の人](substitute)

〈両者が〉交替する;(…と)交替する,互い違いになる《+『with』+『名』》

…'を'交互にさせる

semester

(米国・ドイツなどの大学の二学期制の)一学期,前(後)期(通例15‐18週)

guest

(食事・会合・滞在などへの)『招待客』,賓客・(ホテル・下宿などの)泊まり客,宿泊人,(レストランなどの)

(ラジオ・テレビなどの番組の)ゲスト,特別出演者

(テレビなどに)ゲスト出演する《+『on』+『名』》

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

structural

構造[上]の,構成[上]の,組織[上]の

建築[用]の

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

objectivity

客観性;客観的実在

applause

『拍手かっさい』;称賛

disembody

〈霊魂・精神など〉‘を'肉体から分離(離脱)させる

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

rationality

道理にかなっていること,合理性

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

embody

〈思相・感情など〉‘を'『具体化する』

(ある形態の中に)…‘を'まとめる,包含する

disembodied

(霊魂などが)肉体から分離した;姿の見えない

garment

(dressやcoatなど)衣服[のうちの一品]

noose

(一方の端を引っ張ると締まるようになる)輪なわ,引き結び

《the noose》絞首刑

〈動物など〉‘を'輪なわ(わな)で捕らえる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

genital

生殖の,生殖器の

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

imperative

『命令的な』,断固とした

(行動などが)‐避けられない』,のっぴきならない

(文法で動詞が)命令法の

(文法で)命令法;〈C〉命令文

men

manの複数形

lightning

『いなずま』,雷光

いなずまのような,す早い

bolt

『ボルト』(木・鉄板を締め合わせる締めくぎ)

(戸締まりの)『かんぬき』,差し錠

石弓(crossbow)用の短く太い矢

『いなずま』,電光

《単数形で》(突然の)脱走,逃亡

(布・紙の)一巻き《+『of』+『名』》

《米》脱党

〈戸・窓など〉‘に'かんぬきを掛ける;…'を'かんぬきを掛けて閉じ込める

《米》…‘と'関係を絶つ

〈食べ物〉'を'うのみにする,大急ぎで食べる

急に飛び出す,急に駆け出す

まっすぐに

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

akin

(…と)同じ家族の,血族の《+『to』+『名』》

(…と)類似の,同類の《+『to』+『名』》

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

syndrome

(疾患の徴候となる一群の)症徴候,症候群

(事件・社会的状態などのパターンを示す)徴候形態

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

actively

活発に;積極的に

resist

《通例否定文で》…‘を'『こらうる』,『がまんする』

…‘に'『抵抗する』,反抗する

…‘の'作用に耐える,‘に'影響されない・抵抗する,耐える・何かの作用を食い止める物;防腐剤,防染剤・絶縁塗料

detrimental

有害な;(…を)》つける,(…に)有害な《+『to』+『名』》

talk show

トークショー(ラジオ・テレビの有名人インタビュー番組)

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

discrimination

区別(識別)すること

(…に対する)差別待遇《+『against』+『名』》

識別力,鋭く見分ける力

qualify

〈才能・技術などが〉〈人〉‘に'『資格を与える』

(…で)‘を'緩和する,適度にする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'(…と)称する《+『名』〈人〉+『as』+『名』》

(文法で)…‘を'修飾する(modify)

『資格を得る』,検定を取る

(スポーツで)予選を通過する《+『in』+『名』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

promotion

〈U〉〈C〉『昇進』,進級

〈U〉(…を)押し進めること,(…の)促進,増進,奨励《+『of』+『名』》

〈C〉宣伝商品,促進商品

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

stole

ストール(牧師が肩からたらす絹のけさ)

(婦人用の)肩掛け,ストール

Job

ヨブ(旧約聖書で苦難に耐える人の典型とされる)

ヨブ記(旧約聖書の一書)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

playing field

(フットボールやクリケットなどをする)広い運動場

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

tilt

…‘を'傾ける

(馬上槍試合で)〈槍〉‘を'突き出す,〈相手〉‘を'槍で突く

傾く

馬上槍試合をする

(相手を)槍で突く《+at+名》

(文章・言葉で)(…を)攻撃する《+at+名》

傾き,傾斜(slope)

(中世騎士の)馬上槍試合

(一般に)対決,試合

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

uphill

上りの,上り坂の

丘(坂)の上へ;上の方へ

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

beneficiary

利益(恩恵)を受ける人

年金(保険金などの)受取人

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

affirmative action

《米》公民権推進活動(女性および少数民族の雇用の促進など)

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

catalyst

触媒[剤]

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

turnover

〈C〉(車などの)転覆,転倒

〈U〉《しばしば a…》(一定期間内の)総取り引き高,売り上げ高

〈U〉《しばしば s…》(一定期間内の)補充労働者の総数(割合)

〈U〉《しばしば a…》(一定期間内の)商品の回転率

〈C〉〈U〉(半円形形または三角形の)折り重ねパイ

attrition

摩擦

磨(す)り減ること,消耗

(人員の)自然減

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

retention

保持(維持)すること;保持(維持)された状態

保持(維持)する力

記憶(力)

satisfaction

〈U〉(…を)『満足させること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に)『満足すること』《+『at』(『with』)+『名』》

〈C〉満足させるもの(こと)

《文》〈U〉(損害などの)賠償;(借金の)返済;(義務の)履行

〈U〉(決闘などによる)名誉回復の機会

productivity

生産力,生産性

expensive

『費用のかかる』,高価な

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

calculating

計算用

打算的な

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

extremely

『極端に』,非常に過度に

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

especially

『特に』,特別に;きわだって

animate

…‘に'生命を吹き込む,生命を与える

…'を'活気づける,生き生きさせる

…'を'励ます;…‘に'駆りたてる

生きた,生命のある(living)

生気に満ちた,活気のある(vigorous)

terrific

(大きさ・程度が)ものすごい

恐ろしい

《話》とびきり良い,すばらしい(excellent)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

spouse

配偶者,夫,妻

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

illustration

〈C〉(説明などのための)『例』,実例(example)

〈U〉(実例・図版・表などによる)(…の)説明,例証《+『of』+『名』》

〈C〉『挿絵』,説明図,図版,イラスト

riddle

『なぞ』,判じ物;難物

『なぞの物』(『事』,『人』)

…‘の'なぞを解く

なぞをかける;なぞのようなことを言う

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

wince

(恐怖・空痛などに)ひるむ,たじろぐ,すくむ《+at+名》

ひるみ,たじろぎ

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

freeway

(平面交差のない,多車線式の)高速道路

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

hospital

『病院』

emergency

『非常の場合』,緊急の場合

attend

…‘に'『出席する』,参列する,〈学校など〉‘に'通う

〈人〉‘の'『世話をする』,看護をする,‘に'仕える,付き添う

《文》(結果として)〈物事が〉…‘に'伴う,付随する(accompany)

(…に)『注意する』,気をつける,(…を)傾聴する《+『to』+『名』》

(仕事に)励む,専心する《+『to』+『名』》

(…の)面倒をみる,世話をする《+『to』+『名』》

(…に)出席する,参列する《+『at』+『名』》

physician

『医者』;(特に)『内科医』

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

flummox

〈人〉‘を'まごつかせる,当惑させる

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

gauge

(銃砲の口径・鉄板の厚さなどの)標準寸法(規格)

計器

(評価・判断の)方法,基準

(レールの)軌道

(銃砲の)口径

(特に,計器を用いて)…‘を'測る

…‘を'評価する

mom

=mother

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

dad

『おとうちゃん』

index

(本・雑誌などの)『索引』;図書目録

指し示すもの,印

(計器などの)指針

指数・虜

《the I-》(カトック教会の)禁所目録

〈本など〉‘に'索引をつける

〈語など〉‘を'索引に載せる

indicator

指示する人(物),指示器,表示器;指針

(リトマスなどの)指示薬

younger

(親と区別するために名前の前後につけて)息子

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

egalitarian

平等主義の

平等主義者

data

『資料』,事実;情報

psychologist

心理学者

sociologist

社会学者

persuasive

説得できる,説得力のある

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

datum

dataの単数形

既知の事実

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

housework

家事(洗たく・アイロンかけ・掃除・料理など)

absenteeism

(仕事・学校などの)常習的欠席,欠勤;長期欠席

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

psychiatrist

精神病医,精神病学者

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

therapist

治療専門家

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

gym

〈C〉=gymnasium l

〈U〉(学科目の)体操(gymnastics)

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

marital

結婚の

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

recreational

レクリエーションの,気晴らしの,娯楽の

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

er

え‐,あの‐

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

screening

映写,上映

(志願者などを)選抜すること

prescription

〈U〉指示(規定)すること

〈C〉規定,指示

〈C〉(薬などの)処方;処方せん;処方薬

〈U〉時効;長期間の使用による権利,貫行

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

finding

〈U〉〈C〉発見すること・〈C〉発見物;《しばしば複数形で》拾得物・〈C〉(裁判官による)判決,(陪審の)評決・《複数形で》・(調査・研究などの)結果,結論

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

horny

角製の,角のような物軸でできた

角のある,角のようなもののある

角のように堅い・欲情している・性的に興奮してムラムラしている、性欲をかき立てられている、発情している、やりたがっている

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

listener

耳を傾ける人,聞き手;(ラジオ)聴取者

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

fully

『十分に』,完全に

まるまる

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

eve

(祝祭日の)『前夜』,前日

《the~》(重要な事の)直前《+『of』+『名』》

suffrage

〈C〉(賛成の)票,投票

〈U〉投票権,(特に)選挙権

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

Fifth Avenue

五番街(米国New York市の繁華街)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

feminism

男女同権主義(論)

男女同権運動

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

関連動画