TED日本語 - カイラシュ・サティーアーティ: 怒りで世界に平和をもたらす方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

インドの上級カースト出身の若者が、どうやって8万3千人もの子供達を奴隷労働から救い出したのでしょうか?ノーベル平和賞受賞者のカイラシュ・サティーアーティが提案する、より良い世界を作る為の予期せぬアドバイスとは、「不条理な事に対して憤れ」です。サティーアーティが、怒りから生まれたアイデアを行動に移し、生涯をかけてどのように平和に尽力してきたか、力強く語ります。

Script

今日は怒りについてお話しします 私が11歳のとき 何人かの友人が学校を去って行きました 親が教科書代を支払えなかったからです これに私は憤りを覚えました 私が27歳のとき ある奴隷の苦境を聞きました 彼の娘が売春宿に 売られようとしていたのです これに私は憤りを覚えました 私が50歳のとき 道ばたで血を流しながら横たわる 自分の息子のそばで 私は憤りを感じていました

怒りはいけないものだ と何世紀も言われてきました 親や先生や聖職者の方々が 怒りを制御して抑える方法を 我々に教えてきました でも なぜ? なぜ怒りを社会の為に 使えないのでしょうか? 我々の怒りを 悪に立ち向かい 世の中を変える為に 使えないでしょうか? 私はそうしようとして来ました

みなさん 私の最善のアイデアとは その多くが 自らの怒りの産物です 35歳の時 小さな留置所に 閉じ込められた時もそうでした その夜 私は一晩中怒りを感じていました でも そこで新しいアイデアが生まれたのです この話は後ほど お話しします 私の名前の由来からお話しします

私は子供の頃から マハトマ・ガンディーを尊敬していました ガンディーはインドの独立運動を 率いて 闘いました もっと大切な事は もっとも虐げられている 最下層階級の人々に対して 尊厳と敬意を持って接する事を 彼が教えてくれたことです インドが祝う 1969年のマハトマ・ガンディー 生誕百周年の時でした ― 私は15歳で ― ある考えが浮かびました 他のやり方でこの日を祝えないだろうかと 皆さん方も多分ご存知のように インドでは多くの人が生まれながらに カースト制の最下層階級にいて 不可触民として扱われています これらの人々は 寺院に足を踏み入れる事は勿論 上層階級の人の店や家に 入る事さえ許されていません

それで私は町の政治指導者達に とても感心していました 彼らはカースト制と不可触民 という階級に強く反対し ガンディーの理想を唱えていたからです それに勇気づけられた私は 自ら行動に移そうと思いました その方法とは この指導者達を 招待して 不可触民が作る料理を 食べてもらおうというものです いわゆる不可触民と呼ばれる 下層階級の人々の所へ行き 説得を試みましたが 彼らには考えられない事でした 「それはあり得ないよ そんな事はあったためしがない」と でも私は言いました 「この指導者たちは あなた方の味方です きっと来ます 誰も来なくても 模範を示すことは出来ます」 誰もが私は繊細すぎると思いました やっと彼らを説得すると

友達と一緒に自転車で回って 政治指導者達を招待しました とても興奮しましたが 何よりも 全員が招待を受けてくれたのに 力づけられました 「よかった これで皆に模範を示し 社会に変化をもたらす事が出来る」 と私は思っていました

その日が来ました 不可触民の女性3人と男性2人が 協力してくれました 今でも覚えているのは 彼らは 自分達の一番の衣装を身に纏い 新しい食器を持参し 来る前に 何度も体を洗った という事です なぜなら こういう事は 彼らには身に余る事だからです 変化の瞬間でした 皆が集まり食事の準備ができ 7時になりました 8時まで待ち続けました 政治家達が1時間ほど遅れるのは よくある事だったからです

8時を過ぎたので 我々は自転車に乗り 政治家達の家を回りました 忘れているのだろうと思ったからです 1人の政治家の奥さんに 「残念だけど 頭痛で行けないみたい」 と言われても 次の家では そこの奥さんから 「先に行ってて 後で必ず行かせるから」 と言われたので 「夕食会は出来そうだ 人数は少ないかもしれないけど」 と私は思いながら

来た道を辿って 完成したばかりの マハトマ・ガンディー記念公園まで戻りました 10時になりました 政治家は誰一人来ませんでした これに私は 憤り ガンディー像に寄りかかっていると 非常に感情的になり かなり疲れを感じていました 私は料理が置いてある床に座り 感情を圧し殺していたのですが 食べ物を口にしたとたん 泣き出してしまいました すると不可触民の女性が 母親のような優しさで労るように 私の肩に手をかけ こう言ったのです 「カイラシュどうして泣くの? あなたは大きな事をしたのよ 私たち不可触民が料理したものを あなたは食べたのだから こんな事 今までなかったわ あなたは勝利者よ」と 皆さん 彼女は正しかったのです

その日 真夜中を過ぎたころ家に戻ると 驚いた事に そこには数人の 高位カーストの長老が 我が家の中庭に座っていて 私の母とお年寄りの女性達が泣きながら 長老達に懇願していたのです 私の家族全員を追放する と脅かされていたからです カーストから家族が追放される事ほど 社会的屈辱はありません なんとか私だけが罰を受ければいい事になり その罰とは私の身を清める事でした 故郷から約千キロ離れた 聖なるガンジス川で沐浴し その後101人の僧侶達に ごちそうを振るまい 彼らの足を洗い その水を飲む というものでした

全く馬鹿げた話で そんな罰は受けない と拒否しました どうやって私は罰せられたでしょう? 我が家の台所や食卓には 入る事すら許されず 私の食器は家族のものとは別にされました 私が憤っていたその夜 長老達は 私を追放しようとしましたが 私の方がカースト制を完全に 追放する事を決心したのです (拍手)

そう出来たのは苗字を変えれば 始められる事だったからです インドでは殆どの名前はカースト名なので 私の苗字を捨ててしまう事にしました その後 サティーアーティ という名前にしました この名前は「真理の探求者」という意味です (拍手) それから私の怒りは形を変え始めました

皆さんの中で どなたか 私が子供の人権活動家になる前 何をしていたか分かる方はいますか? 知っている方はいますか? いませんね エンジニア ― 電気技師でした そこで私が学んだ事は 石炭などが燃える火 原子炉の中での核分裂 川の激流や 強風等から起きるエネルギーは 何百万人の生活に使われる電気に変えられ また最も扱いにくい形のエネルギーは 社会の為に末長く利用できる事を学びました

私が投獄された時の話に戻りましょう 奴隷労働から数十人の子供達を救い 親元へ返すという事に喜びを感じていました 子供を1人でも解放できた時の喜びは 言葉では言い表せません ある日デリーに帰郷しようと 電車を待っていた時の事です 何十人もの子供が電車から 降りてくるのを見ました 人身売買された子供達です 私は 彼らを捕まえて 警察に届けたのです すると警察は手を貸してくれるどころか 私を小さな留置所に 動物のごとく投げ込んだのです 私が憤った夜のことでした しかし ここで最高のアイデアが生まれたのです 「子供を10人解放し続けたなら50人になる それがまだできていない でも消費者パワーを使えば これが出来るんじゃないか」と なんと これは世界初の取り組みで 私は世界の消費者に呼びかけ 「児童労働で作られた商品を拒否しよう」 というキャンペーンを始めたのです ヨーロッパやアメリカでは成功し 児童労働者が 南アジア諸国で80%減少しました (拍手)

それだけでなく 前代未聞の 消費者パワーを使った 消費者キャンペーンは 他の国々の様々な業界にも広がっています チョコレート、服飾、靴の業界など 限りなく広がっているはずです 私が11歳で憤った理由は 子供にとって教育が どれほど大切か身にしみた時で 貧しい子供達のため 古本を集めるアイデアが生まれ 私は11歳で本の銀行を作りました それでは満足せずに 後に 世界最大の教育のための市民社会 キャンペーンを共同設立しました Global Campaign for Educationです これは教育に対する考え方を大きく変え 慈善モードから人権モードに変容させ 実質的に非就学児童を 過去15年で半減させました (拍手)

私が27歳の時の憤りは 売春宿へ送られようとしていた女の子を 助けたいという気持ちからでした そこから生まれたアイデアは 現場を奇襲して性奴隷となっている 子供達を救い出す事です 我々が誇りを持って言えるのは 嬉しい事に10人とか20人とかでなく これまでに8万3千人もの子供達を 児童奴隷労働から救い出し 家族の元へ返す事が出来ました (拍手)

世界的な規制が必要だと知っていたので 児童労働反対の世界的抗議行進を計画し 最悪の状況下にいる子供達を保護するための 新しい国際条約の採択に至りました その具体的な成果として 世界の児童労働者の数は この15年で3分の1になりました (拍手)

それぞれのケースで 怒りから始まり そこからアイデアが生まれ それを行動に移しました 怒りの次は? アイデア その次は・・・ 聴衆:行動! 怒り、アイデア、行動 これが私がしようとした事です

怒りとはパワーで エネルギーがあります 自然の法則ではエネルギーは 姿は変わっても決して消え去る事も 破壊される事も有りません では怒りのエネルギーを もっと美しい公正な社会を作る為に 利用できないでしょうか?

怒りは誰にでも有ります ちょっとした秘密をお教えしましょう エゴと利己心の渦巻く小さな殻の中に 閉じこもっていると 怒りは 憎しみ、暴力、復讐、破壊に変わって行きます でも その悪循環を断ち切る事が出来たなら その怒りを偉大なパワーに 変貌させられるのです 誰もが持つ思いやりで その循環を断ち切り この世界をよくする為 思いやりを持って 世界と繋がる事が出来ます 同じ怒りを このように一変させられるのです

そこで親愛なる皆さん もう一度 ノーベル平和賞受賞者として奨励します 皆さん 怒ってください そして一番怒っている人が その怒りをアイデア そして行動へと 変貌させられる人なのです

ありがとうございました

(拍手)

クリス・アンダーソン:長年 多くの人々の インスピレーションとなって来られたのですが 誰に 何に 勇気づけられて来たのですか? そしてその理由は?

いい質問です クリス 実をいうと 母親の元へ戻れる希望を 失った子供を1人でも救って その子が自由になった時 見せる最初の笑顔と わが子をもう二度と 抱きしめることができないと 希望を失っていた母親が 再会の時 感極まって頬をつたう 最初の喜びの涙 そこに神聖なるものを見出し これが 私の一番の原動力となっています 本当に有り難い事に 幾度となく 子供達の顔に神聖なるものを見てきました 彼らが一番私を勇気づけてくれています ありがとうございました

(拍手)

Today, I am going to talk about anger. When I was 11, seeing some of my friends leaving the school because their parents could not afford textbooks made me angry. When I was 27, hearing the plight of a desperate slave father whose daughter was about to be sold to a brothel made me angry. At the age of 50, lying on the street, in a pool of blood, along with my own son, made me anrgy.

Dear friends, for centuries we were taught anger is bad. Our parents, teachers, priests -- everyone taught us how to control and suppress our anger. But I ask why? Why can't we convert our anger for the larger good of society? Why can't we use our anger to challenge and change the evils of the world? That I tried to do.

Friends, most of the brightest ideas came to my mind out of anger. Like when I was 35 and sat in a locked-up, tiny prison. The whole night, I was angry. But it has given birth to a new idea. But I will come to that later on. Let me begin with the story of how I got a name for myself.

I had been a big admirer of Mahatma Gandhi since my childhood. Gandhi fought and lead India's freedom movement. But more importantly, he taught us how to treat the most vulnerable sections, the most deprived people, with dignity and respect. And so, when India was celebrating Mahatma Gandhi's birth centenary in 1969 -- at that time I was 15 -- an idea came to my mind. Why can't we celebrate it differently? I knew, as perhaps many of you might know, that in India, a large number of people are born in the lowest segment of caste. And they are treated as untouchables. These are the people -- forget about allowing them to go to the temples, they can not even go into the houses and shops of high-caste people.

So I was very impressed with the leaders of my town who were speaking very highly against the caste system and untouchability and talking of Gandhian ideals. So inspired by that, I thought, let us set an example by inviting these people to eat food cooked and served by the untouchable community. I went to some low-caste, so-called untouchable, people, tried to convince them, but it was unthinkable for them. They told me, "No, no. It's not possible. It never happened." I said, "Look at these leaders, they are so great, they are against untouchability. They will come. If nobody comes, we can set an example." These people thought that I was too naive. Finally, they were convinced.

My friends and I took our bicycles and invited political leaders. And I was so thrilled, rather, empowered to see that each one of them agreed to come. I thought, "Great idea. We can set an example. We can bring about change in the society."

The day has come. All these untouchables,three women and two men, they agreed to come. I could recall that they had used the best of their clothes. They brought new utensils. They had taken baths hundreds of times because it was unthinkable for them to do. It was the moment of change. They gathered. Food was cooked. It was 7 o'clock. By 8 o'clock, we kept on waiting, because it's not very uncommon that the leaders become late, for an hour or so.

So after 8 o'clock, we took our bicycles and went to these leaders' homes, just to remind them. One of the leader's wives told me, "Sorry, he is having some headache, perhaps he can not come." I went to another leader and his wife told me, "Okay, you go, he will definitely join." So I thought that the dinner will take place, though not at that large a scale.

I went back to the venue, which was a newly built Mahatma Gandhi Park. It was 10 o'clock. None of the leaders showed up. That made me angry. I was standing, leaning against Mahatma Gandhi's statue. I was emotionally drained, rather exhausted. Then I sat down where the food was lying. I kept my emotions on hold. But then, when I took the first bite, I broke down in tears. And suddenly I felt a hand on my shoulder. And it was the healing, motherly touch of an untouchable woman. And she told me, "Kailash, why are you crying? You have done your bit. You have eaten the food cooked by untouchables, which has never happened in our memory." She said, "You won today." And my friends, she was right.

I came back home, a little after midnight, shocked to see that several high-caste elderly people were sitting in my courtyard. I saw my mother and elderly women were crying and they were pleading to these elderly people because they had threatened to outcaste my whole family. And you know, outcasting the family is the biggest social punishment one can think of. Somehow they agreed to punish only me, and the punishment was purification. That means I had to go 600 miles away from my hometown to the River Ganges to take a holy dip. And after that, I should organize a feast for priests,101 priests, wash their feet and drink that water.

It was total nonsense, and I refused to accept that punishment. How did they punish me? I was barred from entering into my own kitchen and my own dining room, my utensils were separated. But the night when I was angry, they wanted to outcaste me. But I decided to outcaste the entire caste system. (Applause)

And that was possible because the beginning would have been to change the family name, or surname, because in India, most of the family names are caste names. So I decided to drop my name. And then, later on, I gave a new name to myself: Satyarthi, that means, "seeker of truth." (Applause) And that was the beginning of my transformative anger.

Friends, maybe one of you can tell me, what was I doing before becoming a children's rights activist? Does anybody know? No. I was an engineer, an electrical engineer. And then I learned how the energy of burning fire, coal, the nuclear blast inside the chambers, raging river currents, fierce winds, could be converted into the light and lives of millions. I also learned how the most uncontrollable form of energy could be harnessed for good and making society better.

So I'll come back to the story of when I was caught in the prison: I was very happy freeing a dozen children from slavery, handing them over to their parents. I can not explain my joy when I free a child. I was so happy. But when I was waiting for my train to come back to my hometown, Delhi, I saw that dozens of children were arriving; they were being trafficked by someone. I stopped them, those people. I complained to the police. So the policemen, instead of helping me, they threw me in this small, tiny shell, like an animal. And that was the night of anger when one of the brightest and biggest ideas was born. I thought that if I keep on freeing 10 children, and 50 more will join, that's not done. And I believed in the power of consumers, and let me tell you that this was the first time when a campaign was launched by me or anywhere in the world, to educate and sensitize the consumers to create a demand for child-labor-free rugs. In Europe and America, we have been successful. And it has resulted in a fall in child labor in South Asian countries by 80 percent. (Applause)

Not only that, but this first-ever consumer's power, or consumer's campaign has grown in other countries and other industries, maybe chocolate, maybe apparel, maybe shoes -- it has gone beyond. My anger at the age of 11, when I realized how important education is for every child, I got an idea to collect used books and help the poorest children. I created a book bank at the age of 11. But I did not stop. Later on, I cofounded the world's single largest civil society campaign for education that is the Global Campaign for Education. That has helped in changing the whole thinking towards education from the charity mode to the human rights mode, and that has concretely helped the reduction of out-of-school children by half in the last 15 years. (Applause)

My anger at the age of 27, to free that girl who was about to be sold to a brothel, has given me an idea to go for a new strategy of raid and rescue, freeing children from slavery. And I am so lucky and proud to say that it is not one or 10 or 20, but my colleagues and I have been able to physically liberate 83,000 child slaves and hand them over back to their families and mothers. (Applause)

I knew that we needed global policies. We organized the worldwide marches against child labor and that has also resulted in a new international convention to protect the children who are in the worst forms. And the concrete result was that the number of child laborers globally has gone down by one third in the last 15 years. (Applause)

So, in each case, it began from anger, turned into an idea, and action. So anger, what next? Idea, and -- Audience: Action Kailash Satyarthi: Anger, idea, action. Which I tried to do.

Anger is a power, anger is an energy, and the law of nature is that energy can never be created and never be vanished, can never be destroyed. So why can't the energy of anger be translated and harnessed to create a better and beautiful world, a more just and equitable world?

Anger is within each one of you, and I will share a secret for a few seconds: that if we are confined in the narrow shells of egos, and the circles of selfishness, then the anger will turn out to be hatred, violence, revenge, destruction. But if we are able to break the circles, then the same anger could turn into a great power. We can break the circles by using our inherent compassion and connect with the world through compassion to make this world better. That same anger could be transformed into it.

So dear friends, sisters and brothers, again, as a Nobel Laureate, I am urging you to become angry. I am urging you to become angry. And the angriest among us is the one who can transform his anger into idea and action.

Thank you so much.

(Applause)

Chris Anderson: For many years, you've been an inspiration to others. Who or what inspires you and why?

KS: Good question. Chris, let me tell you, and that is the truth, each time when I free a child, the child who has lost all his hope that he will ever come back to his mother, the first smile of freedom, and the mother who has lost all hope that the son or daughter can ever come back and sit in her lap, they become so emotional and the first tear of joy rolls down on her cheek, I see the glimpse of God in it -- this is my biggest inspiration. And I am so lucky that not once, as I said before, but thousands of times, I have been able to witness my God in the faces of those children and they are my biggest inspirations. Thank you.

(Applause)

Today,/ I am going to talk/ about anger.//

今日は怒りについてお話しします

When I was 11,/ seeing some of my friends/ leaving the school/ because their parents could not afford/ textbooks made me/ angry.//

私が11歳のとき 何人かの友人が学校を去って行きました 親が教科書代を支払えなかったからです これに私は憤りを覚えました

When I was 27,/ hearing the plight of a desperate slave father/ whose daughter was/ about to be sold to a brothel made me angry.//

私が27歳のとき ある奴隷の苦境を聞きました 彼の娘が売春宿に 売られようとしていたのです これに私は憤りを覚えました

At the age of 50,/ lying on the street,/ in a pool of blood,/ along with my own son,/ made me/ anrgy.//

私が50歳のとき 道ばたで血を流しながら横たわる 自分の息子のそばで 私は憤りを感じていました

Dear friends,/ for centuries/ we were taught anger is bad.//

怒りはいけないものだ と何世紀も言われてきました

Our parents,/ teachers,/ priests --/ everyone taught us/ how to control and suppress our anger.//

親や先生や聖職者の方々が 怒りを制御して抑える方法を 我々に教えてきました

But I ask/ why?//

でも なぜ?

Why can't we convert our anger/ for the larger good of society?//

なぜ怒りを社会の為に 使えないのでしょうか?

Why can't we use our anger/ to challenge and change the evils of the world?//

我々の怒りを 悪に立ち向かい 世の中を変える為に 使えないでしょうか?

That I tried to do.//

私はそうしようとして来ました

Friends,/ most of the brightest ideas came to my mind/ out of anger.//

みなさん 私の最善のアイデアとは その多くが 自らの怒りの産物です

Like when I was 35/ and sat in a locked-up, tiny prison.//

35歳の時 小さな留置所に 閉じ込められた時もそうでした

The whole night,/ I was angry.//

その夜 私は一晩中怒りを感じていました

But it has given birth/ to a new idea.//

でも そこで新しいアイデアが生まれたのです

But I will come to that later on.//

この話は後ほど お話しします

Let me begin with the story of how I got a name/ for myself.//

私の名前の由来からお話しします

I had been a big admirer of Mahatma Gandhi/ since my childhood.//

私は子供の頃から マハトマ・ガンディーを尊敬していました

ガンディーはインドの独立運動を 率いて 闘いました

But more importantly,/ he taught us/ how to treat the most vulnerable sections,/ the most deprived people,/ with dignity and respect.//

もっと大切な事は もっとも虐げられている 最下層階級の人々に対して 尊厳と敬意を持って接する事を 彼が教えてくれたことです

And so,/ when India was celebrating Mahatma Gandhi's birth centenary/ in 1969 --/ at that time/ I was 15 --/ an idea came to my mind.//

インドが祝う 1969年のマハトマ・ガンディー 生誕百周年の時でした ― 私は15歳で ― ある考えが浮かびました

Why can't we celebrate it differently?//

他のやり方でこの日を祝えないだろうかと

I knew,/ as perhaps many of you might know,/ that in India,/ a large number of people are born in the lowest segment of caste.//

皆さん方も多分ご存知のように インドでは多くの人が生まれながらに カースト制の最下層階級にいて

And they are treated as untouchables.//

不可触民として扱われています

These are the people --/ forget about allowing them/ to go to the temples,/ they can not even go into the houses and shops of high-caste people.//

これらの人々は 寺院に足を踏み入れる事は勿論 上層階級の人の店や家に 入る事さえ許されていません

So I was very impressed/ with the leaders of my town/ who were speaking very highly/ against the caste system and untouchability and talking of Gandhian ideals.//

それで私は町の政治指導者達に とても感心していました 彼らはカースト制と不可触民 という階級に強く反対し ガンディーの理想を唱えていたからです

So inspired by that,/ I thought,/ let us/ set an example/ by inviting these people/ to eat food cooked and served by the untouchable community.//

それに勇気づけられた私は 自ら行動に移そうと思いました その方法とは この指導者達を 招待して 不可触民が作る料理を 食べてもらおうというものです

I went to some low-caste, so-called untouchable,/ people,/ tried to convince/ them,/ but it was unthinkable/ for them.//

いわゆる不可触民と呼ばれる 下層階級の人々の所へ行き 説得を試みましたが 彼らには考えられない事でした

They told me,/ "No, no.// It's not possible.// It never happened."//

「それはあり得ないよ そんな事はあったためしがない」と

I said,/ "Look at these leaders,/ they are so great,/ they are against untouchability.//

でも私は言いました 「この指導者たちは あなた方の味方です

They will come.// If nobody comes,/ we can set an example."//

きっと来ます 誰も来なくても 模範を示すことは出来ます」

These people thought/ that I was too naive.//

誰もが私は繊細すぎると思いました

Finally,/ they were convinced.//

やっと彼らを説得すると

My friends/ and I took our bicycles/ and invited political leaders.//

友達と一緒に自転車で回って 政治指導者達を招待しました

And I was so thrilled,/ rather,/ empowered to see/ that each one of them agreed to come.//

とても興奮しましたが 何よりも 全員が招待を受けてくれたのに 力づけられました

I thought,/ "Great idea.// We can set an example.//

「よかった これで皆に模範を示し

We can bring about/ change/ in the society."//

社会に変化をもたらす事が出来る」 と私は思っていました

The day has come.//

その日が来ました

All these untouchables,/three women and two men,/ they agreed to come.//

不可触民の女性3人と男性2人が 協力してくれました

I could recall/ that they had used the best of their clothes.//

今でも覚えているのは 彼らは 自分達の一番の衣装を身に纏い

They brought new utensils.//

新しい食器を持参し

They had taken baths hundreds of times/ because it was unthinkable/ for them/ to do.//

来る前に 何度も体を洗った という事です なぜなら こういう事は 彼らには身に余る事だからです

It was the moment of change.//

変化の瞬間でした

They gathered.// Food was cooked.//

皆が集まり食事の準備ができ

It was 7 o'clock.//

7時になりました

By 8 o'clock,/ we kept on waiting,/ because it's not very uncommon/ that the leaders become late,/ for an hour or so.//

8時まで待ち続けました 政治家達が1時間ほど遅れるのは よくある事だったからです

So/ after 8 o'clock,/ we took our bicycles/ and went to these leaders/' homes,/ just to remind them.//

8時を過ぎたので 我々は自転車に乗り 政治家達の家を回りました 忘れているのだろうと思ったからです

One of the leader's wives told me,/ "Sorry,/ he is having some headache,/ perhaps/ he can not come."//

1人の政治家の奥さんに 「残念だけど 頭痛で行けないみたい」 と言われても

I went to another leader/ and his wife told me,/ "Okay,/ you go,/ he will definitely join."//

次の家では そこの奥さんから 「先に行ってて 後で必ず行かせるから」 と言われたので

So I thought/ that the dinner will take place,/ though not at that large/ a scale.//

「夕食会は出来そうだ 人数は少ないかもしれないけど」 と私は思いながら

I went back/ to the venue,/ which was a newly built Mahatma Gandhi Park.//

来た道を辿って 完成したばかりの マハトマ・ガンディー記念公園まで戻りました

It was 10 o'clock.//

10時になりました

None of the leaders showed up.//

政治家は誰一人来ませんでした

That made me angry.//

これに私は 憤り

ガンディー像に寄りかかっていると

非常に感情的になり かなり疲れを感じていました

Then/ I sat down/ where the food was lying.//

私は料理が置いてある床に座り

I kept my emotions/ on hold.//

感情を圧し殺していたのですが

But then,/ when I took the first bite,/ I broke down/ in tears.//

食べ物を口にしたとたん 泣き出してしまいました

And suddenly/ I felt a hand/ on my shoulder.//

すると不可触民の女性が

And it was the healing,/ motherly touch of an untouchable woman.//

母親のような優しさで労るように 私の肩に手をかけ こう言ったのです

And she told me,/ "Kailash,/ why are you crying?//

「カイラシュどうして泣くの?

You have done your bit.//

あなたは大きな事をしたのよ

You have eaten/ the food cooked by untouchables,/ which has never happened in our memory."//

私たち不可触民が料理したものを あなたは食べたのだから こんな事 今までなかったわ

She said,/ "You won today."//

あなたは勝利者よ」と

And my friends,/ she was right.//

皆さん 彼女は正しかったのです

I came back/ home,/ a little/ after midnight,/ shocked to see/ that several high-caste elderly people were sitting in my courtyard.//

その日 真夜中を過ぎたころ家に戻ると 驚いた事に そこには数人の 高位カーストの長老が 我が家の中庭に座っていて

I saw my mother/ and elderly women were crying/ and they were pleading to these elderly people/ because they had threatened to outcaste/ my whole family.//

私の母とお年寄りの女性達が泣きながら 長老達に懇願していたのです 私の家族全員を追放する と脅かされていたからです

And you know,/ outcasting the family is the biggest social punishment one can think of.//

カーストから家族が追放される事ほど 社会的屈辱はありません

Somehow/ they agreed to punish only/ me,/ and the punishment was purification.//

なんとか私だけが罰を受ければいい事になり その罰とは私の身を清める事でした

That means/ I had to go/ 600 miles away/ from my hometown/ to the River Ganges/ to take a holy dip.//

故郷から約千キロ離れた 聖なるガンジス川で沐浴し

And/ after that,/ I should organize a feast/ for priests,/101 priests,/ wash their feet/ and drink that water.//

その後101人の僧侶達に ごちそうを振るまい 彼らの足を洗い その水を飲む というものでした

It was total nonsense,/ and I refused to accept/ that punishment.//

全く馬鹿げた話で そんな罰は受けない と拒否しました

How did they punish me?//

どうやって私は罰せられたでしょう?

I was barred from entering into my own kitchen and my own dining room,/ my utensils were separated.//

我が家の台所や食卓には 入る事すら許されず 私の食器は家族のものとは別にされました

But the night/ when I was angry,/ they wanted to outcaste me.//

私が憤っていたその夜 長老達は 私を追放しようとしましたが

私の方がカースト制を完全に 追放する事を決心したのです

(拍手)

And that was possible/ because the beginning would have been to change the family name,/ or surname,/ because in India,/ most of the family names are caste names.//

そう出来たのは苗字を変えれば 始められる事だったからです インドでは殆どの名前はカースト名なので

So I decided to drop/ my name.//

私の苗字を捨ててしまう事にしました

And then,/ later on,/ I gave a new name/ to myself:/ Satyarthi,/ that means,/ "seeker of truth."//

その後 サティーアーティ という名前にしました この名前は「真理の探求者」という意味です

(拍手)

And that was the beginning of my transformative anger.//

それから私の怒りは形を変え始めました

Friends,/ maybe/ one of you can tell me,/ what was I doing before becoming a children's rights activist?//

皆さんの中で どなたか 私が子供の人権活動家になる前 何をしていたか分かる方はいますか?

Does anybody know?//

知っている方はいますか?

No.//

いませんね

I was an engineer,/ an electrical engineer.//

エンジニア ― 電気技師でした

And then/ I learned/ how the energy of burning fire,/ coal,/ the nuclear blast/ inside the chambers,/ raging river currents,/ fierce winds,/ could be converted into the light and lives of millions.//

そこで私が学んだ事は 石炭などが燃える火 原子炉の中での核分裂 川の激流や 強風等から起きるエネルギーは 何百万人の生活に使われる電気に変えられ

I also learned/ how the most uncontrollable form of energy could be harnessed for good/ and making society better.//

また最も扱いにくい形のエネルギーは 社会の為に末長く利用できる事を学びました

So I'll come back/ to the story of when I was caught in the prison:/ I was very happy/ freeing a dozen children/ from slavery,/ handing them/ over to their parents.//

私が投獄された時の話に戻りましょう 奴隷労働から数十人の子供達を救い 親元へ返すという事に喜びを感じていました

I can not explain my joy/ when I free a child.//

子供を1人でも解放できた時の喜びは

I was so happy.//

言葉では言い表せません

But when I was waiting for my train/ to come back/ to my hometown,/ Delhi,/ I saw/ that dozens of children were arriving;/ they were being trafficked by someone.//

ある日デリーに帰郷しようと 電車を待っていた時の事です 何十人もの子供が電車から 降りてくるのを見ました 人身売買された子供達です

I stopped them,/ those people.//

私は 彼らを捕まえて

I complained to the police.//

警察に届けたのです

So the policemen,/ instead of helping me,/ they threw me/ in this small, tiny shell,/ like an animal.//

すると警察は手を貸してくれるどころか 私を小さな留置所に 動物のごとく投げ込んだのです

And that was the night of anger/ when one of the brightest and biggest ideas was born.//

私が憤った夜のことでした しかし ここで最高のアイデアが生まれたのです

I thought/ that if I keep on freeing 10 children,/ and 50 more will join,/ that's not done.//

「子供を10人解放し続けたなら50人になる それがまだできていない

And I believed in the power of consumers,/ and let me/ tell you/ that this was the first time/ when a campaign was launched by me/ or anywhere/ in the world,/ to educate and sensitize the consumers to create a demand/ for child-labor-free rugs.//

でも消費者パワーを使えば これが出来るんじゃないか」と なんと これは世界初の取り組みで 私は世界の消費者に呼びかけ 「児童労働で作られた商品を拒否しよう」 というキャンペーンを始めたのです

In Europe and America,/ we have been successful.//

ヨーロッパやアメリカでは成功し

And it has resulted in a fall/ in child labor/ in South Asian countries/ by 80 percent.//

児童労働者が 南アジア諸国で80%減少しました

(拍手)

Not only/ that,/ but this first-ever consumer's power,/ or consumer's campaign has grown in other countries and other industries,/ maybe chocolate,/ maybe/ apparel,/ maybe shoes --/ it has gone beyond.//

それだけでなく 前代未聞の 消費者パワーを使った 消費者キャンペーンは 他の国々の様々な業界にも広がっています チョコレート、服飾、靴の業界など 限りなく広がっているはずです

My anger/ at the age of 11,/ when I realized/ how important education is for every child,/ I got an idea/ to collect used books/ and help the poorest children.//

私が11歳で憤った理由は 子供にとって教育が どれほど大切か身にしみた時で 貧しい子供達のため 古本を集めるアイデアが生まれ

I created a book bank/ at the age of 11.//

私は11歳で本の銀行を作りました

But I did not stop.//

それでは満足せずに

Later on,/ I cofounded the world's single largest civil society campaign/ for education/ that is the Global Campaign/ for Education.//

後に 世界最大の教育のための市民社会 キャンペーンを共同設立しました Global Campaign for Educationです

That has helped in changing the whole thinking/ towards education/ from the charity mode/ to the human rights mode,/ and that has concretely helped the reduction of out-of-school children/ by half/ in the last 15 years.//

これは教育に対する考え方を大きく変え 慈善モードから人権モードに変容させ 実質的に非就学児童を 過去15年で半減させました

(拍手)

My anger/ at the age of 27,/ to free that girl/ who was/ about to be sold to a brothel,/ has given me/ an idea/ to go for a new strategy of raid and rescue,/ freeing children/ from slavery.//

私が27歳の時の憤りは 売春宿へ送られようとしていた女の子を 助けたいという気持ちからでした そこから生まれたアイデアは 現場を奇襲して性奴隷となっている 子供達を救い出す事です

And I am so lucky and proud/ to say/ that it is not one or 10 or 20,/ but my colleagues/ and I have been able to physically liberate 83,000 child slaves/ and hand them over back/ to their families and mothers.//

我々が誇りを持って言えるのは 嬉しい事に10人とか20人とかでなく これまでに8万3千人もの子供達を 児童奴隷労働から救い出し 家族の元へ返す事が出来ました

(拍手)

I knew/ that we needed global policies.//

世界的な規制が必要だと知っていたので

We organized the worldwide marches/ against child labor/ and that has also resulted in a new international convention/ to protect the children/ who are in the worst forms.//

児童労働反対の世界的抗議行進を計画し 最悪の状況下にいる子供達を保護するための 新しい国際条約の採択に至りました

And the concrete result was/ that the number of child laborers globally has gone down/ by one third/ in the last 15 years.//

その具体的な成果として 世界の児童労働者の数は この15年で3分の1になりました

(拍手)

So,/ in each case,/ it began from anger,/ turned into an idea,/ and action.//

それぞれのケースで 怒りから始まり そこからアイデアが生まれ それを行動に移しました

So anger,/ what next?//

怒りの次は?

Idea,/ and --/ Audience:/ Action Kailash Satyarthi:/ Anger,/ idea,/ action.// Which I tried to do.//

アイデア その次は・・・ 聴衆:行動! 怒り、アイデア、行動 これが私がしようとした事です

Anger is a power,/ anger is an energy,/ and the law of nature is/ that energy can never be created/ and never be vanished,/ can never be destroyed.//

怒りとはパワーで エネルギーがあります 自然の法則ではエネルギーは 姿は変わっても決して消え去る事も 破壊される事も有りません

So/ why can't the energy of anger be translated/ and harnessed to create a better and beautiful world,/ a more just and equitable world?//

では怒りのエネルギーを もっと美しい公正な社会を作る為に 利用できないでしょうか?

Anger is within each one of you,/ and I will share a secret/ for a few seconds:/ that if we are confined in the narrow shells of egos,/ and the circles of selfishness,/ then/ the anger will turn out/ to be hatred,/ violence,/ revenge,/ destruction.//

怒りは誰にでも有ります ちょっとした秘密をお教えしましょう エゴと利己心の渦巻く小さな殻の中に 閉じこもっていると 怒りは 憎しみ、暴力、復讐、破壊に変わって行きます

But/ if we are able to break the circles,/ then/ the same anger could turn into a great power.//

でも その悪循環を断ち切る事が出来たなら その怒りを偉大なパワーに 変貌させられるのです

We can break the circles/ by using our inherent compassion/ and connect with the world/ through compassion/ to make this world/ better.//

誰もが持つ思いやりで その循環を断ち切り この世界をよくする為 思いやりを持って 世界と繋がる事が出来ます

That same anger could be transformed into it.//

同じ怒りを このように一変させられるのです

So dear friends, sisters and brothers,/ again,/ as a Nobel Laureate,/ I am urging you/ to become angry.//

そこで親愛なる皆さん もう一度 ノーベル平和賞受賞者として奨励します

I am urging you/ to become angry.//

皆さん 怒ってください

And the angriest/ among us is the one/ who can transform his anger/ into idea and action.//

そして一番怒っている人が その怒りをアイデア そして行動へと 変貌させられる人なのです

Thank you so much.//

ありがとうございました

(拍手)

Chris Anderson:/ For many years,/ you've been an inspiration/ to others.//

クリス・アンダーソン:長年 多くの人々の インスピレーションとなって来られたのですが

Who or what inspires you/ and why?//

誰に 何に 勇気づけられて来たのですか? そしてその理由は?

KS:/ Good question.//

いい質問です

Chris,/ let me/ tell you,/ and that is the truth,/ each time/ when I free a child,/ the child/ who has lost all his hope/ that he will ever come back/ to his mother,/ the first smile of freedom,/ and the mother/ who has lost all hope/ that the son or daughter can ever come back/ and sit in her lap,/ they become so emotional and the first tear of joy rolls down/ on her cheek,/ I see the glimpse of God/ in it --/ this is my biggest inspiration.//

クリス 実をいうと 母親の元へ戻れる希望を 失った子供を1人でも救って その子が自由になった時 見せる最初の笑顔と わが子をもう二度と 抱きしめることができないと 希望を失っていた母親が 再会の時 感極まって頬をつたう 最初の喜びの涙 そこに神聖なるものを見出し これが 私の一番の原動力となっています

And I am so lucky/ that not once,/ as I said before,/ but thousands of times,/ I have been able to witness my God/ in the faces of those children/ and they are my biggest inspirations.//

本当に有り難い事に 幾度となく 子供達の顔に神聖なるものを見てきました 彼らが一番私を勇気づけてくれています

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

textbook

『教科書』

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

plight

苦境,窮状

desperate

『自暴自棄の』,『やけくその』

《補語にのみ用いて》切望している

(回復・改善などの)見込みがない,ほとんど望みがない

がまんできない,耐えられない

死にもの狂いの,一か八かの

slave

『奴隷』(どれい)

(欲望・習慣・職業などの)『とりこ』,(…に)ふける人《+『of』(『to』)+『名』》,(他人のために)あくせく働く人

(奴隷のように)あくせく働く《+『away』》

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

priest

(一般に)『聖職者』,僧,神官

(カトリック教会・英国国教会の)司祭

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

suppress

〈反乱など〉‘を'『鎮圧する』…,‘の'活動を押える

〈感情・欲望など〉‘を'『抑制する』,抑える

…‘の'発表を禁止する,伏せる

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

admirer

(…の)賞賛者;(特に美人を)敬慕する人《+『of』+『名』》

mahatma

マハトマ

(バラモン教の)大知識,大聖

《Mahatma》インドで高貴な人の名に添える敬称

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

childhood

『幼時』,子供時代

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

importantly

重要性をもって;もったいぶって

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

deprived

恵まれない,貧困な

《名詞的に》《the~》恵まれない人々

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

centenary

100年記念日,100年記念祭

100年間

100年の;100年目の

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

caste

カースト(僧侶・士族・平民・どれいの4階級からなるインドの世襲的階級)

世襲的な社会階級[制度]

世襲による社会的地位(身分)

untouchable

触れてはならない

遠すぎて手が届かない;統制の及ばない

(不愉快で)触れる気になれない;さわると危険な

不可触賎民(インドの最下層民)

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

temple

こめかみ,側頭

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

ideal

『理想』,究極の目的

理想の人物(物),(理想とすべき)手本

『理想的な』,申し分のない

(実在ではなく)観念的な,頭の中だけの;想標上の

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

so-called

いわゆる,名ばかりの

convince

〈人〉'を'『納得させる』

unthinkable

全く考えられない;《話》とてもありそうもない

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

naive

(若き・経験不足から)〈人・言葉などが〉無邪気な,天真らんまんな,世間知らずな

人を信じやすい,だまされやすい 日本語で「繊細な」という意味で「ナイーブ」使われることがありますが、英語では「ナイーブ」にそのようなニュアンスは含まれません。

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

convinced

確信(納得)している

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

thrill

(喜び・恐れ・興奮などで)『ぞくぞくする感じ』,ぞっとする(わくわくする)感じ,スリル

『ぞくぞくさせるもの』,ぞっと(わくわく)させるもの

…‘を'『ぞくぞくさせる』,ぞっと(わくわく)させる

(…に)ぞくぞくする,ぞっとする,わくわくする《+at(to)+名》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

clothes

『衣服』,着物

(シーツ・毛布など)寝具,夜具(bedclothes)

utensil

『用具』,器具;道具

bath

『入浴』;水浴び

(また《おもに米》『bathtub』,《話》『tub』)浴槽(よくそう),ふろ[がま]

『浴室』(bathroom);

《複数形で》(古代の)大浴場

(化学作用を与えるための)浴液;電解そう

‥'を'入浴させる

入浴する

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

o'clock

《時間を表す数と共に》…『時』(じ)

(自分の位置を時計の文字盤の中央に置いて)…時の位置(方角)に

waiting

待つこと,待機

仕えること

待っている;仕えている

uncommon

『普通でない』,めったにない,並はずれた

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

headache

『頭痛』

《話》悩みの種

okay

=OK,O.K.

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

venue

行為地(犯罪・不法行為などの発生地) ・現場

裁判地(裁判の行われる場所)会合場所; 開催地,予定地; (仕事などの)場所 〈米〉立場、意見 「a change of venue」で「会合場所の変更・ 裁判地の変更」

newly

『最近』,近ごろ

『新たに』,再び

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

statue

『像』,彫像,立像

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

exhausted

疲れ果てた

使い尽くされた

lying

lieの現在分詞

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

suddenly

『突然に』,だしぬけに

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

motherly

母の

母のような,母らしい

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

midnight

『真夜中』,夜の12時

真夜中の,真夜中に起こる

真夜中のような,まっ暗の

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

elderly

かなり年配の,初老の

courtyard

=court1

plead

嘆願する,懇願する

(訴訟で)(…を)弁護する《+『for』+『名』》;(…に)抗弁する,申し開きをする《+『against』+『名』》

…‘を'言い訳(理由)として述べる

(訴訟)…‘を'弁護する,弁論する

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

outcaste

(インドで人が)社会的地位のない

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

punishment

〈U〉罰を[を受けること]

〈C〉処罰,刑罰

〈U〉ひどい仕打ち,虐待

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

punish

〈人〉‘を'『罰する』,こらしめる

〈犯罪・違反・過ち〉‘を'『罰する』

…‘を'手荒く扱う

purification

清めること,浄化

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

hometown

今までいちばん長く住んだ町(市);子供のとき過ごした町(市);生まれた町(市)

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

Ganges

ガンジス川(インドの北東部を通りベンガル湾に注ぐ大河)

holy

『神聖な』,神にささげられた

信仰のある,神に身をささげた

《俗》ひどい,はなはだしい

至高の聖所

dip

(水などに)…‘を'『ちょっと浸す』,さっとつける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(中の物を取り出すために)(…に)〈手・バケツ・ひしゃくなど〉‘を'入れる《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'浸して染める

(…から)…‘を'すくい出す,くみ出す,すくい上げる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈旗など〉‘を'ちょっと下げてまたすぐ上げる

(…に)『ちょっとつかる』,さっと潜る《+『into』+『名』》

下がる,沈む

〈土地・道路などが〉下に傾く

(液体や容器に)手(さじなど)を突っ込んで取り出す《+『into』+『名』》

(ある問題を)ちょっと調べる,のぞく;(本などを)拾い読みする《+『into』+『名』》

〈C〉《話》ちょっと浸す(浸る)こと,一溶び

〈C〉(スープなどの)一すくい;一くみ

〈U〉(クラッカーを浸す)味付けソース;(染色などの)浸液;(羊を洗う)消毒液

〈C〉(土地・道路の)傾斜,下り坂;沈下,くぼみ

〈C〉(値段の)下落

feast

(宗教的な)『祝祭』,祭礼;祭日,祝日

祝宴,宴会(banquet);ごちそう

(…の)目や耳を楽しませるもの,(…にとっての)楽しみ《+『for』(『to』)+『名』》

(…で)…‘に'『ごちそうする』,‘を'もてなす《+名+on(upon)+名》

《文》(…で)〈目や耳〉‘を'喜ばせる,楽しませる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

宴を張って〈時〉‘を'過ごす《+『名』+『away』》

(…の)祝宴に列する,(…を)ごちそうになる《+『on』(『upon』)+『名』》

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

nonsense

『無意味な言葉』(『行為』),たわごと;ばかげた考え(振舞い)

くだらないこと(もの)(trifles)

ばかな,くだらん

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

kitchen

『台所』,調理場

dining room

『食堂』

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

applause

『拍手かっさい』;称賛

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

family name

=last name

surname

姓,名字(family name, last name)

《古》あだ名(nickname)

〈人〉‘に'名字をつける

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

seeker

(…の)追求者,探求者《+『for』(『after, of』)+『名』》

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

activist

(特に政治信条の)積極行動主義者,実践主義者

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

coal

〈U〉(物質としての)『石炭』;〈C〉(1個の)『石炭』;《複数形で》(燃料用に砕いた)石炭の小塊

〈C〉燃えている燃料;燃えさし

〈船・機関車など〉‘に'石炭を供給する(積み込む)

〈船などが〉石炭を補給する

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

blast

〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》

〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き

〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》

〈C〉(1回分の)発破,爆薬

〈C〉〈U〉爆風

…'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く)

《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯

〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす

…'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》

…'を'のろう(damn)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

chamber

部屋(room);(特に)寝室

《複数形で》判事室(公開を要しない事件を審理する部屋)

《英》弁護士の事務室

(立事・司法機関などの)会議場

立法府,司法府

(宮廷などの)接見室,拝謁(はいえつ)の間

(動物体の)小室房

(火器の)薬室

…‘に'部屋を祝備する,'を'部屋に入れる

rag

『布切れ』;(特に)『ぼろ切れ』,ぼろくず

《複数形で》ぼろ服

(一般に)(…の)小片,切れ端,かけら《+『of』+『名』》

《話》ぼろ新聞

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

fierce

(性質・行動など)『凶暴な』,どう猛な

(強さ・程度などの)『激しい』,猛烈な

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

uncontrollable

抑制できない,手に負えない

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

slavery

『奴隷制度』;奴隷の身分,奴隷の状態

(欲望・悪習などの)とりこになっていること《+『to』+『名』》

骨の折れる仕事,つらい労働

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

Delhi

デリー(インド北部の連邦政府直轄地;Mogul帝国の旧都)

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

complain

(人に…について)『不平を言う』,泣きごとを言う,訴える

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

policeman

警官,巡査

instead

『その代りとして』,それよりも

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

shell

『貝がら』,貝;(甲虫・卵などの)堅い殻(から),(カメなどの)こうら

(種子・果実などの)『堅い外皮』,さや

殻に似た物;建物の外郭,骨組

《比喩(ひゆ)的に》(心を閉ざした)殻,打ち解けない態度

砲弾;《米》薬きょう

シェル(一人または二,三人でこぐ競漕用ボート)

〈貝など〉‘の'殻を取る,〈豆〉‘の'さやを取る

…‘に'弾丸(砲弾)を浴びせる,‘を'砲撃するる

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

rug

(床の一部に敷く)『敷き物』,じゅうたん,もうせん

(敷物用)毛皮

(特に旅行・キャンプ用などの)ひざ掛け

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

Asian

『アジアの』,アジアに住む人々の

『アジア人』

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

chocolate

〈U〉〈C〉『チョコレート』;《複数形で》『チョコレート菓子』

〈U〉チョコレート飲料

〈U〉チョコレート色

チョコレート製の,チョコレト入りの

チョコレート色の

apparel

衣服,服装

〈人〉‘に'服を着せる,衣装をまとわせる

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

towards

toward

charity

〈U〉『博愛』,慈愛,思いやり;(キリスト教の)愛

〈U〉『慈善』,施し;〈C〉施し物,寄付

〈C〉《通例複数形で》慈善事業,慈善施設

〈U〉(他人の言動に対する)寛容

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

reduction

〈U〉〈C〉(…を)『減らすこと』,減少,縮小,格下げ,(…の)割り引き《+『in』+『名』》

〈C〉減少(縮小)した量;割引額

〈C〉縮図,縮写

〈U〉換算約分

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

raid

(…への)『襲撃』,奇襲;(警察の)手入れ《+『on(upon)』+『名』》

…‘を'急襲する;〈警察が〉…‘を'手入れする

急襲する

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

physically

物質的に;身体上;物理的に

liberate

(…から)…‘を'自由にする,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈ガス〉‘を'遊離させる《+『from』+『名』》

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

vanish

(特に急に…から)『見えなくなる』,消える《+from+名》(disappear)

(…から)『存在しなくなる』,ゼロになる《+from+名》

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

equitable

公平な,公正な,正当な(just)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

confine

(ある範囲に)…'を'『制限する』,限る(limit)《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈人など〉'を'『閉じ込める』,監禁する《+『名』+『in』(『to』)+『名』》

《通例受動熊で》〈女性〉'を'お産の床につかせる

境界,範囲,限界

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

revenge

〈受けた危害・悔辱など〉‘に'『復讐』(ふくしゅう)『する』;〈人〉‘の'仇(あだ)を討つ

行為・言葉に対する人への)復讐(あくしゅう),仕返し;復讐心《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』〈行為・言葉〉》

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

inherent

『本来の』,生まれつきの

compassion

(…に対する)あわれみ,深い同情(sympathy)《+『on』(『for』)+『名』》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

laureate

《文》(名誉の印として)月桂冠(げっけいかん)をいただいた,桂冠(けいかん)の

(ある分野で)非常にすぐれた,名誉ある

桂冠詩人(poet laureate)

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

lap

『ひざ』(座ったときの大腿部の上からひざがしらまでの部分)

(スカートなどの)ひざの部分

《比喩(ひゆ)的に》責任,管理

安楽な場所

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

cheek

〈C〉『ほお』

〈U〉《話》生意気な言葉;生意気,厚かましさ

〈C〉《俗》尻(しり)

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

関連動画