TED日本語 - ジンソップ・リー: 五感に訴えるデザイン

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

いいデザインは視覚的に素晴らしい。しかし触覚的、嗅覚的、聴覚的にも素晴らしいものにはならないのでしょうか?デザイナーのジンソップ・リー(TEDタレントサーチ入賞者)がその五感理論に基づいたデザインをわかりやすいグラフと例を交えて語ります。全感覚体験の素晴らしさに気づくでしょう。

Script

国際競争と気候変動の時代 重要な質問に答えるために私はやってきました なぜセックスはそんなにいいものなのか 笑っているということは 分かっているのですね

さて その答えを語る前に クリス・ホズマーについて話をさせてください 大学時代の友人です 実は嫌なヤツです というのも 大学時代 クリスと僕は 太陽力時計のデザインに携わってました これが私の時計です ミニヒマワリという高さ30センチほどの 花を利用しています ご存知のとおりヒマワリは 一日中太陽の方向を向くのです 朝 このヒマワリがどちらを向いているかを 下部にマークしておいて 正午にはまたヒマワリの方向をマークします 夜も同じようにします それがこの時計です この時計では正確な時刻がわかりませんが 花を使うアイデアは新しいでしょう 我ながら この発明はすばらしいと思います

クリスの時計はこちらです 虫眼鏡が5つあって それぞれの下にグラスがあります グラスには異なる香油が入っています 朝になると日光が 最初の虫眼鏡に降り注ぎ 虫眼鏡がその熱を下のグラスに集めます 中の香油は温められ その香りが発せられます 数時間後には 日光は 次の虫眼鏡に降り注ぎ違う香りを発します つまり一日の間に 5つの異なる香りが発せられ 家の人は香りだけで 時間がわかるのです 私がクリスを嫌う理由がわかりましたか? 私のアイデアも悪くはなかったのですが クリスのアイデアは天才的でした 当時 クリスのアイデアの方が良いとわかっていましたが 理由はわかりませんでした 実は 私は 負けず嫌いなのです この性格のせいで長い間苦しんでいます

それでは話を戻しましょうなぜセックスはそんなにいいものなのか 太陽力時計から数年後 友人の若い女性がこんなことを言いました 「セックスが素晴らしいのは五感のせいだろう」と この言葉を聞いた瞬間にひらめきました 人生のあらゆる体験を五感で計測することを 思いついたのです

そのために五感グラフというものを発明しました Y軸には0から10までの数字があり X軸は当然ですが 五感です 心に残る体験をするたびに このグラフに記録するのです五感日記のようなものです

どういうことか 動画で説明しましょう

ジンソップ・リー:こんにちは ジンソップです 今日はバイクに乗ることは 五感ではどのように見えるかお見せしたいと思います

バイクデザイナー:改造バイクデザイナーです

(爆音) [聴覚] [触覚] [視覚] [嗅覚] [味覚]

これが五感グラフです

過去3年間データをとってみました 私だけでなく友人の分もです 以前に大学で教えていた頃には力づくで…いえいえ 当時の生徒たちにも協力をお願いしました こちらがその結果です 最初のものはインスタント・ラーメンのグラフ 味覚と嗅覚が非常に高いでしょう 一方で聴覚はわずか3です 多くの人がラーメンを食べることの醍醐味は あの麺をすする音にあると言います この音です もうそういう人と一緒に食事をしたくはないですね

次はナイトクラブです 興味深いのは 味覚が4という部分です 被験者の多くが それは飲み物の味のせいだと言うのです しかし 実はナイトクラブでのキスのせいかもしれません こんな人たちとまだ私は付き合っているのです

さて こちらは喫煙です 触覚が6で ある喫煙家はそれを タバコを手にした喜びのせいだろうと言いました そしてタバコを口にくわえる行為を含めて喫煙体験なのだと あまり考えたくないですが 企業がタバコのデザインに凝る理由がわかりますね さて では五感グラフで完璧な体験とは どのようなものになるでしょう? 当然ですが それは最大値の水平線です お分かりのようにバイクに乗るというような すごい体験でさえ完璧な体験からは程遠いのです 実際 データを収集しているなかで 1つだけ完璧に近い結果になりました セックスです 良いセックスです 被験者たちは言います 良いセックスは五感を最高レベルに導くと 生徒の一人はこう言っています 「セックスはいいものだ悪い時でさえいいものだ」と 五感理論は なぜセックスが そんなにもいいものなのかを説明してくれます

この五感グラフのプロジェクトの最中に 突然 若いころの太陽力時計を 思い出しました この五感理論はクリスの時計の方が 優れていた理由も説明してくれたのです 私の時計は視覚とわずかな触覚に 訴えるだけでした でもクリスの時計は 嗅覚で時を知らせる最初の時計です 五感に関しては クリスの時計は革命的です

私の専門分野についてもこの考えは教えてくれました 今まで私たちデザイナーは 作品をどう見せるかばかりを考えていました 手触りも少しは気にしてはいましたが ほかの3つの感覚は無視してきたのです クリスの時計は他の3つの感覚のうち 1つを取り入れただけでも優れたものになることを教えてくれたのです

五感理論をデザインに取り入れたら どうなるでしょう? こちらが私が思いついた3案です

アイロンです 衣服に使うやつです そこにスプレーの機能を取り入れてみました その容器を好きな香りで満たせば あなたの服もいい香りがするのです 同時に アイロンがけという体験を さらに楽しいものにしてくれるといいですね この作品を「パフューメーター」と名付けました

次です 私は1日2回歯を磨きます 歯ブラシがもしキャンディの味だったら どうでしょう? キャンディの味がしなくなったら 歯ブラシを取り換えるタイミングだったらどうですか?

最後に 私はフルートやクラリネットのキーが大好きです デザインではなく 指で押さえた時の感覚が最高です 私はフルートやクラリネットを吹かないので 普段使う機器にこの機能を取り入れてみました テレビのリモコンです さて 3つのアイデアを見てもらいましたが この五感理論によって 使い方を変えるだけでなく デザインも変えてしまいます

つまり五感理論は 異なる体験を計測し その中からすばらしい体験を デザインに取り入れるために 非常に有益なのです

さて 五感だけが 生活を豊かにする わけではありません 6つの感情もありますし まだ未知なるXという要素もあるのです それが私の次のトピックとなるでしょう そのときまで あなたの生活とデザインに 五感を取り入れて楽しんでみてください

最後にもう一つ このTEDトークを聞いている最中の みなさんの体験がこちらです もっと嗅覚と味覚などの他の感覚値が 上がることが望ましいです キャンディをお配りすれば 簡単に実現できます

いきますよ

以上です

(拍手)

In an age of global strife and climate change, I'm here to answer the all important question: Why is sex so damn good? If you're laughing, you know what I mean.

Now, before we get to that answer, let me tell you about Chris Hosmer. Chris is a great friend of mine from my university days, but secretly, I hate him. Here's why. Back in university, we had a quick project to design some solar-powered clocks. Here's my clock. It uses something called the dwarf sunflower, which grows to about 12 inches in height. Now, as you know, sunflowers track the sun during the course of the day. So in the morning, you see which direction the sunflower is facing, and you mark it on the blank area in the base. At noon, you mark the changed position of the sunflower, and in the evening again, and that's your clock. Now, I know my clock doesn't tell you the exact time, but it does give you a general idea using a flower. So, in my completely unbiased, subjective opinion, it's brilliant.

However, here's Chris' clock. It's five magnifying glasses with a shot glass under each one. In each shot glass is a different scented oil. In the morning, the sunlight will shine down on the first magnifying glass, focusing a beam of light on the shot glass underneath. This will warm up the scented oil inside, and a particular smell will be emitted. A couple of hours later, the sun will shine on the next magnifying glass, and a different smell will be emitted. So during the course of the day,five different smells are dispersed throughout that environment. Anyone living in that house can tell the time just by the smell. You can see why I hate Chris. I thought my idea was pretty good, but his idea is genius, and at the time, I knew his idea was better than mine, but I just couldn't explain why. One thing you have to know about me is I hate to lose. This problem's been bugging me for well over a decade.

All right, let's get back to the question of why sex is so good. Many years after the solar powered clocks project, a young lady I knew suggested maybe sex is so good because of the five senses. And when she said this, I had an epiphany. So I decided to evaluate different experiences I had in my life from the point of view of the five senses.

To do this, I devised something called the five senses graph. Along the y-axis, you have a scale from zero to 10, and along the x-axis, you have, of course, the five senses. Anytime I had a memorable experience in my life, I would record it on this graph like a five senses diary.

Here's a quick video to show you how it works.

(Video) Jinsop Lee: Hey, my name's Jinsop, and today, I'm going to show you what riding motorbikes is like from the point of view of the five senses. Hey!

Bike designer: This is [ unclear ], custom bike designer.

(Motorcyle revving) [ Sound ] [ Touch ] [ Sight ] [ Smell ] [ Taste ]

JL: And that's how the five senses graph works.

Now, for a period of three years, I gathered data, not just me but also some of my friends, and I used to teach in university, so I forced my -- I mean, I asked my students to do this as well. So here are some other results. The first is for instant noodles. Now obviously, taste and smell are quite high, but notice sound is at three. Many people told me a big part of the noodle-eating experience is the slurping noise. You know. (Slurps) Needless to say, I no longer dine with these people.

Okay, next, clubbing. Okay, here what I found interesting was that taste is at four, and many respondents told me it's because of the taste of drinks, but also, in some cases, kissing is a big part of the clubbing experience. These people I still do hang out with.

All right, and smoking. Here I found touch is at [ six ], and one of the reasons is that smokers told me the sensation of holding a cigarette and bringing it up to your lips is a big part of the smoking experience, which shows, it's kind of scary to think how well cigarettes are designed by the manufacturers. Okay. Now, what would the perfect experience look like on the five senses graph? It would, of course, be a horizontal line along the top. Now you can see, not even as intense an experience as riding a motorbike comes close. In fact, in the years that I gathered data, only one experience came close to being the perfect one. That is, of course, sex. Great sex. Respondents said that great sex hits all of the five senses at an extreme level. Here I'll quote one of my students who said, "Sex is so good, it's good even when it's bad." So the five senses theory does help explain why sex is so good.

Now in the middle of all this five senses work, I suddenly remembered the solar-powered clocks project from my youth. And I realized this theory also explains why Chris' clock is so much better than mine. You see, my clock only focuses on sight, and a little bit of touch. Here's Chris' clock. It's the first clock ever that uses smell to tell the time. In fact, in terms of the five senses, Chris' clock is a revolution.

And that's what this theory taught me about my field. You see, up till now, us designers, we've mainly focused on making things look very pretty, and a little bit of touch, which means we've ignored the other three senses. Chris' clock shows us that even raising just one of those other senses can make for a brilliant product.

So what if we started using the five senses theory in all of our designs? Here's three quick ideas I came up with.

This is an iron, you know, for your clothes, to which I added a spraying mechanism, so you fill up the vial with your favorite scent, and your clothes will smell nicer, but hopefully it should also make the ironing experience more enjoyable. We could call this "the perfumator."

All right, next. So I brush my teeth twice a day, and what if we had a toothbrush that tastes like candy, and when the taste of candy ran out, you'd know it's time to change your toothbrush?

Finally, I have a thing for the keys on a flute or a clarinet. It's not just the way they look, but I love the way they feel when you press down on them. Now, I don't play the flute or the clarinet, so I decided to combine these keys with an instrument I do play: the television remote control. Now, when we look at these three ideas together, you'll notice that the five senses theory doesn't only change the way we use these products but also the way they look.

So in conclusion, I've found the five senses theory to be a very useful tool in evaluating different experiences in my life, and then taking those best experiences and hopefully incorporating them into my designs.

Now, I realize the five senses isn't the only thing that makes life interesting. There's also the six emotions and that elusive x-factor. Maybe that could be the topic of my next talk. Until then, please have fun using the five senses in your own lives and your own designs.

Oh,one last thing before I leave. Here's the experience you all had while listening to the TED Talks. However, it would be better if we could boost up a couple of the other senses like smell and taste. And the best way to do that is with free candy.

You guys ready?

All right.

(Applause)

In an age of global strife and climate change,/ I'm here/ to answer the all important question:/ Why is sex so damn good?//

国際競争と気候変動の時代 重要な質問に答えるために私はやってきました なぜセックスはそんなにいいものなのか

If you're laughing,/ you know/ what I mean.//

笑っているということは 分かっているのですね

Now,/ before we get to that answer,/ let me/ tell you/ about Chris Hosmer.//

さて その答えを語る前に クリス・ホズマーについて話をさせてください

Chris is a great friend of mine/ from my university days,/ but secretly,/ I hate him.//

大学時代の友人です 実は嫌なヤツです

Here's why.// Back/ in university,/ we had a quick project/ to design some solar-powered clocks.//

というのも 大学時代 クリスと僕は 太陽力時計のデザインに携わってました

Here's my clock.//

これが私の時計です

It uses/ something called the dwarf sunflower,/ which grows to about 12 inches/ in height.//

ミニヒマワリという高さ30センチほどの 花を利用しています

Now,/ as you know,/ sunflowers track the sun/ during the course of the day.//

ご存知のとおりヒマワリは 一日中太陽の方向を向くのです

So/ in the morning,/ you see/ which direction/ the sunflower is facing,/ and you mark it/ on the blank area/ in the base.//

朝 このヒマワリがどちらを向いているかを 下部にマークしておいて

At noon,/ you mark the changed position of the sunflower,/ and in the evening again,/ and that's your clock.//

正午にはまたヒマワリの方向をマークします 夜も同じようにします それがこの時計です

Now,/ I know/ my clock doesn't tell you/ the exact time,/ but it does give you/ a general idea/ using a flower.//

この時計では正確な時刻がわかりませんが 花を使うアイデアは新しいでしょう

So,/ in my completely unbiased, subjective opinion,/ it's brilliant.//

我ながら この発明はすばらしいと思います

However,/ here's Chris/' clock.//

クリスの時計はこちらです

It's five magnifying glasses/ with a shot glass/ under each one.//

虫眼鏡が5つあって それぞれの下にグラスがあります

In each shot glass is a different scented oil.//

グラスには異なる香油が入っています

In the morning,/ the sunlight will shine down/ on the first magnifying glass,/ focusing a beam of light/ on the shot glass underneath.//

朝になると日光が 最初の虫眼鏡に降り注ぎ 虫眼鏡がその熱を下のグラスに集めます

This will warm up/ the scented oil inside,/ and a particular smell will be emitted.//

中の香油は温められ その香りが発せられます

A couple of hours later,/ the sun will shine on the next magnifying glass,/ and a different smell will be emitted.//

数時間後には 日光は 次の虫眼鏡に降り注ぎ違う香りを発します

So/ during the course of the day,/five different smells are dispersed throughout that environment.//

つまり一日の間に 5つの異なる香りが発せられ

Anyone/ living in that house can tell the time just/ by the smell.//

家の人は香りだけで 時間がわかるのです

You can see/ why I hate Chris.//

私がクリスを嫌う理由がわかりましたか?

I thought/ my idea was pretty good,/ but his idea is genius,/ and at the time,/ I knew/ his idea was better/ than mine,/ but I just couldn't explain why.//

私のアイデアも悪くはなかったのですが クリスのアイデアは天才的でした 当時 クリスのアイデアの方が良いとわかっていましたが 理由はわかりませんでした

One thing/ you have to know/ about me is I hate to lose.//

実は 私は 負けず嫌いなのです

This problem's been bugging me/ for well over a decade.//

この性格のせいで長い間苦しんでいます

All right,/ let's get back/ to the question of why sex is so good.//

それでは話を戻しましょうなぜセックスはそんなにいいものなのか

Many years/ after the solar powered clocks project,/ a young lady/ I knew suggested/ maybe sex is so good/ because of the five senses.//

太陽力時計から数年後 友人の若い女性がこんなことを言いました 「セックスが素晴らしいのは五感のせいだろう」と

And when she said this,/ I had an epiphany.//

この言葉を聞いた瞬間にひらめきました

So I decided to evaluate/ different experiences/ I had in my life/ from the point of view of the five senses.//

人生のあらゆる体験を五感で計測することを 思いついたのです

To do this,/ I devised/ something called the five senses graph.//

そのために五感グラフというものを発明しました

Along the y-axis,/ you have a scale/ from zero/ to 10,/ and along the x-axis,/ you have,/ of course,/ the five senses.//

Y軸には0から10までの数字があり X軸は当然ですが 五感です

Anytime/ I had a memorable experience/ in my life,/ I would record it/ on this graph/ like a five senses diary.//

心に残る体験をするたびに このグラフに記録するのです五感日記のようなものです

Here's a quick video/ to show you/ how it works.//

どういうことか 動画で説明しましょう

(Video)/ Jinsop Lee:/ Hey,/ my name's Jinsop,/ and today,/ I'm going to show/ you/ what riding motorbikes is like from the point of view of the five senses.// Hey!//

ジンソップ・リー:こんにちは ジンソップです 今日はバイクに乗ることは 五感ではどのように見えるかお見せしたいと思います

バイクデザイナー:改造バイクデザイナーです

(Motorcyle/ revving) [ Sound ] [ Touch ] [ Sight ] [ Smell ] [ Taste ]//

(爆音) [聴覚] [触覚] [視覚] [嗅覚] [味覚]

JL:/ And that's/ how the five senses graph works.//

これが五感グラフです

Now,/ for a period of three years,/ I gathered data,/ not just/ me/ but also/ some of my friends,/ and I used to teach/ in university,/ so I forced my --/ I mean,/ I asked my students/ to do this/ as well.//

過去3年間データをとってみました 私だけでなく友人の分もです 以前に大学で教えていた頃には力づくで…いえいえ 当時の生徒たちにも協力をお願いしました

So here are some other results.//

こちらがその結果です

The first is for instant noodles.//

最初のものはインスタント・ラーメンのグラフ

Now obviously,/ taste and smell are quite high,/ but notice sound is at three.//

味覚と嗅覚が非常に高いでしょう 一方で聴覚はわずか3です

Many people told me/ a big part of the noodle-eating experience is the slurping noise.//

多くの人がラーメンを食べることの醍醐味は あの麺をすする音にあると言います

You know.// (Slurps)/ Needless to say,/ I/ no longer dine/ with these people.//

この音です もうそういう人と一緒に食事をしたくはないですね

Okay,/ next, clubbing.//

次はナイトクラブです

Okay,/ here/ what I found/ interesting was/ that taste is at four,/ and many respondents told me/ it's because of the taste of drinks,/ but also,/ in some cases,/ kissing is a big part of the clubbing experience.//

興味深いのは 味覚が4という部分です 被験者の多くが それは飲み物の味のせいだと言うのです しかし 実はナイトクラブでのキスのせいかもしれません

These people/ I still do hang out/ with.//

こんな人たちとまだ私は付き合っているのです

All right,/ and smoking.//

さて こちらは喫煙です

Here/ I found/ touch is at [ six ],/ and one of the reasons is/ that smokers told me/ the sensation of holding a cigarette/ and bringing it/ up/ to your lips is a big part of the smoking experience,/ which shows,/ it's kind of scary/ to think/ how well cigarettes are designed by the manufacturers.//

触覚が6で ある喫煙家はそれを タバコを手にした喜びのせいだろうと言いました そしてタバコを口にくわえる行為を含めて喫煙体験なのだと あまり考えたくないですが 企業がタバコのデザインに凝る理由がわかりますね

Okay.// Now,/ what would the perfect experience look/ like on the five senses graph?//

さて では五感グラフで完璧な体験とは どのようなものになるでしょう?

It would,/ of course,/ be a horizontal line/ along the top.//

当然ですが それは最大値の水平線です

Now/ you can see,/ not/ even as intense/ an experience/ as riding a motorbike comes close.//

お分かりのようにバイクに乗るというような すごい体験でさえ完璧な体験からは程遠いのです

In fact,/ in the years/ that I gathered data,/ only one experience came close/ to being the perfect one.//

実際 データを収集しているなかで 1つだけ完璧に近い結果になりました

That is,/ of course,/ sex.// Great sex.//

セックスです 良いセックスです

Respondents said/ that great sex hits all of the five senses/ at an extreme level.//

被験者たちは言います 良いセックスは五感を最高レベルに導くと

Here/ I'll quote one of my students/ who said,/ "Sex is so good,/ it's good even when/ it's bad."//

生徒の一人はこう言っています 「セックスはいいものだ悪い時でさえいいものだ」と

So the five senses theory does help explain/ why sex is so good.//

五感理論は なぜセックスが そんなにもいいものなのかを説明してくれます

Now/ in the middle of all this five senses work,/ I suddenly remembered/ the solar-powered clocks project from my youth.//

この五感グラフのプロジェクトの最中に 突然 若いころの太陽力時計を 思い出しました

And I realized this theory also explains/ why Chris/' clock is so much better/ than mine.//

この五感理論はクリスの時計の方が 優れていた理由も説明してくれたのです

You see,/ my clock only focuses on sight,/ and a little bit of touch.//

私の時計は視覚とわずかな触覚に 訴えるだけでした

Here's Chris/' clock.//

でもクリスの時計は

It's the first clock ever/ that uses smell/ to tell the time.//

嗅覚で時を知らせる最初の時計です

In fact,/ in terms of the five senses,/ Chris/' clock is a revolution.//

五感に関しては クリスの時計は革命的です

And that's/ what this theory taught me/ about my field.//

私の専門分野についてもこの考えは教えてくれました

You see,/ up till now,/ us designers,/ we've mainly focused on making things look very pretty,/ and a little bit of touch,/ which means/ we've ignored the other three senses.//

今まで私たちデザイナーは 作品をどう見せるかばかりを考えていました 手触りも少しは気にしてはいましたが ほかの3つの感覚は無視してきたのです

Chris/' clock shows us/ that even/ raising just one of those other senses can make for a brilliant product.//

クリスの時計は他の3つの感覚のうち 1つを取り入れただけでも優れたものになることを教えてくれたのです

So/ what if we started using/ the five senses theory/ in all of our designs?//

五感理論をデザインに取り入れたら どうなるでしょう?

Here's three quick ideas/ I came up/ with.//

こちらが私が思いついた3案です

This is an iron,/ you know,/ for your clothes,/ to/ which I added a spraying mechanism,/ so you fill up/ the vial/ with your favorite scent,/ and your clothes will smell nicer,/ but hopefully/ it should also make the ironing experience more enjoyable.//

アイロンです 衣服に使うやつです そこにスプレーの機能を取り入れてみました その容器を好きな香りで満たせば あなたの服もいい香りがするのです 同時に アイロンがけという体験を さらに楽しいものにしてくれるといいですね

We could call this "the perfumator."//

この作品を「パフューメーター」と名付けました

All right,/ next.//

次です

So I brush my teeth/ twice a day,/ and what if we had a toothbrush/ that tastes like candy,/ and when the taste of candy ran out,/ you'd know it's time/ to change your toothbrush?//

私は1日2回歯を磨きます 歯ブラシがもしキャンディの味だったら どうでしょう? キャンディの味がしなくなったら 歯ブラシを取り換えるタイミングだったらどうですか?

Finally,/ I have a thing/ for the keys/ on a flute or a clarinet.//

最後に 私はフルートやクラリネットのキーが大好きです

It's not just the way/ they look,/ but I love the way/ they feel/ when you press down/ on them.//

デザインではなく 指で押さえた時の感覚が最高です

Now,/ I don't play the flute or the clarinet,/ so I decided to combine/ these keys/ with an instrument/ I do play:/ the television remote control.//

私はフルートやクラリネットを吹かないので 普段使う機器にこの機能を取り入れてみました テレビのリモコンです

Now,/ when we look at these three ideas together,/ you'll notice/ that the five senses theory doesn't only change the way/ we use these products/ but also/ the way/ they look.//

さて 3つのアイデアを見てもらいましたが この五感理論によって 使い方を変えるだけでなく デザインも変えてしまいます

So/ in conclusion,/ I've found the five senses theory/ to be a very useful tool/ in evaluating different experiences/ in my life,/ and then taking/ those best experiences/ and hopefully incorporating/ them/ into my designs.//

つまり五感理論は 異なる体験を計測し その中からすばらしい体験を デザインに取り入れるために 非常に有益なのです

Now,/ I realize/ the five senses isn't the only thing/ that makes life interesting.//

さて 五感だけが 生活を豊かにする わけではありません

There's also/ the six emotions and/ that elusive x-factor.//

6つの感情もありますし まだ未知なるXという要素もあるのです

Maybe/ that could be the topic of my next talk.//

それが私の次のトピックとなるでしょう

Until then,/ please have fun using/ the five senses/ in your own lives and your own designs.//

そのときまで あなたの生活とデザインに 五感を取り入れて楽しんでみてください

Oh,/one last thing/ before I leave.//

最後にもう一つ

Here's the experience/ you all had/ while listening to the TED Talks.//

このTEDトークを聞いている最中の みなさんの体験がこちらです

However,/ it would be better/ if we could boost up/ a couple of the other senses/ like smell and taste.//

もっと嗅覚と味覚などの他の感覚値が 上がることが望ましいです

And the best way to do that is with free candy.//

キャンディをお配りすれば 簡単に実現できます

You guys ready?//

いきますよ

All right.//

以上です

(拍手)

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

strife

『争い』,けんか

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

damn

…'を'『けなす』,酷評する

〈神が〉〈人〉'を'地獄に落とす,永遠に罰する

…'を'破滅させる,だめにする

…'を'のろう

〈U〉〈C〉ののしり,けなし

〈C〉《話》《否定文に用いて》《a~》少し

=damned

=damnation

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

secretly

内密に,こっそり(in secrecy)

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

clock

『時計』

(時計・ストップウォッチなどで)…‘の'時間を計る;〈ある時間〉'を'計る

dwarf

(童話の)『こびと』,一寸法師

(人間の)こびと

普通よりずっと小さい動物(植物)

(対照的に)…‘を'小さく見せる

〈植物など〉‘の'自然な成長を妨げる

(並みはずれて)小さい[種類の]

sunflower

ヒマワリ

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

blank

(紙が)『白紙の』;(欄が)空白の,書き入れていない

がらんとした,からの(empty);なんの装飾もない

『ぼんやりした』,うつろな,無関心な

全くの

『空白』,空所

書き込み用紙(form)

空虚;空(くう)の部分

(語句・文学を伏せる場所に用いる)ダッシュ'‐':Mr-某氏

(またblank cartridge)(銑火器の)空包

…'を'消す,削除する《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

《米》〈相手〉‘に'試合で得点させない

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

noon

(また『noonday,noontide,noontime』)『正午』;真昼(midday)

《the noon》)…の)最盛期《+『of』+『名』》

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

completely

『完全に』,全く,十分に

subjective

(思想や感情が)主観的な,主観による

(芸術や芸術家が)主観的に表現する

(文法で)主格の

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

magnify

〈レンズなどが〉…‘を'『拡大うる』

〈危険・問題など〉‘を'誇張する

〈レンズなどが〉物を拡大して見せる

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

shot

shootの過去・過去分詞

scent

〈U〉〈C〉『におい』(smell),かおり,香気

〈C〉《単数形で》(動物・人が残す)『臭跡』

〈C〉《単数形で》(人・物を見つけ出す)経路,方法,手がかり

〈U〉《しばしばA~》嗅覚

〈U〉《おもに英》香水

〈猟犬などが〉…‘を'かぎつける《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈人が〉…‘を'かぎつける,感づく;〈…だ〉‘と'感づく《+『that節』》

《通例受動態で》…‘に'香水をつける;(香水などで)…‘を'におわせる,よいかおりにする《+『with』+『名』》

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

sunlight

日光(sunshine)

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

beam

〈C〉(建設の)『はり』,『けた』,横材

〈C〉(船の甲板を支える)横はり

〈C〉(はかりの)さお;(織機の)糸巻き

〈C〉『光線』,光束

〈C〉(顔などの)『輝き』,晴れやかさ

〈C〉(船舶・航空機用の)信号電波

〈U〉最大船幅

《副詞[句]を伴って》『輝く』,光を発する

(…に)顔を輝かせる《+『at』(『on, upon』)+『名』》

〈光・熱〉'を'出す,発散する

(…に向けて)〈放送・無線信号〉'を'送る《+『名』+『at』(『to』)+『名』》

…'を'顔を輝かせて言う

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

disperse

…‘を'『四方に散らす』

…‘を'追い払う;〈不安など〉‘を'消し去る

〈微粒子〉‘を'分散させる;〈光〉‘を'分光する

…‘を'各所に配置する

『散らばる』,分散(離散)する

〈微粒子が〉分散する,〈光が〉分光する

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

bug

《米》昆虫,(一般に)虫;(特に)カデトムシ(beetle)

《おもに英》=bedbug

《話》病原菌

《話》(機械の)故障

《話》(病的な)熱狂家;《the ~》…熱

《話》隠しマイク

…‘に'隠しマイクを取リ付ける

《おもに米》…'を'悩ます,てこずらせる

decade

『10年間』

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

evaluate

…‘を'評価する,‘の'数量を見積る

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

graph

グラフ,図表

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

y-axis

(グラフの)y軸,縦軸

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

x-axis

(グラフの)x軸,横軸

anytime

いつでも(at any time)

きまって,常に

memorable

忘れられない,記憶に値する

注目すべき,きわだった

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

diary

『日記』,日記帳,日誌

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

Lee

リー将軍(Robert Edward ~;1807‐70;南北戦争における南軍の総司令官)

motorbike

《話》

モーターバイク(小型の原動機を取り付けた自転車)

小型オートバイ

bike

=bicycle

designer

『設計者』,デザイナー

unclear

はっきりしない

custom

〈U〉〈C〉(社会の)『習慣』,『風習』,慣例

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』

〈U〉(客の商人に対する)ひいき,愛顧,引き立て《集合的に》得意先

《複数形で》関税;《the customs》税関

注文で作った,あつらえの

rev

(エンジン・モーターなどの)回転(revolution)

〈エンジン〉‘の'回転を増す《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈モーターが〉大きな速度で回転する《+『up』》

急速に活動する《+『up』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

datum

dataの単数形

既知の事実

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

instant

『一瞬の間』,瞬間(moment)

《the,this,thatなどを伴って》(…の)ちょうどその瞬間,まさに(…の)時

『即時の』,すぐの,即刻の

《名詞の前にのみ用いて》『急の』,緊急の(urgent)

『即席の』,インスタント[料理]の

《古》今月の

noodle

ヌードル(平打ちうどんの類;スープなどに入れる)

obviously

明らかに,明白に

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

slurp

…‘を'音をたてて飲む(食べる)

音をたてて飲む(食べる)

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

needless

『不必要な』

dine

(一日のおもな食事として)正餐(晩餐)をとる

okay

=OK,O.K.

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

respondent

答える,応答する

反応する

(特に離婚裁判の)被上訴人,被告,被告人

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

smoking

煙ること

喫煙

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

smoker

喫煙家

(また『smoking car』)喫煙車

《まれ》男だけの楽しみの集まり

sensation

〈U〉〈C〉(五感による)『感覚』,知覚

〈C〉(¨の)感じ,気持ち

〈C〉〈U〉大評判,センセーション;大評判になった人(物,事)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

lip

〈C〉『くちびる』,口もと

《複数形で》(発音器官としての)くちびる,口

〈U〉《俗》生意気な言葉

〈C〉(容器などの)口,へり,縁;(峡谷・火山などの)口

〈C〉(植物の)唇弁(しんべん)

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

manufacturer

(大規模な)『製造業者』,工場主;製作者

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

horizontal

『水平線の』,地平線の;水平の,水平面の

水平の位置;水平線(面)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

suddenly

『突然に』,だしぬけに

youth

〈U〉『若さ』,年の若いこと;若々しさ,元気

〈U〉『青年時代』,青春[期];(時代などの)初期

〈C〉《しばしば軽べつして》『青年』,若者,(特に)若い男

〈U〉《集合的に》《単数・複数扱い》《文》青年,若者たち(young people)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

mainly

『おもに』,もっぱら(chiefly);大部分は

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

iron

〈U〉『鉄』

〈U〉鉄のように堅い(強い,冷たい)こと

〈C〉鉄製の器具

〈C〉[電気]『アイロン』

〈C〉アイアン(球を打つ部分が金属のゴルフクラブ)

〈C〉《複数形で》手かせ,足かせ

《名詞の前にのみ用いて》『鉄の』,鉄製の

鉄のように堅い(強い,冷たい)

…‘に'アイロンをかける

〈人が〉アイロンをかける

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

spray

(花・葉・実をつけた)小枝;小枝形の装飾;小枝模様

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

vial

=phial

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

enjoyable

楽しろい,愉快な,楽しめる

brush

『ブラシ』,『はけ』,毛筆,画筆

ブラシをかけること;絵筆を使うこと,画法

ブラシに似た物;キツネのしっぽなど

小ぜり合い,いざこざ

(…が)さっとかすること《+『of』+『名』》

(モーターの)ブラシ,刷子

…‘に'『ブラシをかける』,'を'ブラシでこする(みがく,払う)

(ブラシをかけるようにして,手で)…'を'払いのける

(通りすがりに)…'を'さっとかする

(…を)かすめて通る,かする《+『past』(『by』,『against』)+『名』》

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

toothbrush

歯ブラシ

candy

《米》『砂糖菓子』,キャンデー(《英》sweets)

《英》氷砂糖(sugar candy)

…を砂糖づけにする 砂糖で煮る

(煮つめて)‥'を'結晶させる

‥'を'甘くする

氷砂糖状に固まる

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

flute

『フルート』,横笛

(柱の)浅くて丸みを帯びた縦溝

フルーとを吹く

フルートのような音を出す

…‘を'フルートの音のような声で話す(歌う)

(柱・パイの皮など)‘に'縦溝をつける(彫る)

clarinet

クラリネット(木管楽器)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

remote control

遠隔操作,リモコン(リモートコントロール)

リモコンの

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

incorporate

〈事業など〉‘を'法人[組織]にする

(…に)…‘を'合併する,編入する,組み入れる,加入させる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》,(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

〈団体などが〉(…と)合併する,一体となる《+『with』+『名』》

法人[組織]の

合併した,一体となった

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

elusive

(うまく)逃げる,捕まえにくい

理解しにくい,説明しにくい

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

boost

しり押し,後押し

値上げ,増加

(後ろ・下から)…'を'押し上げる

…'を'後援する,‘に'力を入れる

〈値段など〉'を'引き上げる,増やす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画