TED日本語 - ケン・ロビンソン: 教育の死の谷を脱するには

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

人の精神が豊かに花開くために必要な3つの条件と、現在の教育風土がいかにそれに反したものであるかをケン・ロビンソン卿が語ります。可笑しくも心動かされるこの講演で彼が示すのは、私達の直面している教育の「死の谷」をどうすれば脱することができるのか、どうすれば若い世代を可能性の土壌で育むことができるのかということです。

Script

ありがとうございます

私は 12年前妻と2人の子供を連れ アメリカに移住してきました でも 実際にはそこはロサンゼルスでした (笑) アメリカに来たつもりだったのに もっとも ロサンゼルスは近いですけどね アメリカに

12年前に越してきたとき いろんなことを聞きましたよ たとえば「アメリカ人は皮肉を理解しない」とか 聞いたことあるでしょう? 正しくありません私はアメリカの至る所に行きましたが アメリカ人が皮肉を理解しないと示すものはありませんでした 文化に関する一種の神話ですね 「イギリス人は控えめだ」というのもそうですが 何故そんな風に思うのか気が知れません 我々イギリス人は 出会った国を片っ端から侵略してきたというのに (笑) アメリカ人が皮肉を理解しないなんてのも嘘です ただ皆さんのことを 陰でそう言う人がいるのを知っておいてください ヨーロッパでは 皆さんがいなくなると 言ってるんです 目の前で言わないだけマシですが

私はある法案を目にした時 アメリカ人も皮肉を言うのがわかりました『落ちこぼれゼロ法』です これが皮肉であることは一目瞭然ですよね (笑) (拍手) 何百万という子供達が落ちこぼれているわけですから そのままじゃ 法案として聞こえが悪いのは分かります 『落ちこぼれだらけ法』というのではね 「その計画の中身は?」 「何百万という子供を 落ちこぼれさせますこんな手はずで - 」

そして見事に成功しました 地域によっては 6割もの子供が高校を中退しています 先住民コミュニティの場合 8割が中退します もし中退者の数を半分に減らせたなら それによりアメリカ経済は10年に渡って 1兆ドル近くの経済効果を得られると試算されています 経済的に得な話ですよね? やるべきでしょう 落ちこぼれ問題の後始末には 膨大なコストがかかります

しかし落ちこぼれ問題は氷山の一角に過ぎません そこで考慮に入っていないのは 通学はしていても 真面目にやっていない楽しんでいない 実のある恩恵を何も受けていない子供達です

これはお金の問題ではありません アメリカは他の国と比べ 教育にお金をかけています 学級のサイズも多くの国より小さいし 教育を改善するための何百という活動が 毎年行われています 問題は みんな間違った方向を向いていることです 人の人生が 豊かに花開くための3つの条件がありますが それが教育風土によって否定され 教育が教師には単なる労働 生徒には我慢するだけのものになっているのです

条件の1番目は 人間とは そもそも多種多様な存在だということです

子供がいるという人 手を挙げて頂けますか? 孫がいるという人は? 子供が2人以上いるという人は? 他の人も見たことぐらいあるでしょう? (笑) あの小さくて良く動き回る人間のことです 1つ賭をしましょう 絶対勝つ自信があります もし2人以上子供がいるなら その子達は まったく違っているでしょう? どうです? (拍手) 取り違えたりはしませんよね? 「お前どっちだっけ? 今度から間違わないように お前達を色分けすることにママと決めたから」

『落ちこぼれゼロ法』の教育は 多様性ではなく画一性に基づいています 学校がするように求められているのは ごく狭い範囲の領域で子供の能力を見るということです 『落ちこぼれゼロ法』の影響の1つが 科学技術分野の偏重です STEM分野は確かに重要です 科学や数学に反対する気はありません 必要には違いないですがそれで十分ではありません 教育は 芸術 人文 体育にも 同様に重きを置くべきです 実に多くの子供達が - (拍手) ある推計によると現在アメリカでは 子供達の10%近くが 注意欠如 多動性障害に分類される 種々の症状があると診断されています そんなの嘘っぱちだとは言いませんが そんなに蔓延しているとは考えられません 子供に座ったまま何時間も 低級な事務作業をやらせたなら ソワソワし始めてもおかしくはないでしょう (笑) (拍手) 子供達は多くの場合 精神症状を患っているのではなく 子供時代を患っているのです (笑) なぜ私に分かるかというと 実は私にも 子供時代の経験があるからです 子供が一番伸びるのは広範なカリキュラムにより 様々な才能が認められる場合であって 限定した場合ではありません ちなみに 芸術はそれ自体重要なだけでなく 数学も伸ばします それ以外の方法では 触れられることのない子供達の部分に触れるからです

2番目の - (拍手)

人の人生を花開かせる2番目の条件は 好奇心です 子供の好奇心に火を点けることができれば さほど助けなくとも子供達は自分で学んでいきます 子供は生来の学習者なんです 子供の能力を生かすか殺すかというのは とても大きなことです 好奇心は達成のための原動力です 私がそう言うのは アメリカにおける現在の文化が 教師をおとしめてきたからです 世界を見ても アメリカ国内を見ても 学校が教師より優れていることはありません 教師は学校の成功の源泉なのです 教えるというのはクリエイティブな仕事です 教えることの本質は配達ではありません 教師は単なる情報の受け渡し役ではないのです 優れた教師もそれはしますが それだけでなく導き 刺激し 引き出し関わるのです 教育は 学びのためのものです 学びのない所に 教育はありません なのに 延々と教育の議論をしながら 学びを語らないなんてことが起こります そもそも教育の目的は学ばせることなのに

私の古い友人で実際すごく古く - とうに死んでるんですが - (笑) 年取るとそうなりがちですね - でも彼は素晴らしい人でした素晴らしい思想家で よく行為における作業と達成の違いについて 語っていました 取り組んではいるけれど 達成はしない という - ダイエットが良い例ですがそういうことが ありますよね 「彼はダイエットしてるんだ」「体重は減ったの?」「ちっとも」 教えるのも同じです 「デボラ先生は34番教室で教えています」 でも誰も何も学んでいなければ 先生は教えるという作業に 従事していてもそれを実現してはいないわけです

教師の役割は 学びを促すことそれに尽きます 私が思うに 問題は 教育が 教え学ぶことよりテストすることに 重点を置くようになったことにあります テストは重要で標準テストにも役割はあります でもテストが 教育の中心になるべきではありません 診断と補助にとどめるべきです (拍手) もし私が病院で検査を受けるとしたら 標準的なテストがあって欲しいと思います 自分のコレステロールが 標準と比べてどうなのか知りたいと思います かかりつけの医者が 車の中で思い付いたような単位で言われたくはありません

「あなたのコレステロールはオレンジ・レベルでしたよ」

「それっていいの? 悪いの?」「さあね」

テストは学びを助けるものであって妨げるものであってはいけません 実際にはよくそうなっていますが - 私達の文化は好奇心に従うよりも 決められた通りにすることを良しとしています 子供も 教師も 想像力や好奇心の力に興奮する代わりに 決まった手順通りにするよう求められているんです 条件の3番目は 人間は本質的にクリエイティブだということです 2つと同じ履歴書がないのはそのためです 私達は自分の人生を築き 進みながら作りかえていきます 創造性は人間に共通するものなんです だから人間の文化はかくも興味深く 多様で 動きに富んでいるのです 他の動物にも想像力や創造性は あるかもしれませんが人間ほど はっきりしていません 犬を飼っている人なら 犬も落ち込むことがあるのが分かるでしょう でもレディオヘッドの哀愁的な曲を聴いたりはしませんよね? (笑) バーボン片手に窓の外を眺めもしないでしょ? (笑)

「散歩にでも行かない?」と聞くと

「ああ 僕はいいよ 行っておいで後で写真を見せてね」

他の可能性や選択肢を絶えず思い描きながら 私達は人生を形作っていきます 教育の役割は この創造力を呼び覚まして伸ばすということです ところが現実にやっているのは標準化です

そんな風である必要はないんです本当に フィンランドは よく数学 科学 読解力のランクで トップになっていますが この結果からは現行のテスト科目について 優秀だということしかわかりません そこがテストの問題点です 他の重要なことに目を向けないのです フィンランドで肝心なのは テスト科目だけにこだわっていないということです 教育に対して 幅広いアプローチを取っていて人文 体育 芸術にも力を入れています

重要なことの2つ目はフィンランドには標準テストがないこと 少しはありますが そのために朝起きたり そのために勉強したりはしません

3つ目フィンランドから来た人達に 最近お会いしたんですが - フィンランド人でしたよ その人達にアメリカの教育界の人が 尋ねました 「中退者が多いのは頭の痛い問題ですよね?」

彼らは当惑しながら答えました 「中退というのはありません どうして中退するんですか? 問題を抱えている子がいたらすぐ - 助けの手を差し伸べています」

こう言うと決まって反論する人がいます 「フィンランドとアメリカじゃ同じようにはいかない」

そんなことありません フィンランドの人口は5百万人ほどなので アメリカの州となら比較できます アメリカの州の多くは人口がそれより少ないでしょう ある州にいた時なんか その州に私1人しかいなかったこともあります (笑) 本当ですって出る時は鍵を閉めるように頼まれましたから (笑)

世界中の成績の良い所では皆やっていることが あいにくと今のアメリカでは ほとんど見受けられません 1つは 教え学ぶことを個別化するということ 成果を出している所では学ぶのは生徒であり システムは 生徒を巻き込みその好奇心 個性 創造力に 応えるべきものと認識されています そうしてこそ 生徒は学ぶようになるのです

第2に 教育者の社会的地位が とても高いということ 優れた人を教師にし絶えず彼らを支え 成長できるようにしなければ 教育を改善することなど出来ないと 理解しています 能力開発というのはコストではありません 投資です 成功している国はどこでもそれが分かっています オーストラリアにせよカナダ 韓国 シンガポール 香港 上海みんなそのことを知っています

第3に 彼らは教育の仕事を 学校に一任しています 管理統制式の教育とは 大きな違いがあります よく見られるのは 中央政府や州政府が 一番分かっているのは 自分たちだと考え指示を出すというものです 問題は 教育は委員会や議会の中で 起きるのではないことです 学校や教室で起きるのです そしてそれをするのは教師であり生徒です 彼らから裁量を取り上げたら教育は機能しなくなります 現場の人々に権限を返す必要があります (拍手)

アメリカでも素晴らしい教育は行われています でもそれは教育界で支配的な文化の - 助けによってではなくその邪魔にも関わらず 起きているのです みんな絶えず向かい風に立ち向かっているようなものです 私がそう思う理由は 現在の政策の多くが 機械的な教育観に基づいているためです 教育は工業プロセスであり 優れたデータさえあれば改善できるというのです 政策立案者の脳裏にあるのは 上手く調整し ちゃんと設定しさえすれば すべては 上手く進み続けるという思い込みです そうは行かないし行ったためしもありません

肝心なのは教育は機械的なシステムではなく 人間的なシステムだということです人に関わるものです 学びたい人もそうでない人もいます 学校をやめていく生徒にはその人なりの事情や 理由があります 退屈だったのか意味がないと思ったのか 学校の外の人生の方が 見込みがあると思ったのか その時々での傾向はありますが事情はいつでも固有のものです ロサンゼルスで最近代替教育に関する― 会議があって出席してきました 代替教育の目的は子供達を教育の場に連れ戻すことで 共通する特徴がいくつかあります 個人個人に合わせていること 教師への強力なサポート コミュニティとの結びつき 広範で多様なカリキュラム 校内だけでなく校外での プログラムがあることなど それが機能しているのです 興味深いのは それが 「代替教育」と呼ばれていることです 世界中の証拠が示すとおり これが普通になれば代替の必要はないのです (拍手)

私達には違ったメタファーが必要です 教育は人間的なシステムであり 人が上手くやっていける条件上手くいかない条件があることを 認識しなければなりません 私達はつまるところ有機的な生き物であり 学校という土壌は極めて重要です 土壌というのは有機的なものですよね?

我が家から遠からぬところにデスバレーという場所があります アメリカで最も暑く乾いた土地で 何も育ちません 雨が降らないからです それゆえデスバレー(死の谷)というわけです そのデスバレーに2004年の冬雨が降りました ごく短時間に180ミリの雨が降ったんです そして2005年の春にあることが起きました デスバレーが一面の花で覆われたのです これが示しているのはデスバレーは死んではいないということです 眠っているのです その表面下には可能性の種があり 適切な条件が整うのを待っているのです そして有機的なシステムにおいては条件さえ整ったなら 生命は必然なのです常に起きていることです 学校であれ 地域であれ 条件を変え人々に違った可能性の感覚を与え 異なる期待を与え より広い範囲の機会を与え 先生と生徒の関係を大切にし クリエイティブになって革新的なことをやれる 裁量を与えるなら しおれていた学校に生命があふれ出すでしょう

優れたリーダーなら分かることです 教育におけるリーダーシップの役割は - これは国 州 学校どのレベルにも 当てはまることですが 管理統制であってはいけません リーダーシップの真の役割は環境を整えること 可能性の風土を作り出すことです そうしたら 人々はそれに応じて 想像もしなかったようなことを 成し遂げるでしょう

ベンジャミン・フランクリンの素晴らしい言葉があります 「世界には3種類の人間がいる まず動かすことの出来ない人間がいて 分からず分かろうとせず 何もしない それから動かすことの出来る人間がいて 変化の必要性を理解し 話を聞く用意がある そして動く人間がいて その人達が物事を成し遂げる」 より多くの人をやる気にできたなら それはムーブメントになるでしょう そしてムーブメントが十分に力強ければ 最良の意味での革命が起きます それが私達に必要なものです

どうもありがとうございました (拍手)

どうもありがとう (拍手)

Thank you very much.

I moved to America 12 years ago with my wife Terry and our two kids. Actually, truthfully, we moved to Los Angeles -- (Laughter) -- thinking we were moving to America, but anyway, it's a short plane ride from Los Angeles to America.

I got here 12 years ago, and when I got here, I was told various things, like, "Americans don't get irony." Have you come across this idea? It's not true. I've traveled the whole length and breadth of this country. I have found no evidence that Americans don't get irony. It's one of those cultural myths, like, "The British are reserved." I don't know why people think this. We've invaded every country we've encountered. (Laughter) But it's not true Americans don't get irony, but I just want you to know that that's what people are saying about you behind your back. You know, so when you leave living rooms in Europe, people say, thankfully, nobody was ironic in your presence.

But I knew that Americans get irony when I came across that legislation No Child Left Behind. Because whoever thought of that title gets irony, don't they, because -- (Laughter) (Applause)- because it's leaving millions of children behind. Now I can see that's not a very attractive name for legislation: Millions of Children Left Behind. I can see that. What's the plan? Well, we propose to leave millions of children behind, and here's how it's going to work.

And it's working beautifully. In some parts of the country,60 percent of kids drop out of high school. In the Native American communities, it's 80 percent of kids. If we halved that number,one estimate is it would create a net gain to the U.S. economy over 10 years of nearly a trillion dollars. From an economic point of view, this is good math, isn't it, that we should do this? It actually costs an enormous amount to mop up the damage from the dropout crisis.

But the dropout crisis is just the tip of an iceberg. What it doesn't count are all the kids who are in school but being disengaged from it, who don't enjoy it, who don't get any real benefit from it.

And the reason is not that we're not spending enough money. America spends more money on education than most other countries. Class sizes are smaller than in many countries. And there are hundreds of initiatives every year to try and improve education. The trouble is, it's all going in the wrong direction. There are three principles on which human life flourishes, and they are contradicted by the culture of education under which most teachers have to labor and most students have to endure.

The first is this, that human beings are naturally different and diverse.

Can I ask you, how many of you have got children of your own? Okay. Or grandchildren. How about two children or more? Right. And the rest of you have seen such children. (Laughter) Small people wandering about. I will make you a bet, and I am confident that I will win the bet. If you've got two children or more, I bet you they are completely different from each other. Aren't they? Aren't they? (Applause) You would never confuse them, would you? Like, "Which one are you? Remind me. Your mother and I are going to introduce some color-coding system, so we don't get confused."

Education under No Child Left Behind is based on not diversity but conformity. What schools are encouraged to do is to find out what kids can do across a very narrow spectrum of achievement. One of the effects of No Child Left Behind has been to narrow the focus onto the so-called STEM disciplines. They're very important. I'm not here to argue against science and math. On the contrary, they're necessary but they're not sufficient. A real education has to give equal weight to the arts, the humanities, to physical education. An awful lot of kids, sorry, thank you - (Applause) - One estimate in America currently is that something like 10 percent of kids, getting on that way, are being diagnosed with various conditions under the broad title of attention deficit disorder. ADHD. I'm not saying there's no such thing. I just don't believe it's an epidemic like this. If you sit kids down, hour after hour, doing low-grade clerical work, don't be surprised if they start to fidget, you know? (Laughter) (Applause) Children are not, for the most part, suffering from a psychological condition. They're suffering from childhood. (Laughter) And I know this because I spent my early life as a child. I went through the whole thing. Kids prosper best with a broad curriculum that celebrates their various talents, not just a small range of them. And by the way, the arts aren't just important because they improve math scores. They're important because they speak to parts of children's being which are otherwise untouched.

The second, thank you - (Applause)

The second principle that drives human life flourishing is curiosity. If you can light the spark of curiosity in a child, they will learn without any further assistance, very often. Children are natural learners. It's a real achievement to put that particular ability out, or to stifle it. Curiosity is the engine of achievement. Now the reason I say this is because one of the effects of the current culture here, if I can say so, has been to de-professionalize teachers. There is no system in the world or any school in the country that is better than its teachers. Teachers are the lifeblood of the success of schools. But teaching is a creative profession. Teaching, properly conceived, is not a delivery system. You know, you're not there just to pass on received information. Great teachers do that, but what great teachers also do is mentor, stimulate, provoke, engage. You see, in the end, education is about learning. If there's no learning going on, there's no education going on. And people can spend an awful lot of time discussing education without ever discussing learning. The whole point of education is to get people to learn.

A friend of mine, an old friend -- actually very old, he's dead. (Laughter) That's as old as it gets, I'm afraid. But a wonderful guy he was, wonderful philosopher. He used to talk about the difference between the task and achievement senses of verbs. You know, you can be engaged in the activity of something, but not really be achieving it, like dieting. It's a very good example, you know. There he is. He's dieting. Is he losing any weight? Not really. Teaching is a word like that. You can say, "There's Deborah, she's in room 34, she's teaching." But if nobody's learning anything, she may be engaged in the task of teaching but not actually fulfilling it.

The role of a teacher is to facilitate learning. That's it. And part of the problem is, I think, that the dominant culture of education has come to focus on not teaching and learning, but testing. Now, testing is important. Standardized tests have a place. But they should not be the dominant culture of education. They should be diagnostic. They should help. (Applause) If I go for a medical examination, I want some standardized tests. I do. You know, I want to know what my cholesterol level is compared to everybody else's on a standard scale. I don't want to be told on some scale my doctor invented in the car.

"Your cholesterol is what I call Level Orange."

"Really? Is that good?"" We don't know."

But all that should support learning. It shouldn't obstruct it, which of course it often does. So in place of curiosity, what we have is a culture of compliance. Our children and teachers are encouraged to follow routine algorithms rather than to excite that power of imagination and curiosity. And the third principle is this: that human life is inherently creative. It's why we all have different resumes. We create our lives, and we can recreate them as we go through them. It's the common currency of being a human being. It's why human culture is so interesting and diverse and dynamic. I mean, other animals may well have imaginations and creativity, but it's not so much in evidence, is it, as ours? I mean, you may have a dog. And your dog may get depressed. You know, but it doesn't listen to Radiohead, does it? (Laughter) And sit staring out the window with a bottle of Jack Daniels. (Laughter)

And you say, "Would you like to come for a walk?"

He says, "No, I'm fine. You go. I'll wait. But take pictures."

We all create our own lives through this restless process of imagining alternatives and possibilities, and what one of the roles of education is to awaken and develop these powers of creativity. Instead, what we have is a culture of standardization.

Now, it doesn't have to be that way. It really doesn't. Finland regularly comes out on top in math, science and reading. Now, we only know that's what they do well at because that's all that's being tested currently. That's one of the problems of the test. They don't look for other things that matter just as much. The thing about work in Finland is this: they don't obsess about those disciplines. They have a very broad approach to education which includes humanities, physical education, the arts.

Second, there is no standardized testing in Finland. I mean, there's a bit, but it's not what gets people up in the morning. It's not what keeps them at their desks.

And the third thing, and I was at a meeting recently with some people from Finland, actual Finnish people, and somebody from the American system was saying to the people in Finland, "What do you do about the dropout rate in Finland?"

And they all looked a bit bemused, and said, "Well, we don't have one. Why would you drop out? If people are in trouble, we get to them quite quickly and help them and we support them."

Now people always say, "Well, you know, you can't compare Finland to America."

No. I think there's a population of around five million in Finland. But you can compare it to a state in America. Many states in America have fewer people in them than that. I mean, I've been to some states in America and I was the only person there. (Laughter) Really. Really. I was asked to lock up when I left. (Laughter)

But what all the high-performing systems in the world do is currently what is not evident, sadly, across the systems in America -- I mean, as a whole. One is this: They individualize teaching and learning. They recognize that it's students who are learning and the system has to engage them, their curiosity, their individuality, and their creativity. That's how you get them to learn.

The second is that they attribute a very high status to the teaching profession. They recognize that you can't improve education if you don't pick great people to teach and if you don't keep giving them constant support and professional development. Investing in professional development is not a cost. It's an investment, and every other country that's succeeding well knows that, whether it's Australia, Canada, South Korea, Singapore, Hong Kong or Shanghai. They know that to be the case.

And the third is, they devolve responsibility to the school level for getting the job done. You see, there's a big difference here between going into a mode of command and control in education -- That's what happens in some systems. You know, central governments decide or state governments decide they know best and they're going to tell you what to do. The trouble is that education doesn't go on in the committee rooms of our legislative buildings. It happens in classrooms and schools, and the people who do it are the teachers and the students, and if you remove their discretion, it stops working. You have to put it back to the people. (Applause)

There is wonderful work happening in this country. But I have to say it's happening in spite of the dominant culture of education, not because of it. It's like people are sailing into a headwind all the time. And the reason I think is this: that many of the current policies are based on mechanistic conceptions of education. It's like education is an industrial process that can be improved just by having better data, and somewhere in, I think, the back of the mind of some policy makers is this idea that if we fine-tune it well enough, if we just get it right, it will all hum along perfectly into the future. It won't, and it never did.

The point is that education is not a mechanical system. It's a human system. It's about people, people who either do want to learn or don't want to learn. Every student who drops out of school has a reason for it which is rooted in their own biography. They may find it boring. They may find it irrelevant. They may find that it's at odds with the life they're living outside of school. There are trends, but the stories are always unique. I was at a meeting recently in Los Angeles of -- they're called alternative education programs. These are programs designed to get kids back into education. They have certain common features. They're very personalized. They have strong support for the teachers, close links with the community and a broad and diverse curriculum, and often programs which involve students outside school as well as inside school. And they work. What's interesting to me is, these are called "alternative education." You know? And all the evidence from around the world is, if we all did that, there'd be no need for the alternative. (Applause)

So I think we have to embrace a different metaphor. We have to recognize that it's a human system, and there are conditions under which people thrive, and conditions under which they don't. We are after all organic creatures, and the culture of the school is absolutely essential. Culture is an organic term, isn't it?

Not far from where I live is a place called Death Valley. Death Valley is the hottest, driest place in America, and nothing grows there. Nothing grows there because it doesn't rain. Hence, Death Valley. In the winter of 2004, it rained in Death Valley. Seven inches of rain fell over a very short period. And in the spring of 2005, there was a phenomenon. The whole floor of Death Valley was carpeted in flowers for a while. What it proved is this: that Death Valley isn't dead. It's dormant. Right beneath the surface are these seeds of possibility waiting for the right conditions to come about, and with organic systems, if the conditions are right, life is inevitable. It happens all the time. You take an area, a school, a district, you change the conditions, give people a different sense of possibility, a different set of expectations, a broader range of opportunities, you cherish and value the relationships between teachers and learners, you offer people the discretion to be creative and to innovate in what they do, and schools that were once bereft spring to life.

Great leaders know that. The real role of leadership in education -- and I think it's true at the national level, the state level, at the school level -- is not and should not be command and control. The real role of leadership is climate control, creating a climate of possibility. And if you do that, people will rise to it and achieve things that you completely did not anticipate and couldn't have expected.

There's a wonderful quote from Benjamin Franklin. "There are three sorts of people in the world: Those who are immovable, people who don't get, they don't want to get it, they're going to do anything about it. There are people who are movable, people who see the need for change and are prepared to listen to it. And there are people who move, people who make things happen." And if we can encourage more people, that will be a movement. And if the movement is strong enough, that's, in the best sense of the word, a revolution. And that's what we need.

Thank you very much. (Applause)

Thank you very much. (Applause)

Thank you very much.//

ありがとうございます

I moved to America/ 12 years ago/ with my wife Terry and our two kids.//

私は 12年前妻と2人の子供を連れ アメリカに移住してきました

Actually,/ truthfully,/ we moved to Los Angeles --/ (Laughter) --/ thinking we were moving to America,/ but anyway,/ it's a short plane ride/ from Los Angeles/ to America.//

でも 実際にはそこはロサンゼルスでした (笑) アメリカに来たつもりだったのに もっとも ロサンゼルスは近いですけどね アメリカに

I got here/ 12 years ago,/ and when I got here,/ I was told various things,/ like,/ "Americans don't get irony."//

12年前に越してきたとき いろんなことを聞きましたよ たとえば「アメリカ人は皮肉を理解しない」とか

Have you come across this idea?//

聞いたことあるでしょう?

It's not true.// I've traveled the whole length and breadth of this country.//

正しくありません私はアメリカの至る所に行きましたが

I have found no evidence/ that Americans don't get irony.//

アメリカ人が皮肉を理解しないと示すものはありませんでした

It's one of those cultural myths,/ like,/ "The British are reserved."//

文化に関する一種の神話ですね 「イギリス人は控えめだ」というのもそうですが

I don't know/ why people think this.//

何故そんな風に思うのか気が知れません

We've invaded every country/ we've encountered.//

我々イギリス人は 出会った国を片っ端から侵略してきたというのに (笑)

(Laughter)/ But it's not true Americans don't get irony,/ but I just want you/ to know/ that that's/ what people are saying about you behind your back.//

アメリカ人が皮肉を理解しないなんてのも嘘です ただ皆さんのことを 陰でそう言う人がいるのを知っておいてください

You know,/ so/ when you leave living/ rooms/ in Europe,/ people say,/ thankfully,/ nobody was ironic/ in your presence.//

ヨーロッパでは 皆さんがいなくなると 言ってるんです 目の前で言わないだけマシですが

But I knew/ that Americans get irony/ when I came across that legislation No Child Left Behind.//

私はある法案を目にした時 アメリカ人も皮肉を言うのがわかりました『落ちこぼれゼロ法』です

Because/ whoever thought of that title gets irony,/ don't they,/ because --/ (Laughter) (Applause)-/ because it's leaving millions of children behind.//

これが皮肉であることは一目瞭然ですよね (笑) (拍手) 何百万という子供達が落ちこぼれているわけですから

Now/ I can see/ that's not a very attractive name/ for legislation:/ Millions of Children Left Behind.// I can see that.//

そのままじゃ 法案として聞こえが悪いのは分かります 『落ちこぼれだらけ法』というのではね

What's the plan?// Well,/ we propose to leave/ millions of children behind,/ and here's/ how it's going to work.//

「その計画の中身は?」 「何百万という子供を 落ちこぼれさせますこんな手はずで - 」

And it's working beautifully.//

そして見事に成功しました

In some parts of the country,/60 percent of kids drop out of high school.//

地域によっては 6割もの子供が高校を中退しています

In the Native American communities,/ it's 80 percent of kids.//

先住民コミュニティの場合 8割が中退します

If we halved/ that number,/one estimate is it would create a net gain/ to the U.S. economy/ over 10 years of nearly a trillion dollars.//

もし中退者の数を半分に減らせたなら それによりアメリカ経済は10年に渡って 1兆ドル近くの経済効果を得られると試算されています

From an economic point of view,/ this is good math,/ isn't it,/ that we should do this?//

経済的に得な話ですよね? やるべきでしょう

It actually costs an enormous amount/ to mop up/ the damage/ from the dropout crisis.//

落ちこぼれ問題の後始末には 膨大なコストがかかります

But the dropout crisis is just the tip of an iceberg.//

しかし落ちこぼれ問題は氷山の一角に過ぎません

What it doesn't count are all the kids/ who are in school/ but being disengaged from it,/ who don't enjoy it,/ who don't get any real benefit/ from it.//

そこで考慮に入っていないのは 通学はしていても 真面目にやっていない楽しんでいない 実のある恩恵を何も受けていない子供達です

And the reason is not/ that we're not spending/ enough money.//

これはお金の問題ではありません

America spends more money/ on education/ than most other countries.//

アメリカは他の国と比べ 教育にお金をかけています

Class sizes are smaller/ than in many countries.//

学級のサイズも多くの国より小さいし

And there are hundreds of initiatives/ every year/ to try and improve education.//

教育を改善するための何百という活動が 毎年行われています

The trouble is,/ it's all going in the wrong direction.//

問題は みんな間違った方向を向いていることです

There are three principles/ on which human life flourishes,/ and they are contradicted by the culture of education/ under which most teachers have to labor/ and most students have to endure.//

人の人生が 豊かに花開くための3つの条件がありますが それが教育風土によって否定され 教育が教師には単なる労働 生徒には我慢するだけのものになっているのです

The first is this,/ that human beings are naturally different and diverse.//

条件の1番目は 人間とは そもそも多種多様な存在だということです

Can/ I ask you,/ how many of you have got children of your own?//

子供がいるという人 手を挙げて頂けますか?

Okay.// Or grandchildren.//

孫がいるという人は?

How about two children or more?// Right.//

子供が2人以上いるという人は?

And the rest of you have seen such children.//

他の人も見たことぐらいあるでしょう?

(Laughter)/ Small people/ wandering/ about.//

(笑) あの小さくて良く動き回る人間のことです

I will make you/ a bet,/ and I am confident/ that I will win the bet.//

1つ賭をしましょう 絶対勝つ自信があります

If you've got two children or more,/ I bet you/ they are completely different/ from each other.//

もし2人以上子供がいるなら その子達は まったく違っているでしょう?

Aren't they?// Aren't they?// (Applause)/ You would never confuse them,/ would you?//

どうです? (拍手) 取り違えたりはしませんよね?

Like,/ "Which one are you?// Remind me.//

「お前どっちだっけ?

Your mother/ and I are going to introduce/ some color-coding system,/ so we don't get confused."//

今度から間違わないように お前達を色分けすることにママと決めたから」

Education/ under No Child Left Behind is based on not diversity/ but conformity.//

『落ちこぼれゼロ法』の教育は 多様性ではなく画一性に基づいています

What schools are encouraged to do/ is to find out/ what kids can do across a very narrow spectrum of achievement.//

学校がするように求められているのは ごく狭い範囲の領域で子供の能力を見るということです

One of the effects of No Child Left Behind has been to narrow the focus/ onto the so-called STEM disciplines.// They're very important.//

『落ちこぼれゼロ法』の影響の1つが 科学技術分野の偏重です STEM分野は確かに重要です

I'm not here/ to argue against science and math.//

科学や数学に反対する気はありません

On the contrary,/ they're necessary/ but they're not sufficient.//

必要には違いないですがそれで十分ではありません

A real education has to give/ equal weight/ to the arts,/ the humanities,/ to physical education.//

教育は 芸術 人文 体育にも 同様に重きを置くべきです

An awful lot of kids,/ sorry,/ thank you - (Applause)/ - One estimate/ in America currently is/ that something/ like 10 percent of kids,/ getting on that way,/ are being diagnosed with various conditions/ under the broad title of attention deficit disorder.//

実に多くの子供達が - (拍手) ある推計によると現在アメリカでは 子供達の10%近くが 注意欠如 多動性障害に分類される 種々の症状があると診断されています

ADHD.// I'm not saying/ there's no such thing.//

そんなの嘘っぱちだとは言いませんが

I just don't believe/ it's an epidemic/ like this.//

そんなに蔓延しているとは考えられません

If you sit kids down,/ hour/ after hour,/ doing low-grade clerical work,/ don't be surprised/ if they start to fidget,/ you know?//

子供に座ったまま何時間も 低級な事務作業をやらせたなら ソワソワし始めてもおかしくはないでしょう

(Laughter) (Applause)/ Children are not,/ for the most part,/ suffering from a psychological condition.//

(笑) (拍手) 子供達は多くの場合 精神症状を患っているのではなく

They're suffering/ from childhood.// (Laughter)/ And I know this/ because I spent my early life/ as a child.// I went through the whole thing.//

子供時代を患っているのです (笑) なぜ私に分かるかというと 実は私にも 子供時代の経験があるからです

Kids prosper best/ with a broad curriculum/ that celebrates their various talents,/ not just a small range of them.//

子供が一番伸びるのは広範なカリキュラムにより 様々な才能が認められる場合であって 限定した場合ではありません

And/ by the way,/ the arts aren't just important/ because they improve math scores.//

ちなみに 芸術はそれ自体重要なだけでなく 数学も伸ばします

They're important/ because they speak to parts of children's being/ which are otherwise untouched.//

それ以外の方法では 触れられることのない子供達の部分に触れるからです

The second,/ thank you - (Applause)//

2番目の - (拍手)

The second principle/ that drives/ human life flourishing is curiosity.//

人の人生を花開かせる2番目の条件は 好奇心です

If you can light the spark of curiosity/ in a child,/ they will learn without any further assistance,/ very often.//

子供の好奇心に火を点けることができれば さほど助けなくとも子供達は自分で学んでいきます

Children are natural learners.//

子供は生来の学習者なんです

It's a real achievement/ to put that particular ability out,/ or to stifle it.//

子供の能力を生かすか殺すかというのは とても大きなことです

好奇心は達成のための原動力です

Now/ the reason/ I say/ this is/ because one of the effects of the current culture here,/ if I can say so,/ has been to de-professionalize teachers.//

私がそう言うのは アメリカにおける現在の文化が 教師をおとしめてきたからです

There is no system/ in the world/ or any school/ in the country/ that is better/ than its teachers.//

世界を見ても アメリカ国内を見ても 学校が教師より優れていることはありません

Teachers are the lifeblood of the success of schools.//

教師は学校の成功の源泉なのです

教えるというのはクリエイティブな仕事です

教えることの本質は配達ではありません

You know,/ you're not there just/ to pass on received information.//

教師は単なる情報の受け渡し役ではないのです

Great teachers do that,/ but what great teachers also do/ is mentor,/ stimulate,/ provoke,/ engage.//

優れた教師もそれはしますが それだけでなく導き 刺激し 引き出し関わるのです

You see,/ in the end,/ education is about learning.//

教育は 学びのためのものです

If there's no learning/ going on,/ there's no education/ going on.//

学びのない所に 教育はありません

And people can spend an awful lot of time/ discussing education/ without ever/ discussing learning.//

なのに 延々と教育の議論をしながら 学びを語らないなんてことが起こります

The whole point of education is to get people/ to learn.//

そもそも教育の目的は学ばせることなのに

A friend of mine,/ an old friend --/ actually very old,/ he's dead.// (Laughter)/ That's as old/ as it gets,/ I'm afraid.//

私の古い友人で実際すごく古く - とうに死んでるんですが - (笑) 年取るとそうなりがちですね -

でも彼は素晴らしい人でした素晴らしい思想家で

He used to talk/ about the difference/ between the task and achievement senses of verbs.//

よく行為における作業と達成の違いについて 語っていました

You know,/ you can be engaged in the activity of something,/ but not really be achieving it,/ like dieting.// It's a very good example,/ you know.//

取り組んではいるけれど 達成はしない という - ダイエットが良い例ですがそういうことが ありますよね

There/ he is.// He's dieting.// Is he losing any weight?// Not really.//

「彼はダイエットしてるんだ」「体重は減ったの?」「ちっとも」

Teaching is a word/ like that.//

教えるのも同じです

You can say,/ "There's Deborah,/ she's in room 34,/ she's teaching."//

「デボラ先生は34番教室で教えています」

But/ if nobody's learning anything,/ she may be engaged in the task of teaching/ but not actually fulfilling/ it.//

でも誰も何も学んでいなければ 先生は教えるという作業に 従事していてもそれを実現してはいないわけです

The role of a teacher is to facilitate learning.// That's it.//

教師の役割は 学びを促すことそれに尽きます

And part of the problem is,/ I think,/ that the dominant culture of education has come to focus/ on not teaching and learning,/ but testing.//

私が思うに 問題は 教育が 教え学ぶことよりテストすることに 重点を置くようになったことにあります

Now,/ testing is important.// Standardized tests have a place.//

テストは重要で標準テストにも役割はあります

But they should not be the dominant culture of education.//

でもテストが 教育の中心になるべきではありません

They should be diagnostic.// They should help.//

診断と補助にとどめるべきです

(Applause)/ If I go for a medical examination,/ I want some standardized tests.// I do.//

(拍手) もし私が病院で検査を受けるとしたら 標準的なテストがあって欲しいと思います

You know,/ I want to know/ what my cholesterol level is compared to everybody else's on a standard scale.//

自分のコレステロールが 標準と比べてどうなのか知りたいと思います

I don't want to be told on some scale/ my doctor invented in the car.//

かかりつけの医者が 車の中で思い付いたような単位で言われたくはありません

"Your cholesterol is/ what I call Level Orange."//

「あなたのコレステロールはオレンジ・レベルでしたよ」

"Really?// Is that good?"//"/ We don't know."//

「それっていいの? 悪いの?」「さあね」

But all that should support learning.// It shouldn't obstruct it,/ which of course/ it often does.//

テストは学びを助けるものであって妨げるものであってはいけません 実際にはよくそうなっていますが -

So/ in place of curiosity,/ what we have/ is a culture of compliance.//

私達の文化は好奇心に従うよりも 決められた通りにすることを良しとしています

Our children and teachers are encouraged to follow/ routine algorithms/ rather than/ to excite that power of imagination and curiosity.//

子供も 教師も 想像力や好奇心の力に興奮する代わりに 決まった手順通りにするよう求められているんです

And the third principle is this:/ that human life is inherently creative.//

条件の3番目は 人間は本質的にクリエイティブだということです

It's/ why we/ all have different resumes.//

2つと同じ履歴書がないのはそのためです

We create our lives,/ and we can recreate them/ as we go through them.//

私達は自分の人生を築き 進みながら作りかえていきます

It's the common currency of being a human being.//

創造性は人間に共通するものなんです

It's/ why human culture is so interesting and diverse and dynamic.//

だから人間の文化はかくも興味深く 多様で 動きに富んでいるのです

I mean,/ other animals may well have imaginations and creativity,/ but it's not so much/ in evidence,/ is it,/ as ours?//

他の動物にも想像力や創造性は あるかもしれませんが人間ほど はっきりしていません

I mean,/ you may have a dog.//

犬を飼っている人なら

And your dog may get depressed.//

犬も落ち込むことがあるのが分かるでしょう

You know,/ but it doesn't listen to Radiohead,/ does it?//

でもレディオヘッドの哀愁的な曲を聴いたりはしませんよね?

(Laughter)/ And sit/ staring out/ the window/ with a bottle of Jack Daniels.//

(笑) バーボン片手に窓の外を眺めもしないでしょ?

(笑)

And you say,/ "Would you like to come/ for a walk?"//

「散歩にでも行かない?」と聞くと

He says,/ "No, I'm fine.//

「ああ 僕はいいよ

You go.// I'll wait.// But take pictures."//

行っておいで後で写真を見せてね」

We/ all create our own lives/ through this restless process of imagining alternatives and possibilities,/ and what one of the roles of education is to awaken and develop these powers of creativity.//

他の可能性や選択肢を絶えず思い描きながら 私達は人生を形作っていきます 教育の役割は この創造力を呼び覚まして伸ばすということです

Instead,/ what we have/ is a culture of standardization.//

ところが現実にやっているのは標準化です

Now,/ it doesn't have to be/ that way.// It really doesn't.//

そんな風である必要はないんです本当に

Finland regularly comes out/ on top/ in math,/ science and reading.//

フィンランドは よく数学 科学 読解力のランクで トップになっていますが

Now,/ we only know/ that's/ what they do well/ at because that's all/ that's being tested currently.//

この結果からは現行のテスト科目について 優秀だということしかわかりません

That's one of the problems of the test.//

そこがテストの問題点です

They don't look for other things/ that matter just/ as much.//

他の重要なことに目を向けないのです

The thing/ about work/ in Finland is this:/ they don't obsess about those disciplines.//

フィンランドで肝心なのは テスト科目だけにこだわっていないということです

They have a very broad approach/ to education/ which includes humanities,/ physical education,/ the arts.//

教育に対して 幅広いアプローチを取っていて人文 体育 芸術にも力を入れています

Second,/ there is no standardized testing/ in Finland.//

重要なことの2つ目はフィンランドには標準テストがないこと

I mean,/ there's a bit,/ but it's not/ what gets people up/ in the morning.//

少しはありますが そのために朝起きたり

It's not/ what keeps them/ at their desks.//

そのために勉強したりはしません

And the third thing,/ and I was at a meeting recently/ with some people/ from Finland,/ actual Finnish people,/ and somebody/ from the American system was saying to the people/ in Finland,/ "What do you do about the dropout rate/ in Finland?"//

3つ目フィンランドから来た人達に 最近お会いしたんですが - フィンランド人でしたよ その人達にアメリカの教育界の人が 尋ねました 「中退者が多いのは頭の痛い問題ですよね?」

And they all looked/ a bit bemused,/ and said,/ "Well,/ we don't have one.//

彼らは当惑しながら答えました 「中退というのはありません

Why would you drop out?//

どうして中退するんですか?

If people are in trouble,/ we get to them quite quickly/ and help them/ and we support them."//

問題を抱えている子がいたらすぐ - 助けの手を差し伸べています」

Now/ people always say,/ "Well,/ you know,/ you can't compare Finland/ to America."//

こう言うと決まって反論する人がいます 「フィンランドとアメリカじゃ同じようにはいかない」

No.// I think/ there's a population of around five million/ in Finland.//

そんなことありません フィンランドの人口は5百万人ほどなので

But you can compare it/ to a state/ in America.//

アメリカの州となら比較できます

Many states/ in America have fewer people/ in them/ than that.//

アメリカの州の多くは人口がそれより少ないでしょう

I mean,/ I've been to some states/ in America/ and I was the only person there.// (Laughter)/ Really.// Really.// I was asked to lock up/ when I left.//

ある州にいた時なんか その州に私1人しかいなかったこともあります (笑) 本当ですって出る時は鍵を閉めるように頼まれましたから

(笑)

But what all the high-performing systems/ in the world do/ is currently/ what is not evident,/ sadly,/ across the systems/ in America --/ I mean,/ as a whole.//

世界中の成績の良い所では皆やっていることが あいにくと今のアメリカでは ほとんど見受けられません

One is this:/ They individualize teaching and learning.//

1つは 教え学ぶことを個別化するということ

They recognize/ that it's students/ who are learning/ and the system has to engage/ them,/ their curiosity,/ their individuality,/ and their creativity.//

成果を出している所では学ぶのは生徒であり システムは 生徒を巻き込みその好奇心 個性 創造力に 応えるべきものと認識されています

That's/ how you get them/ to learn.//

そうしてこそ 生徒は学ぶようになるのです

The second is/ that they attribute a very high status/ to the teaching profession.//

第2に 教育者の社会的地位が とても高いということ

They recognize/ that you can't improve education/ if you don't pick great people/ to teach/ and/ if you don't keep giving/ them/ constant support and professional development.//

優れた人を教師にし絶えず彼らを支え 成長できるようにしなければ 教育を改善することなど出来ないと 理解しています

Investing/ in professional development is not a cost.//

能力開発というのはコストではありません

It's an investment,/ and every other country/ that's succeeding well knows/ that,/ whether it's Australia,/ Canada,/ South Korea,/ Singapore,/ Hong Kong or Shanghai.// They know that/ to be the case.//

投資です 成功している国はどこでもそれが分かっています オーストラリアにせよカナダ 韓国 シンガポール 香港 上海みんなそのことを知っています

And the third is,/ they devolve responsibility/ to the school level/ for getting the job done.//

第3に 彼らは教育の仕事を 学校に一任しています

You see,/ there's a big difference here/ between going into a mode of command and control/ in education --/ That's/ what happens in some systems.//

管理統制式の教育とは 大きな違いがあります よく見られるのは

You know,/ central governments decide/ or state governments decide they know best/ and they're going to tell/ you/ what to do.//

中央政府や州政府が 一番分かっているのは 自分たちだと考え指示を出すというものです

The trouble is/ that education doesn't go on/ in the committee rooms of our legislative buildings.//

問題は 教育は委員会や議会の中で 起きるのではないことです

It happens in classrooms and schools,/ and the people/ who do/ it are the teachers and the students,/ and/ if you remove their discretion,/ it stops working.//

学校や教室で起きるのです そしてそれをするのは教師であり生徒です 彼らから裁量を取り上げたら教育は機能しなくなります

You have to put/ it back/ to the people.//

現場の人々に権限を返す必要があります

(拍手)

There is wonderful work/ happening in this country.//

アメリカでも素晴らしい教育は行われています

But I have to say/ it's happening in spite of the dominant culture of education, not because of it.//

でもそれは教育界で支配的な文化の - 助けによってではなくその邪魔にも関わらず 起きているのです

It's like people are sailing into a headwind/ all the time.//

みんな絶えず向かい風に立ち向かっているようなものです

And the reason/ I think/ is this:/ that many of the current policies are based on mechanistic conceptions of education.//

私がそう思う理由は 現在の政策の多くが 機械的な教育観に基づいているためです

It's like education is an industrial process/ that can be improved just/ by having better data,/ and somewhere in,/ I think,/ the back of the mind of some policy makers is this idea/ that if we fine-tune it well enough,/ if we just get it right,/ it will all hum along perfectly/ into the future.//

教育は工業プロセスであり 優れたデータさえあれば改善できるというのです 政策立案者の脳裏にあるのは 上手く調整し ちゃんと設定しさえすれば すべては 上手く進み続けるという思い込みです

It won't,/ and it never did.//

そうは行かないし行ったためしもありません

The point is/ that education is not a mechanical system.//

肝心なのは教育は機械的なシステムではなく

It's a human system.// It's about people,/ people/ who either do want to learn or don't want to learn.//

人間的なシステムだということです人に関わるものです 学びたい人もそうでない人もいます

Every student/ who drops out of school has a reason/ for it/ which is rooted in their own biography.//

学校をやめていく生徒にはその人なりの事情や 理由があります

They may find/ it boring.// They may find/ it irrelevant.//

退屈だったのか意味がないと思ったのか

They may find/ that it's at odds/ with the life/ they're living/ outside of school.//

学校の外の人生の方が 見込みがあると思ったのか

There are trends,/ but the stories are always unique.//

その時々での傾向はありますが事情はいつでも固有のものです

I was at a meeting recently/ in Los Angeles of --/ they're called alternative education programs.//

ロサンゼルスで最近代替教育に関する― 会議があって出席してきました

These are programs designed to get/ kids back/ into education.//

代替教育の目的は子供達を教育の場に連れ戻すことで

共通する特徴がいくつかあります

They're very personalized.//

個人個人に合わせていること

They have strong support/ for the teachers,/ close links/ with the community and a broad and diverse curriculum,/ and often programs/ which involve students/ outside school/ as well as/ inside school.//

教師への強力なサポート コミュニティとの結びつき 広範で多様なカリキュラム 校内だけでなく校外での プログラムがあることなど

And they work.//

それが機能しているのです

What's interesting/ to me is,/ these are called "alternative education."//

興味深いのは それが 「代替教育」と呼ばれていることです

You know?//

And all the evidence/ from around the world is,/ if we/ all did/ that,/ there'd be no need/ for the alternative.//

世界中の証拠が示すとおり これが普通になれば代替の必要はないのです

(拍手)

So I think/ we have to embrace/ a different metaphor.//

私達には違ったメタファーが必要です

We have to recognize/ that it's a human system,/ and there are conditions/ under which people thrive,/ and conditions/ under which they don't.//

教育は人間的なシステムであり 人が上手くやっていける条件上手くいかない条件があることを 認識しなければなりません

We are after all organic creatures,/ and the culture of the school is absolutely essential.//

私達はつまるところ有機的な生き物であり 学校という土壌は極めて重要です

Culture is an organic term,/ isn't it?//

土壌というのは有機的なものですよね?

Not far/ from where I live/ is a place called Death Valley.//

我が家から遠からぬところにデスバレーという場所があります

Death Valley is the hottest, driest place/ in America,/ and nothing grows there.//

アメリカで最も暑く乾いた土地で 何も育ちません

Nothing grows there/ because it doesn't rain.//

雨が降らないからです

それゆえデスバレー(死の谷)というわけです

In the winter of 2004,/ it rained in Death Valley.//

そのデスバレーに2004年の冬雨が降りました

Seven inches of rain fell over a very short period.//

ごく短時間に180ミリの雨が降ったんです

And/ in the spring of 2005,/ there was a phenomenon.//

そして2005年の春にあることが起きました

デスバレーが一面の花で覆われたのです

What it proved/ is this:/ that Death Valley isn't dead.//

これが示しているのはデスバレーは死んではいないということです

It's dormant.//

眠っているのです

Right/ beneath the surface are these seeds of possibility/ waiting for the right conditions/ to come about,/ and with organic systems,/ if the conditions are right,/ life is inevitable.// It happens all the time.//

その表面下には可能性の種があり 適切な条件が整うのを待っているのです そして有機的なシステムにおいては条件さえ整ったなら 生命は必然なのです常に起きていることです

You take an area,/ a school,/ a district,/ you change the conditions,/ give people/ a different sense of possibility,/ a different set of expectations,/ a broader range of opportunities,/ you cherish/ and value the relationships/ between teachers and learners,/ you offer people/ the discretion/ to be creative/ and to innovate in what they do,/ and schools/ that were once bereft spring/ to life.//

学校であれ 地域であれ 条件を変え人々に違った可能性の感覚を与え 異なる期待を与え より広い範囲の機会を与え 先生と生徒の関係を大切にし クリエイティブになって革新的なことをやれる 裁量を与えるなら しおれていた学校に生命があふれ出すでしょう

Great leaders know that.//

優れたリーダーなら分かることです

The real role of leadership/ in education --/ and I think/ it's true/ at the national level,/ the state level,/ at the school level --/ is not/ and should not be command/ and control.//

教育におけるリーダーシップの役割は - これは国 州 学校どのレベルにも 当てはまることですが 管理統制であってはいけません

リーダーシップの真の役割は環境を整えること 可能性の風土を作り出すことです

And/ if you do that,/ people will rise to it/ and achieve things/ that you completely did not anticipate/ and couldn't have expected.//

そうしたら 人々はそれに応じて 想像もしなかったようなことを 成し遂げるでしょう

There's a wonderful quote/ from Benjamin Franklin.//

ベンジャミン・フランクリンの素晴らしい言葉があります

"There are three sorts of people/ in the world:/ Those/ who are immovable,/ people/ who don't get,/ they don't want to get/ it,/ they're going to do/ anything/ about it.//

「世界には3種類の人間がいる まず動かすことの出来ない人間がいて 分からず分かろうとせず 何もしない

There are people/ who are movable,/ people/ who see the need/ for change/ and are prepared to listen/ to it.//

それから動かすことの出来る人間がいて 変化の必要性を理解し 話を聞く用意がある

And there are people/ who move,/ people/ who make/ things happen."//

そして動く人間がいて その人達が物事を成し遂げる」

And/ if we can encourage more people,/ that will be a movement.//

より多くの人をやる気にできたなら それはムーブメントになるでしょう

And/ if the movement is strong enough,/ that's,/ in the best sense of the word,/ a revolution.//

そしてムーブメントが十分に力強ければ 最良の意味での革命が起きます

And that's/ what we need.//

それが私達に必要なものです

Thank you very much.//

どうもありがとうございました

(拍手)

Thank you very much.// (Applause)//

どうもありがとう (拍手)

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

Los Angeles

『ロサンゼルス』(米国California州南部の都市;《略》『L.A.』)

laughter

『笑い』,笑い声

anyway

=anyhow

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

breadth

『幅』,広さ(breadth)

(心などの)広さ,大きさ;寛容

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

reserved

予約の,貸し切りの

(人,人の言動が)控え目な,遠慮がちな,打ちとけない

invade

〈敵が〉…‘に'『侵入する』

〈人が〉…‘に'『押し寄せる』

〈権利など〉‘を'『侵害する』(violate)

〈病気などが〉…‘を'おかす

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

legislation

『立法』,法律制定

《集合的に》(制定された)『法律』

whoever

《名詞節を導く関係代名詞》(先行詞を含む)…『する[ところの]だれでも』

《譲歩節を導く関係代名詞》『だれが…でも』

《疑問代名詞whoの強調形》《話》『いったいだれが』

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

applause

『拍手かっさい』;称賛

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

beautifully

美しく

みごとに

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

halve

…‘を'半分に分ける

(人と)…‘を'半分ずつ分け合う《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'半減する

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

trillion

(アメリカ・フランスでは)兆(1に0を12つけた数);(イギリス・ドイツでは)100京(1に0を18つけた数)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

economic

『経済の』

『経済学の』

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

enormous

『巨大な』,ばく大な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

mop

『モップ』(長い柄の付いたぞうきん)

(…の)モップ,モップ(のような…)《+『of』+『名』》

…‘を'モップでふく(掃除する)

〈涙・汗など〉‘を'ぬぐう,ふく

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

dropout

(世間一般とは別の生き方を求める)脱落者

中途退学者

(ラグビーで)ドロップアウト

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

iceberg

氷山

《話》冷淡な人

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

disengage

…‘を'解き放す;(束縛・義務から)…‘を'解放する《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

initiative

開始,第一歩,手始め

『主導権』

独創力,創意工夫;進取の精神

(一般国民の)発議;発議権の手続き

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

flourish

〈文化などが〉『栄える』;〈商売などが〉繁盛する(prosper);〈植物などが〉繁茂する(thrive)

〈人が〉元気である;〈人が〉(ある時代に)生きて活躍する

(…に向けて)…‘を'振る,振り回す《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'見せびらかす,誇示する;…‘を'飾りたてる

(…を)振り回すこと《+『of』+『名』》

見せびらかし

飾り書き,装飾文字

文飾,華麗な表現

(要人の入場などの際の)華やかな音楽;トランペットの華麗などの吹奏;装飾楽句(節)

contradict

〈報道・人の言説など〉'を'否定する,反ばくする(deny)

〈陳述が〉…‘と'矛盾する,相反する

反ばくする

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

endure

…‘に'『耐える』,‘を'持ちこたえる

《しばしば否定文で》…‘を'『がまんする』,忍ぶ,大目に見る

《文》持ちこたえる,長く続く〈last〉

耐え忍ぶ

human being

人,人間

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

diverse

(…とは)別種の,違った《+『from』+『名』》

いろいろの,多様の

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

okay

=OK,O.K.

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

wander

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『あてもなく歩き回る』,さまよう

(道・主題から)『それる』,はずれる,脱線する《+from(off)+名》

〈考え・言葉などが〉乱れる,取り留めがなくなる

〈山・川・道などが〉曲がりくねる

…‘を'さまよい歩く,ぶらつく

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

completely

『完全に』,全く,十分に

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

confused

困惑した,まごついた

ごっちゃになった,混乱した;(思考・言葉など)支離滅裂の

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

conformity

(外形・性質・態度などの)〔...との〕相似,符合; 適合,一致 〔to,with〕. 〔法・慣習などに〕 従うこと,服従,準拠,遵奉,協調 〔with,to〕. [しばしば C] 《英》 国教信奉.

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

so-called

いわゆる,名ばかりの

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

sufficient

『十分な』

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

physical education

(学校教育としての)体育(《略》『PE』)

awful

(光景・事故などが)『恐ろしい』,すさまじい

《話》(行為が)『ひどい』,見苦しい

《話》(程度が)大きい,すごい(great)

《俗》ひどく,すごく(very, extremely)

currently

現在は;広く,一般に

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

deficit

(金銭の)不足額,赤字

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

clerical

事務員の書記の

聖職者の,牧師の

牧師

《複数形で》僧服

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

fidget

そわそわする,もぞもぞする

(物を)いじる,もてあそぶ《+『with』+『名』》

〈人〉‘に'気をもたせる

《the fidgets》そわそわすること,落ち着かないこと

〈C〉落ち着かない人

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

childhood

『幼時』,子供時代

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

prosper

『繁栄する』,成功する

(神が)…‘を'繁栄させる,成功させる

curriculum

(学校の)教科課程

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

untouched

触れられない

使われていない;食べられていない

心を動かされない,感動を受けない

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

spark

〈C〉『火花』,火の粉;(電気の)スパーク;(一般に)閃光(せんこう),(宝石などの)きらめき

〈C〉(人などの)活気,生気;(才気などの)ひらめき《+『of』+『名』》

〈C〉(事件などの)発端,発火点

《a spark》ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

火花を出す;閃光を発する;〈電気が〉スパークする

〈人〉‘を'かり立てて…させる《+『名』〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

assistance

『手伝い』,『助力』(help)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

learner

学習者;初学者

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

stifle

…‘を'『息苦しくさせる』,窒息させる

〈あくび・笑い声など〉‘を'『抑える』,抑制する

あくび(笑い声)をかみ殺す

…‘を'『抑圧する』,もみ消す

息苦しくなる;秩息する

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

lifeblood

生命に必要な血液

(一般に)活力(力)の源

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

properly

『適切に』,妥当に

基準にかなって,正式に

厳密に,正確に

《英話》完全に,ひどく

conceive

〈考え,目的など〉'を'『心に抱く』,思う,〈計画など〉'を'思いつく

《文》〈子〉'を'はらむ

《『conceive of』+『名』(do『ing』)》(…を)想像する

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

mentor

指導者,師・(良き)助言者,顧問

stimulate

…を『刺激する』,励ます,元気づける

刺激[剤]となる

provoke

…‘を'『怒らせる』,不きげんにする

(ある状態に)〈人〉‘を'『駆り立てる』

〈けんか・議論・関心・感情など〉‘を'『引き起こす』

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

verb

『動詞』

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

facilitate

…‘を'容易にする,楽にする,助ける,促進する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

diagnostic

診断の,診断のために役立つ

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

examination

〈C〉(…の)『試験』《+『in』(『on』)+『名』ofを用いない》

〈U〉〈C〉(…の)『調査』,検討《+『into』(『of』)+『名』》

〈C〉〈U〉『診察』,診断

〈C〉詩験問題[用紙];詩験答案[用紙]

cholesterol

コレステロール(胆汁・血液・神経組織などの脂肪性成分)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

obstruct

(通れないように)…‘を'『ふさぐ』

…‘を'『遮る』

…‘の'通過(進行)を妨げる,‘を'妨害する

compliance

(要求・命令などへの)承諾,応諾

服従,盲従

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

resume

〈中断した仕事・話など〉‘を'『再び始める』,再び続ける

…‘を'再び取る,取り戻す

再び始める

recreate

…‘を'再び作る,作り直す

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

currency

〈C〉〈U〉『通貨』,貨幣

〈U〉『流通』,通用;普及

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

creativity

独創性

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

depressed

元気のない,憂うつな

(力・価値などの)低下した,弱められた

不景気の,不況の;(特に)貧困にあぇぐ

押し下げられた;抑圧された

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

jack

〈C〉ジャッキ,押上げ万力(まんりき)

〈C〉ジャック,プラグの差し込み口

〈C〉(また『knave』)(カードの)ジャック

《複数形で》(また『jackstones』)《単数扱い》ジャックス(一種のお手玉遊び)

(また『jackstone』)〈C〉(ジャックスで用いる)6本の角(つの)から成る金属製の駒,小石や動物の骨などの玉

《時にJ-》《話》男,やつ(fellow)

〈C〉雄のロバ(一般に動物の)雄

〈C〉(国籍を示すための)船首旗

〈U〉《俗》《通例J-》金(かね)(money)

…‘を'ジャッキで持ち上げる(動かす)《+『名』+『up』,+『op』+『名』》

restless

『落ち着かない』,不安な(uneasy)

絶えず動いている,静止していない

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

awaken

=awake

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

instead

『その代りとして』,それよりも

Finland

フィンランド(北欧の共和国;首都はHelsinki)

regularly

規則正しく,一様に;正式に;定期的に

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

Finnish

フィンランド(Finland)の;フィンランド人(語)の

フィンランド語

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

bemuse

(ぼんやりするほど)…‘の'心を奪う

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

evident

『明白な』,はっきりした

sadly

『悲しそうに』

ひどく

individuality

〈U〉個性

《複数形で》個人的な特微(特質,好み)

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

South Korea

韓国(朝鮮半島の北緯38゜以南の共和国;公式名はthe Republic of Korea(大韓民国);首都Seoul)

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

Hong Kong

ホンコン(香港;英国植民地)

=Victoria 4

Shanghai

シャンハイ(上海)(中国中第一の貿易港市)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

devolve

(…に)〈義務・責任など〉‘を'ゆだねる《+『名』+『to』(『on, upon』)+『名』》

〈官職・義務・責任・財産などが〉(…に)帰属する,掛かってくる《+『on』(『upon』)+『名』》

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

legislative

立法の,立法権のある

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

classroom

『クラスルーム』,教室

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

discretion

『分別』,慎重さ(prudence)

(行動・選択などの)判断の自由;自由裁量

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

spite

悪意,意地悪

《a ~》(…への)恨み《+『against』(『at』)+『名』》

〈人〉‘に'意地悪をする,‘を'困らせる

sail

〈C〉〈U〉『帆』;《集合的に》一隻の帆全部

〈C〉帆のような物;風車の羽根,カエデの種子の羽根など

〈C〉《単複同形で》帆船;船

〈C〉《単数形で》(短い)船旅,船遊び;〈U〉《時にa sail》航程

《副詞[句]を伴って》〈船が〉『航海する』

(…から…へ)『出航する』《+『from』+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人が〉『船で旅をする』,航海する

ヨットを操る,帆走する

《副詞[句]を伴って》すべるように進む(飛ぶ);〈人が〉さっそうと歩く

〈人・船などが〉〈海・川など〉‘を'渡る

〈船〉‘を'操る,走らせる

headwind

向かい風,逆風

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

mechanistic

力学の,機械学の

機械論的な

conception

〈U〉『概念』,観念,考え(idea)

〈C〉着想,思いつき,案

〈U〉妊娠,受胎

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

datum

dataの単数形

既知の事実

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

maker

〈C〉『製作者』,作る人,メーカー

《複合語を作って》…製造業者,…屋

《the M-,our M-》造物主,神(God)

hum

〈ハチ・機械などが〉『ブンブンいう』,ブーンと鳴る

『鼻歌を歌う』,ハミングスル

(ちゅうちょ・当惑で)ふむふむいう

《話》〈雰囲気・事業などが〉活気がある,活発に動く;(…で)活気づく《+『with』+『名』》

…‘を'『ハミングで歌う』,鼻歌を歌って…‘を'(ある状熊に)する

(ハチ・機械などの)『ブンブン』[『うなる音』];鼻歌

(雑踏などの)ガヤガヤ]いう音],騒音

ふ‐む,う‐ん(ちゅうちょ・当惑・黙考・疑惑・不快などの声)

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

biography

『〈C〉伝記』

〈U〉《集合的に》伝記文学

boring

退屈な,うんざりする

irrelevant

見当違いの;取るに足りない

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

Death Valley

死の谷(米国California州およびNevada州南部の乾燥盆地)

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

hence

『それゆえに』,従って

『今から』

《古》ここから,あちらへ

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

carpet

(部屋いっぱいに敷く)『じゅうたん』,もうせん

《比喩(ひゆ)的に》『一面をおおうもの』,辺りいっぱいに広がるもの

…‘に'じゅうたんを敷く

(…で)…'を'一面におおう《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

dormant

眠っている,睡眠状態の;(動植物が)冬眠(休眠)中の

(才能などが)未開発の,潜在している

活動していない,休止中の

beneath

《位置・場所》…の下に

…の圧力下に,に支配されて

《地位・能力・価値など》…より下に(で),より劣って

…に値しない,ふさわしくない

下に,下方に

下位に,劣って

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

opportunity

『機会』,好機

cherish

〈子供など〉'を'『大事にする』,かわいがる,いつくしむ

〈思い出・希望など〉'を'『心に抱く』,大切にする

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

bereft

bereaveの過去・過去分詞

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

Benjamin

ベニヤミン(旧約聖所でイスラエルの祖のJacobの末子)

Franklin

フランクリン(Benjamin Franklin;1706‐90; 米国の政治家・外交官・著述家・物理学者、避雷針の発明者)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

immovable

動かせない,動かない

(意志などが)確固たる

不動産の

不動産

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

good sense

良識,分別

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

関連動画