TED日本語 - シェリル・サンドバーグ: 何故女性のリーダーは少ないのか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

Facebook COO のシェリル・サンドバーグが、男性と比べて低い割合の女性しか職場でトップまでたどり着けない理由に目を向け、経営幹部を目指している女性に3つの強力なアドバイスを与えます。

Script

さて、今日この部屋にいる全ての人が、 幸運であることをまず認めてしまいましょう 我々は女性の職業選択が 非常に制限されていた我々の母親や、 祖母がいた時代に生きていません 今日この部屋にいる人の殆どは、 人権がある場所で 生まれ育ちました そして驚くべきことに、我々の住む世界には そのような権利を持っていない女性がいるのです しかしそれらに加えて、 他に大きな問題があるのです 問題というのは、 世界のどこをとっても 女性が職場において トップまで登り詰めないということです 統計にはそれが如実に表れています 190人いる首脳のうち 女性は9人 世界中にある議会のうち 女性が占めるのは13%です 民間企業においても、 トップに立つ女性、 経営幹部職や役員は、 15か16%程度です この数値は2002年から変わっておらず、 状況は改善していません 我々がしばしば女性により 引っ張られていると考える 非営利部門においても、 トップにいる女性は20%です

問題は他にもあります 女性は職場における出世と、個人的な 充実感との間で厳しい選択を迫られるのです 米国における最近の研究によると、 既婚の上級管理職のうち 2/3の既婚男性に子どもがいたのに対して、 子持ちの既婚女性は1/3に過ぎなかったのです 1、2年前のことですが、私はニューヨークで 商談をまとめていました 皆が想像する様な、ニューヨークにある 高価な未公開株式企業の中にいたのです その会議は3時間程度だったのですが、 2時間が過ぎたところで、用を足す時間となりました 皆が立ち上がる中、 その会議を取り仕切っていたパートナーが とても困り始めたのです 女性用のトイレがどこにあるか 彼は知らないのだということに気がつきました それで私は彼らがここに越して来て まだ間もないのだろうと考えたのです それで「このオフィスに越してきたばかりなの?」と訊くと 「いえ、もう1年程いますよ」と言われ 「ということは、この1年の間 この部屋で商談をまとめた 女性は私だけということ?」と言うと 彼は私の方を見て言った言葉は、 「そうだね。もしくはトイレに行く必要のあったのがあなただけだったのかも」

(笑い)

さてそれでは、 どうやってこの問題を解決するのでしょうか? どうやってこれらの数値を変えるのか? どうやって変化を起こすのか? まずはじめに、 どうやって女性を職場に留めるかについて 話したいと思います それが問題の解決に繋がると思うからです 高収入を得る人、 トップにいる人々、 フォーチュン500の CEO や、 他の業種における似たような地位の人々について 私が確信している問題とは、 女性が辞めてしまうということです 既に多くの人が、 フレックスタイムやメンターについて、 そして社内の女性研修について語っています 勿論重要なことですが、 今日はそれらについて話すのではありません 一個人としてできることについて話したいと思います 自分自身に言い聞かせなければならないこととは? 一緒に働いている女性や、我々の娘に 伝えるメッセージとは?

最初にハッキリ申し上げると、 ここで良し悪しについて語るつもりはありません 答えはまだ見つかっておらず、 自分自身についても分からないのですから 私はサンフランシスコの自宅を月曜日に発ち、 このカンファレンスにやって来ました 3歳になる私の娘を保育園に届けると、 私の脚に抱きつきながら、 「ママ、行かないで」と泣きつきます 罪悪感に悩ませられます 私の知る限り、 主婦をしていようと働いていようと、 そう感じない人を私は知りません なので職場に留まるということが全ての人にとって 良いと言うつもりはありません

今日話したいことというのは、職場に留まりたい時、 どのようなメッセージを贈るのかということです 3つのことがあると思います 1つ目に、交渉すること 2つ目に、パートナーと対等になること そして --よく聞いて下さいね-- 最後まで留まるということです 最初のメッセージ : 交渉してください 1、2週間前に我々は 政府の要人を Facebook に招待し、 シリコンバレー中の経営役員と 引き合わせました 皆がテーブルに着こうとします その中に、彼と一緒にやって来た 同部門にいる2人の女性幹部がいました そこで私が「こっちに来て座りなさいよ、さあ」と言うと、 彼女らは部屋の隅に座ったのです 私は大学の4年次にいた頃、 ヨーロッパ文化史という講義を取りました 興味をそそられるでしょう できるなら、また取りたいものです そこには当時聡明な文学少女で そのまま研究の道に進んだ クラスメートのキャリーと、 当時2年次にいた 賢いけれどスポーツばかりやっている 医学部進学課程にいる弟がいました

我々3人は同じ講義を取ったのです キャリーは全ての本を 原文のギリシャ語とラテン語で読み、 全ての講義に出席していました 私は全ての本を英語で読み、 殆どの講義に出席していました 私の弟は忙しくて、 読んだ本は12ある内の1冊で、 数回の講義に顔を出し、 試験の数日前に我々の部屋に来て 試験勉強を行うというありさまでした 我々3人は一緒に3時間の間、 青色のノートを見ながら 試験を受けました -- もう私の歳が分かっちゃいますね 試験会場を出た後、お互いの顔を見ながら「どうだった?」と訊くと、 キャリーは「はぁー、ヘーゲル弁証法の主題をちゃんと説明できたか 不安なのよ」と言い、 私は「ああ、ジョン・ロックの(労働)所有説とそれに続く哲学者を ちゃんと結びつけることができれば良かったんだけれど」と言い、 そして私の弟は、 「俺がクラスで1番の出来だろうな」 「クラスで1番の成績ですって? 何も分かってないじゃない」

このやり取りから分かることが データにより明らかにされています : 女性は自身の能力をより低く見積もってしまうのです 女性と男性に対して GPA の様な、完全に客観視する事のできる質問をすると、 男性の回答は実際より高く、 女性の回答は実際より低くなるのです 女性は職場で自分の為の交渉を行わないのです 過去2年間で大学を卒業し 働き始めた人たちに関する研究によると、 57%の男子が -- いえ、もう男性ですね -- 初任給の交渉を行うのに対して、 女性は7%しかしないのです そして最も重要なことに、 男性は出世は自身が勝ち得たものだと思うのに対し、 女性は外的要因に理由を求めるのです 何故上手くやっているのか男性に訊くと、 彼らの答えは「俺がイケてるからだよ そりゃそうだよ。何故そんなこと訊くの?」 女性に同じ質問をすると、 誰かが助けたとか、 幸運だった、とても頑張ったなどと言います 何故これが重要なのか? いえいえ、とても重要なことです 交渉を行わずに役員室に入る人など いるはず無いのですから 同様に成功すると確信していない人や 自身の成功とは何か理解していない人が 出世するということもありません

もっと簡単に言うことができれば良いのですが 一緒に働いている若い女性全員に、 素晴らしい女性たちに 「自分自身を信じて、自身の為の交渉して、 出世を勝ち取って」と言いたいのです 私の娘にもそう言いたいのですが そんなに単純なことではありません 何よりもデータによると、 出世と好感度というのは 男性の場合正の相関があり、 女性の場合負の相関があるのです 頷いているところを見ると、 皆さんそれが正しいと知っているということですね

ある秀逸な調査がそれを本当に上手く表しています ハイディ・ロイゼンという女性に関する ハーバード・ビジネス・スクールが行った有名な調査があります 彼女はシリコンバレーにある 会社のオペレーターで、 人脈を駆使して 投資家になろうとしていました ついこの前の2002年、 コロンビア大学にいた教授が この事例を取り上げたのです 彼はこの事例を2つの 学生グループに与えてみました ただ1語だけ変えて : ハイディからハワードです しかしこの1語が大きな違いを生んだのです 学生を調査してみると、 ハイディとハワードは同程度に能力があると 学生は評価していたことが分かりました 良いことです 悪い知らせは、皆がハワードに好感を持ったのです 素晴らしい人で、一緒に仕事したり、 釣りに行ったりといった感じです でもハイディは?うーん 彼女はちょっと身勝手で、抜け目が無い 彼女と一緒に働きたいか確信が持てない これが問題なのです 娘や同僚に対して、最高の成績を 修めたのだと信じるよう言い聞かせなければなりません 出世する為、 交渉する為に そしてその為には 男の兄弟はしなくても良い犠牲を伴うのだと 教えなければなりません

最も嘆かわしいことに、これを意識するのはとても難しいのです これから本当に恥ずかしいことを話すのですが、 重要なことです 私は少し前にこのような話を Facebook で 百名程の従業員に対して行いました 数時間後、そこで働いている若い女性が 私のデスクの近くで 話をしたいと座っていました オーケーと言って座って彼女と話し始め、 彼女は「今日は得るものがありました 手を挙げ続けなければけないということです」と言い 私が「どういうこと?」と訊くと 「講演をした後に あと2つ質問を受け付けると言い、 私は他の人たちと同様手を挙げ、あなたは2つの質問を受け付けました それで私は手を下げたのですが、他の女性も全員下げたのに気がつき、 あなたは質問に答え続けたのです 男性だけから」 そこで思ったのは、 このことに注目し、 -- その講演までしている -- そんな私がその講演の最中にも、 男性の手が挙がったままか 女性の手が挙ったままかも気がつかないとしたら、 会社や組織の管理者として 我々は男性がどれほどチャンスに対して 女性より積極的だということに 気がついているのだろう? 女性を交渉の椅子に座らせなければなりません

(拍手)

2番目のメッセージ : パートナーと対等になること 家庭と比べて職場での進歩の方が大きいと 私は確信しています それはデータに如実に表れています 女性と男性がフルタイムで働きながら 子どもがいる場合、 女性は男性の倍にも及ぶ家事を行い、 女性は男性の 3倍もの育児を行うのです 彼女の2、3の仕事に対し、 彼のは1つだけ 誰かが家にいなければならないときに退職するのは誰でしょうか この問題の原因はとても複雑で ここで扱えるものではありません 日曜日のスポーツ観戦や普段の怠慢が 原因でもないと思います

原因はもっと複雑なのです 社会全体において、 我々は女子よりも男子に 成功するよう求めるのです キャリアを持った女性を 家庭から応援する男性も知っていますが、 大変なのです 公園デビューした母親の輪に入り そこにいる男性を見てみると、 他の母親が彼には関わらないことに 気がつきます 世界で最も困難な仕事である 家事や育児をより重要な仕事として分担し、 女性を職場に留まらせるとするならば、 これは両方の性にとって 大きな障害となります (拍手) 同程度の収入と同程度の責任分担を持つ家庭では 離婚率が半分であることが 調査により分かっています それでもまだやる気にならないというのであれば、 彼らは他にも -- この舞台でどういえば良いのかしら? -- 聖的な点からもお互いをよく知っているのです

(歓声)

3番目のメッセージ : 最後まで留まるのです 非常に難解な皮肉ですが 女性が職場に留まろうとしながら 起こす行動により、 -- 私はそれを常に見ているのですが -- 実際のところ最後にはそこを去ってしまうのです つまりこういうことです : 我々は皆忙しく、それは女性も同じです そして彼女は子どもを持ちたいと考え始めるのです そして子どものことを考え始めたその時から、 子どもの為の余裕を確保しようとするのです 「他にもやることがあるのに、どうやってそんなことをするというの?」 彼女は文字通りその瞬間から、 手を挙げなくなってしまうのです 出世を望むこともせずに、新しいプロジェクトにも参加せず、 「私よ、私がやるの」と言うこともなく、 気が抜けてしまうのです 問題というのは、 -- 例えばその日、丁度その日に妊娠したとして、 妊娠に9か月、3か月間の出産休暇、 6か月間かけて休息をとる -- 2年間の早送りでした 私がよく目撃するのは、 それよりかなり前に考え始める女性です 婚約する時、結婚する時、 子づくりを始める時、それも長期間かかるかも知れません ある女性がこの件で私のところに来ました 私が見たところ彼女は少し若く見えたので、 「それで夫さんとは子どもについて考えているの?」と訊くと 「いいえ、結婚していないんです」と言うのです 彼女には恋人もいませんでした 「そういうことを考えるのは もっとずーっと後で良いのよ」と言いました

ここで私が伝えたいことは 緩やかに積極性を失うと何が起こるのかということです 既に経験したことのある人なら 誰だって分かることでしょうが、家庭に子どもがいる様になると、 すぐに職場から帰れる様にしておかなければなりません 子どもを家に残すというのはそれほど大変なのです 仕事は刺激のあるもので、 評価されるものでなければなりません 自分が重要なことをしていると実感できなければなりません 2年前に出世に飛びつかなかったとき、 隣にいる人がそのチャンスを手に入れる 3年前に 新たな挑戦を止めてしまうと、 うんざりしてしまう アクセルを踏み続けておくべきだったのです 最後まで留まって下さい その場所に アクセルを踏み続けて下さい 子どもの為に休みを取り 離れなければならないその日まで そして決断するその時まで 早すぎる段階で決断をしないでください 特にあなたが無意識で行っている決断です

残念なことにトップの数が 我々の世代で変わることはないでしょう 変化していないのです 私の世代で産業界のトップにおける 全人口の50%が女性になるなど まず起こらないでしょう でも将来の世代ではできると期待しています 世界にある国の半分が、 そして企業の半分が女性により運営される世界は 今の世界より良い場所のはずです 女性用トイレの場所を皆知っているということだけではありません それも良いことでしょうけれど より良い世界のはずです 私には2人の子どもがいます 5歳の息子と2歳の娘です 息子には職場や家庭で 十分に貢献できる自由を持ってほしいですし、 娘には勝るだけでは無く、 自身の業績により 人から好かれる自由を持てるように

ありがとう

(拍手)

So for any of us in this room today, let's start out by admitting we're lucky. We don't live in the world our mothers lived in, our grandmothers lived in, where career choices for women were so limited. And if you're in this room today, most of us grew up in a world where we had basic civil rights, and amazingly, we still live in a world where some women don't have them. But all that aside, we still have a problem, and it's a real problem. And the problem is this: Women are not making it to the top of any profession anywhere in the world. The numbers tell the story quite clearly. 190 heads of state -- nine are women. Of all the people in parliament in the world,13 percent are women. In the corporate sector, women at the top, C-level jobs, board seats -- tops out at 15,16 percent. The numbers have not moved since 2002 and are going in the wrong direction. And even in the non-profit world, a world we sometimes think of as being led by more women, women at the top: 20 percent.

We also have another problem, which is that women face harder choices between professional success and personal fulfillment. A recent study in the U.S. showed that, of married senior managers, two-thirds of the married men had children and only one-third of the married women had children. A couple of years ago, I was in New York, and I was pitching a deal, and I was in one of those fancy New York private equity offices you can picture. And I'm in the meeting -- it's about a three-hour meeting -- and two hours in, there kind of needs to be that bio break, and everyone stands up, and the partner running the meeting starts looking really embarrassed. And I realized he doesn't know where the women's room is in his office. So I start looking around for moving boxes, figuring they just moved in, but I don't see any. And so I said, "Did you just move into this office?" And he said, "No, we've been here about a year." And I said, "Are you telling me that I am the only woman to have pitched a deal in this office in a year?" And he looked at me, and he said, "Yeah. Or maybe you're the only one who had to go to the bathroom."

(Laughter)

So the question is, how are we going to fix this? How do we change these numbers at the top? How do we make this different? I want to start out by saying, I talk about this -- about keeping women in the workforce -- because I really think that's the answer. In the high-income part of our workforce, in the people who end up at the top -- Fortune 500 CEO jobs, or the equivalent in other industries -- the problem, I am convinced, is that women are dropping out. Now people talk about this a lot, and they talk about things like flextime and mentoring and programs companies should have to train women. I want to talk about none of that today, even though that's all really important. Today I want to focus on what we can do as individuals. What are the messages we need to tell ourselves? What are the messages we tell the women who work with and for us? What are the messages we tell our daughters?

Now, at the outset, I want to be very clear that this speech comes with no judgments. I don't have the right answer. I don't even have it for myself. I left San Francisco, where I live, on Monday, and I was getting on the plane for this conference. And my daughter, who's three, when I dropped her off at preschool, did that whole hugging-the-leg, crying, "Mommy, don't get on the plane" thing. This is hard. I feel guilty sometimes. I know no women, whether they're at home or whether they're in the workforce, who don't feel that sometimes. So I'm not saying that staying in the workforce is the right thing for everyone.

My talk today is about what the messages are if you do want to stay in the workforce, and I think there are three. One, sit at the table. Two, make your partner a real partner. And three, don't leave before you leave. Number one: sit at the table. Just a couple weeks ago at Facebook, we hosted a very senior government official, and he came in to meet with senior execs from around Silicon Valley. And everyone kind of sat at the table. And then he had these two women who were traveling with him who were pretty senior in his department, and I kind of said to them, "Sit at the table. Come on, sit at the table," and they sat on the side of the room. When I was in college my senior year, I took a course called European Intellectual History. Don't you love that kind of thing from college? I wish I could do that now. And I took it with my roommate, Carrie, who was then a brilliant literary student -- and went on to be a brilliant literary scholar -- and my brother -- smart guy, but a water-polo-playing pre-med, who was a sophomore.

The three of us take this class together. And then Carrie reads all the books in the original Greek and Latin, goes to all the lectures. I read all the books in English and go to most of the lectures. My brother is kind of busy. He reads one book of 12 and goes to a couple of lectures, marches himself up to our room a couple days before the exam to get himself tutored. The three of us go to the exam together, and we sit down. And we sit there for three hours -- and our little blue notebooks -- yes, I'm that old. And we walk out, and we look at each other, and we say, "How did you do?" And Carrie says, "Boy, I feel like I didn't really draw out the main point on the Hegelian dialectic." And I say, "God, I really wish I had really connected John Locke's theory of property with the philosophers who follow." And my brother says, "I got the top grade in the class." "You got the top grade in the class? You don't know anything."

The problem with these stories is that they show what the data shows: women systematically underestimate their own abilities. If you test men and women, and you ask them questions on totally objective criteria like GPAs, men get it wrong slightly high, and women get it wrong slightly low. Women do not negotiate for themselves in the workforce. A study in the last two years of people entering the workforce out of college showed that 57 percent of boys entering, or men, I guess, are negotiating their first salary, and only seven percent of women. And most importantly, men attribute their success to themselves, and women attribute it to other external factors. If you ask men why they did a good job, they'll say, "I'm awesome. Obviously. Why are you even asking?" If you ask women why they did a good job, what they'll say is someone helped them, they got lucky, they worked really hard. Why does this matter? Boy, it matters a lot because no one gets to the corner office by sitting on the side, not at the table, and no one gets the promotion if they don't think they deserve their success, or they don't even understand their own success.

I wish the answer were easy. I wish I could just go tell all the young women I work for, all these fabulous women, "Believe in yourself and negotiate for yourself. Own your own success." I wish I could tell that to my daughter. But it's not that simple. Because what the data shows, above all else, is one thing, which is that success and likeability are positively correlated for men and negatively correlated for women. And everyone's nodding, because we all know this to be true.

There's a really good study that shows this really well. There's a famous Harvard Business School study on a woman named Heidi Roizen. And she's an operator in a company in Silicon Valley, and she uses her contacts to become a very successful venture capitalist. In 2002 -- not so long ago -- a professor who was then at Columbia University took that case and made it Howard Roizen. And he gave the case out, both of them, to two groups of students. He changed exactly one word: "Heidi" to "Howard." But that one word made a really big difference. He then surveyed the students, and the good news was the students, both men and women, thought Heidi and Howard were equally competent, and that's good. The bad news was that everyone liked Howard. He's a great guy. You want to work for him. You want to spend the day fishing with him. But Heidi? Not so sure. She's a little out for herself. She's a little political. You're not sure you'd want to work for her. This is the complication. We have to tell our daughters and our colleagues, we have to tell ourselves to believe we got the A, to reach for the promotion, to sit at the table, and we have to do it in a world where, for them, there are sacrifices they will make for that, even though for their brothers, there are not.

The saddest thing about all of this is that it's really hard to remember this. And I'm about to tell a story which is truly embarrassing for me, but I think important. I gave this talk at Facebook not so long ago to about 100 employees, and a couple hours later, there was a young woman who works there sitting outside my little desk, and she wanted to talk to me. I said, okay, and she sat down, and we talked. And she said, "I learned something today. I learned that I need to keep my hand up." I said, "What do you mean?" She said, "Well, you're giving this talk, and you said you were going to take two more questions. And I had my hand up with lots of other people, and you took two more questions. And I put my hand down, and I noticed all the women put their hand down, and then you took more questions, only from the men." And I thought to myself, wow, if it's me -- who cares about this, obviously -- giving this talk -- and during this talk, I can't even notice that the men's hands are still raised, and the women's hands are still raised, how good are we as managers of our companies and our organizations at seeing that the men are reaching for opportunities more than women? We've got to get women to sit at the table.

(Applause)

Message number two: make your partner a real partner. I've become convinced that we've made more progress in the workforce than we have in the home. The data shows this very clearly. If a woman and a man work full-time and have a child, the woman does twice the amount of housework the man does, and the woman does three times the amount of childcare the man does. So she's got three jobs or two jobs, and he's got one. Who do you think drops out when someone needs to be home more? The causes of this are really complicated, and I don't have time to go into them. And I don't think Sunday football-watching and general laziness is the cause.

I think the cause is more complicated. I think, as a society, we put more pressure on our boys to succeed than we do on our girls. I know men that stay home and work in the home to support wives with careers, and it's hard. When I go to the Mommy-and-Me stuff and I see the father there, I notice that the other mommies don't play with him. And that's a problem, because we have to make it as important a job, because it's the hardest job in the world to work inside the home, for people of both genders, if we're going to even things out and let women stay in the workforce. (Applause) Studies show that households with equal earning and equal responsibility also have half the divorce rate. And if that wasn't good enough motivation for everyone out there, they also have more -- how shall I say this on this stage? -- they know each other more in the biblical sense as well.

(Cheers)

Message number three: don't leave before you leave. I think there's a really deep irony to the fact that actions women are taking -- and I see this all the time -- with the objective of staying in the workforce actually lead to their eventually leaving. Here's what happens: We're all busy. Everyone's busy. A woman's busy. And she starts thinking about having a child, and from the moment she starts thinking about having a child, she starts thinking about making room for that child. "How am I going to fit this into everything else I'm doing?" And literally from that moment, she doesn't raise her hand anymore, she doesn't look for a promotion, she doesn't take on the new project, she doesn't say, "Me. I want to do that." She starts leaning back. The problem is that -- let's say she got pregnant that day, that day -- nine months of pregnancy,three months of maternity leave,six months to catch your breath -- fast-forward two years, more often -- and as I've seen it -- women start thinking about this way earlier -- when they get engaged, when they get married, when they start thinking about trying to have a child, which can take a long time. One woman came to see me about this, and I kind of looked at her -- she looked a little young. And I said, "So are you and your husband thinking about having a baby?" And she said, "Oh no, I'm not married." She didn't even have a boyfriend. I said, "You're thinking about this just way too early."

But the point is that what happens once you start kind of quietly leaning back? Everyone who's been through this -- and I'm here to tell you, once you have a child at home, your job better be really good to go back, because it's hard to leave that kid at home -- your job needs to be challenging. It needs to be rewarding. You need to feel like you're making a difference. And if two years ago you didn't take a promotion and some guy next to you did, if three years ago you stopped looking for new opportunities, you're going to be bored because you should have kept your foot on the gas pedal. Don't leave before you leave. Stay in. Keep your foot on the gas pedal, until the very day you need to leave to take a break for a child -- and then make your decisions. Don't make decisions too far in advance, particularly ones you're not even conscious you're making.

My generation really, sadly, is not going to change the numbers at the top. They're just not moving. We are not going to get to where 50 percent of the population -- in my generation, there will not be 50 percent of [ women ] at the top of any industry. But I'm hopeful that future generations can. I think a world that was run where half of our countries and half of our companies were run by women, would be a better world. And it's not just because people would know where the women's bathrooms are, even though that would be very helpful. I think it would be a better world. I have two children. I have a five-year-old son and a two-year-old daughter. I want my son to have a choice to contribute fully in the workforce or at home, and I want my daughter to have the choice to not just succeed, but to be liked for her accomplishments.

Thank you.

(Applause)

So/ for any of us/ in this room/ today,/ let's start out/ by admitting we're lucky.//

さて、今日この部屋にいる全ての人が、 幸運であることをまず認めてしまいましょう

We don't live in the world/ our mothers lived in,/ our grandmothers lived in,/ where career choices/ for women were so limited.//

我々は女性の職業選択が 非常に制限されていた我々の母親や、 祖母がいた時代に生きていません

And/ if you're in this room/ today,/ most of us grew up/ in a world/ where we had basic civil rights,/ and amazingly,/ we still live in a world/ where some women don't have them.//

今日この部屋にいる人の殆どは、 人権がある場所で 生まれ育ちました そして驚くべきことに、我々の住む世界には そのような権利を持っていない女性がいるのです

But all that aside,/ we still have a problem,/ and it's a real problem.//

しかしそれらに加えて、 他に大きな問題があるのです

And the problem is this:/ Women are not making it/ to the top of any profession anywhere/ in the world.//

問題というのは、 世界のどこをとっても 女性が職場において トップまで登り詰めないということです

The numbers tell the story quite clearly.//

統計にはそれが如実に表れています

190 heads of state --/ nine are women.//

190人いる首脳のうち 女性は9人

Of all the people/ in parliament/ in the world,/13 percent are women.//

世界中にある議会のうち 女性が占めるのは13%です

In the corporate sector,/ women/ at the top,/ C-level jobs,/ board seats --/ tops out/ at 15,16 percent.//

民間企業においても、 トップに立つ女性、 経営幹部職や役員は、 15か16%程度です

The numbers have not moved since 2002/ and are going in the wrong direction.//

この数値は2002年から変わっておらず、 状況は改善していません

And even/ in the non-profit world,/ a world/ we sometimes think of as being led by more women,/ women/ at the top:/ 20 percent.//

我々がしばしば女性により 引っ張られていると考える 非営利部門においても、 トップにいる女性は20%です

We also have another problem,/ which is/ that women face harder choices/ between professional success and personal fulfillment.//

問題は他にもあります 女性は職場における出世と、個人的な 充実感との間で厳しい選択を迫られるのです

A recent study/ in the U.S. showed/ that,/ of married senior managers,/ two-thirds of the married men had children/ and only one-third of the married women had children.//

米国における最近の研究によると、 既婚の上級管理職のうち 2/3の既婚男性に子どもがいたのに対して、 子持ちの既婚女性は1/3に過ぎなかったのです

A couple of years ago,/ I was in New York,/ and I was pitching a deal,/ and I was in one of those fancy New York private equity offices/ you can picture.//

1、2年前のことですが、私はニューヨークで 商談をまとめていました 皆が想像する様な、ニューヨークにある 高価な未公開株式企業の中にいたのです

And I'm in the meeting --/ it's about a three-hour meeting --/ and two hours in,/ there kind of needs to be/ that bio break,/ and everyone stands up,/ and the partner/ running the meeting starts looking/ really embarrassed.//

その会議は3時間程度だったのですが、 2時間が過ぎたところで、用を足す時間となりました 皆が立ち上がる中、 その会議を取り仕切っていたパートナーが とても困り始めたのです

And I realized/ he doesn't know/ where the women's room is in his office.//

女性用のトイレがどこにあるか 彼は知らないのだということに気がつきました

So I start looking/ around/ for moving boxes,/ figuring they just moved in,/ but I don't see any.//

それで私は彼らがここに越して来て まだ間もないのだろうと考えたのです

And so/ I said,/ "Did you just move into this office?"//

それで「このオフィスに越してきたばかりなの?」と訊くと

And he said,/ "No, we've been here about a year."//

「いえ、もう1年程いますよ」と言われ

And I said,/ "Are you telling me/ that I am the only woman to have pitched a deal/ in this office/ in a year?"//

「ということは、この1年の間 この部屋で商談をまとめた 女性は私だけということ?」と言うと

And he looked at me,/ and he said,/ "Yeah.// Or maybe/ you're the only one/ who had to go/ to the bathroom."//

彼は私の方を見て言った言葉は、 「そうだね。もしくはトイレに行く必要のあったのがあなただけだったのかも」

(笑い)

So the question is,/ how are we going to fix this?//

さてそれでは、 どうやってこの問題を解決するのでしょうか?

How do we change these numbers/ at the top?//

どうやってこれらの数値を変えるのか?

How do we make this different?//

どうやって変化を起こすのか?

I want to start out/ by saying,/ I talk about this --/ about keeping women/ in the workforce --/ because I really think/ that's the answer.//

まずはじめに、 どうやって女性を職場に留めるかについて 話したいと思います それが問題の解決に繋がると思うからです

In the high-income part of our workforce,/ in the people/ who end up/ at the top --/ Fortune/ 500 CEO jobs,/ or the equivalent/ in other industries --/ the problem,/ I am convinced,/ is/ that women are dropping out.//

高収入を得る人、 トップにいる人々、 フォーチュン500の CEO や、 他の業種における似たような地位の人々について 私が確信している問題とは、 女性が辞めてしまうということです

Now/ people talk about this a lot,/ and they talk about things/ like flextime and mentoring and programs companies should have to train/ women.//

既に多くの人が、 フレックスタイムやメンターについて、 そして社内の女性研修について語っています

I want to talk/ about none of that today,/ even though that's all really important.//

勿論重要なことですが、 今日はそれらについて話すのではありません

Today/ I want to focus/ on what we can do as individuals.//

一個人としてできることについて話したいと思います

What are the messages we need to tell/ ourselves?//

自分自身に言い聞かせなければならないこととは?

What are the messages we tell the women/ who work with and/ for us?//

一緒に働いている女性や、我々の娘に

What are the messages we tell our daughters?//

伝えるメッセージとは?

Now,/ at the outset,/ I want to be very clear/ that this speech comes with no judgments.//

最初にハッキリ申し上げると、 ここで良し悪しについて語るつもりはありません

I don't have the right answer.//

答えはまだ見つかっておらず、

I don't even have it/ for myself.//

自分自身についても分からないのですから

I left San Francisco,/ where I live,/ on Monday,/ and I was getting on the plane/ for this conference.//

私はサンフランシスコの自宅を月曜日に発ち、 このカンファレンスにやって来ました

And my daughter,/ who's three,/ when I dropped her off/ at preschool,/ did that whole hugging-the-leg,/ crying,/ "Mommy,/ don't get on the plane"/ thing.//

3歳になる私の娘を保育園に届けると、 私の脚に抱きつきながら、 「ママ、行かないで」と泣きつきます

This is hard.// I feel guilty sometimes.//

罪悪感に悩ませられます

I know no women,/ whether they're at home/ or/ whether they're in the workforce,/ who don't feel/ that sometimes.//

私の知る限り、 主婦をしていようと働いていようと、 そう感じない人を私は知りません

So I'm not saying/ that staying in the workforce is the right thing/ for everyone.//

なので職場に留まるということが全ての人にとって 良いと言うつもりはありません

My talk/ today is about what the messages are/ if you do want to stay/ in the workforce,/ and I think/ there are three.//

今日話したいことというのは、職場に留まりたい時、 どのようなメッセージを贈るのかということです 3つのことがあると思います

One,/ sit/ at the table.//

1つ目に、交渉すること

Two,/ make your partner/ a real partner.//

2つ目に、パートナーと対等になること

And three,/ don't leave/ before you leave.//

そして --よく聞いて下さいね-- 最後まで留まるということです

Number one:/ sit/ at the table.//

最初のメッセージ : 交渉してください

Just a couple weeks ago/ at Facebook,/ we hosted a very senior government official,/ and he came in/ to meet with senior execs/ from around Silicon Valley.//

1、2週間前に我々は 政府の要人を Facebook に招待し、 シリコンバレー中の経営役員と 引き合わせました

And everyone kind of sat/ at the table.//

皆がテーブルに着こうとします

And then/ he had these two women/ who were traveling with him/ who were pretty senior/ in his department,/ and I kind of said to them,/ "Sit/ at the table.// Come on,/ sit/ at the table,/"/ and they sat on the side of the room.//

その中に、彼と一緒にやって来た 同部門にいる2人の女性幹部がいました そこで私が「こっちに来て座りなさいよ、さあ」と言うと、 彼女らは部屋の隅に座ったのです

When I was in college/ my senior year,/ I took/ a course called European Intellectual History.//

私は大学の4年次にいた頃、 ヨーロッパ文化史という講義を取りました

Don't you love/ that kind of thing/ from college?//

興味をそそられるでしょう

I wish/ I could do that now.//

できるなら、また取りたいものです

And I took it/ with my roommate,/ Carrie,/ who was then a brilliant literary student --/ and went on/ to be a brilliant literary scholar --/ and my brother --/ smart guy,/ but a water-polo-playing pre-med,/ who was a sophomore.//

そこには当時聡明な文学少女で そのまま研究の道に進んだ クラスメートのキャリーと、 当時2年次にいた 賢いけれどスポーツばかりやっている 医学部進学課程にいる弟がいました

The three of us take this class together.//

我々3人は同じ講義を取ったのです

And then/ Carrie reads all the books/ in the original Greek and Latin,/ goes to all the lectures.//

キャリーは全ての本を 原文のギリシャ語とラテン語で読み、 全ての講義に出席していました

I read all the books/ in English/ and go to most of the lectures.//

私は全ての本を英語で読み、 殆どの講義に出席していました

My brother is kind of busy.//

私の弟は忙しくて、

He reads one book of 12/ and goes to a couple of lectures,/ marches himself up/ to our room/ a couple days/ before the exam/ to get himself tutored.//

読んだ本は12ある内の1冊で、 数回の講義に顔を出し、 試験の数日前に我々の部屋に来て 試験勉強を行うというありさまでした

The three of us go to the exam together,/ and we sit down.//

我々3人は一緒に3時間の間、

And we sit there/ for three hours --/ and our little blue notebooks --/ yes,/ I'm/ that old.//

青色のノートを見ながら 試験を受けました -- もう私の歳が分かっちゃいますね

And we walk out,/ and we look at each other,/ and we say,/ "How did you do?"//

試験会場を出た後、お互いの顔を見ながら「どうだった?」と訊くと、

And Carrie says,/ "Boy,/ I feel/ like I didn't really draw out/ the main point/ on the Hegelian dialectic."//

キャリーは「はぁー、ヘーゲル弁証法の主題をちゃんと説明できたか 不安なのよ」と言い、

And I say,/ "God,/ I really wish/ I had really connected John Locke's theory of property/ with the philosophers/ who follow."//

私は「ああ、ジョン・ロックの(労働)所有説とそれに続く哲学者を ちゃんと結びつけることができれば良かったんだけれど」と言い、

And my brother says,/ "I got the top grade/ in the class."//

そして私の弟は、 「俺がクラスで1番の出来だろうな」

"You got the top grade/ in the class?//

「クラスで1番の成績ですって?

You don't know anything."//

何も分かってないじゃない」

The problem/ with these stories is/ that they show/ what the data shows:/ women systematically underestimate their own abilities.//

このやり取りから分かることが データにより明らかにされています : 女性は自身の能力をより低く見積もってしまうのです

If you test men and women,/ and you ask them/ questions/ on totally objective criteria/ like GPAs,/ men get/ it wrong slightly high,/ and women get it/ wrong slightly low.//

女性と男性に対して GPA の様な、完全に客観視する事のできる質問をすると、 男性の回答は実際より高く、 女性の回答は実際より低くなるのです

Women do not negotiate for themselves/ in the workforce.//

女性は職場で自分の為の交渉を行わないのです

A study/ in the last two years of people/ entering the workforce/ out of college showed/ that 57 percent of boys/ entering,/ or men,/ I guess,/ are negotiating their first salary,/ and only seven percent of women.//

過去2年間で大学を卒業し 働き始めた人たちに関する研究によると、 57%の男子が -- いえ、もう男性ですね -- 初任給の交渉を行うのに対して、 女性は7%しかしないのです

And most importantly,/ men attribute their success/ to themselves,/ and women attribute it/ to other external factors.//

そして最も重要なことに、 男性は出世は自身が勝ち得たものだと思うのに対し、 女性は外的要因に理由を求めるのです

If you ask men/ why they did a good job,/ they'll say,/ "I'm awesome.//

何故上手くやっているのか男性に訊くと、 彼らの答えは「俺がイケてるからだよ

Obviously.// Why are you even asking?"//

そりゃそうだよ。何故そんなこと訊くの?」

If you ask women/ why they did a good job,/ what they'll say/ is someone helped them,/ they got lucky,/ they worked really hard.//

女性に同じ質問をすると、 誰かが助けたとか、 幸運だった、とても頑張ったなどと言います

Why does this matter?//

何故これが重要なのか?

Boy,/ it matters a lot/ because no one gets to the corner office/ by sitting on the side,/ not at the table,/ and no one gets the promotion/ if they don't think they deserve their success,/ or they don't even understand their own success.//

いえいえ、とても重要なことです 交渉を行わずに役員室に入る人など いるはず無いのですから 同様に成功すると確信していない人や 自身の成功とは何か理解していない人が 出世するということもありません

I wish/ the answer were easy.//

もっと簡単に言うことができれば良いのですが

I wish/ I could just go tell all the young women/ I work for,/ all these fabulous women,/ "Believe/ in yourself/ and negotiate for yourself.//

一緒に働いている若い女性全員に、 素晴らしい女性たちに 「自分自身を信じて、自身の為の交渉して、

Own/ your own success."//

出世を勝ち取って」と言いたいのです

I wish/ I could tell/ that to my daughter.//

私の娘にもそう言いたいのですが

But it's not/ that simple.//

そんなに単純なことではありません

Because what the data shows,/ above all else,/ is one thing,/ which is/ that success and likeability are positively correlated for men/ and negatively correlated for women.//

何よりもデータによると、 出世と好感度というのは 男性の場合正の相関があり、 女性の場合負の相関があるのです

And everyone's nodding,/ because we/ all know this to be true.//

頷いているところを見ると、 皆さんそれが正しいと知っているということですね

There's a really good study/ that shows this really well.//

ある秀逸な調査がそれを本当に上手く表しています

There's a famous Harvard Business School study/ on a woman named Heidi Roizen.//

ハイディ・ロイゼンという女性に関する ハーバード・ビジネス・スクールが行った有名な調査があります

And she's an operator/ in a company/ in Silicon Valley,/ and she uses her contacts/ to become a very successful venture capitalist.//

彼女はシリコンバレーにある 会社のオペレーターで、 人脈を駆使して 投資家になろうとしていました

In 2002 --/ not so long ago --/ a professor/ who was then at Columbia University took that case/ and made it/ Howard Roizen.//

ついこの前の2002年、 コロンビア大学にいた教授が この事例を取り上げたのです

And he gave the case out,/ both of them,/ to two groups of students.//

彼はこの事例を2つの 学生グループに与えてみました

He changed exactly one word:/ "Heidi"/ to "Howard."//

ただ1語だけ変えて : ハイディからハワードです

But that/ one word made a really big difference.//

しかしこの1語が大きな違いを生んだのです

He then surveyed the students,/ and the good news was the students,/ both men and women,/ thought/ Heidi and Howard were equally competent,/ and that's good.//

学生を調査してみると、 ハイディとハワードは同程度に能力があると 学生は評価していたことが分かりました 良いことです

The bad news was/ that everyone liked Howard.//

悪い知らせは、皆がハワードに好感を持ったのです

He's a great guy.// You want to work/ for him.//

素晴らしい人で、一緒に仕事したり、

You want to spend/ the day fishing/ with him.//

釣りに行ったりといった感じです

But Heidi?// Not so sure.//

でもハイディは?うーん

She's a little out/ for herself.// She's a little political.//

彼女はちょっと身勝手で、抜け目が無い

You're not sure/ you'd want to work/ for her.//

彼女と一緒に働きたいか確信が持てない

This is the complication.//

これが問題なのです

We have to tell/ our daughters and our colleagues,/ we have to tell/ ourselves/ to believe we got the A,/ to reach for the promotion,/ to sit at the table,/ and we have to do/ it/ in a world/ where,/ for them,/ there are sacrifices/ they will make for that,/ even though for their brothers,/ there are not.//

娘や同僚に対して、最高の成績を 修めたのだと信じるよう言い聞かせなければなりません 出世する為、 交渉する為に そしてその為には 男の兄弟はしなくても良い犠牲を伴うのだと 教えなければなりません

The saddest thing/ about all of this is/ that it's really hard/ to remember this.//

最も嘆かわしいことに、これを意識するのはとても難しいのです

And I'm/ about to tell a story/ which is truly embarrassing/ for me,/ but I think important.//

これから本当に恥ずかしいことを話すのですが、 重要なことです

I gave this talk/ at Facebook not so long ago/ to about 100 employees,/ and a couple hours later,/ there was a young woman/ who works there sitting/ outside/ my little desk,/ and she wanted to talk to me.//

私は少し前にこのような話を Facebook で 百名程の従業員に対して行いました 数時間後、そこで働いている若い女性が 私のデスクの近くで 話をしたいと座っていました

I said,/ okay,/ and she sat down,/ and we talked.//

オーケーと言って座って彼女と話し始め、

And she said,/ "I learned something today.//

彼女は「今日は得るものがありました

I learned/ that I need to keep/ my hand up."//

手を挙げ続けなければけないということです」と言い

I said,/ "What do you mean?"//

私が「どういうこと?」と訊くと

She said,/ "Well,/ you're giving/ this talk,/ and you said/ you were going to take/ two more questions.//

「講演をした後に あと2つ質問を受け付けると言い、

And I had my hand up/ with lots of other people,/ and you took two more questions.//

私は他の人たちと同様手を挙げ、あなたは2つの質問を受け付けました

And I put my hand down,/ and I noticed/ all the women put their hand down,/ and then/ you took more questions,/ only/ from the men."//

それで私は手を下げたのですが、他の女性も全員下げたのに気がつき、 あなたは質問に答え続けたのです 男性だけから」

And I thought to myself,/ wow,/ if it's me --/ who cares about this,/ obviously --/ giving this talk --/ and during this talk,/ I can't even notice/ that the men's hands are still raised,/ and the women's hands are still raised,/ how good are we as managers of our companies/ and our organizations/ at seeing/ that the men are reaching for opportunities/ more/ than women?//

そこで思ったのは、 このことに注目し、 -- その講演までしている -- そんな私がその講演の最中にも、 男性の手が挙がったままか 女性の手が挙ったままかも気がつかないとしたら、 会社や組織の管理者として 我々は男性がどれほどチャンスに対して 女性より積極的だということに 気がついているのだろう?

We've got to get/ women/ to sit at the table.//

女性を交渉の椅子に座らせなければなりません

(拍手)

Message number two:/ make your partner/ a real partner.//

2番目のメッセージ : パートナーと対等になること

I've become convinced/ that we've made more progress/ in the workforce/ than we have in the home.//

家庭と比べて職場での進歩の方が大きいと 私は確信しています

The data shows this very clearly.//

それはデータに如実に表れています

If a woman/ and a man work full-time/ and have a child,/ the woman does twice the amount of housework/ the man does,/ and the woman does three times the amount of childcare/ the man does.//

女性と男性がフルタイムで働きながら 子どもがいる場合、 女性は男性の倍にも及ぶ家事を行い、 女性は男性の 3倍もの育児を行うのです

So she's got three jobs or two jobs,/ and he's got one.//

彼女の2、3の仕事に対し、 彼のは1つだけ

Who do you think drops out/ when someone needs to be home more?//

誰かが家にいなければならないときに退職するのは誰でしょうか

The causes of this are really complicated,/ and I don't have time/ to go into them.//

この問題の原因はとても複雑で ここで扱えるものではありません

And I don't think/ Sunday football-watching and general laziness is the cause.//

日曜日のスポーツ観戦や普段の怠慢が 原因でもないと思います

I think/ the cause is more complicated.//

原因はもっと複雑なのです

I think,/ as a society,/ we put more pressure/ on our boys/ to succeed/ than we do on our girls.//

社会全体において、 我々は女子よりも男子に 成功するよう求めるのです

I know men/ that stay home and work/ in the home/ to support wives/ with careers,/ and it's hard.//

キャリアを持った女性を 家庭から応援する男性も知っていますが、 大変なのです

When I go to the Mommy-and-Me stuff/ and I see the father there,/ I notice/ that the other mommies don't play with him.//

公園デビューした母親の輪に入り そこにいる男性を見てみると、 他の母親が彼には関わらないことに 気がつきます

And that's a problem,/ because we have to make/ it/ as important/ a job,/ because it's the hardest job/ in the world/ to work inside the home,/ for people of both genders,/ if we're going/ to even things out/ and let women stay in the workforce.//

世界で最も困難な仕事である 家事や育児をより重要な仕事として分担し、 女性を職場に留まらせるとするならば、 これは両方の性にとって 大きな障害となります

(Applause)/ Studies show/ that households/ with equal earning/ and equal responsibility also have half the divorce rate.//

(拍手) 同程度の収入と同程度の責任分担を持つ家庭では 離婚率が半分であることが 調査により分かっています

And/ if that wasn't good enough motivation/ for everyone out there,/ they also have more --/ how shall I say this/ on this stage?// --/ they know each other more/ in the biblical sense/ as well.//

それでもまだやる気にならないというのであれば、 彼らは他にも -- この舞台でどういえば良いのかしら? -- 聖的な点からもお互いをよく知っているのです

(Cheers)//

(歓声)

Message number three:/ don't leave/ before you leave.//

3番目のメッセージ : 最後まで留まるのです

I think/ there's a really deep irony/ to the fact/ that actions women are taking --/ and I see this all the time --/ with the objective of staying in the workforce actually lead to their eventually leaving.//

非常に難解な皮肉ですが 女性が職場に留まろうとしながら 起こす行動により、 -- 私はそれを常に見ているのですが -- 実際のところ最後にはそこを去ってしまうのです

Here's/ what happens:/ We're all busy.// Everyone's busy.// A woman's busy.//

つまりこういうことです : 我々は皆忙しく、それは女性も同じです

And she starts thinking/ about having a child, and from the moment/ she starts thinking/ about having a child,/ she starts thinking/ about making room/ for that child.//

そして彼女は子どもを持ちたいと考え始めるのです そして子どものことを考え始めたその時から、 子どもの為の余裕を確保しようとするのです

"How am I/ going to fit this/ into everything else/ I'm doing?"//

「他にもやることがあるのに、どうやってそんなことをするというの?」

And literally/ from that moment,/ she doesn't raise her hand anymore,/ she doesn't look for a promotion,/ she doesn't take on/ the new project,/ she doesn't say,/ "Me.// I want to do/ that."//

彼女は文字通りその瞬間から、 手を挙げなくなってしまうのです 出世を望むこともせずに、新しいプロジェクトにも参加せず、 「私よ、私がやるの」と言うこともなく、

She starts leaning/ back.//

気が抜けてしまうのです

The problem is that --/ let's say/ she got pregnant/ that day,/ that day --/ nine months of pregnancy,/three months of maternity leave,/six months to catch your breath --/ fast-forward/ two years,/ more often --/ and/ as I've seen it --/ women start thinking/ about this way earlier --/ when they get engaged,/ when they get married,/ when they start thinking/ about trying to have/ a child,/ which can take a long time.//

問題というのは、 -- 例えばその日、丁度その日に妊娠したとして、 妊娠に9か月、3か月間の出産休暇、 6か月間かけて休息をとる -- 2年間の早送りでした 私がよく目撃するのは、 それよりかなり前に考え始める女性です 婚約する時、結婚する時、 子づくりを始める時、それも長期間かかるかも知れません

One woman came to see me/ about this,/ and I kind/ of looked at her --/ she looked a little young.//

ある女性がこの件で私のところに来ました 私が見たところ彼女は少し若く見えたので、

And I said,/ "So are you/ and your husband thinking about having a baby?"//

「それで夫さんとは子どもについて考えているの?」と訊くと

And she said,/ "Oh no,/ I'm not married."//

「いいえ、結婚していないんです」と言うのです

She didn't even have a boyfriend.//

彼女には恋人もいませんでした

I said,/ "You're thinking/ about this just way too early."//

「そういうことを考えるのは もっとずーっと後で良いのよ」と言いました

But the point is/ that/ what happens once/ you start kind of quietly leaning/ back?//

ここで私が伝えたいことは 緩やかに積極性を失うと何が起こるのかということです

Everyone/ who's been through this --/ and I'm here/ to tell you,/ once you have a child/ at home,/ your job better be really good/ to go back,/ because it's hard/ to leave that kid/ at home --/ your job needs to be challenging.//

既に経験したことのある人なら 誰だって分かることでしょうが、家庭に子どもがいる様になると、 すぐに職場から帰れる様にしておかなければなりません 子どもを家に残すというのはそれほど大変なのです 仕事は刺激のあるもので、

It needs to be rewarding.//

評価されるものでなければなりません

You need to feel/ like you're making/ a difference.//

自分が重要なことをしていると実感できなければなりません

And/ if two years ago/ you didn't take a promotion/ and some guy next/ to you did,/ if three years ago/ you stopped looking/ for new opportunities,/ you're going to be bored/ because you should have kept your foot/ on the gas pedal.//

2年前に出世に飛びつかなかったとき、 隣にいる人がそのチャンスを手に入れる 3年前に 新たな挑戦を止めてしまうと、 うんざりしてしまう アクセルを踏み続けておくべきだったのです

Don't leave/ before you leave.//

最後まで留まって下さい

Stay in.//

その場所に

Keep/ your foot/ on the gas pedal,/ until the very day/ you need to leave/ to take a break/ for a child --/ and then make your decisions.//

アクセルを踏み続けて下さい 子どもの為に休みを取り 離れなければならないその日まで そして決断するその時まで

Don't make decisions too far/ in advance,/ particularly/ ones/ you're not even conscious/ you're making.//

早すぎる段階で決断をしないでください 特にあなたが無意識で行っている決断です

My generation really,/ sadly,/ is not going to change/ the numbers/ at the top.//

残念なことにトップの数が 我々の世代で変わることはないでしょう

They're/ just not moving.//

変化していないのです

We are not going to get/ to/ where 50 percent of the population --/ in my generation,/ there will not be 50 percent of [ women ]/ at the top of any industry.//

私の世代で産業界のトップにおける 全人口の50%が女性になるなど まず起こらないでしょう

But I'm hopeful/ that future generations can.//

でも将来の世代ではできると期待しています

I think a world/ that was run/ where half of our countries and half of our companies were run by women,/ would be a better world.//

世界にある国の半分が、 そして企業の半分が女性により運営される世界は 今の世界より良い場所のはずです

And it's not just/ because people would know/ where the women's bathrooms are,/ even though that would be very helpful.//

女性用トイレの場所を皆知っているということだけではありません それも良いことでしょうけれど

I think/ it would be a better world.//

より良い世界のはずです

I have two children.//

私には2人の子どもがいます

I have a five-year-old son and a two-year-old daughter.//

5歳の息子と2歳の娘です

I want my son/ to have a choice/ to contribute fully/ in the workforce/ or/ at home,/ and I want my daughter/ to have the choice/ to not just succeed,/ but to be liked for her accomplishments.//

息子には職場や家庭で 十分に貢献できる自由を持ってほしいですし、 娘には勝るだけでは無く、 自身の業績により 人から好かれる自由を持てるように

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

grandmother

『祖母』

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

women

woman の複数形

parliament

『議会』,『国会』

《通例P-》《英》議会

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

corporate

法人[組織]の

共同の,団体の

《時に名詞の後に用いて》集団になった,統合した

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

married

『結婚した』,夫婦の,結婚で結ばれた

既婚者

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

equity

〈U〉公平,公正,無私;〈C〉公明正大なもの

〈U〉衡平法(公平と正義の点において慣習法(common law)の不備お補う英国の法律);(米国の法律で)抵当差額

〈U〉普通株主権;《英》《複数形で》固定配分のない株式

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

yeah

=yes

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

bathroom

『浴室』,ふろ場

便所(toilet)

laughter

『笑い』,笑い声

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

workforce

労働人口,全労働力

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

CEO

chief executive officer

行政長官 ・最高経営責任者、企業のトップに位置する人、最高執行官、会長、代表執行役

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

convince

〈人〉'を'『納得させる』

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

outset

最初,手始め

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

preschool

《名詞の前にのみ用いて》小学校入学前の,学齢未満の・幼稚園より手前の児童の通う幼稚園予科のような施設(保育園=day-care centerとは異なります)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

mommy

おかあちゃん(mom)(《英》mummy)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

silicon

ケイ素(非金属元素;化学記号はSi)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

sat

sitの過去・過去分詞

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

roommate

同宿者,同室者

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

literary

『文学の』,文芸の

《名詞の前にのみ用いて》(人が)文学に通じた,文筆を業とする

文語の,書き言葉の

scholar

『学者』

《話》学のある人,博学の人

奨学生,特待生

《文・古》小学生,生徒

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

sophomore

(4年制大学・4年制高校の)『2年生』;(3年生高校の)1年生

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

Greek

〈C〉『ギリシア人』

〈U〉『ギリシア語』

〈U〉訳の分からない言葉

ギリシアの;ギリシア人の;ギリシア語の

Latin

〈U〉(古代ローマで用いた)『ラテン語』

〈C〉(古代ローマに住んでいた)ラティウム人,古代ローマ人

〈C〉ラテン[系]民族の人

『ラテン語の』

ラテン系民族の;ロマンス語族の言語を使う民族(諸国)の

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

exam

試験

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

notebook

『ノート』,筆記帳

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

dialectic

弁証法的な

弁証法,弁証法的論証

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

property

動産

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

data

『資料』,事実;情報

systematically

系統的に,体系的に,組織的に

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

totally

全く,完全に

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

criterion

(価値判断の)規準,尺度

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

negotiate

(人と)〈物事〉‘を'『取り決める』,『協定する』《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

〈小切手・手形・証券など〉‘を'売却する,換金する

《話》〈障害・因難〉‘を'うまく乗り越える,切り抜ける

(人と物事について)取り決める,協定する《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

salary

給料・俸給(を与える、払う)

importantly

重要性をもって;もったいぶって

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

external

『外側の』,外部の

(作用・動作などが)『外側からの』,外部からの

表面上の,見せかけの

体外の;体外用の

外国の(foreign)

(…の)外観,外形《+『of』+『名』》

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

obviously

明らかに,明白に

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

no one

『だれも』…『ない』

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

promotion

〈U〉〈C〉『昇進』,進級

〈U〉(…を)押し進めること,(…の)促進,増進,奨励《+『of』+『名』》

〈C〉宣伝商品,促進商品

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

positively

『断固として;積極的に』

《話》『全く,本当に』

《米》(質問に答えて)そのとおり,もちろん

correlate

…‘に'相互関係を持たせる;…'を'(…と)関連させる《+『名』+『with』+『名』》

相互に関連がある;(…と)関連がある《+『with』+『名』》

相互関係にあるもの

negatively

否定的に

消極的に

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

operator

(機械・装置を)『運転する人』,操作する人,技手;《米》電話交換手

(会社などの)経営者

《話》ずるがしこい人

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

capitalist

資本家

《まれ》資本主義者

so long

さようなら

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

Columbia

コロンビア(米国South Carolina州の州都)

《the ~》コロンビア川(カナダ南西部から米国北西部を流れて太平洋に注ぐ)

《文》アメリカ合衆国

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

competent

『有能な』,能力ある;適任の

(要求を満たすのに)十分な,満足できる

(役所・役人・証人などが)権限(資格)を持つ

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

fishing

〈U〉(職業としての)『魚取り』,漁業

(スポーツとしての)釣り

漁場,釣リ場

herself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼女自身』,彼女自ら

《再帰用法》

《動詞・前置詞の目的語として》『彼女自身を(に)』,自分を(に)

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

complication

〈U〉〈C〉複雑[な状態],粉糾[状態]

〈U〉(…を)複雑にすること《+『of』+『名』》

〈C〉複雑な(やっかいな)事を引き起こすもの・〈C〉併発症, 併発,合併症

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

sacrifice

〈U〉〈C〉(神に…の)『いけにえをささげること』;〈C〉(神への…の)『いけにえ』《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・国家・目的などのために…を)『犠牲にすること』《+『of』+『名』+『for』(『to』)+『名』》,(…のための)犠牲的行為;〈C〉(…のために)犠牲にされるもの《+『for』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉投げ売り[値段];見切品

〈C〉(野球の)犠牲バント,犠打

(神に)〈人・動物など〉‘を'『いけにえにする』《+『名』+『to』+『名』》

(…のために)…‘を'『犠牲にする』《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《話》‘を'投げ売りする

(野球で)〈走者〉‘を'犠打で進める

(神に)いけにえをささげる《+『to』+『名』》

(野球で)犠打を打つ

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

embarrassing

(人を)まごつかせる,困惑させる,きまり悪がらせる

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

okay

=OK,O.K.

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

men

manの複数形

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

ca

circa

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

opportunity

『機会』,好機

applause

『拍手かっさい』;称賛

convinced

確信(納得)している

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

housework

家事(洗たく・アイロンかけ・掃除・料理など)

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

complicate

…'を'複雑にする

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

laziness

怠惰,無精

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

gender

(名詞・代名詞の)性

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

motivation

動機を与えること,動機づけ

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

pregnant

(比較変化なし)『妊娠している』

《名詞の前にのみ用いて》含みのある

《補語にのみ用いて》(…を)いっぱいに含んだ,はらんだ《+『with』+『名』》

《文》想像(工夫)に富んだ

pregnancy

〈U〉〈C〉妊娠の状態(期間)

〈U〉《文》含蓄

maternity

母であること;母性;母らしさ

産婦の[ための],出産の

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

boyfriend

《話》男友だち(恋人),ボーイフレンド

男友だち(恋人),ボーイフレンド

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

quietly

『静かに』

『穏やかに』

じみに

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

rewarding

報いる;(…するだけの)価値のある

bore

bear(実をつける)の過去形

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

pedal

(自転車・自動車などの)『ペダル』,踏み板

(ピアノなどの)ペダル,踏み板

…‘の'ペダルを踏む;(ペダルを踏んで)…‘を'走らせる

ペダルを踏む;(ペダルを踏んで)動かす

(人・動物の)足の

ペダルの

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

sadly

『悲しそうに』

ひどく

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

helpful

『助けになる』,役に伝つ

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

fully

『十分に』,完全に

まるまる

accomplishment

〈U〉完成,成就(じょうじゅ)

〈C〉業績

《複数形で》教養,たしなみ,才芸

関連動画