TED日本語 - ジャック・コンティ: デジタル時代にアーティストがついに稼げるようになる方法

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジャック・コンティ: デジタル時代にアーティストがついに稼げるようになる方法

TED Talks

デジタル時代にアーティストがついに稼げるようになる方法
How artists can (finally) get paid in the digital age
ジャック・コンティ
Jack Conte

内容

20世紀はアーティストやクリエイターには奇妙な100年だったと、ミュージシャンであり起業家であるジャック・コンティは言います。(レコードの売上げのような)芸をお金に変える伝統的な仕組みはインターネットによって破壊され、ミュージシャンや作家やアーティストはどう暮らしを立てたらよいものか分からなくなっています。コンティは、Patreonによってアーティストがインターネットでファンから収入を得られる仕組みを作りました。このような支払いのプラットフォームは、デジタル時代にアーティストであることの意味を変えることになるのでしょうか?

Script

Hi everyone. So, I'm going to take us back to 2007. I'd just spent about six months working on album that I'd poured my heart and my soul into, and it was getting about three plays per day on Myspace at the time, and I was getting more and more depressed when I started noticing these other people who were playing guitar and singing and putting videos on this new site called YouTube, and they were getting 300,000 views. So I decided I'm going to start making some Youtube videos. And one day they featured a video of my band on the homepage, which was amazing -- we got a bunch of new fans. We also got a bunch of people who, I guess, just didn't really like the music or something --

(Laughter)

It's OK because people started coming to our shows, and we started touring, and we came out with a record. And when I checked our bank account balance after our first monthly iTunes payout, we had 22,000 bucks in it, which was amazing because at the time I was living at my dad's house, trying to make a living as a musician by uploading videos to the internet which literally zero people respected in 2009 -- even the people who were uploading videos to the internet.

And so for the next four years, I uploaded more and more videos to the Internet, and they got better and better, and we made enough money through brand deals and commercials and iTunes sales to buy a house. And we built a recording studio. But there was one big problem: making money as a creative person in 2013 was super weird. First of all, the business models were changing all the time. So our 58,000 dollars of annual iTunes download income was about to be replaced by about 6,000 dollars of streaming income. Steams paid less than downloads. And then as more and more creators started popping up online, there was just more competition for these five-figure brand deals that had kept the band afloat for years. And to top it all off, our videos themselves -- the creative stuff that we made that our fans loved and appreciated -- that were actually contributing value to the world, those videos were generating almost zero dollars of income for us. This is an actual snapshot of my YouTube dashboard from a 28-day period that shows one million views and 166 dollars of ad earnings for those views.

The whole machine in 2013 that took art online and outputted money was totally nonfunctional. It doesn't matter if you're a newspaper, or an institution, or an independent creator. A monthly web comic with 20,000 monthly readers -- 20,000 monthly readers -- gets paid a couple hundred bucks in ad revenue. This is 20,000 people. Like, in what world is this not enough? I don't understand. What systems have we built where this is insufficient for a person to make a living?

So, I actually have a theory about this. I think it's been a weird 100 years.

(Laughter)

(Applause)

About 100 years ago, humans figured out how to record sound onto a wax cylinder. That was the beginning of the phonograph. Right around the same time, we figured out how to record light onto a piece of photographic paper, celluloid -- the beginning of film and television. For the first time, you could store art on a thing, which was amazing. Art used to be completely ephemeral, so if you missed the symphony, you just didn't get to hear the orchestra. But now, for the first time, you could store the orchestra's performance on a physical object, and like, listen to it later, which was amazing. It was so amazing in fact, that for the next 100 years, between 1900 and 2000, humans built just billions and billions of dollars of infrastructure to essentially help artists do two things. First, put their art on a thing, and second, get that thing around the world to the people who wanted the art. So, so much industry is devoted to these two problems. Oh my gosh, there are trucking companies, and brick-and-mortar and marketing firms, and CD jewel case manufacturers, all devoted to these two problems.

And then we all know what happened. 10 years ago, the internet matures and we get Spotify and Facebook and YouTube and iTunes and Google search, and a hundred years of infrastructure and supply chains and distribution systems and monetization schemes are completely bypassed -- in a decade. After 100 years of designing these things, it's no wonder that it's just totally broken for creative people right now. It's no wonder that the monetization part of the chain doesn't work given this new context.

But what gets me super excited to be a creator right now, to be alive today and be a creative person right now, is realizing that we're only 10 years into figuring out this new machine -- to figuring out the next 100 years of infrastructure for our creators. And you can tell we're only 10 years in. There's a lot of trial and error, some really good ideas forming, a lot of experimentation. We're figuring out what works and what doesn't. Like Twitch streamers. Who's heard of Twitch? Twitch streamers are making three to five thousand bucks a month streaming gaming content. The big ones are making over 100,000 dollars a year. There's a site called YouNow, it's an app. It allows musicians and vloggers to get paid in digital goods from fans.

So, I'm also working on the problem. Four years ago I started a company called Patreon with a friend of mine. We're 80 people now working on this problem. It's basically a membership platform that makes it really easy for creators to get paid -- every month from their fans to earn a living. For a creator, it's like having a salary for being a creative person. And this is one of our creators. They're called "Kinda Funny." They have about 220,000 subscribers on YouTube. And when they upload a video, it gets somewhere around 15,000 views to 100,000 views. I want you to check yourselves right now. I think when we hear numbers like that, when we hear "15,000 views," and we see content like this, we just snap categorize it as being not as legitimate as a morning show that you'd hear on the radio or a talk show that you'd see on NBC or something But when "Kinda Funny" launched on Patreon, within a few weeks, they were making 31,000 dollars per month for this show. It took off so fast that they decided to expand their programming and add new shows, and now they launched a second Patreon page -- they're making an additional 21,000 dollars per month. And they're scaling what's essentially becoming a media company, financing the whole thing through membership.

OK, here's another example. This is Derek Bodner, a sports journalist who used to write for Philadelphia Magazine until a few months ago when the magazine cut out all sports coverage. Now he writes articles and publishes them on his own website -- he's still covering sports, but for himself. And he's making 4,800 bucks a month from 1,700 patrons, financing it through membership.

This is Crash Course -- free educational content for the world. This show is actually on the PBS digital network -- 29,000 dollars per month. This is a duo sailing around the world, getting paid every month for documenting their travels from 1,400 patrons. This is a podcast, "Chapo Trap House", making -- actually, since I screenshotted this, they're making an additional 2,000 dollars per month, so they're now making 56,000 dollars per month for their podcast.

And Patreon's not the only one working on the problem. Even Google's starting to work on this. A couple years ago, they launched Fan Funding; more recently, they launched Super Chat as a way for creators to monetize live streaming. Newspapers are starting to experiment with membership. New York Times has a membership program; The Guardian has over 200,000 paying subscribers to its membership program. There's this bubbling soup of ideas and experiments and progress right now, and it's pointing in the direction of getting creators paid. And it's working. It's not, like, perfect yet, but it's really working.

So, Patreon has over 50,000 creators on the platform making salaries -- getting paid every month for putting art online, for being a creative person. The next hundred years of infrastructure is on the way and it's going to be different this time because of this -- because of the direct connection between the person who makes the thing and the person who likes the thing.

About seven or eight years ago, I went to a cocktail party. This is when the band had hit our first machine, so things were really cranking. We had just made about 400,000 dollars in one year through iTunes sales and brand deals and stuff like that. And this guy comes up to me and says, "Hey, Jack, what do you do?" I said, "I'm a musician." And he just sobered up immediately, and he stuck out his hand, put a hand on my shoulder, and in a real earnest, very nice voice he was like, "I hope you make it someday."

(Laughter)

And ... I have so many moments like that logged in my memory. I just cringe thinking of that. It's so embarrassing to just not feel valued as a creative person. But as a species, we are leaving that cocktail party behind. We're leaving that culture, we're out of there. We're going to get so good at paying creators, within 10 years, kids graduating high school and college are going to think of being a creator as just being an option -- I could be a doctor, I could be a lawyer, I could be a podcaster, I could have a web comic. It's just going to be something you can do. We're figuring it out. It's going to be a viable and sustainable and respected profession. Creators are going to come out the other end of this weird 100 years, this century-long journey, with an awesome new machine. And they're going to be paid, and they're going to be valued. Thanks, everybody.

(Applause)

I think it went pretty well. I want artists who saw that to not give up -- to know that we're getting there. It's not there yet, but in a couple years, there will be so many systems and tools for them to just make a living online, and if they've got a podcast that's starting to take off, but they're not able to make money on it yet, that's happening and they're going to be paid. It's happening.

どうも皆さん まず2007年に 戻りますが 私が6ヶ月間 心血を注いだ アルバムが 当時Myspaceで 日に3回くらい再生されていました 私は落ち込んでいきました 他の人たちがギターを弾き歌を歌って YouTubeという新しいサイトに 動画を上げ 30万回とか再生されているのに 気付いたからです それで私もYouTube動画を 作ろうと決めました ある時 私のバンドの動画が YouTubeのトップページに取り上げられて すごいことになり たくさんの新しいファンができました それからまた 音楽が嫌いなのか何なのか くさす人も大勢いましたが ―

(笑)

でもいいんです 沢山の人が ライブに来てくれるようになり ツアーを始め レコードも出しました iTunesの最初の1ヶ月の売上げを 確認してみたら 22,000ドルにもなっていて驚きました というのも私はその頃 親の家に住んでいて 動画をネットに上げて ミュージシャンとして 身を立てようとしていましたが 2009年当時そんなことに敬意を 払ってくれる人は文字通りゼロで ネットに動画を上げている当人たちでさえ そうだったのです

それからの4年間 私はインターネットに次から次へと 動画をアップロードし続け だんだんと内容も良くなっていき ブランド契約や コマーシャルや iTunesの売上げで 十分な収入が得られ 家を買ったり 録音スタジオを 作ったりしました しかし1つ大きな問題がありました 2013年にクリエイティブな人間が 金を稼ぐのは すごく奇妙なことだったんです 何よりビジネスモデルが 絶えず変化していました 58,000ドルあった iTunesダウンロードによる年間収入が ストリーミングによる 6,000ドル程度の収入へと減少しました ストリーミングはダウンロードより 分が悪かったんです ネットには新たなクリエイターが 続々登場していて 数万ドルのブランド契約を巡る競争が 激しくなりました それがバンドを支えていたものだったんですが その上 私たちの動画自体は ― ファンが喜んでいた クリエイティブなものであり 世界に価値をもたらして いたわけですが そういった動画は ほとんど収入になりませんでした これは私のYouTubeダッシュボードを 撮ったものですが 28日間で 百万回視聴され その広告収入が 166ドル足らずです

2013年には ネットに作品を上げて お金に換える仕組みが 全然機能して いなかったのです 新聞社であれ 何かの機関であれ 個人のクリエイターであれ それは変わりません ウェブコミックを作って 月間2万人の読者がいても 広告収入は200ドルくらい にしかならないんです 2万人ですよ いったい どこの世界で それが不十分だって言うんでしょう? 理解できません それで生活していけないなんて 私たちは何というシステムを 作ってしまったんでしょう?

これに関して私には 持論があります 「奇妙な100年間」理論です

(笑)

(拍手)

100年ほど前 ロウを塗った筒に 音を記録する方法が見出だされました 蓄音機の誕生です ほぼ同じ頃に 印画紙やセルロイドに 光を記録する方法が見出だされました 映画やテレビの誕生です そういう作品が初めて物に 記録できるようになったわけで これはすごいことでした それまではアートはまったく 束の間のものであり 交響曲の演奏を聴き損ねたら それっきりだったのです でも今や オーケストラの演奏を 物に記録しておいて 後で聴けるようになり それは素晴らしいことでした 実際それは ものすごいことであり それから100年の間 1900年から2000年まで 人類は何十億ドルもかけ 基本的にアーティストが 2つのことをできるようにする インフラを作り上げたのです 1つは作品を物に記録すること もう1つは その物を それを欲しがる世界中の人々に 届けるということです 様々な業界の努力が この2つの問題に向けられました トラック輸送会社に 小売店舗 マーケティング会社に CDケース製造会社が こぞって この2つの問題の解決に 当たったのです

その後に起きたことは みんな知っての通りです 10年前 インターネットが成熟し Spotifyや Facebookや YouTubeや iTunesや Google検索が現れ 100年続いたインフラや サプライチェーンや 配送システムや 収益化の手法が たった10年で まったく迂回されるように なったのです 100年に及ぶ尽力の末にです 現在クリエイティブな 人々にとってのシステムが 完全に破綻しているのも不思議はありません この新しい文脈において 収益化という部分が機能していないのも 不思議ではありません

しかし私が今クリエイターとして 今生きてクリエイティブな人間であることに すごくワクワクしているのは 我々クリエイターにとって 次の100年のインフラとなる 新しい仕組みを見極めようとし始めて まだ10年だと気付いたからです ほんの10年の間に たくさんの試行錯誤が行われ 非常に良いアイデアも生まれ 数多くの実験が行われて 何が機能し 何が機能しないか 分かってきました たとえばTwitch配信です Twitchって聞いたことのある人? Twitch配信者は 月に3~5千ドルを ゲームプレイのストリーミングで 稼いでいます 有名なプレイヤーだと 年に10万ドル以上稼ぎます YouNowという サイトとアプリがありますが ミュージシャンやビデオブロガーに ファンがデジタルグッズで支払う仕組みがあります

私自身も この問題に取り組んでいます 4年前 私は友人と一緒に Patreon という会社を始めました 今では80人で この問題に取り組んでいます これは基本的には 会員制のプラットフォームで クリエイターが収入を得るのを 簡単にしようというものです 毎月の暮らしのためのお金を ファンに出してもらうのです クリエイティブな人間でいることで 給料がもらえるようなものです これは そのクリエイターの例で “Kinda Funny”という名前ですが YouTubeで22万人の 購読者がいます 彼らのアップロードする動画は 1万5千回~10万回 視聴されています ここでちょっと考えてもらいたいんですが 「1万5千回視聴」と聞いたり こういうコンテンツを見たりすると ラジオで聞く 朝の番組や NBCなんかで観る トーク番組のような ちゃんとしたものじゃないと 反射的に思うでしょう でも“Kinda Funny”は Patreonに登場して2、3週間で 月31,000ドルの収入を 上げるようになっていたのです そんなに早く軌道に乗ったので 彼らは番組を 追加することにし 2つ目のPatreonのページを作って 月21,000ドルの収入を 上積みしました そして彼らは実質的に メディア企業へと成長していて 会費ですべて賄っています

これは別の例ですが スポーツ記者のデレク・ボドナーは 『フィラデルフィア・マガジン』に 寄稿していましたが 数ヶ月前にスポーツ欄が なくなってしまいました 今や彼は記事を自分の Webサイト向けに書いています 今もスポーツ記者ですが 独力でやっているのです 1,700人のパトロンの会費で 月4,800ドルを得ています

これは“Crash Course”で 無料の教育コンテンツを 世界に提供しています この番組はPBSデジタルネットワークで 見ることができ 月に29,000ドルを得ています これは世界をヨットで旅する2人が その旅の様子を伝えることで 1,400人のパトロンから 資金を得ています これは“Chapo Trap House”という ポッドキャストですが このスクリーンショットを撮った後 収入が2,000ドル増えていて 現在はポッドキャストで 月に56,000ドル稼いでいます

この問題に取り組んでいるのは Patreonだけではありません Googleでさえ 取り組みだしました 2年ほど前に Fan Fundingというのを始め 最近またSuper Chatというのを導入し クリエイターが ライブストリーミングで 収入を得られるようにしています 新聞社も会員サービスの 実験をしています ニューヨークタイムズ紙には 会員プログラムがあり ガーディアン紙の会員プログラムには 20万人の有料購読者がいます このように煮え立つスープのように アイデアや実験や新展開が 今沸き起こっていて クリエイターがお金をもらえる方向へと 動いています そしてそれが機能しています まだ完璧ではありませんが ちゃんと機能しているんです

Patreonで月収を得ている クリエイターは5万人います 作品をアップし クリエイティブな人間でいることによって 毎月収入を得ているのです 次の100年のインフラが できようとしています 今回のものが 以前のと異なるのは ― 作品を作る人と その作品が好きな人とを 直接結び付けている ということです

7、8年前 あるカクテルパーティーに行ったんですが 私のバンドが 最初のヒットを飛ばし 上手く行き始めていたときで iTunesの売上げや ブランド提携などによって 1年で40万ドル稼いでいました ある人が話しかけてきました 「君はどんなことをしているの?」 「ミュージシャンです」と答えると その人は一瞬で真顔になり 手を固く握り 私の肩に手を置くと すごく真剣で温かい声で 言ったんです 「いつか上手く行くことを祈るよ」

(笑)

そういう ― 私の記憶に刻み込まれた 瞬間がたくさんあります そのことを考えると 恥ずかしい思いがします クリエイティブな人間として 価値を認められていないと感じるのは すごく決まりの悪いものです でもクリエイターという種族は そういうカクテルパーティーを 後にしようとしています そのような文化から 脱却しようとしています クリエイターに支払うための仕組みは すごく良くなっていき 10年もしないうちに 高校や大学を卒業する若者が クリエイターになることを普通の選択肢と 思うようになるでしょう 医者になる 弁護士になる ポッドキャスターになる ウェブコミック作者になる 普通にできることになるでしょう 私たちはそういう道を 見つけつつあります クリエイターは実現可能で持続可能で 尊敬される仕事になります この1世紀の旅を経て 奇妙な100年の終端から出てくる クリエイターたちは 素晴らしい新たなマシンを手にするでしょう ちゃんとお金をもらえ ちゃんと価値を認めてもらえるのです 皆さん ありがとう

(拍手)

すごく上手く行ったと思いますよ これを見たアーティストたちが どうか諦めないで すぐそこまで来ていると 知ってほしいです まだ たどり着いてはいませんが 2年もすれば クリエイターがネットで 生計を立てられるシステムやツールが たくさん できているでしょう ポッドキャストをやっていて 人気が出ているけど まだお金にならないというなら それは変わります お金になるようになります すぐにも

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画