TED日本語 - ジョージ・モンビオ: 新しい政治の物語はすべてを変えられる

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョージ・モンビオ: 新しい政治の物語はすべてを変えられる

TED Talks

新しい政治の物語はすべてを変えられる
The new political story that could change everything
ジョージ・モンビオ
George Monbiot

内容

私たちが陥っている混乱から抜け出すために必要なのは、今を説明し未来を指し示してくれる新しい物語だ、と作家のジョージ・モンビオは言います。心理学、神経科学、そして進化生物学における発見を引き合いにして、彼は、利他行動と協力行動という私たちの本質的な能力を中心とした新しい社会のビジョンを提供します。巻き込まれるような前向きさにあふれたこのトークを通じて、私たちみんなの未来の可能性についてあらためて考えてみましょう。

Script

Do you feel trapped in a broken economic model? A model that's trashing the living world and threatens the lives of our descendants? A model that excludes billions of people while making a handful unimaginably rich? That sorts us into winners and losers, and then blames the losers for their misfortune? Welcome to neoliberalism, the zombie doctrine that never seems to die, however comprehensively it is discredited. Now you might have imagined that the financial crisis of 2008 would have led to the collapse of neoliberalism. After all, it exposed its central features, which were deregulating business and finance, tearing down public protections, throwing us into extreme competition with each other, as, well, just a little bit flawed. And intellectually, it did collapse. But still, it dominates our lives. Why? Well, I believe the answer is that we have not yet produced a new story with which to replace it.

Stories are the means by which we navigate the world. They allow us to interpret its complex and contradictory signals. When we want to make sense of something, the sense we seek is not scientific sense but narrative fidelity. Does what we are hearing reflect the way that we expect humans and the world to behave? Does it hang together? Does it progress as a story should progress?

Now, we are creatures of narrative, and a string of facts and figures, however important facts and figures are -- and, you know, I'm an empiricist, I believe in facts and figures -- but those facts and figures have no power to displace a persuasive story. The only thing that can replace a story is a story. You can not take away someone's story without giving them a new one. And it's not just stories in general that we are attuned to, but particular narrative structures. There are a number of basic plots that we use again and again, and in politics there is one basic plot which turns out to be tremendously powerful, and I call this "the restoration story." It goes as follows.

Disorder afflicts the land, caused by powerful and nefarious forces working against the interests of humanity. But the hero will revolt against this disorder, fight those powerful forces, against the odds overthrow them and restore harmony to the land.

You've heard this story before. It's the Bible story. It's the "Harry Potter" story. It's the "Lord of the Rings" story. It's the "Narnia" story. But it's also the story that has accompanied almost every political and religious transformation going back millennia. In fact, we could go as far as to say that without a powerful new restoration story, a political and religious transformation might not be able to happen. It's that important.

After laissez-faire economics triggered the Great Depression, John Maynard Keynes sat down to write a new economics, and what he did was to tell a restoration story, and it went something like this.

Disorder afflicts the land!

(Laughter)

Caused by the powerful and nefarious forces of the economic elite, which have captured the world's wealth. But the hero of the story, the enabling state, supported by working class and middle class people, will contest that disorder, will fight those powerful forces by redistributing wealth, and through spending public money on public goods will generate income and jobs, restoring harmony to the land.

Now like all good restoration stories, this one resonated across the political spectrum. Democrats and Republicans, labor and conservatives, left and right all became, broadly, Keynesian. Then, when Keynesianism ran into trouble in the 1970s, the neoliberals, people like Friedrich Hayek and Milton Friedman, came forward with their new restoration story, and it went something like this.

You'll never guess what's coming.

(Laughter)

Disorder afflicts the land! Caused by the powerful and nefarious forces of the overmighty state, whose collectivizing tendencies crush freedom and individualism and opportunity. But the hero of the story, the entrepreneur, will fight those powerful forces, roll back the state, and through creating wealth and opportunity, restore harmony to the land. And that story also resonated across the political spectrum. Republicans and Democrats, conservatives and labor, they all became, broadly, neoliberal. Opposite stories with an identical narrative structure.

Then, in 2008, the neoliberal story fell apart, and its opponents came forward with ... nothing. No new restoration story! The best they had to offer was a watered-down neoliberalism or a microwaved Keynesianism. And that is why we're stuck. Without that new story, we are stuck with the old failed story that keeps on failing. Despair is the state we fall into when our imagination fails. When we have no story that explains the present and describes the future, hope evaporates. Political failure is at heart a failure of imagination. Without a restoration story that can tell us where we need to go, nothing is going to change, but with such a restoration story, almost everything can change. The story we need to tell is a story which will appeal to as wide a range of people as possible, crossing political fault lines. It should resonate with deep needs and desires. It should be simple and intelligible, and it should be grounded in reality.

Now, I admit that all of this sounds like a bit of a tall order. But I believe that in Western nations, there is actually a story like this waiting to be told. Over the past few years, there's been a fascinating convergence of findings in several different sciences, in psychology and anthropology and neuroscience and evolutionary biology, and they all tell us something pretty amazing: that human beings have got this massive capacity for altruism. Sure, we all have a bit of selfishness and greed inside us, but in most people, those are not our dominant values. And we also turn out to be the supreme cooperators. We survived the African savannas, despite being weaker and slower than our predators and most of our prey, by an amazing ability to engage in mutual aid, and that urge to cooperate has been hardwired into our minds through natural selection. These are the central, crucial facts about humankind: our amazing altruism and cooperation.

But something has gone horribly wrong. Disorder afflicts the land.

(Laughter)

Our good nature has been thwarted by several forces, but I think the most powerful of them is the dominant political narrative of our times, which tells us that we should live in extreme individualism and competition with each other. It pushes us to fight each other, to fear and mistrust each other. It atomizes society. It weakens the social bonds that make our lives worth living. And into that vacuum grow these violent, intolerant forces. We are a society of altruists, but we are governed by psychopaths.

(Applause)

But it doesn't have to be like this. It really doesn't, because we have this incredible capacity for togetherness and belonging, and by invoking that capacity, we can recover those amazing components of our humanity: our altruism and cooperation. Where there is atomization, we can build a thriving civic life with a rich participatory culture. Where we find ourselves crushed between market and state, we can build an economics that respects both people and planet. And we can create this economics around that great neglected sphere, the commons.

The commons is neither market nor state, capitalism nor communism, but it consists of three main elements: a particular resource; a particular community that manages that resource; and the rules and negotiations the community develops to manage it. Think of community broadband or community energy cooperatives or the shared land for growing fruit and vegetables that in Britain we call allotments. A common can't be sold, it can't be given away, and its benefits are shared equally among the members of the community. Where we have been ignored and exploited, we can revive our politics. We can recover democracy from the people who have captured it. We can use new rules and methods of elections to ensure that financial power never trumps democratic power again.

(Applause)

Representative democracy should be tempered by participatory democracy so that we can refine our political choices, and that choice should be exercised as much as possible at the local level. If something can be decided locally, it shouldn't be determined nationally. And I call all this the politics of belonging.

Now, I think this has got the potential to appeal across quite a wide range of people, and the reason for this is that among the very few values that both left and right share are belonging and community. And we might mean slightly different things by them, but at least we start with some language in common. In fact, you can see a lot of politics as being a search for belonging. Even fascists seek community, albeit a frighteningly homogenous community where everyone looks the same and wears the same uniform and chants the same slogans.

What we need to create is a community based on bridging networks, not bonding networks. Now a bonding network brings together people from a homogenous group, whereas a bridging network brings together people from different groups. And my belief is that if we create sufficiently rich and vibrant bridging communities, we can thwart the urge for people to burrow into the security of a homogenous bonding community defending themselves against the other. So in summary, our new story could go something like this.

Disorder afflicts the land!

(Laughter)

Caused by the powerful and nefarious forces of people who say there's no such thing as society, who tell us that our highest purpose in life is to fight like stray dogs over a dustbin. But the heroes of the story, us, we'll revolt against this disorder. We will fight those nefarious forces by building rich, engaging, inclusive and generous communities, and, in doing so, we will restore harmony to the land.

(Applause)

Now whether or not you feel this is the right story, I hope you'll agree that we need one. We need a new restoration story, which is going to guide us out of the mess we're in, which tells us why we're in the mess and tells us how to get out of that mess. And that story, if we tell it right, will infect the minds of people across the political spectrum.

Our task is to tell the story that lights the path to a better world.

Thank you.

(Applause)

こんな風に感じていませんか ― 壊れた経済モデルに 囚われていると? この経済モデルは 生き生きとした世界を台無しにし 私たちの後の世代の生活を おびやかしています 何十億もの人々を疎外する一方で ひと握りの人を想像もつかないほどの 金持ちにしています 私たちを勝者と敗者に分け 敗者の不幸は 彼ら自身のせいにします これが新自由主義です このゾンビのような教義は どんなに徹底的に信用を失っても 死ぬことはないようです もしかすると皆さんは 2008年の金融危機が 新自由主義を崩壊させたと 思っていたかもしれません なんといっても 新自由主義は その核にある特徴をさらけ出しました ビジネスと金融の規制緩和 公的保護の解体 私たちを互いに とことん競争させる仕組み まあ ちょっと欠陥がありますね 実際 理屈で考えれば 崩壊したのです けれど依然として 新自由主義は 私たちの生活を支配しています なぜ? 私が考えるにそれは 私たちがまだ 新自由主義に代わる新しい物語を 生み出していないからです

物語は 私たちが世界を 旅するための道しるべです 物語によって 世界の複雑で 矛盾した信号を解釈できるのです 私たちが何かを理解したいとき 求めているのは 科学的な理屈ではなく 語りの真実味なのです 私たちが耳にしていることは 人間に そして世界に私たちが期待する 振舞いを反映しているだろうか? つじつまは合っているだろうか? 物語はしかるべき姿で 前へ進んでいるだろうか?

私たちは物語とともに生きています 事実と数字は それが どんなに重要であっても ― 私は経験主義者ですから 事実と数字を信じますが ― 説得力のある物語を排斥するような力は 持っていないのです 物語にとって代わることのできるのは 物語だけです 新しい物語を与えないかぎり 誰かの物語を奪うことはできません そして 私たちにしっくりくるのは ただの一般的な物語ではなく ある特定の構造を持った 物語なのです 私たちは多くの基本的なプロットを くりかえし使っていますが 政治においては あるひとつのプロットが とんでもなく力を持っている ということが分かっています 私はそれを 「回復の物語」 と呼んでいます こういう話です

世界は混乱に苦しんでいる 強大で極悪非道な勢力による混乱が 人々に対して害をなしている しかし英雄が この混乱に対して 立ち上がるであろう その強大な勢力と戦い 大きな困難を乗り越えて 相手を打ち倒し 世界に再び調和をもたらすであろう

この物語 聞いたことがあるでしょう 聖書の物語です 『ハリー・ポッター』の物語です 『指輪物語』の物語です 『ナルニア国物語』の物語です けれど これはまた 何千年も前から 政治や宗教における ほぼすべての変革に 付随していた物語です 実際 ここまで言っても いいかもしれません 強力な 新しい回復の物語なしでは 政治 そして宗教の変革は 起こせないであろう それほど大事なのです

「自由放任主義」の経済が 大恐慌を引き起こした後 ジョン・メイナード・ケインズは 新しい経済の記述に着手しました 彼が行ったのは 回復の物語を語ることでした それはこんな話でした

世界は混乱に苦しんでいる!

(笑)

強大で極悪非道な 経済エリートたちによる混乱で 世界の富は独占されるに至った しかし この物語の英雄 すなわち 労働者階級と中流階級の 人々に支えられた「支援国家」が 混乱に挑みかかり 富を再分配することで その強大な勢力と戦うであろう そして 公共財に税金を投じることで 収入や仕事を生み出し 世界に再び調和をもたらすであろう

すべてのよくできた 回復の物語と同様に この物語は 政治思想的に見て 幅広い層から共感を得ました 民主党も共和党も 労働党も保守党も 左派も右派もみんな あまねく ケインズ主義者になったのです その後 ケインズ主義が 困難にぶちあたった 1970年代には フリードリヒ・ハイエクや ミルトン・フリードマンといった ― 新自由主義者が 彼らの 新しい回復の物語を手に登場したのです こんな話でした

さあどんな話だか

(笑)

世界が混乱に苦しんでいる! 権力が集中した国家という 強大で極悪非道な勢力が原因だ 国家の統制が 自由と個人主義 そして機会を打ち砕いている しかし この物語の英雄 すなわち起業家が その強大な勢力と戦い 国家を元の状態に戻し そして富と機会を生み出すことによって 世界に再び調和をもたらすであろう この物語もまた 幅広い政治思想の層から共感を得ました 共和党も民主党も 保守党も労働党も みんながあまねく 新自由主義者になったのです 正反対の物語ですが 物語の構造はまったく同じです

それから 2008年になって 新自由主義の物語は崩壊しました そして対抗する人たちが 掲げる物語は ― ありませんでした 新しい回復の物語がなかったのです! 彼らに提供できたのは せいぜい 水で薄められた新自由主義や 温めなおされた ケインズ主義でした これが 私たちが 行き詰まっている理由です 新しい物語がないので 敗北した古い物語を抱えて 行き詰まり 古い物語の敗北を繰り返します 私たちの想像力が敗北したとき 私たちが陥るのは絶望です 今を説明し 未来を描いてくれる 物語がなければ 希望は消え失せてしまいます 政治の敗北というのは 実は 想像力の敗北なのです 私たちがどこへ行くべきなのかを 示すことのできる回復の物語なしでは 何かが変わることはないでしょう しかし そのような 回復の物語があれば ほとんどすべてが変わりうるのです 私たちが語るべき物語とは 政治的な党派間の断層を越えて できるだけ幅広い人々に 訴えかけるものです そして心の奥深くのニーズと欲望に 響くものでなければなりません シンプルでわかりやすく 現実に根ざしたもので なくてはなりません

一度に全部は 無理な注文に 聞こえるのも もっともです けれど 西側の諸国では 実際に このような物語を語ることが 待望されていると 私は信じています 過去数年間にわたり 科学の様々な分野からの 素晴らしい発見が 結集してきました 心理学 人類学 神経科学 進化生物学です これらの発見のおかげで 実に素晴らしいことがわかりました 人間は 利他行動をとることに関して 大きな能力を獲得してきたのです 確かに私たちはみんな 自己中心的な部分 強欲な部分を内に持っています しかし 多くの人において これは 支配的な価値観というわけではありません また 私たちが優れた協力行動者である ということもわかってきました 私たちを捕食する生き物 そして獲物の多くと比べ 弱くて遅いのに 私たちはアフリカのサバンナで 生きのびました これは 相互支援に関与できるという 素晴らしい能力によるものです そしてこの 協力を求める衝動は 自然淘汰を通じて 私たちの心にしっかり 組み込まれたのです これこそが 人間についての 核心的で重要な事実です 私たちの利他行動と協力行動は 驚異的なのです

しかし 何かがひどく おかしくなってしまいました 世界が混乱で苦しんでいるのです

(笑)

私たちの良き性質は 様々な勢力によって阻まれてきましたが その中のもっとも強大なものは 私たちの時代の 政治的な語りだと思います それは私たちに 極端な個人主義と 相互競争の中で生きよと命じます 互いに戦い 互いを恐れ 互いを疑うように仕向け 社会を個々に分断し 人生の価値を生みだす 社会的な絆を弱めます そこに生じた空白の中で 暴力的で偏狭な勢力が 大きくなっていきます 私たちは利他主義者の共同体なのに 支配者は反社会的人格者なのです

(拍手)

けれど こうである必要はありません 全然ありません 私たちは ともに在り帰属するという 素晴らしい力を持っているからです この力を呼び起こすことで 私たちの人間性を構成している 驚異的な要素を取り戻せます すなわち 利他行動と協力行動です 個々の分断があっても 豊かな参加型の文化によって 発展的な市民生活を 花咲かせることができます 市場と国家との間に 板挟みになってしまっているなら 人間と地球を両方とも尊重するような 経済を作っていけます 無視されてきた大きな領域の周辺に そんな経済を作り出していけるのです その領域とは コモンズです

コモンズは 市場でも国家でもなく 資本主義でも共産主義でもありません コモンズは3つの要素でできています 特定の資源 そしてその資源を管理する 特定のコミュニティ そして 資源管理のためにコミュニティが 作りだしたルールと交渉の場です コミュニティのブロードバンド接続や エネルギーの共同利用 果物や野菜を育てるための 共有地を思い浮かべてください イギリスでは それを 「分区園」と呼んでいます 売却されたり 譲渡されたりしない 共有地のことです 生じた利益は コミュニティの構成員 みんなに平等に分配されます 無視されたり 搾取されてきた場所で 自分たちの政治を 復活させることができます 民主主義を 抑圧者の手から 奪い返すことができます 選挙の新しいルールや手法を駆使して 二度と 資金力が民主主義の力を 負かす(trump)ことのないようにできます

(拍手)

代表民主制を 参加型の民主制によって修正して 私たちの政治的選択に 磨きをかけていけるようにすべきです そしてその選択は 可能な限り 地域のレベルで実行されるべきです 地域で決めることができるものは 国の規模で決定すべきではないのです 私はこれらをまとめて 帰属の政治と呼んでいます

この考え方は 広い範囲の 人々に訴えかける ― 可能性を持っていると思います その理由は 左派と右派 両方が共有している きわめて数少ない価値観が 帰属とコミュニティに関するものだからです その言葉の意味は 少し違っているかもしれません けれどまずは 共通の言葉から 始めましょう 実際 政治とは多くの局面で 帰属を探し求める過程と見なせます ファシストでさえ コミュニティを探し求めていました ただしそれは ぞっとするほど 均質性の高いコミュニティでした そこでは誰もが 同じような見た目をし 同じ制服を着て 同じスローガンを唱えるわけです

私たちに必要なのは 絆で束縛するのではなく 橋を懸けるネットワークの コミュニティです 絆で束縛するネットワークは 均質な集団内の人をまとめるものですが 橋を懸けるネットワークは 異なる集団間の人を繋げるのです 私はこう信じています もし私たちが 十分に豊かで活気に満ちた 懸け橋のコミュニティを作り出せたら 絆で束縛する均質なコミュニティが作る 安定した場所に逃げこんで 他の人から身を守ろうとする 人々の衝動を 抑えることができるでしょう まとめると 私たちの新しい物語は 次のようなものになるでしょう

世界が混乱に苦しんでいる!

(笑)

この強大で極悪非道な勢力の正体は 共同体なんてものは 存在しないだとか 人生の最大の目的は 野良犬のように ゴミ箱を巡って戦うことだと言うやつらだ しかし この物語の英雄 ― 我々は この混乱に対して 立ち上がるだろう 豊かで魅力的で インクルーシブで 寛大なコミュニティを築き上げ 極悪非道な勢力と戦うだろう そうすることで 世界に再び調和をもたらすであろう

(拍手)

これが正しい物語だと お感じになるかはともかく 新しい物語が必要だということは 同意されるでしょう 私たちには 新しい回復の物語が 必要なのです 私たちが陥っている混乱から 抜け出す方向を示す物語 なぜ混乱の中にいるのか どうやったら 抜け出せるのかを教えてくれる物語が そしてそのような物語は 正しく語ることができれば 政治思想を越えて 人々の心の中に広がっていくでしょう

私たちの務めは より良い世界への道を 照らしてくれる物語を語ることなのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画