TED日本語 - グレタ・サンバーグ: 気候のための行動への心開かれる訴え TED Talk

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - グレタ・サンバーグ: 気候のための行動への心開かれる訴え TED Talk

TED Talks

気候のための行動への心開かれる訴え | TED Talk
The disarming case to act right now on climate change | TED Talk
グレタ・サンバーグ
Greta Thunberg

内容

16才の気候変動活動家のグレタ・サンバーグは、2018年8月に学校を飛び出して地球温暖化への関心を高めるためのストライキを組織し、スウェーデン議事堂前で抗議活動をして世界中の注目を集めました。行動を求めるこの情熱に満ちた呼びかけで、グレタは活動する理由を説明しています。「気候危機はすでに解決されていて、事実や解決策はすでに揃っています。あとは目を覚まして行動を変えさえすればいいんです」

Script

When I was about eight years old, I first heard about something called climate change or global warming. Apparently, that was something humans have created by our way of living. I was told to turn off the lights to save energy and to recycle paper to save resources. I remember thinking that it was very strange that humans, who are an animal species among others, could be capable of changing the Earth's climate. Because if we were, and if it was really happening, we wouldn't be talking about anything else. As soon as you'd turn on the TV, everything would be about that. Headlines, radio, newspapers, you would never read or hear about anything else, as if there was a world war going on. But no one ever talked about it. If burning fossil fuels was so bad that it threatened our very existence, how could we just continue like before? Why were there no restrictions? Why wasn't it made illegal?

To me, that did not add up. It was too unreal. So when I was 11, I became ill. I fell into depression, I stopped talking, and I stopped eating. In two months, I lost about 10 kilos of weight. Later on, I was diagnosed with Asperger syndrome, OCD and selective mutism. That basically means I only speak when I think it's necessary - now is one of those moments.

(Applause)

For those of us who are on the spectrum, almost everything is black or white. We aren't very good at lying, and we usually don't enjoy participating in this social game that the rest of you seem so fond of.

(Laughter)

I think in many ways that we autistic are the normal ones, and the rest of the people are pretty strange,

(Laughter)

especially when it comes to the sustainability crisis, where everyone keeps saying climate change is an existential threat and the most important issue of all, and yet they just carry on like before. I don't understand that, because if the emissions have to stop, then we must stop the emissions. To me that is black or white. There are no gray areas when it comes to survival. Either we go on as a civilization or we don't. We have to change.

Rich countries like Sweden need to start reducing emissions by at least 15 percent every year. And that is so that we can stay below a two-degree warming target. Yet, as the IPCC have recently demonstrated, aiming instead for 1.5 degrees Celsius would significantly reduce the climate impacts. But we can only imagine what that means for reducing emissions. You would think the media and every one of our leaders would be talking about nothing else, but they never even mention it. Nor does anyone ever mention the greenhouse gases already locked in the system. Nor that air pollution is hiding a warming so that when we stop burning fossil fuels, we already have an extra level of warming perhaps as high as 0.5 to 1.1 degrees Celsius. Furthermore does hardly anyone speak about the fact that we are in the midst of the sixth mass extinction, with up to 200 species going extinct every single day, that the extinction rate today is between 1,000 and 10,000 times higher than what is seen as normal. Nor does hardly anyone ever speak about the aspect of equity or climate justice, clearly stated everywhere in the Paris Agreement, which is absolutely necessary to make it work on a global scale. That means that rich countries need to get down to zero emissions within 6 to 12 years, with today's emission speed. And that is so that people in poorer countries can have a chance to heighten their standard of living by building some of the infrastructure that we have already built, such as roads, schools, hospitals, clean drinking water, electricity, and so on. Because how can we expect countries like India or Nigeria to care about the climate crisis if we who already have everything don't care even a second about it or our actual commitments to the Paris Agreement?

So, why are we not reducing our emissions? Why are they in fact still increasing? Are we knowingly causing a mass extinction? Are we evil? No, of course not. People keep doing what they do because the vast majority doesn't have a clue about the actual consequences of our everyday life, and they don't know that rapid change is required. We all think we know, and we all think everybody knows, but we don't. Because how could we? If there really was a crisis, and if this crisis was caused by our emissions, you would at least see some signs. Not just flooded cities, tens of thousands of dead people, and whole nations leveled to piles of torn down buildings. You would see some restrictions. But no. And no one talks about it. There are no emergency meetings, no headlines, no breaking news. No one is acting as if we were in a crisis. Even most climate scientists or green politicians keep on flying around the world, eating meat and dairy. If I live to be 100, I will be alive in the year 2103. When you think about the future today, you don't think beyond the year 2050. By then, I will, in the best case, not even have lived half of my life.

What happens next? The year 2078, I will celebrate my 75th birthday. If I have children or grandchildren, maybe they will spend that day with me. Maybe they will ask me about you, the people who were around, back in 2018. Maybe they will ask why you didn't do anything while there still was time to act. What we do or don't do right now will affect my entire life and the lives of my children and grandchildren. What we do or don't do right now, me and my generation can't undo in the future. So when school started in August of this year, I decided that this was enough. I set myself down on the ground outside the Swedish parliament. I school striked for the climate. Some people say that I should be in school instead. Some people say that I should study to become a climate scientist so that I can "solve the climate crisis." But the climate crisis has already been solved. We already have all the facts and solutions. All we have to do is to wake up and change. And why should I be studying for a future that soon will be no more when no one is doing anything whatsoever to save that future? And what is the point of learning facts in the school system when the most important facts given by the finest science of that same school system clearly means nothing to our politicians and our society. Some people say that Sweden is just a small country, and that it doesn't matter what we do, but I think that if a few children can get headlines all over the world just by not coming to school for a few weeks, imagine what we could all do together if you wanted to.

(Applause)

Now we're almost at the end of my talk, and this is where people usually start talking about hope, solar panels, wind power, circular economy, and so on, but I'm not going to do that. We've had 30 years of pep-talking and selling positive ideas. And I'm sorry, but it doesn't work. Because if it would have, the emissions would have gone down by now. They haven't. And yes, we do need hope, of course we do. But the one thing we need more than hope is action. Once we start to act, hope is everywhere.

So instead of looking for hope, look for action. Then, and only then, hope will come.

Today, we use 100 million barrels of oil every single day. There are no politics to change that. There are no rules to keep that oil in the ground. So we can't save the world by playing by the rules, because the rules have to be changed.

Everything needs to change -- and it has to start today.

Thank you.

(Applause)

8才ぐらいの頃に 私は気候変動や 地球温暖化のことを 初めて耳にしました それは人間の生活様式が もたらしたものらしいのです 省エネのために電灯を消したり 資源を守るため紙を リサイクルするようにと教えられました 人間は他と同じ 動物の一種にすぎないのに 地球の気候を変える 力があるというのは とても変だと思ったのを 覚えています だって 人間にそんな力があって 気候変動が本当に起こっているなら 他のことは話題にも していないはずですから テレビをつけたら そのことばかりのはずだし ニュースでも ラジオでも 新聞でも まるで世界大戦が 起こっているかのように それ以外のことは 見聞きしないはずです でも 誰も その話を していません 化石燃料を燃やすことが 私たちの生存を脅かすほど悪いことなら なぜ前と変わらない生活を していられるのでしょう? なぜ何の制限も ないのでしょうか? なぜ違法なことと されないのでしょうか?

私は納得できませんでした あまりにも非現実的でした それで私は11才の時 病気になりました うつ状態になり 話さなくなり 食べなくなりました 2ヵ月で 10キロ痩せました 後に私はアスペルガー症候群で 強迫性障害で 選択的無言症だと 診断されました その症状は 基本的に 必要だと思う時しか話さないことで 今がその 必要な時なのです

(拍手)

私のような 自閉スペクトラムに 属してる人間にとっては ほとんど全てのことが 白黒どちらかなのです 私たちは嘘をつくのが あまり上手ではありません ソーシャルゲームをしても 大抵は楽しくありません 皆さんはお好きなようですが

(笑)

私には いろんな意味で 自閉的な人間の方が正常に思え 他の人たちはすごく 奇妙に見えます

(笑)

特に 持続可能性の 危機の話となると 気候変動は 生存を脅かしていて 何より重大な問題だと みんな言い続けていながら これまでと変わらない 生活をしているのです これは理解できません 排出をやめる必要があるなら やめるべきだからです 私にとって これは白か黒かの問題です 生き残りの問題となれば グレーな部分はありません 文明を継続するのか しないのかです 私たちは変わる必要があります

スウェーデンのような裕福な国は 少なくとも 年15%の 排出削減を開始する必要があります 気温上昇を「2度未満」に抑える 目標のために必要なことです もっとも IPCC が 最近発表したように 「1.5度未満」を 目標にしたほうが 気候による影響を大幅に 減らせるそうですが 排出削減にそれがどういう意味を持つのか 想像することしかできません メディアや すべてのリーダーが この話ばかりしていると 思うかもしれませんが 口にすることさえありません 温室ガスが自然界に 既に取り込まれていることも 誰も口にしません 大気汚染が 気温上昇を隠していて 化石燃料を使うのを やめたとしても 0.5度から1.1度もの 追加の温度上昇要因が あることも言わないのです さらに 私たちは第6の絶滅期の 真っ只中にいるという事実も ほとんど誰も 語っていません 200もの種が 毎日絶滅していて 現在絶滅が起きているスピードは 正常と考えられる状態と比べ 千倍から1万倍も速いのです パリ協定のあらゆる箇所で 明確に宣言されているにも関わらず 衡平性や気候正義について ほとんど語られていません これは世界的な規模で効果を生むために 絶対不可欠なことです つまり裕福な国は 今の排出ペースだと 6年から12年の内に 排出をゼロにする 必要があるということです それによって 貧しい国の人々が 私たちの既に作り終えている 道路や学校や病院や 水道や電気などといった インフラを整え 生活水準を高める機会が 得られるようにするためです インドやナイジェリアのような国が 気候危機を気にかけると どうして私達に 期待できるでしょうか? すべてが整っている 裕福な国の私たちが 気候やパリ協定を守ることを 少しも気にかけていないのにです

では なぜ私たちは 排出を減らさないのでしょうか? なぜ実際 排出は まだ増え続けているのでしょうか? 知っていながら 大規模な絶滅を 起こそうとしているのでしょうか? 私たちは 邪悪なのでしょうか? もちろん そうではありません みんながこれまで通りのことを 続けているのは 私達の日常生活が どんな結果を引き起こすのか 大多数の人がまったく知らず 速やかな変化が必要なことを 知らないからです 私たちは誰もが皆 知っていると思っていますが 知らないのです どうして知ることが できるでしょう? もし本当に今が危機的状況で その原因が 私たちの 排出するものにあるのなら 少なくとも何か 予兆があるはずです 水没する都市や 何万もの死者 倒壊した建物で埋もれていく 国々なんかだけでなく 何らかの不自由が 出てくるはずです でも そうなってません しかも 誰も そのことを言いません 緊急会議も 見出し記事も 緊急速報もなく 誰も 危機の最中にいるような 行動を取りません 気候科学者や 環境派の政治家でさえ 多くの人は飛行機で飛びまわり 肉や乳製品を食べ続けています 私が百歳まで生きるとしたら 2103年にまだ生きています 将来のことを考えるとき みんな2050年以降のことは考えません 順調なら その時点で私は まだ人生を半分も生きていません

その先 何が起こるのでしょうか? 2078年には 私は75歳の誕生日を迎えます 子供や孫がいたら その日を共に 過ごしてくれるかもしれません 皆さんのことを 聞くかもしれません 2018年頃に 生きていた人たちのことを まだ行動を起こせる 時間があったのに なぜ 何もしなかったのかと たずねるかもしれません 今すぐ行動するかどうかが 私の全人生と 子供や孫の人生に 影響するんです 今すぐ行動するかどうかで もたらされる結果は 将来の私や私の世代には どうすることも出来ません だから 今年の8月に 学校が始まったとき 我慢できなくなって 心を決め スウェーデン議事堂の前で 座り込みをしました 気候のために 学校ストをしたのです 学校に行くべきだと 言う人もいるし 勉強して気候科学者になり 「気候危機を解決」したらいいと 言う人もいます でも 気候危機は 既に解決されているんです すべての事実と解決策は 既に揃っています あとは目を覚まして 行動を変えさえすればいいだけです 将来を守るためのことを 誰もしていないのなら もはや無くなる将来に向けて なぜ勉強すべきだと言えるのでしょうか? そして 教育システムが生んだ 最優秀な科学者による 最も重要な事実が 政治家や社会にとって 明らかに 何の意味も 持たないのなら その同じ教育システムで 事実を学ぶ意味はあるのでしょうか? スウェーデンは ただの小さな国だから 何をしても 意味がないという人もいますが 子供が何人か 数週間学校に行かないだけで 世界中の見出しを 飾れるのだとしたら みんなでその気になって行動したら 何ができるか想像してみてください

(拍手)

そろそろ このトークも終わりです 普通なら みんなここで 希望について語り出します 太陽光パネルだとか 風力発電だとか 循環経済だとか 私はそうしません 励ましやら 明るいアイデアなら 30年聞かされてきました 残念ですが 効果はありません 効果があったら 今頃 排出問題は 解決しているはずです でも解決してません 確かに希望は必要です もちろん 必要ですが 希望よりも必要なのは 行動です 行動を始めれば 希望で溢れます

だから希望を 探すのではなく 行動を求めましょう そうやって初めて 希望がわくのです

現在 1億バレルの石油が 毎日使われています これを変える 政策はありません 石油を地中に残しておく ルールはありません 既存のルールに従っていては 世界を救えないのです ルールを変えなければ ならないからです

すべてを変える必要があります そして今日 始める必要があるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画