TED日本語 - ヨハン・ロックストローム: 人類の未来を変革する10年 あるいは地球が不安定化する10年

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ヨハン・ロックストローム: 人類の未来を変革する10年 あるいは地球が不安定化する10年

TED Talks

人類の未来を変革する10年 あるいは地球が不安定化する10年
10 years to transform the future of humanity -- or destabilize the planet
ヨハン・ロックストローム
Johan Rockstrom

内容

環境学者のヨハン・ロックストロームは、「歴史上初めて、私達は地球が不安定化になることを、現実的なリスクとして考えなければならなくなった」と言います。シベリアの永久凍土から北の大森林、そしてアマゾンの熱帯雨林まで、気候を調節している15の大きな生態系と地球環境システムのうち9つが、転換点に至る危機に瀕し、地球は人類が住めない場所になりかねません。今後10年かけて地球を持続可能な道に戻すための彼の計画を聞きましょう。

Script

(Beeps)

(Countdown)

(Clapboard claps)

Ten years is a long time for us humans on earth. Ten turns around the sun. When I was on the TED stage a decade ago, I talked about planetary boundaries that keep our planet in a state that allowed humanity to prosper. The main point is that once you transgress one, the risks start multiplying. The planetary boundaries are all deeply connected, but climate, alongside biodiversity, are core boundaries. They impact on all others.

Back then we really thought we had more time. The warning lights were on, absolutely, but no unstoppable change had been triggered. Since my talk, we have increasing evidence that we are rapidly moving away from the safe operating space for humanity on earth. Climate has reached a global crisis point. We have now had 10 years of record-breaking climate extremes: fires blaze in Australia, Siberia, California and the Amazon, floods in China, Bangladesh and India. We're now enduring heat waves across the entire northern hemisphere. We risk crossing tipping points that shift the planet from being our best resilient friend, dampening our impacts, to start working against us, amplifying the heat.

For the first time, we are forced to consider the real risk of destabilizing the entire planet. Our children can see this. They are walking out of school to demand action, looking with disbelief at our inability to deviate away from potentially catastrophic risks. The next 10 years, to 2030, must see the most profound transformation the world has ever known. This is our mission. This is the countdown.

(Clock ticks)

When my scientific colleagues summarized, about a decade ago, for the first time, the state of knowledge on climate tipping points, just one place had strong evidence that it was on a serious downward spiral. Arctic sea ice. (Water sounds) Other tipping points were long way off -- 50 or 100 turns around the sun.

Just last year we revisited these systems, and I got the shock of my career. We are only a few decades away from an Arctic without sea ice in summer. In Siberia, permafrost is now thawing at dramatic scales. Greenland is losing trillions of tons of ice and may be approaching a tipping point. The great forests of the North are burning with plumes of smoke the size of Europe. The Atlantic ocean circulation is slowing. The Amazon rainforest is weakening and may start emitting carbon within 15 years. Half of the coral of the Great Barrier Reef has died. West Antarctica may have crossed the tipping point already today. And now, the most solid of glaciers on earth, East Antarctica, parts of it are becoming unstable. Nine out of the 15 big biophysical systems that regulate climate are now on the move, showing worrying signs of decline and potentially approaching tipping points.

Tipping points bring three threats. First, sea level rise. We can already expect up to one meter this century. This will endanger the homes of 200 million people. But when we add the melting ice from Antarctica and Greenland into the equation, this might lead to a two meter rise. But it won't stop there, it will keep on getting worse.

Second, if our carbon stores like permafrost and forest flip to belching carbon, then this makes the job of stabilizing temperatures so much harder.

And third, these systems are all linked like dominoes: If you cross one tipping point, you lurch closer to others.

Let's stop for a moment and look at where we are. The foundation of our civilization is a stable climate and a rich diversity of life. Everything, I mean everything, is based on this. Civilization has thrived in a Goldilocks zone: not too hot, not too cold. This is what we have had for 10,000 years since we left the last ice age. Let's zoom out a little here. Three million years -- temperatures have never broken through the two degrees Celsius limit. Earth has self-regulated within a very narrow range of plus two degrees in a warm interglacial, minus four degrees, deep ice age.

Now, we are following a path that would take us to a three to four degree world in just three generations. We would be rewinding the climate clock, not one million, not two million, but five to 10 million years. We are drifting towards hot-house earth. For each one degree rise,one billion people will be forced to live in conditions that we today largely consider uninhabitable. This is not a climate emergency, it is a planetary emergency.

My fear is not that Earth will fall over a cliff on the 1st of January,2030. My fear is that we press unstoppable buttons in the Earth system.

What happens in the next 10 years will likely determine the state of the planet we hand over for future generations. Our children have every reason to be alarmed. We need to get serious about stabilizing our planet.

Two frontiers will guide this transformation. The first one is in science. Here's a new equation for a sustainable planet: planetary boundaries plus global commons equals planetary stewardship. We need to a safe corridor for humanity to allow us all to become stewards of the entire planet, not to save the planet but to provide a good future for all people.

And the second frontier is in society. We need a new economic logic based on well-being. We are now in a position to provide science-based targets for all global commons for all companies and cities in the world. First task, we need to cut global emissions by half by 2030 and reach net-zero by 2050 or sooner. This means decarbonizing the big systems that run our lives: energy, industry, transport, buildings. The fossil fuel era is over. We need to transform agriculture from a source of emissions to a store of carbon, and critically, we must protect our oceans and land, the natural ecosystems that absorb half of our emissions.

The good news is, we can do this. We have the knowledge. We have the technology. We know it makes social and economic sense. And when we succeed, we can all take lungfuls of fresh air. We will be saying hello to healthy lifestyles and resilient economies in livable cities. We are all on this journey around the sun together. This is our only home. This is our mission: to protect our children's future.

Thank you.

(Lights click off)

(ビープ音)

(カウントダウン)

(拍子木の音)

地球上の我々にとって 10年という時間は長いものです 太陽の周りを10回廻るということですから 私が10年前TEDの舞台に立った時 地球を人間が繁栄できる状態に 維持する上での 地球の限界(バウンダリー)の話をしました 主なポイントは 一つでも限界を越えてしまうと リスクは何倍にも膨れ上がっていく ということです 地球の限界は 互いに密接に関係しています 中でも気候変動と生物多様性は 主要な限界です その他全ての限界に影響を及ぼすのです

当時 私達にはもっと猶予があるのだと 思っていました 警告灯は確かに灯っていたのですが 不可逆的な変化は まだ起こっていませんでした 私がTEDで話した後 私達が 地球で安全に暮らせる領域から 急速に離れつつあるという 証拠が増加しています 気候は世界的に 限界点に達しています この10年間 記録的な異常気象が 続きました オーストラリア、シベリア、カリフォルニアそしてアマゾンでの森林火災 中国、バングラデシュ、インドの洪水 北半球はどこも熱波に耐えています 私たちは 気候の転換点を 越えてしまう危険な状態にあります 復元力のある友人として 衝撃を和らげてきた地球が 暑さを増大させ 私達を苦しめるように なりかねません

歴史上初めて 私達は地球全体が 不安定な状態になることのリスクを 考えざるを得ない状況に追い込まれています 子どもたちには分かっています 学校から飛び出してデモをして 行動を求めています 壊滅的なリスクへの道筋を 変えられない大人たちの 無力さを目のあたりにして 疑いを抱いています 2030年までの次の10年で 世界は根本的に変化しなければなりません これが私達のミッションです 秒読み段階に入っています

(秒針の音)

同僚の科学者達がおよそ10年前に 初めて 気候変動の転換点についてまとめたとき 深刻な負のスパイラルにある場所は 1か所でした 北極海の海氷です(波の音) 他の転換点はまだ50年も100年も 先の事と思われていました

つい昨年のこと それぞれのシステムを見直してみて 私は自分の研究人生での 最も大きな驚愕を覚えました あと数十年すると北極海の氷は 夏には全部溶けます シベリアでは永久凍土が劇的な規模で 解凍し続けています グリーンランドでは何兆トンもの 氷河が失われていっており ティッピングポイントへと 近付いているようです 北の大森林の火災からは ヨーロッパほどの大きさの 煙が生じています 大西洋の海流の循環が弱まっています アマゾンの熱帯雨林は死にかけており 15年以内に炭素を 排出し始めるかもしれません グレート・バリアリーフのサンゴ礁の 半分は死滅してしまいました 南極大陸西部は既に転換点を 越えてしまった可能性があります そして最も堅牢な氷河である 南極大陸東部の 一部は不安定になっています 気候を調整する生態系や気候システムの 15のうち9つが変調をきたし 懸念すべき衰退の兆候を示し おそらく転換点へ近付いています

転換点は 3つの脅威をもたらします まず 海面上昇です 今世紀中に海面が 1mまで上昇することは確実です これは2億人の住居を危険に晒します さらに南極とグリーンランドから 解け出す氷河を これに合算すると 海面上昇は2mにもなると考えられます ですがそれで終わりではなく 状況は悪化の一途を辿ります

次に もし炭素の貯蔵庫である 永久凍土や森林が 炭素を吐き出しはじめてしまったら 地球の温度を安定させることは とても難しくなります

最後に こうした自然システムは すべて繋がっています 1つの転換点を越えたら ドミノのように 次の転換点も巻き込みかねません

さて 現在の状況を振り返ってみましょう 私達の文明の基盤は安定した気候と 豊かな生物多様性で成り立っています まさに全てがこれに基づいています これまで文明は程よい条件のもとで 繁栄してきました 暑すぎず 寒すぎない気温の中です 人間は最後の氷河期以降1万年 この中で暮らしてきました もう少し長い時間の中で見てみましょう 300万年の間 気温は 上昇してもプラス2度は超えませんでした 地球の温度の変化は 限られた範囲にとどまり 温暖な間氷期にはプラス2度まで 氷河期でもマイナス4度まででした

しかしいま3世代のうちに 3~4度上昇するという世界に 変化しています 私達の気候は100万年や200万年ではなく 500万~1000万年もの時間を 逆行しているようなものです 地球は温室になる方向です 1度気温が上昇する毎に 10億人が今日「居住不可能」と考えられる 環境へと追いやられてゆきます これは気候の危機ではなく 惑星の危機です

私が恐れていることは 地球が2030年の1月1日に 崖から落ちたりするということではなく 私達がもう元に戻れなくなる 地球システムの ボタンを押してしまうことです

これから10年で起こることは 私達が将来世代へと手渡す地球の 状態を決定することでしょう 子どもたちはあらゆる理由で 危機感を抱かざるを得ません 私達は地球環境を安定させる事に 真剣に取り掛からなくてはなりません

2つの分野がこの変革を導きます まず科学 持続維持可能な地球の 新しい方程式はこうです 地球の限界に共有地(コモンズ)としての 世界を加えると 地球への奉仕が導かれます 私達人類は安全に 皆が地球全体への奉仕者となれる 方法が必要です 地球を救うためでなく より良い未来を皆のために作るために

2つめは社会にあります ウェルビーイングを基盤とした 新しい経済理論が必要です 私達は共有地としての世界や 企業や都市に対して 科学に基づいた目標を 提示することができます まず私達は2030年までに世界中での 炭素排出量を半減し 2050年以前までにネット・ゼロを 実現しなければなりません その為には社会の基盤システムを 脱炭素化する必要があります エネルギー、産業、交通、建築 化石燃料の時代は終わりなのです 私たちは農業を炭素排出源ではなく 逆に吸収貯蔵するよう 転換する必要があります また海洋と土地を守ることは必須です 自然のエコシステムは 排出された炭素の半分を吸収します

幸いにも 私達はこれを達成できます 私達には知識があり 技術があります そしてこれは社会的にも経済的にも 良い選択だと分かっています 成功したあかつきには 皆が新鮮な空気を胸いっぱいに吸い 健康的なライフスタイルに 移行していくでしょう 居住可能な環境の都市に 復元力のある経済が根付くでしょう 私達は皆 太陽の周りを廻る旅を共にしています 地球は私達の唯一の家です 私達のミッションは 子どもたちの未来を守ることです

ありがとうございました

(ライトの消灯音)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画