TED日本語 - マーラ・ミンツァー: 子供たちに学ぶ都市計画

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マーラ・ミンツァー: 子供たちに学ぶ都市計画

TED Talks

子供たちに学ぶ都市計画
How kids can help design cities
マーラ・ミンツァー
Mara Mintzer

内容

大人は子供を「将来の市民」と考える傾向があります。彼らのアイデアや意見はいつの日か重要になるだろうが、今ではないと。しかし子供たちは人口の4分の1を占めるのだし、彼らが引き継ぐ世界について意見を言えるべきではないでしょうか?都市計画者のマーラ・ミンツァー氏が、彼女のチームが子供たちにコロラド州ボルダーの公園の設計を手伝ってもらったときのことと、それが構築環境を作る上での重要な盲点をいかに明らかにしたかを語ります。「計画に子供を含めていないなら、他の誰を除外していることでしょう?」と彼女は問います。

Script

Our society routinely makes decisions without consulting a quarter of the population. We're making choices about land use, energy production and natural resources without the ideas and experiences of the full community. The car, an inanimate object, has more say over public policy than this group of citizens. Can you guess which group I'm talking about? It's children.

I work in urban design, and not surprisingly, most cities are designed by adults. Urban planners, architects, developers, politicians, and occasionally, a few loud citizens. Rarely do you consider the voices of a group of four-year-olds, barely tall enough to reach the podium at city council chambers. But today, I want to ask you this: What would happen if we asked children to design our cities?

(Laughter)

Back in 2009, I was introduced to a small group of people who wanted to start a child-friendly city initiative in Boulder, Colorado. I come from a family of civil rights advocates, and I had spent my career until that point working with low-income children and families. But I had never heard of a child-friendly city initiative before. So I figured its purpose would be to address some of the frustrations I had encountered as the parent of a young child. Perhaps we would advocate for more changing tables in restaurants. Or create indoor play spaces for those cold and rainy days. In other words, make the city more hospitable to children and families. It wasn't until after I committed to this project that I realized I had it all wrong.

We wouldn't be designing better cities for children. Children would be designing better cities for themselves, and for the rest of us, too. Now, I bet you're skeptical about this idea. And honestly, I was, too. I mean, there must be a reason the voting age is 18.

(Laughter)

How could children possibly understand complex ideas such as the affordable housing crisis or how to develop a transportation master plan? And even if they had ideas, wouldn't they be childish? Or unreasonable? Do our cities really need a park made out of candy?

(Laughter)

Or a bridge with water cannons that fire water onto unsuspecting kayakers below?

(Laughter)

While these concerns sound legitimate, I realized that not including children in city planning was a bigger design problem. After all, shouldn't we include end users in the design process? If we're building a park to be largely used by kids, then kids should have a say in the park's design. So with all of this in mind, we formed a program called "Growing Up Boulder," and my job is to work with children ages zero through 18 to come up with innovative city-design solutions.

How do we do this, you might ask? Let me give you a real example. In 2012, the city of Boulder decided to redesign a large downtown park, known as the Civic Area. This space is bounded by a farmers' market on one end, Boulder Public Library on the other end, and by Boulder Creek, which runs through the middle. The space needed a new design to better handle the creek's inevitable flash floods, restore a sense of safety to the area and support an expanded farmers' market. So from 2012 through 2014, we engaged more than 200 young people in the process, ranging from preschool through high school students.

Now, how did we do this? Let me explain. First, we visited children in their classrooms and presented the project: what it was, why their ideas mattered and what would happen with their recommendations. Before we could influence them, we asked children to record their ideas, based on their own lived experiences. Then we asked children to go on a field trip with us, to document what they liked and didn't like about the space, using photography. Through green picture frames, students highlighted what they liked about the space, such as college students, tubing down the creek.

(Laughter)

Then they flipped those frames over and used the red side to highlight things they didn't like, such as trash. Our sixth-grade students studied the Civic Area by researching sites with similar challenges from around the world. Then, we invited the kids to combine their original ideas with their new inspiration, to synthesize solutions to improve the space. Each class invited adult planners, city council and community members into the classroom, to share and discuss their recommendations. Boulder's senior urban planners stepped over blocks and stuffed animals to explore preschool students' full-size classroom recreation of the Civic Area. Adult planners marveled at the students' ideas as they shared a park constructed out of a jelly bracelet. It was supposed to be an ice-skating rink. And then, public art constructed from animal-shaped plastic beads. And while this may seem ridiculous, it isn't so different from the models that architects create.

Now, fast-forward four years, and I am pleased to report that many of the children's ideas are being implemented in the Civic Area. For example, there will be improved access to Boulder Creek, so kids can play safely in the water. Lighting in previously dark underpasses, so high school students can walk home safely after school at night. And separated biking and walking paths, so speeding bikers won't hit young people as they stroll by the creek. My daughter and I even skated on a new, child-requested ice-skating rink, last winter.

So, were all of the kids' ideas implemented at the Civic Area? Of course not. Democracy is a messy process. But just as a reasonable and well-informed adult does not expect all of her ideas to be utilized, neither does a nine-year-old. We've now been using this process for eight years, and along the way, we've found some incredible benefits to designing cities with children. First of all, kids think differently from adults. And that's a good thing. Adults think about constraints, how much time will a project take, how much money will it cost and how dangerous will it be. In other words, "Are we going to get sued?"

(Laughter)

It's not that these constraints aren't real, but if we kill off ideas from the beginning, it limits our creativity and dampens the design process. Kids, on the other hand, think about possibilities. For kids, the sky is the limit. Literally. When we worked with middle-school students to design teen-friendly parks, they drew pictures of skydiving, hang gliding,

(Laughter)

and jumping from trampolines into giant foam pits.

(Laughter)

Some of this sounds far-fetched, but the commonalities among the activities revealed an important story. Our adolescents wanted thrill-seeking opportunities. Which makes perfect sense, given their developmental stage in life. So our task, as connectors between inspiration and reality, was to point them towards activities and equipment that actually could be installed in a park. This is exactly what parks in Australia have done, with their extensive zip lines and their 30-foot-tall climbing towers.

When kids dream up a space, they almost always include fun, play and movement in their designs. Now, this is not what adults prioritize. But research shows that fun, play and movement are exactly what adults need to stay healthy, too.

(Laughter)

Who wouldn't enjoy a tree house containing a little lending library and comfortable beanbag chairs for reading? Or what about a public art display that sprays paint onto a canvas each time you walk up the steps? In addition to fun and play, children value beauty in their designs. When tasked with designing dense affordable housing, kids rejected the blocks of identical, beige condominiums so many developers favor, and instead, put bright colors on everything, from housing to play equipment. They placed flowers between biking and walking paths, and placed benches along the creek, so kids could hang out with their friends and enjoy the tranquility of the water. Which leads me to nature. Children have a biological need to connect with nature, and this shows up in their designs. They want nature right in their backyards, not four blocks away. So they design communities that incorporate water, fruit trees, flowers and animals into their common spaces on site. For better or worse, this is logical, because five-year-olds today are rarely allowed to walk four blocks to access a park by themselves. And nature in one's immediate environment benefits everyone, since it has been shown to have restorative effects for all ages.

It may come as a surprise, but we even take into consideration the desires or our littlest citizens, babies and toddlers. From toddlers, we learned that the joy of walking comes from what you discover along the way. When they evaluated the walkability of Boulder's 19th Street corridor, toddlers spent long stretches exploring leaves in a ditch and sparkles in the sidewalk. They reminded us to slow down and design a path where the journey is as important as the destination. In addition to trees and plants, kids almost always include animals in their designs. Insects, birds and small mammals figure prominently into children's pictures. Whether it's because they're closer to the ground and can see the grasshoppers better than we can, or simply because they have a greater sense of empathy for other beings, children almost always include non-human species in their ideal worlds.

Across the board, children are inclusive in their city planning. They design for everyone, from their grandmother in a wheelchair to the homeless woman they see sleeping in the park. Children design for living creatures, not for cars, egos or corporations. The last and perhaps most compelling discovery we made is that a city friendly to children is a city friendly to all. Bogota, Colombia mayor Enrique Penalosa observed that children are a kind of indicator species. If we can build a successful city for children, we will have a successful city for all people. Think about it.

Kids can't just hop in a car and drive to the store. And most kids can't afford an expensive lunch at the nearby cafe. So if we build cities that take into the consideration their needs for alternative forms of transportation and for cheaper food venues, we meet the needs of many other populations, too. The more frequent and more affordable bus service, so desired by our youth, also supports the elderly who wish to live independently, after they can no longer drive cars. Teens' recommendations for smooth, protected walking and skateboarding paths also support the person in a wheelchair who wishes to go smoothly down the path, or the parent pushing a new stroller.

So to me, all of this has revealed something important. An important blind spot. If we aren't including children in our planning, who else aren't we including? Are we listening to people of color, immigrants, the elderly and people with disabilities, or with reduced incomes? What innovative design solutions are we overlooking, because we aren't hearing the voices of the full community? We can't possibly know the needs and wants of other people without asking. That goes for kids and for everyone else. So, adults, let's stop thinking of our children as future citizens and instead, start valuing them for the citizens they are today. Because our children are designing the cities that will make us happier and healthier. Cities filled with nature, play, movement, social connection and beauty. Children are designing the cities we all want to live in.

Thank you.

(Applause)

私たちの社会は 人口の4分の1の意見を考慮せず 日常的に決定を行っていて 土地利用やエネルギー生産や 天然資源の利用について 地域全体の考えや経験を反映せずに 選択をしています 生物ではない車の方が この市民グループよりも 公共政策に対して 多くの意見を伝えています 私がどのグループの話をしているか お分かりになりますか? それは子供たちのことです

私は都市計画を仕事としていて そして 当然のことながら 多くの都市は 大人たちによって設計されています 都市プランナーや建築家や 開発業者や政治家 ときには 声高な市民といった人々です 市議会の会議室の演台の高さに かろうじて背が届くような 4歳児の意見は ほとんど無視されます でも 今日は皆さんに 聞きたいと思います 子供たちに都市の設計を 頼んだらどうなるでしょうか?

(笑)

2009年 私はコロラド州のボルダーで 子供に優しい街づくりを始めようとしていた ある小さなグループを紹介されました 私は公民権運動家の家庭の出身で グループを紹介されるまでは 低所得の子供や家族と 仕事をしていましたが 子どもに優しい街づくりについて それまで聞いたことはありませんでした それで この街づくりの目的は 私が幼い子供の親として感じた不満に 対処することだろうと 考えていました レストランにもっと おむつ交換台を設置するよう提案するとか 寒い日や雨の日でも遊べる 屋内の遊び場を作るとか つまり 子供と家族にとって より快適な街にするということです そのプロジェクトに取り組み始めて 考え違いをしていたことに 気づきました

私たちは子供のためにより良い都市を デザインしはしないでしょう 子供たちこそ 自分たちのため さらには私たちみんなのために より良い都市をデザインするのです 今 皆さんはこのアイデアに 疑問をお持ちだと思います 正直なところ 私もそうでした 投票年齢が18才以上なのには 理由があるはずです

(笑)

どうして子供たちが 手ごろな物件がなくなる住宅危機や 都市交通基本計画の 作成方法などの 複雑な問題を 理解できるでしょう? たとえアイデアがあったとしても 幼稚だったり 不合理なのでは? キャンディでできた公園は 本当に必要でしょうか?

(笑)

下を通るカヤックに 不意に水をかける 水鉄砲のある橋は 必要でしょうか?

(笑)

そういう懸念は 妥当に聞こえますが 都市計画に子供たちを含めないことが 設計上 より大きな問題だと気付きました なにより設計過程には利用者を 含めるべきではないでしょうか? 主に子供たちに使われる公園を 建設するのであれば 子供たちに発言権があるべきです それを踏まえて 私たちは“Growing Up Boulder”という プログラムを作りました 私の仕事は 0歳から18歳までの子供たちと 革新的な都市設計の案を 生み出すことです

どうするのかと 思われるかもしれません 実際の例をご紹介しましょう 2012年にボルダー市は 市民エリアとして知られる 都心部の大きな公園の 再設計を決定しました この空間の一端は ファーマーズ・マーケットで 反対側にはボルダー市立図書館があり ボルダークリーク(小川)が 公園の中央を走っています 避けがたい川の氾濫に対処し 地域の安心感を回復し ファーマーズ・マーケットの 拡大を支えるための 新しい設計が必要でした そして 2012年から2014年にかけ 就学前から高校生までの 200人以上の子供たちが このプロセスに参加しました

では どのようにして 行ったのでしょうか? 説明しますね はじめに 私たちは 子供たちの教室を訪問し プロジェクトの内容と 彼らのアイデアが重要な理由 そして 提案で 何が起こるかを説明しました 私たちが影響を与えてしまう前に 子供たちに自分たちの経験に基づくアイデアを 書きとめるよう お願いしました それから 子供たちと遠足して その場所の好きなものと 嫌いなものを撮影しながら 記録するよう頼みました 生徒は緑色の枠を使って 気に入ったものを示します タイヤで川下りしていた大学生とか

(笑)

そして 枠の裏側の赤い面を使って ゴミなど好ましくないものを 示しました 6年生の生徒たちは 参考にするため 世界各地の同じような課題を 抱えている場所を調査しました それから 子供たちの 元のアイデアと 新しいひらめきを組み合わせて 公園の改善案へまとめるように お願いしました 教室に 大人のプランナーや 市議やコミュニティのメンバーを招待し 子供たちの提案を共有し 議論しました ボルダーの経験豊富な都市プランナーが 就学前児童による実物大の公園再生の模型を ブロックやぬいぐるみを跨ぎながら 検討しました 生徒たちがリストバンドで作った公園で 示したアイデアに 大人のプランナーたちは 感心しました それはアイススケート場ということでした そして 動物型プラスチックビーズで 作ったパブリックアート ばかばかしく見える かもしれませんが 建築家が作る模型と そう違いません

その4年後に話を進めます 子供たちの多くのアイデアが 公園建設に採用されたことを 報告できるのが大変嬉しいです 例えば ボルダークリークへの アクセスが改善されることで 子供達は安全に 水場で遊ぶことができます 以前暗かった地下通路に 照明を付けることで 高校生は夜も安全に 学校から帰宅が出来ます そして 自転車道と歩道を分けることで スピードを出す自転車が 川沿いの散歩者にぶつかる恐れもなくなります 去年の冬 私は娘と一緒に 子供たちがリクエストした新しいスケート場で スケートをしました

では 子供たちのアイデアはすべて 市民エリアで実施されたのでしょうか? 当然 全部ではありません 民主主義は面倒な方法です しかし合理的で十分な知識を持った大人が 自分たちのアイデアが全て採用されると 考えていないのと同じで 9歳の子もそのように思ってはいません 私たちはこの方法を 8年間続けています そして このように 子供たちと街をデザインすることには とても大きなメリットがあると わかりました まず子供たちは 大人たちと違う考え方をし それは良いことなのです 大人たちは制約について考えます プロジェクトは どれくらいの 時間を要するのか いくら費用がかかり どのような危険があるかを考えます 要は「私たち訴えられませんよね?」と

(笑)

そういう制約が問題でないとは 言いませんが 最初からアイデアを 取り除いてしまうと 創造性が制限され 設計プロセスが阻害されてしまいます 一方で 子供たちは 可能性について考えます 子供たちにとって 限界はありません 文字通りにです 私たちが中学生と一緒に 十代の子のための公園を設計したときは スカイダイビングや ハンググライダーの絵を描いていました

(笑)

それに トランポリンから 巨大なスポンジプールに飛び込む絵も

(笑)

現実離れしたアイデアもありますが そういう活動の共通点は 重要なことを明らかにしていました 思春期の生徒たちは スリルを求めていたのです 彼らの年齢を考えれば 理解できることです 私たちの仕事は ひらめきと現実の橋渡し役として 実際に公園に設置できる設備や 活動を指し示すことでした これはオーストラリアの公園で 実現されたものですが 長いジップラインと 10メートルのザイルクライミングです

子供たちは空間を思い描くとき デザインに楽しさ 遊び 動きを 必ずと言っていいほど取り入れます これは 大人が高い優先度を 置くものではありませんが 研究によれば 楽しさと遊びと動きはまさに 大人が健康を保つために 必要とするものなのです

(笑)

小さな図書館と 読書用の快適なビーンバッグチェアのある 木の上の家を 楽しまない人がいるでしょうか? あるいは 飛び石の上を歩くと スプレーで絵が描かれる パブリックアートの展示は どうでしょうか? 子供たちは楽しさや遊びの要素に加えて デザインの美しさも大切にしています 手頃な価格の集合住宅の 設計を任されると 子供たちは多くの開発業者が好むような 画一的なベージュ色の分譲マンションの デザインを採用せず 住宅から遊具に至るまで すべてに派手な色をつけました 自転車道と歩道の間に花を植え 川沿いにベンチを置いたので 子供たちは友達と遊び合い 水辺の静けさも 楽しむことができます それは自然の話へと繋がりますが 子供たちは自然と結びつく 生物学的欲求を持っており これは彼らのデザインに現れています 彼らは遠いところではなく 身近に自然が欲しいと思っています そのため 水や果樹や花や動物を 共有スペースに取り入れた コミュニティを設計します 今では5歳児が 4ブロックも離れた公園へ 1人で行くことは 許されないことが多いので 良くも悪くも これは理にかなっています すぐそばの環境に自然があることは 誰にとってもよいことで すべての世代の人たちに 回復効果があることがわかっています

意外に思われるかもしれませんが 私たちは最も幼い市民である乳幼児の 願いも考慮に入れます 散歩の楽しさは 途中で何かを見つけることにあると 私たちは幼児から学びました ボルダーの 19番街の歩きやすさを評価したとき 幼児は道路を歩きながら 排水溝にある葉っぱで遊び 光るものを歩道に見つけました 子供たちは ゆっくりすることを そして 道筋は目的地と同じくらい大事だと 思い出させてくれました 子供たちは木や植物に加えて ほぼ必ず 動物もデザインに取り入れます 昆虫 鳥 小動物は 子供たちの絵に 目立つように描かれます 子供たちが私たちよりも地面に近く バッタをよく見ることが できるからか あるいは 単に他の生き物に強い共感を 持っているからかもしれませんが 子供たちはいつでも 理想的な世界に 人間以外の生き物を取り入れます

子供たちは一律に 都市計画において非排他的です 車椅子のおばあちゃんから 公園で眠っているホームレスの女性まで 全ての人のためにデザインします 子供たちは 車や 自分のエゴや 企業のためではなく 生けるもののために デザインします 最後になりますが 私達がした最も興味深い発見は 子供たちに優しい都市は 誰にとっても優しい都市だということです コロンビアのボゴタ市長の エンリケ・ペニャローサさんは 子供たちは指標生物だと言っています 子供のために良い街を 作ることができれば すべての人々のための 素晴らしい街になるのです それについて考えてみましょう

子供は車を運転して 店に行くことはできません また 多くの子供たちは近所のカフェで 高いランチを食べることはできません ですから 代わりとなる交通手段や 安価な食堂といった 子供たちのニーズを考慮した 都市をつくれば その他大勢の人々のニーズも 満たすことができます 若者が求める 手頃で便の多いバスは 車を運転できなくなったあとも 自立して生活したいと考える 高齢者を支援します 若者が求めるような 平坦で舗装された スケートボードもできる歩道は 車椅子で通りをスムーズに進みたい人や 新しいベビーカーを押す親御さんにも 役立ちます

この全てが私に 大切なことを明かしてくれました 気付かなかった 大切なことです 計画に子供を含めていないなら 他に誰を含めていないことでしょう? 全ての人種や移民 高齢者や障害者 低所得の人々の意見は 聞いているでしょうか? 地域社会全体の声を 聞いていないばかりに 私たちが見落としている 革新的な設計案はないでしょうか? 尋ねなければ 他の人のニーズや希望を 知ることはできません 子供でも 子供以外でもそうです だから 大人たちは子供たちを 「将来の市民」として考えるのをやめて 子供たちも現在の市民として 尊重していきましょう 子供たちは 私たちをより幸せで 健康にしてくれる都市を デザインしてくれるからです 自然 遊び 動きや人のつながり そして 美しさで埋めつくされた都市です 子供たちは我々みんなが住みたい都市を デザインしてくれるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画