TED日本語 - シヴァーニ・シロヤ: 信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - シヴァーニ・シロヤ: 信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン

TED Talks

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
A smart loan for people with no credit history (yet)
シヴァーニ・シロヤ
Shivani Siroya

内容

「信用」というものはどうやって得るのでしょうか?銀行は利用者の信用度、つまり融資を受けるに値するかどうかを、クレジット・スコアを使って判断しています。しかし、世界人口のうち25億人はそもそもクレジット・スコア自体がないため、事業を始めたり、家を買ったり、または暮らしをよくするために使えるローンを組んだりもできないでいます。TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです。」

Script

How much do you need to know about a person before you'd feel comfortable making a loan?

Suppose you wanted to lend 1,000 dollars to the person sitting two rows behind you. What would you need to know about that person before you'd feel comfortable?

My mom came to the US from India in her late thirties. She's a doctor in Brooklyn, and she often lets friends and neighbors come to see her for health services, whether they can pay right away or not. I remember running into her patients with her at the grocery store or on the sidewalk, and sometimes they would come and pay her right on the spot for previous appointments. She would thank them, and ask them about their families and their health. She gave them credit because she trusted them.

Most of us are like my mom. We would give credit to someone we know or that we live next to. But most of us are probably not going to lend to a stranger unless we know a little something about them.

Banks, credit card companies and other financial institutions don't know us on a personal level, but they do have a way of trusting us, and that's through our credit scores. Our credit scores have been created through an aggregation and analysis of our public consumer credit data. And because of them, we have pretty much easy access to all of the goods and services that we need, from getting electricity to buying a home, or taking a risk and starting a business.

But ... there are 2.5 billion people around the world that don't have a credit score. That's a third of the world's population. They don't have a score because there are no formal public records on them -- no bank accounts, no credit histories and no social security numbers. And because they don't have a score, they don't have access to the credit or financial products that can improve their lives. They are not trusted.

So we wanted to find a way to build trust and to open up financial access for these 2.5 billion. So we created a mobile application that builds credit scores for them using mobile data. There are currently over one billion smartphones in emerging markets. And people are using them the same way that we do. They're texting their friends, they're looking up directions, they're browsing the Internet and they're even making financial transactions.

Over time, this data is getting captured on our phones, and it provides a really rich picture of a person's life. Our customers give us access to this data and we capture it through our mobile application. It helps us understand the creditworthiness of people like Jenipher, a small-business owner in Nairobi, Kenya. Jenipher is 65 years old, and for decades has been running a food stall in the central business district. She has three sons who she put through vocational school, and she's also the leader of her local chama, or savings group.

Jenipher's food stall does well. She makes just enough every day to cover her expenses. But she's not financially secure. Any emergency could force her into debt. And she has no discretionary income to improve her family's way of living, for emergencies, or for investing into growing her business. If Jenipher wants credit, her options are limited. She could get a microloan, but she'd have to form a group that could help vouch for her credibility. And even then, the loan sizes would be way too small to really have an impact on her business, averaging around 150 dollars. Loan sharks are always an option, but with interest rates that are well above 300 percent, they're financially risky. And because Jenipher doesn't have collateral or a credit history, she can't walk into a bank and ask for a business loan.

But one day, Jenipher's son convinced her to download our application and apply for a loan. Jenipher answered a few questions on her phone and she gave us access to a few key data points on her device.

And here's what we saw. So, bad news first. Jenipher had a low savings balance and no previous loan history. These are factors that would have thrown up a red flag to a traditional bank. But there were other points in her history that showed us a much richer picture of her potential. So for one, we saw that she made regular phone calls to her family in Uganda. Well, it turns out that the data shows a four percent increase in repayment among people who consistently communicate with a few close contacts.

We could also see that though she traveled around a lot throughout the day, she actually had pretty regular travel patterns, and she was either at home or at her food stall. And the data shows a six percent increase in repayment among customers who are consistent with where they spend most of their time. We could also see that she communicated a lot with many different people throughout the day and that she had a strong support network. Our data shows that people who communicate with more than 58 different contacts tend to be more likely to be good borrowers. In Jenipher's case, she communicated with 89 different individuals, which showed a nine percent increase in her repayment.

These are just some of the thousands of different data points that we look at to understand a person's creditworthiness. And after analyzing all of these different data points, we took the first risk and gave Jenipher a loan. This is data that would not be found on a paper trail or in any formal financial record. But it proves trust. By looking beyond income, we can see that people in emerging markets that may seem risky and unpredictable on the surface are actually willing and have the capacity to repay.

Our credit scores have helped us deliver over 200,000 loans in Kenya in just the past year. And our repayment rates are above 90 percent -- which, by the way, is in line with traditional bank repayment rates.

With something as simple as a credit score, we're giving people the power to build their own futures. Our customers have used their loans for family expenses, emergencies, travel and for investing back into growing their businesses. They're now building better economies and communities where more people can succeed.

Over the past two years of using our product, Jenipher has increased her savings by 60 percent. She's also started two additional food stalls and is now making plans for her own restaurant. She's applying for a small-business loan from a commercial bank, because she now has the credit history to prove she deserves it.

I saw Jenipher in Nairobi just last week, and she told me how excited she was to get started. She said, "Only my son believed I could do this. I didn't think this was for me." She's lived her whole life believing that there was a part of the world that was closed off to her.

Our job now is to open the world to Jenipher and the billions like her that deserve to be trusted.

Thank you.

(Applause)

ある人のことを どれくらい知ったら お金を貸してもいいと 思えるでしょうか?

例えばあなたの 2列後方に座っている人に 千ドル貸してあげたいとします その人について何を知ったら 安心して貸せるでしょうか?

私の母がインドからアメリカに移住したのは 30代後半のことでした 今はブルックリンの開業医です よく 友達や近所の人が 外来で受診しに来ますが すぐ支払いができるかどうかは 気にしていません 母といるとき スーパーや道端で 母の患者にバッタリ会ったことがあります その場で過去の診療費を 払う人もいました 母はお礼を言って 患者の家族や体の具合について たずねていました 患者を信用していたので ツケで診てあげていたのです

私たちのほとんどは 母と同じような感じです 知っている人や隣に住んでいる人に 貸しを作るのは平気です でも 見知らぬ他人に 貸そうとする人は少ないでしょう その人について少しでも何か 知っている場合は別ですけどね

銀行、クレジットカード会社や 他の金融機関などは 私たちを個人的には知リませんが 信用する方法は持っています クレジット・スコア(個人信用情報)を使うのです これは 私たち個人の 一般消費者としての信用情報を 集積、分析したものです この情報のおかげで 私たちには かなり簡単に 必要なモノやサービスが手に入ります 例えば電気をひいたり 家を買ったり リスクを負って事業を始めたりと 様々です

でも 世界人口のうち25億人には クレジット・スコアがありません 世界の全人口の 3分の1にあたる人数です なぜスコアがないかというと その人についての 正式な公的記録が存在せず つまり 銀行口座や 信用履歴もなく 社会保障番号もないからです スコアがないので 暮らしを良くするのに役立つ 金融商品を利用できません 信用がないのです

私の会社では この25億人が信用を築いて 金融にアクセスできる方法を 見つけようと 携帯アプリを作りました 携帯のデータを用いて クレジット・スコアを積み重ねる仕組みです 現在 新興市場には10億台の スマートフォンがあり 私たちが使うのと同じ方法で 使われています 友達にテキストメッセージを送ったり ルート検索したり ネットサーフィンしたり 金融取引や決済さえ行われます

使っているうちに このデータがスマホに蓄積され その人の生活の様子が ありありと見えてきます サービス利用者には このデータへの アクセス権を提供してもらい アプリを通じて蓄積したデータを その人の信用力がどれほどかを 理解するのに役立てます 例えば ケニアのナイロビで 小規模な事業を経営するジェニファー ジェニファーは65歳です 何十年もの間 自分の屋台を ナイロビの中心商業地区で 営んできました 3人の息子がいて 職業専門学校に通わせています 地域の「chama」つまり 貯金サークルの まとめ役もしています

屋台の仕事は うまくいっており 収入と支出はトントンです でも 経済的な保証はありません 緊急事態が起これば 借金を抱える可能性もあります 自由裁量所得がないので 家族の生活を向上するのに使ったり 緊急事態に備えたり 事業拡大に投資するお金は ありません ジェニファーが借り入れをしたい場合 選択肢は限られています 小口融資を得るとしたら 信用性を保証してくれる人を 何人か確保しなければなりません それでさえ 得られる融資額は あまりに小さく 投資効果が望めるような 額ではありません 平均150ドル程度ですから もちろん消費者金融から 借りる手もありますが 300パーセントを大幅に超える 利子がつくので リスクがつきまといます ジェニファーには 担保にできる財産も信用履歴もないので 銀行に行って 事業融資を受けることもできません

でも ある日 息子に説得されて 携帯アプリをダウンロードし ローンを申請しました 携帯を使って いくつか質問に答え デバイスの主要データポイントに アクセスを許可してくれました

出てきた情報とは・・・ マイナス部分から言います 貯金残高は少なく 融資履歴はありません こういった点は 従来型の銀行にすれば 危険信号だったでしょう しかし 出てきた履歴の中の 他の情報から ジェニファーの秘める資質が より くっきりと読めたのです 1つ挙げると ウガンダにいる家族に 定期的に電話をかけていました 実は データによると 少数の連絡先と 規則正しいく連絡を取る人は 返済率が4パーセント高いのです

また ジェニファーは 日中 たくさん移動するものの 実際の移動パターンは ほぼ同じで 家にいるか屋台にいるかの どちらかでした これもデータによると 安定して同じ場所で 1日のほとんどを過ごす利用者は 返済率が6パーセント高いのです また ジェニファーは たくさんの人々と 1日を通じて交流があり 深い協力関係を築いていました データによれば 交流先が58以上ある利用者は 優良な借り手である可能性が 高い傾向にあります ジェニファーの場合 89人と個別に交流があることがわかり これにより返済率が 9パーセント高く予想されました

これらは 我が社が個人の信用力を 理解する際にチェックする 何千とある様々なデータポイントの ほんの数例です こういった 異なるデータポイントを すべて分析したうえで 我が社は初期リスクを負って ジェニファーに融資をしました 参考にしたデータは 書類上の履歴や いかなる公式の取引履歴にも 見つかりませんが 信用の裏付けになります 収入以上のものに目を向けると 見えてくるのは 一見 ハイリスクで 行動が読めなさそうな 新興国の人々に 実際は返済の意思も能力もある ということです

独自のクレジット・スコアを使って 我が社ではケニアでの20万件の融資を この1年で達成しました 返済率は90パーセントを超えています 従来型の銀行融資の 返済率と並ぶ数字です

クレジット・スコアのような シンプルなものでも 自分の未来を築き上げる力を 人々に与えられるのです 利用者の融資の使い道は 家計費にはじまり 緊急時、旅行に 自分の事業を拡大するための 再投資などです これによって 経済や地域社会が活性化され 住民が成功しやすい場へと 育っていっています

過去2年間を通して 我が社のサービスを利用し ジェニファーの貯金は 60パーセント増えました さらに 屋台も2つ増設 自分のレストランを始める 計画もしています 現在 商業銀行の中小企業向け融資を 申し込んでいるところです 今では信用履歴がついて 融資を受ける資格を証明できるからです

先週 ナイロビで ジェニファーに会いました 初めて融資を受けるとき どんなにワクワクしたか話してくれました こう言っていました 「できると信じてくれたのは息子だけ 私自身は向いてないと思っていたのよ」 ジェニファーは それまでの人生ずっと 自分には縁のない 閉ざされた世界が あると思って生きていました

我が社の現在の使命は ジェニファーのような 信用に値する何十億人もの人々に 開かれた世界を作ることです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画