TED日本語 - ジェイムズ・ヴィーチ: 購読解除の苦悩!

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジェイムズ・ヴィーチ: 購読解除の苦悩!

TED Talks

購読解除の苦悩!
The agony of trying to unsubscribe
ジェイムズ・ヴィーチ
James Veitch

内容

いらない広告メールを購読解除したのに数日後には同じ会社からメールが来ていた、みなさんにもそんな経験があるでしょう。コメディアンのジェイムズ・ヴィーチは地元のスーパーがメールを購読解除させてくれなかった時、このイライラをイタズラに変えてみました。おふざけ込みのトークです。

Script

It's funny the things you forget. I went to see my mother the other day, and she told me this story that I'd completely forgotten about how, when we were driving together, she would pull the car over, and by the time she had gotten out of the car, and gone around the car to let me out of the car, I would have already gotten out of the car and pretended to have died.

(Laughter)

(Applause)

Because that's how you die.

(Laughter)

And I remember, that was a game I used to play with myself to entertain myself whenever I was bored or frustrated.

(Laughter)

Settle down.

(Laughter)

People say we live in an age of information overload. Right? I don't know about that, but I just know that I get too many marketing emails. I got a marketing email from a supermarket firm, which will remain nameless for predominantly legal reasons, but which I'm going to call "SafeMart."

(Laughter)

I got an email from them, and it went like this, it said:

"Just three weeks until SafeMart at King's Cross opens!!!"

And I resented this, because not only do I not remember signing up to that, but I resent the fact that they appear to think that I should be excited about a shop opening.

So what I did was I scrolled down to the bottom of the email, and I pressed, "Unsubscribe." And I thought that'd be the end of it. But a week later, I got another one that said,

"Just two weeks until SafeMart at King's Cross opens!!!"

And I thought, obviously, I haven't clicked hard enough. So I tried it again. Right? Lo and behold, a week passes, you guessed it,

"Just one week until SafeMart at King's Cross opens!!!"

And here's the problem: The internet gave us access to everything; but it also gave everything access to us. It's hard enough to discriminate between the things that genuinely matter in this world and the minutiae of life, without having emails about supermarket chains and Candy Crush Saga. And I was really annoyed with them, and I thought, OK, I was about to write a strongly worded email, which I can do quite well.

(Laughter)

And I thought, no -- I'm going to find the game. So I replied to it, and I said,

"I literally can not wait!!!!"

(Laughter)

"What do you need from me?"

They got back to me; a guy called Dan said,

"Hi James. I've asked a colleague to help me with your query."

(Laughter)

Like it needs help. And I said, "What's the plan, Dan? I'm thinking fireworks, bouncy castle ..."

(Laughter)

"I'm not sure what you mean."

(Laughter)

I said, "I'm just tremendously excited about the opening!"

(Laughter)

"Do you want to book the bouncy castle or shall I?"

He said, "I think you have misunderstood."

(Laughter)

"A new store is opening, but there is no celebration planned."

I said, "But what was all the 'Three weeks until,' 'Two weeks until' emails? I was getting excited."

(Laughter)

"I'm sorry you're disappointed."

(Laughter)

I said, "Not to worry. Let's do something anyway! Besides, the deposit on the bouncy castle was non-refundable."

(Laughter)

"If we don't use it, we're out a few hundred quid, Dan."

(Laughter)

He said, "Mr. Veitch, I'm not responsible for anything you have ordered."

I said, "Let's not get into who did what. Bottom line: you and I are in this together."

(Laughter)

(Applause)

"Question: Will you be there to make sure people take their shoes off?"

(Laughter)

I'll be honest, then my relationship with Dan deteriorated somewhat, because the next email I got was this:

"Thanks for your email - your Case Number is ..."

(Laughter)

That's outrageous. I said, "Dan?"

(Laughter)

And I got -- and I was just like, this is ... -- and I, I ... . And I said, "Danny?" And I thought, this is terrible. All I'm doing is collecting case numbers. I said, "D-Dog?"

(Laughter)

"The store is now open."

(Laughter)

I said, "But Dan, they must have wondered why there was no bouncy castle."

And then we were back to this.

And that might have been the end of the story, but I remembered that anything -- everything -- even something as mundane as getting out of a car, can be fun if you find the right game.

So, this is what I replied:

[ Thanks for your email - your Case Number is # 0000001. ]

(Laughter)

(Applause)

And we just, uh ...

(Laughter)

It was like we were dancing. It was just a beautiful relationship. We just kept going. It was lovely. But to be honest, guys, it was quite labor-intensive, and I had other stuff to do, believe it or not. So what I did is I have a little email auto-replier program. And I set it up so every time it receives an email from SafeMart, it just pings one back. So I set it up, and it says,

"Thanks for your email - your Case Number is ..."

Then it has a little formula that I wrote to up the case number every time. And I put it on the server and set it running.

(Laughter)

I'll be honest, guys -- then I forgot about it.

(Laughter)

I checked back on it the other day, and it appears there have been a number of emails going back and forth. We're on 21,439.

(Applause)

It gives me an immense sense of satisfaction to know that these computer programs are just going to be pinging one another for eternity. And as legacies go, I don't think that's bad.

So guys, just remember: if ever you feel weighed down by the bureaucracy and often mundanity of modern life, don't fight the frustration. Let it be the catalyst for whimsy.

(Laughter)

Thank you.

(Applause)

人って色んなことを忘れちゃいますよね この前 母に会いに行った時に 昔のことを 話してくれたんですよ 僕はまるっきり忘れてしまっていたんですが 一緒にドライブしていた時のこと 母が車を停めて 車を降り 僕を降ろしに 反対側のドアを開けに行くと 僕は車からもう出ていて 死んだフリしていたそうです

(笑)

(拍手)

人は こうやって死ぬものですから

(笑)

退屈したりイライラした時の 暇つぶしに 昔 そうやって遊んでたんです

(笑)

皆さん 落ち着いて?

(笑)

今は情報過多の時代って言いますよね どうかな でも僕には大量の広告メールが 送られてきます あるスーパーから広告メールが来ました 主に法的な問題で 名前は出せませんが 「セーフマート」と呼んでおきましょう

(笑)

こんな風な内容でした

「キングス・クロス通りのセーフマート 開店までたった3週間!!」

イラつきましたね だって メーリングリストに 登録した覚えもないし セーフマートは 僕が新規開店を喜ぶはずだ と思ってるらしい

それでメールの下まで 画面をスクロールして 「購読解除」ボタンを押しました これで終わりだと思っていました でも1週間後 また別のメールが来ました

「キングス・クロス通りのセーフマート 開店までたった2週間!!」

クリックが甘かったんだなと もう一度 購読解除しようとするでしょ? すると あら不思議 1週間後 ご想像のとおり

「キングス・クロス通りのセーフマート 開店までたった1週間!!」

問題はこうです インターネットは何にでも アクセスさせてくれますが 同時に 何にでも僕たちへの アクセスを与えてるんです そもそもスーパーや 「キャンディー・クラッシュ・サガ」の 宣伝メールがなくたって もう 何が本当に大事なことで 何が些細なことだか 判断するのすら難しいのに! もう本当にウザかったので よし キツーい口調の 苦情メールを書こうと思いました 僕 得意なんですよね

(笑)

いや…ちょっと待てよ これを楽しんでやろう そう思って 代わりに こう返信してみました

「待ちきれません!!」

(笑)

「手伝うよ!」

ダンという人から 返信がきました

「お客様のお問い合わせについて 社内で相談中です」

(笑)

まるでこれがサポートの対象みたいに 僕「ダン それでどんな計画を? 花火とか お城形トランポリンとか どうかな」

(笑)

ダン「仰る意味が分かりかねます」

(笑)

僕「新規開店がもの凄く楽しみなんです!」

(笑)

「お城形トランポリンは 僕が手配しようか?」

「お客様 誤解をなさっているようです」

(笑)

「新店舗は開店いたしますが 開店祝いは予定しておりません」

「じゃあ『あと三週間!』『あと二週間!』のメールは 一体何だったんですか? 本当に楽しみにしてたんですよ!」

(笑)

「ご期待に添えず申し訳ございません」

(笑)

「いや 大丈夫です いいから とにかく祝いましょう! どうせお城型トランポリンも キャンセルできないんだし」

(笑)

「使わないと 数百ポンド損することになるよ ダン」

(笑)

「ヴィーチさん お客様の 手配なさったものへの責任は負いかねます」

「誰が何をした なんていう 言い合いは もう止めよう 君と僕はチームなんだから」

(笑)

(拍手)

「確認だけど 君はお客さんが ちゃんと靴を脱ぐように見ててくれる?」

(笑)

本当のところ 僕のダンとの関係は 少し悪化してしまいました 次のメールはこんなものだったんです

「ありがとうございます お問合せ番号は99609105です」

(笑)

信じられないでしょ 「ダン?」

(笑)

僕は…なんていうか…こんなの… [お問合せ番号は39009371です] 「ダニー?」 僕はお問合せ番号を集めているだけでした [お問合せ番号は01591320です] 「ダ…ダンくん?」

(笑)

「店はもう開店しました ― ダン」

(笑)

「でもダン お城型トランポリンがないのを 皆 不思議に思ってたんじゃないかな :(」

それでこれに逆戻りです [お問合せ番号は3398382です]

そこで話は終わっていたのかもしれませんが 僕は 何でも ― 車を降りるようなつまらないことさえ 楽しもうと思えばゲームになる ということを 覚えていました

それで こう返信しました

「ありがとうございます お問合せ番号は0000001です」

(笑)

(拍手)

そのまま続いちゃって…

(笑) [お問合せ番号は1682988です]

まるでそれは二人のダンス [お問合せ番号は0000002です] 美しい関係 [お問合せ番号は3382982です] それが続きました [お問合せ番号は0000003です] 素敵でした [お問合せ番号は3782745です] でも本音を言うと 結構大変だったんですよ 僕にだって 他にもやることあったし 本当ですよ それでメールの 自動返信プログラムを使って セーフマートからのメールが来るたび 自動的に返信するようにしました 毎回同じ内容を返すんです

「ありがとうございます お問合せ番号は…」

お問合せ番号も 毎回順番に付与されます サーバーにそれをセットして プログラムを走らせました

(笑)

そして実を言うと その事を忘れちゃってました

(笑)

ある日 確認してみると 大量のメールのやり取りの記録があって 僕からの返信は 21,439番まで行っていました

(拍手)

このコンピュタープログラムが 永遠にお互いにメッセージを 送り合い続けると考えると 果てしない満足感を覚えますね 先例を作ったってことで まあ悪くないなと思ってます

だから 覚えていてください もし 煩わしい手続きに げんなりしたり 現代生活の単調さに うんざりした時 その不満を押し殺す代わりに ユーモアあるいたずらの きっかけにしてみましょう

(笑)

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画