TED日本語 - リッチ・ベンジャミン: アメリカで最も白人主義的な町々に突入!

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - リッチ・ベンジャミン: アメリカで最も白人主義的な町々に突入!

TED Talks

アメリカで最も白人主義的な町々に突入!
My road trip through the whitest towns in America
リッチ・ベンジャミン
Rich Benjamin

内容

アメリカの文化は一層多様化していますが、リッチ・ベンジャミンはある現象に気づきます。逆により閉鎖的になっているコミュニティーがあることです。彼は地図を取り出して、アメリカの最も白人的な街を探し出し・・・そこに住んでみます。彼はこの可笑しく、正直かつ人間的なトークで、一黒人としてホワイトピア(白人理想郷)で学んだことを語ります。

Script

Imagine a place where your neighbors greet your children by name; a place with splendid vistas; a place where you can drive just 20 minutes and put your sailboat on the water. It's a seductive place, isn't it?

I don't live there. (Laughter) But I did journey on a 27, 000-mile trip for two years, to the fastest-growing and whitest counties in America.

What is a Whitopia? I define Whitopia in three ways: First, a Whitopia has posted at least six percent population growth since 2000. Secondly, the majority of that growth comes from white migrants. And third, the Whitopia has an ineffable charm, a pleasant look and feel, a je Ne sais quoi. (Laughter)

To learn how and why Whitopias are ticking, I immersed myself for several months apiece in three of them: first, St. George, Utah; second, Coeur d'Alene, Idaho; and third, Forsyth County, Georgia.

First stop, St. George -- a beautiful town of red rock landscapes. In the 1850s, Brigham Young dispatched families to St. George to grow cotton because of the hot, arid climate. And so they called it Utah's Dixie, and the name sticks to this day. I approached my time in each Whitopia like an anthropologist. I made detailed spreadsheets of all the power brokers in the communities, who I needed to meet, where I needed to be, and I threw myself with gusto in these communities. I went to zoning board meetings, I went to Democratic clubs and Republican clubs. I went to poker nights. In St. George, I rented a home at the Entrada,one of the town's premier gated communities. There were no Motel 6's or Howard Johnsons for me. I lived in Whitopia as a resident, and not like a visitor.

I rented myself this home by phone. (Laughter) (Applause)

Golf is the perfect seductive symbol of Whitopia. When I went on my journey, I had barely ever held a golf club. By the time I left, I was golfing at least three times a week. (Laughter)

Golf helps people bond. Some of the best interviews I ever scored during my trip were on the golf courses. One venture capitalist, for example, invited me to golf in his private club that had no minority members.

I also went fishing. (Laughter) Because I had never fished, this fellow had to teach me how to cast my line and what bait to use.

I also played poker every weekend. It was Texas Hold 'em with a $ 10 buy-in. My poker mates may have been bluffing about the hands that they drew, but they weren't bluffing about their social beliefs. Some of the most raw, salty conversations I ever had during my journey were at the poker table.

I'm a gung ho entertainer. I love to cook, I hosted many dinner parties, and in return, people invited me to their dinner parties, and to their barbecues, and to their pool parties, and to their birthday parties.

But it wasn't all fun. Immigration turned out to be a big issue in this Whitopia. The St. George's Citizens Council on Illegal Immigration held regular and active protests against immigration, and so what I gleaned from this Whitopia is what a hot debate this would become. It was a real-time preview, and so it has become.

Next stop: Almost Heaven, a cabin I rented for myself in Coeur d'Alene, in the beautiful North Idaho panhandle. I rented this place for myself, also by phone. (Laughter)

The book "A Thousand Places To See Before You Die" lists Coeur d'Alene -- it's a gorgeous paradise for huntsmen, boatmen and fishermen.

My growing golf skills came in handy in Coeur d'Alene. I golfed with retired LAPD cops. In 1993, around 11,000 families and cops fled Los Angeles after the L.A. racial unrest, for North Idaho, and they've built an expatriated community. Given the conservatism of these cops, there's no surprise that North Idaho has a strong gun culture. In fact, it is said, North Idaho has more gun dealers than gas stations. So what's a resident to do to fit in? I hit the gun club. When I rented a gun, the gentleman behind the counter was perfectly pleasant and kind, until I showed him my New York City driver's license. That's when he got nervous. I'm not as bad a shot as I thought I might have been.

What I learned from North Idaho is the peculiar brand of paranoia that can permeate a community when so many cops and guns are around.

In North Idaho, in my red pickup truck, I kept a notepad. And in that notepad I counted more Confederate flags than black people. In North Idaho, I found Confederate flags on key chains, on cellphone paraphernalia, and on cars.

About a seven-minute drive from my hidden lake cabin was the compound of Aryan Nations, the white supremacist group. America's Promise Ministries, the religious arm of Aryan Nations, happened to have a three-day retreat during my visit. So I decided to crash it. (Laughter) I'm the only non-Aryan journalist I'm aware of ever to have done so. (Laughter) Among the many memorable episodes of that retreat ... (Laughter) ... is when Abe, an Aryan, sidled up next to me. He slapped my knee, and he said, "Hey Rich, I just want you to know one thing. We are not white supremacists. We are white separatists. We don't think we're better than you, we just want to be away from you." (Laughter)

Indeed, most white people in Whitopia are neither white supremacists or white separatists; in fact, they're not there for explicitly racial reasons at all. Rather, they emigrate there for friendliness, comfort, security, safety -- reasons that they implicitly associate to whiteness in itself.

Next stop was Georgia. In Georgia, I stayed in an exurb north of Atlanta. In Utah, I found poker; in Idaho, I found guns; in Georgia, I found God. (Laughter) The way that I immersed myself in this Whitopia was to become active at First Redeemer Church, a megachurch that's so huge that it has golf carts to escort the congregants around its many parking lots on campus. I was active in the youth ministry. And for me, personally, I was more comfortable in this Whitopia than say, in a Colorado, or an Idaho, or even a suburban Boston. That is because [ there ], in Georgia, white people and black people are more historically familiar to one another. I was less exotic in this Whitopia. (Laughter)

But what does it all mean? Whitopian dreaming, Whitopia migration, is a push-pull phenomenon, full of alarming pushes and alluring pulls, and Whitopia operates at the level of conscious and unconscious bias. It's possible for people to be in Whitopia not for racist reasons, though it has racist outcomes. Many Whitopians feel pushed by illegals, social welfare abuse, minorities, density, crowded schools. Many Whitopians feel pulled by merit, freedom, the allure of privatism -- privatized places, privatized people, privatized things. And I learned in Whitopia how a country can have racism without racists.

Many of my smug urban liberal friends couldn't believe I would go on such a venture. The reality is that many white Americans are affable and kind. Interpersonal race relations -- how we treat each other as human beings -- are vastly better than in my parents' generation. Can you imagine me going to Whitopia 40 years ago? What a journey that would have been. (Laughter) And yet, some things haven't changed. America is as residentially and educationally segregated today as it was in 1970.

As Americans, we often find ways to cook for each other, to dance with each other, to host with each other, but why can't that translate into how we treat each other as communities? It's a devastating irony, how we have gone forward as individuals, and backwards as communities.

One of the Whitopian outlooks that really hit me was a proverbial saying: "One black man is a delightful dinner guest; 50 black men is a ghetto."

One of the big contexts animating my Whitopian journey was the year 2042. By 2042, white people will no longer be the American majority. As such, will there be more Whitopias? In looking at this, the danger of Whitopia is that the more segregation we have, the less we can look at and confront conscious and unconscious bias.

I ventured on my two-year,27,000 mile journey to learn where, why, and how white people are fleeing, but I didn't expect to have so much fun on my journey. (Laughter) I didn't expect to learn so much about myself. I don't expect I'll be living in a Whitopia -- or a Blacktopia, for that matter. I do plan to continue golfing every chance I get. (Laughter) And I'll just have to leave the guns and megachurches back in Whitopia.

Thank you.

(Applause)

想像してみてください 隣人があなたの子供たちに名前で呼びかけ とても眺めが良く 車をわずか20分走らせれば 自分のヨットがある そんな場所 魅力的でしょう?

私は住んでいません (笑) この2年間に約4万キロの旅をして アメリカで急速に発展している 白人の町々を訪れました

ホワイトピア(白人理想郷)って何でしょう? 私は3つの要素で定義しています まず第1に 2000年に比べホワイトピアの人口は 少なくとも6%増加しています 第2に 人口増の多くは 白人移住者によるものです そして3つ目 ホワイトピアは 言葉にできぬような魅力 心地よく見え そして感じるものがあります タトエヨウモナク スッバラシー! (笑)

ホワイトピアの様子を見て なぜ流行るのか知ろうと 私は3か所でそれぞれ数か月生活してみました 最初はユタ州のセント・ジョージ 次にアイダホ州のカーダレーン 最後にジョージア州のフォーサイス郡

最初の滞在地 セント・ジョージは 赤い岩の眺めが素晴らしい町でした 1850年代にブリガム・ヤングが 綿花を育てるために 暖かく乾燥した場所である セント・ジョージに家族を移しました 彼らはそこをユタのディキシーと呼び 現在に至ります どのホワイトピアでも 私はまるで人類学者かのごとく近づきました コミュニティーの有力者全員のリストを作成し どこで誰と会うべきかを決め コミュニティーの中に飛び込んでいきました 地区の有力者の会合に顔を出しました 民主党や共和党の事務所にも行きました 夜はポーカーもしました セント・ジョージではエントラーダに 家を借りました この町きっての 塀で囲まれたコミュニティです 私向けのモーテル6や ハーワード・ジョンソンズは無いので 旅行者としてではなく 住人の様にして暮らしました

この家を電話一本で借りたのです (笑) (拍手)

ゴルフはホワイトピアでは 贅沢の象徴として完ぺきです この旅を始めた頃は ゴルフクラブなんて持っていませんでしたが ここを離れるころには 週に3回はプレイしていましたね (笑)

ゴルフは人々の絆を強めます 旅行中の素晴らしい出会いの いくつかはゴルフ場でのものでした 例えば あるベンチャー投資家は マイノリティをメンバーとして受け入れない 彼が私有するゴルフクラブに 私を招待してくれました

釣りにだって行きました (笑) 釣りなんてしたことが無かったので 竿の振り下ろし方や どんな餌を付けるかまで この方が教えてくれたのです

週末にはいつもポーカーを たしなみました テキサスホールデムポーカーで 参加費は1回10ドルでした ポーカー仲間たちは 手役についてはブラフをかましましたが 社会的信念については 嘘をつきませんでした 私が旅行中に耳にした 最も生々しく きわどい会話は ポーカー台で聞いたものです

私は真のエンターテイナーで 料理好きなので 何度も ディナーパーティーを催しました お返しにと 人々は私を ディナーパーティや バーベキューパーティ プールサイドのパーティ それに 誕生パーティへと 招待してくれました

でも楽しいことだけではありません よそ者が住みつくことは ホワイトピアにとって一大事でした 違法移民を問題視する セント・ジョージ市民評議会が 移住者に対する抗議運動を 繰返し行いました この問題が どれほど熱い議論へ発展するのか このホワイトピアから情報を得ることとなりました 私も目の当たりにしましたし 実際に大問題になりました

次の場所は 『Almost Heaven』(まるで天国のよう) 美しきノース・アイダホにある コーダリーンでは小屋をレンタルしました この場所を 電話一本で 借りたんです (笑)

『死ぬまでに一度は行きたい 世界の1000ヵ所』にも挙げられています ハンティング、ヨットや釣り好きにとって この上ないパラダイスです

ゴルフの腕が少し上がっていたことが コーダリーンでは好都合でした 元ロサンジェルス警察官と ゴルフをしました 1993年に警官とその家族 約11,000人が LAの人種差別騒動の後に ノース・アイダホへ逃れ 共同体を作り上げたのです このような警官たちは保守的なので ノース・アイダホには 銃の文化が 強く根付いていることは 驚くにあたりません 事実 ガソリンスタンドより 銃を売る店が多いと言われています では ここに溶け込むには どうしたら良いでしょう? 銃クラブを思いつきました 銃を借りる時 カウンターの向こうの店員は とても愛想が良く 親切に接してくれましたが それも私がニューヨーク発行の 運転免許証を見せたときまでで 途端に彼は ナーバスになりました 私は自分の射撃の腕程には 悪い奴に 見えないと思っていたのですが…

ノース・アイダホで学んだことは 警察官と銃が溢れる社会において 病的な疑い深さをもった おかしな文化が 根付いていることです

ノース・アイダホ滞在中に 赤いキャンピングカーに置いていた ノートパッドを使って数えてみると 黒人の数よりも 南軍旗の方が 多かったのです ノース・アイダホでは 南軍旗を キーフォルダー、携帯電話、スポーツ用品や車などで 良く見かけました

私が住む湖岸の隠れ小屋から 7分のところには 白人至上主義者による 「アーリア人国家」の 居住区がありました アーリア人国家の宗教団体 「America's Promise Ministries」の 3日間にわたる瞑想会が 偶然 滞在中にあったので 押しかけて行ったのです (笑) 非アーリア人ジャーナリストで 初の暴挙って分かってましたけどね (笑) 瞑想会での思い出深い話は 数多くありますが... (笑) アーリア人のアブラハムが 私の横に寄ってきて 私の膝をピシャリと叩いて こう言ったのです 「リッチ お前に一つ言っておきたいことがある おれたちは白人至上主義者じゃない 白人分離主義者なんだ お前達より優れていると 思っちゃいない ただ一緒に居たくないだけだ」 (笑)

実際のところ ホワイトピアに住む多くの白人は 白人至上主義者でも 白人分離主義者でもなく 人種的な理由で そこにいるのでは決してなく むしろ そこに移り住んできたのは 友情、心地よさ、警備や安全を求め ― つまり 白人同士の繋がりそのものが 理由となっているのです

次はジョージアです アトランタ北部の郊外にある 高級住宅街です ユタではポーカーに興じ アイダホでは銃を手にし ジョージアでは神を見出しました (笑) このホワイトピアに溶け込むために 取った方法は ファースト・リディーマー教会で 積極的に活動することです ここは巨大な教会で 教会のメンバーは 敷地内に数多くある駐車場から ゴルフカートで案内されます 私は青年の部で活動しました 個人的には このホワイトピアでは 例えばコロラドやアイダホのユートピア それにボストン郊外よりも心地よく感じました なぜならば ここジョージアでは 歴史的に白人と黒人が 互いのことをより良く知っていたからです このホワイトピアでは それ程変な奴には見られませんでしたよ (笑)

私の経験は何を意味するのでしょうか? ホワイトピアへの夢つまり移住は プッシュ・プル現象といえます 危険に満ちた状況が白人を外へとプッシュし ホワイトピアの魅惑にプルされる ホワイトピアは意識的、無意識的な偏見がある中で成り立っています ホワイトピアの存在が人種差別的な 結果を生み出しているとしても 差別のために白人が そこに住んでいるのだとは限りません 違法行為、社会福祉の乱用、マイノリティー、過密な人口や 学校の定員オーバーなどが ホワイトピアへと駆り立て 一方 メリットや自由など 私有コミュニティーの魅力 つまり私有する土地で ごく限られた人々が 全てを私有する生活に 惹きつけられていきます 私は国に人種差別主義者がいなくても 人種差別が存在し得ると ホワイトピアで学びました

都会に住む気取ったリベラルな友人たちは 私の冒険を 信じられない様でした 実際のところ 多くの白人系アメリカ人は 愛想が良く親切です 人種を超えた付き合いは ― 人間としてあるべき接し方は 私の両親の世代に比べて とても良くなっています 40年前なら私がホワイトピアに行くなんて 想像できませんよね? どんな旅になっていたことやら (笑) しかし変わらないこともあります アメリカは今でも1970年頃と同じように 住む場所も教育においても 人種によって分離されています

同じアメリカ人として 時々 一緒に料理したり 一緒に踊ったり 招待し合っています しかし こういした行為を地域社会へと広げていくことが なぜ出来ないのでしょう? とんでもない皮肉です 個人のレベルでは 進歩しながら 地域社会においては 退化しているのですから

ホワイトピアの考えを示すこの言葉に 私はショックを受けました 「1人の黒人をディナーに招くのは 楽しくももあるが 50人の黒人といると ゲットーにいるようだ」

私のホワイトピア旅行から 強く思い描いたのは 2042年までに白人は もはや アメリカの多数派でなくなるということです そうなったら もっとホワイトピアが 建設されるのでしょうか? この問題を考えてみると ホワイトピアに潜む危険は 人種の分離が進むにつれて 意識的な また非意識的な偏見という問題が 直視されなくなるということです

2年間におよぶ4万キロの冒険で 白人がどこへ なぜ そしてどの様にして 脱出を図っているかを学びました もっとも こんなに楽しい旅になるとは 思ってもみませんでしたが (笑) 自分自身についても 予想外に多くを学びました だからといって 将来 ホワイトピアだとか ブラックトピアに住もうなんて 考えていません チャンスがある限り ゴルフは絶対に続けようと思いますけどね (笑) ホワイトピアで手にした銃を置き 大教会を去る時間となりました

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画