TED日本語 - ネギン・ファルサド: 「アンチ」を科学的に分類してみよう

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ネギン・ファルサド: 「アンチ」を科学的に分類してみよう

TED Talks

「アンチ」を科学的に分類してみよう
A highly scientific taxonomy of haters
ネギン・ファルサド
Negin Farsad

内容

TEDフェローのネギン・ファルサドは、コメディと社会的な主張を組み合わせて、身の回りの文化的ステレオタイプを巧妙に切り崩そうとしています。トークとスタンダップコメディが融合した爆笑トークを通して、自分が制作したドキュメンタリー『ムスリムが来る!』のことやニューヨーク市都市交通局との攻防、作品の中で出会った様々な「アンチ」の詳細な分析を披露します。彼女はこう言います。「社会主義コメディは最強の武器の1つだと思います。だって社会正義の実現を目指して、戦争とかフィギュアスケートとかいろいろ試みられていますが、それでもまだ不愉快なことがたくさんあるんです。だから、そろそろ気の利いた下ネタの出番じゃないでしょうか。」

Script

I'm an Iranian-American Muslim female, like all of you. And I'm also a social justice comedian, something that I insist is an actual job.

To explain what that is, let me tell you how I got here. I've performed all over the country. And let me tell you, America is majestic, right? It's got breathtaking nature, waffle houses and diabetes as far as the eye can see. It is really something.

Now, the American population can be broken up into three main categories: there's mostly wonderful people, haters and Florida.

(Laughter)

Besides Florida, the most troubling category here are the Haters. They are a minority, but they overcompensate by being extra loud. They have the Napoleon complex of demographics, and yes, some of the men do wear heels.

As a social justice comedian, it's my goal to convert these haters, because they hate a lot of things, which leads to negative outcomes, like racism, violence and Ted Nugent. This is not an exhaustive list; I'm probably missing 3-7 items.

But the point is, we have to reckon with the haters. But there's variance within this group and it's not efficient to go after all of them, right? So what I've done is created a highly scientific Taxonomy of Haters. I basically took all of the haters, I put them in a petri dish, like a scientist, and this is what I found.

(Laughter)

First off, we have the trolls. These are your garden-variety digital haters. They're the people who quit their jobs so they can post on YouTube videos all day long. There's also the drive-by haters. Now, these people will be at a stoplight, they'll wait for the light to turn green and when it does, they yell, "Go back to your own country!" Now back in the day, they would've actually gotten out of their cars and hated you to your face. But they just don't make them like they used to -- which is another sign of the decline in America.

(Laughter)

The next category is the mission-oriented-bigot- whose-group-affiliation- gives-them-cover-for-hating hater. These guys like to hate via a seemingly nice organization, like a church or a nonprofit, and they oftentimes like to speak in an old-timey voice.

But the group I'm most interested in is the swing hater. The swing hater is sister to the swing voter -- they just can't decide! They're like ideological sluts who move from hating to not hating. And they do it because they don't have enough information. This is the group I like to target with social justice comedy. Why comedy? Because on a scale of comedy to brochure, the average American prefers comedy, as you can see from this graph.

(Laughter)

Comedy is very popular. And by the way, this is a mathematically accurate graph, generated from fake numbers.

(Laughter)

Now, the question is: Why does social justice comedy work? Because, first off, it makes you laugh. And when you're laughing, you enter into a state of openness. And in that moment of openness, a good social justice comedian can stick in a whole bunch of information, and if they're really skilled, a rectal exam.

(Laughter)

Here are some ground rules for social justice comedy: first off, it's not partisan. This isn't political comedy, this is about justice, and no one is against justice. Two, it's inviting and warm, it makes you feel like you're sitting inside of a burrito. Three, it's funny but sneaky, like you could be hearing an interesting treatise on income inequality, that's encased in a really sophisticated poop joke.

(Laughter)

Here's how I see social justice comedy working. A few years ago, I rounded up a bunch of Muslim-American comedians -- in a non-violent way --

(Laughter)

And we went around the country to places like Alabama, Arizona, Tennessee, Georgia -- places where they love the Muzzies -- and we did stand-up shows. We called the tour "The Muslims Are Coming!"

(Laughter)

We turned this into a movie, and then after the movie came out, a known hate group spent 300,000 dollars on an anti-Muslim poster campaign with the MTA -- that's the New York City subway system. Now, the posters were truly offensive, not to mentioned poorly designed -- I mean, if you're going to be bigoted, you might as well use a better font.

(Laughter)

But we decided, why not launch our own poster campaign that says nice things about Muslims, while promoting the movie. So myself and fellow comedian Dean Obeidallah decided to launch the fighting-bigotry- with-delightful-posters campaign. We raised the money, worked with the MTA for over 5 months, got the posters approved, and two days after they were supposed to go up, the MTA decided to ban the posters, citing political content.

Let's take a look at a couple of those posters. Here's one. Facts about Muslims: Muslims invented the concept of a hospital. OK. Fact: Grown-up Muslims can do more push-ups than baby Muslims.

(Laughter)

Fact: Muslims invented Justin Timberlake.

(Laughter)

Let's take a look at another one. The ugly truth about Muslims: they have great frittata recipes.

Now clearly, frittatas are considered political by the MTA. Either that, or the mere mention of Muslims in a positive light was considered political -- but it isn't. It's about justice. So we decided to change our fighting-bigortry- with-delightful-posters campaign and turn it into the fighting-bigotry- with-a-delightful-lawsuit campaign.

(Laughter)

So basically, what I'm saying is a couple of dirt-bag comedians took on a major New York City agency and the comedians won.

(Applause and cheers)

Thank you. Victory was a very weird feeling. I was like, "Is this what blonde girls feel like all the time? 'Cause this is amazing!"

(Laughter)

Here's another example. I'm asked everywhere I go: "Why don't Muslims denounce terrorism?" We do. But OK, I'll take the bait. So I decided to launch thedailydenouncer.com. It's a website that denounces terrorism every day of the week, while taking the weekends off. Let's take a look at an example. They generally appear as single-panel cartoons, "I denounce terrorism! I also denounce people who never fill the paper tray!" The point of the website is that it denounces terrorism while recognizing that it's ridiculous that we have to constantly denounce terrorism.

But if bigotry isn't your thing, social justice comedy is useful for all sorts of issues. For example, myself and fellow comedian Lee Camp went to the Cayman Islands to investigate offshore banking. Now, the United States loses something like 300 billion dollars a year in these offshore tax havens. Not to brag, but at the end of every month, I have something like 5-15 dollars in disposable income. So we walked into these banks in the Cayman Islands and asked if we could open up a bank account with eight dollars and 27 cents.

(Laughter)

The bank managers would indulge us for 30-45 seconds before calling security. Security would come out, brandish their weapons, and then we would squeal with fear and run away, because -- and this is the last rule of social justice comedy -- sometimes it makes you want to take a dump in your pants.

Most of my work is meant to be fun. It's meant to generate a connection and laughter. But yes, sometimes I get run off the grounds by security. Sometimes I get mean tweets and hate mail. Sometimes I get voice mails saying that if I continue telling my jokes, they'll kill me and they'll kill my family. And those death threats are definitely not funny.

But despite the occasional danger, I still think that social justice comedy is one of our best weapons. I mean, we've tried a lot of approaches to social justice, like war and competitive ice dancing. But still, a lot of things are still kind of awful. So I think it's time we try and tell a really good poop joke.

Thank you.

(Applause)

私はイラン系アメリカ人で イスラム教徒の女性です みなさんと同じですね また私は「社会正義コメディアン」 誰が何と言おうと これは本物の仕事です

内容を説明するため 経緯をお話ししましょう 私は全国の舞台に立ってきました 確かにアメリカは偉大な国です 息を呑むような自然に ファミレスチェーン 見渡す限りの糖尿病患者 本当にすごいんです

さて アメリカ人は大まかに 3種類に分類できます 大部分が「いい人」 「アンチ」 そして「フロリダ人」

(笑)

フロリダ人を除いて 最も困るのが「アンチ」です 少数派ですが それを補って余りあるほど 騒々しいんです 統計上 人口が少ないので ナポレオン同様「チビの劣等感」があり 靴が本当に上げ底の人もいます

社会正義コメディアンとしての 私の目標は アンチを改心させることです 何でも憎んで 悪影響を及ぼすからです 例えば人種差別や暴力 テッド・ニュージェントなどです これでも全部ではありません 3~7つは見逃しているでしょう

ただ重要なのは アンチを何とかすることです でもグループ内にも違いがあるので 一気に相手にするのは 効率的ではありませんよね そこで私は極めて科学的な アンチの分類法を作りました あらゆるアンチを取り上げて 科学者みたいに シャーレに入れて こんな分類を見つけました

(笑)

まずは「荒らし」 これはよくいるデジタル・アンチで 一日中 YouTubeに投稿するために 仕事を辞めるような人々です それから「辻斬りアンチ」 赤信号で停車していて 信号が変わるまで待ち 青になった瞬間 「自分の国に帰れ」とか叫ぶ人々です かつては 実際に車から降り 面と向かって 憎しみをぶつけてきましたが もう その頃の彼らではありません ここからも アメリカの衰退がわかります

(笑)

次のグループは 「布教活動しつつ偏見を持ってるけど 団体と繋がってるので 一見 それっぽくない」アンチ この人たちは教会やNPOといった 一見善良な組織を通して 憎しみを広めることが得意で 古臭い話し方をしがちです

ただ一番関心があるのは 「浮動アンチ」です この人たちは 選挙の浮動票と同じで 自分で決められません 思想面でフラフラしていて 差別したり しなかったり そうなってしまうのは 情報不足のせいです このグループこそ 社会正義コメディのターゲットなんです では なぜコメディなのか? コメディからチラシまで 評価してみると 標準的なアメリカ人は このグラフの通り コメディが好きだからです

(笑)

かなり人気があります ついでに言うと このグラフは数学的に正しいものです 元の数字はテキトーですが

(笑)

ここで問題になるのは なぜ社会正義コメディに 効果があるのでしょう? 第1に笑いを誘うから そして 笑っている時には 心が開くからです 心が開けば 優れた社会正義コメディアンなら そこに大量の情報を突っ込めるし 本当に腕が良ければ 直腸検査までできます

(笑)

さて社会正義コメディには 基本原則がいくつかあります まずは特定の政党を支持しないこと これは政治コメディではなく 正義に関するものだし 正義には誰も反対しません 2つ目はオープンで暖かみがあること ブリトーの中にいる様な 気持ちにすることです 3つ目は笑えるけれど 目立たないこと 例えば所得格差に関する 興味深い話が 極めて洗練された 下ネタの中に隠されている ことだってあります

(笑)

私が考える効果的な 社会正義コメディを紹介しましょう 数年前 私はイスラム系アメリカ人 コメディアンを大勢 集めました 暴力は使ってません

(笑)

そして国内を回りました アラバマ、アリゾナ、テネシー、ジョージアといった 「ムスリム大好き人間」が集まる場所で コメディ・ショーをやったんです ツアーのタイトルは 『ムスリムがやって来る!』

(笑)

その様子を映画にして 公開されるやいなや ある有名なヘイトグループが 30万ドルを投じて MTA ニューヨーク市都市交通局と共に 反イスラム ポスター・キャンペーンを始めました 本当に不愉快なポスターで 当然デザインも最低 だって そんなにこだわりたいなら マシなフォントを使えばいいでしょう

(笑)

私たちもポスター・キャンペーンを 始めたらどうかと考えました 映画の宣伝をしつつ ムスリムの良さを 広めるんです 私とコメディアン仲間のD・オビダラーは 「偏見と戦う 愉快なポスターキャンペーン」をすることにしました お金を集めて5か月以上に渡って MTAと交渉を続け ポスターの承認を受けましたが 掲示予定日を2日過ぎた時 MTAは中止の決定を下しました 内容が「政治的」だというんです

ここで何枚か見てみましょう これです 「ムスリムに関する事実: ムスリムは『病院』の概念を発明」 これはいいでしょう 「事実: ムスリムは赤ちゃんより大人の方が たくさん腕立て伏せができる」

(笑)

「事実: ムスリムは ジャスティン・ティンバーレイクを発明」

(笑)

もう一つご覧ください 「ムスリムの恐ろしい真実: 彼らはおいしいオムレツの レシピを持っている」

MTAはオムレツを 政治的だと捉えたようです ムスリムを肯定的に表しただけで 「政治的」とされましたが それは違います これは「正義」の問題なんです そこで私たちは 「偏見と戦う 愉快なポスターキャンペーン」を 「偏見と戦う 愉快な裁判キャンペーン」に 変えることにしました

(笑)

そして 簡単に言うと 最凶のコメディアン数人が NYの大きな機関を相手取って コメディアンが勝ったんです

(拍手喝采)

ありがとう 勝ってみて とても変な気分になりました 私は思いました 「ブロンドの娘は いつもこんな気分なの? 気に入ったわ!」

(笑)

もう一つ紹介しましょう どこへ行っても こう聞かれます 「なぜムスリムはテロを非難しないのか?」 実際はしてるんですが ここは釣られましょう 私は thedailydenouncer.com を 立ち上げることにしました これは毎日テロを非難する ウェブサイトです ただ土日は休みです 内容を見てください 普段は1コマまんがを掲載しています 「テロを非難する! プリンタ用紙を補充しない奴らも!」 このサイトで強調したいのは テロは非難しても 実際問題 毎日延々と非難し続けるなんて バカげているという点です

ところで 偏見には関心がなくても あらゆる問題に役立つのが 社会正義コメディです 私とコメディアン仲間の リー・キャンプは ケイマン諸島に行って オフショア金融を調査しました アメリカは タックスヘイブンのせいで 年間およそ3兆ドルを 失っています 自慢じゃないですが 私は毎月 月末には 5~15ドルの可処分所得があります だからケイマン諸島の いろいろな銀行に行って 銀行口座を開けるか尋ねて回りました 資金は8ドル27セントです

(笑)

どの支店長も30~45秒猶予をくれて それから警備を呼びました 武器を振り回しながら 警備員が現れると 私たちは恐怖の悲鳴をあげながら 逃げ出すんです これが社会正義コメディの 最後の原則です だって 大を漏らすほど ビビることもありますから

大体のネタは笑いを狙っています 人同士のつながりと笑いを 生み出そうとしているんです 確かに 警備員に 追い出されることもあります 酷いツイートやヘイトメールを 受け取ることもあります こんなボイスメールが 来ることもあります 「ジョークを言い続けるなら お前も家族も殺す」 こんな脅迫は 冗談では済みません

ただ 時々危険な目には遭っても 社会主義コメディは 最強の武器の1つだと思います だって社会正義の実現を目指して 戦争とか フィギュアスケートとか いろいろ試みられていますが それでも まだ不愉快なことが たくさんあるんです だから そろそろ気の利いた 下ネタの出番じゃないでしょうか

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画