TED日本語 - ネーハ・ナルラ: 貨幣の未来

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ネーハ・ナルラ: 貨幣の未来

TED Talks

貨幣の未来
The future of money
ネーハ・ナルラ
Neha Narula

内容

物を売買し、支払う方法に何が起きているのでしょうか?おそらく銀行や両替商の必要性が無くなっているのかもしれません。これはビットコインやイーサリアムのような、仮想通貨の力で支えられた世界が到来するという過激な約束です。我々はまだそこには辿り着いていませんが、デジタル通貨の研究家であるネーハ・ナルラは、この生き生きとしたトークで、集団による虚構である貨幣について説明し、これによって大きく変貌する未来図を描いて見せます。

Script

I want to tell you about the future of money. Let's start with a story about this culture that lived in Micronesia in the early 1900s, called the Yap. Now, I want to tell you about the Yap because their form of money is really interesting. They use these limestone discs called Rai stones. Now, the Yap don't actually move these Rai stones around or exchange them the way we do with our coins, because Rai stones can get to be pretty massive. The largest is about four tons and 12 feet across. So the Yap just keep track of who owns part of what stone.

There's a story about these sailors that were transporting a stone across the ocean when they ran into some trouble and the stone actually fell in. The sailors got back to the main island and they told everyone what had happened. And everyone decided that, actually, yes, the sailors had the stone and -- why not? -- it still counted. Even though it was at the bottom of the ocean, it was still part of the Yap economy.

You might think that this was just a small culture a hundred years ago. But things like this happen in the Western world as well, and the Yap actually still use a form of these stones.

In 1932, the Bank of France asked the United States to convert their holdings from dollars into gold. But it was too inconvenient to think about actually shipping all of that gold over to Europe. So instead, someone went to where that gold was being stored and they just labeled it as belonging to France now. And everyone agreed that France owned the gold. It's just like those Rai stones.

The point I want to make with these two examples is that there's nothing inherently valuable about a dollar or a stone or a coin. The only reason these things have any value is because we've all decided they should. And because we've decided that, they do. Money is about the exchanges and the transactions that we have with each other. Money isn't anything objective. It's about a collective story that we tell each other about value. A collective fiction. And that's a really powerful concept.

In the past two decades, we've begun to use digital money. So I get paid via direct deposit, I pay my rent via bank transfer, I pay my taxes online. And every month, a small amount of money is deducted from my paycheck and invested in mutual funds in my retirement account. All of these interactions are literally just changing 1's and 0's on computers. There's not even anything physical, like a stone or a coin. Digital money makes it so that I can pay someone around the world in seconds.

Now when this works, it's because there are large institutions underwriting every 1 or 0 that changes on a computer. And when it doesn't, it's often the fault of those large institutions. Or at least, it's up to them to fix the problem. And a lot of times, they don't. There's a lot of friction in the system. How long did it take the US credit card companies to implement chip and pin? Half my credit cards still don't work in Europe. That's friction. Transferring money across borders and across currencies is really expensive: friction. An entrepreneur in India can set up an online business in minutes, but it's hard for her to get loans and to get paid: friction. Our access to digital money and our ability to freely transact is being held captive by these gatekeepers. And there's a lot of impediments in the system slowing things down.

That's because digital money isn't really mine, it's entries in databases that belong to my bank, my credit card company or my investment firm. And these companies have the right to say "no." If I'm a PayPal merchant and PayPal wrongly flags me for fraud, that's it. My account gets frozen, and I can't get paid.

These institutions are standing in the way of innovation. How many of you use Facebook photos, Google Photos, Instagram? My photos are everywhere. They are on my phone, they're on my laptop, they're on my old phone, they're in Dropbox. They're on all these different websites and services. And most of these services don't work together. They don't inter-operate. And as a result, my photo library is a mess.

The same thing happens when institutions control the money supply. A lot of these services don't inter-operate, and as a result, this blocks what we can do with payment. And it makes transaction costs go up. So far, we've been through two phases of money. In an analog world, we had to deal with these physical objects, and money moved at a certain speed -- the speed of humans. In a digital world, money can reach much farther and is much faster, but we're at the mercy of these gatekeeper institutions. Money only moves at the speed of banks.

We're about to enter a new phase of money. The future of money is programmable. When we combine software and currency, money becomes more than just a static unit of value, and we don't have to rely on institutions for security. In a programmable world, we remove humans and institutions from the loop. And when this happens, we won't even feel like we're transacting anymore. Money will be directed by software, and it will just safely and securely flow.

Cryptocurrencies are the first step of this evolution. Cryptocurrencies are digital money that isn't run by any government or bank. It's money designed to work in a world without intermediaries. Bitcoin is the most ubiquitous cryptocurrency, but there are hundreds of them. There's Ethereum, Litecoin, Stellar, Dogecoin, and those are just a few of the more popular ones. And these things are real money. The sushi restaurant down my street takes Bitcoin. I have an app on my phone that I can use to buy sashimi. But it's not just for small transactions. In March, there was a transaction that moved around 100,000 bitcoins. That's the equivalent of 40 million US dollars.

Cryptocurrencies are based on a special field of mathematics called cryptography. Cryptography is the study of how to secure communication, and it's about two really important things: masking information so it can be hidden in plain sight, and verifying a piece of information's source. Cryptography underpins so many of the systems around us. And it's so powerful that at times the US government has actually classified it as a weapon.

During World War II, breaking cryptosystems like Enigma was critical to decoding enemy transmissions and turning the tide of the war. Today, anyone with a modern web browser is running a pretty sophisticated cryptosystem. It's what we use to secure our interactions on the Internet. It's what makes it safe for us to type our passwords in and to send financial information to websites. So what the banks used to give us -- trustworthy digital money transfer -- we can now get with a clever application of cryptography. And this means that we don't have to rely on the banks anymore to secure our transactions. We can do it ourselves.

Bitcoin is based on the very same idea that the Yap used, this collective global knowledge of transfers. In Bitcoin, I spend by transferring Bitcoin, and I get paid when someone transfers Bitcoin to me.

Imagine that we had this magic paper. So the way that this paper works is I can give you a sheet of it and if you write something on it, it will magically appear on my piece as well. Let's say we just give everyone this paper and everyone writes down the transfers that they're doing in the Bitcoin system. All of these transfers get copied around to everyone else's pieces of paper. And I can look at mine and I'll have a list of all of the transfers that are happening in the entire Bitcoin economy. This is actually what's happening with the Bitcoin blockchain, which is a list of all of the transactions in Bitcoin. Except, it's not done through paper. It's done through computer code, running on thousands of networked computers around the world. All of these computers are collectively confirming who owns what Bitcoin. So the Bitcoin blockchain is core to how Bitcoin works.

But where do bitcoins actually come from? Well, the code is designed to create new Bitcoin according to a schedule. And the way that it works is that to get those Bitcoin, I have to solve a puzzle -- a random cryptographic puzzle. Imagine that we had 15 dice, and we were throwing these dice over and over again. Whenever the dice come up all sixes, we say that we win. This is very close to what these computers are all actually doing. They're trying over and over again to land on the right number. And when they do, we say that they've solved the puzzle.

The computer that solves the puzzle publishes its solution to the rest of the network and collects its reward: new bitcoins. And in the act of solving this puzzle, these computers are actually helping to secure the Bitcoin blockchain and add to the list of transactions.

There are actually people all over the world running this software, and we call them Bitcoin miners. Anyone can become a Bitcoin miner. You can go download the software right now and run it in your computer and try to collect some bitcoins. I can't say that I would recommend it, because right now, the puzzle is so hard and the network is so powerful, that if I tried to mine Bitcoin on my laptop, I probably wouldn't see any for about two million years. The miners, professional miners, use this special hardware that's designed to solve the puzzle really fast. Now, the Bitcoin network and all of this special hardware, there are estimates that the amount of energy it uses is equivalent to that of a small country. So, the first set of cryptocurrencies are a little bit slow and a little bit cumbersome. But the next generation is going to be so much better and so much faster.

Cryptocurrencies are the first step to a world with a global programmable money. And in a world with programmable money, I can pay anyone else securely without having to sign up or ask permission, or do a conversion or worry about my money getting stuck. And I can spend money around the world. This is a really amazing thing. It's the idea of permission-less innovation. The Internet caused an explosion of innovation, because it was built upon an open architecture. And just like the Internet changed the way we communicate, programmable money is going to change the way we pay, allocate and decide on value.

So what kind of world does programmable money create? Imagine a world where I can rent out my healthcare data to a pharmaceutical company. They can run large-scale data analysis and provide me with a cryptographic proof that shows they're only using my data in a way that we agreed. And they can pay me for what they find out. Instead of signing up for streaming services and getting a cable bill, what if my television analyzed my watching habits and recommended well-priced content that fit within my budget that I would enjoy? Imagine an Internet without ads, because instead of paying with our attention when we view content, we just pay.

Interestingly, things like micro-payments are actually going to change the way security works in our world, because once we're better able to allocate value, people will use their money and their energies for more constructive things. If it cost a fraction of a cent to send an email, would we still have spam?

We're not at this world yet, but it's coming. Right now, it's like we're in a world that is seeing the first automobile. The first cryptocurrency, like the first car, is slow and hard to understand and hard to use. Digital money, like the horse and carriage, works pretty well, and the whole world economy is built on it. If you were the first person on your block to get a car with an internal combustion engine, your neighbors would probably think you were crazy: "Why would you want this large, clunky machine that breaks down all the time, that lights on fire, and is still slower than a horse?" But we all know how that story turns out.

We're entering a new era of programmable money. And it's very exciting, but it's also a little bit scary. Cryptocurrencies can be used for illegal transactions, just like cash is used for crime in the world today. When all of our transactions are online, what does that mean for surveillance -- who can see what we do? Who's advantaged in this new world and who isn't? Will I have to start to pay for things that I didn't have to pay for before? Will we all become slaves to algorithms and utility functions?

All new technology comes with trade-offs. The Internet brought us a lot of ways to waste time. But it also greatly increased productivity. Mobile phones are annoying because they make me feel like I have to stay connected to work all the time. But they also help me stay connected to friends and family. The new sharing economy is going to eliminate some jobs. But it's also going to create new, flexible forms of employment. With programmable money, we decouple the need for large, trusted institutions from the architecture of the network. And this pushes innovation in money out to the edges, where it belongs. Programmable money democratizes money. And because of this, things are going to change and unfold in ways that we can't even predict.

Thank you.

(Applause)

貨幣の未来について お話ししようと思います まずはミクロネシアにある ヤップという島の 1900年代前半における 貨幣の文化についてお話します なぜヤップについて お話しするかというと その貨幣の形態が とても興味深いからです 彼らはライ・ストーンという 石灰岩でできた円盤を使っていました ヤップ人は ライ・ストーンを持ち歩いたり 我々がやるような方法で 貨幣を交換しません ライ・ストーンはとても重いからです 最も大きいものは4トンで 3.6メートルほどの大きさがあります だからヤップ人は石のどの部分が 誰のものか記録しているだけなのです

ヤップの船乗りたちが 海を渡って石を運ぼうとしたときに トラブルに巻き込まれ 石を落としてしまいました 船乗りたちは本土に戻り 起きたことを皆に伝えました 皆は ― そうなんです ― 船乗りたちが石を持っているとし 資産として認めたのです 石は海の底に沈んでしまったのですが なおもヤップの経済の一部なのです

皆さんは これは100年前の 小さな文化でのことに 過ぎないと思うかもしれません しかし この様なことが 西側世界で起きており また ヤップ人は今でも このようにして石を使っています

1932年 フランス銀行は 合衆国に対し 保有株の対価をドルから 金に換算して支払うことを要求しました しかし 全ての金を ヨーロッパまで実際に輸送することは あまりにも不都合でした そこで 金が保管されている場所に 人を派遣し 「現在 フランスの所有物」との ラベルを張り付けるだけに留めました そしてフランスが保有する金であると 皆が認めたのです ライ・ストーンとそっくりです

この2つの例で お伝えしたかったのは ドルであれ 石であれ 貨幣であれ それ自体には 固有の価値は 無いということです 価値があるとみなされる 唯一の理由は 人々が それらに価値があると 決めたからです そう決めたから そうみなすだけのことです 貨幣とは交換したり 互いが持っているものを 取引する手段です 貨幣そのものは 客観的価値はありません 集団が互いに価値を 伝えるための手段です 集団が作り上げた虚構です そして とても強力な概念なのです

ここ20年の間に デジタルマネーが 使われるようになりました 私は口座引き落としで 支払いをしたり 賃貸料を口座振替で払ったり 税金をオンラインで支払ったりします 毎月 少額のお金が私の給料から 直接差し引かれ 老後の資金として 投資信託で積立てています このような取引は全て 文字通り コンピュータ上で 1と0を書き換えているだけです 石やコインのような 物理的な存在はありません デジタルマネーは 世界中の誰に対しても 一瞬での支払いを可能にします

このやりとりは 主要銀行が コンピュータ上で変化する1、0に応じた 支払いを保証しているからです これが上手く機能しないと しばしば このような主要銀行の 責任が問われます 少なくとも 銀行側が 問題を修復しなければなりません 問題は頻繁に発生しています システムの不都合が度々起こります 米国のクレジットカード会社が ICチップを導入するのに どれほどの時間が 掛かったことでしょうか? 私が保有するクレジットカードの半数は 欧州で使えません これが不都合の一例です お金を他国に また異なる通貨で 送金することは とても費用が掛かります 不都合です インドの企業家は オンラインビジネスを 短時間で立ち上げることが出来ますが ローンを組んだり 支払いを 受けたりすることは簡単ではありません 不都合です デジタルマネーを使って 自由な取引を行うことが 銀行の管理者によって 制限されています システム上の多くの制限が 取引の速度を遅らせています

それは デジタルマネーが 私の自由にはならず アクセスするデータベースが 銀行や クレジットカード会社や 投資銀行に属しているからです そして これらの会社は 「no」と言う権利をもっています 私がPayPalを利用して 商売を行っても PayPalが私を 詐欺師であると誤認すれば それまでです 私の口座は凍結され 支払いを受けられません

これらの銀行が 革新を妨げています 多くの人が写真を扱うのに フェイスブックや Googleフォトや インスタグラムを使っていますね? 私の写真は 様々な場所に保存されています 携帯やラップトップ 旧型の携帯 Dropboxなどです 様々なウェブ上やサービス上に 保存されています これらのサービスは 一体化しておらず 相互に行き来させることはできません その結果として 私の写真ライブラリは 整理がついていません

同じようなことが 銀行が貨幣の供給を 管理する時に起きています これらのサービスの多くが 相互運用をしておらず その結果として 支払いに支障をきたしています 取引のコストが上昇します 今までは我々は 2つのタイプの貨幣を使ってきました アナログな世界では 物理的な物体を使い 貨幣が移動する速度は 人間が動く速度そのものでした デジタルの世界の貨幣は ずっと遠くまで ずっと速く届けられます しかし それは銀行という門番の 思いのままになっています 貨幣のやりとりは 銀行の処理速度でなされます

貨幣は新しい時代に 入ろうとしています 未来の貨幣は プログラムすることが可能です ソフトウエアと通貨を 融合することによって 貨幣は 価値を表す変動のない 単なる単位以上の意味を持ち 保全のために銀行に 頼る必要がありません プログラムが可能な世界では 取引において人と銀行の手を 介することがなくなります これが実現すれば 取引をする手間さえ 感じなくなることでしょう 貨幣の動きはソフトウエアが担い 安全に確実な流れで やりとりされます

仮想通貨は進化の第一歩となります 仮想通貨は 政府や銀行が介在しない デジタルマネーです 仲介者が不在の世界で 機能するように設計されています ビットコインは最も広く普及している 仮想通貨ですが 仮想通貨には 何百もの種類があります イーサリアム、ライトコイン、ステラ、ドージコイン これらは人気のある仮想通貨の ほんの一例に過ぎません これらは 本物の貨幣として 通えます 私が通る街角の寿司レストランでも ビットコインが使えます 携帯のアプリで 刺身を買うこともできます しかし そんな少額の 取引だけではありません この3月には10万ビットコインの 取引がありました これは約40億円に相当します

仮想通貨は暗号理論という 数学のある一分野に 基礎を置いています 暗号理論は通信の安全性を 確保するための学問で とても重要なポイントが2つあります パッと見ただけでは解らないように 情報を隠蔽できることと 情報元を検証できることです 暗号理論は 日常において 様々なシステムを支えています あまりにも重要性が高いので 合衆国政府が 武器として扱った時もありました

第二次世界大戦中 「エニグマ」などの 暗号システムを打ち破ることは 敵の通信内容を解読する上で決定的に重要で 戦争の流れすら支配しました 今では 最新のウェブ・ブラウザーを使うことで とても洗練された 暗号化システムを 使っていることになります インターネット上の通信の 安全性の確保に用いられています パスワードを入力したり お金に関する情報の ウェブサイトへの送信を安全にします これまで銀行は 信頼性の高い ― デジタルマネーの送金手段を 提供してきましたが 今では 暗号理論を スマートに応用して使うことができます このことは安全な送金を行うのに もはや銀行に頼る必要が ― ないことを意味しています 自分たち自身でやりとりできるのです

ビットコインの仕組みは ヤップの貨幣の概念にとても似ています 集団全体が送金を 把握しているということです ビットコインの世界では ビットコインの送信で支払いとし ビットコインの受信で 対価の受け取りがなされます

魔法の紙を想像してみましょう その仕組みは ― 私があなたに1枚の紙を渡し それにあなたが何かを書き込むと 同じ内容が 魔法のように 私の紙にも現れるのです 皆がこのような紙を 与えられているとし 誰かが ビットコインのシステム上で 送金内容を書き込むと 全ての送金内容が 全員の紙に複写されるといったことです 私の紙を見てみると ビットコイン社会全体の 全ての送金記録を 知ることができます このようにしてビットコインの ブロックチェーン(分散型ネットワーク)では 全ての送金を記述しています ただ違いがあって 紙の上で処理するのではなく コンピュータ・プログラムが ネットでつながる世界中の 無数のコンピュータ上で この処理をします これらの全てのコンピュータが 全体として ビットコインの保有者を確証します つまりビットコイン・ブロックチェーンが 中枢機能を果たしています

ではビットコインは 一体どこで鋳造されるのでしょうか? スケジュールに従って 新たなビットコインを生み出すように プログラムが書かれています このビットコインを入手する方法として 乱数的な暗号パズルを 解くことがあります 15個のサイコロがあって これらを何度も何度も 振ることを想像してみましょう 全てのサイコロの目が6になった時 「当たり」とみなします これと似たような事を これらのコンピュータが実行しています 正しい数字になるまで 何度も何度も試行します そして「当たる」と パズルが解けたことになります

パズルを解いたプログラムは ネットワーク上の他のコンピュータに 解を公表し その見返りとして 新しいビットコインを受け取ります このパズルを解くことにより コンピュータはビットコインの ブロックチェーンの安全性を裏打ちし 取引リストに加えていきます

このソフトを走らせている人々は 世界中にいます これを ビットコインの採掘と言います 誰でもビットコインを採掘できます 皆さんも今すぐにソフトを ダウンロードして 自分のコンピュータで ビットコインの取得を試すことができます でもお勧めはしません なぜなら 今ではパズルはとても難解で 強力なネットワークがあるので 私がラップトップ上で 採掘しようとしても 2百万年もの間 何も得ることはないでしょう プロのマイナーたちは パズルを とても高速で解くように設計された 特別なハードウェアを使っています 今では ビットコインのネットワーク通信と これらの特殊なハードウェアが 消費するエネルギーは 1つの小さな国の消費量に 相当すると見積もられています 第一世代の仮想通貨は 動作がやや遅く 少し手間もかかりましたが 次世代のものはずっと使い勝手が良く 高速になってきています

仮想通貨は プログラム可能な貨幣が ― 流通する世界への 最初のステップとなります プログラム可能な貨幣が 流通する世界では 署名したり 許可を求めたり 換算したりすることなく 安全に支払いをすることが可能で また貨幣の置き場所に 憂慮することもありません そして世界中で 使用することができます これは とても素晴らしいことです 許可を求めることが不要な 技術改革という概念です インターネットは 爆発的な技術改革を産み出しました オープンなシステム構成のおかげです インターネットが コミュニケーションのあり方を変えたように プログラム可能な貨幣は 支払方法や 価値の配分と決定方法を 変えていきます

プログラム可能な貨幣は どんな世界を創造するのでしょうか? ヘルスケアに関するデータを 製薬会社に有償提供するといったことを 想像してみましょう 彼らは大規模なデータ分析を行い 合意された目的だけに データを使用したことの裏付けを 暗号理論により示します 彼らは発見したことに対する 対価を支払います ストリーミング・サービスに ログインして 請求書を受け取るのではなく テレビが私の好みを分析し 予算の範囲で楽しめそうな 適正な価格のコンテンツを 提示してくれたら? 広告の表示されない ネットのページを想像してみて下さい コンテンツを見るときに 広告に目を向けさせられることなく 単に支払う仕組みです

面白いことに このような少額決済は この世における安全確保のあり方を 変えていきます なぜならば 一旦 価値を上手く配分できるようになると 人々はお金やエネルギーを もっと建設的なことに 振り向けることが 出来るようになるからです 電子メールの送信に1セント未満とはいえ 有料になれば スパムメールは存続するでしょうか?

まだそのような世の中には なっていませんが やがてそうなるでしょう 今は車が初めて世に登場した 時のような状態で 最初の仮想通貨は 初めて登場した車のように 低速で 理解しにくく 扱いにくいものです デジタルマネーは 馬や車のように速さがあって とても首尾よく機能しており 世界中の経済が その上で成り立っています もしあなたが あなたの住む居住区で 内燃機関エンジンを搭載する車の 最初の保有者となったとすると 近所の人に 変な目で見られるかもしれません 「何で バカでかく うるさい音を立て しょっちゅう故障し 火花を散らすのにも関わらず 馬より遅いものを 欲しがるんだ?」 でも 車と馬がその後どうなったかは ご存知の通りです

プログラム可能な貨幣は 新たな時代に入りました とてもワクワクしますが 少し心配ごともあります 仮想通貨は 不法な取引にも使われるかもしれません 現代の車が 犯罪に使われることがあるのと同じです 全ての取引がオンライン化されると 監視はどうなるのでしょう 誰が取引を監視できるのでしょう? この仕組みで得する人と そうでない人とは? 今まで支払う必要がなかったことにも 支払いが必要になるのでしょうか? 我々はアルゴリズムと効用関数による評価の 奴隷になってしまうのでしょうか?

どんな新しい技術にも トレードオフがあります インターネットのせいで 無駄に過ごす時間が随分増えましたが 生産性もとても向上しました 携帯電話は煩わしいこともあります いつでも業務待機中であるかのような 気にさせられるからです しかし 友人や家族と いつだって連絡できます 新しいシェアリングエコノミー(共有型経済)が 一部の仕事を奪っています 一方で 新たな柔軟性のある 雇用を創出することでしょう プログラム可能な貨幣により 信用力のある主要銀行の必要性を ネットワークの仕組みから 切り離します このことが 貨幣の改革を 最前線へと進めていきます プログラム可能な貨幣は 貨幣を民主的にします そのお陰で 物事は 想像もつかないやり方で 変化し 展開していきます

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画