TED日本語 - クリスティアナ・フィゲレス: 2015年「パリ協定」に至るまでの歩みと裏話

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - クリスティアナ・フィゲレス: 2015年「パリ協定」に至るまでの歩みと裏話

TED Talks

2015年「パリ協定」に至るまでの歩みと裏話
The inside story of the Paris climate agreement
クリスティアナ・フィゲレス
Christiana Figueres

内容

自分の仕事が地球を救うことだと言われたら、どうしますか?2015年12月開催の国連気候変動パリ会議(COP21)を率いる役目に任命されたとき、クリスティアナ・フィゲレス事務局長は当初、誰にでもありがちな反応をしました。195ヶ国のリーダー達をまとめ、温暖化対策の合意にこぎつけることは不可能だと考えたのです。フィゲレス事務局長がどのようにして、自身の疑う心を楽観に切り変え、気候に関する歴史上最も重要な合意の世界的な達成に貢献するまでに至ったか、お聞きください。

Script

I have one more reason for optimism: climate change. Maybe you don't believe it, but here is the fact.

On December 12,2015, in Paris, under the United Nations,195 governments got together and unanimously -- if you've worked with governments, you know how difficult that is -- unanimously decided to intentionally change the course of the global economy in order to protect the most vulnerable and improve the life of all of us. Now, that is a remarkable achievement.

(Applause)

But it is even more remarkable if you consider where we had been just a few years ago. 2009, Copenhagen. Who remembers Copenhagen? Well, after years of working toward a climate agreement, the same governments convened in Copenhagen and failed miserably.

Why did it fail miserably? For many different reasons, but primarily because of the deeply entrenched divide between the global North and the global South. So now,six months after this failure, I was called in to assume the responsibility of the global climate change negotiations. You can imagine, the perfect moment to start this new job. The global mood on climate change was in the trash can. No one believed that a global agreement could ever be possible. In fact, neither did I. If you promise not to tell anyone outside of this wonderful TED audience, I'm going to divulge a secret that has been gratefully buried by history. On my first press conference, a journalist asked, "Um, Ms. Figueres, do you think that a global agreement is ever going to be possible?" And without engaging brain, I heard me utter, "Not in my lifetime." Well, you can imagine the faces of my press team who were horrified at this crazy Costa Rican woman who was their new boss. And I was horrified, too. Now, I wasn't horrified at me, because I'm kind of used to myself. I was actually horrified at the consequences of what I had just said, at the consequences for the world in which all our children are going to have to live. It was frankly a horrible moment for me, and I thought, well, no, hang on, hang on. Impossible is not a fact, it's an attitude. It's only an attitude. And I decided right then and there that I was going to change my attitude and I was going to help the world change its attitude on climate change.

So I don't know -- No, just this? Thanks. I don't know -- what you would do if you were told your job is to save the planet. Put that on the job description. And you have full responsibility, but you have absolutely no authority, because governments are sovereign in every decision that they take.

Well, I would really love to know what you would do on the first Monday morning, but here's what I did: I panicked.

(Laughter)

And then I panicked again, because I realized I have no idea how we're going to solve this problem. And then I realized I have no idea how we're going to solve this problem, but I do know one thing: we have got to change the tone of this conversation. Because there is no way you can deliver victory without optimism.

And here, I use optimism as a very simple word, but let's understand it in its broader sense. Let's understand it as courage, hope, trust, solidarity, the fundamental belief that we humans can come together and can help each other to better the fate of mankind. Well, you can imagine that I thought that without that, there was no way we were going to get out of the paralysis of Copenhagen. And for six years, I have stubbornly, relentlessly injected optimism into the system, no matter what the questions from the press -- and I have gotten better at those -- and no matter what the evidence to the contrary. And believe you me, there has been a lot of contrary evidence. But relentless optimism into the system.

And pretty soon, we began to see changes happening in many areas, precipitated by thousands of people, including many of you here today, and I thank you. And this TED community will not be surprised if I tell you the first area in which we saw remarkable change was ... technology. We began to see that clean technologies, in particular renewable energy technologies, began to drop price and increase in capacity, to the point where today we are already building concentrated solar power plants that have the capacity to power entire cities, to say nothing of the fact of what we are doing on mobility and intelligent buildings. And with this shift in technologies, we were able to begin to understand that there was a shift in the economic equation, because we were able to recognize that yes, there are huge costs to climate change, and yes, there are compounded risks. But there also are economic advantages and intrinsic benefits, because the dissemination of the clean technologies is going to bring us cleaner air, better health, better transportation, more livable cities, more energy security, more energy access to the developing world. In sum, a better world than what we have now.

And with that understanding, you should have witnessed, in fact, part of you were, the spread of ingenuity and excitement that went through, first through nonnational governments, the private sector, captains of industry, insurance companies, investors, city leaders, faith communities, because they all began to understand, this actually can be in their interest. This can actually improve their bottom line.

And it wasn't just the usual suspects. I have to tell you I had the CEO of a major, major oil and gas company come to me at the beginning of last year and say -- privately, of course -- he did not know how he was going to change his company, but he is going to change it, because he's interested in long-term viability. Well, now we have a shift in the economic equation, and with that, with broader support from everyone, it did not take very long before we saw that national governments woke up to the fact that this is in their national interest. And when we asked countries to begin to identify how they could contribute to global efforts but based on their national interest,189 countries out of 195,189 countries sent their comprehensive climate change plans, based on their national interest, concurrent with their priorities, consistent with their national sustainable development plans.

Well, once you protect the core interests of nations, then you can understand that nations were ready to begin to converge onto a common path, onto a common direction of travel that is going to take us probably several decades, but over those several decades is going to take us into the new economy, into a decarbonized, highly resilient economy, And the national contributions that are currently on the table on behalf of national governments are insufficient to get us to a stabilized climate, but they are only the first step, and they will improve over time. And the measurement, reporting and verification of all of those efforts is legally binding. And the checkpoints that we're going to have every five years to assess collective progress towards our goal are legally binding, and the path itself toward a decarbonized and more resilient economy is legally binding.

And here's the more important part: What did we have before? A very small handful of countries who had undertaken very reduced, short-term emission reduction commitments that were completely insufficient and furthermore, largely perceived as a burden. Now what do we have? Now we have all countries of the world contributing with different intensities from different approaches in different sectors, but all of them contributing to a common goal and along a path with environmental integrity. Well, once you have all of this in place and you have shifted this understanding, then you see that governments were able to go to Paris and adopt the Paris agreement.

(Applause)

So, as I look back over the past six years, first I remember the day the Paris agreement was adopted. I can not tell you the euphoria in the room. 5,000 people jumping out of their seats, crying, clapping, screaming, yelling, torn between euphoria and still disbelief at what they had just seen, because so many people had worked for years towards this, and this was finally their reality.

And it wasn't just those who had participated directly. A few weeks ago, I was with a colleague who was trying to decide on a Tahitian pearl that he wanted to give to his wonderful wife Natasha. And once he had finally decided what he was going to buy, the jeweler said to him, "You know, you're very lucky that you're buying this now, because these pearls could go extinct very soon because of climate change." "But," the jeweler said, "have you heard, the governments have just come to a decision, and Tahiti could have a chance." Well, what a fantastic confirmation that perhaps, perhaps here is hope, here is a possible chance. I'm the first one to recognize that we have a lot of work still to do. We've only just started our work on climate change. And in fact, we need to make sure that we redouble our efforts over the next five years that are the urgent five years. But I do believe that we have come over the past six years from the impossible to the now unstoppable. And how did we do that? By injecting transformational optimism that allowed us to go from confrontation to collaboration, that allowed us to understand that national and local interests are not necessarily at odds with global needs, and that if we understand that, we can bring them together and we can merge them harmoniously.

And as I look forward to other global issues that will require our attention this century -- food security, water security, home security, forced migration -- I see that we certainly do not know how we are going to solve those problems yet. But we can take a page out of what we have done on climate change and we can understand that we have got to reinterpret the zero-sum mentality. Because we were trained to believe that there always are winners and losers, and that your loss is my gain. Well, now that we're in a world in which we have reached planetary boundaries and that we are not just so interconnected, but increasingly interdependent on each other, your loss is no longer my gain. We're either all losers or we all can be winners. But we are going to have to decide between zero and sum. We're going to have to decide between zero benefit for all or living life as the sum of all of us. We've done it once. We can do it again.

Thanks.

(Applause)

私たちに楽観主義が必要な理由が もう1つあります 気候変動です 信じられないかもしれませんが 事実を言いましょう

2015年12月12日のこと パリにて 国連の名のもとに集った ― 195ヶ国の政府が 満場一致で ― 政府に関わった経験があれば どれだけ難しいことかわかりますね ― 195ヶ国の政府が満場一致で 世界経済の流れを変えて 最も弱い立場にいる人々を守り 人類全体の生活水準を上げる という構想を採択しました 見事な成果だと言えます

(拍手)

しかし この成果は ほんの数年前の状況を考えると さらに凄いことであるとわかります 2009年 コペンハーゲン会議を 憶えている方いますか? 当時 気候変動に関する合意を目指し 何年も努力した結果 今回と同じ政府が コペンハーゲンに集結しましたが 結果は惨めなものでした

なぜそうなったのかって? 理由は様々ですが 主に 世界に根深く染み付いた 南北世界の分離が原因です この失敗から6ヶ月後 私は 世界気候変動に関する交渉を 率いる役に任命されました 新しい仕事を始めるタイミングとして これ以上のものはありませんよね 気候変動に対する 世界の意識はひどいものでした 国際協定が可能になる日が来るなど 誰も信じていませんでした 事実 私もその一人でした TEDという素晴らしい場の外には 口外しないと約束いただけるのなら 幸いにも歴史に残らなかった ある秘密を明かしましょう 就任してから初の記者会見で こんな質問がありました 「フィゲレス事務局長 全世界の合意が達成されることは この先あり得ると思いますか?」 すると私は 思わず こう口走ったのです 「私が生きているうちは無理ね」 この狂ったコスタリカ人の 新しい女上司に 恐れおののく広報チームの 引きつった顔は ご想像に難くないでしょう 私自身も恐怖を感じました 自分自身に対してではありません こんな自分には慣れてますから 何が怖かったかって たった今自分が言ったことの結果 我々の子供たち全員が 生きていかなければならない世界に これから起きることの深刻さです 正直言って 私にとって 最悪の瞬間でした ちょっと待って 今のはナシ! と思いました 「無理」という言葉は 事実を指すのではなく 発言する人の態度です 単なる態度であるに過ぎません 私は その時その場所で 自分の態度を改めよう ― 気候変動に対する世界の態度を 変えるために尽力しようと決めました

ここで少し ― これですか? ありがとう ― 想像してみてください もしも仮に 地球を救うのが仕事だと言われたら あなたならどうしますか? ご自分の職務責任に 加えてみてください この仕事では 一切の責任が自分にあり しかし権限は一切ないのです あらゆる意思決定において 決定権は各政府に委ねられていますからね

皆さんならどうするか ぜひ知りたいものです 仕事初日の月曜日に 何をしますか? 私は ― パニックに陥りました

(笑)

一息ついて やはり取り乱しました この問題の解決法が全くわからない ということに気づいたからです でも 解決法は全くわからないけれど 1つだけわかることがあるとも 気づきました 気候変動に関する談話の雰囲気を 変えなければいけないということ 楽観なしでは 勝利は絶対に 得られないものだからです

ここでは 単純に「楽観」と称していますが この言葉を より広義で捉えてみましょう この言葉に 勇気、希望、信頼、結束 という意味合いも含め 人類の運命を変えていくために 一致団結し助け合うことは可能だと 根本的に信じることも 「楽観」の解釈に加えましょう こういう解釈がなければ コペンハーゲンで起きた ― 膠着状態から抜け出すことは できないと思いました それから6年間 私は頑なに ひたすら 制度に楽観主義を注入しました 報道陣からの質問が何であっても ― 私の質疑応答も上達しましたよ ― その逆がどれだけ証明されても 構わずにです それはもう 悲観的な証拠は たくさんありますからね それでも ひたすら 楽観を説き続けました

すると間もなく 様々な分野で変化が 見られるようになりました 何千人もの人々の力によるものでした この会場にも たくさんいらっしゃいます そんな皆さんに感謝です TEDの皆さんは きっと 目覚ましい変化を見せた ― 最初の領域が何か 予想がついていることでしょう それは・・・ テクノロジーです クリーン・テクノロジー 特に 再生可能エネルギー技術では 価格が手頃になり できることも増えてきました おかげで こんにち 既に建設が始まっている ― 太陽熱発電所には 都市全体の電力をまかなう力があります スマートビルディングや モビリティ(交通手段)の改善努力も 忘れてはなりません 技術面でのこの進歩のおかげで 我々が理解できるように なってきたことがあります 経済の方程式が変化した ということです なぜなら 我々の認識が変わったからです 確かに気候変動は 巨大なコストをもたらし 確かにリスクは増幅していますが 経済的な利点や 本質的な利益もあります クリーン・テクノロジーの普及で 空気がきれいになり ― 人々は健康になり 交通が発達し 都市は住みやすくなり 電力の供給力が向上し 発展途上国での 電力普及率も高まるからです まとめると 今の世界より 良くなるということです

これを理解したうえで ― 皆さんの中には 当事者もいるでしょう ― 創意工夫や興奮が広がっていく様子を 実際に見てきたはずです まずは地方自治体に始まり 民間セクター、産業のトップ 保険会社や 投資家、市のリーダーたち 宗教界などに広がったものです こういった人々全てが この取り組みを自分ごととして捉え始め 自分たちにも有益な取り組みだと 理解し始めたからです

この熱気は 意外な人たちにも伝染しました 例えば 巨大な石油・ガス会社のCEOが 去年の初めに会いに来て こう言いました ― 当然 非公式にです ― 「我が社をどうやったら 変えられるのかはまだわからないが 変えると決めました 事業を長い目で見据えることが 大事だと考えています」 このように 経済の方程式も変わりました これに続き 世界中の広い支持によって 各国政府も まもなく目を覚ましました 気候変動は自国にとって重要だと 気づいたのです そして 各国に対して 自国の利益に基づいて 世界中での取り組みに どのような貢献ができるかを たずねたところ 195国中 189国が 気候変動計画を送ってくれました その国の利益に基づき その国の優先事項と一致し その国のサステナブル(持続可能)な 発展計画と矛盾のない内容でした

さて ― 各国が国家としての 主な利益を守れるとなって 初めて 共通の道のりに向かって 足並みを揃える準備ができたのでした おそらく数十年越しにはなりますが その数十年で 新しい経済が実現します 炭素燃料を抜け出し 逆境に強い経済になるのです 現時点で 現在各国が 設定している削減目標は 気候を安定化させるためには 不十分ですが これはまだ第一歩に過ぎず これから改善していくでしょう 各国による努力の 測定、報告、証明には 法的拘束力があります 我々がこれから5年ごとに 今回定められた目標に向けて 全体での進捗確認を行っていく指標にも 法的拘束力があり 炭素燃料から脱却し これまで以上に 逆境に強い経済を作るまでの道のり自体にも 法的拘束力があるのです

そして ここからが大事な部分ですが 今までは ごく一握りの国々が ごくわずかな 短期間の 排気削減公約を実行するのみで 全く不十分であったのみならず 大部分において 重荷であると 受け取られていました これからは 世界中全ての国が それぞれ異なる度合いで 産業ごとに異なるアプローチを 採りながらも 全国家が共通の目標に向けて貢献し 地球環境を守りながら 堂々と前に進みます これらが一旦出揃って 皆の考え方が変わったからこそ 各国政府はパリに出向いて パリ協定を採択することができたのです

(拍手)

さて 振り返ると ― この6年間の中で ― 私の目にまず浮かぶのは パリ協定が採択された日のことです その場に溢れていた歓喜は 言葉では表し尽くせません 5千人が席から飛び上がって 泣いたり、拍手したり、叫んだり、怒鳴ったり 歓喜と 信じがたいという気持ちが 入り混じっていました 本当にたくさんの人々が 何年も力を尽くしてきたことが やっと現実になったからです

直接関わった人々以外にも 変化が現れました 何週間か前に 同僚が 愛する妻へのプレゼントにと タヒチ産のパールを選んでいました やっと決まって いざ買おうとしたら ― 店員がこう言いました 「今 お買い求めになって 大正解ですよ 気候変動のせいで この真珠が まもなく絶滅するかもしれないのです」 店員は続けて 「でも ご存知ですか つい最近 政府間で起こった 決定事項のおかげで 絶滅を免れるかもしれません」 なんと素晴らしい証でしょうか 多分 おそらく希望が ― チャンスが残っているという証です これから先やることは山積みだと 私が一番わかっています 気候変動への対策は 今始まったばかりです 事実 我々の努力を 確実に 特に向こう5年間は 倍増しなければなりません 重要な5年間ですから しかし 過去6年の間に 当初は不可能だったことが 今や止まらない勢いになりました これを可能にしたのが 楽観主義です 楽観によって 対立姿勢が協力体制に変わり 国家や地域の利益と 世界のニーズは 必ずしも相反するものではないと理解し そう理解することで 両方を引き合わせ 調和のもとに一つにできるという 認識が生まれました

この先を見据え 今世紀我々が注意を向けるべき 他の地球規模の問題 つまり 食糧問題、水の問題、住宅問題、強制移住などの問題を考えるとき 確実に言えるのは これらの問題の解決法が まだわからないということです しかし 気候変動で成し遂げたことを 参考にすることはできます そして 誰かが得すれば誰かが損するという ゼロサム的な考え方 ― 人類が今まで教え込まれてきた 勝ち負け的な考え方を改めるべきであると 気づくことでしょう この地球が我々によって 限界にまで疲弊してしまい 更に 人同士の繋がりが 希薄になりながらも それでいて相互依存性が 高まりつつある今の世の中 もはや誰かの負けが 誰かの得になることはありません 皆が敗者となるか ― 皆が勝者となり得るか このどちらかです しかし 共に勝ちを選ぶか 負けを選ぶかは我々次第です 全員の利益を失うか 共に生きるため 力を合わせて 益を得るかを決めねばなりません 一度やり遂げたのですから 再びできるはずです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画