TED日本語 - ドン・タプスコット: ブロックチェーンはいかにお金と経済を変えるか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ドン・タプスコット: ブロックチェーンはいかにお金と経済を変えるか

TED Talks

ブロックチェーンはいかにお金と経済を変えるか
How the blockchain is changing money and business
ドン・タプスコット
Don Tapscott

内容

ブロックチェーンとは何でしょう?知らなければ、知っておいたほうが良いです。知っていたとしても、たぶんそれが正確にどう働くのか明確にする必要があることでしょう。お金、ビジネス、政府、社会を大きく変える可能性を持った第2世代のインターネットとも言うべきこの画期的な信用構築技術を、ドン・タプスコットが分かりやすく解説してくれます。

Script

The technology likely to have the greatest impact on the next few decades has arrived. And it's not social media. It's not big data. It's not robotics. It's not even AI. You'll be surprised to learn that it's the underlying technology of digital currencies like Bitcoin. It's called the blockchain. Blockchain.

Now, it's not the most sonorous word in the world, but I believe that this is now the next generation of the internet, and that it holds vast promise for every business, every society and for all of you, individually.

You know, for the past few decades, we've had the internet of information. And when I send you an email or a PowerPoint file or something, I'm actually not sending you the original, I'm sending you a copy. And that's great. This is democratized information. But when it comes to assets -- things like money, financial assets like stocks and bonds, loyalty points, intellectual property, music, art, a vote, carbon credit and other assets -- sending you a copy is a really bad idea. If I send you 100 dollars, it's really important that I don't still have the money --

(Laughter)

and that I can't send it to you. This has been called the "double-spend" problem by cryptographers for a long time.

So today, we rely entirely on big intermediaries -- middlemen like banks, government, big social media companies, credit card companies and so on -- to establish trust in our economy. And these intermediaries perform all the business and transaction logic of every kind of commerce, from authentication, identification of people, through to clearing, settling and record keeping. And overall, they do a pretty good job. But there are growing problems.

To begin, they're centralized. That means they can be hacked, and increasingly are -- JP Morgan, the US Federal Government, LinkedIn, Home Depot and others found that out the hard way. They exclude billions of people from the global economy, for example, people who don't have enough money to have a bank account. They slow things down. It can take a second for an email to go around the world, but it can take days or weeks for money to move through the banking system across a city. And they take a big piece of the action -- 10 to 20 percent just to send money to another country. They capture our data, and that means we can't monetize it or use it to better manage our lives. Our privacy is being undermined. And the biggest problem is that overall, they've appropriated the largesse of the digital age asymmetrically: we have wealth creation, but we have growing social inequality.

So what if there were not only an internet of information, what if there were an internet of value -- some kind of vast, global, distributed ledger running on millions of computers and available to everybody. And where every kind of asset, from money to music, could be stored, moved, transacted, exchanged and managed, all without powerful intermediaries? What if there were a native medium for value?

Well, in 2008, the financial industry crashed and, perhaps propitiously, an anonymous person or persons named Satoshi Nakamoto created a paper where he developed a protocol for a digital cash that used an underlying cryptocurrency called Bitcoin. And this cryptocurrency enabled people to establish trust and do transactions without a third party. And this seemingly simple act set off a spark that ignited the world, that has everyone excited or terrified or otherwise interested in many places. Now, don't be confused about Bitcoin -- Bitcoin is an asset; it goes up and down, and that should be of interest to you if you're a speculator. More broadly, it's a cryptocurrency. It's not a fiat currency controlled by a nation-state. And that's of greater interest. But the real pony here is the underlying technology. It's called blockchain.

So for the first time now in human history, people everywhere can trust each other and transact peer to peer. And trust is established, not by some big institution, but by collaboration, by cryptography and by some clever code. And because trust is native to the technology, I call this, "The Trust Protocol."

Now, you're probably wondering: How does this thing work? Fair enough. Assets -- digital assets like money to music and everything in between -- are not stored in a central place, but they're distributed across a global ledger, using the highest level of cryptography. And when a transaction is conducted, it's posted globally, across millions and millions of computers. And out there, around the world, is a group of people called "miners." These are not young people, they're Bitcoin miners. They have massive computing power at their fingertips -- 10 to 100 times bigger than all of Google worldwide. These miners do a lot of work. And every 10 minutes, kind of like the heartbeat of a network, a block gets created that has all the transactions from the previous 10 minutes. Then the miners get to work, trying to solve some tough problems.

And they compete: the first miner to find out the truth and to validate the block, is rewarded in digital currency, in the case of the Bitcoin blockchain, with Bitcoin. And then -- this is the key part -- that block is linked to the previous block and the previous block to create a chain of blocks. And every one is time-stamped, kind of like with a digital waxed seal. So if I wanted to go and hack a block and, say, pay you and you with the same money, I'd have to hack that block, plus all the preceding blocks, the entire history of commerce on that blockchain, not just on one computer but across millions of computers, simultaneously, all using the highest levels of encryption, in the light of the most powerful computing resource in the world that's watching me. Tough to do. This is infinitely more secure than the computer systems that we have today. Blockchain. That's how it works.

So the Bitcoin blockchain is just one. There are many. The Ethereum blockchain was developed by a Canadian named Vitalik Buterin. He's [ 22 ] years old, and this blockchain has some extraordinary capabilities. One of them is that you can build smart contracts. It's kind of what it sounds like. It's a contract that self-executes, and the contract handles the enforcement, the management, performance and payment -- the contract kind of has a bank account, too, in a sense -- of agreements between people. And today, on the Ethereum blockchain, there are projects underway to do everything from create a new replacement for the stock market to create a new model of democracy, where politicians are accountable to citizens.

(Applause)

So to understand what a radical change this is going to bring, let's look at one industry, financial services. Recognize this? Rube Goldberg machine. It's a ridiculously complicated machine that does something really simple, like crack an egg or shut a door. Well, it kind of reminds me of the financial services industry, honestly. I mean, you tap your card in the corner store, and a bitstream goes through a dozen companies, each with their own computer system, some of them being 1970s mainframes older than many of the people in this room, and three days later, a settlement occurs. Well, with a blockchain financial industry, there would be no settlement, because the payment and the settlement is the same activity, it's just a change in the ledger. So Wall Street and all around the world, the financial industry is in a big upheaval about this, wondering, can we be replaced, or how do we embrace this technology for success?

Now, why should you care? Well, let me describe some applications. Prosperity. The first era of the internet, the internet of information, brought us wealth but not shared prosperity, because social inequality is growing. And this is at the heart of all of the anger and extremism and protectionism and xenophobia and worse that we're seeing growing in the world today, Brexit being the most recent case.

So could we develop some new approaches to this problem of inequality? Because the only approach today is to redistribute wealth, tax people and spread it around more. Could we pre-distribute wealth? Could we change the way that wealth gets created in the first place by democratizing wealth creation, engaging more people in the economy, and then ensuring that they got fair compensation? Let me describe five ways that this can be done.

Number one: Did you know that 70 percent of the people in the world who have land have a tenuous title to it? So, you've got a little farm in Honduras, some dictator comes to power, he says, "I know you've got a piece of paper that says you own your farm, but the government computer says my friend owns your farm." This happened on a mass scale in Honduras, and this problem exists everywhere. Hernando de Soto, the great Latin American economist, says this is the number one issue in the world in terms of economic mobility, more important than having a bank account, because if you don't have a valid title to your land, you can't borrow against it, and you can't plan for the future.

So today, companies are working with governments to put land titles on a blockchain. And once it's there, this is immutable. You can't hack it. This creates the conditions for prosperity for potentially billions of people.

Secondly: a lot of writers talk about Uber and Airbnb and TaskRabbit and Lyft and so on as part of the sharing economy. This is a very powerful idea, that peers can come together and create and share wealth. My view is that ... these companies are not really sharing. In fact, they're successful precisely because they don't share. They aggregate services together, and they sell them. What if, rather than Airbnb being a $ 25 billion corporation, there was a distributed application on a blockchain, we'll call it B-Airbnb, and it was essentially owned by all of the people who have a room to rent. And when someone wants to rent a room, they go onto the blockchain database and all the criteria, they sift through, it helps them find the right room, and then the blockchain helps with the contracting, it identifies the party, it handles the payments just through digital payments -- they're built into the system. And it even handles reputation, because if she rates a room as a five-star room, that room is there, and it's rated, and it's immutable. So, the big sharing-economy disruptors in Silicon Valley could be disrupted, and this would be good for prosperity.

Number three: the biggest flow of funds from the developed world to the developing world is not corporate investment, and it's not even foreign aid. It's remittances. This is the global diaspora; people have left their ancestral lands, and they're sending money back to their families at home. This is 600 billion dollars a year, and it's growing, and these people are getting ripped off.

Analie Domingo is a housekeeper. She lives in Toronto, and every month she goes to the Western Union office with some cash to send her remittances to her mom in Manila. It costs her around 10 percent; the money takes four to seven days to get there; her mom never knows when it's going to arrive. It takes five hours out of her week to do this.

Six months ago, Analie Domingo used a blockchain application called Abra. And from her mobile device, she sent 300 bucks. It went directly to her mom's mobile device without going through an intermediary. And then her mom looked at her mobile device -- it's kind of like an Uber interface, there's Abra "tellers" moving around. She clicks on a teller that's a five-star teller, who's seven minutes away. The guy shows up at the door, gives her Filipino pesos, she puts them in her wallet. The whole thing took minutes, and it cost her two percent. This is a big opportunity for prosperity.

Number four: the most powerful asset of the digital age is data. And data is really a new asset class, maybe bigger than previous asset classes, like land under the agrarian economy, or an industrial plant, or even money. And all of you -- we -- create this data. We create this asset, and we leave this trail of digital crumbs behind us as we go throughout life. And these crumbs are collected into a mirror image of you, the virtual you. And the virtual you may know more about you than you do, because you can't remember what you bought a year ago, or said a year ago, or your exact location a year ago. And the virtual you is not owned by you -- that's the big problem.

So today, there are companies working to create an identity in a black box, the virtual you owned by you. And this black box moves around with you as you travel throughout the world, and it's very, very stingy. It only gives away the shred of information that's required to do something. A lot of transactions, the seller doesn't even need to know who you are. They just need to know that they got paid.

And then this avatar is sweeping up all of this data and enabling you to monetize it. And this is a wonderful thing, because it can also help us protect our privacy, and privacy is the foundation of a free society. Let's get this asset that we create back under our control, where we can own our own identity and manage it responsibly.

Finally --

(Applause)

Finally, number five: there are a whole number of creators of content who don't receive fair compensation, because the system for intellectual property is broken. It was broken by the first era of the internet. Take music. Musicians are left with crumbs at the end of the whole food chain. You know, if you were a songwriter,25 years ago, you wrote a hit song, it got a million singles, you could get royalties of around 45,000 dollars. Today, you're a songwriter, you write a hit song, it gets a million streams, you don't get 45k, you get 36 dollars, enough to buy a nice pizza.

So Imogen Heap, the Grammy-winning singer-songwriter, is now putting music on a blockchain ecosystem. She calls it "Mycelia." And the music has a smart contract surrounding it. And the music protects her intellectual property rights. You want to listen to the song? It's free, or maybe a few micro-cents that flow into a digital account. You want to put the song in your movie, that's different, and the IP rights are all specified. You want to make a ringtone? That's different. She describes that the song becomes a business. It's out there on this platform marketing itself, protecting the rights of the author, and because the song has a payment system in the sense of bank account, all the money flows back to the artist, and they control the industry, rather than these powerful intermediaries. Now, this is --

(Applause)

This is not just songwriters, it's any creator of content, like art, like inventions, scientific discoveries, journalists. There are all kinds of people who don't get fair compensation, and with blockchains, they're going to be able to make it rain on the blockchain. And that's a wonderful thing.

So, these are five opportunities out of a dozen to solve one problem, prosperity, which is one of countless problems that blockchains are applicable to.

Now, technology doesn't create prosperity, of course -- people do. But my case to you is that, once again, the technology genie has escaped from the bottle, and it was summoned by an unknown person or persons at this uncertain time in human history, and it's giving us another kick at the can, another opportunity to rewrite the economic power grid and the old order of things, and solve some of the world's most difficult problems, if we will it.

Thank you.

(Applause)

今後2~30年で 最も大きな インパクトがあるであろう 技術が現れました ソーシャルメディアではなく ビッグデータでも ロボティクスでもなく 人工知能でさえありません それがビットコインのような デジタル通貨の 基盤にある技術だと言ったら 驚くかもしれません これは「ブロックチェーン」と 呼ばれています

そんなに輝かしい響きの 言葉ではありませんが 私はこれが 次のインターネットになると 信じており あらゆるビジネス 社会 そして皆さんの1人1人に 大いなる恩恵を 約束するものと見ています

この20年の間 私たちは 情報のインターネットを手にしていました メールや PowerPointファイルを 送るときには 原本を送っている わけではなく コピーを送っています これはいいことで 情報の民主化をします しかし送るものが 資産だとしたら? たとえば お金とか 株や債券のような金融資産 ロイヤリティ・ポイント 知的所有権 音楽 美術品 選挙の票 炭酸ガス排出権 といった資産なら コピーを送るというのは 良い考えではありません 100ドル送金するというとき まだお金を持っていないのに 送れたりしないというのは ―

(笑)

とても重要なことです これは「二重使用の問題」として 暗号の専門家には お馴染みの問題です

現在 私たちは大きな仲介者に 依存しています 銀行 政府 ソーシャルメディア企業 クレジットカード会社のような 仲立ちとなる存在が 経済における 信用を維持していて そういった仲介者は 認証 人物の確認から 精算 調停 記録管理まで 商取引等におけるあらゆるビジネスや トランザクションの 処理を行っています 総体的には彼らは 良い仕事をしていますが 拡大しつつある 問題もあります

まずそれが集中管理されているということ これはハッキングされうることを意味し 実際そういう事例が増えています JPモルガン 米連邦政府 LinkedIn ザ・ホーム・デポ などがみんな 痛い思いをして それを学んでいます またそれは何十億という人々を 世界経済から除外しています たとえば銀行口座を開けるほど お金を持たない人たちです それはまた物事を遅らせます 電子メールは世界のどこへでも 数秒で届きますが 銀行システムで都市をまたいで お金を移動するのには 何日 何週間とかかります それはまた大きな取り分を要求します 外国に送金するだけで 10~20%も取られます それはまた 我々のデータを握っており 我々自身が それで収益を得たり 生活をより良く管理するために使う といったことができません また我々のプライバシーを 危うくします そして最大の問題は それがデジタル時代の恩恵を 非対称的に得ているということです 富が生み出されていますが 社会的不平等は拡大しています

もし情報のインターネットだけでなく 価値のインターネットが あったとしたらどうでしょう? 1つの巨大な 世界的分散台帳が 何百万というコンピューター上で 運営されていて 誰にでも使えたとしたら? そしてお金から楽曲まで あらゆる資産が 強力な仲介者なしに それで保持 移動 取引 交換 管理できたとしたら? もし価値のための媒体が 存在したとしたら?

2008年に金融危機がありましたが 都合の良いことに サトシ・ナカモトという素性不明の 人物ないしはグループが ビットコインという暗号通貨の 背後にある 電子通貨プロトコルを開発して 論文にしました この暗号通貨は 人々の間に信用を構築して 取引ができるようにし 第三者を必要としません この一見単純なことが 世界に燃え広がる火花となり さまざまな所で人々の間に 熱狂や恐怖や関心を 引き起こしています 誤解しないで欲しいのは ビットコインというのは 資産で上下をし それは相場師には 興味のあることでしょうが もっと広く言うと それは暗号通貨であり 国家によって管理される 法定通貨ではありません それがより興味深い部分です しかし その本当の 虎の巻とも言えるのは 基盤にある技術 ブロックチェーンです

人類の歴史において初めて あらゆる場所の人々が 互いを信用し 直接取引できるように なったのです この信用は何かの大組織によって 作り出されたものではなく 協力と 暗号と 巧妙なプログラムによって 生み出されたものです 信用がこの技術の 本質にあるので 私はこれを「信用のプロトコル」と 呼んでいます

どういう仕組みなのか疑問に 思っていることでしょう もっともです お金から音楽まで あらゆるデジタル資産が格納されるのは どこかの中心拠点ではなく 最高度の暗号によって 分散して維持されている 世界台帳です 取引が行われるとき それが世界の何百万という コンピューターに 送られます そこには「採掘者」(マイナー)と 呼ばれる人々がいます 未成年者のマイナー(minor)ではなく ビットコインを採掘する マイナー(miner)です 採掘者は膨大な計算能力を 保持しています Google全社の10倍から100倍 という規模です 採掘者は多くの作業をしています 10分ごとに ― これはネットワークの 鼓動のようなものですが ブロックが1つ作られ その前の10分間における すべての取引がそこに含まれています それから採掘者たちが ある困難な問題を解こうとします

彼らは競争しています 答えを最初に見つけて ブロックを検証した採掘者には 電子通貨が与えられます ビットコインのブロックチェーンの場合は ビットコインです そして ここが肝心なところですが ブロックは前のブロック その前のブロックと繋がれて ブロックの鎖が作られます それぞれに タイムスタンプが 押されていて 電子的な封蝋のように働きます だからもしブロックをハッキングして たとえば同じお金を 2人に払おうとするとしたら そのブロックだけでなく そのブロックチェーン上の 取引履歴全体を 変える必要があり それを1台のコンピューターでなく 最高度の暗号を使っている 何百万というコンピューター上で 同時に行う必要があり しかも世界で最も強力な 計算リソースの監視下で行う 必要があるのです 簡単じゃありません これは今日の他の コンピューターシステムと比べて 限りなく高い 安全性があります それがブロックチェーンの仕組みです

ビットコインは 数あるブロックチェーンの 1つにすぎません イーサリアム・ブロックチェーンは ヴィタリック・ブテリンという 22歳のカナダ人が開発したもので これには際だった機能があります その1つは「スマート・コントラクト」を 作れるということです これは その言葉通りのもので 実行機能付の契約です 人々の間の合意事項に基づいて 契約自体が執行 管理 履行 支払いといった処理をします 契約が銀行口座を 持っているようなものです 現在イーサリアム・ブロックチェーンについて 様々なプロジェクトが 進められていて それには株式市場を 置き換えるものの創出から 政治家が市民への 責任を果たすような 新しい民主主義モデルまであります

(拍手)

これがどれほど大きな変化を もたらすか理解するために 金融サービスを例に見てみましょう これが何か分かりますか? ルーブ・ゴールドバーグ・マシンです 卵を割るとかドアを閉めるといった ごく単純なことをするために 複雑怪奇に組み上げられた 装置です これは金融サービス業界を 思い起こさせますね ぶっちゃけた話 角の店でカードを使うと デジタル情報が何十という 企業を経ていきますが それぞれが固有の情報システムを 持っていて 中には この場の人の多くが 生まれる前の 70年代のメインフレームを 使っているところもあり 3日後にようやく決済が 完了するという具合です 金融業界がブロックチェーンを 使っていれば 決済は必要ありません 支払いと決済は 同一の行為で 単に台帳の上の 1箇所の変更です だからウォールストリートや 世界の金融業界は この件で大騒ぎになっています 自分たちはお払い箱に なってしまうのか 自分たちの成功のために この技術をどう取り入れられるのかと

なぜこれを 気にかける 必要があるのか? いくつかの応用例を 説明しましょう 繁栄 ― インターネットの最初の時代 情報のインターネットは 富を生み出しましたが 繁栄は共有されず 社会的不平等が 拡大しています これが様々な問題の 核にあります 怒り 過激思想 保護主義 外国人嫌い その他 今日の世界で私たちが 目にしているもので ブレグジットは その最近の例です

この不平等の問題への 新しい解決法を作り出せないでしょうか? 現在の唯一の解決法は 富の再分配で 課税して広く配分する ということです 富をあらかじめ分配することは できないでしょうか? 富の生成のされ方自体を 変えることはできないでしょうか? 富の生成を民主化し もっと多くの人が 経済にかかわるようにし その人達が公正な分け前を 確かにもらえるようにはできないか? それを実現しうる5つの方法を 説明しましょう

1番目 世界の土地所有者の70%は 貧弱な権利しか持っていないことを ご存じですか? ホンジュラスで小さな農地を持ったとしても 権力を掌握した独裁者に言われるかもしれません 「お前が土地を所有していると書いた書面を 持っているのは知っているが 政府のコンピューターでは我々の友人が お前の土地の所有者だということになっている」 ホンジュラスでは そういうことが大規模に起きており 同じ問題が 至る所に見られます ラテンアメリカの優れた経済学者 エルナンド・デ・ソトが言っています 「経済的流動性の点で これは世界で 最も大きな問題であり 銀行口座の所有よりも 重要である 自分の土地に対する正当な権利を 持たないとしたら それを担保に 借金することもできず 将来の計画も 立てられないからだ」

現在 政府と協力して 土地の権利を ブロックチェーンに載せようと 取り組んでいる企業があります それができれば 改ざんできなくなります ハッキングできません これは何十億という人々が 繁栄しうる条件を 作り出すことになります

2番目 多くのライターが Uberや Airbnbや TaskRabbitや Lyftといった 共有経済について 話題にしています 対等な個々人がいっしょに富を生み出し 共有するというのは とても強力なアイデアです 私に言わせると そういった企業は本当に 共有をしてはいません 実際これらの企業が成功しているのは まさに 共有しないことによってなのです 彼らは人々のサービスを集約し それを売っているのです Airbnbという250億ドル企業の代わりに ブロックチェーン上の 分散アプリケーションがあって ― これをB-Airbnbとでも呼びましょうか ― そのブロックチェーンが 貸せる部屋を持つすべての人に 共有されているとしたらどうでしょう? そして誰かが部屋を 借りたいというときは そのブロックチェーンの データベースで 様々な条件で絞り込んで 適切な部屋を探せ さらに契約 関係者の識別 支払いの処理も システムに組み込まれた 電子支払いシステムで行えます 評判もそれで 扱うことができます ゲストが部屋を 五つ星に評価したら 部屋もレーティングも そこに記録され 改ざんは不能です だから共有経済で革新する シリコンバレー企業も 淘汰されるかもしれず これは人々の繁栄にとって 良いことなのです

3番目 先進国から発展途上国への 最大の資金の流れは 企業投資ではなく 海外援助でもなく 実は送金なんです 全世界規模の ディアスポラがあり 祖先の地を離れた人々が 家族のいる故国に 送金しているのです それは年に6千億ドルにもなり 増加しています そして彼らは食い物にされています

アナリー・ドミンゴは家政婦で トロントに住んでいます 彼女は毎月お金を手に ウエスタンユニオンに出向き マニラにいる母親に 送金しています 手数料で10%取られます お金が向こうに着くのには 4~7日かかります 母親には いつ届くのか分かりません これのために彼女は 5時間も無駄にしています

半年前のこと アナリー・ドミンゴは Abraというブロックチェーン・アプリケーションを使って 自分の携帯から 300ドル送りました それは母親の携帯に直接 中間業者を介することなく 届きます 母親が携帯で そのUberのようなアプリを開くと 移動するAbraの 「出納係」が見られます 彼女は家から7分のところにいる 五つ星の出納係を クリックします その男が玄関口にやってきて 彼女にフィリピン・ペソを渡し 彼女は財布に収めます そのすべてに 数分しかかからず 手数料は2%だけです ここには繁栄の 大きな機会があります

4番目 デジタル時代における 最も強力な資産は データです データは まったく新種の資産で 農業経済における土地や 産業経済における工場や お金といった これまでの種類の資産より 大きなものかもしれません そしてデータを作っているのは 私たちみんなです 私たちは生活していく中で このデータという資産を作り デジタルのパンくずを 残していきます そして そのパンくずが集まって その人の鏡像を作り出します 「仮想的な自分」です 「仮想的な自分」は自分のことを 本人以上に知っているかもしれません なぜなら1年前に何を買ったかとか 何を言ったかとか 正確にどこにいたかとか 自分では覚えていないからです そしてこの「仮想的な自分」を 所有しているのは 本人ではなく そこが大きな問題です

ブラックボックスに入った アイデンティティを作ろうと 現在取り組んでいる企業があり そこで「仮想的な自分」を 所有するのは本人です このブラックボックスは いつも自分についてまわり ものすごく しまり屋です 何かするのに 必要最小限の情報しか 渡しません 多くの商取引において 売り手は相手のことを 知る必要はありません お金が支払われることだけ 分かっていればいいのです

このアバターは すべてのデータをまとめていて 本人が収益化することができます これは素晴らしいことで プライバシーを 守ることにもなります プライバシーというのは 自由社会の基礎になるものです この私たち自身が作る資産を 自らの管理下に置き 自分のアイデンティティを 本人が所有し 責任を持って 扱えるようにしましょう

最後は ―

(拍手)

5番目 コンテンツの作者の多くが 公正な報酬を得ていません 知的所有権のシステムに 欠陥があるためです インターネットが現れた時から それは破綻していたんです 例えば音楽です 食物連鎖の末端にいるミュージシャンには パンくずくらいしか残されていません 25年前のソングライターは ヒットソングを作って 100万枚シングルが売れたら 印税として 4万5千ドルくらい入りました 今日のソングライターは ヒットソングを作って 100万回ストリーミングされたら 手に入るのは 4万5千ドルではなく 36ドルで ピザが買えるくらいです

グラミー賞を 受賞したこともある シンガー・ソングライターの イモジェン・ヒープは 今 曲をブロックチェーンに 載せています 彼女はこれを Myceliaと名付けています 曲は そのスマート・ コントラクトになっていて 彼女の知的所有権が 守られるようになっています 彼女の曲を聞きたい? それなら無料か 数マイクロ・セントで デジタル口座へ支払います その曲を映画に使いたいとなれば 別の話で それぞれの条件が すべて規定されています 着信音を作りたいとなれば また別の話です 曲が事業になると 彼女は書いています このプラットフォーム上にあって 自分でマーケティングをし 作者の権利を守り そして曲には 銀行口座のように 支払いシステムがあるので お金はすべて アーティスト本人に流れ 強力な中間者ではなく アーティストが音楽業界を コントロールできます これは ―

(拍手)

これはソングライターに 限った話ではなく あらゆるコンテンツ作者が使えます アートでも 発明でも 科学的発見でも ジャーナリストでも 公正な見返りを受けていない 様々な人がいますが ブロックチェーンによって 彼らがちゃんと報酬を 得られるようになります これは良いことです

繁栄という問題を解決する 何十もの方法のうちの 5つをご紹介しましたが ブロックチェーンが解決できる問題は 他にも無数にあります

繁栄を生み出すのは テクノロジーではなく 人間です しかし私が言いたいのは テクノロジーの魔神が再び 壺から逃げ出したということです 人類の歴史における ある不明な時期に 素性の知れない人によって この魔神は召還されましたが それは私たちに 新しい機会を 経済の電力網と 古い秩序を書き換え 世界の最も難しい 問題のいくつかを 解決できる機会を 与えているのです もし我々がそう望むなら

どうもありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画