TED日本語 - アーサー・ブルックス: 保守派もリベラル派も一致団結して問題解決に取り組もう

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アーサー・ブルックス: 保守派もリベラル派も一致団結して問題解決に取り組もう

TED Talks

保守派もリベラル派も一致団結して問題解決に取り組もう
A conservative's plea
アーサー・ブルックス
Arthur Brooks

内容

保守派もリベラル派もどちらもが、自分たちだけが愛で動き、相手方は憎しみで動いていると信じています。二極化があちこちで進む現代において、どうすれば問題を解決できるのでしょう?社会科学者アーサー・ブルックスが、進退窮まる現状の打開のため、私たち一人一人が個人として実行できるアイデアを共有し、「我々が苦闘している、この恐ろしいイデオロギーの聖戦をアイデアの競争に変えられるかもしれない」と語ります。

Script

I come from one of the most liberal, tolerant, progressive places in the United States, Seattle, Washington. And I grew up with a family of great Seattlites. My mother was an artist, my father was a college professor, and I am truly grateful for my upbringing, because I always felt completely comfortable designing my life exactly as I saw fit.

And in point of fact, I took a route that was not exactly what my parents had in mind. When I was 19, I dropped out of college -- dropped out, kicked out, splitting hairs.

(Laughter)

And I went on the road as a professional French horn player, which was my lifelong dream. I played chamber music all over the United States and Europe, and I toured for a couple of years with a great jazz guitar player named Charlie Bird. And by the end of my 20s, I wound up as a member of the Barcelona Symphony Orchestra in Spain. What a great life.

And you know, my parents never complained. They supported me all the way through it. It wasn't their dream. They used to tell their neighbors and friends, "Our son, he's taking a gap decade."

(Laughter)

And -- There was, however,one awkward conversation about my lifestyle that I want to tell you about. I was 27, and I was home from Barcelona, and I was visiting my parents for Christmas, and I was cooking dinner with my mother, and we were alone in the kitchen. And she was quiet, too quiet. Something was wrong. And so I said, "Mom, what's on your mind?" And she said, "Your dad and I are really worried about you." And I said, "What?" I mean, what could it be, at this point? And she said, "I want you to be completely honest with me: have you been voting for Republicans?"

(Laughter)

Now, the truth is, I wasn't really political, I was just a French horn player. But I had a bit of an epiphany, and they had detected it, and it was causing some confusion. You see, I had become an enthusiast for capitalism, and I want to tell you why that is. It stems from a lifelong interest of mine in, believe it or not, poverty.

See, when I was a kid growing up in Seattle, I remember the first time I saw real poverty. We were a lower middle class family, but that's of course not real poverty. That's not even close. The first time I saw poverty, and poverty's face, was when I was six or seven years old, early 1970s. And it was like a lot of you, kind of a prosaic example, kind of trite. It was a picture in the National Geographic Magazine of a kid who was my age in East Africa, and there were flies on his face and a distended belly. And he wasn't going to make it, and I knew that, and I was helpless. Some of you remember that picture, not exactly that picture,one just like it. It introduced the West to grinding poverty around the world. Well, that vision kind of haunted me as I grew up and I went to school and I dropped out and dropped in and started my family. And I wondered, what happened to that kid? Or to people just like him all over the world? And so I started to study, even though I wasn't in college, I was looking for the answer: what happened to the world's poorest people? Has it gotten worse? Has it gotten better? What?

And I found the answer, and it changed my life, and I want to share it with you.

See -- most Americans believe that poverty has gotten worse since we were children, since they saw that vision. If you ask Americans, "Has poverty gotten worse or better around the world?",70 percent will say that hunger has gotten worse since the early 1970s. But here's the truth. Here's the epiphany that I had that changed my thinking. From 1970 until today, the percentage of the world's population living in starvation levels, living on a dollar a day or less, obviously adjusted for inflation, that percentage has declined by 80 percent. There's been an 80 percent decline in the world's worst poverty since I was a kid. And I didn't even know about it. This, my friends, that's a miracle. That's something we ought to celebrate. It's the greatest antipoverty achievement in the history of mankind, and it happened in our lifetimes.

(Applause)

So when I learned this, I asked, what did that? What made it possible? Because if you don't know why, you can't do it again. If you want to replicate it and get the next two billion people out of poverty, because that's what we're talking about: since I was a kid,two billion of the least of these, our brothers and sisters, have been pulled out of poverty. I want the next two billion, so I've got to know why. And I went in search of an answer. And it wasn't a political answer, because I didn't care. You know what, I still don't care. I wanted the best answer from mainstream economists left, right and center.

And here it is. Here are the reasons. There are five reasons that two billion of our brothers and sisters have been pulled out of poverty since I was a kid. Number one: globalization. Number two: free trade. Number three: property rights. Number four: rule of law. Number five: entrepreneurship. It was the free enterprise system spreading around the world after 1970 that did that.

Now, I'm not naive. I know that free enterprise isn't perfect, and I know that free enterprise isn't everything we need to build a better world. But that is great. And that's beyond politics. Here's what I learned. This is the epiphany. Capitalism is not just about accumulation. At its best, it's about aspiration, which is what so many people on this stage talk about, is the aspiration that comes from dreams that are embedded in the free enterprise system. And we've got to share it with more people.

Now, I want to tell you about a second epiphany that's related to that first one that I think can bring us progress, not just around the world, but right here at home. The best quote I've ever heard to summarize the thoughts that I've just given you about pulling people out of poverty is as follows: "Free markets have created more wealth than any system in history. They have lifted billions out of poverty."

Who said it? It sounds like Milton Friedman or Ronald Reagan. Wrong. President Barack Obama said that. Why do I know it by heart? Because he said it to me. Crazy. And I said, "Hallelujah." But more than that, I said, "What an opportunity."

You know what I was thinking? It was at an event that we were doing on the subject at Georgetown University in May of 2015. And I thought, this is the solution to the biggest problem facing America today. What? It's coming together around these ideas, liberals and conservatives, to help people who need us the most.

Now, I don't have to tell anybody in this room that we're in a crisis, in America and many countries around the world with political polarization. It's risen to critical, crisis levels. It's unpleasant. It's not right. There was an article last year in the Proceedings of the National Academy of Sciences, which is one of the most prestigious scientific journals published in the West. And it was an article in 2014 on political motive asymmetry. What's that? That's what psychologists call the phenomenon of assuming that your ideology is based in love but your opponents' ideology is based in hate. It's common in world conflict. You expect to see this between Palestinians and Israelis, for example. What the authors of this article found was that in America today, a majority of Republicans and Democrats suffer from political motive asymmetry. A majority of people in our country today who are politically active believe that they are motivated by love but the other side is motivated by hate. Think about it. Think about it. Most people are walking around saying, "You know, my ideology is based on basic benevolence, I want to help people, but the other guys, they're evil and out to get me." You can't progress as a society when you have this kind of asymmetry. It's impossible.

How do we solve it? Well, first, let's be honest: there are differences. Let's not minimize the differences. That would be really naive. There's a lot of good research on this. A veteran of the TED stage is my friend Jonathan Haidt. He's a psychology professor at New York University. He does work on the ideology and values and morals of different people to see how they differ. And he's shown, for example, that conservatives and liberals have a very different emphasis on what they think is important. For example, Jon Haidt has shown that liberals care about poverty 59 percent more than they care about economic liberty. And conservatives care about economic liberty 28 percent more than they care about poverty.

Irreconcilable differences, right? We'll never come together. Wrong. That is diversity in which lies our strength. Remember what pulled up the poor. It was the obsession with poverty, accompanied by the method of economic freedom spreading around the world. We need each other, in other words, if we want to help people and get the next two billion people out of poverty. There's no other way.

Hmm. How are we going to get that? It's a tricky thing, isn't it. We need innovative thinking. A lot of it's on this stage. Social entrepreneurship. Yeah. Absolutely. Phenomenal. We need investment overseas in a sustainable, responsible, ethical and moral way. Yes. Yes.

But you know what we really need? We need a new day in flexible ideology. We need to be less predictable. Don't we? Do you ever feel like your own ideology is starting to get predictable? Kinda conventional? Do you ever feel like you're always listening to people who agree with you? Why is that dangerous? Because when we talk in this country about economics, on the right, conservatives, you're always talking about taxes and regulations and big government. And on the left, liberals, you're talking about economics, it's always about income inequality. Right? Now those are important things, really important to me, really important to you. But when it comes to lifting people up who are starving and need us today, those are distractions. We need to come together around the best ways to mitigate poverty using the best tools at our disposal, and that comes only when conservatives recognize that they need liberals and their obsession with poverty, and liberals need conservatives and their obsession with free markets. That's the diversity in which lies the future strength of this country, if we choose to take it.

So how are we going to do it? How are we going to do it together? I've got to have some action items, not just for you but for me. Number one. Action item number one: remember, it's not good enough just to tolerate people who disagree. It's not good enough. We have to remember that we need people who disagree with us, because there are people who need all of us who are still waiting for these tools. Now, what are you going to do? How are you going to express that? Where does this start? It starts here. You know, all of us in this room, we're blessed. We're blessed with people who listen to us. We're blessed with prosperity. We're blessed with leadership. When people hear us, with the kind of unpredictable ideology, then maybe people will listen. Maybe progress will start at that point. That's number one. Number two. Number two: I'm asking you and I'm asking me to be the person specifically who blurs the lines, who is ambiguous, who is hard to classify. If you're a conservative, be the conservative who is always going on about poverty and the moral obligation to be a warrior for the poor. And if you're a liberal, be a liberal who is always talking about the beauty of free markets to solve our problems when we use them responsibly.

If we do that, we get two things. Number one: we get to start to work on the next two billion and be the solution that we've seen so much of in the past and we need to see more of in the future. That's what we get. And the second is that we might just be able to take the ghastly holy war of ideology that we're suffering under in this country and turn it into a competition of ideas based on solidarity and mutual respect. And then maybe, just maybe, we'll all realize that our big differences aren't really that big after all.

Thank you.

(Applause)

私の出身地は アメリカ中で最も 自由で、寛容で、進歩的な場所 ― ワシントン州シアトルです 素晴らしいシアトルっ子の 家族の中で育ちました 母はアーティストで 父は大学教授 自分の育った環境には とても感謝しています 常に 気兼ねなく 自分の思うままに 自分の生き方を決めてこられたからです

私は実際のところ 両親が思い描いていた通りの 進路は辿りませんでした 19歳のときに大学を中退 ― 中退か退学かは どうでもいいですね

(笑)

そして プロのホルン奏者として あちこちを巡業し始めました ずっと夢見ていたことでした 室内楽の演奏活動をしながら アメリカ中、ヨーロッパ中を周り 何年間かは 優れたジャズギター奏者 チャーリー・バードと組んでいました そして 20代の終わりには スペインのバルセロナ・シンフォニー・ オーケストラの一員にまでなりました なんていい人生でしょう

両親は一度も文句を言わず ずっと支えていてくれました 彼らの理想ではありませんでしたがね 近所の人や友人に こう言っていたそうです 「息子はギャップイヤーの最中なんだ ― 10年ほどね」

(笑)

でも ― 私の生き方についての 気まずい会話が一度だけあったので お話ししましょう 私は27歳で バルセロナから帰省中でした クリスマス休暇で 実家に帰っており 母と台所で一緒に料理をしていて 二人きりでした 母が無口になっていて 無口すぎる ― 何かがおかしいと思ったので 「母さん 何考えてるの?」 と訊くと 母は言いました「私たち あなたのこと すごく心配なのよ」 「どういうこと?」 今更何のことだろうと思いました 「私には絶対正直に答えてね ― 共和党に投票してないわよね?」

(笑)

さて 本当のところは 私はそんなに政治に興味のない ただのホルン奏者だったのですが ちょっと悟ったことがあって それに感づいた両親は 少し戸惑っていたのです 私は資本主義の熱心な支持者に なっていました どうしてそうなったのか お話しします 昔からずっと興味を持っていた あることに由来します 意外かもしれませんが 「貧困」です

シアトルでの子供時代 初めて本物の貧困というものを 見たのを覚えています うちの家族は低中流階級でしたが 当然 本当の貧困ではありません 程遠いものでした 初めて貧困や 貧困の姿を見たのは 70年代前半のこと 私は6歳か7歳でした 皆さんも体験したような どうってことない ありふれた体験でした ナショナル・ジオグラフィックに 載っていた写真です 東アフリカの私くらいの歳の子供で 顔にはハエがたかり 腹は膨張していました もう助からないのは明らかでしたが 私に何かできるわけありませんでした その写真を憶えている人もいるでしょう 同一の写真ではなく 似たものでも 世界を苦しめ続ける貧困の姿を 西洋諸国に知らしめた写真です その絵が目に焼きつきました 成長し 学校に通って 中退したり 復学したり 家庭を持っても なお忘れられませんでした あの子がどうなったのか 気になりました 世界中のあの子のような人々は どうなったんだろうと そこで調べ始めました 当時大学にはいませんでしたが 答えを探していました 世界の貧困の極みにいる人々は どうなったのか 悪化したのか 改善したのか 一体どうなったのか

そして答えが見つかり 人生が変わりました それを皆さんにもお話しします

さて ― アメリカ人のほとんどは 貧困は悪化したと考えています 子供の頃 ― あの写真の頃に比べて 悪化しただろうと考えています アメリカ人に世界の貧困は 悪化したか改善したかと訊ねたら 70%が 70年代初期以降 飢餓は悪化したと答えるでしょう では 真実を教えましょう 私の世界観を変えた悟りとはこうです 1970年から今日までの間に 世界の人口の中で 飢餓状態で生きている人々 ― 1日1ドル以下で生活する人々 ― 当然インフレ率も調整して ― そういった人々が占める割合は 80%減少しました 私の子供の頃に比べて 世界最悪の貧困が80%減ったのです そんなこと知りもしませんでした 皆さん これは奇跡です 喜ぶべきことです 貧困対策としては 人類史上最高の偉業です それが我々の世代で 起こったのです

(拍手)

これを知ったとき疑問が湧きました 何のおかげでこれが達成できたのか なぜできたのか わからなければ再現できませんよね これを再現して さらに20億の人口を 貧困から救い出したければ ― それが本題ですからね ― 私の幼少期から今までに 聖書でいう「小さき者」である 我らが兄弟姉妹20億人が 貧困から抜け出しています さらに20億人救い出すために 知りたいのです だから答えを探し始めました 答えに政治は関係なかった 私にはどうでもよかった 今でも興味はありません 主流派の経済学者たちからの 最良の答えが欲しかったのです 右・左・中道派 関係なくです

その答えを言いましょう 成功要因は5つです 世界の我らが兄弟姉妹 20億人を 今日までに 貧困から救い出したのは 1つ目がグローバリゼーション 2つ目が自由貿易 3つ目が財産権 4つ目が法治主義 5つ目が起業です 70年代以降 世界中が自由企業体制化して 可能になったことです

ただ 私も単純じゃありません 自由企業が完璧ではないと わかっていますし より良い世界を築くには 自由企業以外にも必要なものがあるとも わかってます でも すごいことですよ 政治を超えた問題です 私が学んだこと 悟ったこととは 資本主義の意義は 富の蓄積にとどまりません 資本主義の一番良い面は 志があることです たくさんの人がこの壇上で 志について語りますね つまり 願望から生まれる志です 自由企業体制と 深く結びついています この志をもっと 広めなければなりません

さて ここで2つ目の悟りについて お話しましょう 1つ目の悟りと関連しており 世界中だけでなく 今いるこの街にも 進歩をもたらすものです 今までで聞いた 人の言葉の中でも ついさっきお話した 貧困救済についての考え方が 一番うまくまとまってるものが これです 「自由市場ほど人類史上で 富を作り出した制度はない 何十億人もを貧困から 救い出したのだから」

誰の言葉でしょう? ミルトン・フリードマンや ロナルド・レーガンみたいな響きですね 違います バラク・オバマ大統領です なぜ そらで言えるのかって? 直接言われたからです 信じられないでしょう 私の口から出てきたのは 「バンザイ!」でした それに加え こうも思いました 「なんと素晴らしい機会だろう」

何を考えていたかわかります? 2015年5月 このテーマについての イベントの最中で ジョージタウン大学でのことです これこそがアメリカが直面する 最大の問題の解決策だと思いました 何でしょう? リベラル派も保守派も関係なく 自由市場が貧困を解決するという考えの下 我々を最も必要とする人々に 手を差し伸べることです

皆さんは言わなくたって アメリカや世界中あちこちで 危機が起こっているのは 政治の二極化のせいだとご存知のはず 今や ギリギリの 危機的状況に達しています 不愉快な状況です これはいけません 去年 ある論文が 『米国科学アカデミー紀要』に 掲載されました 西洋で発行されている中で 最高権威を持つ科学系学術誌です 2014年の論文で テーマは「政治的動機の非対称性」でした これは何かというと 心理学者の定義上で言えば 自分自身のイデオロギー(世界観)は 愛から生まれるものだが 敵の世界観は 憎しみから生まれている と決めつけることです 世界の紛争ではよくあります 例えば パレスチナ人とイスラエル人の間に 見られる現象です この論文の著者たちが 発見したこととは何か 今日のアメリカでは 共和党も民主党も 大多数の人々が 「政治的動機の非対称性」的な考えに 陥っています 今日アメリカで 政治に熱心な人々の大多数が 自分たちは愛で動き 相手方は 憎しみで動いていると信じています 考えてみてくださいね ほとんどの人々の考えはこうです 「私のイデオロギーは ごく基本的な寛容性に基づいている 人助けがしたいんだ でも他の奴らは 私を陥れようとしている悪者だ」 こういった種の非対称性がある限り 社会として前に進めません 不可能です

では解決法は? まず正直になりましょう 違いはあって当たり前です 相違点を過小評価しないように そんな単純じゃありません これについての 優れた研究はたくさんあります ベテランTED講演者で友達の ジョナサン・ハイトは ニューヨーク大学で 心理学の教授をしており 様々な人々のイデオロギー、価値観や 道徳観の違いを研究しています 彼によれば 例えば 保守派とリベラルの人々は 何を重要視するかが かなり異なるそうです 例えば ハイトによれば リベラルの中で 貧困問題を心にかける人は 経済的自由を重要視する人より 59%多く 保守派の中で 経済的自由を重要視する人は 貧困問題を心にかける人より 28%多いそうです

この差は縮まらなさそうですよね 決して相容れないって? 間違いです これは多様性というもので ここに我々の強みがあるのです 貧困者を救い出したものは何か 憶えていますか 貧困問題に対する執着が 自由経済という手段をとって 世界中に広がったことでした つまり我々はお互いを必要としています 次の20億人を貧困から救い出し 人々を助けたいならば 他に道はありません

さて どうすれば達成できるのでしょう? 難しいですよね 革新的な考え方が必要です この壇上にたくさんあります 社会起業 ― そうです 絶対間違いない 最高ですね サステナブル(持続可能)で 倫理的、道徳的、責任ある海外投資が要る ― 全くその通り!

でも 本当に必要なものは? 柔軟なイデオロギーのある 新しい世界です もっと意外性が必要です でしょう? 自分のイデオロギーが型にはまってきたな と感じたことは? 何だかありきたりだなとか? 自分と同じ意見の人の話ばかり 聴いているなと思ったり? これがなぜ危険なのでしょう? なぜなら この国で経済の話をすると 右側には保守派がいて 税金とか規制とか 大きな政府についてばかり話しています 左側にはリベラルがいて 経済の話をするときは いつも 所得の不平等についてでしょう 両方とも大事なことです 私にもあなたにも 本当に大事なことですが 今日 飢えに苦しみ 助けを必要とする人々の 貧困からの救出という話になると これが邪魔になります 我々が自由に使える中で 最高水準のツールを駆使し 貧困を緩和する最良の方法の下に 協力しあうべきです それは 保守派にとっては リベラルの人々とその貧困問題への執着が リベラルにとっては 保守派の人々と その自由市場への執着が必要だと お互い認識して初めて可能になります この多様性は 受け入れさえすれば この先 アメリカの強みの1つになります

では どうすれば 共にこれを実現できるのでしょうか 活動項目のリストが要ります 皆さんだけでなく 私自身にもね 1番 ― 項目1つ目です 意見が異なる人を容認するだけでは 足りないのだと肝に銘じてください それじゃ不十分です 自分と同意しない人々が必要なのだと 肝に銘じておくべきです 我々の多様性によって提供できる ― これらのツールを 未だに待っている人々がいるからです さて 何をしたらいいのでしょうか どう伝えたらいいのでしょうか どこから始まるのでしょうか ここです この部屋にいる我々全員です 我々は恵まれています 耳を傾けてくれる人に 恵まれています 成功やリーダーシップにも 恵まれています 思いもよらないイデオロギーについて語っても 耳を傾けてくれるかもしれません 進展がそこから始まるかもしれません それが1つ目です では2つ目 あなたにも なってほしいし 私もなりたい人物像があります 特に 境界線を曖昧なものに 変えられる人です どっちつかずで 型にはめるのが難しい人に なってほしいのです 保守派ならば 常に貧困について語るような 貧者のために戦うという道徳的義務を 語るような保守派に リベラルならば 我々の問題を解決するためには 責任を持って駆使した場合の 自由市場の良さについて 常に語るようなリベラルにです

そうすれば 2つのことが実現します 1つ目 次の20億人の救済に着手でき 過去にたくさん見てきたような 今後も必要な解決策に 自ら取り組んでいけます 2つ目 我々がこの国の下で経験している 恐ろしく神聖なイデオロギーの戦いを 連帯感や互いへの尊敬の念に基づく アイデアの競争に変えることができます そうしたら もしかしたら もしかすると 我々が思っている 大きな相違点は 結局そんなに大きくはないのだと 気付くでしょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画