TED日本語 - アダム・フォス: 検察官が訴える、これからの刑事司法制度の姿

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アダム・フォス: 検察官が訴える、これからの刑事司法制度の姿

TED Talks

検察官が訴える、これからの刑事司法制度の姿
A prosecutor's vision for a better justice system
アダム・フォス
Adam Foss

内容

少年犯罪に対する、アメリカの刑事司法制度の選択肢は2つ。刑事法に則って徹底的に罪を追及するか、それとも、若者に前科を負わせることが常に正しいのかを改めて考えるか。当時ボストンのサフォーク郡地区検事局で検察官を務めていたアダム・フォスが、人生の破滅に繋がってしまう刑罰の代わりに、立ち直る機会を与え前向きな方向に導く司法制度改革を提唱します。

Script

The following are my opinions, and do not reflect the opinions or policies of any particular prosecutor's office.

(Laughter)

I am a prosecutor. I believe in law and order. I am the adopted son of a police officer, a Marine and a hairdresser. I believe in accountability and that we should all be safe in our communities. I love my job and the people that do it. I just think that it's our responsibility to do it better.

By a show of hands, how many of you, by the age of 25, had either acted up in school, went somewhere you were specifically told to stay out of, or drank alcohol before your legal age?

(Laughter)

All right.

How many of you shoplifted, tried an illegal drug or got into a physical fight -- yes, even with a sibling? Now, how many of you ever spent one day in jail for any of those decisions? How many of you sitting here today think that you're a danger to society or should be defined by those actions of youthful indiscretion?

(Laughter)

Point taken.

When we talk about criminal justice reform, we often focus on a few things, and that's what I want to talk to you about today. But first I'm going to -- since you shared with me, I'm going to give you a confession on my part. I went to law school to make money. I had no interest in being a public servant, I had no interest in criminal law, and I definitely didn't think that I would ever be a prosecutor.

Near the end of my first year of law school, I got an internship in the Roxbury Division of Boston Municipal Court. I knew of Roxbury as an impoverished neighborhood in Boston, plagued by gun violence and drug crime. My life and my legal career changed the first day of that internship. I walked into a courtroom, and I saw an auditorium of people who,one by one, would approach the front of that courtroom to say two words and two words only: "Not guilty." They were predominately black and brown. And then a judge, a defense attorney and a prosecutor would make life-altering decisions about that person without their input. They were predominately white. As each person,one by one, approached the front of that courtroom, I couldn't stop but think: How did they get here? I wanted to know their stories. And as the prosecutor read the facts of each case, I was thinking to myself, we could have predicted that. That seems so preventable ... not because I was an expert in criminal law, but because it was common sense.

Over the course of the internship, I began to recognize people in the auditorium, not because they were criminal masterminds but because they were coming to us for help and we were sending them out without any.

My second year of law school I worked as a paralegal for a defense attorney, and in that experience I met many young men accused of murder. Even in our "worst," I saw human stories. And they all contained childhood trauma, victimization, poverty, loss, disengagement from school, early interaction with the police and the criminal justice system, all leading to a seat in a courtroom. Those convicted of murder were condemned to die in prison, and it was during those meetings with those men that I couldn't fathom why we would spend so much money to keep this one person in jail for the next 80 years when we could have reinvested it up front, and perhaps prevented the whole thing from happening in the first place.

(Applause)

My third year of law school, I defended people accused of small street crimes, mostly mentally ill, mostly homeless, mostly drug-addicted, all in need of help. They would come to us, and we would send them away without that help. They were in need of our assistance. But we weren't giving them any. Prosecuted, adjudged and defended by people who knew nothing about them.

The staggering inefficiency is what drove me to criminal justice work. The unfairness of it all made me want to be a defender. The power dynamic that I came to understand made me become a prosecutor.

I don't want to spend a lot of time talking about the problem. We know the criminal justice system needs reform, we know there are 2.3 million people in American jails and prisons, making us the most incarcerated nation on the planet. We know there's another seven million people on probation or parole, we know that the criminal justice system disproportionately affects people of color, particularly poor people of color. And we know there are system failures happening everywhere that bring people to our courtrooms. But what we do not discuss is how ill-equipped our prosecutors are to receive them. When we talk about criminal justice reform, we, as a society, focus on three things. We complain, we tweet, we protest about the police, about sentencing laws and about prison. We rarely, if ever, talk about the prosecutor.

In the fall of 2009, a young man was arrested by the Boston Police Department. He was 18 years old, he was African American and he was a senior at a local public school. He had his sights set on college but his part-time, minimum-wage job wasn't providing the financial opportunity he needed to enroll in school. In a series of bad decisions, he stole 30 laptops from a store and sold them on the Internet. This led to his arrest and a criminal complaint of 30 felony charges. The potential jail time he faced is what stressed Christopher out the most. But what he had little understanding of was the impact a criminal record would have on his future.

I was standing in arraignments that day when Christopher's case came across my desk. And at the risk of sounding dramatic, in that moment, I had Christopher's life in my hands. I was 29 years old, a brand-new prosecutor, and I had little appreciation for how the decisions I would make would impact Christopher's life. Christopher's case was a serious one and it needed to be dealt with as such, but I didn't think branding him a felon for the rest of his life was the right answer.

For the most part, prosecutors step onto the job with little appreciation of the impact of our decisions, regardless of our intent. Despite our broad discretion, we learn to avoid risk at all cost, rendering our discretion basically useless. History has conditioned us to believe that somehow, the criminal justice system brings about accountability and improves public safety, despite evidence to the contrary. We're judged internally and externally by our convictions and our trial wins, so prosecutors aren't really incentivized to be creative at our case dispositions, or to take risks on people we might not otherwise. We stick to an outdated method, counterproductive to achieving the very goal that we all want, and that's safer communities.

Yet most prosecutors standing in my space would have arraigned Christopher. They have little appreciation for what we can do. Arraigning Christopher would give him a criminal record, making it harder for him to get a job, setting in motion a cycle that defines the failing criminal justice system today. With a criminal record and without a job, Christopher would be unable to find employment, education or stable housing. Without those protective factors in his life, Christopher would be more likely to commit further, more serious crime. The more contact Christopher had with the criminal justice system, the more likely it would be that he would return again and again and again -- all at tremendous social cost to his children, to his family and to his peers. And, ladies and gentlemen, it is a terrible public safety outcome for the rest of us.

When I came out of law school, I did the same thing as everybody else. I came out as a prosecutor expected to do justice, but I never learned what justice was in my classes -- none of us do. None of us do.

And yet, prosecutors are the most powerful actors in the criminal justice system. Our power is virtually boundless. In most cases, not the judge, not the police, not the legislature, not the mayor, not the governor, not the President can tell us how to prosecute our cases. The decision to arraign Christopher and give him a criminal record was exclusively mine. I would choose whether to prosecute him for 30 felonies, for one felony, for a misdemeanor, or at all. I would choose whether to leverage Christopher into a plea deal or take the case to trial, and ultimately, I would be in a position to ask for Christopher to go to jail. These are decisions that prosecutors make every day unfettered, and we are unaware and untrained of the grave consequences of those decisions.

One night this past summer, I was at a small gathering of professional men of color from around the city. As I stood there stuffing free finger sandwiches into my mouth, as you do as public servant --

(Laughter)

I noticed across the room, a young man waving and smiling at me and approaching me. And I recognized him, but I couldn't place from where, and before I knew it, this young man was hugging me. And thanking me. "You cared about me, and you changed my life." It was Christopher.

See, I never arraigned Christopher. He never faced a judge or a jail, he never had a criminal record. Instead, I worked with Christopher; first on being accountable for his actions, and then, putting him in a position where he wouldn't re-offend. We recovered 75 percent of the computers that he sold and gave them back to Best Buy, and came up with a financial plan to repay for the computers we couldn't recover. Christopher did community service. He wrote an essay reflecting on how this case could impact his future and that of the community. He applied to college, he obtained financial aid, and he went on to graduate from a four-year school.

(Applause)

After we finished hugging, I looked at his name tag, to learn that Christopher was the manager of a large bank in Boston. Christopher had accomplished -- and making a lot more money than me --

(Laughter)

He had accomplished all of this in the six years since I had first seen him in Roxbury Court. I can't take credit for Christopher's journey to success, but I certainly did my part to keep him on the path.

There are thousands of Christophers out there, some locked in our jails and prisons. We need thousands of prosecutors to recognize that and to protect them. An employed Christopher is better for public safety than a condemned one. It's a bigger win for all of us. In retrospect, the decision not to throw the book at Christopher makes perfect sense. When I saw him that first day in Roxbury Court, I didn't see a criminal standing there. I saw myself -- a young person in need of intervention. As an individual caught selling a large quantity of drugs in my late teens, I knew firsthand the power of opportunity as opposed to the wrath of the criminal justice system. Along the way, with the help and guidance of my district attorney, my supervisor and judges, I learned the power of the prosecutor to change lives instead of ruining them.

And that's how we do it in Boston. We helped a woman who was arrested for stealing groceries to feed her kids get a job. Instead of putting an abused teenager in adult jail for punching another teenager, we secured mental health treatment and community supervision. A runaway girl who was arrested for prostituting, to survive on the streets, needed a safe place to live and grow -- something we could help her with. I even helped a young man who was so afraid of the older gang kids showing up after school, that one morning instead of a lunchbox into his backpack, he put a loaded 9-millimeter. We would spend our time that we'd normally take prepping our cases for months and months for trial down the road by coming up with real solutions to the problems as they presented.

Which is the better way to spend our time? How would you prefer your prosecutors to spend theirs? Why are we spending 80 billion dollars on a prison industry that we know is failing, when we could take that money and reallocate it into education, into mental health treatment, into substance abuse treatment and to community investment so we can develop our neighborhoods?

(Applause)

So why should this matter to you? Well,one, we're spending a lot of money. Our money. It costs 109,000 dollars in some states to lock up a teenager for a year, with a 60 percent chance that that person will return to the very same system. That is a terrible return on investment.

Number two: it's the right thing to do. If prosecutors were a part of creating the problem, it's incumbent on us to create a solution and we can do that using other disciplines that have already done the data and research for us.

And number three: your voice and your vote can make that happen. The next time there's a local district attorney's election in your jurisdiction, ask candidates these questions. One: What are you doing to make me and my neighbors safer? Two: What data are you collecting, and how are you training your prosecutors to make sure that it's working? And number three: If it's not working for everybody, what are you doing to fix it? If they can't answer the questions, they shouldn't be doing the job.

Each one of you that raised your hand at the beginning of this talk is a living, breathing example of the power of opportunity, of intervention, of support and of love. While each of you may have faced your own brand of discipline for whatever malfeasances you committed, barely any of you needed a day in jail to make you the people that you are today -- some of the greatest minds on the planet.

Every day, thousands of times a day, prosecutors around the United States wield power so great that it can bring about catastrophe as quickly as it can bring about opportunity, intervention, support and yes, even love. Those qualities are the hallmarks of a strong community, and a strong community is a safe one. If our communities are broken, don't let the lawyers that you elect fix them with outdated, inefficient, expensive methods.

Demand more; vote for the prosecutor who's helping people stay out of jail, not putting them in.

Demand better. You deserve it, your children deserve it, the people who are tied up in the system deserve it, but most of all, the people that we are sworn to protect and do justice for demand it.

We must, we must do better.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

Thank you very much.

これからお話するのは私見であって 特定の検察局の見解や方針を 反映したものではありません

(笑)

私は検察官です 法と秩序を信じています 海兵隊所属の警察官と美容師の 養父母に育てられました 人は自らの行動に責任を持つものであり 誰もが社会の中で安全に暮らせるべきだと 私は信じています 仕事を愛していますし 仲間も大好きです 職務を改善していくことが 我々の責任だと考えています

さて 手を上げて答えてください ここにいる皆さんの中で 25歳になるまでに 学校で素行が悪かったり 出入りするなと言われている場所に行ったり 飲酒できる年齢より前に お酒を飲んだりした人はいますか?

(笑)

はい いいでしょう

万引きしたり 違法ドラッグをやってみたり 兄弟や姉妹を含めて 暴力沙汰になったことのある人は? それでは そういった行動をとった結果 1日でも収監されたことがある人は? ここにいる皆さんの中に こういった若気の至りにより 自分を社会に対し危険な存在と思う または思われて当然と思う方は?

(笑)

いませんよね

刑事司法制度の改革について 話すとき 我々が目を向ける事柄は 限られています 今日はそのことについて お話ししたいと思います しかしまず ― 皆さんも正直に答えてくれたので 私も告白しておきましょう 私はロー・スクールに行きましたが お金のためでした 公務員になるつもりは さらさらなく 刑事法にも まったく興味なし 検察官になるだなんて これっぽっちも思っていませんでした

1年生の終わりに インターンとして ボストン地裁のロクスベリー支部で 働きました ロクスべリーが ボストンでも貧しい地区であり 銃による暴力や薬物犯罪が 蔓延していることは知っていました 私のリーガルキャリアと人生が変わったのは このインターン初日のことです 法廷に入った私が見たのは 座席を埋め尽くす人々 一人一人 前に出てきて 一言だけ発言します 「無罪を主張します」 圧倒的に 黒人と褐色人種ばかりです それに対し 裁判官、弁護士や検察が 本人の言い分を聞かずに 人生にかかわる決定を下します 圧倒的に白人ばかりでした 法廷で一人一人が 前に出るのを見ながら ずっと考えていました 「どういう経緯で どんな物語を経て ここに来たのだろうか」 検察が各人の容疑事実を 一件一件読み上げる中 ずっと思っていました 「予想できたはずなのに」 「簡単に防止できるじゃないか」 刑事法を熟知していたからではありません でも 常識じゃないですか

インターン中 出廷者たちの顔を 自然に憶えていきました 彼らが悪党だからではありません 助けを求めて 来ている人たちなのに 手を差し伸べることなく 帰してしまっていたからです

2年生になって 被告人弁護士の パラリーガルになりました 殺人容疑がかかった若者にも 沢山出会いました しかし「最悪」の事件においても 人間らしさが見られました どの若者も幼少時の心の傷を持ち 何らかの被害者であり 貧困や死別を経験し 退学経験や 若年での警察や司法制度との 関わりなどを経験しており その全てが法廷につながっていたのです 殺人で有罪になった者たちは 終身刑を宣告されていました そういった人たちとの面談中 どうしても 解せないことがありました なぜ こんなにも金をかけて ― 目の前のこの人をこれから80年も 刑務所に入れておくのか その金を前もって 違うことに遣えば そもそもの犯罪の芽を摘むことが できるのではないか

(拍手)

3年生になって 軽犯罪容疑の人々の 弁護をしました 精神を病んでいたり 家がなかったり 薬物中毒だったりと 全員が助けを必要としていました しかし 我々は 彼らが求める助けを与えずに 送り返していました 我々の助けを 切実に必要としている人たちでした しかし何の手も 差し伸べられていなかったのです 起訴し、弁護し、判決を下すのは 当人について何も知らない人々です

恐ろしく非効率なやり方を見て 刑事司法の職に就こうと思いました あまりの不公平さを見て 弁護人になりたいと思いました 力関係を理解するようになり 検察官の道を選びました

問題点ばかりを語るつもりはありません 刑事司法制度に改革が必要なことは 皆わかっています 全国で230万人が拘留中か受刑中であり アメリカが世界中で最も 投獄者の多い国になっていることも ― これに加え700万人が執行猶予か 仮釈放の身であることも ― 刑事司法制度に影響を受けるのは 有色人種ばかりで 中でも特に 貧しい人々ばかりだということも ― あちこちで制度が機能していないがために 法廷が忙しいこともです しかし 誰も話題にしないのが 対応する検察官の備えの乏しさです 刑事司法制度改革を語るとき 社会として 我々は3つのことに 集中します 苦情、ネット上の発言、抗議運動 そうして話題にするのは 警察、判決法や 刑務所についてです 検察が話題に上がることは 全くと言っていいほどありません

2009年の秋 若い男がボストン警察に 逮捕されました 18歳のアフリカ系アメリカ人で 地元の公立高校の3年生でした 大学進学を目指していましたが 最低賃金のアルバイトでは 進学費用を貯めることなど 無理でした 過ちが重なり 彼はラップトップ30台を店から盗んで ネット上で売りました ここから足がついて捕まり 30種類の重罪容疑で 刑事告訴されていました 少年は刑務所送りになる可能性を 最も恐れていましたが 本人がほとんど理解していなかったのが 犯罪歴が自分自身の将来につける 傷のことです

ある日 罪状認否手続の最中 この事件に行き当たりました 仰々しく聞こえるかもしれませんが まさにその瞬間 その少年 クリストファーの人生は 私の手の中にあったのです 私は29歳 検察官になったばかりで 自分が下す決断が 彼の人生に及ぼす影響を ほとんど認識していませんでした 深刻な事件だったため それなりの扱いを要していましたが ただ 彼をその後の人生ずっと 重罪犯人扱いすることが 正しいとは思えませんでした

ほとんどの人は 検察官になるとき 自分の決断が 意図に関係なく持つ影響力を ほとんど認識していません 広い裁量を持つにもかかわらず 我々検察官は ひたすらリスク回避することを学び 自分の裁量が根本的に 無用の長物と化してしまうのです 過去からの積み重ねの結果 我々は 刑事司法制度により 行動に責任が伴うようになり 世の中が安全になると 間違って思い込んでいます 対内・対外的にも 有罪判決や勝訴の数で値踏みされるため 自由に考えて仕事をする動機が ほとんどありません 事件の処分に関することや 被告に対するリスクを負うかを 決める立場にあるのに です 時代遅れのやり方にとらわれ 我々皆が求める究極の目的 ― 安全な社会の実現が 妨げられています

この件に当たったのが他の検察官なら クリストファーを起訴したでしょう 我々検察にできることの可能性を ほとんど認識していませんからね もし起訴すれば クリストファーには前科がつき 就職が難しくなります そうして始まる悪循環こそが 今日 機能していない 刑事司法制度の一環なのです 前科つきで無職のクリストファーは 就職先も、進路も、安定した住まいも 見つけられなくなります こういった人生の安定要素なしでは もっと深刻な さらなる犯罪に 手を染める可能性が高まります 司法刑事制度との関わりが 増えれば増えるほど 再犯率は高まり 彼はまた何度も ― 何度も何度も罪を繰り返すでしょう 自分の子供 家族 同世代の人々に対する 非常に大きな社会負担です 皆さん これは社会全体の安全に 結果として大きな脅威をもたらします

ロー・スクールを卒業したとき 私は誰もが進む道を選びました 正義を行うべく検察官になったのですが 正義が何かなんて 授業では習いませんでした 誰も習いません 誰一人としてです

それでいて検察という立場は 刑事司法制度内で 最大の力を持ちます 際限ないと言ってもいいでしょう ほとんどの場合 裁判官も 警察も、議会も 市長も、州知事も、大統領も 検察のやり方に口を出せません クリストファーを起訴し 前科をつけるか否かの判断は 完全に私だけに委ねられていたのです 30種類の重罪も選べるし 1つの重罪も 1つの軽罪も または無罪も選べます 司法取引を持ちかけるか 事件を裁判に持ち込むかどうかも 私の自由で 究極的には彼を牢屋送りに できる立場にいました 検察官は 毎日誰の干渉も受けずに こうした判断を下しており 自らの判断が招く深刻な結末に対し 無知であり かつ教育されてもいないのです

昨夏のある晩 私は有色人種の社会人男性を対象とする 町の小さな集会に 出席していました 立ったまま 小さいサンドイッチに かぶりついていると ― まさに公務員ですね ―

(笑)

部屋の向こう側から 若い男性がニコニコと 手を振りながら近づいてきました 見たことある顔でしたが どこでかは思い出せずにいると いきなりハグされました そして礼を言われました 「あなたのご親切で 人生が変わりました」 クリストファーだったのです

あの時 私は起訴せず 彼は裁判も刑務所も免れ 前科もつきませんでした その代わり 私は彼に寄り添い まずは自分がしたことへの けじめのつけ方を教え そして過ちを繰り返さぬよう 手を打ちました 売ったコンピューターの 75%を一緒に取り戻し 店に返して 返せない分を弁償するための 資金作り計画を立てました 彼は地域奉仕活動に従事し この事件が自分の未来や社会に どう関わるのかという作文を書きました 大学に志願して 金銭的な補助を獲得して 進学し 4年制大学を卒業したのです

(拍手)

名札を見たら ボストンの大きな銀行の マネージャーでした クリストファーは成功を収め 私よりずっと稼いでいました

(笑)

これら全てを ロクスベリー裁判所で初めて会ってからの 6年で達成していたのです クリストファーの成功が 私のおかげだとは言いませんが そこまでの道から外れないように 手を貸したことは確かです

彼みたいな若者は今も何千といます 収監されている若者もいます この事実を理解して 彼らを守ってやれる検察官が 何千と必要です 有罪にするよりも 職を与えるほうが 公共にとっては安全です そのほうが誰にとっても得なのです 思い返すと クリストファーを 厳罰に処さなかったのは 非常に理に適ったことです 裁判所で初めて会った日 私の目に映る彼は 犯罪者ではなく 私自身 ― 干渉を必要とする若者でした 10代後半に大量の薬物を売って 捕まったことのある私は チャンスというものが持つ力を 自ら経験しました 刑事司法制度の刑罰の力よりも 強力なものでした 前に進む中 検事の導きと助けを借りて 保護観察官と裁判官の助けも借りて 検察官は人生を壊すのではなく 変える力を持つのだと学びました

それがボストン流のやり方です 子供に食べさせるために 食料品を盗んだ女性に対しては 職探しを手伝いました 虐待を受けてきた10代の若者には 同級生を殴った罪で 投獄する代わりに 精神治療を世話し 地域の指導員をつけました 路上生活で生き延びるために 売春して捕まった家出少女は 安全な生活と成長の場を 必要としていましたが それは我々でなんとかできることでした また別の少年は 上級生のいじめっ子たちに 放課後絡まれるのを恐れるあまり ある朝弁当箱ではなく 拳銃をリュックに忍ばせましたが 私は彼にも前科を付けませんでした 通常なら何ヶ月もかけて 裁判の準備をする時間を 事件が呈する問題に対する 真の解決策を考え出すことに費やしました

時間の使い道として どっちがいいでしょうか? お住まいの地域の検察に どんな時間の使い方をしてほしいですか? 800億ドルもの金を 明らかに機能していない刑務所産業に つぎ込むよりも その金を教育に配分したり 精神科治療に配分したり 薬物乱用治療に配分したり 社会に投入した方が 地域の機能を高められるじゃないですか

(拍手)

これは他人事ではありません なぜなら まず非常に 金がかかることだからです 我々の金です ある州では 10代の若者を1年収容するのに 10万9千ドルかかり 同じ人を同じ場所に 再収容することになる可能性は60% ひどい投資対効果です

2つ目の理由は これこそが正しいことだからです もしも検察官たちが 問題の原因の一部ならば 解決策を考え出すのも 我々検察官の責務です すでにデータや研究が揃っている 他の分野を利用すれば可能です

そして3つ目は 皆さんの声や一票で こういったことが実現するからです 次回お住まいの地域で 地区検事選挙があったら 候補者に聞いてみてください 第1に 住民の安全を守るために 何をしてくれるのか 第2に どんなデータを集計していて 自分の方針が上手くいくように どんな教育を検察官たちに施しているのか 第3に もしも制度が皆のためになっていない場合 どんな是正措置をとるか もし答えられないなら その職にふさわしい人ではありません

このトークのはじめに手を挙げた 皆さん一人一人が チャンスの力を証明する まさに生きた証拠です 干渉の力や 支えることの力や 愛の力の生きた証拠です 皆さん一人一人が 犯した過ちに対し それぞれ戒めを受けたかもしれませんが 世界が誇る アイデアの持ち主である 今のご自分に至るまでに 刑務所生活を1日でも必要とした人は ほぼ皆無でしょう

毎日 何千回も アメリカ中の検察官が 振るっている力は 大惨事を起こしうるほど強力です でも 同じ力で チャンスをもたらしたり 干渉を行ったり 支えになったり もちろん愛だって 与えることができます こういった特質は 強い社会の証ですし 安全な社会の証でもあります 社会が壊れているなら その社会を 自分が選んだ検事たちに 時代遅れで非効率かつ高価な方法で 直させてはなりません

より多くを求めましょう 人を刑務所に送る検事ではなく 遠ざける人を選びましょう

改善を要求しましょう 皆さんも 皆さんのお子さんも 制度に縛られた人々も持つ 当然の権利です しかし 何より 我々が守り 正義を貫くと誓った相手である 人々が求める権利です

検察は 変わらなければなりません

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画