TED日本語 - ロバート・パーマー: 「パナマ文書」が暴いた世界的大問題 ― 次にすべきことは何か

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ロバート・パーマー: 「パナマ文書」が暴いた世界的大問題 ― 次にすべきことは何か

TED Talks

「パナマ文書」が暴いた世界的大問題 ― 次にすべきことは何か
The Panama Papers exposed a huge global problem. What's next?
ロバート・パーマー
Robert Palmer

内容

2016年4月3日、歴史上最大のデータ流出事件が発生しました。この「パナマ文書」により、金持ちや権力者がオフショア(租税回避地)口座に隠し持つ巨額の資産が明るみに出たのです。これにはどういう意味があるのでしょうか?グローバル・ウィットネスのロバート・パーマーに話を聞いてみました。

Script

[ On April 3,2016 we saw the largest data leak in history. ] [ The Panama Papers exposed rich and powerful people ] [ hiding vast amounts of money in offshore accounts. ] [ What does this mean? ] [ We called Robert Palmer of Global Witness to explain. ]

This week, there have been a whole slew and deluge of stories coming out from the leak of 11 million documents from a Panamanian-based law firm called Mossack Fonseca. The release of these papers from Panama lifts the veil on a tiny piece of the secretive offshore world. We get an insight into how clients and banks and lawyers go to companies like Mossack Fonseca and say, "OK, we want an anonymous company, can you give us one?" So you actually get to see the emails, you get to see the exchanges of messages, you get to see the mechanics of how this works, how this operates.

Now, this has already started to have pretty immediate repercussions. The Prime Minister of Iceland has resigned. We've also had news that an ally of the brutal Syrian dictator Bashar Al-Assad has also got offshore companies. There's been allegations of a $ 2 billion money trail that leads back to President Vladimir Putin of Russia via his close childhood friend, who happens to be a top cellist. And there will be a lot of rich individuals out there and others who will be nervous about the next set of stories and the next set of leaked documents.

Now, this sounds like the plot of a spy thriller or a John Grisham novel. It seems very distant from you, me, ordinary people. Why should we care about this? But the truth is that if rich and powerful individuals are able to keep their money offshore and not pay the taxes that they should, it means that there is less money for vital public services like healthcare, education, roads. And that affects all of us.

Now, for my organization Global Witness, this expose has been phenomenal. We have the world's media and political leaders talking about how individuals can use offshore secrecy to hide and disguise their assets -- something we have been talking about and exposing for a decade.

Now, I think a lot of people find this entire world baffling and confusing, and hard to understand how this sort of offshore world works. I like to think of it a bit like a Russian doll. So you can have one company stacked inside another company, stacked inside another company, making it almost impossible to really understand who is behind these structures. It can be very difficult for law enforcement or tax authorities, journalists, civil society to really understand what's going on.

I also think it's interesting that there's been less coverage of this issue in the United States. And that's perhaps because some prominent US people just haven't figured in this expose, in this scandal. Now, that's not because there are no rich Americans who are stashing their assets offshore. It's just because of the way in which offshore works, Mossack Fonseca has fewer American clients. I think if we saw leaks from the Cayman Islands or even from Delaware or Wyoming or Nevada, you would see many more cases and examples linking back to Americans.

In fact, in a number of US states you need less information, you need to provide less information to get a company than you do to get a library card. That sort of secrecy in America has allowed employees of school districts to rip off schoolchildren. It has allowed scammers to rip off vulnerable investors. This is the sort of behavior that affects all of us.

Now, at Global Witness, we wanted to see what this actually looked like in practice. How does this actually work? So what we did is we sent in an undercover investigator to 13 Manhattan law firms. Our investigator posed as an African minister who wanted to move suspect funds into the United States to buy a house, a yacht, a jet. Now, what was truly shocking was that all but one of those lawyers provided our investigator with suggestions on how to move those suspect funds. These were all preliminary meetings, and none of the lawyers took us on as a client and of course no money moved hands, but it really shows the problem with the system.

It's also important to not just think about this as individual cases. This is not just about an individual lawyer who's spoken to our undercover investigator and provided suggestions. It's not just about a particular senior politician who's been caught up in a scandal. This is about how a system works, that entrenches corruption, tax evasion, poverty and instability. And in order to tackle this, we need to change the game. We need to change the rules of the game to make this sort of behavior harder.

This may seem like doom and gloom, like there's nothing we can do about it, like nothing has ever changed, like there will always be rich and powerful individuals. But as a natural optimist, I do see that we are starting to get some change.

Over the last couple of years, we've seen a real push towards greater transparency when it comes to company ownership. This issue was put on the political agenda by the UK Prime Minister David Cameron at a big G8 Summit that was held in Northern Ireland in 2013. And since then, the European Union is going to be creating central registers at a national level of who really owns and controls companies across Europe.

One of the things that is sad is that, actually, the US is lagging behind. There's bipartisan legislation that had been introduced in the House and the Senate, but it isn't making as much progress as we'd like to see. So we'd really want to see the Panama leaks, this huge peek into the offshore world, be used as a way of opening up in the US and around the world.

For us at Global Witness, this is a moment for change. We need ordinary people to get angry at the way in which people can hide their identity behind secret companies. We need business leaders to stand up and say, "Secrecy like this is not good for business." We need political leaders to recognize the problem, and to commit to changing the law to open up this sort of secrecy.

Together, we can end the secrecy that is currently allowing tax evasion, corruption, money laundering to flourish.

[2016年4月3日 歴史上最大の データ流出が起こりました] [『パナマ文書』により 金持ちや権力者が] [オフショア(租税回避地)に隠し持つ 莫大な資金が表沙汰になりました] [これは何を意味するのでしょうか?] [グローバル・ウィットネスの ロバート・パーマーに聞いてみました]

今週 おびただしい数のニュースが 取り沙汰されています 1,100万件にも及ぶ 文書の流出によるもので 出処はパナマを拠点とする法律事務所 モサック・フォンセカです これらパナマ発の文書の流出で 秘密主義的なオフショア世界の姿が ほんの一部ですが露見しました これで判明したのが 銀行や弁護士などの顧客が モサック・フォンセカのような会社に 「匿名の会社が欲しいので 作ってください」 と依頼する実態です 実際にやり取りされたメールの 内容を読むことができ その仕組みや 運用のされ方がわかります

既に この流出事件の波紋が 一気に広がり始めています アイスランドの首相が辞職 他にも 残虐なシリアの独裁者 バシャール・アル=アサド大統領の協力者も オフショア法人を持っていると 報道されています また 20億ドルの資金の流れが浮上 ― これはロシアのプーチン大統領に つながっており 大統領の幼なじみで親友の 世界的チェロ奏者が関与しています 世界中の金持ちの中には 新たな一連のニュースや 新たな文書流出に ビクビクしている人々が まだまだいることでしょう

これって スパイ小説や ジョン・グリシャムの法廷ものの 筋書きみたいですよね あなたや私のような普通の人には 縁遠い話に思えます 関係ないことのように 思えるかもしれません でも 本当のところ 金持ちや権力者が オフショアに金を隠し持ち 納めるべき税金を 回避できるということは つまり医療や教育、道路整備など 重要な公共サービスのための 資金が入らないということになり 我々皆に影響するのです

私の組織 グローバル・ウィットネスにとって 今回の暴露はものすごい朗報でした 今 世界のメディアや政治リーダーが 個人による オフショア秘密管区を利用した ― 資産の隠匿について取り上げていますが これは 私の組織が10年に渡り 世に訴え 暴いてきたことです

さて このオフショア界が どう動いているのか わかりにくい、理解しづらいと 思っている人も多いでしょう ロシアのマトリョーシカ人形を 思い浮かべてみてください ある会社が 別の会社の中に入っていて その会社が また別の会社の中に入っていて その構造の裏に本当は誰が隠れているのかを 掴むのがほぼ不可能になります 警察組織や税務当局 ジャーナリスト、市民社会にとって 本当に何が起きているのか 把握が非常に難しくなります

また 興味深いことに アメリカではこの事件に関する報道が 他の国より少ないのです それは おそらく アメリカの重要人物が この暴露というかスキャンダルの中に まだ姿を現していないせいでしょう オフショアに資金を隠している 裕福なアメリカ人がいないからではなく オフショア取引の仕組みの関係で モサック・フォンセカに アメリカの顧客が少ないだけです もしも情報の流出元が ケイマン諸島だったり デラウェアやワイオミングや ネバダなんかだったら アメリカ人が関与する ケースや事例がもっと出てくるでしょう

事実 アメリカには 会社を作るために必要な情報が 図書館のカードを作るために 必要な情報より少ない州もあります アメリカに存在する こういった秘密主義のせいで 学校区の職員が生徒のための金を着服したり 人を信じやすい投資家から金を騙し取る 詐欺行為がまかり通っています 我々皆に関係ある行為です

グローバル・ウィットネスでは オフショア取引の実態が どうなっているのか どうやって機能しているのか 知りたいと思いました そこで私たちは マンハッタンにある13の法律事務所に 覆面調査員を送りました 調査員はアフリカの公使を装いました 不審な金をアメリカに移動し 家やヨット、飛行機の購入を 考えているという設定です 非常にショックなことに 調査した法律事務所のうち 1つを除いてすべてが 調査員に対し この不審な金の移動方法を提案したのです すべて初回の相談での話です どの法律事務所とも 取引は始まりませんでしたし 動いた資金もありませんでしたが 制度における問題点が露見しました

もう1つ大事なことは これを単独の事件に過ぎないなどと 考えないことです うちの覆面調査員にアドバイスを与えた 個別の法律事務所だけの話ではありません 今スキャンダルの渦中にいる 特定の大物政治家だけの話ではありません 制度の仕組み自体が問題なのです 汚職、租税回避、貧困や 政情不安定の温床だからです この問題に取り組むには ゲーム自体を変える必要があります ゲームのルールを変えて 不正をしにくくする必要があります

事態は厳しく、絶望的に 見えるかもしれません 自分にできることは何もないとか 今まで何も変わらなかったとか 金持ちや権力者は この先もいなくならないしとか でも 楽観的な視点からは 確実に変化が 起こり始めているようにも見えます

過去数年の間に 会社の所有者に関する情報の透明性に向け 大きな動きが見られてきました この問題への対策を政策に盛り込むと 英国のキャメロン首相が 2013年北アイルランドで開かれた G8サミットで表明しました それ以来 欧州連合では 国家単位での中央登記所で 欧州中の会社の真の所有者・管理者を 明らかにする方針です

残念なことに こういった動きに対し アメリカは遅れをとっています 二党共同で上院・下院に提出された法案がありますが 我々が期待するような進歩は 見られていません ですから パナマ文書のリークから オフショアの世界が垣間見えたことが アメリカや世界各地での開示を促す きっかけになってほしいものです

我々グローバル・ウィットネスは 今が変革を起こす時だと考えます 民衆は怒るべきです 匿名の会社を盾に身元を隠している 輩に対して憤るべきです ビジネスリーダーは 立ち上がり こういった秘密主義はビジネスに あるまじきことだと明言すべきです 政治リーダーは この問題に向き合い 秘密の開示につながる法改正を 公約すべきです

力を合わせることで 現在横行中の 租税回避や汚職 資金洗浄などを許している ― 秘密主義を終わりにできるのです

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画