TED日本語 - ロドリゴ・カナレス: 天下無双の違法薬物カルテル

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ロドリゴ・カナレス: 天下無双の違法薬物カルテル

TED Talks

天下無双の違法薬物カルテル
The deadly genius of drug cartels
ロドリゴ・カナレス
Rodrigo Canales

内容

メキシコでは、過去6年の間に10万人近くの命が、違法薬物関連の暴力抗争で失われています。我々は、メキシコでの違法薬物抗争を他人事だと考えがちです。しかし、我々はみな共犯者であると言うのは、イェール大学のロドリゴ・カナレス教授です。歯に衣を着せぬプレゼンの中で、カナレス教授は、我々がもつ違法薬物カルテルに対する誤った思い込みについて疑問を投げかけます。組織は名前も顔も分からない、血も涙もなく殺し合いをする殺し屋の集まりではなく、殺し合いは非常に洗練されたブランドの経営から生じるものなのです。

Script

In December of 2010, the city of Apatzingan in the coastal state of Michoacan, in Mexico, awoke to gunfire. For two straight days, the city became an open battlefield between the federal forces and a well-organized group, presumably from the local criminal organization, La Familia Michoacana, or the Michoacan family. The citizens didn't only experience incessant gunfire but also explosions and burning trucks used as barricades across the city, so truly like a battlefield. After these two days, and during a particularly intense encounter, it was presumed that the leader of La Familia Michoacana, Nazario Moreno, was killed.

In response to this terrifying violence, the mayor of Apatzingan decided to call the citizens to a march for peace. The idea was to ask for a softer approach to criminal activity in the state. And so, the day of the scheduled procession, thousands of people showed up. As the mayor was preparing to deliver the speech starting the march, his team noticed that, while half of the participants were appropriately dressed in white, and bearing banners asking for peace, the other half was actually marching in support of the criminal organization and its now-presumed-defunct leader. Shocked, the mayor decided to step aside rather than participate or lead a procession that was ostensibly in support of organized crime. And so his team stepped aside. The two marches joined together, and they continued their path towards the state capital.

This story of horrific violence followed by a fumbled approach by federal and local authorities as they tried to engage civil society, who has been very well engaged by a criminal organization, is a perfect metaphor for what's happening in Mexico today, where we see that our current understanding of drug violence and what leads to it is probably at the very least incomplete.

If you decided to spend 30 minutes trying to figure out what's going on with drug violence in Mexico by, say, just researching online, the first thing you would find out is that while the laws state that all Mexican citizens are equal, there are some that are more and there are some that are much less equal than others, because you will quickly find out that in the past six years anywhere between 60 and 100,000 people have lost their lives in drug-related violence. To put these numbers in perspective, this is eight times larger than the number of casualties in the Iraq and Afghanistan wars combined. It's also shockingly close to the number of people who have died in the Syrian civil war, which is an active civil war. This is happening just south of the border.

Now as you're reading, however, you will be maybe surprised that you will quickly become numb to the numbers of deaths, because you will see that these are sort of abstract numbers of faceless, nameless dead people. Implicitly or explicitly, there is a narrative that all the people who are dying were somehow involved in the drug trade, and we infer this because they were either tortured or executed in a professional manner, or, most likely, both. And so clearly they were criminals because of the way they died. And so the narrative is that somehow these people got what they were deserved. They were part of the bad guys. And that creates some form of comfort for a lot of people.

However, while it's easier to think of us, the citizens, the police, the army, as the good guys, and them, the narcos, the carteles, as the bad guys, if you think about it, the latter are only providing a service to the former. Whether we like it or not, the U.S. is the largest market for illegal substances in the world, accounting for more than half of global demand. It shares thousands of miles of border with Mexico that is its only route of access from the South, and so, as the former dictator of Mexico, Porfirio Diaz, used to say, "Poor Mexico, so far from God and so close to the United States."

The U.N. estimates that there are 55 million users of illegal drugs in the United States. Using very, very conservative assumptions, this yields a yearly drug market on the retail side of anywhere between 30 and 150 billion dollars. If we assume that the narcos only have access to the wholesale part, which we know is false, that still leaves you with yearly revenues of anywhere between 15 billion and 60 billion dollars. To put these numbers in perspective, Microsoft has yearly revenues of 60 billion dollars. And it so happens that this is a product that, because of its nature, a business model to address this market requires you to guarantee to your producers that their product will be reliably placed in the markets where it is consumed. And the only way to do this, because it's illegal, is to have absolute control of the geographic corridors that are used to transport drugs. Hence the violence. If you look at a map of cartel influence and violence, you will see that it almost perfectly aligns with the most efficient routes of transportation from the south to the north. The only thing that the cartels are doing is that they're trying to protect their business.

It's not only a multi-billion dollar market, but it's also a complex one. For example, the coca plant is a fragile plant that can only grow in certain latitudes, and so it means that a business model to address this market requires you to have decentralized, international production, that by the way needs to have good quality control, because people need a good high that is not going to kill them and that is going to be delivered to them when they need it. And so that means they need to secure production and quality control in the south, and you need to ensure that you have efficient and effective distribution channels in the markets where these drugs are consumed. I urge you, but only a little bit, because I don't want to get you in trouble, to just ask around and see how difficult it would be to get whatever drug you want, wherever you want it, whenever you want it, anywhere in the U.S., and some of you may be surprised to know that there are many dealers that offer a service where if you send them a text message, they guarantee delivery of the drug in 30 minutes or less.

Think about this for a second. Think about the complexity of the distribution network that I just described. It's very difficult to reconcile this with the image of faceless, ignorant goons that are just shooting each other, very difficult to reconcile.

Now, as a business professor, and as any business professor would tell you, an effective organization requires an integrated strategy that includes a good organizational structure, good incentives, a solid identity and good brand management. This leads me to the second thing that you would learn in your 30-minute exploration of drug violence in Mexico. Because you would quickly realize, and maybe be confused by the fact, that there are three organizations that are constantly named in the articles. You will hear about Los Zetas, the Knights Templar, which is the new brand for the Familia Michoacana that I spoke about at the beginning, and the Sinaloa Federation. You will read that Los Zetas is this assortment of sociopaths that terrify the cities that they enter and they silence the press, and this is somewhat true, or mostly true. But this is the result of a very careful branding and business strategy. You see, Los Zetas is not just this random assortment of individuals, but was actually created by another criminal organization, the Gulf Cartel, that used to control the eastern corridor of Mexico. When that corridor became contested, they decided that they wanted to recruit a professional enforcement arm. So they recruited Los Zetas: an entire unit of elite paratroopers from the Mexican Army. They were incredibly effective as enforcers for the Gulf Cartel, so much so that at some point, they decided to just take over the operations, which is why I ask you to never keep tigers as pets, because they grow up. Because the Zetas organization was founded in treason, they lost some of the linkages to the production and distribution in the most profitable markets like cocaine, but what they did have, and this is again based on their military origin, was a perfectly structured chain of command with a very clear hierarchy and a very clear promotion path that allowed them to supervise and operate across many, many markets very effectively, which is the essence of what a chain of command seeks to do. And so because they didn't have access to the more profitable drug markets, this pushed them and gave them the opportunity to diversify into other forms of crime. That includes kidnapping, prostitution, local drug dealing and human trafficking, including of migrants that go from the south to the U.S. So what they currently run is truly and quite literally a franchise business. They focus most of their recruiting on the army, and they very openly advertise for better salaries, better benefits, better promotion paths, not to mention much better food, than what the army can deliver. The way they operate is that when they arrive in a locality, they let people know that they are there, and they go to the most powerful local gang and they say, "I offer you to be the local representative of the Zeta brand." If they agree -- and you don't want to know what happens if they don't -- they train them and they supervise them on how to run the most efficient criminal operation for that town, in exchange for royalties. This kind of business model obviously depends entirely on having a very effective brand of fear, and so Los Zetas carefully stage acts of violence that are spectacular in nature, especially when they arrive first in a city, but again, that's just a brand strategy. I'm not saying they're not violent, but what I am saying is that even though you will read that they are the most violent of all, when you count, when you do the body count, they're actually all the same.

In contrast to them, the Knights Templar that arose in Michoacan emerged in reaction to the incursion of the Zetas into the state of Michoacan. Michoacan is a geographically strategic state because it has one of the largest ports in Mexico, and it has very direct routes to the center of Mexico, which then gives you direct access to the U.S. The Knights Templar realized very quickly that they couldn't face the Zetas on violence alone, and so they developed a strategy as a social enterprise. They brand themselves as representative of and protecting of the citizens of Michoacan against organized crime. Their brand of social enterprise means that they require a lot of civic engagement, so they invest heavily in providing local services, like dealing with home violence, going after petty criminals, treating addicts, and keeping drugs out of the local markets where they are, and, of course, protecting people from other criminal organizations. Now, they kill a lot of people too, but when they kill them, they provide very careful narratives and descriptions for why they did them, through newspaper insertions, YouTube videos, and billboards that explain that the people who were killed were killed because they represented a threat not to us, as an organization, of course, but to you, as citizens. And so we're actually here to protect you. They, as social enterprises do, have created a moral and ethical code that they advertise around, and they have very strict recruiting practices. And here you have the types of explanations that they provide for some of their actions. They have actually retained access to the profitable drug trade, but the way they do it is, because they control all of Michoacan, and they control the Port of Lazaro Cardenas, they leverage that to, for example, trade copper from Michoacan that is legally created and legally extracted with illegal ephedrine from China which is a critical precursor for methamphetamines that they produce, and then they have partnerships with larger organizations like the Sinaloa Federation that place their products in the U.S.

Finally, the Sinaloa Federation. When you read about them, you will often read about them with an undertone of reverence and admiration, because they are the most integrated and the largest of all the Mexican organizations, and, many people argue, the world. They started as just sort of a transport organization that specialized in smuggling between the U.S. and the Mexican borders, but now they have grown into a truly integrated multinational that has partnerships in production in the south and partnerships in global distribution across the planet. They have cultivated a brand of professionalism, business acumen and innovation. They have designed new drug products and new drug processes. They have designed narco-tunnels that go across the border, and you can see that these are not "The Shawshank Redemption" types. They have invented narco-submarines and boats that are not detected by radar. They have invented drones to transport drugs, catapults, you name it. One of the leaders of the Sinaloa Federation actually made it to the Forbes list.

[ # 701 Joaquin Guzman Loera ]

Like any multinational would, they have specialized and focused only in the most profitable part of the business, which is high-margin drugs like cocaine, heroine, methamphetamines. Like any traditional Latin American multinational would, the way they control their operations is through family ties. When they're entering a new market, they send a family member to supervise it, or, if they're partnering with a new organization, they create a family tie, either through marriages or other types of ties. Like any other multinational would, they protect their brand by outsourcing the more questionable parts of the business model, like for example, when they have to engage in violence against other criminal organizations, they recruit gangs and other smaller players to do the dirty work for them, and they try to separate their operations and their violence and be very discrete about this.

To further strengthen their brand, they actually have professional P.R. firms that shape how the press talks about them. They have professional videographers on staff. They have incredibly productive ties with the security organizations on both sides of the border.

And so, differences aside, what these three organizations share is on the one hand, a very clear understanding that institutions can not be imposed from the top, but rather they are built from the bottom up one interaction at a time. They have created extremely coherent structures that they use to show the inconsistencies in government policies.

And so what I want you to remember from this talk are three things. The first one is that drug violence is actually the result of a huge market demand and an institutional setup that forces the servicing of this market to necessitate violence to guarantee delivery routes. The second thing I want you to remember is that these are sophisticated, coherent organizations that are business organizations, and analyzing them and treating them as such is probably a much more useful approach. The third thing I want you to remember is that even though we're more comfortable with this idea of "them," a set of bad guys separated from us, we are actually accomplices to them, either through our direct consumption or through our acceptance of the inconsistency between our policies of prohibition and our actual behavior of tolerance or even encouragement of consumption.

These organizations service, recruit from, and operate within our communities, so necessarily, they are much more integrated within them than we are comfortable acknowledging. And so to me the question is not whether these dynamics will continue the way they have. We see that the nature of this phenomenon guarantees that they will. The question is whether we are willing to continue our support of a failed strategy based on our stubborn, blissful, voluntary ignorance at the cost of the deaths of thousands of our young.

Thank you.

(Applause)

2010年12月 メキシコ太平洋沿岸の ミチョアカン州 アパチンガン市は 銃声に起こされました その後アパチンガン市は 連邦警察と綿密に構築された組織との間の 抗争の場と化し 銃声はまるまる2日間続いたのです 組織は地元の犯罪組織である ラ・ファミリア・ミチョアカーナだと考えられています 市民は止むことのない銃撃戦のみならず 爆発や 道を封鎖するバリケードとして使われた 火の放たれたトラックなどを目の当たりにしたのです 言葉通りその光景は戦場でした この2日間の後 激しい交戦の最中 ラ・ファミリア・ミチョアカーナの主導者である ナザリオ・モレノが殺害されたと推測されました

このような恐ろしい暴力的な事件があったことから アパチンガン市長は 市民に呼びかけ 平和を訴えるためのデモ行進をすることを決意しました ミチョアカン州で発生している犯罪行為に対して 平和的なアプローチを試みようという考えでした そして そのデモ行進の当日 何千人もの市民が一同に集いました 市長がデモ開始の演説をしようと 準備していたその矢先 市長の側近たちがあることに気付きました 参加者の半分は平和を訴えるデモ行進にふさわしく 白いコスチュームを身にまとい 平和を訴えるプラカードをかかげげていたのですが 残りの半分のデモ行進の参加者たちは 犯罪組織と死んだはずのリーダーを サポートする人たちの集まりだったのです 市長はショックを受け 行進を統率することを 諦めざるを得ませんでした デモ行進がまるで 犯罪組織を支持しているように見えたからです 市長たちはデモから退き 2つの行進列が一緒に 止まることなく 州議会議事堂まで突き進みました

この恐ろしい暴力の話と 連邦政府や地方当局が市民を 当局側へ結束させようとして失敗したことは 昨今のメキシコが置かれている状況をよく表しています メキシコの一般市民たちは犯罪組織と 非常に深く結びついているのです 薬物取引に端を発する暴力と 何がそのようなことに至らしめているかについて 実は我々のほとんどは理解していないのです

もし皆さんがメキシコの違法薬物取引や 暴力についての 問題について30分間ネット検索し 事態を理解しようとすると まず最初に皆さんがお気付きになるのは 法律が国民はすべて平等であると謳っている傍らで 平等以上の取り分を得たり 分配がずっと平等以下な人が存在するということです また すぐに 過去6年の間に 6万人から10万人の命が 違法薬物に関わる抗争に巻き込まれて 失われていることに気付くはずです これらの数字ですが イラクとアフガニスタン戦争を合わせた死者の 8倍に及びます またこの数字がシリアの内戦の死者に近いということも 驚くべき事実です シリアの内戦は現在進行中です これはアメリカとの国境のすぐ南で起きているのです

いろいろ検索している間に あっという間に死者の数に何も感じなくなっている 自分にショックを受けるかもしれません 死者数は 抽象的な数字でしかなく 顔も名前もわからない死者の数でしかないのですから 敢えて言わないにしても そこには薬物取引に関与し 命を落としていった人たちがいます これらの人たちは 拷問にあったか プロの殺し屋にやられたか ほんんどの場合はその両方であろうと推測されます これらの人たちは 死に方からして 犯罪に関与した人間に違いなさそうです このような人たちは殺されるべくして 殺されたのでしょう 彼らは悪者の一味だったのですから このように考えることで多くの人々は 気が楽になるのです

我々市民や警察や軍隊が 善良な側であり 違法薬物の売人やカルテルの連中が 悪者だ と片付けることは簡単ですが ちょっと考えてみてください 後者は前者にサービスを提供しているにすぎません 好むとも好まざるにかかわらず 米国は違法薬物の 世界最大の市場なのです 世界の需要の半分以上を占めています 米国とメキシコは 何千マイルにも及ぶ国境が隔てているだけで 違法薬物はその国境を越えて 運びこまれるのです メキシコのかつての独裁者 ポルフィリオ・ディアスは よくこう言っていたそうです 「メキシコは神のもとからはるかに遠く 米国にはあまりにも近い 何とも哀れなことか」と

国連によると約5500万人の違法薬物の使用者が 米国には存在すると推定されています 極めて控えめに見積もっても 違法薬物小売り市場の年間の取引は 300億から1500億ドルの間であると されています 違法薬物組織が卸売のみを受け持っているとしても ― 実際はそうではないことは 知られていますが ― 年間の収入はそれだけでも 150億から600億ドルにはなるはずです これはどのような数字なのでしょうか マイクロソフト社の年間収入は600億ドルです このような収入を実現するには 商品の性質上 この市場を確保するためのビジネスモデルとして 生産者に対して商品が 消費地まで確実に届けられることを 保証できることが 求められます 扱う商品が不法であるが故 安定供給の為には 薬物密輸に使用する 地理的なルートを完全に掌握することが必要です ゆえに暴力的な行為が余儀なくされます カルテルの影響と暴力的行為の分布を見てみると これらがほとんどが 南から 北へと向かう輸送ルートと ほぼ完璧に重なっていることが分かります カルテルは ただ単に 自らのビジネスを担保しようとしているだけなのです

この市場は 数十億ドルにおよぶだけでなく 非常に複雑に入り組んだ市場なのです 例えば コカの木はとても弱く 限られた緯度でしか栽培できません つまりビジネスモデルとして この市場に参入しようとしたら 分散した国際的な生産拠点が必要不可欠なのです そしてそのためには品質管理が 必要とされます なぜならば 薬物使用者は 命が脅かされる心配のない 質の良い「ハイ」を求めているからです また 使用者が必要な時に 届けられなければなりません ですから 南での生産と品質管理を 確実に行う必要があります そしてまた違法薬物が消費される地域において 効率的な流通経路が 必要となります 皆さんが 問題にならない範囲で ドラッグを手に入れてみようと 試してみたとしたら アメリカのどこにいても どんなドラッグであれ いとも簡単に 好きな時に手に入ることがお分かりになると思います テクストを送信するだけで 30分以内に配達を約束してくれる 売人が多くいることに 驚くことでしょう いとも簡単にです

ちょっと考えてみてください 私がお話した複雑極まりない 流通のネットワークを考えてみると 高度な流通ネットワークを構築する集団と 互いを銃で打ち合う 怖いもの知らずの暴漢の集団というイメージとの ギャップを埋めることは 非常に難しいのです

経営学の教授なら 誰でもこう言うことでしょう 効率的な組織には しっかりした組織の構造や 強い動機付け 確固たるアイデンティティや ブランド管理などを含んだ ― 包括的な戦略が求められます そう考えると また別のことが見えてきます メキシコでの違法薬物抗争についての30分の調査をしたら 3つの組織が常に紙面を にぎわしていることにすぐに気づき またその事実に 困惑させられるかもしれません ロス・セタスと 先ほど話した ― ラ・ファミリア・ミチョアカーナ改め テンプル騎士団 そして シナロア・カルテルが 登場します ロス・セタスはいくつもの都市を震撼させる 社会病質者の寄せ集めで マスコミの口封じができる組織だということが 書かれた記事に遭遇するかもしれません これらは当たらずとも遠からずです 彼らのやり方は巧妙に考案されたブランドイメージと ビジネスの戦略の賜物なのです お分かりでしょうか ロス・セタスは 単に個人の寄せ集めではなく メキシコ東側の違法薬物流通ルートを取り仕切っていた ガルフ・カルテルという 別の犯罪組織が作った組織なのです 東側ルートが危うくなってきた時 組織はプロの実行部隊を 雇い入れようと決断したのです そのような経緯で ロス・セタスに白羽の矢が立ちました メキシコ軍の落下傘兵部隊の精鋭が丸ごと ロス・セタスなのです ロス・セタスはガルフ・カルテルにとって 非常に頼りになる用心棒でした 強力すぎて ついには代わりに すべて取り仕切るようになりました 皆さんも 虎をペットに飼うような真似は しない方が懸命です ペットは成長しますから ロス・セタスは裏切りによって 形成されたので コカインのような 最も利ざやの高い市場における 生産と流通への関与の機会を失いました しかし 軍隊出身ゆえに 彼らが持ち合わせていた はっきりした上下関係と 完璧に構築された指示命令体系と 分かりやすい人事評価制度で 多数の市場を効果的に 管理し運営することを 可能にしたのでした これこそまさに 彼らのもつ命令体系が うまく機能する分野でした 利潤の多い違法薬物市場への アクセスが与えられなかったことは 彼らを追い詰め 別の種類の犯罪へと 向かわせることになりました それには誘拐、売春 地元地域での薬物取引、人身売買 南から米国への不法移民の斡旋等が含まれます 彼らが昨今行うビジネスの形態というのは まさにフランチャイズ・ビジネスそのものなのです 彼らの人材のほとんどは軍隊からの引き抜きで より高給であること より厚遇されること 出世のチャンスが見込めることを 大々的に宣伝しています 食べ物も軍隊時代に比べて ずっと良いものにありつけることは言うまでもありません 彼らの常套手段として ある地域に到着した時に その存在を大々的に知らしめます そして地域で最有力のギャングのところへ行き 「お前をロス・セタスブランドを名乗る ― この地域のエージェントにしてやる」 と言うのです 合意できなければ 知りたくもない事態になりますが 双方が合意がすれば 利権料と引き換えに 町ごとに最も効率的な犯罪組織の運営方法を エージェントに教育・監督します このようなビジネスモデルが成功する条件は 有無を言わせない 恐怖のブランドを持っていることです そしてロス・セタスは 目を見張るような暴力行為を 注意深く演出します 始めて訪れた町では特に圧巻です しかし繰り返しますが これはブランド戦略に過ぎません 確かにロス・セタスが 暴力的ではないとは言いませんが 彼らが最も暴力的な組織だと どこかに書いてあったとしても 違法薬物紛争で殺害された死者数を比べると どの組織も似たりよったりです

対照的にミチョアカン州の テンプル騎士団は 同州に侵入しようとする ロス・セタスの対抗勢力として 結成されました ミチョアカン州の場所は戦略的に重要です メキシコ最大の港をもち メキシコ中部に直接のルートをもっています それは直接米国へとつながっているのです テンプル騎士団は ロス・セタスに対して 武力抗争だけでは勝ち目がないと いち早く悟り 社会的企業としての 戦略を発展させて行ったのです 自分たちは ミチョアカンの人々を 組織犯罪から守るための 組織だとアピールしたのです 社会的企業というブランドを構築するため 様々な市民活動への参加が不可欠で 地域へのサービス 例えば家庭内暴力 小犯罪の取り締まり 中毒患者のケア ミチョアカンからの違法薬物の撲滅 等に多額の投資をし 地域に貢献をしたのです そして無論 市民を他の犯罪組織から 守ったのです 確かにテンプル騎士団もまた多くの人々を殺害しましたが 殺害を行う際 テンプル騎士団は なぜ殺害するに至ったかといういきさつを 非常に注意深く説明したのでした 新聞折り込みや、YouTubeのビデオや、屋外広告で 殺害の理由がこんなふうに説明されました 殺害されたのは 我々の組織に脅威だったからではなく 市民を 脅かしたからにほかならない 皆さんを守るのが我々の役目なのだと 彼らは他の社会的企業と同様に モラルと倫理規定をつくり それを宣伝しました 彼らの採用方針も厳格でした 例えば彼らはこんな風に 説明をしています 騎士団は実際には 儲けの大きい薬物取引に 関わっていますが 彼らは ミチョアカン州と ラサロ カルデナス港を支配しているので それをうまく活用しています 例えば 合法的に製錬され製造された ミチョアカンの銅製品と 中国産の非合法なエフェドリンを取引します これは 彼らの製品であるメタンフェタミンの重要な前駆体です そしてシナロア・カルテルのように アメリカ国内に製品の流通経路を持つ より大きな組織と手を組んでいます

さてシナロア・カルテルが最後になりましたが シナロア・カルテルについて読むと 畏敬の念をもって書かれているのに 気付かれるかもしれません 彼らは統合のとれた メキシコで いや 多くの人の意見では世界で 最大の組織なのです シナロア・カルテルはメキシコ国境と米国間の 密輸を行う運び屋の組織として 発足しましたが 今では見事に 多国籍組織として統合がなされ 南での生産から世界的な販売網にいたるまで 様々なパートナーシップをもつ 組織に成長しています プロ集団としてのブランド戦略 ビジネスに関する洞察と革新を 押し進めてきました シナロア・カルテルは新しい薬物や 新規の薬物精製プロセスを編み出し 国境の地下に薬物密輸のための トンネルも作りあげました ご覧のように 映画『ショーシャンクの空に』風の 手作りトンネルではありません 彼らはレーダーに察知されない 薬物密輸のための 潜水艦や船を考案しました 彼らは違法薬物を密輸するためのドローンや カタパルトまで 何でも作り出します シナロア・カルテルのリーダーの一人は なんとフォーブスのリストにも載っています

[世界の富豪 ホアキン・グズマン・ロエラ]

他の多国籍組織がそうであるようにもっとも利ざやのある 取引に的を絞り特化したのです 例えばコカインやヘロイン メタンフェタミンのように また多くのラテンアメリカの多国籍組織がするように 運営管理においては 家族の絆を利用しました 新しい市場を開拓する時 シナロア・カルテルは 監督者として家族を送り込むか 新しい組織と手を組み 家族の絆を 結婚とか その他の絆を通じて 作り上げました また他の多国籍組織がそうであるように ブランドイメージを守るために 外部委託を活用しました 業務の中で問題となりそうな部分については 例えば他の犯罪組織と 力で対決せざるをえないときには 他のギャングや小さな組織を雇って 彼らに汚れ仕事は任せます 彼らの通常業務と抗争を はっきりと分離するのです

シナロア・カルテルを更に強化するために 本格的なPR集団をもつことで マスコミの報道をコントロールするのです プロのビデオ作成者も抱えています シナロア・カルテルは国境の両側の セキュリティ機関との間に 非常に生産的な絆を構築しています

それぞれの組織の特徴はさておき どの組織にも共通して見られるのは トップダウンの運営を組織に押し付けることは できないという明晰な理解があり 組織はボトムアップで 一つずつのつながりを大切にします 各組織は 高い一貫性を持っていて 政府の政策のほうに 矛盾が見つかるくらいでした

私の今日のプレゼンで覚えておいてほしいことが 3つあります まず1つ目は違法薬物に関わる抗争の原因は 実は 市場からの 大きな需要と この市場へのルートを確保するために どうしても暴力が必要とされてしまうという 組織の成り立ち方にあるということです 次に覚えておいていただきたいのは これらは高度に洗練された 一貫性のある組織 それも企業組織であることです そのように分析し認識することが 有効的なアプローチだと思われるということです 覚えておいていただきたい3つ目のことは 組織の連中は 我々とは違う悪人たちだ と考えられれば楽ですが 実際は 薬物を使ったり 違法薬物禁止の政策に対して 現実的には許容していたり 違法薬物の使用を助長するような風潮があるという 不一致を容認していることによって 彼らの共犯者になっているのです

組織は我々の地域の中で サービスを提供し 人材を見つけ 活動しています 我々が安易に考えている以上に 彼らは組織として広範に統合された存在です ですから 私が投げかけたい質問は このようなダイナミクスが 今後も続くのかということではありません この現象の特質を考えてみても 今後も活動し続けることは明らかだからです 問題は私たちがこれからも うまくいかない戦略を 続けるのかということです 相変わらず現実から目を背けたままのお気楽な戦略です その場合には 何千もの若者の命が犠牲になり続けるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画