TED日本語 - デヴィッド・ロスコフ: 恐怖が動かすアメリカの政治

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - デヴィッド・ロスコフ: 恐怖が動かすアメリカの政治

TED Talks

恐怖が動かすアメリカの政治
How fear drives American politics
デヴィッド・ロスコフ
David Rothkopf

内容

アメリカ政府には新たな発想がないのでしょうか?アメリカの政界は、未来の創造よりも、恐怖や意図的な無視へと後退しているように思えることがあります。ジャーナリストのデヴィッド・ロスコフは、アメリカの指導者達がうまく対処できていない重要な課題をいくつか紹介します。サイバー犯罪や世界を揺さぶるような新技術、現代の全面戦争の現実などです。そして彼は、恐怖は一旦棚上げにして、新たなビジョンが必要だと説きます。

Script

What I'd like to do is talk to you a little bit about fear and the cost of fear and the age of fear from which we are now emerging. I would like you to feel comfortable with my doing that by letting you know that I know something about fear and anxiety. I'm a Jewish guy from New Jersey.

(Laughter)

I could worry before I could walk.

(Laughter)

Please, applaud that.

(Applause)

Thank you.

But I also grew up in a time where there was something to fear. We were brought out in the hall when I was a little kid and taught how to put our coats over our heads to protect us from global thermonuclear war. Now even my seven-year-old brain knew that wasn't going to work. But I also knew that global thermonuclear war was something to be concerned with.

And yet, despite the fact that we lived for 50 years with the threat of such a war, the response of our government and of our society was to do wonderful things. We created the space program in response to that. We built our highway system in response to that. We created the Internet in response to that. So sometimes fear can produce a constructive response. But sometimes it can produce an un-constructive response.

On September 11,2001,19 guys took over four airplanes and flew them into a couple of buildings. They exacted a horrible toll. It is not for us to minimize what that toll was. But the response that we had was clearly disproportionate -- disproportionate to the point of verging on the unhinged. We rearranged the national security apparatus of the United States and of many governments to address a threat that, at the time that those attacks took place, was quite limited. In fact, according to our intelligence services, on September 11,2001, there were 100 members of core Al-Qaeda. There were just a few thousand terrorists. They posed an existential threat to no one.

But we rearranged our entire national security apparatus in the most sweeping way since the end of the Second World War. We launched two wars. We spent trillions of dollars. We suspended our values. We violated international law. We embraced torture. We embraced the idea that if these 19 guys could do this, anybody could do it. And therefore, for the first time in history, we were seeing everybody as a threat. And what was the result of that? Surveillance programs that listened in on the emails and phone calls of entire countries -- hundreds of millions of people -- setting aside whether those countries were our allies, setting aside what our interests were. I would argue that 15 years later, since today there are more terrorists, more terrorist attacks, more terrorist casualties -- this by the count of the U.S. State Department -- since today the region from which those attacks emanate is more unstable than at any time in its history, since the Flood, perhaps, we have not succeeded in our response.

Now you have to ask, where did we go wrong? What did we do? What was the mistake that was made? And you might say, well look, Washington is a dysfunctional place. There are political food fights. We've turned our discourse into a cage match. And that's true. But there are bigger problems, believe it or not, than that dysfunction, even though I would argue that dysfunction that makes it impossible to get anything done in the richest and most powerful country in the world is far more dangerous than anything that a group like ISIS could do, because it stops us in our tracks and it keeps us from progress.

But there are other problems. And the other problems came from the fact that in Washington and in many capitals right now, we're in a creativity crisis. In Washington, in think tanks, where people are supposed to be thinking of new ideas, you don't get bold new ideas, because if you offer up a bold new idea, not only are you attacked on Twitter, but you will not get confirmed in a government job. Because we are reactive to the heightened venom of the political debate, you get governments that have an us-versus-them mentality, tiny groups of people making decisions. When you sit in a room with a small group of people making decisions, what do you get? You get groupthink. Everybody has the same worldview, and any view from outside of the group is seen as a threat. That's a danger. You also have processes that become reactive to news cycles. And so the parts of the U.S. government that do foresight, that look forward, that do strategy -- the parts in other governments that do this -- can't do it, because they're reacting to the news cycle. And so we're not looking ahead.

On 9/11, we had a crisis because we were looking the wrong way. Today we have a crisis because, because of 9/11, we are still looking in the wrong direction, and we know because we see transformational trends on the horizon that are far more important than what we saw on 9/11; far more important than the threat posed by these terrorists; far more important even than the instability that we've got in some areas of the world that are racked by instability today. In fact, the things that we are seeing in those parts of the world may be symptoms. They may be a reaction to bigger trends. And if we are treating the symptom and ignoring the bigger trend, then we've got far bigger problems to deal with.

And so what are those trends? Well, to a group like you, the trends are apparent. We are living at a moment in which the very fabric of human society is being rewoven. If you saw the cover of The Economist a couple of days ago -- it said that 80 percent of the people on the planet, by the year 2020, would have a smartphone. They would have a small computer connected to the Internet in their pocket. In most of Africa, the cell phone penetration rate is 80 percent. We passed the point last October when there were more mobile cellular devices, SIM cards, out in the world than there were people. We are within years of a profound moment in our history, when effectively every single human being on the planet is going to be part of a man-made system for the first time, able to touch anyone else -- touch them for good, touch them for ill. And the changes associated with that are changing the very nature of every aspect of governance and life on the planet in ways that our leaders ought to be thinking about, when they're thinking about these immediate threats.

On the security side, we've come out of a Cold War in which it was too costly to fight a nuclear war, and so we didn't, to a period that I call Cool War, cyber war, where the costs of conflict are actually so low, that we may never stop. We may enter a period of constant warfare, and we know this because we've been in it for several years. And yet, we don't have the basic doctrines to guide us in this regard. We don't have the basic ideas formulated. If someone attacks us with a cyber attack, do have the ability to respond with a kinetic attack? We don't know. If somebody launches a cyber attack, how do we deter them? When China launched a series of cyber attacks, what did the U.S. government do? It said, we're going to indict a few of these Chinese guys, who are never coming to America. They're never going to be anywhere near a law enforcement officer who's going to take them into custody. It's a gesture -- it's not a deterrent.

Special forces operators out there in the field today discover that small groups of insurgents with cell phones have access to satellite imagery that once only superpowers had. In fact, if you've got a cell phone, you've got access to power that a superpower didn't have, and would have highly classified 10 years ago. In my cell phone, I have an app that tells me where every plane in the world is, and its altitude, and its speed, and what kind of aircraft it is, and where it's going and where it's landing. They have apps that allow them to know what their adversary is about to do. They're using these tools in new ways. When a cafe in Sydney was taken over by a terrorist, he went in with a rifle ... and an iPad. And the weapon was the iPad. Because he captured people, he terrorized them, he pointed the iPad at them, and then he took the video and he put it on the Internet, and he took over the world's media.

But it doesn't just affect the security side. The relations between great powers -- we thought we were past the bipolar era. We thought we were in a unipolar world, where all the big issues were resolved. Remember? It was the end of history. But we're not. We're now seeing that our basic assumptions about the Internet -- that it was going to connect us, weave society together -- are not necessarily true. In countries like China, you have the Great Firewall of China. You've got countries saying no, if the Internet happens within our borders we control it within our borders. We control the content. We are going to control our security. We are going to manage that Internet. We are going to say what can be on it. We're going to set a different set of rules. Now you might think, well, that's just China. But it's not just China. It's China, India, Russia. It's Saudi Arabia, it's Singapore, it's Brazil. After the NSA scandal, the Russians, the Chinese, the Indians, the Brazilians, they said, let's create a new Internet backbone, because we can't be dependent on this other one. And so all of a sudden, what do you have? You have a new bipolar world in which cyber-internationalism, our belief, is challenged by cyber-nationalism, another belief.

We are seeing these changes everywhere we look. We are seeing the advent of mobile money. It's happening in the places you wouldn't expect. It's happening in Kenya and Tanzania, where millions of people who haven't had access to financial services now conduct all those services on their phones. There are 2.5 million people who don't have financial service access that are going to get it soon. A billion of them are going to have the ability to access it on their cell phone soon. It's not just going to give them the ability to bank. It's going to change what monetary policy is. It's going to change what money is. Education is changing in the same way. Healthcare is changing in the same way. How government services are delivered is changing in the same way.

And yet, in Washington, we are debating whether to call the terrorist group that has taken over Syria and Iraq ISIS or ISIL or Islamic State. We are trying to determine how much we want to give in a negotiation with the Iranians on a nuclear deal which deals with the technologies of 50 years ago, when in fact, we know that the Iranians right now are engaged in cyber war with us and we're ignoring it, partially because businesses are not willing to talk about the attacks that are being waged on them.

And that gets us to another breakdown that's crucial, and another breakdown that couldn't be more important to a group like this, because the growth of America and real American national security and all of the things that drove progress even during the Cold War, was a public-private partnership between science, technology and government that began when Thomas Jefferson sat alone in his laboratory inventing new things. But it was the canals and railroads and telegraph; it was radar and the Internet. It was Tang, the breakfast drink -- probably not the most important of those developments. But what you had was a partnership and a dialogue, and the dialogue has broken down. It's broken down because in Washington, less government is considered more. It's broken down because there is, believe it or not, in Washington, a war on science -- despite the fact that in all of human history, every time anyone has waged a war on science, science has won.

(Applause)

But we have a government that doesn't want to listen, that doesn't have people at the highest levels that understand this. In the nuclear age, when there were people in senior national security jobs, they were expected to speak throw-weight. They were expected to know the lingo, the vocabulary. If you went to the highest level of the U.S. government now and said, "Talk to me about cyber, about neuroscience, about the things that are going to change the world of tomorrow," you'd get a blank stare. I know, because when I wrote this book, I talked to 150 people, many from the science and tech side, who felt like they were being shunted off to the kids' table. Meanwhile, on the tech side, we have lots of wonderful people creating wonderful things, but they started in garages and they didn't need the government and they don't want the government. Many of them have a political view that's somewhere between libertarian and anarchic: leave me alone.

But the world's coming apart. All of a sudden, there are going to be massive regulatory changes and massive issues associated with conflict and massive issues associated with security and privacy. And we have even gotten to the next set of issues, which are philosophical issues. If you can't vote, if you can't have a job, if you can't bank, if you can't get health care, if you can't be educated without Internet access, is Internet access a fundamental right that should be written into constitutions? If Internet access is a fundamental right, is electricity access for the 1.2 billion who don't have access to electricity a fundamental right? These are fundamental issues. Where are the philosophers? Where's the dialogue?

And that brings me to the reason that I'm here. I live in Washington. Pity me.

(Laughter)

The dialogue isn't happening there. These big issues that will change the world, change national security, change economics, create hope, create threats, can only be resolved when you bring together groups of people who understand science and technology back together with government. Both sides need each other. And until we recreate that connection, until we do what helped America grow and helped other countries grow, then we are going to grow ever more vulnerable. The risks associated with 9/11 will not be measured in terms of lives lost by terror attacks or buildings destroyed or trillions of dollars spent. They'll be measured in terms of the costs of our distraction from critical issues and our inability to get together scientists, technologists, government leaders, at a moment of transformation akin to the beginning of the Renaissance, akin to the beginning of the major transformational eras that have happened on Earth, and start coming up with, if not the right answers, then at least the right questions.

We are not there yet, but discussions like this and groups like you are the places where those questions can be formulated and posed. And that's why I believe that groups like TED, discussions like this around the planet, are the place where the future of foreign policy, of economic policy, of social policy, of philosophy, will ultimately take place. And that's why it's been a pleasure speaking to you.

Thank you very, very much.

(Applause)

お話しようと思っているのは 恐怖のこと 恐怖の代償のこと そして 今 私たちが抜け出そうとしている 恐怖の時代のことです 皆さんには 私の話を 落ち着いて聞いて欲しいと思います 私は 恐怖と不安について よく知っているんですから 私はニュージャージー出身の ユダヤ系なんです

(笑)

歩き出す前から 不安を抱えていたんです

(笑)

ここは拍手をするところですよ

(拍手)

ありがとう

それに私が育ったのは 恐怖の時代でした 小さい頃 講堂に出るように言われ 頭からコートを被って 地球規模の核戦争から 身を守る方法を教わったんです 当時7歳だった私の頭でさえ 役に立たないって理解できました ただ同時に 地球規模の核戦争が 重大な事態だともわかっていました

私たちは50年間も そんな戦争の脅威とともに 生きてきましたが 政府や 社会は 素晴らしいものを生み出すことで それに対処してきました 核戦争への対応として 宇宙計画を推進しました 高速道路網も作りました インターネットも作りました つまり 恐怖が建設的な対応を 促すことがあるのです 一方で恐怖が建設的でない 反応を促すこともあります

2001年9月11日 19人の男たちが飛行機を4機乗っ取り 2棟のビルに突っ込みました 男たちは恐るべき数の 犠牲を強いたのです この犠牲は軽視できません ただ これに対する反応は 明らかに過剰でした それは まるで たがが外れたようでした アメリカや その他の政府は 国家安全保障の体制を 再編して対処しようとしました この攻撃が起きた時点では 脅威は まだ限定的だったにも かかわらずです 実際のところ 諜報機関によると 2001年9月11日時点で アルカイダの中核メンバーは 100名でした テロリストは わずか数千人でした 存亡の危機をもたらすものでは なかったのです

それでも私たちは 国家安全保障の体制を 第二次世界大戦以降 最も徹底した形で再編しました その後 2つの戦争を開始し 数兆ドルを費やし 自分たちの価値観を一時保留し 国際法を犯し 拷問を容認しました そして ある考えを抱いたのです あの19人にできたのなら 誰にでも可能なはずだと つまり 私たちは歴史上初めて あらゆる人間を 脅威と見なすようになったのです その結果 どうなったでしょうか? 諜報活動を通じて あらゆる国の 何億人分もの メールや通話を傍受したのです 相手が同盟国かどうかも 自国の利益も 棚上げにしたのです 私の考えでは 15年経った今 テロリストの数も テロ攻撃も増加し アメリカ国務省の統計によると 被害者も増加し さらに 現在このようなテロ攻撃の 出処となっている地域は 人類の歴史上 たぶんノアの洪水以降 最も不安定になっているのだから 対応に成功しているとは 言えないでしょう

ここで考える必要があるのは 私たちがどこで間違ったか 何を行い どう誤ったかです 皆さんは こう言うかもしれません アメリカ政府は正常に機能していない 政治は まるで子どもの喧嘩だ 議論は まるで金網デスマッチのように なっている・・・ 確かにそうです ただ 信じ難いかもしれませんが それより重大な問題があるのです たとえ私が こう主張したとしてもです 「世界で最も豊かで 強大なこの国が 正常に機能していないために 問題を解決できないことこそ ISISなどの集団が取りうる行動より はるかに危険である なぜなら この機能不全が 行く手を阻み 進歩を妨げるからだ」と

でも 問題は別のところにあります その問題とは アメリカ政府も 他国の政府も 創造性の枯渇という 危機に陥っていることです ワシントンのシンクタンクは 新しいアイデアが 生まれる場所であるべきなのに 大胆な新しい発想がありません なぜなら もし大胆で新しい発想を提案しても Twitterで攻撃された上に 政府の仕事は確保できないでしょう 政治的論争が敵意に満ちてくると 私たちは それに反応するので 政府は「政府対市民」という 考え方を持つようになり 少数で決定を下すようになります 少数の人間が密室で 決定を下すようになれば どうなるのか? 集団思考に陥ります 全員が同じ世界観を持ち 集団の外側からの意見は 脅威と見なされるようになります これが危険なのです 同時に 24時間報道体制に 反応するプロセスが生じます 予測を立て 未来に目を向け 戦略を立てるための アメリカ政府の部門や 他国政府の同様の部署は 本来の仕事ができなくなります 彼らが24時間報道体制に 反応するだけだからです だから先が見通せないのです

同時多発テロで危機に陥ったのは 誤った方向に目を向けていたからです 現在も危機が去らないのは 同時多発テロのせいで 私たちは まだ誤った方向を 向いているからです そして それがわかるのは 私たちには あの9月11日に見たものより はるかに重要な 変化の兆しが見えるからです テロリストがもたらした脅威よりも ずっと重要で 現在 世界のいくつかの地域が 苦しんでいる 不安定な状況よりも はるかに重要です 実際 そういった地域で 見られる事態は 前兆なのかもしれません それは より大きな動きに対する 反応かもしれないのです そして この前兆への対処に追われて より大きな動きを無視すれば はるかに重大な問題に 直面することになるでしょう

さて この動きの正体とは? 皆さんのような方々にとって この動きは明白です 私たちは人間社会のまさに根幹が 再構成されつつある時代を 生きています 数日前の『エコノミスト』誌の 表紙を見れば 2020年までに 世界の人口の8割が スマートフォンを持つだろうと 書いてあります ネットに繋がった小さなコンピュータを 携帯するようになるかもしれないのです アフリカの大部分では 携帯電話の普及率は8割です 去年の10月の時点で 携帯デバイスやSIMカードの数は 世界の人口を超えました 私たちは人類史の中でも 重要な転換点に生きています 事実上 世界中すべての人間が 史上初めて人間が作った システムの一部になり 良かれ悪しかれ 誰とでも コミュニケーションがとれる時代なのです そして それに伴う変化が 世界中の統治と生活の あらゆる側面を 根本から変えています そして この変化は 指導者たちが切迫した脅威を考える時に 念頭に置かなければならないものなのです

安全保障の面では 核戦争は あまりにコストが高いため 実行しないまま 冷戦を終えました そして私が「クールな戦争」と呼ぶ サイバー戦争の時代に突入しました 今では紛争のコストが極めて低いので 止めようとすらしないでしょう 常時 戦争状態という時代に 入っているのかもしれません もうすでに数年間 そんな状態にあることからもわかります それでもなお 私たちには 道標となる基本的な政策がありません 基本的な考えも定まっていません 何者かがサイバー攻撃を仕掛けてきたら 物理的に対抗する能力を 我々は持っているのか? それすら わかりません 何者かがサイバー攻撃を始めたら どう防ぐのか? 中国が大規模なサイバー攻撃を開始したら アメリカ政府はどうするのか? 結局 アメリカに来ることもない 中国人を何人か起訴するだけだろうと 言われています 身柄を確保するはずの 警察官の手の届くところに 彼らが来ることなどないのです これは抑止ではなく 単なるジェスチャーです

今 現場で活動中の 特別部隊の工作員が確認しているのは 少人数の反政府グループが 携帯電話を持って かつては超大国しか使えなかった 衛星写真を利用するところです 実際 携帯さえ持っていれば かつての超大国さえ持っておらず 10年前なら極秘だったであろう 情報にアクセスすることができるのです 私の携帯にだって 世界中の航空機の 現在位置や高度 飛行速度 さらに 航空機の種類や 離陸場所と着陸場所を示す アプリが入っています 彼らにとって敵である 我々の動きを知らせるアプリを 彼らは持っています そして そんなツールを 新たな方法で使っています シドニーのカフェが テロリストに占拠された時 犯人が持っていたのはライフルと iPadでした iPadが武器だったのです その男は人々を捕らえて脅し iPadを向けてビデオ撮影し ネットに投稿して 世界中のメディアを席巻したのです

でも これは単に安全保障面に 影響を与えただけではありません 大国間の関係について言えば 二極化の時代は終わったと 思われていました 私たちは世界が一極化し 大きな問題は全部解決したと考えました 覚えていますか? 『歴史の終わり』だったんです でも それは誤りでした 次第に明らかになってきたのは インターネットの基本的前提 すなわち ネットが私たちをつなぎ 社会を結びつけるという前提は 必ずしも正しくなかったということです 例えば中国には グレート・ファイアウォールがあります 国内にインターネットが存在することを 良しとしない国があり 国内で統制しています コンテンツを統制しているのです そのうちセキュリティも統制し ネットを管理するようになるでしょう 流せる情報にまで干渉し 別のルールを作るでしょう 中国だけの話と思うかもしれませんが 中国に限った話ではありません インドでもロシアでもそうです サウジアラビアでも シンガポールでも ブラジルでもそうなのです NSAのスキャンダルの後 ロシアも中国もインドもブラジルも 現在のインターネットには 頼れないと考え 新しいバックボーンを築こうとしています そして突然生じたのは こんな世界です 新たな二極化した世界 つまり 私たちの信念である サイバー国際主義が サイバー・ナショナリズムという もう一つの信念に攻撃される世界です

このような変化は 至る所に見られます 例えばモバイルマネーが 思いもよらぬ所に出現しつつあります これまで ケニアやタンザニアでは 金融サービスを受けられない人が 数百万人いましたが 現在は携帯で すべてのサービスを受けられます まだサービスを受けていない 250万の人々にも もうすぐ利用可能になるでしょう 近い将来 10億人が 携帯電話でサービスを 受けることになるのです これは単に 銀行と取引が 可能になるだけの話ではなく 現行の金融政策を変えてしまうでしょう 通貨のあり方も変化します 教育も 同様に変化します 医療も 同様に変化します 公共サービスの提供方法も 同様に変化します

そんな状況にも関わらず ワシントンでは 今も シリアとイラクを占拠している テロ集団をISISと呼ぶか ISILと呼ぶか イスラム国と呼ぶかで 議論しているのです また 私たちは核に関する イランとの外交交渉で どれだけ譲歩できるか 模索しています でも核は50年も前の技術です 本当はイランとサイバー戦争の最中だと 私たちも気付いているのに それを無視しています 企業に対する攻撃について 当の企業側の口が重いのが 理由の一つです

これが もう一つの重要な断絶 すなわち このような集団にとって極めて重要な もう一つの断絶につながります アメリカの経済成長や 本来の安全保障 そして 冷戦時代であっても 進歩を支えていたのは 科学と技術と政府の間にある 公的機関と民間の連携だったからです それはトーマス・ジェファーソンが 独り研究室で 新たな発明を していた頃にさかのぼります 運河や鉄道 電報が生まれ レーダーやインターネットができました 朝食の時に飲むタングもそうですが これは そんなに重要では ないかもしれません ただ かつては連携も対話もあったのに 今 それが行き詰っています その理由は アメリカ政府は 政府の関与が 少ないほどよいと考えているからです 信じられないかもしれませんが 政府は 科学を相手に 戦争をしているからです 人類の歴史を通して 科学に戦争を仕掛けても その相手が何であろうと 科学が常に勝ってきたという 事実があるのにです

(拍手)

ところが政府は聞く耳を持たず 政府の上層部に そのことを理解する 人はいません 核の時代には 国家安全保障の上級職に就いた人々は ミサイルの爆発力について 説明できなければなりませんでした 専門用語をたくさん知っている 必要があったのです 現在 アメリカ政府の トップレベルにいる人々に サイバー・スペースや 神経科学といった 明日の世界を変えうるものについて 説明を求めても ぽかんとするだけです 私が本を書いた時 科学技術の専門家を含む150人に インタビューしたから わかります 彼らは まるで「子ども席」に 追いやられたように感じていました 一方で 技術分野では 才能あふれる人々が 素晴らしい物を作っていますが みんなガレージで開発を始め 政府など必要とせず むしろ余計なものと考えています 彼らの多くは 自由主義と 無政府主義の間くらいの 政治思想を持っています 「放っておいてくれ」というわけです

一方で世界はバラバラになりつつあります 急に 大規模な規制の変更や 紛争に関わる重大な課題や 安全保障やプライバシーに関わる 重大な課題が生じることになるでしょう さらに 私たちには次の課題 すなわち 哲学的な課題が待ち構えています つまり もしインターネットへの アクセスがなければ 投票も 仕事も 金融も 医療も 教育も手に入らないとしたら ネットへのアクセスは 憲法に記すべき基本的人権ではないか? もしインターネットが 基本的人権なら 12億人に与えられていない 電力へのアクセスも 基本的人権ではないか? これは根本的な課題なのに 哲学者は何をしているんでしょう? 対話はどこに行ったんでしょう?

だから 私がここで話しているのです 私はワシントンに住んでいます 残念ながら・・・

(笑)

そこには対話はありません 重要な課題が 世界を変え 安全保障を変え 経済を変え 希望と恐怖を生み出しますが そんな課題を解決するには 科学技術を理解する集団と政府との 協力を復活させるしかありません 双方が必要とし合っています この繋がりをもう一度作り アメリカの成長と 他国の成長を促さなければ 私たちは 一層 弱体化していくでしょう 同時多発テロにまつわるリスクは 攻撃で失われた人命では 測れないし 破壊された建物の数や 何兆ドル費やしたかでも測れません そのリスクは 私たちが重要な課題から 目をそらすことで生じるコストや 科学者や技術者や 政府の指導者達を 協力させられないせいで 生じるコストによって測られるのです 今まさに ルネサンスの黎明期や 世界中で これまで起こった 大規模な変化の時代の始まりと 同様の変化が起こっています だから正しい答えとまではいかなくても 正しい問いを探し出す時なのです

私たちは まだそこまでいっていません でも このような議論の場や このような集まりこそが そんな問いを生み出し 提示する場になるのです だから私は このTEDのような集団や 世界中の これに似た議論の場で 未来の外交政策や経済政策 社会政策や哲学が 最終的に生まれてくると信じるのです だから こうして皆さんに話すのは 大きな喜びなのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画