TED日本語 - ダスティン・イェリン: アーティストの心の中を旅する

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ダスティン・イェリン: アーティストの心の中を旅する

TED Talks

アーティストの心の中を旅する
A journey through the mind of an artist
ダスティン・イェリン
Dustin Yellin

内容

ダスティン・イェリンは、神話に発想を得た複雑な物語を魅惑的な芸術作品で表現します。彼はどのようにして自身のスタイルを作り上げてきたのでしょうか?このリラックスしたトークで、彼は8歳から始まる1人の芸術家の旅と、彼独特の物の考え方・見方を紹介します。彼を最新の有名作品に導いた道筋を、あなたも辿ってみましょう。

Script

I was raised by lesbians in the mountains, and I sort of came like a forest gnome to New York City a while back. (Laughter) Really messed with my head, but I'll get into that later.

I'll start with when I was eight years old. I took a wood box, and I buried a dollar bill, a pen and a fork inside this box in Colorado. And I thought some strange humanoids or aliens in 500 years would find this box and learn about the way our species exchanged ideas, maybe how we ate our spaghetti. I really didn't know. Anyway, this is kind of funny, because here I am,30 years later, and I'm still making boxes.

Now, at some point I was in Hawaii -- I like to hike and surf and do all that weird stuff, and I was making a collage for my ma. And I took a dictionary and I ripped it up, and I made it into a sort of Agnes Martin grid, and I poured resin all over it and a bee got stuck. Now, she's afraid of bees and she's allergic to them, so I poured more resin on the canvas, thinking I could hide it or something. Instead, the opposite happened: It sort of created a magnification, like a magnifying glass, on the dictionary text.

So what did I do? I built more boxes. This time, I started putting electronics, frogs, strange bottles I'd find in the street -- anything I could find -- because I was always finding things my whole life, and trying to make relationships and tell stories between these objects. So I started drawing around the objects, and I realized: Holy moly, I can draw in space! I can make free-floating lines, like the way you would draw around a dead body at a crime scene. So I took the objects out, and I created my own taxonomy of invented specimens. First, botanical -- which you can kind of get a sense of. Then I made some weird insects and creatures. It was really fun; I was just drawing on the layers of resin.

And it was cool, because I was actually starting to have shows and stuff, I was making some money, I could take my girlfriend for dinner, and like, go to Sizzler. It was some good shit, man. (Laughter)

At some point, I got up to the human form, life-size resin sculptures with drawings of humans inside the layers. This was great, except for one thing: I was going to die. I didn't know what to do, because the resin was going to kill me. And I went to bed every night thinking about it.

So I tried using glass. I started drawing on the layers of glass, almost like if you drew on a window, then you put another window, and another window, and you had all these windows together that made a three-dimensional composition. And this really worked, because I could stop using the resin.

So I did this for years, which culminated in a very large work, which I call "The Triptych." "The Triptych" was largely inspired by Hieronymus Bosch's "[ The ] Garden of Earthly Delights," which is a painting in the [ Museo del ] Prado in Spain. Do you guys know this painting? Good, it's a cool painting. It's kind of ahead of its time, they say. So, "The Triptych." I'll walk you through this piece. It weighs 24,000 pounds. It's 18 feet long. It's double-sided, so it's 36 feet of composition. It's kind of weird. Well, that's the blood fountain. (Laughter) To the left, you have Jesus and the locusts. There's a cave where all these animal-headed creatures travel between two worlds. They go from the representational world, to this analog-mesh underworld, where they're hiding. This is where the animal-headed creatures are by the lighthouse, and they're all about to commit mass suicide into the ocean. The ocean is made up of thousands of elements. This is a bird god tied up to a battleship. (Laughter) Billy Graham is in the ocean; the Horizon from the oil spill; Waldo; Osama Bin Laden's shelter -- there's all kinds of weird stuff that you can find if you look really hard, in the ocean. Anyway, this is a lady creature. She's coming out of the ocean, and she's spitting oil into one hand and she has clouds coming out of her other hand. Her hands are like scales, and she has the mythological reference of the Earth and cosmos in balance.

So that's one side of "The Triptych." It's a little narrative thing. That's her hand that she's spitting into. And then, when you go to the other side, she has like a trunk, like a bird's beak, and she's spitting clouds out of her trunk. Then she has an 18-foot-long serpent's tail that connects "The Triptych." Anyway, her tail catches on fire from the back of the volcano.

(Laughter) I don't know why that happened. (Laughter)

That happens, you know. Her tail terminates in a cycloptic eyeball, made out of 1986 terrorist cards. Have you guys seen those? They were made in the 1980's, they're like baseball cards of terrorists. Way ahead of their time.

(Laughter)

That will bring you to my latest project. I'm in the middle of two projects: One's called "Psychogeographies." It's about a six-year project to make 100 of these humans. Each one is an archive of our culture, through our ripped-up media and matter, whether it's encyclopedias or dictionaries or magazines. But each one acts as a sort of an archive in the shape of a human, and they travel in groups of 20,4, or 12 at a time. They're like cells -- they come together, they divide. And you kind of walk through them. It's taking me years. Each one is basically a 3, 000-pound microscope slide with a human stuck inside.

This one has a little cave in his chest. That's his head; there's the chest, you can kind of see the beginning. I'm going to go down the body for you: There's a waterfall coming out of his chest, covering his penis -- or not-penis, or whatever it is, a kind of androgynous thing. I'll take you quickly through these works, because I can't explain them for too long. There are the layers, you can kind of see it. That's a body getting split in half. This one has two heads, and it's communicating between the two heads. You can see the pills coming out, going into one head from this weird statue. There's a little forest scene inside the chest cavity. Can you see that?

Anyway, this talk's all about these boxes, like the boxes we're in. This box we're in, the solar system is a box. This brings you to my latest box. It's a brick box. It's called Pioneer Works.

(Cheers)

Inside of this box is a physicist, a neuroscientist, a painter, a musician, a writer, a radio station, a museum, a school, a publishing arm to disseminate all the content we make there into the world; a garden. We shake this box up, and all these people kind of start hitting each other like particles.

And I think that's the way you change the world. You redefine your insides and the box that you're living in. And you come together to realize that we're all in this together, that this delusion of difference -- this idea of countries, of borders, of religion -- doesn't work. We're all really made up of the same stuff, in the same box. And if we don't start exchanging that stuff sweetly and nicely, we're all going to die real soon.

Thank you very much.

(Applause)

僕は山に住むレズビアンのもとで育ち 少し前にニューヨークに来たんだ 森の小人の類だね (笑) 頭の中がもう滅茶苦茶 でもその話は後だ

8歳の頃の話から始めよう 僕は木箱を用意して 1ドル札と ペンとフォークを この箱に入れ コロラドの地面に埋めた そして500年後 見知らぬヒューマノイドか 異星人がこの箱を見つけて 人類がどうやって考えを交換していたか 学べるんじゃないかと考えた たとえばスパゲッティの食べ方とか 僕は知らなかったけどね ともあれ まあ面白いことに 30年後 僕はここで いまだに箱を作ってる

さて ハワイにいた時 ハイキングとかサーフィンとか 変なことばっか好きだった それから母親のために コラージュを作ってたんだ 辞書をビリビリに裂いて アグネス・マーチン風の 作品にした そして一面に樹脂を流し込んだら 蜂がはさまった ところで 母は蜂が嫌いで アレルギーもあった だから僕は樹脂をもっと流し込んだ 蜂や何かを覆い隠そうと思って その代わり 逆のことが起きた 拡大図みたいになったんだ 辞書の文章の上に置いた 虫めがねみたいにね

それで何をしたかって? もっとたくさん箱を作ったよ 今回は電子機器にカエル それから変な瓶とか 道で見つけた物を何でも入れた 僕は常に何かしら 物を見つけては それらを関係づけて 物語を作ろうとしていたんだ だから僕は物の周りに 線を引き始めた そこで悟った なんてこった! 宙に描くことができるんだ! 自由に線が引ける 殺人現場で死体の周りに 線を引くみたいにさ だから物体を箱から出して いろいろな標本を考えだし 勝手に分類法を編み出した まず植物 ― これは分かるだろ それから僕は 変な昆虫や生き物を作った これはすごく面白かった 層にした樹脂の上に描いただけなのに

素晴らしかったよ 展覧会とかをして お金を稼げて 彼女をディナーにも連れてけたし シズラーとかね 良かったゼ (笑)

ある時点で 人間にたどり着いた 樹脂製の等身大彫刻と線描画を 層の間に閉じ込めた これはすごかったよ 1つの点を除いてね ― 死にそうになったんだ どうしたらいいのか分からなかった 樹脂のせいで死にかけてた 毎晩ベッドでそのことを考えた

それでガラスを使ってみた ガラスを何層にも重ねて その上に描き始めた 初めの窓に描いたら 別の窓を上に置いて そしてまた別の窓 すると全部の窓が重なって 3次元構造ができあがるだろ これはすごく効果的だった 樹脂を使わなくてよくなったからね

それで これを何年か続けたら とても大きな作品ができあがった 名付けて 『The Triptych(三連祭壇画)』 『The Triptych』は大部分が ヒエロニムス・ボスの 『快楽の園』に触発されたものだ スペインの プラド美術館所蔵 この絵を知ってる? 良し 素晴らしい絵だ 時代を先取りしていると 言われている では『The Triptych』の世界に お連れしよう 重さは10トン以上 長さ 5メートルちょっと これは2面あるから 全体では 約10メートルの作品だ ちょっと変だけどね 血の噴水があるし (笑) 左側にはキリストとイナゴ 洞窟があって こんな動物の頭をした生き物が 2つの世界を行き来している 目に見える表舞台から それと相似的なこの冥界へとね そこに隠れてるんだ これはその動物の頭をした生き物が 灯台のそばにいるところ そしてこいつらは 海に集団で身投げするんだ 海は何千もの要素でできている これは戦艦にしばりつけられた 鳥の神 (笑) ビリー・グラハムが海にいる 例の原油流出のHorizonだろ ウォーリーだろ オサマ・ビン・ラディンの隠れ家だろ 海の中を一生懸命探せば あらゆる変なものが見つけられるよ ともあれ これは女性の生き物だ 彼女は海から現れ 片手にオイルを吐き出し もう一方の手からは 雲が生まれている 彼女の手は てんびんのようになっていて 彼女は神話の基準で 地球と宇宙のバランスをとってるんだ

これは『The Triptych』の片面で ちょっと物語的なんだ これは彼女が 手に吐き出してるところ そしてもう一方の面を見ると 胴体や鳥の嘴みたいなものもある 胴体からは 雲を吐き出している そして ヘビのような5メートルの尾が 『The Triptych』の3面をつないでいる ともあれ その尾は 火山の下で噴き上がる炎にぶつかる

(笑) なぜこうなったのか 分からない (笑)

よくあることだよな 彼女の尾はひとつ目の眼球で 終わっている この眼球は1986年の テロリスト・カードでできてるんだ 見たことある? 1980年代に作られたもので テロリスト版野球ゲームみたいなもんだ 時代を先取りだね

(笑)

僕の最新プロジェクトを紹介しよう 今2つのプロジェクトに取り組んでる 1つは 『Psychogeographies(心の地図)』 このプロジェクトでは 6年間で100体の人物を作る ひとりひとりが 種々の物の断片から作られた 文化のアーカイブなんだ 百科事典や辞書かもしれないし 雑誌かもしれないけど ひとりひとりが 人間の形をした 一種のアーカイブになっているんだ 彼らは集団で旅をする 20人 4人 12人とか 細胞みたいに 合体し 分裂するんだ これらを よく見ていくと 何年もかかるよ 各人は概ね 1.5トン程度の スライドガラスで 人が中に固定されている

この人物は 胸に小さな洞穴がある これがまず頭 胸 どんなか分かるだろ 身体の中をお見せしよう 胸から滝が流れ落ちている 局部を覆って ― ペニスと決まったわけじゃない 一種の両性具有なんだ さっさといこう あんまり長々と 説明してられないからね 層になってるだろ 半分に割れた人体 これは頭が2つあって 両者間でコミュニケートしている 薬が現れ この奇妙な彫像から片方の頭に 投与される 胸の空洞には 小さな森の光景が見える 見える?

ともあれ このトークは全部 「箱」についてだ 僕らがいるのもそうだ この箱に僕らは入っているし 太陽系だって箱みたいなもんだ 僕の最新の箱を紹介しよう 煉瓦の箱で 名付けて 『Pioneer Works(開拓者の仕事)』

(歓声)

この箱の中は 物理学者 神経科学者や画家、ミュージシャン 作家、ラジオ局、博物館に学校 そして出版社が 世界に向け 作り上げたもの全てを広めている これは庭 この箱を振ると これらの全ての人々が 粒子みたいにぶつかりあうよね

これが世界を変えると思うんだ 自身の内面と 住んでいる世界を再定義し それによって 団結し ここに皆共にいることを悟るんだ 違いという幻想 つまり 国や境界線 宗教といった考え方が 意味を成さなくなる 僕らは同じ箱の中で 同じ物からできてるんだ もしそれらを上手に 交換しあうようにならなかったら あっという間に 皆 死んじゃうよ

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画