TED日本語 - トム・シャノン: 画家と振り子

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - トム・シャノン: 画家と振り子

TED Talks

画家と振り子
The painter and the pendulum
トム・シャノン
Tom Shannon

内容

TEDは、マンハッタンにあるトム・シャノンのアトリエを訪れ、科学からヒントを得たアート作品を楽しく体験する。ジョン・ホッケンベリーとの驚きに満ちた親密な対話から、シャノンの人生と作品の中で、自然のさまざまな力と、シャノンの患うパーキンソン病による手の震えが、どのように作用し合っているかが明らかになる。

Script

John Hockenberry: It's great to be here with you, Tom. And I want to start with a question that has just been consuming me since I first became familiar with your work. In you work there's always this kind of hybrid quality of a natural force in some sort of interplay with creative force. Are they ever in equilibrium in the way that you see your work?

Tom Shannon: Yeah, the subject matter that I'm looking for, it's usually to solve a question. I had the question popped into my head: What does the cone that connects the sun and the Earth look like if you could connect the two spheres? And in proportion, what would the size of the sphere and the length, and what would the taper be to the Earth? And so I went about and made that sculpture, turning it out of solid bronze. And I did one that was about 35 feet long. The sun end was about four inches in diameter, and then it tapered over about 35 feet to about a millimeter at the Earth end. And so for me, it was really exciting just to see what it looks like if you could step outside and into a larger context, as though you were an astronaut, and see these two things as an object, because they are so intimately bound, and one is meaningless without the other.

JH: Is there a relief in playing with these forces? And I'm wondering how much of a sense of discovery there is in playing with these forces.

TS: Well, like the magnetically levitated objects -- like that silver one there, that was the result of hundreds of experiments with magnets, trying to find a way to make something float with the least possible connection to the ground. So I got it down to just one tether to be able to support that.

JH: Now is this electromagnetic here, or are these static?

TS: Those are permanent magnets, yeah.

JH: Because if the power went out, there would just be a big noise.

TS: Yeah. It's really unsatisfactory having plug-in art.

JH: I agree.

TS: The magnetic works are a combination of gravity and magnetism, so it's a kind of mixture of these ambient forces that influence everything. The sun has a tremendous field that extends way beyond the planets and the Earth's magnetic field protects us from the sun. So there's this huge invisible shape structures that magnetism takes in the universe. But with the pendulum, it allows me to manifest these invisible forces that are holding the magnets up. My sculptures are normally very simplified. I try to refine them down to very simple forms. But the paintings become very complex, because I think the fields that are supporting them, they're billowing, and they're interpenetrating, and they're interference patterns.

JH: And they're non-deterministic. I mean, you don't know necessarily where you're headed when you begin, even though the forces can be calculated. So the evolution of this -- I gather this isn't your first pendulum.

TS: No. (JH: No.)

TS: The first one I did was in the late 70's, and I just had a simple cone with a spigot at the bottom of it. I threw it into an orbit, and it only had one color, and when it got to the center, the paint kept running out, so I had to run in there, didn't have any control over the spigot remotely. So that told me right away: I need a remote control device. But then I started dreaming of having six colors. I sort of think about it as the DNA -- these colors, the red, blue, yellow, the primary colors and white and black. And if you put them together in different combinations -- just like printing in a sense, like how a magazine color is printed -- and put them under certain forces, which is orbiting them or passing them back and forth or drawing with them, these amazing things started appearing.

JH: It looks like we're loaded for bear here.

TS: Yeah, well let's put a couple of canvases. I'll ask a couple of my sons to set up the canvases here. I want to just say -- so this is Jack, Nick and Louie.

JH: Thanks guys.

TS: So here are the --

JH: All right, I'll get out of the way here.

TS: I'm just going to throw this into an orbit and see if I can paint everybody's shoes in the front.

(Laughter)

JH: Whoa. That is ... ooh, nice.

TS: So something like this. I'm doing this as a demo, and it's more playful, but inevitably, all of this can be used. I can redeem this painting, just continuing on, doing layers upon layers. And I keep it around for a couple of weeks, and I'm contemplating it, and I'll do another session with it and bring it up to another level, where all of this becomes the background, the depth of it.

JH: That's fantastic. So the valves at the bottom of those tubes there are like radio-controlled airplane valves.

TS: Yes, they're servos with cams that pinch these rubber tubes. And they can pinch them very tight and stop it, or you can have them wide open. And all of the colors come out one central port at the bottom. You can always be changing colors, put aluminum paint, or I could put anything into this. It could be tomato sauce, or anything could be dispensed -- sand, powders or anything like that.

JH: So many forces there. You've got gravity, you've got the centrifugal force, you've got the fluid dynamics. Each of these beautiful paintings, are they images in and of themselves, or are they records of a physical event called the pendulum approaching the canvas?

TS: Well, this painting here, I wanted to do something very simple, a simple, iconic image of two ripples interfering. So the one on the right was done first, and then the one on the left was done over it. And then I left gaps so you could see the one that was done before. And then when I did the second one, it really disturbed the piece -- these big blue lines crashing through the center of it -- and so it created a kind of tension and an overlap. There are lines in front of the one on the right, and there are lines behind the one on the left, and so it takes it into different planes. What it's also about, just the little events, the events of the interpenetration of --

JH: Two stars, or --

TS: Two things that happened -- there's an interference pattern, and then a third thing happens. There are shapes that come about just by the marriage of two events that are happening, and I'm very interested in that. Like the occurrence of moire patterns. Like this green one, this is a painting I did about 10 years ago, but it has some -- see, in the upper third -- there are these moires and interference patterns that are radio kind of imagery. And that's something that in painting I've never seen done. I've never seen a representation of a kind of radio interference patterns, which are so ubiquitous and such an important part of our lives.

JH: Is that a literal part of the image, or is my eye making that interference pattern -- is my eye completing that interference pattern?

TS: It is the paint actually, makes it real. It's really manifested there. If I throw a very concentric circle, or concentric ellipse, it just dutifully makes these evenly spaced lines, which get closer and closer together, which describes how gravity works. There's something very appealing about the exactitude of science that I really enjoy. And I love the shapes that I see in scientific observations and apparatus, especially astronomical forms and the idea of the vastness of it, the scale, is very interesting to me.

My focus in recent years has kind of shifted more toward biology. Some of these paintings, when you look at them very close, odd things appear that really look like horses or birds or crocodiles, elephants. There are lots of things that appear. When you look into it, it's sort of like looking at cloud patterns, but sometimes they're very modeled and highly rendered. And then there are all these forms that we don't know what they are, but they're equally well-resolved and complex. So I think, conceivably, those could be predictive. Because since it has the ability to make forms that look like forms that we're familiar with in biology, it's also making other forms that we're not familiar with. And maybe it's the kind of forms we'll discover underneath the surface of Mars, where there are probably lakes with fish swimming under the surface.

JH: Oh, let's hope so. Oh, my God, let's. Oh, please, yes. Oh, I'm so there. You know, it seems at this stage in your life, you also very personally are in this state of confrontation with a sort of dissonant -- I suppose it's an electromagnetic force that somehow governs your Parkinson's and this creative force that is both the artist who is in the here and now and this sort of arc of your whole life. Is that relevant to your work?

TS: As it turns out, this device kind of comes in handy, because I don't have to have the fine motor skills to do, that I can operate slides, which is more of a mental process. I'm looking at it and making decisions: It needs more red, it needs more blue, it needs a different shape. And so I make these creative decisions and can execute them in a much, much simpler way. I mean, I've got the symptoms. I guess Parkinson's kind of creeps up over the years, but at a certain point you start seeing the symptoms. In my case, my left hand has a significant tremor and my left leg also. I'm left-handed, and so I draw. All my creations really start on small drawings, which I have thousands of, and it's my way of just thinking. I draw with a simple pencil, and at first, the Parkinson's was really upsetting, because I couldn't get the pencil to stand still.

JH: So you're not a gatekeeper for these forces. You don't think of yourself as the master of these forces. You think of yourself as the servant.

TS: Nature is -- well, it's a godsend. It just has so much in it. And I think nature wants to express itself in the sense that we are nature, humans are of the universe. The universe is in our mind, and our minds are in the universe. And we are expressions of the universe, basically. As humans, ultimately being part of the universe, we're kind of the spokespeople or the observer part of the constituency of the universe. And to interface with it, with a device that lets these forces that are everywhere act and show what they can do, giving them pigment and paint just like an artist, it's a good ally. It's a terrific studio assistant.

JH: Well, I love the idea that somewhere within this idea of fine motion and control with the traditional skills that you have with your hand, some sort of more elemental force gets revealed, and that's the beauty here. Tom, thank you so much. It's been really, really great.

TS: Thank you, John.

(Applause)

(ジョン・ホッケンベリー) お目にかかれて 嬉しく思います 初めてあなたの作品を見てから ずっと知りたいと思っていたことを まずうかがいます あなたの作品は いつも複合的な性質があって 自然力と 創造力とが 互いに作用し合っています 2つの力は 作品のなかで バランスがとれているのですか

(トム・シャノン) 私が追求しているのは 疑問を解くこと たとえば こんな疑問です もし太陽と地球を結ぶ 円錐があるとしたら どんなふうに見えるか? 球と円錐の長さの比率はどうか? 地球に向かって 円錐がどんなふうに細くなるか? 実際に作ってみました ブロンズの彫刻にしたのです 長さは約10メートルで 太陽の側の直径は約10センチメートル だんだん細くなって 10メートル先へいくと 地球側の端は直径約1ミリメートル どんな風に見えるかが 私にはすごく面白いのです まるで宇宙飛行士になったように 一歩外に踏み出し 大きなコンテクストで 太陽と地球をオブジェとして眺める 2つは強く結びついていて 一方だけでは意味がありません

(ホッケンベリー) こういう力を作品にすると 心が安まるのですか? それと 何かを発見していく感覚が 大きいのではないかと

(シャノン) そこに銀色のオブジェがあります 磁力で宙に浮いているのですが 完成までには 磁石を使った実験を 何百回も繰り返しました できるかぎり台とのつながりを少なくして 物を浮かべる方法を探したのです つなぎとめるのを1カ所だけにして 浮かすことができたのです

(ホッケンベリー) 電磁石ですか? それとも

(シャノン) 永久磁石です

(ホッケンベリー) 電磁石だと スイッチを切ったとき すごい音がするでしょうね

(シャノン) ええ プラグをいちいち差し込む作品というのも つまらないし

(ホッケンベリー) そうですね

(シャノン) 磁石を使った作品は 重力と磁力の組み合わせで 至るところで働いている こうした力を いわば混合しています 太陽の影響が及ぶ場は巨大で 惑星を超えて広がっていて われわれは地球の磁場によって守られています 宇宙には 磁場が広がっていて 形は目に見えないけれど 巨大な構造を作っているわけです ですが 振り子を使うと 磁石を浮き上がらせているような 見えない力を 可視化できます 私の彫刻はたいてい かなり単純化されています 余計なものをそぎ落として ごく単純な形にしようと努めています 絵画の場合は かなり複雑になることもあって というのも それを支えている場が 大きくうねったり 互いに貫通し合ったりして 干渉パターンを作るからだと思います

(ホッケンベリー) 非決定論的ですね 描き始めるとき どこへ向かっているかは 必ずしも分からない 力は計算できるとしても こちらの作品はどう展開したのでしょう 振り子を使ったのは初めてじゃありませんよね

(シャノン) はい (ホッケンベリー) ですよね

TS:最初に振り子を使ったのは1970年代後半でした 単純な円錐形の容器に コックを付けたものです 揺らして軌跡を描かせるのですが 1色だけでした 振り子が止まってからも 絵の具が流れ続けるので すぐ止めに走らなければなりませんでした リモコンでコックを閉められなかったのです リモコン装置が必要だと すぐ分かりました それから 6色使えないかと思うようになりました いわばDNAのようなものです 赤 青 黄 の原色に ― 白と黒も こうした色の組み合わせを変えると ― ちょうど雑誌のカラーページの 印刷の仕組みと同じように ― そして 装置に加える力を加減すると 前後に揺れつつ 軌道がずれていって 軌跡が描かれ びっくりするような絵が現れます

(ホッケンベリー) 準備がととのったようです

(シャノン) ええ 実際に描いてみましょう 息子たちに頼んで キャンバスを用意しました 紹介しましょう ジャックとニック それにルイです

(ホッケンベリー) どうもありがとう

(シャノン) それではこれから ―

(ホッケンベリー) そうだ ここから移動しないと

(シャノン) これから振り子を動かして 前の方にいる人の靴にも絵の具をかけちゃいましょう

(笑)

(ホッケンベリー) ほう これは ― いい調子

(シャノン) こんな具合です デモとしてやっていても 遊んでいるようなものですが これもすべて 作品に使えます 描き方をどんどん 改良して 何層にも重ねていきます 何週間かそばに置いておいて よく考えて また制作を再開し 別のレベルへと移行させます やってきたことがすべて背景になり 作品に深みを与えます

(ホッケンベリー) 素晴らしい チューブの底にあるバルブは ラジコン機のようにコントロールするんですね

(シャノン) ええ サーボモーターにカムを付けて ゴムのチューブをはさむ仕組みです きつくはさむと絵の具が止まり 広く開けると流れます すべての色は 底部の中央から 出るようになっています 色はいつでも変えられます アルミニウム塗料でも何でも トマトソースだってかまわない 使えそうなものは何でも ― 砂や 粉でもいい

(ホッケンベリー) 多くの力が働いていますね 重力と 遠心力と 流体力学も関係します どれも美しい絵ですが それ自体をイメージとみるのか それとも物理的事象の 記録なのでしょうか 振り子がカンバスに近づいていくというか

(シャノン) そこにある絵でいうと ごく単純なことをしたかったんです 2つの波紋が干渉しあう シンプルな図像です 右側をまず描いて 続いて左側を そこに重ねました 隙間を空けて 先に描いた線が見えるようにしました 2つめを描いたとき 波乱が起きました 大きな青い線が もろにぶつかって ある種の緊張と重なりが生じました 右側の線の前に線があり 左側の線の後ろに線があって 別々の平面に属しています この作品はまた 小さな物理的事象の集まりです 相互に貫通する ―

(ホッケンベリー) 2つの星というか

(シャノン) 2つの事象が起きて ― 相互干渉のパターンがあり 第3の事象が起きます 浮かび上がる形は 起きている2つの事象が 単に結びついてできるもので 私はそこにたいへん興味があります 印刷のモアレのようなパターンが生じるのです そこにある緑色の作品は 10年ほど前に制作したものですが そこには 上から3分の1ほどのところに モアレと干渉パターンがあります 電波のようなイメージです 絵画としては見たことのない何かが そこにはあります 一種の電波の干渉パターンを 表した作品は見たことがありません そういうパターンはどこにでもあって 私たちの生活の重要な一部になっているのに

(ホッケンベリー) イメージ自体の一部なのか それとも私の目が干渉パターンを作り出すのか ― 干渉パターンは視覚によって完成するのですか?

(シャノン) 絵の具が実際に 生み出しているのです 実際にそこに生じています 円あるいは楕円が同心円となるように 振り子を動かすと 均一な間隔の曲線が 着々と描かれます だんだんと密になって 重力の働きが見えてきます 科学の厳密さには 非常に魅力的なところがあって 本当に楽しめます 科学的観察や装置を通じて 見えてくる形が 好きなのです 特に 天体に関わるような形や 宇宙の広大さ そのスケールが すごく興味深いと思います

ここ数年 興味の中心は どちらかというと生物学に移ってきました これらの絵を 近くで見ると 不思議なものが現れます 馬や鳥のような形 ワニやゾウのような形も いろいろなものが見えてきます じっと見ていると 雲のパターンを眺めているようでいて ときどき はっきりと整った形が現れます 確かにそういう形が出てきますが それが何なのかは分かりません それでも 明確で 複雑な形です これらは予測することが出来るものなのかもしれません なぜなら 私たちが よく知っている 生物の形に見えるものを 作り出すとともに 見たことのない形も 生み出す力があるからです このような種類の形が 火星表面の下で発見されるかもしれません 地下に湖があって 魚が泳いでいるかも

(ホッケンベリー) いや ぜひそうであってほしい 本当に そう思いますよ それから 人生の この段階にきて あなた自身も なかなかやっかいな事柄と 向き合うことになりましたね 電磁気的な力は パーキンソン病にも 創造力にも働いています いまここにいる アーティストと あなたがたどる人生の両方を支配しています このことは作品にも関係していますか?

(シャノン) やってみると この装置はなかなか具合がいいんです 筋肉を細かく調節するのは 私には難しいのですが このレバーを滑らせるのなら 意志だけでできます 振り子の動きを見ながら判断します もっと赤がほしいとか もっと青を とか 別の形が必要だとか そういう創作上の判断をしながら ずっと簡単なやり方で それを実行できます 症状は出ています パーキンソン病は年とともに進行して ある時点から症状が現れるのでしょう 私の場合 左手がかなり震えます 左脚もです 私は左利きで 描くときも左手です 私の作品は 小さなドローイングから始まります 何千枚も描いて 考えるというやり方です 普通の鉛筆で描くのですが 最初はパーキンソン病の症状に ひどく動揺しました 鉛筆をじっと保持できないんです

(ホッケンベリー) そうした力を気にしすぎたり 自分がそうした力の支配者だと思ったりはしていない むしろ自分は召使いだというのですね

(シャノン) 自然は ― 天からの賜物です きわめて豊かなものです 私が思うに 自然は自らを表現しようとしています 私たちも自然であり 人間も宇宙の一部だという意味で 宇宙は私たちの心の中にあり 私たちの心は宇宙の中にあります 基本的に私たちは 宇宙の表現なのです 人間は究極的に 宇宙の一部であって 私たちは一種の代弁者 あるいは観察者の役割を担って 宇宙を構成する 要素となっています 宇宙と交流するために ある装置を使って 至るところにある力を発現させ 何ができるかを示せるようにする アーティストのように 絵の具を与えてね いい協力関係です 素晴らしい制作アシスタントですよ

(ホッケンベリー) 素晴らしいアイデアですね 精密な運動とコントロールに 従来の技法を あなたの手で 付け加えることにより 基本的な力があらわになる そこに美があります トム どうもありがとう 本当に素晴らしかった

TS:ありがとう ジョン

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画