TED日本語 - アントニー・ゴームリー: 彫刻になった空間 ― 我々の内部空間と、我々なしで存在する空間

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アントニー・ゴームリー: 彫刻になった空間 ― 我々の内部空間と、我々なしで存在する空間

TED Talks

彫刻になった空間 ― 我々の内部空間と、我々なしで存在する空間
Sculpted space, within and without
アントニー・ゴームリー
Antony Gormley

内容

伝説的な彫刻家アントニー・ゴームリーは、空間と人の姿を繰り返し制作しています。作品を通して彼が探求するのは、私たちが身体の中に感じる内部空間、そして、身体の周りに感じる外部空間です。これらの空間は、自分が時空の中の点に過ぎないと悟ることで感じられるものです。

Script

I'm going to tell you about why I became a sculptor, and you may think that sculptors, well, they deal with meta, they deal with objects, they deal with bodies, but I think, really, what I care about most is making space, and that's what I've called this talk: Making Space. Space that exists within us, and without us.

So, when I was a child, I don't know how many of you grew up in the '50s, but I was sent upstairs for an enforced rest. (Laughter) It's a really bad idea. I mean, after lunch, you're, you know, you're six, and you want to go and climb a tree. But I had to go upstairs, this tiny little room that was actually made out of an old balcony, so it was incredibly hot, small and light, and I had to lie there. It was ridiculous. But anyway, for some reason, I promised myself that I wasn't going to move, that I was going to do this thing that Mummy wanted me to do. And there I was, lying there in this tiny space, hot, dark, claustrophobic, matchbox-sized, behind my eyes, but it was really weird, like, after this went on for days, weeks, months, that space would get bigger and darker and cooler until I really looked forward to that half an hour of enforced immobility and rest, and I really looked forward to going to that place of darkness.

Do you mind if we do something completely different? Can we all just close our eyes for a minute? Now, this isn't going to be freaky. It isn't some cultic thing. (Laughter) It's just, it's just, I just would like us all to go there. So I'm going to do it too. We'll all be there together.

So close your eyes for a minute. Here we are, in a space, the subjective, collective space of the darkness of the body. I think of this as the place of imagination, of potential, but what are its qualities? It is objectless. There are no things in it. It is dimensionless. It is limitless. It is endless.

Okay, open your eyes.

That's the space that I think sculpture -- which is a bit of a paradox, sculpture that is about making material propositions -- but I think that's the space that sculpture can connect us with.

So, imagine we're in the middle of America. You're asleep. You wake up, and without lifting your head from the earth on your sleeping bag, you can see for 70 miles. This is a dry lake bed. I was young. I'd just finished art school. I wanted to do something that was working directly with the world, directly with place. This was a wonderful place, because it was a place where you could imagine that you were the first person to be there. It was a place where nothing very much had happened. Anyway, bear with me. I picked up a hand-sized stone, threw it as far as I was able, it was about 22 meters. I then cleared all the stones within that radius and made a pile. And that was the pile, by the way. And then, I stood on the pile, and threw all of those rocks out again, and here is rearranged desert.

You could say, well, it doesn't look very different from when he started. (Laughter) What's all the fuss about? In fact, Chris was worried and said, "Look, don't show them that slide, because they're just going to think you're another one of those crazy modern artists who doesn't do much. (Laughter)

But the fact is, this is evidence of a living body on other bodies, rocks that have been the subject of geological formation, erosion, the action of time on objects. This is a place, in a way, that I just would like you to, in a way, look at differently because of this event that has happened in it, a human event, and in general, it just asks us to look again at this world, so different from, in a way, the world that we have been sharing with each other, the technological world, to look again at the elemental world. The elemental world that we all live in is that space that we all visited together, the darkness of the body. I wanted to start again with that environment, the environment of the intimate, subjective space that each of us lives in, but from the other side of appearance.

So here is a daily activity of the studio. You can see I don't do much. I'm just standing there, again with my eyes closed, and other people are molding me, evidential. This is an indexical register of a lived moment of a body in time.

Can we map that space, using the language of neutrinos or cosmic rays, taking the bounding condition of the body as its limit, but in complete reversal of, in a way, the most traditional Greek idea of pointing? In the old days they used to take a lump of Pentelic marble and drill from the surface in order to identify the skin, the appearance, what Aristotle defined as the distinction between substance and appearance, the thing that makes things visible, but here we're working from the other side.

Or can we do it as an exclusive membrane? This is a lead case made around the space that my body occupied, but it's now void. This is a work called "Learning To See." It's a bit of, well, we could call it night, we could call it the 96 percent of gravity that we don't know about, dark matter, placed in space, anyway, another version of a human space in space at large, but I don't know if you can see, the eyes are indicated, they're closed. It's called "Learning To See" because it's about an object that hopefully works reflexively and talks about that vision or connection with the darkness of the body that I see as a space of potential.

Can we do it another way, using the language of particles around a nucleus, and talk about the body as an energy center? No longer about statues, no longer having to take that duty of standing, the standing of a human body, or the standing of a statue, release it, allow it to be an energy field, a space in space that talks about human life, between becoming an entropy as a sort of concentration of attention, a human place of possibility in space at large.

Is there another way? Dark matter now placed against a horizon. If minds live in bodies, if bodies live in clothes, and then in rooms, and then in buildings, and then in cities, do they also have a final skin, and is that skin perceptual? The horizon. And is art about trying to imagine what lies beyond the horizon? Can we use, in a way, a body as an empty catalyst for a kind of empathy with the experience of space-time as it is lived, as I am standing here in front of you trying to feel and make a connection in this space-time that we are sharing, can we use, at it were, the memory of a body, of a human space in space to catalyze an experience, again, firsthand experience, of elemental time. Human time, industrial time, tested against the time of the tides, in which these memories of a particular body, that could be any body, multiplied as in the time of mechanical reproduction, many times, placed over three square miles, a mile out to sea, disappearing, in different conditions of day and night. You can see this work. It's on the mouth of the Mersey, just outside Liverpool. And there you can see what a Liverpool sea looks like on a typical afternoon. The pieces appear and disappear, but maybe more importantly -- this is just looking north from the center of the installation -- they create a field, a field that involves living and the surrogate bodies in a kind of relation, a relation with each other and a relation with that limit, the edge, the horizon.

Just moving on, is it possible, taking that idea of mind, body, body-building, to supplant the first body, the biological body, with the second, the body of architecture and the built environment.

This is a work called "Room for the Great Australian Desert." It's in an undefined location and I've never published where it is. It's an object for the mind. I think of it as a 21st-century Buddha. Again, the darkness of the body, now held within this bunker shape of the minimum position that a body needs to occupy, a crouching body. There's a hole at the anus, penis level. There are holes at ears. There are no holes at the eyes. There's a slot for the mouth. It's two and a half inches thick, concrete with a void interior. Again, a site found with a completely flat 360-degree horizon. This is just simply asking, again, as if we had arrived for the first time, what is the relationship of the human project to time and space?

Taking that idiom of, as it were, the darkness of the body transferred to architecture, can you use architectural space not for living but as a metaphor, and use its systolic, diastolic smaller and larger spaces to provide a kind of firsthand somatic narrative for a journey through space, light and darkness? This is a work of some proportion and some weight that makes the body into a city, an aggregation of cells that are all interconnected and that allow certain visual access at certain places.

The last work that I just wanted to share with you is "Blind Light," which is perhaps the most open work, and in a conference of radical openness, I think maybe this is as radical as I get, using light and water vapor as my materials. Here is a box filled at one and a half atmospheres of atmospheric pressure, with a cloud and with very bright light. As you walk towards the ever-open threshold, you disappear, both to yourselves and to others. If you hold your hand out in front of you, you can't see it. If you look down, you can't see your feet. You are now consciousness without an object, freed from the dimensionful and measured way in which life links us to the obligatory. But this is a space that is actually filled with people, disembodied voices, and out of that ambient environment, when people come close to your own body zone, very close, they appear to you as representations. When they appear close to the edge, they are representations, representations in which the viewers have become the viewed.

For me, art is not about objects of high monetary exchange. It's about reasserting our firsthand experience in present time. As John Cage said, "We are not moving towards some kind of goal. We are at the goal, and it is changing with us. If art has any purpose, it is to open our eyes to that fact." Thank you very much. (Applause)

私が彫刻家になった 理由をお話します 彫刻家は 形而上的なものや 物体や身体を扱うものだと 皆さんは思っているでしょう でも 私が一番関心を 持っているのは 空間を作ることです だからこの話のタイトルは 「空間を作る」になります 空間は 私たちの内側だろうと 私たちが いなかろうと 存在しています

私が小さい頃 ― ここに50年代を経験した人が 何人いるかわかりませんが ― 2階で無理やり 昼寝をさせられたものです (笑) ひどい話です 6歳の頃だったら 昼食の後は 木登りに行きたいのに 2階の小部屋に行かされました そこは古いバルコニーを 改造したもので ひどく暑くて 小さくて 明るいのです 私はそこで横になります ひどい話です でも なぜか 心に決めていたのは 決して動かず ― 母さんの期待どおりに することでした 私は その小さな空間に 横たわっていました 暑く 暗く 窮屈で マッチ箱くらい ― 目の奥くらいの小さな空間です でも おかしなことに これを何日も ― 何週間も 何か月も続けるうちに 空間が次第に大きく ― 暗く 涼しくなって とうとう私は 30分間 じっと休むことを 強いられるのが 楽しみになるほどでした その暗い場所へ行くことが 本当に楽しみでした

全然別のことを してもいいですか? みんなで目を 閉じてみましょう 変なことじゃありません カルトの儀式じゃ ありませんから (笑) ただ・・・みんなで経験したいんです 私もやりますよ みんなで体感しましょう

さあ目を閉じて 私たちは ある空間にいます 主観的で 集合的な 身体の中にある 暗黒の空間です 私はこの空間が想像力と 可能性の源泉だと 考えています この空間の性質とは どんなものでしょう ここに物体はありません 何もないのです 大きさもない 限界もない 終わりもない・・・

いいですよ 目を開けて

この空間では 彫刻とは・・・ 少し逆説的ですが 彫刻とは 素材を元に 命題を作ることなのですが 私の考えでは この空間では 彫刻が 私たちを つなぐことができるのです

さて アメリカのど真ん中に いるところを想像して下さい 皆さんは眠っています そして目覚めます 寝袋に横になったまま ― 100キロ先まで 見渡せます ここは干上がった湖底です 私はまだ若く 美術学校を 卒業したばかりでした 私がやりたかったのは 世界や場所に 直接 働きかけることでした 素晴らしい場所でした 自分が ここを訪れる ― 最初の人間のように 思えたからです これまで ほとんど何も 起こった事がない場所です もう少しお付き合いください 私はこぶし大の石を拾い できるだけ遠くに投げました およそ22mでした それから それを半径とする 円内の石を全部拾って 積み上げました こんな感じです そして その上に立って もう一度 石を全部 投げていきました すると砂漠はこんな風に 再構成されました

皆さんは 最初と あまり変わらないと おっしゃるかもしれません (笑) 一体何をしているのだ?と クリスも心配して 言いました 「そのスライドは 見せちゃだめだ みんなが あなたを 役立たずの ― 変な現代作家と 思いかねないから」 (笑)

でも これは生身の体が 他の物体 すなわち ― 地層の堆積や浸食といった 時間の作用の対象である ― 岩の上に存在した証です 皆さんには この場所を 違った見方で 眺めてほしいのです それは ここで起きた出来事 ― 人間が企てた出来事のせいです この場所が私たちに 要求するのは 私たちが共有する 科学技術の世界とは 全く異なる世界を再発見し 原初の世界を 見つめ直すことです 私たちが生きる 原初の世界とは 先程 みんなで見た空間 つまり身体内の闇です 私はその環境 つまり 私たちが住む ― 親密で主観的な空間から やり直したかったのです ただ やり直すのは 内側からです

これは いつもの スタジオでの作業です 私は ほとんど何もしません ただそこに立つだけです ここでも目を閉じています 他の人達は ― 私の型をとっています いわば証拠です 時間の中で身体が 生きた その瞬間を 索引のように 記録したものです

そんな空間を描き出せるでしょうか 素粒子や宇宙線を手段とし 身体が囲む領域を境界と捉え ― 一方で伝統的な ギリシャの技法である ― 「星取り法」とは正反対の やり方で描き出せるでしょうか かつてギリシャ人は ペンテリクス産の大理石を 表面から彫っていき 表皮または外見 つまり アリストテレスが実体と 外見の違いとして定義した ― 事物に外見を与える要素を 取り出しました でもここでは内部から 作業を進めています

あるいは それを閉じた膜で 作れるでしょうか これは私の身体が占めていたけれど 今は空っぽの空間を 覆う鉛のケースです 『Learning to See』という作品です これを「夜」と呼んでもいいですし 重力の96%を占める 謎の物質である ― 「暗黒物質」と 呼んでもいいでしょう この暗黒物質は 空間全体の中で 人間が占める空間に置かれます 皆さんはわかるでしょうか 目が表されていますが 閉じています これを『Learning to See』と 名づけたのは この作品が 内省的に 作用する物体 あるいは 私が可能性の空間と捉えている 身体の闇の 視界や結びつきを表現する 物体に関するものだからです

別の方法は? 原子核の周りの粒子を使って エネルギーの中心としての 身体について語れるでしょうか? 彫像との関係もなく 立たせるという義務 つまり 人体や彫像を立たせる 義務もなく 作品を解放し それをエネルギー場にするのです その「場」とは 人間の生について語る 空間内部の空間であり 意識の集中の一種としての エントロピーになる間であり 空間全体のうち 人間が存在しうる場なのです

別の方法はあるでしょうか 暗黒物質が 今度は水平線に対置されます もし心が身体の中にあり 身体は衣服の中にあり ― それがさらに 部屋の中 建物の中 ― 都市の中にあるとするなら 最も外側の表皮はあるのでしょうか? その表皮は感覚を もっているでしょうか? それが水平線です さらに芸術は 水平線の向こうに在るものを 想像する試みなのでしょうか? 私たちは ありのままの時空を 体感するために 身体を うつろな触媒として 使えるでしょうか? ちょうど 私がこの場所 ― 皆さんの前に立って 共有する この時空の中で つながりを感じ つながりを 生み出そうとするように 私たちは 身体の記憶 つまり 人間が占める空間の 記憶を使って 原初の時間の経験 それも直接的な経験を 生みだせるでしょうか? 人間または産業の時間を 潮の満ち引きの時間と 対比しました ここではひとつの身体の記憶が 機械による再生産を通して 繰り返し作られ 8平方キロに渡って 沖合1.6kmまで配置されています 昼夜で異なる条件によって 見えなくなったりします これは皆さんもご覧いただけます マージー川の河口 ― リヴァプールのそばです 午後のリヴァプール周辺の 海が いつもどんな感じか わかりますよ 作品が 現れたり 見えなくなったりします でも もっと重要なことがあります これは インスタレーションの 中心から北を見た様子です これらが場を形成します そこに見えるのは 生きている身体と それに代わる身体との関係 ― 作品相互の関係や 限界であり果てである 水平線との関係です

次に移りましょう こんなことは可能でしょうか 心と身体と 身体の構築を考えた場合 ― 生身の身体を 別の身体 つまり建築の身体や 構築された環境に 置き換えられるでしょうか

これは『Room for the Great Australian Desert』という作品です 場所は不詳です 私はそこがどこかを 公表していません 心のためのオブジェだからです 私はこれを21世紀の ブッダだと思っています 再び身体の闇が登場しますが 今度は壕のような形の 中に収められています その中の身体は最も コンパクトな姿勢 ― かがんだ姿勢です 肛門とペニスの位置に 穴が開いています 耳の所にも穴があります 目の所にはありません 口の所に切り込みがあります 6cmの厚さのコンクリート製で 内部に空洞があります この場所も まっ平らで 360度地平線を見渡せます この作品も疑問を 投げかけています まるで私たちが初めて そこに現れたかのようです その疑問とは 人間の企てと 時空との関係についてです

身体の闇を建築に 変換するという 言い方をそのまま受け取ったとして 建築空間を 生活空間ではなく メタファーとして 利用できるでしょうか? そして 収縮し拡張する ― 小さくなり 大きくなる空間を 空間と光と闇の中を 旅する肉体の 物語として 利用できるでしょうか? これは一定の均衡と 重さをもった作品で 身体を都市 つまり 細胞の集合に変えます 細胞は互いにつながり 一定の場所で 何らかの視覚体験を 与えるのです

最後にお見せしたい作品は この『Blind Light』です これはおそらく 最も開かれた作品なので 「根源的な開放」をテーマとする ― この集まりにふさわしく 可能な限り根源的な作品だと思います 素材は光と水蒸気です この箱の中は 1.5気圧の大気と 雲と明るい光で 満たされています 開けっぱなしの 入口から入ると あなた自身にも そして他の人にも 姿が見えなくなります 手を自分の前に差し出しても 見えないほどです 下を向いても 足が見えません 皆さんは 実体を持たない 意識になり 生が 私たちを必然へと 結びつけている存在 ― 空間を満たし 測定できるような 存在であることから 解き放たれます ところが 実際には この空間は人々や 実体をもたない声で 満たされていて 周囲の環境から 現れる他者は あなたの身体空間に かなり近づいて はじめて姿を現します 人がこの箱の端に近付くと 姿が見えます 観察者が反対に観察されるのです

私にとってアートとは 金銭の交換ではありません アートは いま現在の直接体験を 提示し直すものです ジョン・ケージは かつて言いました 「我々は何らかのゴールに 向かっているのではない ゴールは我々のもとにあり 我々とともに変化する もしアートに目的があるとするなら その事実に気付かせることなのだ」 どうもありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画