TED日本語 - ブライアン・デットマー: 古びた本が繊細なアートに生まれ変わる時

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ブライアン・デットマー: 古びた本が繊細なアートに生まれ変わる時

TED Talks

古びた本が繊細なアートに生まれ変わる時
Old books reborn as intricate art
ブライアン・デットマー
Brian Dettmer

内容

この情報化の時代に、時代遅れの百科事典など何に使うのでしょう?アーティストのブライアン・デットマーは、デザインナイフと優れたリミックスを見分ける眼を活かして、古い本に新たな命を吹き込み、美しく、意表をつく彫刻作品を作っています。

Script

I'm an artist and I cut books. This is one of my first book works. It's called "Alternate Route to Knowledge." I wanted to create a stack of books so that somebody could come into the gallery and think they're just looking at a regular stack of books, but then as they got closer they would see this rough hole carved into it, and wonder what was happening, wonder why, and think about the material of the book. So I'm interested in the texture, but I'm more interested in the text and the images that we find within books.

In most of my work, what I do is I seal the edges of a book with a thick varnish so it's creating sort of a skin on the outside of the book so it becomes a solid material, but then the pages inside are still loose, and then I carve into the surface of the book, and I'm not moving or adding anything. I'm just carving around whatever I find interesting. So everything you see within the finished piece is exactly where it was in the book before I began.

I think of my work as sort of a remix, in a way, because I'm working with somebody else's material in the same way that a D.J. might be working with somebody else's music. This was a book of Raphael paintings, the Renaissance artist, and by taking his work and remixing it, carving into it, I'm sort of making it into something that's more new and more contemporary. I'm thinking also about breaking out of the box of the traditional book and pushing that linear format, and try to push the structure of the book itself so that the book can become fully sculptural.

I'm using clamps and ropes and all sorts of materials, weights, in order to hold things in place before I varnish so that I can push the form before I begin, so that something like this can become a piece like this, which is just made from a single dictionary. Or something like this can become a piece like this. Or something like this, which who knows what that's going to be or why that's in my studio, will become a piece like this.

So I think one of the reasons people are disturbed by destroying books, people don't want to rip books and nobody really wants to throw away a book, is that we think about books as living things, we think about them as a body, and they're created to relate to our body, as far as scale, but they also have the potential to continue to grow and to continue to become new things. So books really are alive. So I think of the book as a body, and I think of the book as a technology. I think of the book as a tool. And I also think of the book as a machine. I also think of the book as a landscape. This is a full set of encyclopedias that's been connected and sanded together, and as I carve through it, I'm deciding what I want to choose. So with encyclopedias, I could have chosen anything, but I specifically chose images of landscapes. And with the material itself, I'm using sandpaper and sanding the edges so not only the images suggest landscape, but the material itself suggests a landscape as well.

So one of the things I do is when I'm carving through the book, I'm thinking about images, but I'm also thinking about text, and I think about them in a very similar way, because what's interesting is that when we're reading text, when we're reading a book, it puts images in our head, so we're sort of filling that piece. We're sort of creating images when we're reading text, and when we're looking at an image, we actually use language in order to understand what we're looking at. So there's sort of a yin-yang that happens, sort of a flip flop. So I'm creating a piece that the viewer is completing themselves.

And I think of my work as almost an archaeology. I'm excavating and I'm trying to maximize the potential and discover as much as I possibly can and exposing it within my own work. But at the same time, I'm thinking about this idea of erasure, and what's happening now that most of our information is intangible, and this idea of loss, and this idea that not only is the format constantly shifting within computers, but the information itself, now that we don't have a physical backup, has to be constantly updated in order to not lose it. And I have several dictionaries in my own studio, and I do use a computer every day, and if I need to look up a word, I'll go on the computer, because I can go directly and instantly to what I'm looking up. I think that the book was never really the right format for nonlinear information, which is why we're seeing reference books becoming the first to be endangered or extinct.

So I don't think that the book will ever really die. People think that now that we have digital technology, the book is going to die, and we are seeing things shifting and things evolving. I think that the book will evolve, and just like people said painting would die when photography and printmaking became everyday materials, but what it really allowed painting to do was it allowed painting to quit its day job. It allowed painting to not have to have that everyday chore of telling the story, and painting became free and was allowed to tell its own story, and that's when we saw Modernism emerge, and we saw painting go into different branches. And I think that's what's happening with books now, now that most of our technology, most of our information, most of our personal and cultural records are in digital form, I think it's really allowing the book to become something new. So I think it's a very exciting time for an artist like me, and it's very exciting to see what will happen with the book in the future.

Thank you.

(Applause)

私はアーティストで 本を彫っています これは初期の作品です 題名は『知識に至るもうひとつの道』です 本を重ねて 人がギャラリーに入ってきた時に ただ本が積んであるように 見せたかったのです でも近づいていくと 荒々しく穴が掘ってあるのが目に入り 起きた事や その理由に思いを巡らせ この本の材質について考えます 私は質感に関心はありますが 本の中にある文章や図版は さらに面白いと思います

私は ほとんどの作品で 本の外側をニスでしっかり固めます ニスが表皮のようになるため 本は固い素材になりますが 中のページはバラバラのままです 次に本を表面から彫っていきます 何も ずらしたり 付け加えたりしません ただ面白そうなところを 彫っていくだけです 完成した作品にあるものは全部 ― 私が手を加える前の 状態のままです

私の作品は いわばリミックスのようです DJが他人の音楽を元に 作品を作るように 私も他人のものを 素材にしているからです これはルネサンスの画家 ラファエロの画集でしたが 彼の作品を取り上げ リミックスして 彫っていくことで より新しく より現代的に仕上げています また 伝統的な 本の枠組みから飛び出して 時系列に沿った形式を拡張し 本自体の構造を拡張して 完全に彫刻作品に しようと試みています

私はニスをかける前に 固定するための 万力やロープや あらゆる素材の重しを 使うことで 始める前に形を決めます そうすることで こんな形のものを このような作品にできるのです ちなみに これは1冊の 辞書で出来ています これは ― こんな作品になります このような ― 何になるか見当もつかず スタジオにある理由すらわからないものが こういう作品になるのです

本を破壊することに 人々が動揺したり 本を破りたくないと感じたり 捨てようと思わない理由は 本が生き物であり身体であると 私たちが捉えているからです 本はサイズに関しては 人間の身体に合わせて作られていますが 本には 成長し続け 次々と新しくなっていく 力が備わっています だから本は生きているのです だから私にとって 本は身体であり テクノロジーです 本は道具でもあります 同時に機械でもあります 本は 風景であるとも言えます これは百科事典を全巻 連結してヤスリがけしたもので 彫り進めながら 残すものを決めていきます 百科事典ですから 何を選んでもよかったのですが 風景の図版を選ぶことにしました これを素材にして サンドペーパーを使い 角を丸めることで 図版だけでなく 素材自体が風景のように見えてきます

さて 私が本を彫り進める時には 図版だけでなく 文章にも注目していて どちらも同じように捉えています 面白いことに 私たちが読む ― 文章や本は 頭の中でイメージを生み その断片が記憶されます つまり 私たちは文章を読みつつ イメージを生み出し イメージを見つつ 見たものを理解するために 言葉を使うのです そこで ある意味 陰陽のような 反転が起こります 私は観客が自分自身で完成させるような 作品を作っているのです

また私は自分の作品を考古学に 近いものと捉えています 私が発掘して 素材の力を最大限まで引き出し 出来る限り多くの発見を 作品の中で明らかにしようと しているのです その一方で 「消去」について考えています 私たちの情報には ほぼすべて 実体がありません そして「喪失」という概念 これは 情報の形式がコンピュータの内部で 刻々と変化することだけでなく 情報自体を失わないためには 物理的なバックアップがないので 常にアップデートし続ける 必要があるという考え方です 私はスタジオに辞書を 何冊か置いていますし コンピュータも毎日使います 言葉を調べたければ コンピュータを使います 調べたいことが ダイレクトに しかも瞬時にわかるからです 時系列に沿わない情報には 本は最適な形式ではないでしょう だから 辞書や事典などが 私たちの前から真っ先に 姿を消す本になるのです

だからといって本が 完全に消えるとは思いません デジタル技術のせいで 本は姿を消すと 考える人もいますが 私たちの目の前では 物事が変化し 進化しつつあります 私は本も進化すると思います 写真と印刷技術が 日常のものになった時代に 「絵画は消える」と言う人が いたのと同じです でも実際には 写真や印刷は 絵画を雑事から解放したのです そのおかげで絵画は 話を伝えるという雑用から解放され 自由になって 独自の物語を 語れるようになりました まさにその時 モダニズムが出現し 絵画は別の方向へ歩んだのです 同じことが今 本にも起こっています ほぼすべての テクノロジーや情報や 個人的あるいは文化的な記録が デジタルで記録されるおかげで 本は新たなものになれると思います だから私たちアーティストにとって 現代は面白い時代ですし 未来の本がどうなっていくのか 本当に楽しみです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画