TED日本語 - ゲオルギオス・パパンドレウ: 国境のないヨーロッパ的民主主義を想像しよう

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ゲオルギオス・パパンドレウ: 国境のないヨーロッパ的民主主義を想像しよう

TED Talks

国境のないヨーロッパ的民主主義を想像しよう
Imagine a European democracy without borders
ゲオルギオス・パパンドレウ
George Papandreou

内容

ここ最近、ギリシャは欧州経済危機の象徴として見られています。でもそれは、これから起こる事態の前兆に過ぎないのではないかと、ゲオルギオス・パパンドレウ元ギリシャ首相は考えています。彼によれば、我々の民主主義は大き過ぎて潰せないシステム、より正確に言えば、大き過ぎてコントロールできないシステムに捕らわれており、その一方で、彼を含め政治家は民衆の信頼を失っているという現状があると言うのです。これをどうしたら解決できるでしょうか?新たな民主的意思決定に、市民がより直接的な形で再び関わるように呼びかけるのです。

Script

This will not be a speech like any one I have ever given. I will talk to you today about the failure of leadership in global politics and in our globalizing economy. And I won't provide some feel-good, ready-made solutions. But I will in the end urge you to rethink, actually take risks, and get involved in what I see as a global evolution of democracy.

Failure of leadership. What is the failure of leadership today? And why is our democracy not working? Well, I believe that the failure of leadership is the fact that we have taken you out of the process. So let me, from my personal experiences, give you an insight, so that you can step back and maybe understand why it is so difficult to cope with the challenges of today and why politics is going down a blind alley.

Let's start from the beginning. Let's start from democracy. Well, if you go back to the Ancient Greeks, it was a revelation, a discovery, that we had the potential, together, to be masters of our own fate, to be able to examine, to learn, to imagine, and then to design a better life. And democracy was the political innovation which protected this freedom, because we were liberated from fear so that our minds in fact, whether they be despots or dogmas, could be the protagonists. Democracy was the political innovation that allowed us to limit the power, whether it was of tyrants or of high priests, their natural tendency to maximize power and wealth.

Well, I first began to understand this when I was 14 years old. I used to, to try to avoid homework, sneak down to the living room and listen to my parents and their friends debate heatedly. You see, then Greece was under control of a very powerful establishment which was strangling the country, and my father was heading a promising movement to reimagine Greece, to imagine a Greece where freedom reigned and where, maybe, the people, the citizens, could actually rule their own country.

I used to join him in many of the campaigns, and you can see me here next to him. I'm the younger one there, to the side. You may not recognize me because I used to part my hair differently there.

(Laughter)

So in 1967, elections were coming, things were going well in the campaign, the house was electric. We really could sense that there was going to be a major progressive change in Greece.

Then one night, military trucks drive up to our house. Soldiers storm the door. They find me up on the top terrace. A sergeant comes up to me with a machine gun, puts it to my head, and says, "Tell me where your father is or I will kill you." My father, hiding nearby, reveals himself, and was summarily taken to prison.

Well, we survived, but democracy did not. Seven brutal years of dictatorship which we spent in exile.

Now, today, our democracies are again facing a moment of truth. Let me tell you a story. Sunday evening, Brussels, April 2010. I'm sitting with my counterparts in the European Union. I had just been elected prime minister, but I had the unhappy privilege of revealing a truth that our deficit was not 6 percent, as had been officially reported only a few days earlier before the elections by the previous government, but actually 15.6 percent. But the deficit was only the symptom of much deeper problems that Greece was facing, and I had been elected on a mandate, a mission, actually, to tackle these problems, whether it was lack of transparency and accountability in governance, or whether it was a clientelistic state offering favors to the powerful -- tax avoidance abetted and aided by a global tax evasion system, politics and media captured by special interests. But despite our electoral mandate, the markets mistrusted us. Our borrowing costs were skyrocketing, and we were facing possible default.

So I went to Brussels on a mission to make the case for a united European response,one that would calm the markets and give us the time to make the necessary reforms. But time we didn't get. Picture yourselves around the table in Brussels. Negotiations are difficult, the tensions are high, progress is slow, and then,10 minutes to 2, a prime minister shouts out, "We have to finish in 10 minutes."

I said, "Why? These are important decisions. Let's deliberate a little bit longer."

Another prime minister comes in and says, "No, we have to have an agreement now, because in 10 minutes, the markets are opening up in Japan, and there will be havoc in the global economy."

We quickly came to a decision in those 10 minutes. This time it was not the military, but the markets, that put a gun to our collective heads. What followed were the most difficult decisions in my life, painful to me, painful to my countrymen, imposing cuts, austerity, often on those not to blame for the crisis. With these sacrifices, Greece did avoid bankruptcy and the eurozone avoided a collapse.

Greece, yes, triggered the Euro crisis, and some people blame me for pulling the trigger. But I think today that most would agree that Greece was only a symptom of much deeper structural problems in the eurozone, vulnerabilities in the wider global economic system, vulnerabilities of our democracies. Our democracies are trapped by systems too big to fail, or, more accurately, too big to control. Our democracies are weakened in the global economy with players that can evade laws, evade taxes, evade environmental or labor standards. Our democracies are undermined by the growing inequality and the growing concentration of power and wealth, lobbies, corruption, the speed of the markets or simply the fact that we sometimes fear an impending disaster, have constrained our democracies, and they have constrained our capacity to imagine and actually use the potential, your potential, in finding solutions.

Greece, you see, was only a preview of what is in store for us all. I, overly optimistically, had hoped that this crisis was an opportunity for Greece, for Europe, for the world, to make radical democratic transformations in our institutions. Instead, I had a very humbling experience. In Brussels, when we tried desperately again and again to find common solutions, I realized that not one, not one of us, had ever dealt with a similar crisis. But worse, we were trapped by our collective ignorance. We were led by our fears. And our fears led to a blind faith in the orthodoxy of austerity. Instead of reaching out to the common or the collective wisdom in our societies, investing in it to find more creative solutions, we reverted to political posturing. And then we were surprised when every ad hoc new measure didn't bring an end to the crisis, and of course that made it very easy to look for a whipping boy for our collective European failure, and of course that was Greece. Those profligate, idle, ouzo-swilling, Zorba-dancing Greeks, they are the problem. Punish them! Well, a convenient but unfounded stereotype that sometimes hurt even more than austerity itself.

But let me warn you, this is not just about Greece. This could be the pattern that leaders follow again and again when we deal with these complex, cross-border problems, whether it's climate change, whether it's migration, whether it's the financial system. That is, abandoning our collective power to imagine our potential, falling victims to our fears, our stereotypes, our dogmas, taking our citizens out of the process rather than building the process around our citizens. And doing so will only test the faith of our citizens, of our peoples, even more in the democratic process.

It's no wonder that many political leaders, and I don't exclude myself, have lost the trust of our people. When riot police have to protect parliaments, a scene which is increasingly common around the world, then there's something deeply wrong with our democracies. That's why I called for a referendum to have the Greek people own and decide on the terms of the rescue package. My European counterparts, some of them, at least, said, "You can't do this. There will be havoc in the markets again." I said, "We need to, before we restore confidence in the markets, we need to restore confidence and trust amongst our people."

Since leaving office, I have had time to reflect. We have weathered the storm, in Greece and in Europe, but we remain challenged. If politics is the power to imagine and use our potential, well then 60-percent youth unemployment in Greece, and in other countries, certainly is a lack of imagination if not a lack of compassion. So far, we've thrown economics at the problem, actually mostly austerity, and certainly we could have designed alternatives, a different strategy, a green stimulus for green jobs, or mutualized debt, Eurobonds which would support countries in need from market pressures, these would have been much more viable alternatives. Yet I have come to believe that the problem is not so much one of economics as it is one of democracy.

So let's try something else. Let's see how we can bring people back to the process. Let's throw democracy at the problem. Again, the Ancient Greeks, with all their shortcomings, believed in the wisdom of the crowd at their best moments. In people we trust. Democracy could not work without the citizens deliberating, debating, taking on public responsibilities for public affairs. Average citizens often were chosen for citizen juries to decide on critical matters of the day. Science, theater, research, philosophy, games of the mind and the body, they were daily exercises. Actually they were an education for participation, for the potential, for growing the potential of our citizens.

And those who shunned politics, well, they were idiots. You see, in Ancient Greece, in ancient Athens, that term originated there. "Idiot" comes from the root "idio," oneself. A person who is self-centered, secluded, excluded, someone who doesn't participate or even examine public affairs. And participation took place in the agora, the agora having two meanings, both a marketplace and a place where there was political deliberation. You see, markets and politics then were one, unified, accessible, transparent, because they gave power to the people. They serve the demos, democracy. Above government, above markets was the direct rule of the people.

Today we have globalized the markets but we have not globalized our democratic institutions. So our politicians are limited to local politics, while our citizens, even though they see a great potential, are prey to forces beyond their control.

So how then do we reunite the two halves of the agora? How do we democratize globalization? And I'm not talking about the necessary reforms of the United Nations or the G20. I'm talking about, how do we secure the space, the demos, the platform of values, so that we can tap into all of your potential?

Well, this is exactly where I think Europe fits in. Europe, despite its recent failures, is the world's most successful cross-border peace experiment. So let's see if it can't be an experiment in global democracy, a new kind of democracy. Let's see if we can't design a European agora, not simply for products and services, but for our citizens, where they can work together, deliberate, learn from each other, exchange between art and cultures, where they can come up with creative solutions. Let's imagine that European citizens actually have the power to vote directly for a European president, or citizen juries chosen by lottery which can deliberate on critical and controversial issues, a European-wide referendum where our citizens, as the lawmakers, vote on future treaties. And here's an idea: Why not have the first truly European citizens by giving our immigrants, not Greek or German or Swedish citizenship, but a European citizenship? And make sure we actually empower the unemployed by giving them a voucher scholarship where they can choose to study anywhere in Europe. Where our common identity is democracy, where our education is through participation, and where participation builds trust and solidarity rather than exclusion and xenophobia. Europe of and by the people, a Europe, an experiment in deepening and widening democracy beyond borders.

Now, some might accuse me of being naive, putting my faith in the power and the wisdom of the people. Well, after decades in politics, I am also a pragmatist. Believe me, I have been, I am, part of today's political system, and I know things must change. We must revive politics as the power to imagine, reimagine, and redesign for a better world.

But I also know that this disruptive force of change won't be driven by the politics of today. The revival of democratic politics will come from you, and I mean all of you. Everyone who participates in this global exchange of ideas, whether it's here in this room or just outside this room or online or locally, where everybody lives, everyone who stands up to injustice and inequality, everybody who stands up to those who preach racism rather than empathy, dogma rather than critical thinking, technocracy rather than democracy, everyone who stands up to the unchecked power, whether it's authoritarian leaders, plutocrats hiding their assets in tax havens, or powerful lobbies protecting the powerful few.

It is in their interest that all of us are idiots. Let's not be.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: You seem to describe a political leadership that is kind of unprepared and a prisoner of the whims of the financial markets, and that scene in Brussels that you describe, to me, as a citizen, is terrifying. Help us understand how you felt after the decision. It was not a good decision, clearly, but how do you feel after that, not as the prime minister, but as George?

George Papandreou: Well, obviously there were constraints which didn't allow me or others to make the types of decisions we would have wanted, and obviously I had hoped that we would have the time to make the reforms which would have dealt with the deficit rather than trying to cut the deficit which was the symptom of the problem. And that hurt. That hurt because that, first of all, hurt the younger generation, and not only, many of them are demonstrating outside, but I think this is one of our problems. When we face these crises, we have kept the potential, the huge potential of our society out of this process, and we are closing in on ourselves in politics, and I think we need to change that, to really find new participatory ways using the great capabilities that now exist even in technology but not only in technology, the minds that we have, and I think we can find solutions which are much better, but we have to be open.

BG: You seem to suggest that the way forward is more Europe, and that is not to be an easy discourse right now in most European countries. It's rather the other way -- more closed borders and less cooperation and maybe even stepping out of some of the different parts of the European construction. How do you reconcile that?

GP: Well, I think one of the worst things that happened during this crisis is that we started a blame game. And the fundamental idea of Europe is that we can cooperate beyond borders, go beyond our conflicts and work together. And the paradox is that, because we have this blame game, we have less the potential to convince our citizens that we should work together, while now is the time when we really need to bring our powers together.

Now, more Europe for me is not simply giving more power to Brussels. It is actually giving more power to the citizens of Europe, that is, really making Europe a project of the people. So that, I think, would be a way to answer some of the fears that we have in our society.

BG: George, thank you for coming to TED.

GP: Thank you very much.BG: Thank you. (Applause)

今までの私のスピーチとは 違ったお話をしたいと思います どんな話かというと 国際政治と グローバル化する経済における リーダーとしての 失敗についてです 聞こえのよい 既成の解決策は 提案しません その代わり 最終的には 私が考える世界規模での 民主主義の進歩について 皆さんがもう一度考え リスクを覚悟で 参加するよう促したいのです

現在 リーダーとして失敗すること そこにはどんな意味があるのか? なぜ我々の民主主義は 機能していないのか? 失敗の原因は 皆さんを民主主義のプロセスから 締め出したことにあると思います そこで 私個人の経験から 皆さんに学んでほしいのです 今ある課題がなぜこれほど 対処しにくいのか なぜ政治が行き詰まっているのかを 少し客観的に 理解してほしいのです

では 一から始めましょう 「民主主義」からです 古代ギリシャの人々にとって 運命を自分の力で決め よりよい暮らしとは何か よく調べ、学び、思い描き 自分たちの手で作っていける という可能性は 目からうろこの新発見でした 民主主義とは そんな自由を守る 政治上の発明だったのです なぜなら民主主義のおかげで 人民は恐怖から解放され 人の心が それが独裁者のものであれ 押し付けの教義であれ 主役になれるようになったからです 民主主義とは 暴君にしろ聖職者にしろ 富と権力を 出来るだけ手にしようとする 彼ら本来の傾向や権力を 民衆が制限するための 政治上の発明でした

私がそれを理解したのは 14歳の時です 宿題から逃れようと こっそり居間に行って 両親とその友人達が議論を戦わせるのを よく聞いていました 当時ギリシャでは ある強力な政権の支配下で 国は がんじがらめになっていました 父は勢いのある政治運動を率いており 自由が君臨し 市民が本当の意味で 自分の国を統治できる そんなギリシャを 思い描いていました

私は父の遊説に よく同行しました 父の隣にいるのが私です 隣の若い方です この頃は髪の分け目が 今と違うから わからないかも知れません

(笑)

1967年 父は選挙を 目前に控えていました 選挙戦も順調で 家族はわくわくしていました ギリシャに進歩的な大改革が起こる そんな予感を強く感じていました

そんなある夜 軍のトラックが家の前につけて 玄関に兵士が押し寄せました 私は上の階のテラスで 見つかってしまいました 機関銃を持った軍曹が近づいてきて 私の頭に突きつけて 言うのです 「父親の居場所を教えろ さもないと命はない」 近くに隠れていた父が出てきて そのまま刑務所に連行されました

私達は生き延びましたが 民主主義は終わりました 独裁政権下の過酷な7年間 私達家族は国外追放されていました

さて現在 我々の民主主義は 再び正念場を迎えています こんなことがありました 2010年4月 日曜の夜 ブリュッセルでのことです EU首脳陣と会談中でした 私は首相に選ばれたばかりでしたが 真実を暴露するという 重い責任を抱えていました ギリシャの負債は 前政権による選挙の わずか数日前に 公表された6%ではなく 実際は15.6%だったのです でも債務はギリシャが直面する より根深い問題が 表面化したものに過ぎませんでした 私は これらの問題に取り組む 権限というより使命を与えられて 当選しました 問題とは 政治における 透明性と説明責任の欠如や コネに依存して 権力者を優遇する状況 また 世界規模の脱税システムが 後押しする租税回避 更に 利権に引き寄せられる 政治とメディアの問題などです ところが選挙による信任にも関わらず 市場の信用は得られませんでした 資金調達コストは急増し 債務を返済できなくなる 恐れが出てきました

そこで私はブリュッセルに行って 欧州全体で協調して 対応すべきだと主張しました 市場に冷静さを取り戻す一方で 改革を行う時間を 稼ぐための対応です しかし まさにその時間が 得られなかったのです ブリュッセルの会談に 出席する自分を想像してみてください 交渉は難航 緊張が高まり 進展はない そして あと10分で2時 という時になって ある首相が声をあげます 「あと10分で結論をださなければ」

「なぜですか?重大な決断なのです もう少し検討しましょうよ」と私が言うと

今度は別の首相が発言します 「いや 今 結論を出すんだ あと10分で 日本の株式市場が開いてしまう そうなれば世界経済は大混乱に陥る」

結局 その10分間で 急いで結論を出したのです この時 我々全員の頭に 銃を突きつけていたのは 軍隊ではなく市場でした その後 下した決断は 私の人生で最も難しく 自分にとっても 国民にとっても 痛みを伴うものでした ユーロ危機に直接 責任がない人々にまで 予算削減や財政緊縮策を課したのです こういった犠牲を払うことで ギリシャは破産を ユーロ圏は崩壊を免れました

でもやはりユーロ危機を 招いたのはギリシャなので 引き金を引いた私を 非難する人もいました でも今なら ほとんどの人が 次の説に賛同するでしょう ギリシャの危機は ユーロ圏が抱える もっと根深い構造的な問題や より広範囲にわたる グローバル経済の不安定性 そして民主主義の弱さの 現れに過ぎません 我々の民主主義は 大き過ぎて潰せないというより 大き過ぎて制御できない システムに捕らわれています 法や税金から逃れる者や 環境基準や労働基準を守らない者が あふれるグローバル経済の中で 我々の民主主義は弱体化し さらに 拡大する不平等と 富と権力の集中 すなわちロビー活動や 汚職に蝕まれ 市場のスピードに 翻弄されています また 単に 危機が迫っているという恐れが 我々の民主主義を 抑圧しており そのせいで我々は 自力で解決策を見つける力を 持っていることを忘れ 実際にその力を使うことも 難しくなっています

ギリシャの窮状は我々全員を 待ち構える事態の予告に過ぎません 楽天的すぎたかも知れませんが 私は今回のユーロ危機は ギリシャやヨーロッパ そして世界が 制度を根本から民主的に変革する チャンスだと思っていました でも反対に屈辱的な 経験をすることになったのです ブリュッセルでは全員が 必死になって共通の解決策を 繰り返し探っていました しかし私は そこにいた誰一人 同様の危機に対処した 経験がないということに 気づいてしまいました さらに悪いことには 全員が無知という罠にはまり 恐怖に振り回されていました この恐怖のせいで 財政緊縮策が正当だと むやみに信じてしまい 社会に共通する知恵や 社会全体としての知恵に頼って より創造的な解決策を 見出そうという努力をせずに 政治的な体面を繕うような 選択をしてしまったのです さらに驚くべきことに そこで決定された特別対策のどれも ユーロ危機を止めるに至らず 当然 この欧州全体としての失敗の 責任の追及が直ちに始まり その罪をなすりつける格好の相手は 当然 ギリシャでした 金遣いが荒くて 怠け者で 酒飲みで 踊ってばかりいる そんなギリシャ人が悪いのだ 彼らに罰を! こういった わかり易いが根拠のない偏見は 時に財政緊縮策よりも 大きな打撃を与えます

ただ ここで申し上げたいのは これはギリシャだけの問題ではなく 国家の指導者達が 気候変動や移民 財政システムといった 複雑で国境が関係ない問題を扱うとき 繰り返し陥ってしまう パターンかもしれません つまり 自分達にできることは何かと 共に考えていく力を放棄し 恐れや偏見 凝り固まった概念の犠牲となり 国民中心のプロセスを 構築するどころか そこから国民を閉め出す というパターンです そんなことをしても 民主的プロセスを望む民意は 揺るぎないでしょう

私を含め 多くの政治的指導者が 国民の信頼を失ったのは 当然の結果です 世界中あちこちで目にする 議事堂を機動隊が守るような 事態が生じるとき 我々の民主主義には 大きな問題があります だから私は 救済策の条件決定にギリシャ国民が 主体的に関われるように 国民投票を求めたのです 欧州首脳陣 ― 少なくともその一部は ― こう言って反対しました 「国民投票はだめだ また市場が混乱に陥る」 それに対し 私は 「市場の信頼を回復する前に 国民の信用と信頼を回復しなければ」 と答えました

辞任をしてからは 当時を振り返る時間ができました 私達はギリシャと欧州での 難局を切り抜けましたが 試練は続いています 政治とは 自分達にできることを考え 活用する力だとするなら ギリシャや他の国々で 若者の失業率が60%に上る状況は 共感力の欠如とまではいかなくても 想像力の欠如であることは 間違いありません これまで ユーロ危機には 経済的な対策をしてきました もっとも ほとんどの場合 財政緊縮策であり 別の方法を練ることも 出来たかも知れません 環境に配慮した 事業に対する景気刺激策や 苦境に陥った国々を 市場の圧力から守り 支援するための ユーロ共同債のような もっと現実的な方法が あったかもしれないのです でも私はこう考えるようになりました これは経済の問題ではなく 民主主義の問題なのです

だから別の手段を試しましょう 民衆が再び意思決定に 参加できる方法を考えましょう 民主主義で問題に対処しましょう 古代ギリシャ人には 欠点もありましたが いざという時の群衆の知恵に 信頼を置いていました 皆が民衆の力を信じていました 市民が公共の問題を 慎重に検討し 議論して責任を負わない限り 民主主義は機能しなかったはずです 時には普通の市民が委嘱されて 当時 重要だった問題について 判断を下していました 科学や演劇 学術研究や哲学といった 心と体を使った娯楽が 日常的に実践されていました それが市民に参加を促す 社会教育であり 市民の力や可能性を 高める教育だったのです

政治から遠ざかる人々は 愚か者 "idiot" と呼ばれました 古代ギリシャ アテネで この呼び名が生まれました "idiot" の元になった言葉は "idio"「自分自身」です 自己中心的で 孤立し 疎外された人 参政義務を怠り 顧みることもない人のことです 政治参加の場所は アゴラと呼ばれていました アゴラには2つの意味がありました 「市場」と「政治的議論の場」です 当時 市場と政治は一体で アクセスが容易で 透明性が高く 民衆が力を得る場所でした どちらも民衆のためのものでした これこそが民主主義です 政府よりも 市場よりも 民衆の直接支配が勝りました

現代では 市場がグローバル化する一方 民主主義制度は そうではありません 政治家は地域の政治に縛られ 市民は 大きな可能性を 理解していたとしても 自分達の手が届かない権力の 餌食になっています

政治と経済を 再び統合する方法とは? 民主的なグローバル化の方法とは? 私は国連やG20に必要な 改革について言っている わけではありません ここでの問いは 皆の能力が活用できるように 領域と民衆 そして価値基盤を 確保する方法についてです

私の考えではヨーロッパが まさにその場所です 先の失敗の一方で ヨーロッパは 国境を越えた平和の実験場として 世界で最も成功しています だから新しい民主主義の形である グローバル民主主義の 実験場にできないでしょうか ヨーロッパ的なアゴラを 設計できないでしょうか 商品とサービスの ためだけではなく 市民のためのアゴラ 人々が共に働き 共に検討し お互いから学び 芸術と文化の交流をすることで 創造的な解決策が生まれる場所です ヨーロッパの市民が 欧州統一の大統領を決める 直接選挙権をもち 重要な課題や 議論の絶えない問題を 自分達で検討できるように 代表をくじで選ぶ制度 そして市民が 法律を作る側に立ち 条約にも投票できるような 欧州全体の制度を考えてみましょう ここでアイデアを一つ 初めての本当の ヨーロッパ市民を生むために 移民に ギリシャやドイツや スウェーデンの市民権ではなく 「欧州市民権」を 与えてはどうでしょうか 失業者に力を与えるために 奨学金のクーポンを発行し 欧州のどの場所でも 選んで学べるようにしましょう そうすることで民主主義が 我々共通のアイデンティティとなり 政治参加を通して教育が進められ 排斥と外国人嫌悪の代わりに 信頼と結束が生まれるのです 人民による人民のヨーロッパ 国境を越えた民主主義を 深め 広げる 実験場としてのヨーロッパです

さて そういう私の考えに対し 単純すぎるとか 民衆の知恵と力を信頼し過ぎだと 批判する人もいるでしょうが 何十年も政界にいる私は 現実主義者でもあるのです 私はこれまでも そして今も 政治システムに携わってきて 変革の必要性をよく理解しています 我々は政治を再生して よりよい世界を思い描き 描き直し 設計し直す力を 取り戻さねばなりません

しかし一方で 現行の政治組織には そんな劇的な変化を 起こす力はありません 民主的な政治の復活は 皆さん一人ひとりから 始まるのです ここTEDの会場や 会場の外から ネット上や 皆さんの地元から この地球規模のアイデアの交流に 参加する全員で 始めるのです 不正と不公平に抵抗する人々 全員で 始めるのです 共感より人種差別を煽る連中や 批判的な思考より固定観念を 民主主義より 技術至上主義を吹聴する輩に 抵抗する人々 全員で始めるのです 野放しの権力に抵抗し 独裁的な指導者や タックス・ヘイヴンに 資産を隠す富豪や 少数の権力者しか守らない 圧力団体に 抵抗する人々 全員で始めるのです

我々が皆 愚かであれば 利益を得るのは彼らです そうさせてはなりません

ありがとう

(拍手)

ブルーノ・ジュッサーニ: お話の中では 政治的リーダー像が 金融マーケットに対し 十分に対応できず 振り回される様子が出てきましたね ブリュッセルのシーンでは 一市民として恐怖すら感じました 決定を下した後 どんなお気持ちでしたか? 賢明な決定でないのは 明らかだったにしろ 首相としてではなく 一個人としてどう感じましたか?

ゲオルギオス・パパンドレウ: 確かに制約があって 私達の望み通りの結論は 出せませんでした 本当は時間をかけて改革を行い 単に債務を減らすだけでなく 適切に処理したかったのです 債務は問題の現れに過ぎません だから つらい決断でした まず若い世代が傷つき 彼らだけでなく多くの人が デモをしているわけですから これは問題の一端でしょう 危機に直面しているのに 社会の大きな可能性を プロセスから締め出し 政治に閉じこもっている状況は 変えなければ ならないと思います テクノロジーだけでなく 私達の精神に存在する 大きな力を使って 新たな政治参加の在り方を 見つける必要がありますし よりよい解決策も見つかるでしょうが 開放性が必要です

ブルーノ: 欧州の発展にはもっと全体が まとまるべきとお考えのようですが 欧州諸国のほとんどにとっては 簡単な話ではないでしょう むしろ国境をより堅く閉ざし 協力関係は減り ともすれば 欧州の様々な組織から 離れる動きすら見られます この動きと どう折り合いをつけますか?

ゲオルギオス: 今回の危機の中で 最悪だったのが 責任のなすりあいでした ヨーロッパの根本理念は 国境を越えて協力し 争いを乗り越えて 協働することだったはずです それなのに この悪者探しのせいで 協力が必要だと 市民を説得する力は 弱まってしまいました 今こそ力を 結集すべき時だというのにです

ヨーロッパとして 一層まとまることで EUの権限が強まるだけでなく ヨーロッパ市民に より大きな力が与えられ ヨーロッパが本物の 民衆の事業になるのです それが社会にはびこる 恐れの一部を 解消する方法になると思います

ブルーノ: ありがとうございました

ゲオルギオス: どうもありがとう ブルーノ: ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画