TED日本語 - オレン・ヤコボヴィッチ: 隠しカメラが捉える世界で最も危険な場所における不正

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - オレン・ヤコボヴィッチ: 隠しカメラが捉える世界で最も危険な場所における不正

TED Talks

隠しカメラが捉える世界で最も危険な場所における不正
Hidden cameras that film injustice in the world’s most dangerous places
オレン・ヤコボヴィッチ
Oren Yakobovich

内容

百聞は一見にしかずとオレン・ヤコボヴィッチは言います。暴力や政治腐敗や虐待の危険な現場を隠しカメラで撮影する人々を彼が手助けしているのはそのためです。彼が設立した組織Videreは、世界が目にすべき人権侵害の状況を暴露し、検証し、公開しています。

Script

I would like to start with the story of Mary, a woman from an African village. Her first memories are of her family fleeing violent riots orchestrated by the ruling political party. Her brother was murdered by the state-sponsored militia, and she was raped more than once just because she belonged to the wrong party.

One morning, a month before the election, Mary's village was called to another intimidation meeting. In this meeting, there is a man standing in front of them, telling them, "We know who you are, we know who you will vote for, and if you're not going to drop the right paper, we're going to take revenge." But for Mary, this meeting is different. She feels different. This time, she's waiting for this meeting, because this time, she's carrying a small hidden camera in her dress, a camera that nobody else can see. Nobody is allowed to film in these meetings. You risk your life if you do. Mary knows that, but she also knows that the only way to stop them and to protect herself and her community is to expose their intimidation, to make sure they understand somebody is following them, to break the impunity they feel. Mary and her friends were filming for months, undercover, the intimidation of the ruling political party.

(Video) [ "Filmed with hidden cameras" ]

Man: We are now going to speak about the upcoming elections. Nothing can stop us from doing what we want. If we hear you are with [ The Opposition ] we will not forgive you.

[ "Militia intimidation rally" ]

[ The Party ] can torture you at any time. The youth can beat you.

[ "Disruption of political meeting" ]

For those who lie, saying they are back with [ The Party ], your time is running out.

[ "Party youth militia" ]

Some have died because they rebelled. Some have lost their homes. If you don't work together with [ The Party ], you will lead a very bad life.

Oren Yakobovich: These images were broadcast all over the world, but more importantly, they have been broadcast back to the community. The perpetrators saw them too. They understood somebody is following them. They got scared. Impunity was broken. Mary and her friends forced the ruling political party not to use violence during the election, and saved hundreds of lives. Mary is just one of hundreds of people that my organization had helped to document human rights violations using cameras.

My background should have led me to a different direction. I was born in Israel to a right-wing family, and as long as I remember myself, I wanted to join the Israeli army to serve my country and prove what I believed was our right for the whole land. I joined the Israeli army just after the first intifada, the first Palestinian uprising, and I served in one of the hard-minded, toughest, aggressive infantry units, and I got the biggest gun in my platoon. Quite fast, I became an officer and got soldiers under my command, and as time passed, I started serving in the West Bank, and I saw these images. I didn't like what I saw. It took me a while, but eventually I refused to serve in the West Bank and had to spend time in jail. It was a bit -- (Applause) -- It was not that bad, I have to say. It was a bit like being in a hotel, but with very shitty food. (Laughter)

In jail, I kept thinking that I need people to know. I need people to understand what the reality in the West Bank looks like. I need them to hear what I heard, I need them to see what I saw, but I also understood, we need the Palestinians themselves, the people that are suffering, to be able to tell their own stories, not journalists or filmmakers that are coming outside of the situation.

I joined a human rights organization, an Israeli human rights organization called B'Tselem. Together, we analyzed the West Bank and picked 100 families that are living in the most risky places: close to checkpoints, near army bases, side by side with settlers. We gave them cameras and training. Quite fast, we started getting very disturbing images about how the settlers and the soldiers are abusing them.

I would like to share with you two clips from this project. Both of them were broadcast in Israel, and it created a massive debate. And I have to warn you, some of you might find them quite explicit. The masked men you will see in the first clips are Jewish settlers. Minutes before the camera was turned on, they approached a Palestinian family that was working their land and told them that they have to leave the land, because this land belongs to the Jewish settlers. The Palestinians refused. Let's see what happened. The masked men that are approaching are Jewish settlers. They are approaching the Palestinian family. This is a demonstration in the West Bank. The guy in green is Palestinian. He will be arrested in a second. Here you see him blindfolded and handcuffed. In a few seconds, he regrets he came to this demonstration. He's been shot in the foot with a rubber bullet. He is okay.

Not all the settlers and the soldiers are acting this way. We're talking about a tiny minority, but they have to be brought to justice. These clips, and others like them, forced the army and the police to start investigations. They've been shown in Israel, of course, and the Israeli public was exposed to them also. This project redefined the struggle for human rights in the occupied territories, and we managed to reduce the number of violent attacks in the West Bank.

The success of this project got me thinking how I can take the same methodology to other places in the world. Now, we tend to believe that today, with all of the technology, the smartphones and the Internet, we are able to see and understand most of what's happening in the world, and people are able to tell their story -- but it's only partly true. Still today, with all the technology we have, less than half of the world's population has access to the Internet, and more than three billion people -- I'm repeating the number -- three billion people are consuming news that is censored by those in power. More or less around the same time, I'm approached by a great guy named Uri Fruchtmann. He's a filmmaker and an activist. We understood we were thinking along the same lines, and we decided to establish Videre, our organization, together. While building the organization in London, we've been traveling undercover to places where a community was suffering from abuses, where mass atrocities were happening, and there was a lack of reporting. We tried to understand how we can help.

There were four things that I learned. The first thing is that we have to engage with communities that are living in rural areas, where violations are happening far from the public eye. We need to partner with them, and we need to understand which images are not making it out there and help them to document them.

The second thing I learned is that we have to enable them to film in a safe way. Security has to be the priority. Where I used to work before, in the West Bank, one can take a camera out, most likely not going to get shot, but in places we wanted to work, just try to pull a phone out, and you're dead -- literally dead. This is why we decided to take the operation undercover when necessary, and use mostly hidden cameras. Unfortunately, I can't show you the hidden cameras we're using today -- for obvious reasons -- but these are cameras we used before. You can buy them off the shelf. Today, we're building a custom-made hidden camera, like the one that Mary was wearing in her dress to film the intimidation meeting of the ruling political party. It's a camera that nobody can see, that blends into the environment, into the surroundings. Now, filming securities go beyond using hidden cameras. Being secure starts way before the activist is turning the camera on. To keep our partners safe, we work to understand the risk of every location and of every shot before it's happened, building a backup plan if something goes wrong, and making sure we have everything in place before our operations start.

The third thing I learned is the importance of verification. You can have an amazing shot of atrocity, but if you can't verify it, it's worth nothing. Recently, like in the ongoing war in Syria or the war in Gaza, we've seen images that are staged or brought from a different conflict. This misinformation destroyed the credibility of the source, and it's harmed the credibility of other reliable and trustworthy sources. We use a variety of ways to make sure we can verify the information and we can trust the material. It starts with vetting the partners, understanding who they are, and working with them very intensively. How do you film a location? You film road signs, you film watches, you film newspapers. We are checking maps, looking at maps, double-checking the information, and looking also at the metadata of the material.

Now, the fourth and the most important thing I learned is how you use images to create a positive change. To have an effect, the key thing is how you use the material.

Today, we're working with hundreds of activists filming undercover. We work with them both to understand the situation on the ground and which images are missing to describe it, who are the ones that are influencing the situation, and when to release the material to advance the struggle. Sometimes, it's about putting it in the media, mostly local ones, to create awareness. Sometimes it's working with decision makers, to change laws. Sometimes, it's working with lawyers to use as evidence in court. But more than often, the most effective way to create a social change is to work within the community.

I want to give you one example. Fatuma is part of a network of women that are fighting abuses in Kenya. Women in her community have been harassed constantly on their way to school and on their way to work. They are trying to change the behavior of the community from inside. In the next clip, Fatuma is taking us with her on her journey to work. Her voice is superimposed on images that she filmed herself using hidden cameras.

(Video) Fatuma Chiusiku: My name is Fatuma Chiusiku. I'm 32 years old, a mother, And Ziwa La Ng'Ombe is my home. Each morning, I ride the mini-bus Number 11. But instead of a peaceful journey to work, each day begins with fear. Come with me now and use my eyes to feel what I feel. As I walk, I think to myself: Will I be touched? Grabbed? Violated by this conductor again? Even the men inside the way they look at me touch my body, rub against me, grab me, and now, as I sit in my seat I only wish my mind was full of thoughts for my day, my dreams, my children at school, but instead I worry about the moment when we will arrive and I will be violated again.

OY: Today, there is a new front in the fight for human rights. I used to carry a big gun. Now, I am carrying this. This is a much more powerful and much, much more effective weapon. But we have to use its power wisely. By putting the right images in the right hands at the right time, we can truly create an impact.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

アフリカの ある村に住む メリーという 女性の話から 始めようと思います 彼女の最初の記憶は 与党により画策された 暴動から 家族で逃げている ところです 別な政党に属する というだけの理由で 彼女の兄は 民兵に殺害され 彼女自身 何度も レイプに遭いました

選挙1ヶ月前のある朝 メリーの村の人々は また威嚇集会に招集されました この集会では男が 人々の前に立って言うのです 「お前らが誰で 誰に投票したか 分かるからな もしちゃんと 投票しなかったら 酷い目に遭わせるぞ」 しかしこの時のメリーは いつもとは 違った気持ちでした この集会を心待ちに していたのです 彼女は誰も気付かないような 小さな隠しカメラを 服の中に 忍ばせていました この集会の撮影は 禁じられており 撮影しようとすれば 命の危険がありました メリーは危険を承知していましたが このようなことをやめさせ 自分や村の人々を 守るには この脅迫を 白日の下にさらし 彼らを追求する者が いることを示して 彼らの安泰を打ち破る 必要がありました メリーは友人達とともに 与党が行っている威嚇集会を 1ヶ月に渡って 密かに撮影し続けました

[隠しカメラによる映像]

今度の選挙の話だ 我々の望むことを 止めるものは何もない もし向こう側に 付く者がいれば 容赦はしない

[民兵による威嚇集会]

党は お前らを いつでも痛み付けられる 若い連中が お前らをぶちのめす

[政治集会の混乱]

もし党を支持すると言いながら 嘘を付くなら 終わりだと思いなさい

[党青年民兵団]

反抗して 死んだ奴もいるし 家を失った奴もいる 党に従わないなら 待っているのは 悲惨な人生だ

この映像は世界中で 放映されましたが さらに重要なのは 地元でも 放映されたことです あの脅迫していた人々も 見ることになりました 彼らは追求する者がいると 分かって恐れました もはや安泰では なくなったのです メリーと友人達は 与党勢力が 選挙で暴力に訴えることが できないようにし 何百という命を 救いました メリーは 人権蹂躙に対し カメラで対抗できるよう 私たちの組織が 支援した 何百という 活動家の1人です

私の経歴は元々 全然違った道をたどっていました イスラエルの 保守派の家庭に生まれ 記憶している限り ずっと昔から イスラエル軍に入って 国のために尽くし イスラエルの国土への権利を 証明したいと考えていました 最初のインティファーダ (パレスチナの抵抗運動) があった直後に 私は軍に入りました 私が属していたのは 最も屈強でタフで 攻撃的な歩兵部隊で 私は小隊の中で 一番大きな銃を持っていました 私はほどなく士官になって 部隊を率いるようになりました その後 ヨルダン川西岸に配属され このような光景を 目にするようになりました 見たくない光景です しばらくは耐えていましたが 結局は西岸地区での 勤務を拒否して 営倉に入れられました これは ― (拍手) 見た目ほど 悪くはありません ホテルのようなもので メシがまずいだけです (笑)

営倉で私は みんなに知らせなければと 思い続けていました 西岸地区の現実が どのようなものか 分からせなければならない 自分が見聞きしたことを みんなに伝えなければと 同時に私は 被害を被っている パレスチナの 人々自身が 自分で話を伝える必要も 感じていました 外からやってきたジャーナリストや 映像作家ではなく

私はベツェレムという イスラエルの人権団体に 入りました 西岸地区を調べて 最も危険なところに住んでいる 100家族を選びました 検問所やイスラエル軍基地の 近くに住む人や イスラエル人入植者と 隣り合わせの人々です 彼らにカメラを渡し 使い方を教えました 入植者や兵士による暴力を撮した とても不快な映像が すぐに集まり始めました

このプロジェクトのビデオクリップを 2つお見せします どちらもイスラエルで放映され 大きな議論を呼びました あらかじめ 非常に暴力的な映像であることを お断りしておきます 最初の映像に出てくる マスクの男達は ユダヤ人入植者です カメラを回す数分前 彼らは野良仕事していた パレスチナ人家族の所に来て この土地は ユダヤ人入植者のものだから 出て行けと言いました パレスチナ人は断りました すると何が起きたか 見てみましょう 近づいてくるマスクの男達は ユダヤ人入植者です パレスチナ人家族に 近づいていきます こちらは西岸地区の デモの光景です 緑の服の男は パレスチナ人です 彼はすぐに逮捕される ことになります 目隠しされ手錠で 繋がれています この後すぐ 彼はデモにやって来たことを 後悔することになります 足をゴム弾で 撃たれたのです 命に別状はありません

入植者や兵士が みなこのような振る舞いを する訳ではありません ほんの一部の人間がしていることですが 公正な裁きが必要です これらの映像のお陰で 軍や警察は捜査しないわけに いかなくなりました もちろんイスラエルでも 放映され 一般大衆の目に 触れることになりました このプロジェクトは 占領地区における人権問題の 見直しを迫ることになり 西岸地区における暴力を 減らすことができました

このプロジェクトの 成功により 同じ方法を世界の別の場所でも使えないかと 思い始めました 皆さん思うかもしれません 今日では スマートフォンや インターネットのような 技術のお陰で 世界の至る所で起きていることを 見て知ることができる 誰もが発信できるようになったと しかしそれは 一部でのことです 今日においても インターネットに アクセスできるのは 世界人口の半分以下で 世界で30億の人々が ― もう一度言いますが 世界で30億の人々が 権力者によって検閲された ニュースしか見ることができないのです ちょうどその頃 私は ウーリ・フルッツマンという 素晴らしい人物から連絡を受けました 彼は映像作家であり 活動家です 私たちは似たような思いを 抱いているのが分かり 一緒にVidereという組織を 立ち上げることにしました ロンドンでこの組織を 立ち上げている間にも 大規模な暴力や 虐待に遭いながら それが伝えられて いない地域を 密かに訪れていました そしてどうすれば 助けられだろうかと考えていました

学んだことが 4つあります 第1に僻地のコミュニティに 接する必要があること 暴力が公の目の届かないところで 行われています 彼らと協力して 何が伝えられていないか 理解して 彼らがそれを記録する手助けを する必要があります

学んだ2番目のことは 彼らが安全に撮影できるようにする 必要があるということです 安全を最優先する 必要があります 私がかつて働いていた 西岸地区では カメラを出したからといって 撃たれることはないでしょうが 私たちが活動したい地域では 携帯を取り出しただけで 文字通り殺されかねません それが 必要とあらば 活動を内密にし 隠しカメラを 使う理由です あいにく私たちが現在使っている 隠しカメラは 当然 お見せできませんが こちらは昔使っていた 隠しカメラです 店で買うことのできるものです 今では専用の隠しカメラを 自分たちで作っています メリーが与党の 威嚇集会を 撮影するとき 服の中に忍ばせていた カメラもそうです 環境にすっかり 溶け込んで 誰も気がつきません 安全の確保は隠しカメラの 使用に留まりません 活動家がカメラをオンにするずっと以前から 安全対策は始まっています 協力者を守るため あらゆる場所や撮影のリスクを あらかじめ検討し 何かがまずくなった時の 代替案を用意します そして作戦の開始前に 準備に抜かりがないことを 確認します

学んだ3番目のことは 検証の重要さです 残虐行為の見事な映像を 手にできたとしても それが検証できないとしたら 価値はありません 最近 シリアやガザ地区の 映像と称しながら 別な紛争で撮られたものが ありました そのような誤報は 情報源の信頼性を損ない 他の信頼できる情報源の信用まで 損なうことになります 私たちは情報が確かで 信頼できることを確認するために あらゆる手を使っています 協力者自身について どんな人物か調べることから始め 彼らと密に調整をします どのように撮影をするか 道路標識や腕時計や 新聞を撮してもらいます 地図で確認し 情報を二重にチェックし 画像のメタデータも調べます

学んだ4番目のことで 最も重要なことは 良い変化を引き起こすために 映像をいかに使うかということです 効果を上げるために重要なのは 得られた映像を いかに使うかということです

密かな撮影を行う 何百という活動家と 私たちは 協力しています 現地の状況は どういうものか それを伝えるために どのような映像が欠けているか その状況に影響力を 持っているのは誰か 状況改善のために映像をいつ公開すべきか知るために 彼らと連携しています 人々の関心を集めるため 地元メディアで流す ということもあります 法を改正するために 政治家と 協力することもあります 裁判での証拠として使うため 法律家と協力することもあります しかし社会的な変化を 生み出すために 最も効果的なのは コミュニティの中で 活動することです

1つ例を お見せしたいと思います ファティマはケニアで権利侵害と戦う 女性ネットワークの一員です 彼女のコミュニティでは 学校や仕事に行く途中などに 女性が絶えず ハラスメントを受けています 彼女たちはコミュニティを 内側から変えようと試みています お見せするビデオで ファティマは仕事に行く時の様子を 見せてくれます 彼女が隠しカメラで 撮った映像に 彼女自身による解説音声を かぶせてあります

私はファティマ・チウスィーク 32歳 母親 ジワ・ラ・ンゴームベに 住んでいます 毎朝 11番の ミニバスに乗ります でも平穏に仕事に 行けるわけではなく 毎日が恐怖で始まります 私と一緒に来て 私の目を通して 私がどう感じているかを 感じてください 歩きながら 私は思っています 「また触られるんだろうか? 掴まれるんだろうか? 添乗員に 蹂躙されるんだろうか?」 車内の男達も 私を嫌らしい目で見 体に触り 体を擦りつけ 私を掴みます 座席に座ったら その日のことや 夢や 学校にいる子供のことだけ 考えたいと思いますが バスが着いた時に されることへの 不安でいっぱいになります

今日 人権を巡る戦いには 新たな前線があります かつての私の武器は 大きな銃でしたが 今の武器はこれです これはずっと強力で ずっと効果的な武器なんです しかしこの力は賢く 使う必要があります 適切な映像を 適切な時に 適切な手に渡すことで 本当の変化を 引き起こせるのです

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画