TED日本語 - アマンダ・バーデン: 公共空間が都市を活かす

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アマンダ・バーデン: 公共空間が都市を活かす

TED Talks

公共空間が都市を活かす
How public spaces make cities work
アマンダ・バーデン
Amanda Burden

内容

ニューヨーク市には800万人以上の人口がひしめき合っている。何がそれを可能にしているのだろうか?ひとつは市が誇る公共空間だ ― 小さな公園からウォーターフロントの遊歩道まで ― 人々が散歩を楽しみ遊べる場所。アマンダ・バーデンは、なんと動物行動学者としての経験を基に幾つかの最近の公共空間を設計した。彼女は公共空間を創る際の知られざる苦労やその大切さを語る。

Script

When people think about cities, they tend to think of certain things. They think of buildings and streets and skyscrapers, noisy cabs. But when I think about cities, I think about people. Cities are fundamentally about people, and where people go and where people meet are at the core of what makes a city work. So even more important than buildings in a city are the public spaces in between them. And today, some of the most transformative changes in cities are happening in these public spaces.

So I believe that lively, enjoyable public spaces are the key to planning a great city. They are what makes it come alive. But what makes a public space work? What attracts people to successful public spaces, and what is it about unsuccessful places that keeps people away? I thought, if I could answer those questions, I could make a huge contribution to my city. But one of the more wonky things about me is that I am an animal behaviorist, and I use those skills not to study animal behavior but to study how people in cities use city public spaces.

One of the first spaces that I studied was this little vest pocket park called Paley Park in midtown Manhattan. This little space became a small phenomenon, and because it had such a profound impact on New Yorkers, it made an enormous impression on me. I studied this park very early on in my career because it happened to have been built by my stepfather, so I knew that places like Paley Park didn't happen by accident. I saw firsthand that they required incredible dedication and enormous attention to detail. But what was it about this space that made it special and drew people to it? Well, I would sit in the park and watch very carefully, and first among other things were the comfortable, movable chairs. People would come in, find their own seat, move it a bit, actually, and then stay a while, and then interestingly, people themselves attracted other people, and ironically, I felt more peaceful if there were other people around. And it was green. This little park provided what New Yorkers crave: comfort and greenery. But my question was, why weren't there more places with greenery and places to sit in the middle of the city where you didn't feel alone, or like a trespasser? Unfortunately, that's not how cities were being designed.

So here you see a familiar sight. This is how plazas have been designed for generations. They have that stylish, Spartan look that we often associate with modern architecture, but it's not surprising that people avoid spaces like this. They not only look desolate, they feel downright dangerous. I mean, where would you sit here? What would you do here? But architects love them. They are plinths for their creations. They might tolerate a sculpture or two, but that's about it. And for developers, they are ideal. There's nothing to water, nothing to maintain, and no undesirable people to worry about. But don't you think this is a waste? For me, becoming a city planner meant being able to truly change the city that I lived in and loved. I wanted to be able to create places that would give you the feeling that you got in Paley Park, and not allow developers to build bleak plazas like this. But over the many years, I have learned how hard it is to create successful, meaningful, enjoyable public spaces. As I learned from my stepfather, they certainly do not happen by accident, especially in a city like New York, where public space has to be fought for to begin with, and then for them to be successful, somebody has to think very hard about every detail.

Now, open spaces in cities are opportunities. Yes, they are opportunities for commercial investment, but they are also opportunities for the common good of the city, and those two goals are often not aligned with one another, and therein lies the conflict.

The first opportunity I had to fight for a great public open space was in the early 1980s, when I was leading a team of planners at a gigantic landfill called Battery Park City in lower Manhattan on the Hudson River. And this sandy wasteland had lain barren for 10 years, and we were told, unless we found a developer in six months, it would go bankrupt. So we came up with a radical, almost insane idea. Instead of building a park as a complement to future development, why don't we reverse that equation and build a small but very high-quality public open space first, and see if that made a difference. So we only could afford to build a two-block section of what would become a mile-long esplanade, so whatever we built had to be perfect. So just to make sure, I insisted that we build a mock-up in wood, at scale, of the railing and the sea wall. And when I sat down on that test bench with sand still swirling all around me, the railing hit exactly at eye level, blocking my view and ruining my experience at the water's edge.

So you see, details really do make a difference. But design is not just how something looks, it's how your body feels on that seat in that space, and I believe that successful design always depends on that very individual experience. In this photo, everything looks very finished, but that granite edge, those lights, the back on that bench, the trees in planting, and the many different kinds of places to sit were all little battles that turned this project into a place that people wanted to be.

Now, this proved very valuable 20 years later when Michael Bloomberg asked me to be his planning commissioner and put me in charge of shaping the entire city of New York. And he said to me on that very day, he said that New York was projected to grow from eight to nine million people. And he asked me, "So where are you going to put one million additional New Yorkers?"

Well, I didn't have any idea. Now, you know that New York does place a high value on attracting immigrants, so we were excited about the prospect of growth, but honestly, where were we going to grow in a city that was already built out to its edges and surrounded by water? How were we going to find housing for that many new New Yorkers? And if we couldn't spread out, which was probably a good thing, where could new housing go? And what about cars? Our city couldn't possibly handle any more cars.

So what were we going to do? If we couldn't spread out, we had to go up. And if we had to go up, we had to go up in places where you wouldn't need to own a car. So that meant using one of our greatest assets: our transit system. But we had never before thought of how we could make the most of it. So here was the answer to our puzzle. If we were to channel and redirect all new development around transit, we could actually handle that population increase, we thought. And so here was the plan, what we really needed to do: We needed to redo our zoning -- and zoning is the city planner's regulatory tool -- and basically reshape the entire city, targeting where new development could go and prohibiting any development at all in our car-oriented, suburban-style neighborhoods. Well, this was an unbelievably ambitious idea, ambitious because communities had to approve those plans.

So how was I going to get this done? By listening. So I began listening, in fact, thousands of hours of listening just to establish trust. You know, communities can tell whether or not you understand their neighborhoods. It's not something you can just fake. And so I began walking. I can't tell you how many blocks I walked, in sweltering summers, in freezing winters, year after year, just so I could get to understand the DNA of each neighborhood and know what each street felt like. I became an incredibly geeky zoning expert, finding ways that zoning could address communities' concerns. So little by little, neighborhood by neighborhood, block by block, we began to set height limits so that all new development would be predictable and near transit. Over the course of 12 years, we were able to rezone 124 neighborhoods,40 percent of the city,12,500 blocks, so that now,90 percent of all new development of New York is within a 10-minute walk of a subway. In other words, nobody in those new buildings needs to own a car.

Well, those rezonings were exhausting and enervating and important, but rezoning was never my mission. You can't see zoning and you can't feel zoning. My mission was always to create great public spaces. So in the areas where we zoned for significant development, I was determined to create places that would make a difference in people's lives. Here you see what was two miles of abandoned, degraded waterfront in the neighborhoods of Greenpoint and Williamsburg in Brooklyn, impossible to get to and impossible to use. Now the zoning here was massive, so I felt an obligation to create magnificent parks on these waterfronts, and I spent an incredible amount of time on every square inch of these plans. I wanted to make sure that there were tree-lined paths from the upland to the water, that there were trees and plantings everywhere, and, of course, lots and lots of places to sit. Honestly, I had no idea how it would turn out. I had to have faith. But I put everything that I had studied and learned into those plans.

And then it opened, and I have to tell you, it was incredible. People came from all over the city to be in these parks. I know they changed the lives of the people who live there, but they also changed New Yorkers' whole image of their city. I often come down and watch people get on this little ferry that now runs between the boroughs, and I can't tell you why, but I'm completely moved by the fact that people are using it as if it had always been there.

And here is a new park in lower Manhattan. Now, the water's edge in lower Manhattan was a complete mess before 9/11. Wall Street was essentially landlocked because you couldn't get anywhere near this edge. And after 9/11, the city had very little control. But I thought if we went to the Lower Manhattan Development Corporation and got money to reclaim this two miles of degraded waterfront that it would have an enormous effect on the rebuilding of lower Manhattan. And it did. Lower Manhattan finally has a public waterfront on all three sides.

I really love this park. You know, railings have to be higher now, so we put bar seating at the edge, and you can get so close to the water you're practically on it. And see how the railing widens and flattens out so you can lay down your lunch or your laptop. And I love when people come there and look up and they say, "Wow, there's Brooklyn, and it's so close."

So what's the trick? How do you turn a park into a place that people want to be? Well, it's up to you, not as a city planner but as a human being. You don't tap into your design expertise. You tap into your humanity. I mean, would you want to go there? Would you want to stay there? Can you see into it and out of it? Are there other people there? Does it seem green and friendly? Can you find your very own seat?

Well now, all over New York City, there are places where you can find your very own seat. Where there used to be parking spaces, there are now pop-up cafes. Where Broadway traffic used to run, there are now tables and chairs. Where 12 years ago, sidewalk cafes were not allowed, they are now everywhere. But claiming these spaces for public use was not simple, and it's even harder to keep them that way.

So now I'm going to tell you a story about a very unusual park called the High Line. The High Line was an elevated railway. (Applause) The High Line was an elevated railway that ran through three neighborhoods on Manhattan's West Side, and when the train stopped running, it became a self-seeded landscape, a kind of a garden in the sky. And when I saw it the first time, honestly, when I went up on that old viaduct, I fell in love the way you fall in love with a person, honestly. And when I was appointed, saving the first two sections of the High Line from demolition became my first priority and my most important project. I knew if there was a day that I didn't worry about the High Line, it would come down. And the High Line, even though it is widely known now and phenomenally popular, it is the most contested public space in the city. You might see a beautiful park, but not everyone does. You know, it's true, commercial interests will always battle against public space. You might say, "How wonderful it is that more than four million people come from all over the world to visit the High Line." Well, a developer sees just one thing: customers. Hey, why not take out those plantings and have shops all along the High Line? Wouldn't that be terrific and won't it mean a lot more money for the city? Well no, it would not be terrific. It would be a mall, and not a park. (Applause) And you know what, it might mean more money for the city, but a city has to take the long view, the view for the common good. Most recently, the last section of the High Line, the third section of the High Line, the final section of the High Line, has been pitted against development interests, where some of the city's leading developers are building more than 17 million square feet at the Hudson Yards. And they came to me and proposed that they "temporarily disassemble" that third and final section. Perhaps the High Line didn't fit in with their image of a gleaming city of skyscrapers on a hill. Perhaps it was just in their way. But in any case, it took nine months of nonstop daily negotiation to finally get the signed agreement to prohibit its demolition, and that was only two years ago.

So you see, no matter how popular and successful a public space may be, it can never be taken for granted. Public spaces always -- this is it saved -- public spaces always need vigilant champions, not only to claim them at the outset for public use, but to design them for the people that use them, then to maintain them to ensure that they are for everyone, that they are not violated, invaded, abandoned or ignored. If there is any one lesson that I have learned in my life as a city planner, it is that public spaces have power. It's not just the number of people using them, it's the even greater number of people who feel better about their city just knowing that they are there. Public space can change how you live in a city, how you feel about a city, whether you choose one city over another, and public space is one of the most important reasons why you stay in a city.

I believe that a successful city is like a fabulous party. People stay because they are having a great time.

Thank you.

(Applause) Thank you. (Applause)

都市というものを考えるとき すぐ想起される物があります 建物や道路 高層ビルやタクシーの喧噪といったものです でも私が都市を考えるとき 私は人々のことを想います 都市は本来人々で成り立っています そして人々が行く場所 出会う場所 それらが都市が都市として機能する中心にあります ですから 街の中で建物よりも重要なのが その間に存在する公共空間なのです 今日 都市の最も劇的な変化は これら公共空間で起こっています

ですから私は活き活きと楽しい公共空間の存在は 素晴らしい都市の計画に欠かせないと考えます 公共の空間が街に息吹を吹き込むのです それで公共空間はどうあるべきなのでしょう? 何が公共空間へ人々を惹き付け 逆に何が人々を遠ざけてしまうのでしょう? もし私がその質問に答えることができれば 私の街へ大きな貢献が出来ると思いました 実は私は少し変わっていて 動物行動学者で そのスキルを動物の行動を 研究する為に使うのではなく 都市に住む人々が公共空間をどのように使うのかを 研究する為に使っています

最初に私が研究した空間の一つは パーレイ・パークと呼ばれる マンハッタンのミッドタウンに 位置するごく小さな公園です この小さな空間はちょっとした話題になりました そしてニューヨーカー達にとても大きな 影響を与えました そのことはとても印象に残りました 私はこの公園を仕事を始めてすぐの頃 観察しました なぜならこれは私の義父が 造った公園だったからです ですから私はパーレイ・パークのような場所が 偶然に生まれたものではない事を知っていました 観察してすぐさま この場所は 途方も無い献身と ディテールへの細心の注意から 成り立っていると気付きました しかしこの空間が特別なものになり 人々を集めたその秘密は一体なんだったのでしょう? 私は公園に座って注意深く観察しました まず目についたのは 座り心地の良い 可動式の椅子です 人々はそこに来て座る場所を見つけ それを動かして しばらくそこに座ります そして面白いことに 人々が更に人々を惹き付けたのです おかしいようですが 私は周りに人が いた方がより平和に感じました それから公園には緑がありました このちょっとした公園はニューヨーカー達が渇望するもの 安らぎと緑樹を提供していました でも私の疑問は 何故 街の中にはもっと緑の木々や 座れる場所が ― 人々が孤独を感じず また招かれざる侵入者と感じずに済むような場所が ― ないのかしら?ということでした 残念な事に通常街は そういう風にデザインされていないのです

これはよくある風景です 広場は何十年もこのようにして設計されて来ました スタイリッシュな飾り気の少ないデザインは 現代建築によく見受けられるものです でも人々がこういう空間を避ける というのは自然なことです わびしい雰囲気だけでなく 危険な感じがするのです どこに座ればよいというのでしょう ここで何をすれば? でも建築家たちはこのスタイルを愛します このスタイルは建築家達の創造の基本です その様式は彫刻の一つや二つ 置けるかも知れませんが それまでです 開発業者にはこの建築様式は理想的です 水をやったり整備したりする必要のあるものはありません 不審な人影を心配する必要もありません でももったいないと思いませんか? 私にとってシティプランナーとなるということは 私の住み愛した街を 本当の意味で変えることが出来るということでした 私が作りたいのは パーレイ・パークで感じた あんな気持ちになれる場所でした 開発業者のこんな わびしい広場は ごめんでした でも数年を経るうち 意味を持ち 心地良くて成功と言える 公共空間を造ることの 難しさを学びました 義父から学んだように それは偶然には実現しません 特にニューヨークのような街では そもそも公共空間を造る為に戦わなければならなく それが成功する為には 誰かが細部に至るまで考え抜かなければ ならないのです

今 都市の空き地はチャンスだと言えます 商業投資の機会でもありますが 同時に市の公共の利益を実現する 機会なのです これら二つのゴールは往々にして同じ方向を目指していないため そこに利益のせめぎ合いが生じます

私が最初に素晴らしい公共空間の 創造の為に戦うことができたのは1980年代初期 私がロウアー・マンハッタンのハドソン川沿いの バッテリー・パーク・シティという巨大な埋め立て地で プランナーのチームを率いていた時でした この砂埃舞う荒れ地は10年も不毛のまま 横たわっていました そして私達は6ヶ月のうちに開発業者を見つけなければ そこは破産する予定だと告げられました そこで私達はラディカルな ― 常識を外れたアイデアを打ち出したのです 将来の開発を補うものとして 公園を造るのではなく その公式を逆にしてしまい まず小さな しかしとてもハイクオリティな 公共空間を造ってみて それがどのような効果を生み出すのかを見てみよう 私達には2区画の敷地しかありませんでした 後には1.6キロメートルに渡る遊歩道になったのですが それは完璧でなければなりませんでした 私は実物大模型を作る事にこだわりました 木で実物大の手すりと防波堤を作り そしてまだ砂埃が舞う中 ベンチに試しに座ってみると 手すりが丁度目の高さに来て 景色を遮ってしまい 私の水辺の体験は台無しに なってしまったのです

このようにディテールは実に大切なのです デザインはただ何かがどう見えるかだけではなく 例えばあなたの身体があの空間にある 椅子に座りどう感じるか なのです 私は良いデザインというものは常に 個人の体験の上に成り立っている思うのです この写真では全てが完成しているように見えますね みかげ石の縁 照明 ベンチの背もたれ 植えられた木々 様々な座る事の出来る場所 それらは全て小さな戦いから得られ 人々がそこにいたいと思うような プロジェクトとして実を結びました

これは20年後に非常に貴重だったと判明しました マイケル・ブルームバーグ市長が私に 彼の都市計画コミッショナー として全ニューヨーク市のデザインを 一任した時です 彼はその日私に ニューヨークの人口は現在の8百万人から 将来9百万人への増加が見込まれていると言いました それで私に尋ねました 「新たな百万人のニューヨーカーを 君ならどこに住まわせるだろうか?」

私は何と言えば良いかわかりませんでした 皆さんもご存知の通り ニューヨークは 移民の積極的な受け入れを推奨しています ですから私達にはこの人口増加の見通しは 嬉しいニュースです でも正直なところ 一体この 水に囲まれ 縁まで建築開発され尽くした街の 一体どこに人口を増加させたら良いというのでしょう? それ程多くのニューヨーカー達は どこに住むことになるのでしょうか? これ以上広がる事ができなければ 多分それは良い事でしょうけれど 新しい住宅をどこに造れば良いのでしょう? それから車は? 私達の街はこれ以上車を増やせません

ではどうすれば良いのでしょうか? もし広がる事が出来なければ 上へ伸びることです そして 車を持たなくても良い所に 伸びていかなければ つまりそれは私達の素晴らしい財産 交通機関を活用するということです でもこれについて私達は今までどう 最大限活用できるか考えた事がありませんでした 答えはこうだったのです もし私達が 新規開発地を交通機関の周りに集める事ができれば 私達はこの人口増加を吸収できると 考えました そしてこれがプランです 私達がすべきことはこうでした 用途規制を見直し ― 用途規制は都市計画立案の 法的ツールなのです ― 市内全域で見直し 新規開発が可能な場所を定める一方で 自動車を前提とする 郊外スタイルの地域での開発を禁止するのです ええ これは信じられない程野心的なアイデアでした 野心的というのはコミュニティが これらのプランに同意する事が必要だったからです

それでどうやって私はこれをやり遂げたのでしょう? 意見を聞く事からです 私は聞く事を始めました 実際に信頼を築くだけでも 数千時間の聞き取りを行いました コミュニティはあなたがその 地域を理解しているか分かるものです 彼らの目を騙す事はできません だから私は歩いて聞き取りを始めました もうどれ位の地区をまわったでしょうか うだるような夏 凍える冬 一年更にまた一年 ただそれぞれの地区のDNAを理解し それぞれの路地がどんな感じかを掴むため そのために歩き回りました 私はびっくりするほどギークな用途規制の エキスパートになっていました コミュニティの懸念を用途規制で 解決するのです 少しずつ 地区から地区へ 区画から区画へ 建物の高さの制限を設け直し 新規開発が 予想しやすく交通網の近くで起こり易いように仕組みました 12年をかけて 用途規制を再編成し 124の地区 市の40パーセント 12,500ブロックが区画整理されました ニューヨークの振興開発地域の90パーセントは 地下鉄から徒歩10分圏内にあります 言い換えればこれら新しいビルに住む人々には 車を持つ必要がありません

用途規制の再編は大変で 気力を必要とするものでしたが それは私の使命だったわけではありません 用途規制を見たり感じることはできません 私の使命は常に 素晴らしい公共空間を造ることでした ですから大きな開発をうながす指定をした地区では 人々の生活を良くするような空間を 作ろうと決めていました この写真のように 放置され荒廃した 3 キロのウォーターフロントは ブルックリンのグリーンポイント とウイリアムズバーグ 地域にありました そこへ行く事も利用することも出来ませんでした この地域は広大だったので 私は壮大な公園をこのウォーターフロントに 建設する責任を感じ 莫大な時間をこれらの計画の 隅々にまでかけました そこには木々が植わった小道が 高台から水辺まで伸びて 木や植え込みの緑で満ち もちろんたくさんの座る場所があるようにしたかったのです 正直どんな風になるか見当もつきませんでした 後は信じるのみでした でも私は今まで勉強したり学んだ事の全てを この計画に注ぎ込んだのです

そしてそれは完成し 素晴らしい成功となりました 市のあらゆる場所から人々が これらの公園を訪れました 公園はそこに住む人々の生活を変えましたが ニューヨーカーの市に対するイメージを まったく変えてしまったのです 私はよくそこに行きこの小さな フェリーに乗込む人々を眺めます 今ではいくつかの区間を繋いでいますが 何故か分からないけれど 昔からあったかのように人々が それを使っている様子を見ると すっかり心を打たれてしまうのです

これはロウアーマンハッタンの新しい公園です ロウアーマンハッタンの水際は9/11以前は完全に無茶苦茶でした ウォールストリートは陸封地でした この水辺に近寄る事すら出来なかったからです 9/11のあと 市はほとんどの統制を失っていました でも私は ロウアーマンハッタン開発会社に出向き この3キロの荒廃した水辺を再生するための 資金が得られればそれはきっと ロウアーマンハッタンの再建へ大きな 影響を与える事が出来ると思ったのです それで実行しました ロウアーマンハッタンはついに周囲三面のすべてを 公共のウォーターフロントに出来たのです

私はこの公園が本当に好きです 手すりは高く設置され バースツールが海沿いに置けるようになりました 水が本当に近く感じて ほとんど水の上にいるようです 手すりは幅広くたいらで ランチやノートパソコンを 置く事ができます 私はそこへ人々が訪れ 景色を見てこう言う時が好きです 「わあ ブルックリンがこんなに近く見える!」

では何が秘密なのでしょう? どうやってただの公園を 人々の憩いの場へ変える事が出来るのでしょう? それはあなた次第なのです 都市計画者としてではなく人間として デザインの専門性ではなく 人間性を活用するのです あなたはそこに行きたいでしょうか? そこに居たいと思うでしょうか? そこは見通しが良いでしょうか? 他に人はいるでしょうか? 緑があってフレンドリーな空間に見えるでしょうか? あなたの為の座る場所があるでしょうか?

いまやニューヨーク市の至る所に あなたが座ることのできる 場所があります 以前駐車場だったところには ポップアップ・カフェがあり ブロードウェイの交通であったところには テーブルや椅子があります 12年前は歩道上にカフェを作ることは禁止されていましたが 今やどこにでもあります でもこうした空間を公共利用の為に使うのは簡単では ありませんでした そしてそのようにしておくことはもっと大変なのです

ですからこのお話をしましょう ハイラインと呼ばれるある特別な公園について ハイラインは高架鉄道だったのです (拍手) ハイラインはマンハッタンのウエストサイド 三つの地区を走る高架鉄道でした その路線が廃止された後 そこは自然と緑の風景と化し 空中庭園のようになりました 初めてそこを見た時 あの古い高架橋を登った時 心から 私はこの場所と恋に落ちました あたかも誰かと恋に落ちるように そして私はこの職に就くと ハイラインの最初の2セクションを 取り壊しから守ることが 最優先で最重要のプロジェクトになりました 私が 一日でもハイラインのことを忘れたら たちまち取り壊されてしまったことでしょう ハイラインは 今は広く知られ 記録的な人気を博していますが 市で最も論争の的となった公共空間でした あなたの目には美しい公園と映っても 皆にそう見えているとは限りません 商業的利益は常に公共空間の前に 立ちはだかるというのは真実です こう思われるかも知れませんね 「400万人もの人々が世界中から ハイラインを訪れる とても素晴らしいことだ」と 開発業者は一つの事にしか目を向けません 集客です 「この植木を取り去ってしまって ハイライン添いに店を造らないか?」 「素晴らしいと思いませんか それで市がもっと潤うことになるなんて?」 いいえ 素晴らしいとは思いません それはショッピングモールです 公園ではなく (拍手) それは市の財源が増える ということかも知れません でも市はもっと長期的視野を持って 公共の利益という視野を持つべきです 最近では最後のセクション 三番目のハイラインのセクション 最後のハイラインのセクションが 開発業者の利益と競合してしまいました 市の主要な開発業者が 1.6平方キロメートル以上の建造物を ハドソン・ヤードに建てていたところでした 彼らは私の所へ来てこう提案しました 三番目 最後のハイラインのセクションを 「一時的に解体する」というのです 多分ハイラインは彼らの 丘にきらめく高層ビル群のある市のイメージには 合わなかったのかも知れません それがただ邪魔だったのかも知れません とにかく9ヶ月間の 絶え間ない日々の交渉で 取り壊しを禁止する合意書にサインを 得る事が出来ました それはたった2年前のことでした

公共空間がどれほど人気があって 成功していても それは当たり前だと思われるべきではありません 公共空間はいつも ― 公共空間には油断の無い守り手が必要です そのスペースを公共利用の為に勝ち得る為だけでなく そこを使う人々の為にデザインし そこが皆の為であり続ける為に 維持し 侵略されたり荒らされたり 見捨てられ荒廃したり 気付かれないままでいないように守るのです 一つ私が 私が都市計画立案者としての人生を通して学んだことは 公共空間にはパワーがあり それは ただそこに集う人々だけではなく 公共空間があると想う事で 多くの人が市を大切に想うことから 生まれているのだということです 公共空間はあなたの街の住み方や 街への感じ方を変えることができます あなたがどの街を選ぶとしても 公共空間はその街にあなたが住まう 大きな理由の一つなのです

私は良い街というのはとても素敵なパーティーの ようなものだと信じているのです 人は楽しいから そこに集まるのですから

ありがとうございました

(拍手) ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画