TED日本語 - シャーミアン・グーチ: グローバルな汚職の隠れた担い手は、身近なところに

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シャーミアン・グーチ: グローバルな汚職の隠れた担い手は、身近なところに

TED Talks

グローバルな汚職の隠れた担い手は、身近なところに
Meet global corruption's hidden players
シャーミアン・グーチ
Charmian Gooch

内容

極貧国の大統領の息子が、月7千ドルの公務給でマンションやスポーツカーを買い始めたら、そこには、おそらく汚職がからんでいると、シャーミアン・グーチは指摘します。辛辣で、目を見張るトークで、グーチは、具体的な事例も織り交ぜながら、グローバルな汚職問題について、どうやってお金の流れをたどり、驚くような馴染みの顔にたどり着いたか語ります。

Script

When we talk about corruption, there are typical types of individuals that spring to mind.

There's the former Soviet megalomaniacs. Saparmurat Niyazov, he was one of them. Until his death in 2006, he was the all-powerful leader of Turkmenistan, a Central Asian country rich in natural gas. Now, he really loved to issue presidential decrees. And one renamed the months of the year including after himself and his mother. He spent millions of dollars creating a bizarre personality cult, and his crowning glory was the building of a 40-foot-high gold-plated statue of himself which stood proudly in the capital's central square and rotated to follow the sun. He was a slightly unusual guy.

And then there's that cliche, the African dictator or minister or official. There's Teodorin Obiang. So his daddy is president for life of Equatorial Guinea, a West African nation that has exported billions of dollars of oil since the 1990s and yet has a truly appalling human rights record. The vast majority of its people are living in really miserable poverty despite an income per capita that's on a par with that of Portugal. So Obiang junior, well, he buys himself a $ 30 million mansion in Malibu, California. I've been up to its front gates. I can tell you it's a magnificent spread. He bought an? 18 million art collection that used to belong to fashion designer Yves Saint Laurent, a stack of fabulous sports cars, some costing a million dollars apiece -- oh, and a Gulfstream jet, too. Now get this: Until recently, he was earning an official monthly salary of less than 7,000 dollars.

And there's Dan Etete. Well, he was the former oil minister of Nigeria under President Abacha, and it just so happens he's a convicted money launderer too. We've spent a great deal of time investigating a $ 1 billion -- that's right, a $ 1 billion? oil deal that he was involved with, and what we found was pretty shocking, but more about that later.

So it's easy to think that corruption happens somewhere over there, carried out by a bunch of greedy despots and individuals up to no good in countries that we, personally, may know very little about and feel really unconnected to and unaffected by what might be going on. But does it just happen over there?

Well, at 22, I was very lucky. My first job out of university was investigating the illegal trade in African ivory. And that's how my relationship with corruption really began. In 1993, with two friends who were colleagues, Simon Taylor and Patrick Alley, we set up an organization called Global Witness. Our first campaign was investigating the role of illegal logging in funding the war in Cambodia.

So a few years later, and it's now 1997, and I'm in Angola undercover investigating blood diamonds. Perhaps you saw the film, the Hollywood film "Blood Diamond," the one with Leonardo DiCaprio. Well, some of that sprang from our work. Luanda, it was full of land mine victims who were struggling to survive on the streets and war orphans living in sewers under the streets, and a tiny, very wealthy elite who gossiped about shopping trips to Brazil and Portugal. And it was a slightly crazy place.

So I'm sitting in a hot and very stuffy hotel room feeling just totally overwhelmed. But it wasn't about blood diamonds. Because I'd been speaking to lots of people there who, well, they talked about a different problem: that of a massive web of corruption on a global scale and millions of oil dollars going missing. And for what was then a very small organization of just a few people, trying to even begin to think how we might tackle that was an enormous challenge. And in the years that I've been, and we've all been campaigning and investigating, I've repeatedly seen that what makes corruption on a global, massive scale possible, well it isn't just greed or the misuse of power or that nebulous phrase "weak governance." I mean, yes, it's all of those, but corruption, it's made possible by the actions of global facilitators.

So let's go back to some of those people I talked about earlier. Now, they're all people we've investigated, and they're all people who couldn't do what they do alone. Take Obiang junior. Well, he didn't end up with high-end art and luxury houses without help. He did business with global banks. A bank in Paris held accounts of companies controlled by him,one of which was used to buy the art, and American banks, well, they funneled 73 million dollars into the States, some of which was used to buy that California mansion. And he didn't do all of this in his own name either. He used shell companies. He used one to buy the property, and another, which was in somebody else's name, to pay the huge bills it cost to run the place.

And then there's Dan Etete. Well, when he was oil minister, he awarded an oil block now worth over a billion dollars to a company that, guess what, yeah, he was the hidden owner of. Now, it was then much later traded on with the kind assistance of the Nigerian government -- now I have to be careful what I say here? to subsidiaries of Shell and the Italian Eni,two of the biggest oil companies around.

So the reality is, is that the engine of corruption, well, it exists far beyond the shores of countries like Equatorial Guinea or Nigeria or Turkmenistan. This engine, well, it's driven by our international banking system, by the problem of anonymous shell companies, and by the secrecy that we have afforded big oil, gas and mining operations, and, most of all, by the failure of our politicians to back up their rhetoric and do something really meaningful and systemic to tackle this stuff.

Now let's take the banks first. Well, it's not going to come as any surprise for me to tell you that banks accept dirty money, but they prioritize their profits in other destructive ways too. For example, in Sarawak, Malaysia. Now this region, it has just five percent of its forests left intact. Five percent. So how did that happen? Well, because an elite and its facilitators have been making millions of dollars from supporting logging on an industrial scale for many years. So we sent an undercover investigator in to secretly film meetings with members of the ruling elite, and the resulting footage, well, it made some people very angry, and you can see that on YouTube, but it proved what we had long suspected, because it showed how the state's chief minister, despite his later denials, used his control over land and forest licenses to enrich himself and his family. And HSBC, well, we know that HSBC bankrolled the region's largest logging companies that were responsible for some of that destruction in Sarawak and elsewhere. The bank violated its own sustainability policies in the process, but it earned around 130 million dollars. Now shortly after our expose, very shortly after our expose earlier this year, the bank announced a policy review on this. And is this progress? Maybe, but we're going to be keeping a very close eye on that case.

And then there's the problem of anonymous shell companies. Well, we've all heard about what they are, I think, and we all know they're used quite a bit by people and companies who are trying to avoid paying their proper dues to society, also known as taxes. But what doesn't usually come to light is how shell companies are used to steal huge sums of money, transformational sums of money, from poor countries. In virtually every case of corruption that we've investigated, shell companies have appeared, and sometimes it's been impossible to find out who is really involved in the deal.

A recent study by the World Bank looked at 200 cases of corruption. It found that over 70 percent of those cases had used anonymous shell companies, totaling almost 56 billion dollars. Now many of these companies were in America or the United Kingdom, its overseas territories and Crown dependencies, and so it's not just an offshore problem, it's an on-shore one too. You see, shell companies, they're central to the secret deals which may benefit wealthy elites rather than ordinary citizens.

One striking recent case that we've investigated is how the government in the Democratic Republic of Congo sold off a series of valuable, state-owned mining assets to shell companies in the British Virgin Islands. So we spoke to sources in country, trawled through company documents and other information trying to piece together a really true picture of the deal. And we were alarmed to find that these shell companies had quickly flipped many of the assets on for huge profits to major international mining companies listed in London. Now, the Africa Progress Panel, led by Kofi Annan, they've calculated that Congo may have lost more than 1.3 billion dollars from these deals. That's almost twice the country's annual health and education budget combined. And will the people of Congo, will they ever get their money back? Well, the answer to that question, and who was really involved and what really happened, well that's going to probably remain locked away in the secretive company registries of the British Virgin Islands and elsewhere unless we all do something about it.

And how about the oil, gas and mining companies? Okay, maybe it's a bit of a cliche to talk about them. Corruption in that sector, no surprise. There's corruption everywhere, so why focus on that sector? Well, because there's a lot at stake. In 2011, natural resource exports outweighed aid flows by almost 19 to one in Africa, Asia and Latin America. Nineteen to one. Now that's a hell of a lot of schools and universities and hospitals and business startups, many of which haven't materialized and never will because some of that money has simply been stolen away.

Now let's go back to the oil and mining companies, and let's go back to Dan Etete and that $ 1 billion deal. And now forgive me, I'm going to read the next bit because it's a very live issue, and our lawyers have been through this in some detail and they want me to get it right.

Now, on the surface, the deal appeared straightforward. Subsidiaries of Shell and Eni paid the Nigerian government for the block. The Nigerian government transferred precisely the same amount, to the very dollar, to an account earmarked for a shell company whose hidden owner was Etete. Now, that's not bad going for a convicted money launderer. And here's the thing. After many months of digging around and reading through hundreds of pages of court documents, we found evidence that, in fact, Shell and Eni had known that the funds would be transferred to that shell company, and frankly, it's hard to believe they didn't know who they were really dealing with there.

Now, it just shouldn't take these sorts of efforts to find out where the money in deals like this went. I mean, these are state assets. They're supposed to be used for the benefit of the people in the country. But in some countries, citizens and journalists who are trying to expose stories like this have been harassed and arrested and some have even risked their lives to do so.

And finally, well, there are those who believe that corruption is unavoidable. It's just how some business is done. It's too complex and difficult to change. So in effect, what? We just accept it. But as a campaigner and investigator, I have a different view, because I've seen what can happen when an idea gains momentum. In the oil and mining sector, for example, there is now the beginning of a truly worldwide transparency standard that could tackle some of these problems. In 1999, when Global Witness called for oil companies to make payments on deals transparent, well, some people laughed at the extreme naivete of that small idea. But literally hundreds of civil society groups from around the world came together to fight for transparency, and now it's fast becoming the norm and the law. Two thirds of the value of the world's oil and mining companies are now covered by transparency laws. Two thirds.

So this is change happening. This is progress. But we're not there yet, by far. Because it really isn't about corruption somewhere over there, is it? In a globalized world, corruption is a truly globalized business, and one that needs global solutions, supported and pushed by us all, as global citizens, right here.

Thank you.

(Applause)

汚職といえば 思い浮かぶ典型的な人たちがいます

旧ソ連の権力狂 サパルムラト・ニヤゾフも その一人 彼は 2006年に亡くなるまで トルクメニスタンの絶対的権力者でした 天然ガス資源が豊富な その中央アジアの国で ニヤゾフは 大統領命令を出すのが 本当に大好きでした あるときは その年の月の呼び名を変更 自分と母親の名前の月も作りました 何百万ドルをも費やして 風変わりな個人崇拝を仕立てあげ 極めつけに建てたのが 高さ12メートルの 金メッキされたニヤゾフ像 首都の中央広場にそびえ立ち 太陽の動きにあわせて回転します ニヤゾフは ちょっと風変わりな人間でした

そして 型にはまった― アフリカの独裁者や大臣 役人がいます テオドロ・オビアン 彼の父親は 赤道ギニアの終身大統領で その西アフリカの国は 1990年代以降 何十億ドルもの石油を輸出していますが 本当にあきれるような 人権侵害の歴史があります 国民の大多数は かなり貧しい暮らしを強いられています 一人当たりの国民所得が ポルトガルと同じにもかかわらずです オビアン・ジュニアは 自分のために カリフォルニア州のマリブに 3千万ドルの豪邸を買っています 玄関まで行きましたが もう広大な敷地です そして 1,800万ユーロの 美術品コレクションも購入 ファッション・デザイナーの イブ・サン・ローランが所有していたものです さらには 豪華なスポーツ・カー 1台 100万ドルはくだらないのを何台もです それから ガルフストリームのジェット機も 聞いてください 最近まで 彼の公務給は 月7千ドルにも満たなかったんですよ

そして ダン・エテート ナイジェリアの元石油相です アバチャ元首時代のことで マネーローンダリングでも 有罪とされています 私たちは膨大な時間をかけて 調査をしました 10億ドル― そうです 10億ドルの― 彼が関わっていた石油取引をです 結果は とてもショッキングなものでした 詳しくは あとでお話しましょう

汚職について こう思うのは簡単です 汚職なんて― どこか遠くで起こっていること 金の亡者になった独裁者や 悪事をたくらんでいる連中が 私たちが 直接には ほとんど知らない国 そこで何が起こっていようが関係なく 影響もないような国で やっていること でも 本当に遠くで起こっていることですか?

22歳の私は とても幸運でした 大学を出てすぐに着いた最初の仕事が アフリカ象牙の違法取引の調査で そこから 汚職問題との関わりが 始まったのです 1993年 友人で元同僚でもあった― サイモン・テイラーとパトリック・アレーと グローバル・ウィットネスという 団体を立ち上げました 最初の活動として 違法伐採が どう カンボジア内戦の資金源 となっているかを調べました

それから数年後の1997年 私は アンゴラで「ブラッド・ダイアモンド」の 潜入調査をしていました このハリウッド映画をご存知でしょう 『ブラッド・ダイアモンド』 レオナルド・ディカプリオ主演の映画です 一部は 私たちの仕事が元になっています 首都ルアンダでは たくさんの地雷の被害者が 必死に路上生活を送り 戦争孤児が 地下の下水管で生活していました そして ごく少数の金持ちエリートだけが ブラジルやポルトガルへの 買い物旅行のおしゃべりをしている そんな ちょっと狂った場所でした

私は 暑くて息苦しいホテルの部屋で ただただ 打ちのめされていました ブラッド・ダイアモンドのことではありません 地元の人たちと たくさん話して 別の問題が浮かび上がったのです グローバルな規模で 汚職が蜘蛛の巣状に広まり 何百万ドルものオイル・マネーが そこに飲み込まれている 当時 私たちは 本当に小さな組織で 数名しかおらず どうやって汚職問題に立ち向かうか 考えるだけでも 途方もないことでした それでも 私が― 私たちが力を合わせて 運動し 調査をした何年かの間 私は何度も見てきました 汚職を― グローバルな 膨大なスケールにしているのは 単なる強欲や権力の乱用 曖昧な言葉「ガバナンスの弱さ」ではありません ええ これらは全て関係あります でも 汚職を可能たらしめているのは グローバルに暗躍する ファシリテーターの存在なのです

さきほどお話した人たちのことを 振り返ってみましょう 私たちは 全員を調査しましたが 誰も 一人では何もできなかったんです オビアン・ジュニアを 例にとってもそう 彼は 助けなしには 高級美術品や豪華な家を手に入れられなかった 彼が取引をしたのは グローバル銀行 パリの銀行に 彼が管理する企業の口座が複数あり その一つが美術品購入に使われ アメリカの銀行は 7,300万ドルもの資金を米国に流し そのいくらかが カリフォルニアの豪邸購入に使われました オビアン・ジュニアは 全て 自分の名義でやったわけではなく 幽霊会社を使いました 一つは その不動産を買うのに使い また別の 他人名義の会社から その莫大な維持費を支払いました

ダン・エテートの場合は こう 石油相だったとき 今の価値で10億ドル以上相当の 石油掘削地を ある会社に付与します その会社の真の所有者こそ エテートです そして その採掘権は後に ナイジェリア政府の ある種の支援のもと― 言葉には気をつけないといけません― 二大石油会社である シェル社と イタリアのエニ社の子会社に 売却されたのです

つまり 実際 汚職の原動力は 赤道ギニア ナイジェリアや トルクメニスタンといった国の 遙かかなたに存在するのです この原動力が機能するのは 国際銀行システムや 匿名の幽霊会社の問題があるから 油田、ガス、鉄鉱の大事業で 許容されてきた秘密主義もそうで そして何よりも 政治家が美辞麗句を並べるだけで この問題に対処するのに― 本当に意味があり 効果のあることを しなかったことです

まず 銀行について話しましょう 驚くべきことではありませんが 銀行というのは 汚いお金も受け入れます ただ それだけでなく 利益を最優先し 破壊的な方法も使います 例えば マレーシアのサラワクでは 今や 森林の5%しか 手つかずで残っていません たった5%です なぜ こうなったのか? あるエリートと そのファシリテーターたちが 何百万ドルものお金を受け取り 産業規模での森林伐採を 許してきたからです 何年もの間です 私たちは 潜入調査員を送りこみ 支配階級のエリート間の会議の様子を こっそり映像におさめました 撮影したことを とても怒った人たちもいますが YouTubeで映像をご覧になれます これにより私たちが長い間疑ってきたことを ついに証明できました というのも 州の首相は 本人は 後に否定をしますが 土地や森林利権に関する権限を使って 自分と家族の懐を肥やしていたのです 香港上海銀行(HSBC)が この地域の最大の伐採企業に 融資をしていて それらの会社が サラワクなどの 森林破壊をしていました 銀行は 自らの サステナビリティ・ポリシーに違反し 1億3千万ドルほどを稼いでいました 私たちが暴露をしてすぐ 今年初めに暴露をして 本当にすぐ 銀行は 本件に関して 方針見直しを表明しました これは進展? たぶん でも 私たちは 本件の成り行きを しっかり監視していきます

そして 匿名の幽霊会社の問題があります それがどんなものか 良くご存知でしょう 幽霊会社は よく個人や会社が 社会への適正な義務 つまり税金の支払いを 回避するのに使われています でも なかなか明るみに出ることがないのは 幽霊会社が 貧しい国々から 多額のお金 とてつもない額のお金を 盗むのに使われていること 私たちが調査をした 実質的に全ての汚職事件で 幽霊会社が使われており ときには その取引に 一体誰が関わっているのか 分からないものもありました

世界銀行は 最近 汚職事件200件を対象とした 研究をしました それによれば 汚職事件の70%以上において 匿名の幽霊会社が使われており 取引総額は 560億ドルにも上ります 今や これらの会社の多くは アメリカや イギリス 英国海外領や王室属領にあります ですから 海外の問題ではなく 自国の問題でもあるのです ご覧の通り 幽霊会社は 秘密取引の中核となっており その取引が潤すのは 裕福なエリート 一般市民ではないでしょう

最近 私たちが調べた中で 顕著だったケースでは コンゴ民主共和国の政府が 価値の高い 国有の鉱業財産を 英領ヴァージン諸島の幽霊会社に 売り払っていました コンゴの情報源と話し 会社書類やその他書類を 徹底的に調べ その取引の実態を あぶり出そうとしました 私たちはビックリしました これらの幽霊会社が すぐに多くの財産を 多額の利益と引き換えに ロンドンに上場する 国際的な大鉄鉱企業に 売り払っていたのです コフィー・アナン氏が代表の アフリカ進捗パネルは コンゴは これらの取引によって 130億ドル以上を 失っていると試算しました それは コンゴで 保健・教育にあてられる年間予算を あわせた額の ほぼ2倍です コンゴの人たちは お金を取り戻せるのでしょうか? その質問への答えと 本当は誰が関わって 何が起こったのか それはおそらく 明かされることはなく 秘密は― 英領ヴァージン諸島などの 会社登記簿の中に眠ったまま 私たちが何かしない限り 明るみに出ることはありません

では 石油、ガス、鉱業企業については どうでしょうか? それらについて語るのは 今さら感があるかもしれません このセクターに汚職があるのは 当然です 汚職はどこにでもあるのに なぜそのセクターを取り上げるのか? そこに関わる金額が大きいからです 2011年 天然資源の輸出は 提供された援助を上回り 19倍になります アフリカ アジア ラテンアメリカでそう 19倍です たくさんの学校や大学 病院や新興企業にとっては最悪で その多くは 実現されることがないでしょう その資金の一部が 盗み取られているのですから

石油・鉱業会社の話に戻りましょう ダン・エテートは 10億ドルの取引に関わっていました ここから 少し原稿を読ませてもらいます ご了承ください まだ進行中の案件で 弁護士が 本件を詳細に調査しており 正確に伝えるように言われています

表面上 その取引は単純そうに見えます シェル社とエニ社の子会社が その発掘権のため ナイジェリア政府にお金を支払った ナイジェリア政府は それと全く同じ金額を 1ドル違わず 幽霊会社が保有する口座に 送金しました その隠された所有者が エテートです マネー・ロンダリングで有罪とされたのだから そんなものです でも 問題はここからです 私たちは 何ヶ月もかけて調査し 何百ページもの裁判書類を読み込み 証拠を発見したのですが シェル社とエニ社は 資金がその幽霊会社に送金されることを 知っていたのです 率直に言って 彼らが 誰と取引をしていたか― 知らなかったというのは ありえない

こんな努力をしなくても こうした取引における お金の流れは分かるようにするべきです これらは 国家財産であり その国の人々の利益のために 使われるべきなのですから でも 国によっては 市民やジャーナリストが こうした話を暴露しようとすれば 嫌がらせを受け 逮捕されます 命の危険を冒してまで こうした活動をする人もいます

最後に 世の中には こうした汚職は 避けられないと考える人もいます ビジネスのやり方に過ぎない 複雑で難しすぎて 変えられないと 実質的には 受け入れるしかないものだと でも こうした活動や調査をする者として 私は 違う考えです アイデアが勢いを得れば どんなことが起こりうるか 私は見てきたからです 例えば 石油・鉱業セクターでは もう始まっています 真に世界的な透明性基準を作り こうした問題のいくつかに 取り組んでいます 1999年に グローバル・ウィットネスは 石油会社に取引に関する支払いを 透明化するよう呼びかけました 当時 そのちっぽけなアイデアの ナイーブさに 笑った人もいます でも 文字通り 何百もの民間社会団体が 世界中から集まって 一緒に 透明性のために戦い 今や急速に 規範や法律になりつつあります 世界の石油・鉱業会社の 価値の3分の2は 透明性に関する法律でカバーされています 3分の2です

こうして 変化は起こっています これが進展です でも まだ目標にはほど遠い これは 遙かかなたで起こっている― 汚職のことではないんですから グローバル化した世界において 汚職は 本当にグローバルな取引であり グローバルな解決策を必要とします 私たち皆が グローバル市民として 支援し押し進めて行かないといけない ここでね

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画