TED日本語 - エンリケ・ペニャロサ: 何故バスが活きた民主主義の象徴なのか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エンリケ・ペニャロサ: 何故バスが活きた民主主義の象徴なのか

TED Talks

何故バスが活きた民主主義の象徴なのか
Why buses represent democracy in action
エンリケ・ペニャロサ
Enrique Penalosa

内容

「先進的な都市とは、貧しい人でも車を使う都市ではなく、むしろ、裕福な人でも公共交通を使う都市のことです」とエンリケ・ペニャロサは主張します。この魂のこもったトークで、ボゴタ市の前市長である彼は、コロンビアの首都において、交通手段の形を変えるために使った戦略を披露します...そして未来のスマートシティー建設についての考え方を提案します。

Script

Mobility in developing world cities is a very peculiar challenge, because different from health or education or housing, it tends to get worse as societies become richer. Clearly, a unsustainable model. Mobility, as most other developing country problems, more than a matter of money or technology, is a matter of equality, equity. The great inequality in developing countries makes it difficult to see, for example, that in terms of transport, an advanced city is not one where even the poor use cars, but rather one where even the rich use public transport. Or bicycles: For example, in Amsterdam, more than 30 percent of the population uses bicycles, despite the fact that the Netherlands has a higher income per capita than the United States. There is a conflict in developing world cities for money, for government investment. If more money is invested in highways, of course there is less money for housing, for schools, for hospitals, and also there is a conflict for space. There is a conflict for space between those with cars and those without them. Most of us accept today that private property and a market economy is the best way to manage most of society's resources. However, there is a problem with that, that market economy needs inequality of income in order to work. Some people must make more money, some others less. Some companies succeed. Others fail. Then what kind of equality can we hope for today with a market economy?

I would propose two kinds which both have much to do with cities. The first one is equality of quality of life, especially for children, that all children should have, beyond the obvious health and education, access to green spaces, to sports facilities, to swimming pools, to music lessons. And the second kind of equality is one which we could call "democratic equality." The first article in every constitution states that all citizens are equal before the law. That is not just poetry. It's a very powerful principle. For example, if that is true, a bus with 80 passengers has a right to 80 times more road space than a car with one.

We have been so used to inequality, sometimes, that it's before our noses and we do not see it. Less than 100 years ago, women could not vote, and it seemed normal, in the same way that it seems normal today to see a bus in traffic. In fact, when I became mayor, applying that democratic principle that public good prevails over private interest, that a bus with 100 people has a right to 100 times more road space than a car, we implemented a mass transit system based on buses in exclusive lanes. We called it TransMilenio, in order to make buses sexier. And one thing is that it is also a very beautiful democratic symbol, because as buses zoom by, expensive cars stuck in traffic, it clearly is almost a picture of democracy at work. In fact, it's not just a matter of equity. It doesn't take Ph.D.'s. A committee of 12-year-old children would find out in 20 minutes that the most efficient way to use scarce road space is with exclusive lanes for buses. In fact, buses are not sexy, but they are the only possible means to bring mass transit to all areas of fast growing developing cities. They also have great capacity. For example, this system in Guangzhou is moving more passengers our direction than all subway lines in China, except for one line in Beijing, at a fraction of the cost.

We fought not just for space for buses, but we fought for space for people, and that was even more difficult. Cities are human habitats, and we humans are pedestrians. Just as fish need to swim or birds need to fly or deer need to run, we need to walk. There is a really enormous conflict, when we are talking about developing country cities, between pedestrians and cars. Here, what you see is a picture that shows insufficient democracy. What this shows is that people who walk are third-class citizens while those who go in cars are first-class citizens. In terms of transport infrastructure, what really makes a difference between advanced and backward cities is not highways or subways but quality sidewalks. Here they made a flyover, probably very useless, and they forgot to make a sidewalk. This is prevailing all over the world. Not even schoolchildren are more important than cars.

In my city of Bogota, we fought a very difficult battle in order to take space from cars, which had been parking on sidewalks for decades, in order to make space for people that should reflect dignity of human beings, and to make space for protected bikeways. First of all, I had black hair before that. (Laughter) And I was almost impeached in the process. It is a very difficult battle. However, it was possible, finally, after very difficult battles, to make a city that would reflect some respect for human dignity, that would show that those who walk are equally important to those who have cars. Indeed, a very important ideological and political issue anywhere is how to distribute that most valuable resource of a city, which is road space. A city could find oil or diamonds underground and it would not be so valuable as road space. How to distribute it between pedestrians, bicycles, public transport and cars? This is not a technological issue, and we should remember that in no constitution parking is a constitutional right when we make that distribution.

We also built, and this was 15 years ago, before there were bikeways in New York or in Paris or in London, it was a very difficult battle as well, more than 350 kilometers of protected bicycle ways. I don't think protected bicycle ways are a cute architectural feature. They are a right, just as sidewalks are, unless we believe that only those with access to a motor vehicle have a right to safe mobility, without the risk of getting killed. And just as busways are, protected bikeways also are a powerful symbol of democracy, because they show that a citizen on a $ 30 bicycle is equally important to one in a $ 30,000 car.

And we are living in a unique moment in history. In the next 50 years, more than half of those cities which will exist in the year 2060 will be built. In many developing country cities, more than 80 and 90 percent of the city which will exist in 2060 will be built over the next four or five decades.

But this is not just a matter for developing country cities. In the United States, for example, more than 70 million new homes must be built over the next 40 or 50 years. That's more than all the homes that today exist in Britain, France and Canada put together. And I believe that our cities today have severe flaws, and that different, better ones could be built.

What is wrong with our cities today? Well, for example, if we tell any three-year-old child who is barely learning to speak in any city in the world today, "Watch out, a car," the child will jump in fright, and with a very good reason, because there are more than 10,000 children who are killed by cars every year in the world. We have had cities for 8,000 years, and children could walk out of home and play. In fact, only very recently, towards 1900, there were no cars. Cars have been here for really less than 100 years. They completely changed cities. In 1900, for example, nobody was killed by cars in the United States. Only 20 years later, between 1920 and 1930, almost 200,000 people were killed by cars in the United States. Only in 1925, almost 7,000 children were killed by cars in the United States. So we could make different cities, cities that will give more priority to human beings than to cars, that will give more public space to human beings than to cars, cities which show great respect for those most vulnerable citizens, such as children or the elderly.

I will propose to you a couple of ingredients which I think would make cities much better, and it would be very simple to implement them in the new cities which are only being created. Hundreds of kilometers of greenways criss-crossing cities in all directions. Children will walk out of homes into safe spaces. They could go for dozens of kilometers safely without any risk in wonderful greenways, sort of bicycle highways, and I would invite you to imagine the following: a city in which every other street would be a street only for pedestrians and bicycles. In new cities which are going to be built, this would not be particularly difficult. When I was mayor of Bogota, in only three years, we were able to create 70 kilometers, in one of the most dense cities in the world, of these bicycle highways. And this changes the way people live, move, enjoy the city. In this picture, you see in one of the very poor neighborhoods, we have a luxury pedestrian bicycle street, and the cars still in the mud. Of course, I would love to pave this street for cars. But what do we do first? Ninety-nine percent of the people in those neighborhoods don't have cars. But you see, when a city is only being created, it's very easy to incorporate this kind of infrastructure. Then the city grows around it. And of course this is just a glimpse of something which could be much better if we just create it, and it changes the way of life.

And the second ingredient, which would solve mobility, that very difficult challenge in developing countries, in a very low-cost and simple way, would be to have hundreds of kilometers of streets only for buses, buses and bicycles and pedestrians. This would be, again, a very low-cost solution if implemented from the start, low cost, pleasant transit with natural sunlight.

But unfortunately, reality is not as good as my dreams. Because of private property of land and high land prices, all developing country cities have a large problem of slums. In my country of Colombia, almost half the homes in cities initially were illegal developments. And of course it's very difficult to have mass transit or to use bicycles in such environments. But even legal developments have also been located in the wrong places, very far from the city centers where it's impossible to provide low-cost, high-frequency public transport. As a Latin American, and Latin America was the most recently organized region in the world, I would recommend, respectfully, passionately, to those countries which are yet to urbanize -- Latin America went from 40 percent urban in 1950 to 80 percent urban in 2010 -- I would recommend Asian and African countries which are yet to urbanize, such as India which is only 33 percent urban now, that governments should acquire all land around cities. In this way, their cities could grow in the right places with the right spaces, with the parks, with the greenways, with the busways.

The cities we are going to build over the next 50 years will determine quality of life and even happiness for billions of people towards the future. What a fantastic opportunity for leaders and many young leaders to come, especially in the developing countries. They can create a much happier life for billions towards the future. I am sure, I am optimistic, that they will make cities better than our most ambitious dreams.

(Applause)

途上国の都市における移動性の課題は とても独特な挑戦です なぜなら 健康や 教育 住宅問題とは違い 社会が豊かになると 悪化する傾向にあるからです 全くもって 持続可能でないモデルであるのです 移動手段を他の途上国大部分の問題として捉えると お金や技術の問題というよりも 平等性 公平性の問題なのです 途上国での不平等が非常に大きいため それが沢山の問題を見えにくくしています 例えば 交通手段の視点から見ると 先進的な都市というのは 貧困層が車を利用することはなくても 裕福な人が公共交通機関を 利用する都市のことをいうのです 自転車の利用もそうです 例えば アムステルダムでは 30%以上の人口が 自転車を利用します 実際のところオランダ人1人当たりの 所得はアメリカ合衆国より高くてもです 世界中の途上国の都市では お金 政府投資の仕方についての衝突が多々あります。 もし高速道路に投資が偏ると 勿論 住宅にまわるお金は少なくなります 学校 病院も同じです それにスペースの抵触もあります 車を所有する人とそうでない人との間では スペースについての抵触がありつつあります こんにちではほとんどの人々が 私的所有と市場経済は 社会資本大部分を管理するのに 一番の方法だと考えています しかし それには問題があります それは 市場経済は収入の不公平がないと 機能しないということです お金を増やす人もいれば 減らす人もいます 成功する会社もあれば失敗する会社もあるのです では どんな平等性を こんにち市場経済の中で 私たちは求めるべきなのでしょうか

私は2つ提案します 両方とも 都市に関連することです 一つ目は生活の質の平等性で 特に子供にとって 全ての子供は 健康と教育といった当たり前のことの他にも 緑の広場 スポーツ施設 スイミングプール 音楽教室などにアクセス出来るようにすることです そして二つ目は いわゆる「民主的平等」です どんな憲法でも最初の条項で 全ての市民は法のもとで 平等だと宣言しています これは単なる飾り言葉ではありません 強い効力を持つ原則です 例えば それが真実なら 80人が乗ったバスは 一人乗りの車より 80倍も道路を利用する 権利があります

私たちは時に 不公平に余りに慣れているせいか それが目の前で起きていても 気がつくことが出来なくなっているのです 100年足らず前には 女性に投票権がないのが 普通でした こんにち 渋滞の中でバスが目に入っても 普通なのと同じようにです 実際 私が市長になった時 民主主義の原則をあてはめて 公益は個人の利益に優先する故に 100人乗りのバスは 一台の車の100倍の道路使用権があるとし 私たちはバスを基本とした 大量交通システムを 専用レーンで実行しました バスをより魅力的にするため トランスミレニオ(21世紀の乗り物)と名付けました これは非常に民主的で美しいシンボルです なぜなら バスが通り過ぎる傍らに 奢侈な車が渋滞に巻き込まれる光景は 具現する民主主義を まさに描いた一枚の絵なのです 実際 公平だというだけではありません 博士でなくても分かるでしょう 12歳の子供委員でも たった20分で 少ししかない道路のスペースを 一番有効的に使う方法は バスの専用レーンを作ることだ ということに気づくはずです 実際 バスは魅力的ではなくても 急速に成長する発展都市において すべての地域へ大量交通を 唯一可能にすることができる 手段であるのです バスは優れた可能性を秘めています 広州市では導入された トランスミレニオのシステムは 中国のどの地下鉄路線よりも 多くの乗客を輸送しているのです 例外は北京の一路線だけです しかもコストは数分の一です

私たちはバスのスペースだけのために 戦ったのではなく 人間のスペースのために戦ったのです それは更に難しい事でした 人は都市に住んでおり 私たち人はその都市を歩きます 魚が泳いだり 鳥が飛んだり また鹿が走ったりする必要があるように 人間にも歩く必要があります 発展途上国の都市を考えると 歩行者と車の対立が とてつもなく大きな問題です ここで皆さんにご覧いただく写真は 未熟な民主主義を表しています ご覧の通り 歩いている人は 三流の市民で 車に乗っている人は 一流市民です 移動や輸送のインフラの観点からは 先進的と後進的な都市の 本当の違いを生み出すのは 高速道路や地下鉄ではなく 歩道の設備がちゃんとされているかどうかなのです ここには立体交差が作られていますが 歩道を作り忘れています こういうことが全世界で起きているのす 就学する児童でさえ 車より大切にされないのです

私の都市であるボゴタで 我々はとても困難な戦いに挑みました それは 何十年も歩道に駐車され続けてきた場所から スペースを作るため 人々が人間としての尊厳を保てるような 場所を作るため そして 安全な自転車道を作るためにです 始めたばかりのころは まだ白髪はなかったんですよね (笑) そして 途中で弾劾寸前の眼にあいました とても困難な戦いです しかし 最後には成し遂げました 都市を築くという困難な戦いの後 人間の尊厳に なにがしかの敬意を払い 歩行者は車に乗っている人と平等に 大切だと教えてくれる場所が出来たんです 実際 どの地域でも 思想的 政治的に大切なのは 都市で一番大切な資産 道路スペースを どうやって分配するかなのです 都市が石油やダイアモンドを 地下で見つけたとしても 道路スペースと比べれば それほど価値あるものではありません 道路スペースをどうやって歩行者 自転車 公共交通 そして自動車に分配するか? これは技術的問題ではありません 覚えておいて欲しいのは どの憲法にも 駐車することは憲法上の権利であると その分配を行う際に 示されていないという事実です

これも作りました 15年前の話で 自転車道がニューヨークや パリやロンドンに出来る前です それは 同様にとても困難な戦いで 350キロメートル以上の 保護された自転車道路のための戦いでした 自転車保護道路に 魅力的な構造的特徴があるとは思いません しかしこれは 歩道と同じく権利なのです 自動車の利用者だけが 殺される危険なしに 安全に移動できる 権利を持つ ということを信じなければの話ですがね そして まさにバス専用道路と同じく 自転車保護道路は 民主主義的な力強いシンボルなのです なぜなら 30ドルの自転車に乗っている市民は 30,000ドルの車に乗っている人と 等しく大切だという事を表しているからです

私たちは歴史上 類いまれな時代に生きています 次の50年の間に 2060年に出来上がる都市の半分以上が建設されていくのです 多くの途上国の都市では 2060年に出来上がる都市の 80から90パーセント以上が これから40年から50年の間に建設されます

しかしこれは 途上国での都市発展の話に 限ったことではありません 例えば アメリカ合衆国では 7,000万戸以上の住宅を 今後40から50年に渡って 建てなければなりません それは現在 イギリス フランス カナダに ある住宅の総戸数以上です 私の信念は 都市は こんにち 重大な欠陥を持ちつつも 違う形のよりよい都市作りが可能だということです

今の私たちの都市の何が駄目なんでしょう? そうですねぇ 例えば 三歳の子供に対して やっと言葉を学び始めた年頃でありながら 昨今 世界どの都市であっても 「気をつけて 車だ」と言うと びっくりして飛びはねるはずです それはとても理にかなったことです なぜなら 10,000人以上の子供が 世界中で 毎年 自動車事故で命を落としているからです 都市の歴史は8,000年前にさかのぼります その頃子供達は野外で遊ぶことができました 実際 ほんの最近 1900年まで 車はありませんでした 車が出回り始めてから 実際のところ100年もたっていません 車は都市を一変させました 例えば 1900年に アメリカ合衆国で 自動車事故で亡くなった人は一人もいません たった20年後 1920年から1930年の間には 約200,000人が 合衆国内で自動車事故で命を落としたのです 1925年だけでも およそ7,000人の子供が 合衆国内で自動車事故でなくなりました これからきっといい都市を築けるはずです 車より 人々を優先する都市 車より 人々にもっと公共スペースを与える都市 最もか弱い市民である子供や高齢者に 高い敬意を払う都市をです 最もか弱い市民である子供や高齢者に 高い敬意を払う都市をです

私は皆さんに二つの材料を ご提供したいと思います それは都市をよりよいものにすると思うもので 振興途中の新しい都市では とても簡単に実行できるものです 四方八方に都市を交差する 数百キロメーターの緑道 子供が家から出て 安全なスペースへ歩いて行けること 子供は 数十キロ先まで 安全に 何の危険もなく 素晴らしい緑道の上を進めます 自転車ハイウェイのようなものです では 皆さん こんなことを思い浮かべてみて下さい とある都市 そこでは 一つおきに通りはすべて 歩行者と自転車だけの通りなんです これから築かれる新しい都市ならば こういう事は 特別難しいことありません 私がボゴタの市長だった時 たった三年間で 我々は 70キロメーターの 自転車専用道を 世界でも有数の過密都市で作る事ができたのです そして これは 人々の生活 移動手段 都市の楽しみ方に変化を与えました この写真をご覧下さい とても貧しい近隣地域の一つに 豪華な自転車歩行者専用道路があります 車はまだ泥まみれのままです 勿論 車のためにこの通りを舗装したいと思いました けれども 何を優先するべきでしょうか? この近隣地域に住む99%の人は 車を所有していないのです でも皆さん 都市開発が進んでいる時に この種の社会資本を組み込むことは 本当に簡単なのです そうすれば都市は それを取り巻き成長します そして勿論 これは何かが良い方向に向く まさに先駆けです それを築きさえすれば それが人々の生活様式を変えます

二つ目の材料は 移動手段の問題を解決するでしょう それは発展途上国ではとても難しい課題で 非常にローコストでシンプルに 数百キロメートルの バス 自転車 歩行者道も含めて 通りを作ろうというものです こういう事も 最初から組み込まれていれば 非常にローコストな解決策なんです ローコスト そして自然の太陽を浴びながらの 快適な移動手段なのです

しかし残念ながら 現実は 夢のようにはいきません 私的土地所有と地下高騰のため あらゆる途上国が スラムの大問題を抱えています 母国 コロンビアでは 都市のほぼ半分の家は 元を正せば 違法建築物です そういう環境で 移動手段を備え自転車を利用するのは 非常に困難なことです しかし 合法的造成物であっても 間違った場所にも建っており 都市圏から離れた ローコストで頻繁な 公共交通機関を提供する事は不可能です 一人のラテンアメリカ人として そして一番最近 都市化された地域が ラテンアメリカなので 私は 敬畏と情熱で まだ都市化がなされていない 国々へ進言させてほしい ラテンアメリカの都市化の割合は 1950年の40%から 2010年には80%になりました まだ都市化がなされていない アジアとアフリカの国々にも 進言させていただきたい インドの都市化の割合は 今 33%足らずです 政府は都市周辺の全ての土地を 取得すべきです そうする事で 都市は 適した場所に 適切な空間 公園 緑道 バス専用道を整備し 成長できるのです

これからの50年の間に私たちが 築き上げていく都市は 未来の数百万の人々の 生活の質 さらには幸せを決めるものになります 今こそ絶好のチャンスです  それぞれの国を引っ張っていくリーダー達 そして とりわけ発展途上国の 若きリーダー諸君 諸君が より幸せな生活を 未来の百万人のために 創るのです 私はポジティブです 信じています 彼らが都市をもっと素晴らしくするということを それは我々が最も野心的に想像する以上の都市のはずです

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画