TED日本語 - ベンジャミン・バーバー: なぜ市長が世界を治めるべきか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ベンジャミン・バーバー: なぜ市長が世界を治めるべきか

TED Talks

なぜ市長が世界を治めるべきか
Why mayors should rule the world
ベンジャミン・バーバー
Benjamin Barber

内容

国家レベルの政治家は世界の問題を解決するより規制を作ることに腐心しているように見えます。では誰が実際に物事を解決しているのでしょう?それは市長達です。だから政治理論家ベンジャミン・バーバーは提案します、彼らにグローバルポリシーに取り組む権限を与えてみましょうと。バーバーは、これらの 「同郷人」が、自分たちの住む街の差し迫った問題を解決していく様を語ります - そして世界の問題もきっと解決することでしょう。

Script

Democracy is in trouble, no question about that, and it comes in part from a deep dilemma in which it is embedded. It's increasingly irrelevant to the kinds of decisions we face that have to do with global pandemics, a cross-border problem; with HIV, a transnational problem; with markets and immigration, something that goes beyond national borders; with terrorism, with war, all now cross-border problems.

In fact, we live in a 21st-century world of interdependence, and brutal interdependent problems, and when we look for solutions in politics and in democracy, we are faced with political institutions designed 400 years ago, autonomous, sovereign nation-states with jurisdictions and territories separate from one another, each claiming to be able to solve the problem of its own people. Twenty-first-century, transnational world of problems and challenges, 17th-century world of political institutions. In that dilemma lies the central problem of democracy. And like many others, I've been thinking about what can one do about this, this asymmetry between 21st-century challenges and archaic and increasingly dysfunctional political institutions like nation-states.

And my suggestion is that we change the subject, that we stop talking about nations, about bordered states, and we start talking about cities. Because I think you will find, when we talk about cities, we are talking about the political institutions in which civilization and culture were born. We are talking about the cradle of democracy.

We are talking about the venues in which those public spaces where we come together to create democracy, and at the same time protest those who would take our freedom, take place. Think of some great names: the Place de la Bastille, Zuccotti Park, Tahrir Square, Taksim Square in today's headlines in Istanbul, or, yes, Tiananmen Square in Beijing.

(Applause)

Those are the public spaces where we announce ourselves as citizens, as participants, as people with the right to write our own narratives. Cities are not only the oldest of institutions, they're the most enduring. If you think about it, Constantinople, Istanbul, much older than Turkey. Alexandria, much older than Egypt. Rome, far older than Italy. Cities endure the ages. They are the places where we are born, grow up, are educated, work, marry, pray, play, get old, and in time, die. They are home. Very different than nation-states, which are abstractions. We pay taxes, we vote occasionally, we watch the men and women we choose rule rule more or less without us. Not so in those homes known as our towns and cities where we live. Moreover, today, more than half of the world's population live in cities. In the developed world, it's about 78 percent. More than three out of four people live in urban institutions, urban places, in cities today. So cities are where the action is. Cities are us. Aristotle said in the ancient world, man is a political animal. I say we are an urban animal. We are an urban species, at home in our cities. So to come back to the dilemma, if the dilemma is we have old-fashioned political nation-states unable to govern the world, respond to the global challenges that we face like climate change, then maybe it's time for mayors to rule the world, for mayors and the citizens and the peoples they represent to engage in global governance.

When I say if mayors ruled the world, when I first came up with that phrase, it occurred to me that actually, they already do. There are scores of international, inter-city, cross-border institutions, networks of cities in which cities are already, quite quietly, below the horizon, working together to deal with climate change, to deal with security, to deal with immigration, to deal with all of those tough, interdependent problems that we face. They have strange names: UCLG, United Cities and Local Governments; ICLEI, the International Council for Local Environmental Issues. And the list goes on: Citynet in Asia; City Protocol, a new organization out of Barcelona that is using the web to share best practices among countries. And then all the things we know a little better, the U.S. Conference of Mayors, the Mexican Conference of Mayors, the European Conference of Mayors. Mayors are where this is happening.

And so the question is, how can we create a world in which mayors and the citizens they represent play a more prominent role? Well, to understand that, we need to understand why cities are special, why mayors are so different than prime ministers and presidents, because my premise is that a mayor and a prime minister are at the opposite ends of a political spectrum. To be a prime minister or a president, you have to have an ideology, you have to have a meta-narrative, you have to have a theory of how things work, you have to belong to a party. Independents, on the whole, don't get elected to office. But mayors are just the opposite. Mayors are pragmatists, they're problem-solvers. Their job is to get things done, and if they don't, they're out of a job. Mayor Nutter of Philadelphia said, we could never get away here in Philadelphia with the stuff that goes on in Washington, the paralysis, the non-action, the inaction. Why? Because potholes have to get filled, because the trains have to run, because kids have to be able to get to school. And that's what we have to do, and to do that is about pragmatism in that deep, American sense, reaching outcomes. Washington, Beijing, Paris, as world capitals, are anything but pragmatic, but real city mayors have to be pragmatists. They have to get things done, they have to put ideology and religion and ethnicity aside and draw their cities together. We saw this a couple of decades ago when Teddy Kollek, the great mayor of Jerusalem in the '80s and the '90s, was besieged one day in his office by religious leaders from all of the backgrounds, Christian prelates, rabbis, imams. They were arguing with one another about access to the holy sites. And the squabble went on and on, and Kollek listened and listened, and he finally said, "Gentlemen, spare me your sermons, and I will fix your sewers."

(Laughter)

That's what mayors do. They fix sewers, they get the trains running. There isn't a left or a right way of doing. Boris Johnson in London calls himself an anarcho-Tory. Strange term, but in some ways, he is. He's a libertarian. He's an anarchist. He rides to work on a bike, but at the same time, he's in some ways a conservative. Bloomberg in New York was a Democrat, then he was a Republican, and finally he was an Independent, and said the party label just gets in the way. Luzhkov,20 years mayor in Moscow, though he helped found a party, United Party with Putin, in fact refused to be defined by the party and finally, in fact, lost his job not under Brezhnev, not under Gorbachev, but under Putin, who wanted a more faithful party follower. So mayors are pragmatists and problem-solvers. They get things done.

But the second thing about mayors is they are also what I like to call homeboys, or to include the women mayors, homies. They're from the neighborhood. They're part of the neighborhood. They're known. Ed Koch used to wander around New York City saying, "How am I doing?" Imagine David Cameron wandering around the United Kingdom asking, "How am I doing?" He wouldn't like the answer. Or Putin. Or any national leader. He could ask that because he knew New Yorkers and they knew him. Mayors are usually from the places they govern. It's pretty hard to be a carpetbagger and be a mayor. You can run for the Senate out of a different state, but it's hard to do that as a mayor.

And as a result, mayors and city councillors and local authorities have a much higher trust level, and this is the third feature about mayors, than national governing officials. In the United States, we know the pathetic figures: 18 percent of Americans approve of Congress and what they do. And even with a relatively popular president like Obama, the figures for the Presidency run about 40,45, sometimes 50 percent at best. The Supreme Court has fallen way down from what it used to be. But when you ask, "Do you trust your city councillor, do you trust your mayor?" the rates shoot up to 70,75, even 80 percent, because they're from the neighborhood, because the people they work with are their neighbors, because, like Mayor Booker in Newark, a mayor is likely to get out of his car on the way to work and go in and pull people out of a burning building -- that happened to Mayor Booker -- or intervene in a mugging in the street as he goes to work because he sees it. No head of state would be permitted by their security details to do it, nor be in a position to do it.

That's the difference, and the difference has to do with the character of cities themselves, because cities are profoundly multicultural, open, participatory, democratic, able to work with one another.

When states face each other, China and the U.S., they face each other like this. When cities interact, they interact like this. China and the U.S., despite the recent meta-meeting in California, are locked in all kinds of anger, resentment, and rivalry for number one. We heard more about who will be number one. Cities don't worry about number one. They have to work together, and they do work together. They work together in climate change, for example. Organizations like the C40, like ICLEI, which I mentioned, have been working together many, many years before Copenhagen. In Copenhagen,four or five years ago,184 nations came together to explain to one another why their sovereignty didn't permit them to deal with the grave, grave crisis of climate change, but the mayor of Copenhagen had invited 200 mayors to attend. They came, they stayed, and they found ways and are still finding ways to work together, city-to-city, and through inter-city organizations. Eighty percent of carbon emissions come from cities, which means cities are in a position to solve the carbon problem, or most of it, whether or not the states of which they are a part make agreements with one another. And they are doing it. Los Angeles cleaned up its port, which was 40 percent of carbon emissions, and as a result got rid of about 20 percent of carbon. New York has a program to upgrade its old buildings, make them better insulated in the winter, to not leak energy in the summer, not leak air conditioning. That's having an impact. Bogota, where Mayor Mockus, when he was mayor, he introduced a transportation system that saved energy, that allowed surface buses to run in effect like subways, express buses with corridors. It helped unemployment, because people could get across town, and it had a profound impact on climate as well as many other things there. Singapore, as it developed its high-rises and its remarkable public housing, also developed an island of parks, and if you go there, you'll see how much of it is green land and park land. Cities are doing this, but not just one by one. They are doing it together. They are sharing what they do, and they are making a difference by shared best practices. Bike shares, many of you have heard of it, started 20 or 30 years ago in Latin America. Now it's in hundreds of cities around the world. Pedestrian zones, congestion fees, emission limits in cities like California cities have, there's lots and lots that cities can do even when opaque, stubborn nations refuse to act.

So what's the bottom line here? The bottom line is, we still live politically in a world of borders, a world of boundaries, a world of walls, a world where states refuse to act together. Yet we know that the reality we experience day to day is a world without borders, a world of diseases without borders and doctors without borders, maladies sans frontieres, Medecins Sans Frontieres, of economics and technology without borders, of education without borders, of terrorism and war without borders. That is the real world, and unless we find a way to globalize democracy or democratize globalization, we will increasingly not only risk the failure to address all of these transnational problems, but we will risk losing democracy itself, locked up in the old nation-state box, unable to address global problems democratically.

So where does that leave us? I'll tell you. The road to global democracy doesn't run through states. It runs through cities. Democracy was born in the ancient polis. I believe it can be reborn in the global cosmopolis. In that journey from polis to cosmopolis, we can rediscover the power of democracy on a global level. We can create not a League of Nations, which failed, but a League of Cities, not a United or a dis-United Nations, but United Cities of the World. We can create a global parliament of mayors. That's an idea. It's in my conception of the coming world, but it's also on the table in City Halls in Seoul, Korea, in Amsterdam, in Hamburg, and in New York. Mayors are considering that idea of how you can actually constitute a global parliament of mayors, and I love that idea, because a parliament of mayors is a parliament of citizens and a parliament of citizens is a parliament of us, of you and of me.

If ever there were citizens without borders, I think it's the citizens of TED who show the promise to be those citizens without borders. I am ready to reach out and embrace a new global democracy, to take back our democracy. And the only question is, are you?

Thank you so much, my fellow citizens.

(Applause)

Thank you. (Applause)

民主主義は間違いなく困難に陥っています それは一部 民主主義がかかえる 深いジレンマに起因しています 民主主義は私たちが直面する問題に対して ますます不適切になってきています 例えば国境を越えた世界的なパンデミック HIVも国境を越えます 国境を越えた市場や移民 戦争にテロ すべてが今 国境を越えた問題になっています

私たちは相互依存関係にある 21 世紀の世界に住んでいます この相互依存関係は暴力的です そして政治と民主主義によって それらを解決しようとすると 400年前に設計された政治制度に 直面します お互いに独立した司法制度 および領土を持つ 自治権のある主権国家制度 彼らはそれぞれが自国民のために 問題を解決できると言い張っています 21 世紀の問題と課題だらけの国際社会で 17 世紀の政治制度を用いてでです そのジレンマの中に民主主義が抱える 問題の核心があります 多くの方々のように 私はこの 21 世紀が抱える課題と 古風でますます機能不全に陥る 国家の政治制度の矛盾をどのようにして 解決するか考えてきました

私の提案は 主題を変更することです 国家について 国境のある国家について 話すのをやめて 私たちの都市について話し始めることです 都市について話せば 文明と文化が誕生した政治制度に関して 話してるのと同じだと 気付いていただけると思います 私たちは民主主義の発祥に関して

話しているのです そして 民主主義を産むために集い また自由を奪う人たちに抗議する 公共の場に関して議論をしているのです 偉大な場所をいくつか思い浮かべてください バスティーユ広場 ズコッティ公園 タハリール広場 今日の見出しに載っていたイスタンブールのタクシム広場 あ そしてそう 北京の天安門広場

(拍手)

これらの場所は私たちが 市民であると 参加者であると それぞれの人生を生きる 権利を持つ人間であると 主張する場なのです 都市は最も古い機関のみならず 最も永く存在している機関なのです 考えてみてください コンスタンティノープルとイスタンブールは トルコよりずっと歴史がある アレキサンドリア エジプトよりずっと歴史がある ローマ イタリアよりはるかに歴史があります 都市は時代を生き抜きます 都市は我々が生まれ 育ち 学び 働き 結婚し 祈り 遊び 年老い そして死ぬ場所です 都市は故郷です これは抽象化されている 国家とはとても違います 我々は納税し 時折投票し 選んだ男性もしくは女性が治世するのを見守ります 多かれ少なかれ 私たちを無視した治世ですが 我々の故郷である町 そして住んでいる都市は こうではありません さらに 今日 世界の人口の半分以上は 都市に住んでいます 先進国では約 78% 4人中3人以上が 今日 都会のエリアに 都会の施設に すなわち 都市に住んでいます つまり都市に活動があるのです 都市は私たちです 古代世界でアリストテレスは言った 人間は政治的な動物であると 私は都会の動物だと言いたい 私たちは都市を故郷に持つ 都会的な種であると 先ほどのジレンマに戻ります もし昔ながらの国家政治が 世界を治めることができず さらに気候変動のような 直面しているグローバルな課題に 対応できない場合 市長が世界を治めた方が よいのではないでしょうか? 市長と彼らが代表する市民のため 世界の治世に従事すべきなのです

私が 市長が世界を治める と言ったとき また そのフレーズを思いついた時 私は既にそうなっていることに気が付きました すでにたくさんの都市が 国際的な機関 都市のネットワークを通じて 非常に静かに 水面下で 一緒に働いています 気候変動に対処するため セキュリティに対処するため 移民に対処するため 直面する困難で 相互依存的な問題達に 対処するために これらには奇妙な名前があります UCLG United Cities and Local Government (都市と地方自治体連動;) ICLEI(イクレイ) the International Council [for] Local Environmental Issues. (持続可能性をめざす自治体協議会) そしてまだあります アジアのCitynet (アジア太平洋都市間協力ネットワーク) City Protocolはバルセロナ発祥の 各国の良い慣例を ウェブで共有する新組織です そして私たちにも聞き覚えのある 米国市長会議 メキシコ市長会議 欧州市長会議 市長がこの協力関係を起こしているのです

では質問は どのようにして市長と 彼らが代表する市民が 重要な役割を果たす世界を作れるかです その答えを出すには 都市の特殊な性質を理解する必要があります なぜ市長が総理大臣や大統領とは 大きく異なるか なぜなら 私の主張には市長と総理大臣が 政治スペクトルの両端に位置している ということが根底にあるからです 総理大臣や大統領になるためには イデオロギーが必要です メタナラティブが必要です 物事に関する理論が必要です 党に所属する必要があります 無所属は大体 選出されません 市長は正反対です 市長は実務家であり 解決者です 彼らの仕事を進めなければならない でないとクビになります フィラデルフィアの市長ナッターは言いました ここフィラデルフィアでは首都ワシントンで起こっている 機能麻痺 非行動主義 怠慢は 許されない なぜ?道路の穴を埋めないと 列車は走らせないと 子供達を学校に行かせないといけないからです それが私たちの仕事で それには実践あるのみ アメリカ人に根付いたセンスで言えば 結果を出すということです 世界の首都として ワシントン 北京 パリは とても実践的と言えません しかし 市長は実務家でなければならない 彼らは問題を解決しなければならない イデオロギー 宗教および民族性を脇に置き 自分たちの都市を一丸にしなければなりません いい例が数十年前にあります テディ コレック エルサレムの偉大な市長は 80 年代と 90 年代に 執務室を一日包囲されました すべての宗教指導者によって キリスト教の高位聖職者 ラビ イマーム 彼らは互いに聖地への 立ち入りについて 延々と議論していました コレックは辛抱強く耳を傾け 最後に言いました 「みなさん あなたたちの説教を控えてください 下水道を直します」

(笑)

これが市長の仕事です 彼らは下水道を直し 列車を走らせる やり方は関係ありません ロンドンのボリス ・ ジョンソンは 自身をアナーコトーリーと呼ぶ 奇妙な言葉ですが ある意味本当です 彼は自由主義者で 無政府主義者で 自転車で通勤します しかし 同時に彼はある意味保守的だった ニューヨーク市長 ブルームバーグは民主党だった そして共和党になり 無所属になり 言いました 党の看板は邪魔だったと モスクワで20 年間市長を務めたルシコフ 彼はプーチンと一緒に統一ロシアの設立に携わりましたが 党に納まることを拒否 そして最後に ブレジネフ政権下でも ゴルバチョフ政権下でもなく 忠実な党信奉者を望んでいた プーチン政権下で 職を失いました 市長は実務家であり解決者です 仕事をします

しかし市長について もう一つ 彼らはホームボーイです いや 女性を含めるためホーミーとしましょう 彼らは近所にいます 地域の一員であり よく知られています エド ・ コッチはニューヨークの中を 聞いて回っていました 「私の仕事に満足していますか」と デイビッド・キャメロンが イギリス中を同じように聞いて回ったら … 答えは聞きたくないでしょう プーチンに 他の国家元首も同じです コッチがこのように質問できたのは 市民と理解しあえていたからです 市長は普通 その都市の人がなります 移住者が市長になるのは結構難しい 別の州から上院に立候補できますが 市長としては難しい

結果 市長および市評議員 および地方公務員は 国家公務員と比べて より信頼されている これが市長の第三の特徴です アメリカ合衆国の哀れな数字達: 議員と彼らの政策の支持率は 18% オバマのような比較的人気のある大統領ですら 支持率は40から45 たまに 50%になります 最高裁判所は権威が失墜しました しかし 「市評議員を 市長を信頼しますか?」と聞いたら 数値は 70から75 そして80%にまで上がります なぜなら彼らは地域の出身で 地域の人と一緒に働いているから ブッカー ニューアーク市長のように 仕事へ行く途中に車から降りて 燃える建物から人々を救出する 本当の話です また路上の強盗を見かければ 取り締まります これは国家元首には許されない セキュリティ上の理由から もしくは出来る立場にないから

この違いには 都市の特性が関係しています なぜなら都市はとても 多文化的であり 開放的 参加型 民主的 協力的なのです

国家が顔を合わせる時 例えば中国と米国は このようになります 都市同士の場合は このようになります 中国と米国は 最近カリフォルニアで行われた 大きな会合後にも関わらず 世界一の大国を巡る 怒り 憤り 競争に 囚われたままです 何よりもナンバーワンになることに 関心がありました 都市はナンバーワンに固執しません 彼らは協力しなければならず 実際にしています たとえば 気候変動問題で 先ほど述べたICLEI(イクレイ)やC40等 は コペンハーゲンのずっと前から 協力しあっています コペンハーゲンでは45年前 184カ国がそれぞれ 気候変動の深刻な危機に なぜ対処できないか 説明をするために集いました しかし コペンハーゲンの市長が 200の市長を招待した時は 彼らはやって来て とどまり 都市間で また組織を通じて 協力しながら 解決策を見出し 今もさらなる解決策を探しています 二酸化炭素の 80% は 都市が排出しています すなわち都市は 国家間協定の有無に関わらず 温暖化ガス問題を解決 もしくはほとんど解決しなければならない そして実行に移しています ロサンゼルスは 排出量の40%を占めた 港を整備し 二酸化炭素排出量を20%減らしました ニューヨークは古い建物を改修し 冬の保温を改善 そして 夏の冷房漏れを防ぐ 取り組みによって 結果を出しています ボゴタのモクス市長は ある交通システムを導入しました この省エネルギーシステムで バスは専門通路により 地下鉄のように効果的に 走れるようになりました 人の流れを改善することで 雇用を改善し 気候問題やその他様々な問題の解決に 大きく寄与しました シンガポールは高層ビルの開発とともに 素晴らしい公営住宅 そして公園群を開発 そこを訪れれば 緑の豊かさと 公園の多さを 目の当たりにするでしょう 都市はこれらの取り組みを独自にではなく 互いに協力しながらやっています 彼らは取り組みを共有しながら 良い慣例の共有により 社会を変えています 20から30年前に ラテンアメリカで始まった バイクシェアをご存知でしょう 今では世界中 何百もの 都市に導入されています カリフォルニアの都市が行っている 歩行者ゾーン 混雑料金 排出制限 のような取り組みは 透明性のない 頑固な 国家が行動を起こさない時でさえ 都市なら行動を起こせるのです

この話の根底は何か 私たちはいまだ国境のある世界で 壁の存在する世界で 政治的に生きており 国家は協調することを拒んでいます しかし私たちは現実体験から 日に日に国境がなくなっていることを 実感しています 病気が国境を越えていく そして医師も 国境なき病気 医師団 (フランス語) 国境を越えた経済 技術 教育 テロに戦争が国境を越えます これが現実です 民主主義のグローバル化 もしくはグローバルな民主主義を 確立する方法を見つけない限り 我々はこれらの国際的な問題の対処に 失敗するリスクを高めるだけでなく 民主主義自体を失うリスクを負います 古い国家という入れ物に囚われていては

民主的にグローバルな問題に対処できません ではどうすべきか? 教えてあげましょう グローバルな民主主義への道は 国家にはありません 都市にあります 民主主義は古代ポリスで生まれました わたしはグローバルなコスモポリスで 生まれ変わることができると信じています ポリスからコスモポリスになる過程で グローバルなレベルでの民主主義の 力を再発見することでしょう 我々は失敗した国際連盟ではなく 都市連盟を 国際連合 いや国際不連合ではなく 都市の世界連合を 作ることが出来ます 市長による世界議会を作ればいい いいアイデアでしょう? これは来たるべき世界に対する 私だけではなく 世界中の都市の考えです 韓国のソウルで アムステルダムで ハンブルクで ニューヨークで 市長達はどのようにして この世界議会を 実現できるかアイデアを練っています 私はこの考えが好きです なぜなら 市長の議会は市民の議会だから そして市民の議会は私たちの議会 私とあなたの

これまでに国境なき市民というものがあったなら それは TED の市民だと思います みなさんは国境を越えた 市民になると予感させる 私は新しい グローバルな 民主主義に手を差し伸べ 受け入れる準備が出来ています 私たちの民主主義を取り戻します そして唯一の質問は あなたたちは出来ていますか?

同じく市民である皆様 どうもありがとう

(拍手)

ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画