TED日本語 - アナス・アレメヤウ・アナス: どうやって名前をさらし、汚し、刑務所に送り込んだか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アナス・アレメヤウ・アナス: どうやって名前をさらし、汚し、刑務所に送り込んだか

TED Talks

どうやって名前をさらし、汚し、刑務所に送り込んだか
How I named, shamed and jailed
アナス・アレメヤウ・アナス
Anas Aremeyaw Anas

内容

ジャーナリストのアナス・アレメヤウ・アナスは、これまで、ガーナ全土での汚職や組織犯罪を何十件も暴露してきました。それも、決して正体を明かさずにです。このトークで、アナスは―ここでも正体は隠したまま―これまでの取材の中から身の毛のよだつような映像を紹介し、不正に立ち向かうことの重要性を身をもって示します。

Script

I am sorry I can not show you my face, because if I do, the bad guys will come for me.

My journey started 14 years ago. I was a young reporter. I had just come out of college.

Then I got a scoop. The scoop was quite a very simple story. Police officers were taking bribes from hawkers who were hawking on the streets. As a young reporter, I thought that I should do it in a different way, so that it has a maximum impact, since everybody knew that it was happening, and yet there was nothing that was keeping it out of the system.

So I decided to go there and act as a seller. As part of selling, I was able to document the hard core evidence. The impact was great. It was fantastic.

This was what many call immersion journalism, or undercover journalism. I am an undercover journalist. My journalism is hinged on three basic principles: naming, shaming and jailing. Journalism is about results. It's about affecting your community or your society in the most progressive way. I have worked on this for over 14 years, and I can tell you, the results are very good.

One story that comes to mind in my undercover pieces is "Spirit Child." It was about children who were born with deformities, and their parents felt that once they were born with those deformities, they were not good enough to live in the society, so they were given some concoction to take and as a result they died. So I built a prosthetic baby, and I went into the village, pretended as though this baby had been born with a deformity, and here was the guys who do the killing. They got themselves ready. In their bids to kill, I got the police on standby, and they came that fateful morning to come and kill the child. I recall how they were seriously boiling the concoction. They put it on fire. It was boiling hot, getting ready to give to the kids. Whilst this was going on, the police I had alerted, they were on standby, and just as the concoction was ready, and they were about to give it to the kids, I phoned the police, and fortunately they came and busted them. As I speak now, they are before the courts. Don't forget the key principles: naming, shaming and jailing. The court process is taking place, and I'm very sure at the end of the day we will find them, and we will put them where they belong too.

Another key story that comes to mind, which relates to this spirit child phenomenon, is "The Spell of the Albinos." I'm sure most of you may have heard, in Tanzania, children who are born with albinism are sometimes considered as being unfit to live in society. Their bodies are chopped up with machetes and are supposed to be used for some concoctions or some potions for people to get money -- or so many, many stories people would tell about it. It was time to go undercover again. So I went undercover as a man who was interested in this particular business, of course. Again, a prosthetic arm was built. For the first time, I filmed on hidden camera the guys who do this, and they were ready to buy the arm and they were ready to use it to prepare those potions for people.

I am glad today the Tanzanian government has taken action, but the key issue is that the Tanzanian government could only take action because the evidence was available. My journalism is about hard core evidence. If I say you have stolen, I show you the evidence that you have stolen. I show you how you stole it and when, or what you used what you had stolen to do. What is the essence of journalism if it doesn't benefit society?

My kind of journalism is a product of my society. I know that sometimes people have their own criticisms about undercover journalism.

(Video) Official: He brought out some money from his pockets and put it on the table, so that we should not be afraid. He wants to bring the cocoa and send it to Cote d'Ivoire. So with my hidden intention, I kept quiet. I didn't utter a word. But my colleagues didn't know. So after collecting the money, when he left, we were waiting for him to bring the goods. Immediately after he left, I told my colleagues that since I was the leader of the group, I told my colleagues that if they come, we will arrest them.

Second official: I don't even know the place called [ unclear ] . I've never stepped there before. So I'm surprised. You see a hand counting money just in front of me. The next moment, you see the money in my hands, counting, whereas I have not come into contact with anybody. I have not done any business with anybody. Reporter: When Metro News contacted investigative reporter

Anas Aremeyaw Anas for his reaction, he just smiled and gave this video extract he did not use in the documentary recently shown onscreen. The officer who earlier denied involvement pecks a calculator to compute the amount of money they will charge on the cocoa to be smuggled.

Anas Aremeyaw Anas: This was another story on anticorruption. And here was him, denying. But you see, when you have the hard core evidence, you are able to affect society. Sometimes these are some of the headlines that come. (Music)

[ I will curse Anas to death ]

[ Anas Lies ]

[ Alarm Blows Over Anas' News for Cash Video ]

[ Agenda Against Top CEPS Officials Exposed ]

[ Anas Operates with Invisible Powers? ]

[ Gov't Wobbles Over Anas Video ]

[ Hunting the Hunter ]

[ Anas 'Bribe' Men in Court ]

[ 15 Heads Roll Over Anas Tape ]

[ Finance Minister Backs Anas ]

[ 11 Given Queries Over Anas' Story ]

[ GJA Stands By Anas ]

[ Prez. Mills Storms Tema Harbour Over Anas Video ] [ "Late Prof. John Evans Atta Mills: Former president of Ghana" ]

John Evans Atta Mills: What Anas says is not something which is unknown to many of us, but please, those of you who are agents, and who are leading the customs officers into temptation, I'm telling you, Ghana is not going to say any good things to you about this.

AAA: That was my president.

I thought that I couldn't come here without giving you something special. I have a piece, and I'm excited that I'm sharing it for the first time with you here. I have been undercover in the prisons. I have been there for a long time. And I can tell you, what I saw is not nice. But again, I can only affect society and affect government if I bring out the hard core evidence. Many times, the prison authorities have denied ever having issues of drug abuse, issues of sodomy, so many issues they would deny that it ever happens. How can you obtain the hard core evidence?

So I was in the prison. [ "Nsawan Prison" ] Now, what you are seeing is a pile of dead bodies. Now, I happen to have followed one of my inmates,one of my friends, from his sick bed till death, and I can tell you it was not a nice thing at all. There were issues of bad food being served as I recall that some of the food I ate is just not good for a human being. Toilet facilities: very bad. I mean, you had to queue to get proper toilets to attend -- and that's what I call proper, when four of us are on a manhole. It is something that if you narrate it to somebody, the person wouldn't believe it. The only way that you can let the person believe is when you show hard core evidence. Of course, drugs were abundant. It was easier to get cannabis, heroin and cocaine, faster even, in the prison than outside the prison.

Evil in the society is an extreme disease. If you have extreme diseases, you need to get extreme remedies. My kind of journalism might not fit in other continents or other countries, but I can tell you, it works in my part of the continent of Africa, because usually, when people talk about corruption, they ask, "Where is the evidence? Show me the evidence." I say, "This is the evidence." And that has aided in me putting a lot of people behind bars.

You see, we on the continent are able to tell the story better because we face the conditions and we see the conditions. That is why I was particularly excited when we launched our "Africa Investigates" series where we investigated a lot of African countries. As a result of the success of the "Africa Investigates" series, we are moving on to World Investigates. By the end of it, a lot more bad guys on our continent will be put behind bars.

This will not stop. I'm going to carry on with this kind of journalism, because I know that when evil men destroy, good men must build and bind.

Thank you very much.

(Applause)

Chris Anderson: Thank you. Thank you. I have some questions for you. How did you end up in jail? This was just a few weeks ago, I believe, yeah?

AAA: Sure. You know, undercover is all about setting the priorities right, so we got people to take me to court. So I went through the very legal process, because at the end of the day, the prison authorities want to check whether indeed you have been there or not, and that's how I got in there.

CA: So someone sued you in court, and they took you there, and you were in remand custody for part of it, and you did that deliberately.

AAA: Yes, yes.

CA: Talk to me just about fear and how you manage that, because you're regularly putting your life at risk. How do you do that?

AAA: You see, undercover is always a last resort. Before we go undercover, we follow the rules. And I'm only comfortable and I'm purged of fear whenever I am sure that all the steps have been taken. I don't do it alone. I have a backup team who help ensure that the safety and all the systems are put in place, but you've got to take very intelligent decisions whenever they are happening. If you don't, you will end up losing your life. So yes, when the backup systems are put in place, I'm okay, I go in. Risky, yes, but it's a hazard of a profession. I mean, everybody has their hazard. And once you say that is yours, you've got to take it, as and when it comes.

CA: Well, you're an amazing human and you've done amazing work and you've taught us a story like no story I think any of us have heard before. And we're appreciative. We salute you. Thank you so much, Anas.

AAA: Thank you.

CA: Thank you. Stay safe. (Applause)

残念ながら顔はお見せできません もし顔を出せば悪い奴らに捕えられてしまうからです

僕の旅は 14年前に始まりました まだ大学を出たばかりで記者になりたての頃

僕は スクープを取ったんです そのスクープは 本当に単純な話でした 警察官が 賄賂を取っていたのです 通りで商売している行商人からの賄賂です 若い記者の僕は 思いました 普通に記事にするのではなくこれで 世の中を揺るがしてやるんだ 皆 賄賂があるのは知っているのに それをなくすのに 何もしていないから

僕は決心して 現場に行き 行商人のふりをしました 取引をする過程で 完ぺきな証拠を書面に残すことができました その反響はすごかったんです あっぱれでした

こうした潜入取材は「イマージョン・ジャーナリズム」や 「アンダーカバー・ジャーナリズム」と言われました 僕は 潜入ジャーナリストで 僕のジャーナリズムは3つの基本原則で 支えられています 名前をさらし 汚し 刑務所に送り込むこと ジャーナリズムは 結果が全て そして 地域や社会に影響を与え変えていくことが使命― しかも 最も斬新な形でです 僕は 14年以上これに取り組んできました 結果はとてもよいと 断言できます

僕の潜入取材の中で まず 思い浮かぶのは 「悪魔の子―スピリット・チャイルド」 これは奇形を持って生まれてきた子どものことです ある村では生まれた子どもに奇形があると 両親は こう考えます この子は 社会で生きていく資格がない だから そうした子どもには毒薬が盛られ 子どもは 死んでしまうのです 僕は 本物そっくりの赤ん坊を作り その村に乗り込みました 子どもに奇形があるふりをして この人たちは 奇形児殺しをしに来ました 手はずは整いました いよいよ殺す日警察に待機しておいてもらいました 運命の朝 彼らは その子を殺しにやってきました どれだけ真剣に毒薬を作っていたか 薬を火にかけ グラグラと煮立てて 子どもに飲ませる準備ができていきます この準備が進む傍ら僕が協力を要請した― 警察は待機していました そして 毒薬ができあがり 子どもに飲ます直前 僕は警察に電話をし 幸運にも 警察が突入彼らを逮捕しました 今現在も 彼らは裁判にかけられています 重要な原則を忘れてはいけない 名前をさらし 汚し 刑務所に送り込むこと 裁判手続きが進んでいるので 僕は確信しています最後には― 彼らをさらけ出し 行くべきところに行かせることを

もう一つ 心に残る重要な取材は 「悪魔の子」現象に関係するもので 「先天性色素欠乏症の呪い」です ほとんどの方が聞かれたことがあるでしょうタンザニアでは― 先天性色素欠乏症の子どもは 時に 社会で生きるのに 不適合とみなされます 彼らの体は 大なたで切り刻まれ 調合薬などにされ お金儲けに使われます これには 本当にたくさんの物語があります だから また潜入取材をしました 僕は このビジネスに関心があるふりをして 潜入しました また 本物そっくりの腕を作りました 初めて 隠しカメラでこの取引をする人たちを撮影しました 彼らは腕を買って それを薬に使おうとしていました

幸いなことに すでにタンザニア政府は行動を起こしています ただ 問題なのはタンザニア政府は 証拠があったから動いただけなのです 僕のジャーナリズムは動かしがたい証拠が命 僕が 「あなたが盗みを働いた」と言うときは 盗んだ証拠を見せます どうやって盗んだのか いつ 何を使って 何のために盗んだのかも 見せます 社会に貢献できなければジャーナリズムなんて意味がない

僕流のジャーナリズムは 僕がいる社会から生まれたものです 確かに 時々 こうした潜入ジャーナリズムには 批判もあります

(ビデオ) 役人: 彼がポケットからお金を出して テーブルに置いたんだ 私たちが怖がらないようにね 彼は ココアを輸入してコートジボワールに送りたがっていた 私は本心は隠したまま 黙っていた 一言もしゃべってない でも 同僚たちは知らなかったんだ だから お金を回収して 彼が出て行ったあと彼が商品を持って戻ってくるのを待った 彼が出た後すぐ 私は同僚に言った 私がグループのリーダーだから 言ったのは 彼らが戻ってきたら 逮捕をするぞということ

2人目の役人: 僕は その何とか言う場所なんか知らないよ 足を踏み入れたことさえない だから 驚いたよ ビデオでは 僕の目の前でお金を数える手が映ってるだろ 次の瞬間にはなぜか お金は僕の手の中 僕が数えてるでも 僕は誰とも接触していない 誰とも 取引なんてしたことはないんだ 記者: メトロ・ニュースは潜入記者である―

アナス氏にコメントを求めました 彼は微笑んでこのビデオの抜粋をくれました 最近 上映されたドキュメンタリーでは使わなかったものです それには さきほど関与を否定していた役人が 計算機をたたいてココアの密輸入者から取る― お金の計算をしているのが映っています

アナス: これは汚職との戦いの一つです ここで 彼は否定していますね でもご覧の通り 動かしがたい証拠があれば 社会は変えられるんです これは 記事の見出しの一部です(音楽)

「アナスを呪い殺してやる」

「アナスは嘘つき」

「アナスの汚職ビデオに警戒警報」

「税関職員への陰謀が暴露」

「アナスは 見えざる力で動いているのか?」

「アナスのビデオで 政府に激震」

「ハンターを捕えよ」

「アナスの『賄賂』役人 裁判へ」

「アナスのビデオで 15名の首が飛ぶ」

「財務大臣 アナスを擁護」

「アナスのビデオをめぐり11名の税関職員へ質問状」

「ガーナ・ジャーナリスト協会は アナスを支持」

「アナスのビデオで ミルズ大統領が渦中のテマ・ハーバーを突撃訪問」 「故ジョン・エヴァンズ・アタ・ミルズ教授:元ガーナ大統領」

ジョン・エヴァンズ・アタ・ミルズ:アナスの主張は 我々も良く知っている しかし スパイ行為を働き 税関職員を罠にはめる者たちに言いたい よく聞けガーナは こんなことで お前たちを英雄にしたりはしない

アナス: 我々の大統領だった人です

ここに来るからには 何か特別なものをと思っていました ある未公開作品を持ってきました ここで 初めて皆さんにお見せできることを 嬉しく思います 僕は 刑務所で潜入取材をしていました しかも かなり長い間 正直言って悲惨な状況でした ここでも社会や政府を動かせるのは 動かしがたい証拠を持ち出したときだけなんです 刑務所側は 何度も否定してきました 薬物乱用や同性間性行為の問題など 一度もないと主張し実際には多くの問題があるのに 彼らは完全否定する どうやったら 動かしがたい証拠を得られるか?

僕の答えは 刑務所に入ること[ ヌサワン刑務所 ] 今 ご覧になっているのは死体の山です 僕は刑務所仲間の一人を追うことになりました 友人にもなった彼が病床にあるときから亡くなるまでです 決して いい光景ではありません そこで出される食事はひどいものです 僕が食べたもので 人間の食べるものではないというものもありました トイレは 本当にひどい 「まとも」なトイレを使うには並ばないといけない 「まとも」というのは 一つのマンホールを4人で使うトイレのことです こんなことを 誰かに話したとしても 誰も信じないはずです 信じてもらうための唯一の方法が 動かしがたい証拠を見せることなんです もちろん ドラッグは横行 ここで 大麻、ヘロイン、コカインを手に入れるのは 塀の外よりも簡単でしかも早いくらい

社会の悪は 異常な病気です 異常な病気には 荒療治が必要です 僕のようなジャーナリズムは他の大陸― 他の国では 通用しないかもしれない でも 確かなのは僕がいるアフリカ大陸では うまく行くということ汚職について語るとき 言われるのは「どこに証拠がある?」 「証拠を見せろ」 だから 僕は「これが証拠だ」と見せる そして これによって僕は たくさんの人を刑務所に送りこめた

アフリカでは こうした報道が影響力を持つのです そこにいる僕たち皆が様々な問題に直面しているから だから 「アフリカ潜入調査」シリーズで アフリカ諸国を調査することになったときは 胸が高鳴った この「アフリカ潜入調査」シリーズは成功し 今は 「世界潜入調査」に取り組もうとしています それが終わる頃には我々の大陸ではもっとたくさんのー 悪人たちが刑務所に入れられていることでしょう

この闘いに終わりはありません 僕は このようなジャーナリズムを続けます 悪しき人が 社会を壊すなら 善き人は 作り固めなければならないから

ありがとうございました

(拍手)

クリス・アンダーソン(CA): 本当にありがとういくつか質問があります どうやって刑務所に?数週間前のことですよね

アナス: その通りです潜入調査は― 正しい優先順位付けが全てだから 目的を達するため 僕を裁判所に突き出してもらった 訴訟手続きをきちんと踏んで 最終的には 刑務所側が 僕が実際に拘留されていたか調べます そうやって 潜入したわけです

CA: 誰かが裁判であなたを訴えて 捕えられて その過程で再拘留された で それを故意にやったというわけですね

アナス: はい そうです

CA: 恐怖心― そして それとどう戦うか ぜひ教えてください いつも命を危険にさらしているでしょう どうやっているのですか?

アナス: 潜入調査は 最終手段なんです 潜入をする前には 決まった手順を踏みます 落ち着いて 恐怖から解放されるのは 全ての手順がしっかり踏まれていると 確信したときそれに 僕は一人では動かない 必ず バックアップのチームがいて安全などを確保する全システムが しっかり機能するよう助けてくれます こういう状況では本当に賢明な決断が必要なんです そうしなければ 命を失ってしまいます バックアップのシステムがちゃんと敷かれていれば 僕は大丈夫で やれる確かに危険です でも 仕事には必ずリスクが伴うものです つまり 誰もがリスクは抱えている 自分の仕事を決めた瞬間 そのリスクは取らないといけないいつであっても

CA: あなたは素晴らしい人で素晴らしい事をした あなたが教えてくれたことは 誰もこれまで聞いたことがないものです 本当に感謝していますどうもありがとうございました

アナス: ありがとうございます

CA: ありがとうございますこれからも気を付けてください(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画