TED日本語 - ボビー・ゴッシュ: 国際ジハードの敗北の所以

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ボビー・ゴッシュ: 国際ジハードの敗北の所以

TED Talks

国際ジハードの敗北の所以
Why global jihad is losing
ボビー・ゴッシュ
Bobby Ghosh

内容

イスラム教の歴史を通じ、ジハードは二つの側面を持って来たのだとジャーナリストのボビー・ゴッシュ氏は話します:一つは、より善い人間になるための内面的、個人的苦闘。そしてもう一つは、対外的な闘いです。少数派(最近ではオザマ・ビン・ラディン)が、後者の意味を乱用し、西洋に対する、世界規模での破壊的な暴力を正当化するのに使っています。ビン・ラディンの世界組織がバラバラに散った今、言葉の真の意図を取り戻すべきだと、ゴッシュ氏は主張します。 (TEDxGeorgetown にて撮影)

Script

I'm going to talk about the power of a word: jihad.

To the vast majority of practicing Muslims, jihad is an internal struggle for the faith. It is a struggle within, a struggle against vice, sin, temptation, lust, greed. It is a struggle to try and live a life that is set by the moral codes written in the Koran. In that original idea, the concept of jihad is as important to Muslims as the idea of grace is to Christians. It's a very powerful word, jihad, if you look at it in that respect, and there's a certain almost mystical resonance to it. And that's the reason why, for hundreds of years, Muslims everywhere have named their children Jihad, their daughters as much as their sons, in the same way that, say, Christians name their daughters Grace, and Hindus, my people, name our daughters Bhakti, which means, in Sanskrit, spiritual worship.

But there have always been, in Islam, a small group, a minority, who believe that jihad is not only an internal struggle but also an external struggle against forces that would threaten the faith, or the faithul. And some of these people believe that in that struggle, it is sometimes okay to take up arms. And so the thousands of young Muslim men who flocked to Afghanistan in the 1980s to fight against the Soviet occupation of a Muslim country, in their minds they were fighting a jihad, they were doing jihad, and they named themselves the Mujahideen, which is a word that comes from the same root as jihad. And we forget this now, but back then the Mujahideen were celebrated in this country, in America. We thought of them as holy warriors who were taking the good fight to the ungodly communists. America gave them weapons, gave them money, gave them support, encouragement.

But within that group, a tiny, smaller group, a minority within a minority within a minority, were coming up with a new and dangerous conception of jihad, and in time this group would come to be led by Osama bin Laden, and he refined the idea. His idea of jihad was a global war of terror, primarily targeted at the far enemy, at the crusaders from the West, against America. And the things he did in the pursuit of this jihad were so horrendous, so monstrous, and had such great impact, that his definition was the one that stuck, not just here in the West. We didn't know any better. We didn't pause to ask. We just assumed that if this insane man and his psychopathic followers were calling what they did jihad, then that's what jihad must mean. But it wasn't just us. Even in the Muslim world, his definition of jihad began to gain acceptance.

A year ago I was in Tunis, and I met the imam of a very small mosque, an old man. Fifteen years ago, he named his granddaughter Jihad, after the old meaning. He hoped that a name like that would inspire her to live a spiritual life. But he told me that after 9/11, he began to have second thoughts. He worried that if he called her by that name, especially outdoors, outside in public, he might be seen as endorsing bin Laden's idea of jihad. On Fridays in his mosque, he gave sermons trying to reclaim the meaning of the word, but his congregants, the people who came to his mosque, they had seen the videos. They had seen pictures of the planes going into the towers, the towers coming down. They had heard bin Laden say that that was jihad, and claimed victory for it. And so the old imam worried that his words were falling on deaf ears. No one was paying attention.

He was wrong. Some people were paying attention, but for the wrong reasons. The United States, at this point, was putting pressure on all its Arab allies, including Tunisia, to stamp out extremism in their societies, and this imam found himself suddenly in the crosshairs of the Tunisian intelligence service. They had never paid him any attention before -- old man, small mosque -- but now they began to pay visits, and sometimes they would drag him in for questions, and always the same question: "Why did you name your granddaughter Jihad? Why do you keep using the word jihad in your Friday sermons? Do you hate Americans? What is your connection to Osama bin Laden?"

So to the Tunisian intelligence agency, and organizations like it all over the Arab world, jihad equaled extremism, Bin Laden's definition had become institutionalized. That was the power of that word that he was able to do. And it filled this old imam, it filled him with great sadness. He told me that, of bin Laden's many crimes, this was, in his mind,one that didn't get enough attention, that he took this word, this beautiful idea. He didn't so much appropriate it as kidnapped it and debased it and corrupted it and turned it into something it was never meant to be, and then persuaded all of us that it always was a global jihad.

But the good news is that the global jihad is almost over, as bin Laden defined it. It was dying well before he did, and now it's on its last legs. Opinion polls from all over the Muslim world show that there is very little interest among Muslims in a global holy war against the West, against the far enemy. The supply of young men willing to fight and die for this cause is dwindling. The supply of money - just as important, more important perhaps - the supply of money to this activity is also dwindling. The wealthy fanatics who were previously sponsoring this kind of activity are now less generous.

What does that mean for us in the West? Does it mean we can break out the champagne, wash our hands of it, disengage, sleep easy at night? No. Disengagement is not an option, because if you let local jihad survive, it becomes international jihad. And so there's now a lot of different violent jihads all over the world. In Somalia, in Mali, in Nigeria, in Iraq, in Afghanistan, Pakistan, there are groups that claim to be the inheritors of the legacy of Osama bin Laden. They use his rhetoric. They even use the brand name he created for his jihad. So there is now an al Qaeda in the Islamic Maghreb, there's an al Qaeda in the Arabian Peninsula, there is an al Qaeda in Mesopotamia. There are other groups -- in Nigeria, Boko Haram, in Somalia, al Shabaab -- and they all pay homage to Osama bin Laden. But if you look closely, they're not fighting a global jihad. They're fighting battles over much narrower issues. Usually it has to do with ethnicity or race or sectarianism, or it's a power struggle. More often than not, it's a power struggle in one country, or even a small region within one country. Occasionally they will go across a border, from Iraq to Syria, from Mali to Algeria, from Somalia to Kenya, but they're not fighting a global jihad against some far enemy.

But that doesn't mean that we can relax. I was in Yemen recently, where -- it's the home of the last al Qaeda franchise that still aspires to attack America, attack the West. It's old school al Qaeda. You may remember these guys. They are the ones who tried to send the underwear bomber here, and they were using the Internet to try and instigate violence among American Muslims. But they have been distracted recently. Last year, they took control over a portion of southern Yemen, and ran it, Taliban-style. And then the Yemeni military got its act together, and ordinary people rose up against these guys and drove them out, and since then, most of their activities, most of their attacks have been directed at Yemenis.

So I think we've come to a point now where we can say that, just like all politics, all jihad is local. But that's still not reason for us to disengage, because we've seen that movie before, in Afghanistan. When those Mujahideen defeated the Soviet Union, we disengaged. And even before the fizz had gone out of our celebratory champagne, the Taliban had taken over in Kabul, and we said, "Local jihad, not our problem." And then the Taliban gave the keys of Kandahar to Osama bin Laden. He made it our problem. Local jihad, if you ignore it, becomes global jihad again.

The good news is that it doesn't have to be. We know how to fight it now. We have the tools. We have the knowhow, and we can take the lessons we've learned from the fight against global jihad, the victory against global jihad, and apply those to local jihad.

What are those lessons? We know who killed bin Laden: SEAL Team Six. Do we know, do we understand, who killed bin Ladenism? Who ended the global jihad? There lie the answers to the solution to local jihad.

Who killed bin Ladenism? Let's start with bin Laden himself. He probably thought 9/11 was his greatest achievement. In reality, it was the beginning of the end for him. He killed 3,000 innocent people, and that filled the Muslim world with horror and revulsion, and what that meant was that his idea of jihad could never become mainstream. He condemned himself to operating on the lunatic fringes of his own community. 9/11 didn't empower him; it doomed him.

Who killed bin Ladenism? Abu Musab al-Zarqawi killed it. He was the especially sadistic head of al Qaeda in Iraq who sent hundreds of suicide bombers to attack not Americans but Iraqis. Muslims. Sunni as well as Shiites. Any claim that al Qaeda had to being protectors of Islam against the Western crusaders was drowned in the blood of Iraqi Muslims.

Who killed Osama bin Laden? The SEAL Team Six. Who killed bin Ladenism? Al Jazeera did, Al Jazeera and half a dozen other satellite news stations in Arabic, because they circumvented the old, state-owned television stations in a lot of these countries which were designed to keep information from people. Al Jazeera brought information to them, showed them what was being said and done in the name of their religion, exposed the hypocrisy of Osama bin Laden and al Qaeda, and allowed them, gave them the information that allowed them to come to their own conclusions.

Who killed bin Ladenism? The Arab Spring did, because it showed a way for young Muslims to bring about change in a manner that Osama bin Laden, with his limited imagination, could never have conceived.

Who defeated the global jihad? The American military did, the American soldiers did, with their allies, fighting in faraway battlefields. And perhaps, a time will come when they get the rightful credit for it.

So all these factors, and many more besides, we don't even fully understand some of them yet, these came together to defeat a monstrosity as big as bin Ladenism, the global jihad, you needed this group effort.

Now, not all of these things will work in local jihad. The American military is not going to march into Nigeria to take on Boko Haram, and it's unlikely that SEAL Team Six will rappel into the homes of al Shabaab's leaders and take them out.

But many of these other factors that were in play are now even stronger than before. Half the work is already done. We don't have to reinvent the wheel. The notion of violent jihad in which more Muslims are killed than any other kind of people is already thoroughly discredited. We don't have to go back to that. Satellite television and the Internet are informing and empowering young Muslims in exciting new ways. And the Arab Spring has produced governments, many of them Islamist governments, who know that, for their own self-preservation, they need to take on the extremists in their midsts. We don't need to persuade them, but we do need to help them, because they haven't really come to this place before.

The good news, again, is that a lot of the things they need we already have, and we are very good at giving: economic assistance, not just money, but expertise, technology, knowhow, private investment, fair terms of trade, medicine, education, technical support for training for their police forces to become more effective, for their anti-terror forces to become more efficient. We've got plenty of these things.

Some of the other things that they need we're not very good at giving. Maybe nobody is. Time, patience, subtlety, understanding -- these are harder to give. I live in New York now. Just this week, posters have gone up in subway stations in New York that describe jihad as savage.

But in all the many years that I have covered the Middle East, I have never been as optimistic as I am today that the gap between the Muslim world and the West is narrowing fast, and one of the many reasons for my optimism is that, because I know there are millions, hundreds of millions of people, Muslims like that old imam in Tunis, who are reclaiming this word and restoring to its original, beautiful purpose. Bin Laden is dead. Bin Ladenism has been defeated. His definition of jihad can now be expunged. To that jihad we can say, "Goodbye. Good riddance." To the real jihad we can say, "Welcome back. Good luck." Thank you. (Applause)

言葉の持つ力についてお話します 「ジハード」という言葉

イスラムの教えを実践している大部分のイスラム教徒にとって ジハードとは信仰上の内面的苦闘を意味します それは個人の内面で起こる闘い悪、罪、誘惑、欲望、貪欲に対する苦闘です コーランに書かれた道徳的規則に導かれて 人生を生きる際に伴う苦闘なのです 本来の解釈ではキリスト教徒にとっての「慈悲」と同じくらい イスラム教徒にとってジハードは重要なのです そう考えると 「ジハード」とはとても強力な言葉です その言葉には ある神秘的な響きさえも感じます そのために 何百年間も 各地のムスリムは子供を「ジハード」と名付けて来たのです 娘にも息子にも同様にです キリスト教の親が娘を「グレース」と名付けるのと同じです 私のようにヒンドゥー教の親は 娘を「バクティ」と名付けます サンスクリット語で 神への崇拝を意味する言葉です

しかし いつの時代も イスラム教徒の中には ジハードが内面的苦闘だけでなく 対外的苦闘も意味すると信じている少数派がいます 信仰や信者達を脅かす力に対する苦闘です 中には その苦闘のためなら 武装してもいいのだと信じる人もいます そうして何千人ものイスラム教徒の青年が 1980年代にアフガニスタンに押し寄せ イスラム国家を占領するソビエト連邦と戦いました 彼らの理解では 彼らはジハードを闘っており ジハードを実践していたのです 彼らは自らを「ムジャヒディン」と呼びました この言葉は「ジハード」と語源が同じです 今では忘れ去られていますが 当時ムジャヒディンはここアメリカで賞賛され 邪悪な共産主義者と勇敢にも戦う神聖な戦士と見なされていました アメリカは彼らに武器を与え 資金援助し 応援して 励ましていたのです

しかし その中のごく少数派が― 少数派の内の少数派の内の少数派ですが― 新しく危険なジハードの概念を生み出したのです 新しく危険な ジハードの概念を生み出したのです しばらくして オザマ・ビン・ラディンが彼らを率います 彼は概念を更に洗練しました 彼の言うジハードとはテロによる世界戦争でした その第一の標的は 西洋の十字軍とも言える 遠い敵 アメリカでした 彼はこのジハードの遂行のために 世にも恐ろしく不条理なことをしました この事件のショックがあまりに大きかったために 西洋諸国のみならず 世界中で彼のジハードの定義が 定着したのです 我々は詳しいことも知らず 疑問に思うこともなかったのです この狂人とその狂った支持者が自分達の活動を「ジハード」と呼んでいるから 「ジハード」とはそういう意味なんだろうと私達は思い込んだのです 私達だけでなく イスラム教徒もそうでした 彼のジハードの定義が徐々に受け入れらていきました

昨年 チュニジアの首都 チュニスのちっぽけなモスクで 年老いたイマーム(導師) に出会いました 15年前に彼は孫娘を「ジハード」と名付けました 本来の意味を込めてです彼はその名前が 孫娘を宗教的な人生に導いてくれることを願いました しかし 9.11 を経て その名前をつけたことを後悔し始めていると言います その名前で彼女を呼べば 特に公共の場に出ている時にそうすれば ビン・ラディンの意味する「ジハード」の支持者かと思われると 心配していました 彼のモスクでは毎週金曜日に ジハード本来の意味を取り戻すために 説教をしていますしかし モスクに集まる人々は 複数の飛行機がビルに突っ込み ビルが崩れ落ちる映像を見ています ビン・ラディンが これがジハードだと宣言するのを聞いています だから年老いたイマームは心配だったのです 彼の説教に誰も耳を貸さず 注意も払わないかもしれないと

しかし 彼に関心を持つ人たちもいました 間違った理由でです 当時のアメリカは チュニジアを含むアラブの同盟諸国に 過激派を撲滅するように圧力をかけていました このイマームは突如としてチュニジアの情報機関の 標的となってしまったのです 今まで気にも留めていなかった 小さなモスクの年寄りのもとを 突然 訪れるようになり 時には彼を質問攻めにしました いつも同じ質問です 「どうして孫娘をジハードと名付けたのか」 「どうして金曜日の説教で繰り返しジハードと口にするのか」 「アメリカ人を憎んでいるか」 「オザマ・ビン・ラディンとの関係は何か」

チュニジアを始めとするアラブ諸国の情報機関にとっては 「ジハード」とは 過激主義を意味したのです ビン・ラディンによる定義は公的なものになったのです 彼の言葉の影響はこれほどまでに強力だったのです この年老いたイマームは悲しみに暮れました 彼は言いましたビン・ラディンの数ある犯罪の中でも これは人々の注意をすり抜けてしまったと ビン・ラディンはこの美しい言葉をさらったのだと 彼は言葉を乱用したというより言葉を拉致して 卑しめ 汚染したのだと言えます 本来の意味からは程遠い意味を持たせ 元々国際的テロを意味する言葉だと世界中に思い込ませたのです

しかし 幸いなことに ビン・ラディンが定義した国際ジハードはもうすぐ終わります 彼が死ぬずっと以前から 勢いは衰え始め そして今 死に絶えるところです イスラム教諸国での 世論調査によれば 遠い欧米諸国を相手に世界的な聖戦をすることに 興味を抱いている人はほとんどいません そんな戦争に参加して命を捧げようとする若者は減り 戦力と同様に―いやそれ以上に重要な資金も 集まらなくなってきています 以前は資金援助をしていた裕福な熱狂的信者も 今ではそのような活動への出資を渋り始めています

これをどう考えるべきでしょう? シャンパンで祝杯を挙げる時が来たのでしょうか? 戦争から手を引き 戦地から撤退し安心して暮らせるということでしょうか? 違います戦争から撤退するなんてできません 局所的なジハードも生き残れば 国際ジハードに発展してしまうからです 現在 世界中に あらゆる暴力的なジハードが存在しています ソマリア、マリ、ナイジェリア イラク、アフガニスタン、パキスタンそこには オザマ・ビン・ラディンの遺志を 受け継ぐという 組織が存在します ビン・ラディンと同じ言葉を使っています 彼がジハードのために作り出したブランドまで受け継いでいます 「アルカイダ」は今日マブレブのイスラム地域にもいるし アラビア半島にもいるのです メソポタミアにも存在します ナイジェリアには 「ボコ・ハラム」 ソマリアには「アル・シャバブ」があります彼らはオザマ・ビン・ラディンを尊敬しています しかし注意して見てみると 彼らは国際ジハードを闘っていないことに気付きます 彼らは より狭義的な問題に挑んでいます 民族や人種あるいは宗派についての問題や 権力争いです ほとんどの場合それは 国内の あるいはより狭い地域内の権力争いの問題です それらの組織は時には国境を超え 例えば イラクからシリアへまたはマリからアルジェリアへ あるいはソマリアからケニアへ移動します しかし 遠い敵に対する国際的なジハードはしていません

しかしだからと言って 安心できるわけではないのです 私は最近イエメンに行きました 今でも欧米諸国の攻撃を目標とする アルカイダ集団の最後の拠点です これは アルカイダの旧派です 覚えているかも知れませんが 「下着爆弾」で米国行き航空機の爆破を試みたり インターネットを利用してアメリカ国内のイスラム教徒に 暴力をあおろうとしていました でも最近は違います 去年彼らは 南イエメンの一部を占拠し タリバンのやり方で統治しました イエメンの軍隊はそれに対して態勢を整え 市民もアルカイダに立ち向かいました その結果組織は追い出されそれ以降は 組織の攻撃の矛先はイエメン人に集中しています

以上から私が考えるのは 政治評論家も言うように 今日のジハードは全て 局所的だということです しかしだからと言って 私達は撤退できません それが引き起こす悲劇はアフガニスタンで見ているからです ムジャヒディンの組織がソビエト連邦を破った時 我々は撤退しました そして お祝いをしている間に タリバンはカブールを占拠したのです その時私達は「局所ジハードだから私達には関係ない」と言いました そのタリバンが カンダハールの要地を オザマ・ビン・ラディンへ手渡し私達にも関わる問題と発展しました 局所ジハードは 無視すれば国際ジハードへ再発展するのです

幸いなことに その流れを食い止めることはできます 私たちは闘い方を知っています 必要な道具も知識も身につけています 国際ジハードとの戦い そして勝利から学んだことを活かして 局所ジハードに対応できます

では「学んだこと」とは何でしょう?ビン・ラディンを殺害したのは シール・チーム6です ではビン・ラディン主義に終止符を打ったのは? 国際ジハードを終わらせたのは? その答えにこそ 局所ジハード解決のヒントがあります

ビン・ラディン主義を終わらせたのは?まずビン・ラディン自身について考えましょう ビン・ラディン自身が称賛する 9.11 は 実際 彼の最後の始まりだったのです 彼は3000人の罪なき人間を殺害し イスラム諸国の人々に恐怖と激しい憎悪を与えました これにより 彼の言うジハードという概念が 主流になることが防がれました 彼はイスラム社会の中で自身を狂った過激派と 位置づけてしまったのです 9.11 により 彼は権力をつけるどころか 衰えました

ビン・ラディン主義をつぶしたのは?アブ・ムサブ・ザルカウィです イラクのアルカイダで最も残酷な指導者でした 彼が何百人もの自爆テロ者を送り込んで攻撃したのは アメリカではなくイラクのイスラム教徒ですスンニ派もシーア派も無差別でした アルカイダが 西洋の十字軍から イスラム教を守っているという主張は イラクのイスラム教徒の血の海に溺れ死にました

ビン・ラディンを殺したのは?シール・チーム・6です ビン・ラディン主義を殺したのは?アルジャジーラです アルジャジーラと複数のアラブ系衛星放送局です なぜかと言うと 彼らは 国民から情報を隠していた国営テレビを出し抜いたからです アルジャジーラによって国民に情報が届き 国民は自分達の宗教の名の下に何が行われていたのか知ったのです オザマ・ビン・ラディンとアルカイダの偽善行為を暴き 国民に情報を与え 自ら判断を下す機会を与えたのです

ビン・ラディンを殺したのは?アラブの春もです アラブの春によって 若いイスラム教徒は 変革を起こせるのだと知りました ビン・ラディンの 乏しい想像力では 到底成し得ない変革を起こせるのだと知りました

国際ジハードを破ったのは?アメリカの軍隊です アメリカ兵とその仲間達です 遠くの戦地で戦った兵士です 彼らにふさわしい名声が与えられる日も来るでしょう

以上の要素と その他様々の要素 まだ私たちが十分に理解していない要素も含め 全てが融合し ビン・ラディン主義のような怪物を敗北させ 国際ジハードを破ったのです全ての要素の協力が不可欠でした

これら全てが局所的なジハードに有効とは限りません ボコ・ハラムを倒すためにアメリカ軍はナイジェリアに介入はしません 同様にシール・チーム6が アル・シャバブの指導者を追って隠れ家に踏み込むこともないでしょう

しかし その他の要素の多くは 既により強力な形で存在します状況はかなり変化しています 最初からやり直す必要はないのです 他教徒より多くのイスラム教徒が殺害される 暴力的ジハードの概念は完全に信用を失っています そんな概念に戻る必要はありません 衛星放送やインターネットの新技術によって 若いイスラム教徒は 力を付けています アラブの春によって政府が作られました その多くがイスラム教政府です それらの政府は 自己防衛のために 過激主義者を取り締まることが必要だと知っています 彼らを説得する必要はありませんが手を貸す必要はあります 彼らにとってこれは初めてのことなのですから

更に朗報です彼らの必要とする物の多くは 私達が既に持っていて簡単に与えられるものです 資金のみでなく専門知識を含めた経済的支援 テクノロジー、知識 投資資金、公正な商取引のルール 医療、教育、それに警察を強くするための訓練の技術的援助 また対テロ部隊をより効率的にすることができます 私達が十分持っているものです

その他に彼らが必要としているものは 私達はじめ 誰にも与えられないものかもしれません 時間、忍耐、巧妙さ、理解力 これらは与えるのが困難です 私は今ニューヨークに住んでいます NYの地下鉄の駅構内に今週ポスターが貼り出されました ジハードは凶暴なものだと主張する広告です

しかし 私は何年間も中東で取材をしてきましたが 今日ほど前向きに考えられるのは初めてです イスラム教諸国と西洋の間の隔たりが急速に縮まっているのだと思えます 私のこの楽観の 理由の一つは 何百万人 何千万人ものチュニスのイマームのようなムスリムが この言葉を取り返しその元々の美しい言葉の意図を 取り戻そうとしているのを知っているからです ビン・ラディンは死に彼の主義主張は敗れました 彼の「ジハード」の定義はもう抹消してもいいのです 「さよなら」と 別れを告げ そして真の「ジハード」を「おかえり 頑張ってね」と迎え入れましょう ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画