TED日本語 - シャバナ・バシージ=ラサ: アフガンの少女に教育を

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シャバナ・バシージ=ラサ: アフガンの少女に教育を

TED Talks

アフガンの少女に教育を
Dare to educate Afghan girls
シャバナ・バシージ=ラサ
Shabana Basij-Rasikh

内容

学校に通うために、少女が命を懸ける ― そんな国があるとしたら?タリバン政権下のアフガニスタンは、まさにそのような状況にあり、今日もまだその影響が色濃く残っています。22才のシャバナ・バシージ=ラサは、そんなアフガニスタンで女子学校を運営しています。シャバナは、娘たちの将来の可能性を信じる家族たちに賛辞を送り、周囲の脅迫にも屈しない、とある勇敢な父親のエピソードを紹介します。 (TEDxWomen)

Script

When I was 11, I remember waking up one morning to the sound of joy in my house. My father was listening to BBC News on his small, gray radio. There was a big smile on his face which was unusual then, because the news mostly depressed him.

"The Taliban are gone!" my father shouted.

I didn't know what it meant, but I could see that my father was very, very happy.

"You can go to a real school now," he said.

A morning that I will never forget. A real school. You see, I was six when the Taliban took over Afghanistan and made it illegal for girls to go to school. So for the next five years, I dressed as a boy to escort my older sister, who was no longer allowed to be outside alone, to a secret school. It was the only way we both could be educated. Each day, we took a different route so that no one would suspect where we were going. We would cover our books in grocery bags so it would seem we were just out shopping. The school was in a house, more than 100 of us packed in one small living room. It was cozy in winter but extremely hot in summer. We all knew we were risking our lives -- the teacher, the students and our parents. From time to time, the school would suddenly be canceled for a week because Taliban were suspicious. We always wondered what they knew about us. Were we being followed? Do they know where we live? We were scared, but still, school was where we wanted to be.

I was very lucky to grow up in a family where education was prized and daughters were treasured. My grandfather was an extraordinary man for his time. A total maverick from a remote province of Afghanistan, he insisted that his daughter, my mom, go to school, and for that he was disowned by his father. But my educated mother became a teacher. There she is. She retired two years ago, only to turn our house into a school for girls and women in our neighborhood. And my father -- that's him -- he was the first ever in his family to receive an education. There was no question that his children would receive an education, including his daughters, despite the Taliban, despite the risks. To him, there was greater risk in not educating his children. During Taliban years, I remember there were times I would get so frustrated by our life and always being scared and not seeing a future. I would want to quit, but my father, he would say, "Listen, my daughter, you can lose everything you own in your life. Your money can be stolen. You can be forced to leave your home during a war. But the one thing that will always remain with you is what is here, and if we have to sell our blood to pay your school fees, we will. So do you still not want to continue?"

Today I am 22. I was raised in a country that has been destroyed by decades of war. Fewer than six percent of women my age have made it beyond high school, and had my family not been so committed to my education, I would be one of them. Instead, I stand here a proud graduate of Middlebury College.

(Applause)

When I returned to Afghanistan, my grandfather, the one exiled from his home for daring to educate his daughters, was among the first to congratulate me. He not only brags about my college degree, but also that I was the first woman, and that I am the first woman to drive him through the streets of Kabul.

(Applause)

My family believes in me. I dream big, but my family dreams even bigger for me. That's why I am a global ambassador for 10x10, a global campaign to educate women. That's why I cofounded SOLA, the first and perhaps only boarding school for girls in Afghanistan, a country where it's still risky for girls to go to school. The exciting thing is that I see students at my school with ambition grabbing at opportunity. And I see their parents and their fathers who, like my own, advocate for them, despite and even in the face of daunting opposition.

Like Ahmed. That's not his real name, and I can not show you his face, but Ahmed is the father of one of my students. Less than a month ago, he and his daughter were on their way from SOLA to their village, and they literally missed being killed by a roadside bomb by minutes. As he arrived home, the phone rang, a voice warning him that if he sent his daughter back to school, they would try again.

"Kill me now, if you wish," he said, "but I will not ruin my daughter's future because of your old and backward ideas."

What I've come to realize about Afghanistan, and this is something that is often dismissed in the West, that behind most of us who succeed is a father who recognizes the value in his daughter and who sees that her success is his success. It's not to say that our mothers aren't key in our success. In fact, they're often the initial and convincing negotiators of a bright future for their daughters, but in the context of a society like in Afghanistan, we must have the support of men. Under the Taliban, girls who went to school numbered in the hundreds -- remember, it was illegal. But today, more than three million girls are in school in Afghanistan.

(Applause)

Afghanistan looks so different from here in America. I find that Americans see the fragility in changes. I fear that these changes will not last much beyond the U.S. troops' withdrawal. But when I am back in Afghanistan, when I see the students in my school and their parents who advocate for them, who encourage them, I see a promising future and lasting change. To me, Afghanistan is a country of hope and boundless possibilities, and every single day the girls of SOLA remind me of that. Like me, they are dreaming big.

Thank you.

(Applause)

私が11才の時のことです ある朝 家中に湧き上がった 歓声に目を覚ましました 父はグレーの小型ラジオで BBCニュースを聞いていました そして 珍しく 満面の笑みを浮かべていました 普段は暗いニュースに落ち込んでばかりいましたから

「タリバンが撤退したぞ!」 父は叫びました

それが何を意味するのか 理解できなくても 父が大喜びしているのはわかりました

「これでおまえも ちゃんとした学校に行けるぞ」父は言いました

その日の朝のことは 決して忘れることはないでしょう ちゃんとした 普通の学校 タリバンがアフガニスタンを制圧して 女子の就学を禁止した時 私は6才でした その後5年間 私は男の子の格好をして 当時すでに 一人での外出を禁じられていた 姉に付き添って秘密の学校に通っていました それが 私たちが教育を受ける唯一の方法だったのです 私たちは毎日 通学路を変えました そうすれば 誰も行く先を怪しまないと思ったのです 教科書は買い物袋に入れて 持ち歩きました そうすれば ただ買い物に行くように見えるからです 一軒の民家が学校になっていました 小さな居間に 100人以上の子供たちがぎゅうぎゅう詰めになりました 冬はぬくぬくしましたが 夏はとても暑くなりました 教師や生徒 そして親たちも皆 自分の命を危険にさらしていると 分かっていました 時折 突然一週間も休校になることがありました タリバンに怪しまれたからです 私たちはいつも不安でしたタリバンは何を知っているのか 私たちは つけ狙われているんじゃないか? 住んでる場所も 分かってるんじゃないか? 皆 怯えていました でも それでもなお 学校に行くことを望んだのです

私は幸運にも 教育を重要視し 娘たちを愛しむ そんな家庭に育ちました 祖父は 当時のアフガニスタンにあって 並外れた人物でした 地方の片田舎出身の型破りな人で 自分の娘 私の母ですが 学校に行かせると言い張ってそのために父親から勘当されたのです そうして教育を受けた私の母は教師になりました こちらが母です 2年前に退職しましたが その後自宅を開放して 近隣の女性や 女子児童が通う学校を創りました そして私の父 こちらですが 彼は当時 家族の中で初めて教育を受けた人です 彼にとって 娘も含め自分の子どもたちが 教育を受けるのは 当然のことでした タリバンが 何と言おうとどんなリスクがあろうと むしろ それをしないリスクのほうが大きかったのです タリバンに制圧されていた当時 常に恐怖に怯えて 将来など見えない そんな日々の生活に 嫌気がさすことがありました 学校なんて やめたいそう思ったこともあります でもそんな時 父は 決まってこう言うのです 「いいかい よく聞きなさい 人間は 大切なものすべてを失うことがある お金を盗まれたり 戦争によって故郷を 離れなければならないこともある でも唯一 何があっても失うことがないもの それはお前の “ここ” にあるんだよ だから もしお前の授業料を払うためなら お父さんたちは 自分の血を売ったっていい どうだい それでもまだ やめたいかい?」

今 私は22才です 私は数十年に渡る戦争で 破壊された国で育ちました 私と同世代で 高等学校より先に進学した女性は6%にも満たない状況です もし私の両親に あそこまでの固い意志がなければ 私もそうした一人になっていたでしょう でも今日私はこうして ミドルバリー大学の卒業生として胸を張って 皆さんの前に立っています

(拍手)

アフガニスタンに帰国した時 祖父も 真っ先に 祝福してくれました自分の娘たちに 果敢に教育を受けさせ そのため家族から勘当された その人です 祖父は 私が大学を出たことだけでなく 女性として初めて卒業したこと また 女性として初めて 自分を車に乗せてカブール市内を走る私のことを自慢しています

(拍手)

私の家族は 私を信じています 私は 大きな夢を持っていますが家族はそれ以上に 私に大きな期待をしています そうしたことから 私は女性の教育を推進する世界的な運動 "10 x 10" の グローバルアンバサダーを務めています さらに”SOLA”の共同創設者になりました ”SOLA"は まだ女子の就学にリスクが伴うアフガニスタンにおいて 最初の また恐らく唯一の女子のための寄宿学校です とても嬉しいことに ”SOLA"の学生たちは 皆チャンスを掴もうと 意欲満々です そして 彼女たちの両親 父親も私の父がそうであったように 威圧的な 周囲の反対にもかかわらず 自分の娘たちを擁護しています

アハマッドもその一人です本名は明かせませんし 彼の姿を お見せすることもできませんが アハマッドは ある”SOLA"の生徒の父親です 一か月ほど前 アハマッドと彼の娘は ”SOLA"から 自宅のある村に帰る途中 路上に仕掛けられた爆弾で 文字通り 間一髪で命を落とすところでした そして家に帰り着くと すぐに電話が鳴り 見知らぬ声の主に もし彼が再び娘を登校させれば また命を狙うと 脅されたのです

「殺したければ 今すぐ殺せばいい」彼は言いました 「それでも私は お前たちの古びた後進的な思想のために 娘の将来を台無しにはしない」

アフガニスタンについて 分かってきたことがあります 西欧諸国では 見過ごされがちですが 多くの場合 私たちのように成功した人々の影には 自分の娘の可能性を認め 彼女の成功を 自らの成功と考える父親の存在があります 母親の役割を 軽視するわけではありません 実際 娘の明るい未来を実現する上で母親がまず最初に 説得力のある交渉役を担うことがよくあります でも アフガニスタンのような 社会の状況下では 男性のサポートが不可欠なのです タリバン圧政下で就学した女子の数は 数百人にとどまりました 先ほどお話した通り法律で禁止されてましたから でも今日 アフガニスタンで学校に通う女子は300万人以上にのぼります

(拍手)

アフガニスタンは ここアメリカとは大きく様相が異なります アメリカ人は こうした変革をもろいものだと考えているようです 私は アメリカ軍撤退後は こうした変革は 長続きしないのではないかと 危惧しています でも実際アフガニスタンに帰って ”SOLA"の生徒たちや 彼女たちのために声を上げ応援している親たちを見ると 未来は明るく また変革も末永く続くと 思えるのです 私にとって アフガニスタンは希望と無限の可能性を秘めた国です そして毎日 来る日も来る日も ”SOLA"の生徒たちが私にそれを思い出させてくれるのです 私と同じように彼女たちも大きな夢を抱いています

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画