TED日本語 - アダム・ガロー二: 口ひげ生やして 男性の健康を考えよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アダム・ガロー二: 口ひげ生やして 男性の健康を考えよう

TED Talks

口ひげ生やして 男性の健康を考えよう
Healthier men, one moustache at a time
アダム・ガロー二
Adam Garone

内容

アダム・ガロー二氏の素晴らしい口ひげには、あるチャリティー目的があります。ガロー二氏はモーベンバーの創始者の一員であり、毎年11月に男性達に口ひげを生やしてもらうことで、男性の健康の知識を普及しようと活動しています。これは2003年にあるバーで誓った挑戦がきっかけで始まりました。モーベンバーは現在では世界レベルのキャンペーンで、去年だけで前立腺がんのために1億2600万ドルの募金を集めました。 (TEDxToronto)

Script

I think the beautiful Malin [ Akerman ] put it perfectly. Every man deserves the opportunity to grow a little bit of luxury.

Ladies and gentlemen, and more importantly, Mo Bros and Mo Sistas -- (Laughter) - for the next 17 minutes, I'm going to share with you my Movember journey, and how, through that journey, we've redefined charity, we're redefining the way prostate cancer researchers are working together throughout the world, and I hope, through that process, that I inspire you to create something significant in your life, something significant that will go on and make this world a better place.

So the most common question I get asked, and I'm going to answer it now so I don't have to do it over drinks tonight, is how did this come about? How did Movember start? Well, normally, a charity starts with the cause, and someone that is directly affected by a cause. They then go on to create an event, and beyond that, a foundation to support that. Pretty much in every case, that's how a charity starts. Not so with Movember. Movember started in a very traditional Australian way. It was on a Sunday afternoon. I was with my brother and a mate having a few beers, and I was watching the world go by, had a few more beers, and the conversation turned to '70s fashion - (Laughter) -- and how everything manages to come back into style. And a few more beers, I said, "There has to be some stuff that hasn't come back." (Laughter) Then one more beer and it was, whatever happened to the mustache? Why hasn't that made a comeback? (Laughter) So then there was a lot more beers, and then the day ended with a challenge to bring the mustache back. (Laughter)

So in Australia, "mo" is slang for mustache, so we renamed the month of November "Movember" and created some pretty basic rules, which still stand today. And they are: start the month clean-shaven, rock a mustache -- not a beard, not a goatee, a mustache -- for the 30 days of November, and then we agreed that we would come together at the end of the month, have a mustache-themed party, and award a prize for the best, and of course, the worst mustache. (Laughter)

Now trust me, when you're growing a mustache back in 2003, and there were 30 of us back then, and this was before the ironic hipster mustache movement - (Laughter) - it created a lot of controversy. (Laughter) So my boss wouldn't let me go and see clients. My girlfriend at the time, who's no longer my girlfriend - (Laughter) - hated it. Parents would shuffle kids away from us. (Laughter) But we came together at the end of the month and we celebrated our journey, and it was a real journey. And we had a lot of fun, and in 2004, I said to the guys, "That was so much fun. We need to legitimize this so we can get away with it year on year." (Laughter)

So we started thinking about that, and we were inspired by the women around us and all they were doing for breast cancer. And we thought, you know what, there's nothing for men's health. Why is that? Why can't we combine growing a mustache and doing something for men's health? And I started to research that topic, and discovered prostate cancer is the male equivalent of breast cancer in terms of the number of men that die from it and are diagnosed with it.

But there was nothing for this cause, so we married growing a mustache with prostate cancer, and then we created our tagline, which is, "Changing the face of men's health." And that eloquently describes the challenge, changing your appearance for the 30 days, and also the outcome that we're trying to achieve: getting men engaged in their health, having them have a better understanding about the health risks that they face.

So with that model, I then cold-called the CEO of the Prostate Cancer Foundation. I said to him, "I've got the most amazing idea that's going to transform your organization." (Laughter) And I didn't want to share with him the idea over the phone, so I convinced him to meet with me for coffee in Melbourne in 2004. And we sat down, and I shared with him my vision of getting men growing mustaches across Australia, raising awareness for this cause, and funds for his organization. And I needed a partnership to legitimately do that. And I said, "We're going to come together at the end, we're going to have a mustache-themed party, we're going to have DJs, we're going to celebrate life, and we're going to change the face of men's health." And he just looked at me and laughed, and he said, he said, "Adam, that's a really novel idea, but we're an ultraconservative organization. We can't have anything to do with you." (Laughter) So I paid for coffee that day - (Laughter) - and his parting comment as we shook hands was, "Listen, if you happen to raise any money out of this, we'll gladly take it." (Laughter)

So my lesson that year was persistence. And we persisted, and we got 450 guys growing mustaches, and together we raised 54,000 dollars, and we donated every cent of that to the Prostate Cancer Foundation of Australia, and that represented at the time the single biggest donation they'd ever received.

So from that day forward, my life has become about a mustache. Every day -- this morning, I wake up and go, my life is about a mustache. (Laughter) Essentially, I'm a mustache farmer. (Laughter) And my season is November. (Applause) (Applause)

So in 2005, the campaign got more momentum, was more successful in Australia and then New Zealand, and then in 2006 we came to a pivotal point. It was consuming so much of our time after hours on weekends that we thought, we either need to close this down or figure a way to fund Movember so that I could quit my job and go and spend more time in the organization and take it to the next level.

It's really interesting when you try and figure a way to fund a fundraising organization built off growing mustaches. (Laughter) Let me tell you that there's not too many people interested in investing in that, not even the Prostate Cancer Foundation, who we'd raised about 1.2 million dollars for at that stage. So again we persisted, and Foster's Brewing came to the party and gave us our first ever sponsorship, and that was enough for me to quit my job, I did consulting on the side. And leading into Movember 2006, we'd run through all the money from Foster's, we'd run through all the money I had, and essentially we had no money left, and we'd convinced all our suppliers -- creative agencies, web development agencies, hosting companies, whatnot -- to delay their billing until December. So we'd racked up at this stage about 600,000 dollars worth of debt. So if Movember 2006 didn't happen, the four founders, well, we would've been broke, we would've been homeless, sitting on the street with mustaches. (Laughter) But we thought, you know what, if that's the worst thing that happens, so what? We're going to have a lot of fun doing it, and it taught us the importance of taking risks and really smart risks.

Then in early 2007, a really interesting thing happened. We had Mo Bros from Canada, from the U.S., and from the U.K. emailing us and calling us and saying, hey, there's nothing for prostate cancer. Bring this campaign to these countries. So we thought, why not? Let's do it. So I cold-called the CEO of Prostate Cancer Canada, and I said to him, "I have this most amazing concept." (Laughter) "It's going to transform your organization. I don't want to tell you about it now, but will you meet with me if I fly all the way to Toronto?" So I flew here, met down on Front Street East, and we sat in the boardroom, and I said, "Right, here's my vision of getting men growing mustaches all across Canada raising awareness and funds for your organization." And he looked at me and laughed and said, "Adam, sounds like a really novel idea, but we're an ultraconservative organization." (Laughter) I've heard this before. I know how it goes. But he said, "We will partner with you, but we're not going to invest in it. You need to figure a way to bring this campaign across here and make it work."

So what we did was, we took some of the money that we raised in Australia to bring the campaign across to this country, the U.S, and the U.K., and we did that because we knew, if this was successful, we could raise infinitely more money globally than we could just in Australia. And that money fuels research, and that research will get us to a cure. And we're not about finding an Australian cure or a Canadian cure, we're about finding the cure.

So in 2007, we brought the campaign across here, and it was, it set the stage for the campaign. It wasn't as successful as we thought it would be. We were sort of very gung ho with our success in Australia and New Zealand at that stage. So that year really taught us the importance of being patient and really understanding the local market before you become so bold as to set lofty targets.

But what I'm really pleased to say is, in 2010, Movember became a truly global movement. Canada was just pipped to the post in terms of the number one fundraising campaign in the world. Last year we had 450,000 Mo Bros spread across the world and together we raised 77 million dollars. (Applause) And that makes Movember now the biggest funder of prostate cancer research and support programs in the world. And that is an amazing achievement when you think about us growing mustaches. (Laughter)

And for us, we have redefined charity. Our ribbon is a hairy ribbon. (Laughter) Our ambassadors are the Mo Bros and the Mo Sistas, and I think that's been fundamental to our success. We hand across our brand and our campaign to those people. We let them embrace it and interpret it in their own way.

So now I live in Los Angeles, because the Prostate Cancer Foundation of the U.S. is based there, and I always get asked by the media down there, because it's so celebrity-driven, "Who are your celebrity ambassadors?" And I say to them, "Last year we were fortunate enough to have 450,000 celebrity ambassadors." And they go, "What, what do you mean?" And it's like, everything single person, every single Mo Bro and Mo Sista that participates in Movember is our celebrity ambassador, and that is so, so important and fundamental to our success.

Now what I want to share with you is one of my most touching Movember moments, and it happened here in Toronto last year, at the end of the campaign. I was out with a team. It was the end of Movember. We'd had a great campaign, and to be honest, we'd had our fair share of beer that night, but I said, "You know what, I think we've got one more bar left in us." (Laughter) So we piled into a taxi, and this is our taxi driver, and I was sitting in the back seat, and he turned around and said, "Where are you going?" And I said, "Hang on, that is an amazing mustache." (Laughter) And he said, "I'm doing it for Movember." And I said, "So am I." And I said, "Tell me your Movember story." And he goes, "Listen, I know it's about men's health, I know it's about prostate cancer, but this is for breast cancer." And I said, "Okay, that's interesting." And he goes, "Last year, my mom passed away from breast cancer in Sri Lanka, because we couldn't afford proper treatment for her," and he said, "This mustache is my tribute to my mom." And we sort of all choked up in the back of the taxi, and I didn't tell him who I was, because I didn't think it was appropriate, and I just shook his hand and I said, "Thank you so much. Your mom would be so proud." And from that moment I realized that Movember is so much more than a mustache, having a joke. It's about each person coming to this platform, embracing it in their own way, and being significant in their own life.

For us now at Movember, we really focus on three program areas, and having a true impact: awareness and education, survivor support programs, and research. Now we always focus, naturally, on how much we raise, because it's a very tangible outcome, but for me, awareness and education is more important than the funds we raise, because I know that is changing and saving lives today, and it's probably best exampled by a young guy that I met at South by Southwest in Austin, Texas, at the start of the year. He came up to me and said, "Thank you for starting Movember." And I said, "Thank you for doing Movember." And I looked at him, and I was like, "I'm pretty sure you can't grow a mustache." (Laughter) And I said, "What's your Movember story?" And he said, "I grew the worst mustache ever." (Laughter) "But I went home for Thanksgiving dinner, and pretty quickly the conversation around the table turned to what the hell was going on." (Laughter) "And we talked -- I talked to them about Movember, and then after that, my dad came up to me, and at the age of 26, for the first time ever, I had a conversation with my dad one on one about men's health. I had a conversation with my dad about prostate cancer, and I learned that my grandfather had prostate cancer and I was able to share with my dad that he was twice as likely to get that disease, and he didn't know that, and he hadn't been getting screened for it." So now, that guy is getting screened for prostate cancer.

So those conversations, getting men engaged in this, at whatever age, is so critically important, and in my view so much more important than the funds we raise.

Now to the funds we raise, and research, and how we're redefining research. We fund prostate cancer foundations now in 13 countries. We literally fund hundreds if not thousands of institutions and researchers around the world, and when we looked at this more recently, we realized there's a real lack of collaboration going on even within institutions, let alone nationally, let alone globally, and this is not unique to prostate cancer. This is cancer research the world over. And so we said, right, we'd redefined charity. We need to redefine the way these guys operate. How do we do that? So what we did was, we created a global action plan, and we're taking 10 percent of what's raised in each country now and putting it into a global fund, and we've got the best prostate cancer scientific minds in the world that look after that fund, and they come together each year and identify the number one priority, and that, last year, was getting a better screening test. So they identified that as a priority, and then they've got and recruited now 300 researchers from around the world that are studying that topic, essentially the same topic. So now we're funding them to the tune of about five or six million dollars to collaborate and bringing them together, and that's a unique thing in the cancer world, and we know, through that collaboration, it will accelerate outcomes. And that's how we're redefining the research world.

So, what I know about my Movember journey is that, with a really creative idea, with passion, with persistence, and a lot of patience,four mates,four mustaches, can inspire a room full of people, and that room full of people can go on and inspire a city, and that city is Melbourne, my home. And that city can go on and inspire a state, and that state can go on and inspire a nation, and beyond that, you can create a global movement that is changing the face of men's health.

My name is Adam Garone, and that's my story. Thank you. (Applause)

美しきマリン・アッカーマンはよく言ってくれました 「全ての男性には ちょっとばかりの贅沢を 生やす権利があるわ」と

紳士淑女の皆さん そして特に大切な 口ひげ兄弟の皆さん (笑) これからの17分間で 私がお話ししたいのは 私のモーベンバーの冒険の話とその冒険を通して チャリティー活動の新しい形を生み出した話です 私達は 世界の前立腺がん研究者が協力する新しい態勢を生み出しています 私の話が 皆さんに素晴らしいことを成し遂げ より良い世界を作るきっかけを 与えられたらいいなと思っています

いつも訊かれる質問があるのですが 今夜のパーティーで質問攻めされる前に答えておきましょう 「この運動のきっかけは何だったのか?」という質問です 「モーベンバー運動」の始まりは何だったのか 普通 チャリティー活動は何かの原因があって 誰かがそれに ひどく心動かされて始まります 次にその人達がイベントを開催し その後 活動を支援するための財団を設立します 十中八九 チャリティーは そのようにして始まります モーベンバーは違います伝統的なオーストラリアのスタイルで モーベンバーは始まりましたある日曜日の午後に 私と兄と友人はビールを飲んで 何となく世の中を観察していました ビールを更に飲み そのうち話題は 70年代ファッションに及びました (笑) あの頃の流行はほとんど現代に復活してるよな なんて ビールを更に飲み進め私が「まだ復活してないものが 一つくらいあるはずだ」と言ったのです (笑) もう一本ビールを飲んで 気付いたのです「口ひげはどうしたんだ?」 「どうして口ひげは復活してないんだ」 (笑) その後もビールを飲み続け 一日の終わりには 口ひげの復活に挑む決意をしたのです (笑)

オーストラリアのスラングで「モー」は口ひげのことです そこで「ノーベンバー(11月)」を「モーベンバー」と改名しました そして 今日にも残る基本的ルールを作成しました そのルールとは 月初めにきれいに剃り落すこと あごひげではなく口ひげを かっこよく生やすこと 11月の30日間 生やし続け 月末に集まってパーティーをすることにしました 口ひげパーティーですそこで 授賞式をします 一番かっこいい口ひげと かっこ悪い口ひげに (笑)

2003年に口ひげを生やすというのは 当時は私を含めてわずか30人しかおらず しかも おかしな口ひげトレンドが流行る前でしたから (笑) そりゃあもう 激しく議論を呼びました (笑) 上司にはクライアント訪問を止められ 今はもう別れてしまった当時の彼女も (笑)ひどく嫌がりました 親は子供達を 私達に近寄らせませんでした (笑) それでも私達は月末には集まって 冒険の終わりを祝いましたすごい冒険でしたし とても楽しかったのです2004年に 私は仲間に言いました 「あれはとても楽しかった なんとかして正当化して 毎年できるようにしようぜ」 (笑)

その方法を考え始めた頃 女性達が行っていた乳がんのキャンペーンに感化されました 一方で男性の健康のためのキャンペーンが 何もないことを疑問に思い口ひげを生やすのと男性の健康を合体させて 何かできないか考えました 私は調査を始め 男性の前立腺がんが 死者数と患者数を比べると 女性の乳がんに匹敵することを知りました

しかし そのためのキャンペーンはないのです そこで 口ひげを生やすことと前立腺がんを結びつけたのです スローガンも考えました 「男性の健康の姿を変えよう」 これはボランティアが挑む 「30日で姿を変える」という挑戦と 更にその活動目的も見事に表現しています 男性が自らの健康にもっと気を配り 健康リスクについて理解を広めるという目的です

この理想を胸に 次に私は 前立腺がん財団の会長に売り込みの電話を入れました 「あなたの財団を変身させる 最高に素晴らしい考えがあるんです」と (笑) 電話でネタばらしをしたくなかったので メルボルンでお茶をしようと説得しました 2004年のことです 席に着き 私は計画を告げました 前立腺がんの理解を広めるために オーストラリア中の男性に口ひげを生やしてもらい募った募金は 財団に届けるという計画を話し正式にやるために 提携を組みたいと告げました 更にこう言いました「最後にはみんなで集まって DJも呼んで 口ひげパーティーを開くんです 生きている喜びを祝い男性の健康の姿を変えるんです」 会長は私をただ見て 笑いました 彼はこう言いました「アダム それはとても斬新な考えだ しかし我々は ひどくまじめな財団だ 君とは関わり合いを持てない」(笑) その日のコーヒー代は私が持ち― (笑) 会長は去り際に握手をしながらこう言いました 「もしこの活動で募金を集められたら それは喜んで受け取るよ」 (笑)

ここから私は粘り強さの重要性を学びました そして私達は粘り強く 450人の男性と一緒になって 口ひげを生やし 5万4000ドルの募金を集めました それを全てオーストラリア前立腺がん財団に送りました 一つの名義で財団に寄付された金額としては当時最高の金額となりました

その日以降私の人生は口ひげ一筋となりました 毎朝 起きたら自分に言います 「僕の人生は口ひげ一筋だ」と (笑) 言ってみれば 私は「ひげ農園」の経営者です (笑) 作物の旬は11月です (笑) (拍手)

2005年にはキャンペーンの勢いが増し オーストラリアでの大成功の後ニュージーランドへも広がりました 2006年は大きな要となる年でした 作業にあまりにも時間がかかってしまい 私達の週末の時間では足りなくなり モーベンバーの基金を獲得しない限りキャンペーンを終了するしかない状況でした そうすれば 私は仕事を辞めてキャンペーンに専念できるし 組織をレベルアップさせることができました

チャリティー団体のための基金獲得の方法を考えると言っても それが 口ひげを生やすことで成り立っている団体となると なかなか面白いものがあります(笑) そんな団体に投資しようなんて人は やはり少なく 120万ドルを寄付した前立腺がん財団でさえ 投資に興味を持ってはくれませんでした 再び私達は粘り強く働きかけ遂にビール会社のフォスターズが パーティーに来てくれて私達のスポンサー第一号となりました そのおかげで 私は仕事を辞めてコンサルティングの副業だけにできました 2006年のモーベンバーを目前にして フォスターズからの出資も底をつき その他の資金も全て使い切り 無一文になってしまいましたそこで 取引先の クリエイティブ担当会社 ウェブ開発代理店ホスティング会社に 支払を12月まで待ってくれるように説得しました この時点で 借金は60万ドルに上り 2006年のモーベンバーが成功していなければ 私達 創始者の4人は破綻していたでしょう 私達はホームレスになり 路上で暮らしていたでしょう あるのは口ひげだけ (笑) でも 起こり得る最悪の事態がそれくらいなら 大したことないと思いました キャンペーンで思いっきり楽しめるし 賢いリスクを取ることの重要性を学べるじゃないか と

そして2007年初旬に とても面白いことが起きました カナダ アメリカ そしてイギリスの口ひげ兄妹から このようなEメールをもらうようになりました 「前立腺がんのためのキャンペーンがここにはないから 私達の国にもそのキャンペーンを広めてほしい」と そこで私達は「なら やろう」と決めました カナダの前立腺がん財団の会長に売り込みの電話をかけ 「最高に素晴らしい考えがあるんだ」と言いました (笑) 「あなたの財団を変身させられるんです 電話ではお話ししたくないのですがトロントまで行けば 会っていただけますか」そしてトロントへ飛びました フロント・ストリート・イーストで待ち合わせ会議室に入りました 私はこう言いました「カナダ中の男性に口ひげを生やしてもらって 財団のことを普及させ 募金も集めるという考えです」 会長は私をただ見て 笑ってこう言いました 「アダム それは斬新なアイデアだが 我々はひどくまじめな財団なんだ」 (笑) 聞き覚えのあるセリフです次のセリフも予想できましたが 会長はこう言いました「提携することならできるが 投資はできないカナダでそのキャンペーンが 成功するように考えるのは君の仕事だ」

そこで私達は オーストラリアで集めた募金で 運動をカナダ アメリカそしてイギリスまで普及させました その動機となったのは これが成功すれば オーストラリアのみでやるよりも無限に多くの 募金を世界中から集められるという確信です そのお金で治療法の研究を支援するのです オーストラリアのためだけでなく カナダのためだけでなく全人類のための治療法の発見です

2007年に カナダへキャンペーンを持ち込み ここでのキャンペーンの準備をしたわけですが 予想していたほど成功しませんでした オーストラリアとニュージランドでの成功に浮かれて ただ がむしゃらに行ってしまっていました この年 私達は忍耐の重要性を学びました また 大胆な目標を立てる前に 行く先の市場を理解する重要性も学びました

非常に嬉しいことに 2010年には モーベンバーは本格的に世界に広まり カナダでの募金額は世界一のキャンペーンに並ぶ勢いでした 去年は 口ひげ兄妹の数が世界中で45万におよび みんなで7700万ドルの募金を集めました (拍手) 今ではモーベンバーは前立腺がんの研究と支援のための 世界最大の基金となりました 私達が口ひげで成し遂げられることとしては とてつもない成果だと思います (笑)

私達はチャリティー活動の形を変えました 私達のシンボルリボンは 毛むくじゃらリボンです 私達の大使は 口ひげ兄さんと 口ひげの妹たちです この成功には この大使達が不可欠でした 私達のブランドとキャンペーンを大使達にゆだね 自分なりの解釈をしてもらうことにしました

私は今 アメリカ前立腺がん財団の本拠地である ロスアンジェルスに住んでいますが 著名人が中心の街ですから メディアには いつも こう質問されます 「あなたのセレブ大使は誰ですか」 私は答えます「幸運なことに 去年は 45万人のセレブ大使が集まりました」 メディアは「どういうことだ」と戸惑います つまり モーベンバーに参加してくれる 口ひげ兄さんと口ひげの妹の一人ひとりが セレブ大使で 彼らの助けこそが 私達の成功の基盤なのです

ここで皆さんに 最も感動した モーベンバー関連話をご紹介します 去年のキャンペーンの終わり ここトロントでのことです チームと一緒に飲んでいましたモーベンバー下旬です キャンペーンも見事な成果を上げ正直言ってもう 十分な量のビールを飲んでいたのですが私は提案しました 「もう一軒くらいバーを回れるんじゃないか」 (笑) みんなでタクシーに乗り込みそのドライバーの写真がこちらで 後部座席の私に 「どこまでですか」と訊いたとき 振り向いた彼の顔が見え 「あれっ なかなか良い口ひげですね」なんて話になりました (笑) 彼は答えました「モーベンバーキャンペーンの一環さ」 私もそうだと告げ「あなたのモーベンバーストーリーは何ですか」と尋ねました 彼は説明しました「男性の前立腺がんの キャンペーンなのは知っているが私のは乳がんのためなんだ」 私は「なるほど 興味深い」と言いました 彼は続けて話しました「母は乳がんだったが 治療費を払えず 去年スリランカで亡くなったんだ」 「この口ひげは母親に捧げるものなんだ」と彼は話しました タクシーの後部座席で 私達は感動して 不必要だと思い 私の正体は明かしませんでしたが 彼と握手をして「本当にありがとう」と伝えました 「お母様はきっと喜んでいらっしゃいます」 口ひげの冗談以上の意味が モーベンバーにはあるのだと その瞬間気付きました 一人ひとりがこのキャンペーンに参加して 自分なりのモーベンバーの想いに浸り 自分なりに意味を持たせているのだと

モーベンバーの活動で 重点を置いているのは 次の3つの分野で 影響力を持つことです 知識の普及と教育 患者の支援活動 そして研究です 当然ながら とても明白に結果を表す 募金額にも力を入れますが 私にとっては 知識の普及と教育の方が もっと重要です そのおかげで人の命が救えるということを知っているからです その良い例が 去年 テキサス州オースティンのSXSWフェスで 出会ったある若い男性の話でしょう 彼は私に言いました「モーベンバーを始めてくれてありがとう」 私も「参加してくれてありがとう」と返しました 彼を見て思いました --「口ひげを生やすだけの毛根力はなさそうだ」 (笑) 「あなたのモーベンバーストーリーは何か」と訊くと 「最もかっこ悪い口ひげ賞を受賞しました」と彼は答えました(笑) 「感謝祭の日に実家に帰ると 瞬く間に 私のひげは注目を集め 話題の中心になって おまえ何やってんだ? って」 (笑) 「そこで私は家族にモーベンバーの話をし 食事の後 私は26歳にして初めて 男性の健康について 父親と一対一で会話したんだ 前立腺がんについて父親と話し 祖父が前立腺がんを患っていたことを知った そして私は父に 彼が同じがんを発症する確率は 平均の2倍もあることを教えてあげれたんだ 彼はそれを知らなかったし 検診も受けていなかった」 そうして その父親は検診を受けることにしたそうです

男性達がそのような会話をしていくことが 年齢に関わらず とても重要なんです 私が思うに それは募金額よりも はるかに重要です

では 募金と研究 そして研究の形を 変えていっている話をします 現在13カ国の前立腺がん財団を支援しています 何千とまで行かなくても 何百もの世界中の 研究機関や研究者に資金を提供しています これを最近じっくり見直して気付いたのは 国際的あるいは国家的協力どころか 同じ機関内でも協力態勢が無いということです これは前立腺がんに限ったことではなく世界のがん研究に共通しています チャリティー活動の形を変えた今今度は 研究者の協力態勢を 変えて行かなくてはいけないと私達は考えました そこで私達は 国際活動計画を立てました 各国で集めた募金の10%を 世界基金として回収します その基金を 前立腺がんの権威にまかせ 管理してもらっています 彼らは毎年話し合い 最優先事項を決定します 去年の場合 それは検診を改善することでした それを最優先事項と決めた後 彼らは 同じ問題を研究する研究者を 300名 世界中から集めました 私達はこの研究チームを 5から6百万ドルもの資金で支援しています このような協力態勢は がんの分野では私達だけで この協力態勢の結果として 成果を加速できるのだと 信じています このように私達は 研究のあり方を改善しています

最後に モーベンバーの冒険から学んだことは 本当に創造的なアイデアと 情熱と 粘り強さと 忍耐力と 4人の男と 4つの口ひげを持ってすれば 何十人という人を感化できるし その何十人が都市中の人に刺激を与えることができるということです その都市とは私の故郷 メルボルンです その都市は州に刺激を与え 今度はその州が 国に刺激を与えていき 最終的に 世界レベルのキャンペーンへ発展させられるのです それは今日 男性の健康の姿を変えています

私 アダム・ガロー二の冒険談でした ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画