TED日本語 - ロビン・チェイス: ちょっと車を貸してくれますか?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ロビン・チェイス: ちょっと車を貸してくれますか?

TED Talks

ちょっと車を貸してくれますか?
Excuse me, may I rent your car?
ロビン・チェイス
Robin Chase

内容

10年前、ロビン・チェイスは現在カーシェアリング会社として世界最大であるZipcarをアメリカで立ち上げました。最近は カーシェアリングの次のレベルの探求として、フランスでBuzzcar のサービスを行っています。Buzzcar は 自分の車を他人へ貸す事を可能にするスタートアップ会社です。詳細 (保険はどうなっているかなど) はとても興味深く、より広いビジョン(彼女が「ピアーズ会社」と呼ぶもの)は、所有権や起業家精神の新しいあり方を示しています。

Script

Twelve years ago, I founded Zipcar. Zipcar buys cars and parks them throughout dense metropolitan areas for people to use, by the hour and by the day, instead of owning their own cars. Each Zipcar replaces 15 personal cars, and each driver drives about 80 percent less because they're now paying the full cost, all at once, in real time. But what Zipcar really did was make sharing the norm.

Now, a decade later, it's really time to push the envelope a little bit, and so a couple years ago I moved to Paris with my husband and youngest child, and we launched Buzzcar a year ago. Buzzcar lets people rent out their own cars to their friends and neighbors. Instead of investing in a car, we invest in a community. We bring the power of a corporation to individuals who add their cars to the network. Some people call this peer-to-peer. This does express the humanity of what's going on, and the personal relationships, but that is also like saying that it's the same thing as a yard sale or a bake sale or babysitting. That's peer-to-peer. It's like saying yard sales are the same thing as eBay, or craft fairs are the same thing as Etsy.

But what's really happening is that we've got the power of a free and open Internet, and on top of that we're putting a platform for participation, and the peers are now in partnership with the company, creating shared value on shared values, and each strengthening the other, and doing what the other can't do. I call this Peers, Inc. The incorporated side, the company, is doing things that it does really well. What does it do really well? It creates economies of scale, significant and long-term resource investment, the expertise of many different kinds of people and different kinds of minds, and for individuals, consumers, it's bringing the standards, rules and recourse that we really want as consumers, and this is kind of bound up in a brand promise, and the companies are providing this on a platform for participation. Peers are giving and doing things that are incredibly expensive for companies to do. What do they bring? They bring this fabulous diversity, expensive for companies. And what does that deliver? It delivers localization and customization, specialization, and all of this aspect about social networks and how companies are yearning and eager to get inside there? It's natural for me. Me and my friends, I can connect to them easily. And it also delivers really fabulous innovation, and I'll talk about that later.

So we have the peers that are providing the services and the product, and the company that's doing the stuff that companies do. The two of these are delivering the best of both worlds. Some of my favorite examples: in transportation, Carpooling.com. Ten years old,three and a half million people have joined up, and a million rides are shared every day. It's a phenomenal thing. It's the equivalent of 2,500 TGV trains, and just think, they didn't have to lay a track or buy a car. This is all happening with excess capacity.

And it's not just with transportation, my love, but of course in other realms. Here's Fiverr.com. I met these founders just weeks after they had launched, and now, in two years, what would you do for five dollars? Seven hundred and fifty thousand gigs are now posted after two years, what people would do for five dollars. And not just easy things that anyone can do. This Peers, Inc. concept is in a very difficult and complex realm. TopCoder has 400,000 engineers who are delivering complex design and engineering services. When I talked to their CEO, he had this great line. He said, "We have a community that owns its own company." And then my all-time favorite, Etsy. Etsy is providing goods that people make themselves and they're selling it in a marketplace. It just celebrated its seventh anniversary, and after seven years, last year it delivered 530 million dollars' worth of sales to all those individuals who have been making those objects.

I know you guys out there who are businesspeople, are thinking, "Oh my God, I want to build one of those. I see this incredible speed and scale. You mean all I have to do is build a platform and all these people are going to put their stuff on top and I sit back and roll it in?" Building these platforms for participation are so nontrivial to do. I think of the difference of Google Video versus YouTube. Who would have thought that two young guys and a start-up would beat out Google Video? Why? I actually have no idea why. I didn't talk to them. But I'm thinking, you know, they probably had the "share" button a little bit brighter and to the right, and so it was easier and more convenient for the two sides that are always participating on these networks.

So I actually know a lot about building a peer platform now, and a Peers, Inc. company, because I've spent the last two years doing that in Paris. So let me take you back how it's so incredibly different building Buzzcar than it was building Zipcar, because now every single thing we do has these two different bodies that I have to be thinking about: the owners who are going to provide the cars and the drivers who are going to rent them. Every single decision, I have to think about what is right for both sides. There are many, many examples and I'll give you one that is not my favorite example: insurance. It took me a year and a half to get the insurance just right. Hours and hours of sitting with insurers and many companies and their thoughts about risk and how this is totally innovative, they'd never thought of it before. Way too much money, I just can't even go there, with lawyers, trying to figure out how this is different, who's responsible to whom, and the result was that we were able to provide owners protection for their own driving records and their own history. The cars are completely insured during the rental, and it gives drivers what they need, and what do they need? They need a low deductible, and 24-hour roadside assistance. So this was a trick to get these two sides.

So now I want to take you to the moment of -- When you're an entrepreneur, and you've started a new company, there's the, here's all the stuff we do beforehand, and then the service launches. What happens? So all those months of work, they come into play.

Last June 1, we launched. It was an exciting moment. And all the owners are adding their cars. It's really exciting. All the drivers are becoming members. It's excellent. The reservations start coming in, and here, owners who were getting text messages and emails that said, "Hey, Joe wants to rent your car for the weekend. You can earn 60 euros. Isn't that great? Yes or no?" No reply. Like, a huge proportion of them couldn't be bothered after they had just started, they just signed up, to reply. So I thought, "Duh, Robin, this is the difference between industrial production and peer production." Industrial production, the whole point of industrial production is to provide a standardized, exact service model that is consistent every single time, and I'm really thankful that my smartphone is made using industrial production. And Zipcar provides a very nice, consistent service that works fabulously. But what does peer production do? Peer production is this completely different way of doing things, and you have a big quality range, and so eBay, cleverly, the first peer production, Peer, Inc. company, I'd say, they figured out early on, we need to have ratings and commentaries and all that yucky side stuff. We can flag that and we can put it to the side, and people who are buyers and consumers don't have to deal with it.

So going back, this is my look of excitement and joy, because all this stuff that I'd also been hoping for actually really did happen, and what's that? That is the diversity of what's going on. You have these different fabulous owners and their different cars, different prices, different locations. (Laughter) They dress differently, and they look different, and, really, I love these photos every time I look at them. Cool guys, excited guys, and here is Selma, who -- I love this driver. And after a year, we have 1,000 cars that are parked across France and 6,000 people who are members and eager to drive them. This would not be possible to do that in economic fashion for a traditional company.

Back to this spectrum. So what's happening is, we had the yuck side, but we actually had this real wow side. And I can tell you two great stories. A driver was telling me that they went to rent a car to go up the coast of France and the owner gave it to them, and said, "You know what, here's where the cliffs are, and here's all the beaches, and this is my best beach, and this is where the best fish restaurant is." And the peers also become, peers and owners create relationships, and so at the last minute people can -- a driver can say, "Hey, you know what, I really need the car, is it available?" And that person will say, "Sure, my wife's at home. Go pick up the keys. Go do it." So you can have these really nice things that can't happen, and it's a kind of "Wow!" and I want to say "Wow!" type of thing that's happening here, because individuals, if you're a company, what happens is you might have 10 people who are in charge of innovation, or 100 people who are in charge of innovation. What happens in Peer, Inc. companies is that you have tens and hundreds and thousands and even millions of people who are creating experiments on this model, and so out of all that influence and that effort, you are having this exceptional amount of innovation that is coming out.

So one of the reasons, if we come back to why did I call it Buzzcar? I wanted to remind all of us about the power of the hive, and its incredible facility to create this platform that individuals want to participate and innovate on. And for me, when I think about our future, and all of those problems that seem incredibly large, the scale is impossible, the urgency is there, Peers, Inc. provides the speed and scale and the innovation and the creativity that is going to answer these problems. All we have to do is create a fabulous platform for participation -- nontrivial.

So I continue to think that transportation is the center of the hard universe. All problems come back to transportation for me. But there are all these other areas that are these profound, big problems that I know that we can work on, and people are working on them in many different sectors, but there's this really fabulous group of things with the power of this Peers, Inc. model.

So over the last decade, we've been reveling in the power of the Internet and how it's empowered individuals, and for me, what Peers, Inc. does is it takes it up a notch. We're now bringing the power of the company and the corporation and supercharging individuals. So for me, it's a collaboration. Together, we can. (Applause) Thank you. (Applause)

12年前 私はZipcar を設立しました Zipcar は車両を購入して 大都市の中心部に配置し 皆さんが車を持つ代わりに 時間や日の単位で 使ってもらうサービスです 1台のZipcar がマイカー15台を減らし Zipcar 使用者は普段は見えない 車にかかる経費を 使う度に払う事になるので 使用者の運転量も 約 80% 減りました でも Zipcarの真の成果はシェアリングという概念の普及です

10年経ち この考えを更に進化させるために 2年前に夫と末の子と パリに引越し 昨年 Buzzcar を立ち上げました Buzzcar は自分の車を友人や近所の人に 貸し出せるようにする事業です 車両に投資するかわりに コミュニティーに投資したんです ネットワークに自分の車を登録する人を 企業特有の力でバックアップします この様な事業ををピア・ツー・ピアと呼ぶ人もいます サービスの人間性や個人間の関係を 上手く表している呼び方ですが でもそれでは バザーやお小遣い稼ぎの子守といった 従来のピア・ツー・ピアと混同されてしまいます ヤードセールとeBayは同じだとか クラフト・フェアとEtsyが同じだと言う様なものです

でも違いがあります我々には無料で誰もが使える インターネットを基盤とした 参加型のプラットフォームがあります ピア(仲間)に会社のパートナーとして 共通の価値観を基に共通の価値を築いてもらい 双方の弱点を補いながら共に発展していくシステムです 私は この種の事業を「ピアーズ (仲間たちの) 会社」と呼んでいます 組織側 つまり会社は 会社として得意な事をします 会社ならでは できるのが大規模なビジネスの展開です まとまった額の長期間の投資や 様々な分野や様々な思考からくる 専門知識を提供します個人 つまり消費者向けには サービスの基準 規約の設定やサポートも行えます これらは消費者が強く望むもので ブランドの提供する保証のようなものです この様なものを会社がプラットフォームとしてピアに与えるわけです ピアは企業がするには 大変費用のかさむ事を提供したり 実行したりします それは何でしょうか?企業にとっては経費のかかる 「素晴らしい多様性」ですそれが何に役立つのでしょう? 地域や個人の特殊なニーズに応える等 人と人の繋がりに関するものに寄与します 一般企業が切望し入り込みたいと思う分野です 個人にとってはごく自然な友達間の繋がりのようなものです また 多様性から素晴らしいアイデアも生まれます それについては後ほどお話しします

ピアがサービスと商品を供給し 会社は一般の企業がする事をします お互いに 両方の長所を提供しているわけです 素晴らしい会社の例を ご紹介します 交通の分野では Carpooling.com 設立10年になります メンバーは350万人で 毎日100万人の利用者が車の相乗りをしています 素晴らしい事です これはTGVの列車の車両 2500両分の人数です 線路を敷いたり 車両を買う必要なしにやっているんです これは車内の余分のスペースを上手く利用しただけです

でも交通手段だけでないんですよ 他の分野でも可能です例えばFiverr.comです サービス開始直後に設立者にお会いました 現在 設立2年目です 皆さんなら5 ドルで どんな仕事を提供しますか? 75万もの「5 ドルのサービス」が このサイトで宣伝されています ピアーズ会社のサービスは簡単なものとは限りません TopCoder のコンセプトはとても難しく複雑な領域にあります このピアーズ会社は40万人の技術者を抱えており 複雑な設計やエンジニアリングサービスを提供しています お会いしたCEOのセリフが素晴らしいんです 「これは 会社を所有する人々からなるコミュニティーなんだ」 そして私の大好きなEtsy です Etsy は手作りのものをネット市場で売るサービスです ちょうど 7周年を迎えたところですが 7年経った昨年には 5億3000万ドル相当のセールスを 個人の作った作品からあげました

実業家の皆さんはこう考えるのではないでしょうか 「おぉ、私にもこんな事ができたらなぁ これは信じられないスピードと規模だ 基盤を整えるだけであとは利用者にまかせ リラックスしてお金が転がり込んでくるのを待てば良いのか?」 利用者獲得のための基盤作りは簡単な事ではありません Google Video と YouTubeの違いを考えてみましょう 2人の若者のスタートアップが Google Video に勝つなんてびっくりです なぜでしょう? 実の所 私にはわかりません訊いたわけではないので でも思うに YouTubeには 少し目立つ「共有」ボタンが右の方にあり それが投稿者と視聴者のネットワークへの参加を より簡単で便利なものとしたと考えられます

私はピア・プラットホームの構築やピアーズ会社について 多くのことを学びました 過去2年 パリにてこの事に従事してきたからです ここでBuzzcarの設立がZipcarの設立と いかに異なるかに話を戻したいと思います Buzzcarの場合何かを決めるときには必ず 異なるふたつの立場に配慮しなければなりません 車を提供するオーナー側と それを借りたいと思うドライバー側です 何を決めるのにも 双方にとって良い様に考えなければいけません いろいろ例はありますが1つご紹介しましょう ややこしい例で自動車保険についてです 満足できる保険にたどり着くまで1年半もかかりました 何時間も 何社もの保険業者と会って 彼らの心配するリスクやこのアイデアの革新性など 未知の領域について話し合いました ものすごい金額で 言いたくありませんが 普通の保険との違いや誰が誰に責任があるのか 弁護士と共に話し合い結果としてオーナーに 運転記録と履歴の保護を約束できるようになりました 車はレンタル期間中は完全保障です 次にドライバー側ですが彼らは何を望むでしょうか? 低い免責の自己負担額や 24 時間ロードサービスでした これが両者に対して配慮するという事です

では 次へ行きたいと思います あなたが起業家であり新しい会社を始めるとします 先に述べたような準備が済み サービスを始めますさて何が起きるでしょう? これまでの苦労の成果が現れるのです

我々は昨年6月1日 サービスを開始しましたとてもエキサイトな瞬間でした 多くのオーナーが車を登録してくれました 多くのドライバーがメンバーになりました素晴らしいことです そして予約が入り始めました オーナーはSMSやEメールを受け取ります 「やぁ、ジョーがあなたの車を週末借りたいそうなんだけど 60ユーロでどうかな、いい話だろ?『Yes』か『No』」?] 返答はありません オーナーの大半は 登録したばかりだというのに面倒で返答しないのです 私は思いました「ああそうか これが一般の企業と ピアーズ会社の製品の違いなんだ」と 一般企業はすべての点において 標準化された 厳格なサービスモデルを提供し 常に一貫性を保っています 私はこのようなサービスを基に生産された スマートフォンを頼りにしています Zipcarも一貫性のあるサービスを提供し とても上手くいっていました ではピアーズ会社の製品はどうでしょう? ピアーズ会社はまったく違うやり方を取り サービスの質に大きな幅がありますここでeBayは_ 私の考える元祖のピアーズ会社ですが_ 開始後間もなく この問題を解決しました我々にも必要なのは 評価やコメント等の 付属する煩わしいものです これがあると あまり良くない商品には目印をつけ 消費者や購入者はそれを選択する必要がなくなります

話を 戻し これが期待に心を膨らませ 喜んでいる私です 私が望み続けたものが実現したのですから それは何でしょう? それは Buzzcar がいかに多様性のあるものになったかということです 様々なすてきなオーナーと 彼らのいろいろな車異なった価格と 様々な地域が存在します(笑) ファッションも違えば見た目も違います 私はこれらの写真を見るのが大好きです クールな方もいれば 熱い人もいます これはセルマですねこの人も好きです 1年後 フランス国中に1000台の車が登録され それを運転したいというメンバーも6000人に増えました これは従来の企業の経営方針では 不可能だったと思います

サービスの質の違いに戻りますと ひどいものもあれば 本当にすごいものもあるんです すばらしい話をふたつ紹介します あるドライバーから聞いた話ですフランス沿岸部をドライブしようと 車を借りたところ 車のオーナーがこう言ったのだそうです 「いいかい ここらは崖でこの辺はすべて浜だ そしてここが私の大好きなビーチで ここには最高の海鮮レストランがあるんだ」 このようにピア同士は仲間になり ドライバーとオーナーは関係を築きます そうなると 突然でも 「やあ 実は急に車が必要なんだ借りられる?」 「いいよ 家に妻がいるから鍵もらって 乗って行っていいよ」 なんて 素晴らしい事が出来るようになったりするんです 「すごい!」と叫びたくなるような事が ここでは起こるんですこれは個人個人の力です もし普通の企業であれば 10人や100人の担当者の中で イノベーションが起きるに過ぎません ピアーズ会社では何十、何百、何千、何百万人もが クリエイティブな試みに参加することができ これらの努力と影響により このような特別な規模でのイノベーションが起こり得るのです

ここで 私がBuzzcarと名付けた理由ですが それは参加者すべてに ミツバチの巣の持つ力や 個人が参加しイノベーションを起こしたくなるような プラットフォームを作る驚くべき能力を思い起こしてもらいたいからです そして個人的にですが 私たちの未来や すべてのとてつもなく大きく不可能と思えるような 切迫したすべての問題を考える時 ピアーズ会社はそれらに対応できるスピードや規模 イノベーションそして創造力を提供できると思うんです 参加のための強力なプラットフォームを構築することこれはとても重要なのです

私は困難な世界において 交通手段はその中心にあると考えています すべての問題は私にとって交通手段に行き着きます しかし他のすべての分野でも 深刻で大きな問題はあり 人々は様々な領域でそれらに取り組んでいます でも ピアーズ会社モデルの力を使った 本当に素晴らしいものもあるのです

過去10年間 インターネットの力やそれが個人に与える力に 大きな喜びを得てきました ピアーズ会社は それを更に一歩前進させるものです 会社や企業 そして エネルギッシュな人々の力を 合わせることができるのです これは まさにコラボレーションです 一緒にやれば すごい事が出来るんです(拍手) ありがとうございました(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画