TED日本語 - アンジェラ・パットン: 父と娘のダンスパーティー … 刑務所にて

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アンジェラ・パットン: 父と娘のダンスパーティー … 刑務所にて

TED Talks

父と娘のダンスパーティー ... 刑務所にて
A father-daughter dance ... in prison
アンジェラ・パットン
Angela Patton

内容

キャンプ・ディバ(非営利団体)で、アンジェラ・パットンは少女達と父親達が互いの人生で繋がりあっていられるよう手助けをしています。ところが父親がそばにいない場合、例えば刑務所にいる場合はどうでしょう?パットンは父と娘の特別なダンスパーティの話を紹介します。(TEDxWomen にて収録)

Script

I was sitting with my girls, and Joy said, "Dang, I wish he'd get off my back. My daddy, he calls me all the time."

"Lucky for you he calls at all," said Jasmine. "I haven't heard from my dad in years."

At this moment, I knew the girls needed a way to connect with their fathers. At Camp Diva, my non-profit organization, we have these types of conversations all the time as a way to help girls of African descent prepare for their passage into womanhood. These girls just needed a way to invite their fathers into their lives on their own terms.

So I asked the girls, "How can we help other girls develop healthy relationships with their fathers?"

"Let's have a dance," one girl shouted, and all the girls quickly backed her up. They started dreaming about the decorations, invitations, the dresses they were going to wear, and what their fathers could and could not wear. (Laughter) It was off and running before I could even blink my eyes, but even if I could have slowed down those girls, I wouldn't have, because one thing that I have learned from over a decade of working with girls is that they already know what they need. The wisdom lives inside of them. As long as they have infrastructure, mentorship and resources, they can build what they need, not only to survive, but to thrive.

So we had a dance, and girls and their fathers came in multitudes. They were dressed to the nines. They acted sweet. (Laughter) They acted silly. They really enjoyed each other's company. It was a huge success. And the girls decided to make it an annual event.

So as the seasons changed, and it was time to plan the dance again,one girl named Brianna spoke up, and she said, "My dad can't come to the dance, and this whole thing is making me sad."

"Why not?" the girls asked.

"Because he's in jail," she bravely admitted.

"Well, can he just get out for a day?" one of the girls asked. (Laughter)

"And come in shackles? That's worse than not having him here at all."

At this moment, I saw an opportunity for the girls to rise to the occasion and to become their own heroes. So I asked, "What do you think we should do about this? We want every girl to experience the dance, right?"

So the girls thought for a moment, and one girl suggested, "Why don't we just take the dance in the jail?"

Most of the girls doubted the possibility of that, and said, "Are you crazy? Who is going to allow a bunch of little girls, dressed up - "(Laughter) "- to come inside a jail and dance with their daddies in Spongebob suits?" Because that's what they called them.

I said, "Girls, well, well, you never know unless you ask."

So a letter was written to the Richmond City Sheriff, signed collectively by each girl, and I would have to say, he is a very special sheriff. He contacted me immediately and said, whenever there is an opportunity to bring families inside, his doors are always open. Because one thing he did know, that when fathers are connected to their children, it is less likely that they will return.

So,16 inmates and 18 girls were invited. The girls were dressed in their Sunday best, and the fathers traded in their yellow and blue jumpsuits for shirts and ties. They hugged. They shared a full catered meal of chicken and fish. They laughed together. It was beautiful. The fathers and daughters even experienced an opportunity to have a physical connection, something that a lot of them didn't even have for a while. Fathers were in a space where they were able to make their daughters play, and pull out her chair and extend his hand for a dance. Even the guards cried.

But after the dance, we all realized that Dad still would be in jail. So we needed to create something that they could take with them. So we brought in Flip cams, and we had them look at the Flip cams and just interview each other -- their messages, their thoughts. This was going to be used as a touchstone so when they started to miss each other and feel disconnected, they could reconnect through this image.

I'll never forget that one girl looked in her father's eyes with that camera and said, "Daddy, when you look at me, what do you see?" Because our daddies are our mirrors that we reflect back on when we decide about what type of man we deserve, and how they see us for the rest of our lives. I know that very well, because I was one of the lucky girls. I have had my father in my life always. He's even here today.

(Applause)

And that is why it is extremely special for me to make sure that these girls are connected to their fathers, especially those who are separated because of barbed wires and metal doors. We have just created a form for girls who have heavy questions on their heart to be in a position to ask their fathers those questions and given the fathers the freedom to answer. Because we know that the fathers are even leaving with this one thought: What type of woman am I preparing to put in the world? Because a father is locked in does not mean he should be locked out of his daughter's life.

(Applause)

私は少女達と話していました ジョイという子がこう言いました 「もう ほっといてくれればいいのに 私のお父さん いつも電話かけてくるのよ」

「電話をもらえるなんていいわね」ジャスミンが言いました 「私なんてお父さんから何年も連絡がないのよ」

これを聞いてこの子達には父親との繋がりを築く手段が 必要だと気づきました 私の運営する非営利団体キャンプ・ディバでは 始終このような会話が繰り広げられます 目的は このアフリカ系の少女達が 大人の女性になる準備の手助けです この子達は 自分なりのやり方で父親を受け入れる きっかけが必要だと思ったので

こう尋ねました 「他の女の子のためにも父親と良い関係を築くのに なにかできる事はないかな?」

「ダンスパーティーをしよう」一人の子が提案しました 子どもたちは皆 すぐに賛同し いろいろと想像を膨らませ始めました 飾り付け 招待状 彼女達のドレス そして父親の服装のルールまで(笑) あっという間に話はどんどん進みました じっくり考えさせる事ができたとしても そんなことはしなかったでしょう ここ十年来 少女達と関わってきて 学んだのですが 彼女達は何が必要がきちんとわかっているからです とても聡明で 活動の基盤や助言する人 目的達成に必要なものさえ整っていたら 何でも自分達で作り上げられるのです 生きながらえるためだけでなく成功するためにです

そうしてダンスパーティが行われ たくさんの少女達と父親達が参加しました 皆華やかに着飾っていました 仲良く幸せそうに踊り (笑) ふざけ合ったり お互いと過ごす時間を楽しみ 大成功でした 少女達はこれを毎年恒例の行事にしようと決めました

季節が移り変わり 再びダンスパーティの時期になった時 ブリアナという子が声を上げ こう言いました 「私のお父さんは来れないから こんなパーティー考えただけでも悲しくなるわ」

「どうして来られないの?」と他の子達が訊きました

「だってお父さんは刑務所にいるから」彼女は思い切って言いました

「その日だけ出てこれない?」一人の子が訊きました (笑)

「手錠を付けて? それなら来ない方がましだわ」

こんなやりとりを聞いてひらめいたんです この子達が仲間を救うヒーローになれる チャンスがここにあると そこで訊きました「どうすればいいと思う? だれでも皆 お父さんとダンスに行けたらいいわね

少女達は少し考えて 一人が提案しました 「刑務所でダンスパーティーをやるのはどう?」

ほとんどの少女は無理だと思いこう言いました 「できるわけないわ! おめかしした女の子が大勢 刑務所に入って行って (笑) スポンジ・ボブの服を着たパパ達と踊るのを許可してくれるわけないわ」 彼女達は囚人服をそう呼んでいたのです

私は言いました「まあ まあ 訊いてみるまでわからないわよ」

そこでリッチモンド刑務所所長宛に 少女達全員の著名入りで手紙を書きました あの所長さんはとても特別な方なんです すぐに連絡をくれ言いました 刑務所内に囚人の家族を招く機会があれば いつでも喜んで受け入れます と 彼はわかっていたのです 自らの子供達と触れ合える囚人たちは 刑務所に戻ってくる確率が低くなることを

そうして 16人の受刑者と18人の娘たちのパーティーが実現しました 子供達は特別おしゃれに着飾り 父親達は黄色と青のつなぎを ワイシャツとネクタイに着替えました 彼らは抱き合い 用意された鶏と魚のご馳走を楽しみ 共に笑いもしました 心温まる光景でした 父親と娘達は 長い間できなかった 体と体のふれあいを 実現できたのです 父親は娘達を遊ばせてやれる スペースを与えられ 娘の椅子を引き ダンスに誘いました 看守達までも感動で泣いていました

でもダンスの後 父親達はそのまま刑務所に残るのがわかっていました そこで持ち帰ることができる何かを 作る必要がありました 小さなビデオカメラを持ち込み カメラに向かって お互いに インタビューしてもらうことにしました メッセージや想いを記録するビデオです これを基にして お互いが離れていて 恋しくなったとき このビデオを見て繋がりを再確認できるようにです

私は一生忘れませんある少女が父親の目を見て カメラを通して言いました 「パパ 私を見るとき何が見える?」 父親は娘が自分を見る鏡なんです 私達は鏡に映る自分を見て 自分にはどんな男性がふさわしいかを決め その男性が自分をどう見るのかを決めるのです 私にはそれがよくわかっています 私は恵まれた少女の一人だからです 私の父は いつも私のそばにいてくれました 今日もそこに座っています

(拍手)

だからこの少女達が 父親達と繋がれるようにすることは 私にとって特別大事なことで 有刺鉄線の柵や鉄のドアで 離れている場合は特にです 少女達の心の奥にある問い― 父親への質問を 実際に父親に訊く場を設け 父親がそれに答える自由を私達は与えたのです なぜなら私達にはわかっています 父親達もある想いを抱いている事を― どんな女性として娘を世界に送り出せるだろう? 父親が刑務所にいるからといって 彼等を少女達の人生から 締め出すべきではないのです

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画