TED日本語 - ビッキー・アロヨ: 今こそ新時代の気候に対処するとき

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ビッキー・アロヨ: 今こそ新時代の気候に対処するとき

TED Talks

今こそ新時代の気候に対処するとき
Let's prepare for our new climate
ビッキー・アロヨ
Vicki Arroyo

内容

政治はさておき、近年の深刻な気候変動はデータにも表れています。ビッキー・アロヨが言うように、洪水や干ばつや不安定な気候等の気候変動への対策が必要なときが来たのです。地域的な話から世界中の都市の話まで、ビッキーが大胆な計画を語ります。

Script

This is the skyline of my hometown, New Orleans. It was a great place to grow up, but it's one of the most vulnerable spots in the world. Half the city is already below sea level. In 2005, the world watched as New Orleans and the Gulf Coast were devastated by Hurricane Katrina. One thousand,eight hundred and thirty-six people died. Nearly 300,000 homes were lost. These are my mother's, at the top -- although that's not her car, it was carried there by floodwaters up to the roof -- and that's my sister's, below. Fortunately, they and other family members got out in time, but they lost their homes, and as you can see, just about everything in them.

Other parts of the world have been hit by storms in even more devastating ways. In 2008, Cyclone Nargis and its aftermath killed 138,000 in Myanmar. Climate change is affecting our homes, our communities, our way of life. We should be preparing at every scale and at every opportunity.

This talk is about being prepared for, and resilient to the changes that are coming and that will affect our homes and our collective home, the Earth.

The changes in these times won't affect us all equally. There are important distributional consequences, and they're not what you always might think. In New Orleans, the elderly and female-headed households were among the most vulnerable. For those in vulnerable, low-lying nations, how do you put a dollar value on losing your country where you ancestors are buried? And where will your people go? And how will they cope in a foreign land? Will there be tensions over immigration, or conflicts over competition for limited resources? It's already fueled conflicts in Chad and Darfur. Like it or not, ready or not, this is our future.

Sure, some are looking for opportunities in this new world. That's the Russians planting a flag on the ocean bottom to stake a claim for minerals under the receding Arctic sea ice. But while there might be some short-term individual winners, our collective losses will far outweigh them. Look no further than the insurance industry as they struggle to cope with mounting catastrophic losses from extreme weather events.

The military gets it. They call climate change a threat multiplier that could harm stability and security, while governments around the world are evaluating how to respond.

So what can we do? How can we prepare and adapt? I'd like to share three sets of examples, starting with adapting to violent storms and floods. In New Orleans, the I-10 Twin Spans, with sections knocked out in Katrina, have been rebuilt 21 feet higher to allow for greater storm surge. And these raised and energy-efficient homes were developed by Brad Pitt and Make It Right for the hard-hit Ninth Ward. The devastated church my mom attends has been not only rebuilt higher, it's poised to become the first Energy Star church in the country. They're selling electricity back to the grid thanks to solar panels, reflective paint and more. Their March electricity bill was only 48 dollars.

Now these are examples of New Orleans rebuilding in this way, but better if others act proactively with these changes in mind. For example, in Galveston, here's a resilient home that survived Hurricane Ike, when others on neighboring lots clearly did not. And around the world, satellites and warning systems are saving lives in flood-prone areas such as Bangladesh.

But as important as technology and infrastructure are, perhaps the human element is even more critical. We need better planning and systems for evacuation. We need to better understand how people make decisions in times of crisis, and why. While it's true that many who died in Katrina did not have access to transportation, others who did refused to leave as the storm approached, often because available transportation and shelters refused to allow them to take their pets. Imagine leaving behind your own pet in an evacuation or a rescue. Fortunately in 2006, Congress passed the Pet Evacuation and Transportation Standards Act (Laughter) - it spells "PETS" - to change that.

Second, preparing for heat and drought. Farmers are facing challenges of drought from Asia to Africa, from Australia to Oklahoma, while heat waves linked with climate change have killed tens of thousands of people in Western Europe in 2003, and again in Russia in 2010.

In Ethiopia,70 percent, that's 7-0 percent of the population, depends on rainfall for its livelihood. Oxfam and Swiss Re, together with Rockefeller Foundation, are helping farmers like this one build hillside terraces and find other ways to conserve water, but they're also providing for insurance when the droughts do come. The stability this provides is giving the farmers the confidence to invest. It's giving them access to affordable credit. It's allowing them to become more productive so that they can afford their own insurance over time, without assistance. It's a virtuous cycle, and one that could be replicated throughout the developing world.

After a lethal 1995 heat wave turned refrigerator trucks from the popular Taste of Chicago festival into makeshift morgues, Chicago became a recognized leader, tamping down on the urban heat island impact through opening cooling centers, outreach to vulnerable neighborhoods, planting trees, creating cool white or vegetated green roofs. This is City Hall's green roof, next to Cook County's [ portion of the ] roof, which is 77 degrees Fahrenheit hotter at the surface. Washington, D.C., last year, actually led the nation in new green roofs installed, and they're funding this in part thanks to a five-cent tax on plastic bags. They're splitting the cost of installing these green roofs with home and building owners. The roofs not only temper urban heat island impact but they save energy, and therefore money, the emissions that cause climate change, and they also reduce stormwater runoff. So some solutions to heat can provide for win-win-wins.

Third, adapting to rising seas. Sea level rise threatens coastal ecosystems, agriculture, even major cities. This is what one to two meters of sea level rise looks like in the Mekong Delta. That's where half of Vietnam's rice is grown.

Infrastructure is going to be affected. Airports around the world are located on the coast. It makes sense, right? There's open space, the planes can take off and land without worrying about creating noise or avoiding tall buildings. Here's just one example, San Francisco Airport, with 16 inches or more of flooding. Imagine the staggering cost of protecting this vital infrastructure with levees. But there might be some changes in store that you might not imagine. For example, planes require more runway for takeoff because the heated, less dense air, provides for less lift. San Francisco is also spending 40 million dollars to rethink and redesign its water and sewage treatment, as water outfall pipes like this one can be flooded with seawater, causing backups at the plant, harming the bacteria that are needed to treat the waste. So these outfall pipes have been retrofitted to shut seawater off from entering the system.

Beyond these technical solutions, our work at the Georgetown Climate Center with communities encourages them to look at what existing legal and policy tools are available and to consider how they can accommodate change. For example, in land use, which areas do you want to protect, through adding a seawall, for example, alter, by raising buildings, or retreat from, to allow the migration of important natural systems, such as wetlands or beaches?

Other examples to consider. In the U.K., the Thames Barrier protects London from storm surge. The Asian Cities Climate [ Change ] Resilience Network is restoring vital ecosystems like forest mangroves. These are not only important ecosystems in their own right, but they also serve as a buffer to protect inland communities.

New York City is incredibly vulnerable to storms, as you can see from this clever sign, and to sea level rise, and to storm surge, as you can see from the subway flooding. But back above ground, these raised ventilation grates for the subway system show that solutions can be both functional and attractive. In fact, in New York, San Francisco and London, designers have envisioned ways to better integrate the natural and built environments with climate change in mind.

I think these are inspiring examples of what's possible when we feel empowered to plan for a world that will be different. But now, a word of caution. Adaptation's too important to be left to the experts. Why? Well, there are no experts. We're entering uncharted territory, and yet our expertise and our systems are based on the past. "Stationarity" is the notion that we can anticipate the future based on the past, and plan accordingly, and this principle governs much of our engineering, our design of critical infrastructure, city water systems, building codes, even water rights and other legal precedents. But we can simply no longer rely on established norms. We're operating outside the bounds of CO2 concentrations that the planet has seen for hundreds of thousands of years.

The larger point I'm trying to make is this. It's up to us to look at our homes and our communities, our vulnerabilities and our exposures to risk, and to find ways to not just survive, but to thrive, and it's up to us to plan and to prepare and to call on our government leaders and require them to do the same, even while they address the underlying causes of climate change.

There are no quick fixes. There are no one-size-fits-all solutions. We're all learning by doing. But the operative word is doing. Thank you. (Applause) (Applause)

これは私の故郷ニューオーリンズの写真です 子供を育つには良い環境でした しかし世界で最も脆弱な都市でもあります 土地の半分は海抜0メートル以下で ご存じの通り2005年にはメキシコ湾岸地域は ハリケーンカトリーナの甚大な被害を受けました 1836人が亡くなり約30万もの家が失われました 上の写真は母の家ですが この車は母のものではなく 屋根の高さまで氾濫した水が運んできたものです 下の写真は妹の家で 妹の家族は幸運にも逃げ出すことはできましたが 家は破壊され ご覧の通り 何もかも失ったのです

世界中ではさらに ひどい被害を受けた場所もあります 2008年ミャンマーでは サイクロン ナルギスにより13万8千人が亡くなりました 気候変動は私たちの家やコミュニティ 生活に打撃を与えます 私たちはあらゆる規模の災害と また全ての災害に備えなければなりません

今回お話しするのは私たちの共通の家である地球に 影響を与えるこの気候変動に どう準備をしどう対策していくかについてです

この変動は全ての人に等しく影響があるわけではありません 皆さんが考えるのとは異なる 重大な地域差があるのです ニューオーリンズでは老人家庭や女性世帯主の 家庭が最も脆弱です 脆弱な低地に住む人にとって 先祖が眠る土地の喪失はお金で解決できることでしょうか? どこへ向かえばよいのでしょうか?そして見知らぬ土地で どう生きていけばよいのでしょうか? 移民問題を巡る緊張状態や 限られた資源をめぐる衝突が待っているかもしれません チャドやダルフールでは既に衝突がありました 望まずとも 準備できていなくともこれが私たちの未来なのです

もちろん 新しい世界にチャンスを見いだす人々もいます これは失われつつある北極の氷の下に眠るミネラルの権利を 主張して海の底に立てられたロシアの国旗です 短期的には少数の勝者がでるかもしれませんが 人類全体にとっては大きな重荷となることでしょう 異常気象現象に伴う途方もない 損失に直面している保険会社は 誰よりもわかっています

気候変動が 安定と安全を損ね 脅威を増大させることを 軍は理解していますが 世界中の政府は どう対応すべきか 検討中にすぎません

では私たちにはどのような対策 対応ができるでしょうか? 本日は三つの例を紹介したいと思います 1つ目は激しい嵐と洪水への対応策です こちらのニューオーリンズにあるカトリーナに破壊された ツイン・スパン橋はさらに大きなハリケーンに備え 前より 6m 高い位置に再建されました そしてこの高床でエネルギー効率の良い家は ブラッド・ピットやメイク・イット・ライト財団の支援を受け かつて大打撃を受けた第九地区に建設されました 母がかつてよく通っていたこの荒廃した教会は 高い位置に再建されただけでなく国内で最初の エネルギースター基準を満たした初の教会です 太陽光パネルにより作り出した電気を 送電線を利用し売ることもできます この3月の電気代はたったの48ドルでした

これはニューオーリンズの再建方法の例ですが 皆が気候変動を踏まえて事前の対策を講じるようになればと願います 例えばこのガルベストンの家は他の全ての家がハリケーンで 破壊されたにもかかわらず 生き残った頑丈な家です そして世界中で気象衛星や警告システムが バングラデシュのような洪水の多い地域の人々の命を救っています

しかし科学技術やインフラが重要であるのと同様に おそらく人間自体の要素も非常に重要なはずです つまり優れた計画能力や 避難システムが必要なのです 人々が緊急時にどのような判断を下すのか そしてその理由は何かを 詳しく知る必要があります カトリーナで亡くなった人の多くは移動手段を持たない方々でしたが 利用できたはずの交通機関やシェルターが ペットを受け入れないという理由で嵐が近づいても 避難を拒んだ方々も実際にいます 避難や救出の際にペットを置き去りにすることを想像してみてください 幸運にも2006年 連邦議会は ペット避難輸送基準法案を可決しました 頭文字をとってPETS法とも呼ばれています

2つ目に熱波と干ばつへの対処です 農家の人々はアジアアフリカ オーストラリアから オクラホマまで 世界中で 干ばつに苦しんでいます 一方で気候変動による熱波で 2003年西欧で 2010年はロシアで何千人もの人々が犠牲になりました

エチオピアではなんと70%もの人々の生活が 雨水に依存しています オックスファムやスイス・リーはロックフェラー財団とともに こんな農家が段々畑を作るなどの方法で 水を貯蔵することの支援をしています しかし干ばつに見舞われたときのための保険も同時に提供しています この「安定」が農家にとって 投資への「自信」につながる訳です すると低利子の融資を受けることができます こうして生産性が向上すると 援助をうけずに 自分で保険料を まかなうことができるようになるのです 非常に良い循環であり途上国全体で 応用ができるはずです

1995年の異常な熱波の際に テイスト・オブ・シカゴ祭りの保冷車を 仮設の死体置き場に使う経験を経て シカゴは クーリング・センターの開設などで ヒートアイランド現象を抑制するリーダーとして 認知されるようになりました 問題のある地域に植樹したり 白い屋根や屋根緑化を取り入れたりしています これは市役所の緑の屋根です 隣のクック郡にある建物の屋根より 25℃も表面温度が低くなっています ワシントンD.C.は昨年緑の屋根の敷設に関し 先進的な取り組みを実施しました 資金はレジ袋に課税した5セントから捻出しました 家やビルの所有者と緑の屋根の敷設の資金を 共同で出資しました この屋根はヒートアイランド現象を緩和し 省エネにもつながり金銭的にもお得で 気候変動につながる排出ガスや 雨水流出抑制にも有効です 熱への対処は他の分野でも大きな利点となるのです

3つ目に海面上昇への対応です 海面上昇は海岸地域の生態系 農業そして大都市にも影響を与えます これは1、2メートルの海面上昇により影響を受ける メコン川の三角州を表しています ここではベトナムの米の半分もが生産されています

インフラも影響を受けます 世界中の多くの空港は海岸沿いに位置します 当然ですよね 騒音問題や高層ビルを心配せずとも飛行機が離着陸できる 広大な土地があるからです 一つの例を挙げてみましょうこれはサンフランシスコ空港が 40cm 以上の洪水に見舞われた際 水没する箇所です 必要不可欠なインフラを守るための 堤防建設にかかる膨大なコストを想像してみてください しかし皆さんが 想像もしなかった変化もあります 例えば空気が熱せられて密度が下がれば飛行機が 飛ぶのに必要な揚力が増すのでより長い滑走路が必要になるのです サンフランシスコでは雨水の排出パイプが雨水で 水没してしまうと 工場からの排水ができなくなる上に 廃棄物を処理するバクテリアに影響がでてしまうので 4000万ドルを捻出して上下水道システムの 見直しを進めています そしてこれらの排出口は パイプ内に雨水が侵入しないように改良されました

技術的な解決案だけでなく地元住民と共に ジョージタウン気候センターで どんな現行の法律や政策が利用可能なのか また どのように気候変動に対応できるのか検討しています 例えば土地の使用で言えば防波堤の建設で守れる 場所はどこか?建物を高床にして守れるのか? 湿地帯や海岸のような重要な自然体系を移動させることで 保護できるのはどこなのか? こんなことを話し合っています

他にイギリスの例を挙げると テムズ川防潮堤は高潮からロンドンを守っています アジア大都市気候変動ネットワークは マングローブ等の重要な生態系の保全に努めています マングローブの生態系そのものが重要なばかりではなく 内陸の環境を守る緩衝地帯としての役割もあるのです

ニューヨークは嵐に非常に脆弱です この標識からもわかるように海面の上昇や高潮に非常に脆弱で ご覧のように地下鉄が水没する可能性もあります しかし地上に目を向けてみるとこの一段高い通気用格子は 機能的で魅力的な解決策に見えます 実際ニューヨークやサンフランシスコ ロンドンでは デザイナーが気候変動を心に留めながら 自然と建物の環境の融合を計るべく 対応策を考えています

これらは前例のない世界への対応能力をつけた 私たちの可能性を示すよい例だと思います しかし注意しなければならないことがあります この「適応」は専門家に任せてはダメです なぜかというと専門家なんていないからです 私たちは未知の領域に達しようとしています 私たちの知識やシステムは過去の成果をベースとしています 「定常性」とは過去を基に未来を 予期し計画するという考えです この原則が工学の大部分や 重大なインフラのデザイン都市の水道システム 建築基準法や水利権 その他の法的前例を支配しているのです しかし単純に既存の規範に頼ることはできません 地球が何千年にもわたって 経験してきたCO2濃度の範囲外で 活動しているからです

さらに重要なことはただ生き残るためでなく より繁栄するために家庭やコミュニティが 脆弱性やリスクに晒されている状態を 認識するかどうかも私たちにかかっているということです そして私たち自身が十分に対策をし 政府のリーダーたちが気候変動の基本的原因に対処する一方で 彼らにも私たちと同様の対策を 要求していくことが私たちの双肩にかかっています

簡単にできる対策なんてありません 万能の解決策もありません 実際に行動するしかないのです 「行動」こそ重要なのです ご清聴ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画